政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針 1399号  08・12・18(木)

2008/12/18

□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべりやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 1399号
□■■□──────────────────────────□■■□  



         平成20(2008)年12月18日(木)



                           外務次官北朝鮮人説の真贋:渡部亮次郎

                                 不況期こそが地盤拡張:前田正晶

                               春雷が聞こえる?08憲章:福島香織

                       新聞、出版界に未曾有の経営危機:宮崎正弘

                             ユダヤ難民を助けた日本人:平井修一

                         話 の 福 袋
                         反     響
                         身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第1399号
                              発行周 期 不定期(原則日曜日発行)
     

        
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/




━━━━━━━━━━━━
外務次官北朝鮮人説の真贋
━━━━━━━━━━━━


         渡部 亮次郎

「外務事務次官の藪中三十二(やぶなかみとじ)は母親が北朝鮮人だ。
だから北朝鮮による日本人拉致事件は彼の次官在任中は解決しない」。
確かに藪中は大阪出身だが。実にショックな発言だった。

2008年12月12日夜9時過ぎ。都内有名ホテルでの宴席、その日が初対面の
元閣僚が、宴会のお開き間際にショックな発言をしたあと、手嶋さん
(前NHKワシントン支局長)の著書に詳しいよと述べて去ったのである。

北朝鮮との際どい外交交渉の先頭に立っている外務事務次官がこともあ
ろうに母親が北朝鮮人とは、俄かには信じられない話では無いか。発言
者が元閣僚という重さを持った人物とあっては一笑に付すわけには行く
まい。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』による
薮中三十二。

薮中三十二(やぶなか みとじ、1948年1月23日―)は、日本の外交官。
外務事務次官。

大阪府立住吉高等学校卒。大阪大学法学部を昭和44年(1969年)に中退
し『中級』公務員として外務省に入省。しかし翌年、外交官試験上級職
試験を受け直して、昭和45年(1970年)外務省に再入省。小嶋光昭、西
田芳弘(外務省中南米局長)、小野正昭(駐墨大使)らが同期。その後、
コーネル大学に留学し、昭和48年(1973年)に卒業している。

昭和58年(1983年)、書記官として在韓大使館勤務。勤務期間中にデモ
隊が大使館に乱入、大使のボディガード役を務める。その後在米大使館
などで勤務。北米局2課長やシカゴ総領事、官房総務課長を経て、平成14
年(2002年)12月、外務省アジア大洋州局長に就任。対北朝鮮外交、対
中国外交での拉致被害者の返還交渉と北朝鮮の核問題における交渉担当
者。平成19年(2007年)1月に政務担当外務審議官。

平成20年(2008年)1月17日、谷内正太郎の後任として、本命の条約局ル
ートを歩んできた海老原紳(駐インドネシア大使)を制して外務事務次
官に就任。外務省関係者の評価では後に「上級」で入りなおした人物が
事務次官になりえたのは珍しいという。


手嶋龍一(元NHKワシントン支局長が書いたのは「ウルトラ・ダラー」
(新潮社)政治スリラー小説。彼を快く思っていない嘗ての彼の同僚た
ちは手嶋を全く評価しない。私の代りに読んでくれと頼んでも珍しく拒
否された。

仕方なし取り寄せて読んだ。

北朝鮮が密かに印刷を進める精巧な偽100ドル札、通称「ウルトラ・ダラ
ー」。
その製作には日本から拉致された印刷工や密輸された印刷機器が絡んで
いる。BBCの東京特派員スティーブン・ブラッドレーは、日本の外交
当局や米国諜報機関と連絡をとりながら、偽米ドル札の背後にある陰謀
を追う。

最初からドキュメント・ノベルと銘打ち、香港やシンガポール、ジュネー
ブやパリなど世界各地に舞台を移しながら、中国やウクライナまで巻き
込んだ壮大な諜報合戦が繰り広げられる。
書かれていることの多くにはモデルとなった現実の事件や企業があるこ
とが透けて見え、小説とはいえ現代国際政治の妖気ただよう様が描かれ
ている。

北朝鮮はドル紙幣の用紙をアメリカ国内で盗み、印刷機をヨーロッパで
調達、印刷職人は日本から拉致して精巧な偽100ドル札を大量に印刷する
最終目的はウクライナから核」弾頭ミサイルを購入するため。

連の工作に日本外務省のアジア大洋州局長「瀧澤勲」が実は北朝鮮側の
工作員として登場する。

ことが官憲に暴露される寸前、東南アジアに逃亡。自宅への家宅捜索に
はいった東京地検の検事が「告白文」を発見。「大阪の鶴橋に程近い舟
橋で生まれた私の本当の母親は北朝鮮の工作員」と説明。

母親は「母たる私への思いを些かでも抱いてくれるなら朝鮮民主主義共
和国との国交を樹立し、日本に過去への償いをさせて欲しい」と頼んで
姿を消したのだ。

その言葉を胸に秘めた瀧澤は天王寺の中学・高校で在日朝鮮人の友と過ご
した後外務省に入省し、やがて北京のホテルで、今や北朝鮮の工作員と
なった昔の友人会い、偽100ドル札工作弐引き込まれて行く。

日本外務省の動きをマスコミで多少知る人間からすると、モデルを詮索
すれば嘗ての外務審議官田中均氏を連想するが、藪中三十二氏を連想す
ることも不可能ではない。ただ小説は小説で終わっていて藪中氏の母親
が北朝鮮人だとは決して断定はしていない。
以下は友人の調査。
住吉高校は在日が多い

『在日韓国人ら日本国籍以外の生徒を多く受け入れていることも住吉高
校の特徴です。その数は全校840人のうち約50人を占めます。』
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/news/1202982494/
 
『弟が入学した住吉高校では最初から体操服にもハングルのネーム入れ
が当たり前のこととして行われてうれしかったことなどが話された。』
http://www.ne.jp/asahi/m-kyouiku/net/2005bunkakai4.htm

◆おまけ、藪中氏の人柄は?

さらば外務省!私は小泉首相と売国官僚を許さない 天木直人著

『ノンキャリア試験で外務省に同期で潜り込んだ藪中が,キャリア試験
(上級職試験)を再受験したら,「天木さん」から「天木君」へと呼び
方を変えたというエピソードもあった。』
http://www.bk1.jp/review/0000296804

それにしてもあの閣僚経験者ともあろう人物は、たったこれだけのこと
でなぜ断定した物言いをしたのだろうか。或いは「酔っていた」か私の
空耳と片付けたほうが良いのだろうか。それにしてもあの元閣僚は拉致
問題解決のすぐ近くにいるのだ。

いずれにせよ筆者は藪中氏や外務省関係者を中傷したり名誉を毀損する
意図は全くないことを断っておく。2008・12・17




━━━━━━━━━━
不況期こそが地盤拡張
━━━━━━━━━━

        
         前田 正晶

私たち長年営業を担当していた者は「不況期こそが地盤拡張、シェアー拡
大の絶好のチャンス」と上司に督励されていたものだった。またその通り
だったことが何度かあった。

であれば、現在のような凄まじいばかりの景気後退期こそ、全員が知恵を
絞って新規開拓、新製品開発、既存の得意先への拡売等に必死の努力で挑
戦すべき時となる理屈だ。

だが、現状はどうだろう。個人が不動産、自動車等の金融機関からの借り
入れを必要とするようなものを購入しようとした場合に、貸し渋りや貸し
剥がし等に遭遇するのではないだろうか。それでは売る方も苦労するだろ
う。

経営者側も経費削減に努めれば、得意先を譬え最低限の接待をして拡販し
ようとしても、その経費は認められないことにならないだろうか。設備投
資の資金を簡単には借り入れられないだろう。

需要家もこの時期に仮令優れた品質であっても、敢えて新製品に投資した
り、切り換えたりすることは避けるのではないか。拡売の材料となる広告
宣伝費を節約しようとするのではないだろうか。

また製造業者は資金の固定化を招く新規投資を先送りして、また春が廻っ
て来るまでじっと待っている姿勢を採るだろう。

円高でコストが低下する製品もあるだろうが、安定した需要に向かって価
格競争を挑んでいくことは長期的に見れば決して得策ではない。一度下げ
た値段を元に戻すのがどれほど大変な事業であるかは、経験すれば解るこ
とで、二度とやるまいと思うものである。

マイナス材料ばかり並べ立てたが、過去には景気後退期にも立派に業績を
伸ばしてきた企業が必ずあった。今こそ守りの姿勢に入って、経費を極限
まで切りつめたり、人員整理をしたり、内定を取り消していることが経営
者の知恵ではないはずだ。この世には必ず何処かに攻め込む先があるもの
と信じて積極的になった貰いたいものだ。

先人は「悪い、悪いと言っていれば、事態を一層悪化させるだけだ」とも
言っていた。 以上



━━━━━━━━━━━
春雷が聞こえる?08憲章
━━━━━━━━━━━


             福島 香織

■ネットから響く中国の春雷か。といわれる「08憲章」。すでに産経新
聞でも取り上げられ、中国関係ブログでは完全翻訳も出回っているので、
詳細は省きます。

■大胆にも中国一党独裁の終結を謳った08憲章が、一部知識人や欧米メ
ディアだけが騒ぐのではなく、普通の労働者や失業者など社会にたいする
不満をくすぶらせている層へと広がるかどうか。点と線だけの動きが面へ
と変わっていく気配をみせているのか。福島も、なんとなくどきどきして、
総理番に身がはいりません。

だって、日本の政治よりおもしろそう(失礼)。正直、日本はものすごく
枝葉末節なことで、ぐずぐずいって、こ100年に一度の大転機にどういっ
た覚悟と意気込みで臨むのか、どんな国家観、ビジョンをもっているのか、
というのがみえてこない気がするのです。中国では、一部の知識層からと
はいえ、こんな風に時代を動かしていこうという命がけの動きがでている
わけです。

■五輪という平和とスポーツの国際イベントが、中国人の心の奥にどんな
タネをまいたか。そのタネは果たして芽吹くのか。五輪直後に中国を離れ
た者としてはずっと気になっていたのですが、その答えがひょっとして、
これではないか。という期待と、いやいや、過剰反応は禁物。これは一部
の知識人とネットサイト上の限られた動きにすぎないのではないか、と自
分を戒めてみたりしながら、サイトめぐりしています。

■今の中国経済失速の危機と、共産党の求心力の急激な低下と、米一局支
配の世界構造の変化、そして五輪直後にやってくるチベット動乱(民族蜂
起)50周年、天安門事件20周年、ダライ・ラマ亡命10周年、建国60周年…
という微妙な政治の季節に、このネットからごろごろと響きはじめた遠雷
は、果たして春雷となり春の嵐となり、政治改革の夏を呼ぶのでしょうか。

■で、この08憲章やネット言論周辺の動きを取材してまとめようかな、
と思ったのですが、劉暁波氏は拘束され、なにやらきな臭い話も。福島一
人が日本という安全な場所にいて、電話やスカイプで話をきいて、万が一、
盗聴されたりして、友人たちを危険にさらすわけにもいかず、当面はウオッ
チを決め込むことにいたしました。ひょっとしたら、年末年始休みに北京
か香港にいって、ごはんくらい一緒に食べられればいいのですが。

■というわけできょうは、私めのエントリーではなくて、福島がよく読む
別の方のエントリーを紹介したい。福島のお気に入りブログのひとつ、
「日々是チナヲチ」です。ときに新聞より早く面白い、超おすすめ中国観
察ブログ。ですが、福島はこのブログ主の御家人さんという方がどんな方
か知らない。一方的な隠れファンです。「転載歓迎」とあるので、下にリ
ンクさせてもらった。

一党独裁に叛旗!全面的民主化求める「08憲章」出現。

【転載歓迎】「08憲章」が中国を変える!――『開放』編集長・金鐘氏
(上)(下)

■上のインタビュー中であかされているが、起草者のひとり劉暁波氏は12
月8日に国家転覆扇動の容疑で逮捕されたが、この08憲章起草にあたっ
ては、ちゃんと投獄される準備をしていたという。

■実はパラリンピックがおわったあと、チベット族やウイグル族、民主化
運動家に対する大粛清がおきる、という噂が、五輪開催中からかなり広がっ
ていた。きっと、そのころには、政治の季節の来年を見据えて、こういっ
た思い切ったアクションが起きることをみんな予測していたんだな。

私の知り合いの中には、この!)大粛清!)を心配するあまり、1、2年海外
で暮らすことを急きょ決めた人もいたし、出国できない人は、投獄を覚悟
して家族にお別れにいいに帰省したりしていた。

■この憲章は、ダライ・ラマ猊下も支持を表明している。ちなみに左派論
断で有名な言論サイト「烏有之郷」でも賛否両論とりあげられている。そ
こでは、御家人さんのインタビューも、引用されている。チナヲチを読ん
でいる人は中国左派論者にも多いみたいだ。

http://www.wyzxsx.com/Article/Special/youyou/Index.html

http://www.wyzxsx.com/Article/Class22/200812/61483.html

■経済といい政治といい、来年は中国にとってヤマ場の一年になりそうだ。
その変化のうねりをなんとしても現場でみたいという欲求がなかなかおさ
まりそうにない。(産経新聞東京本社政治部記者 前中国総局記者)



━━━━━━━━━━━━━━━
新聞、出版界に未曾有の経営危機
━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
    平成20年(2008年) 12月18日(木曜日)
         通巻第2425号 (12月17日発行)
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

金融危機、ビッグスリーの次は新聞、出版界に未曾有の経営危機
 ゴミのマスコミは不要になって読者から捨てられるのか
********************************

▲名門「ロスアンジェルス・タイムズ」が休刊の危機

12月初旬、シカゴに本社を置くトリビューン社が経営破綻し、チャプター
11(会社更生法)を申請した。

このニュースに世界中のメディア関係者が「明日は我が身?」と震えた。

同グループには『シカゴ・トリビューン』のほか、西海岸最大の『ロス
アンジェルス・タイムズ』、23のテレビ局などが含まれる。
 
すでに老舗名門の『クリスチャン・サイエンス・モニター』は紙媒体を
休刊して、ネット一本のニュースの配信となった。

欧米ではニュース媒体そのものが大変革を余儀なくされている。2006年
から新聞業界が未曾有の危機に陥っていたのである。

その直前までは新聞社、テレビ局チェーンの買収がもて囃され、M&A
(企業合併、買収)によるグループ化が進んでいた。

投資家のマックラチーは「ナイト・リダー社」を買収し、いきなり『マ
イアミ・ヘラルド』や『カンサスシティ・スター』紙のオーナーとなっ
た。
フィラデルフィアの投資家は『インクワイアラー』と『ディリー・ニュ
ース』を買った。

ヘッジファンド「アビスタキャピタル」社は、ミネアポリスの地域紙
『スター・トリビューン』を買収し、ゲートハウス社は12以上のローカ
ル紙を買収した。新聞社買収がブームだったのは2007年に終わった。

ところが、こうした新聞社ビジネス衰退という見通しを誤断して、「新
聞社は売りが出れば買い」という従来の考え方でニュース・ビジネス拡
大に執着してきたひとつ、カリフォルニア大手の「メディアニュース」
社も経営難の嵐に直面した。

メディアニュース社は『サンホセ・マーキュリー・ニュース』など、カ
リフォルニアの地域紙を三十以上も矢継ぎ早に買収して太ってきた。な
かには『オークランド・トリビューン』や『ロス・デイィリーニューズ』
など比較的安定的な地域独占媒体も含まれる。

このビジネスモデルは2007年まで有効だった。


▲つぎつぎと地域紙は廃刊の危機に追い込まれている

カリフォルニアといえば新聞王国を築いたハースト家の地盤でもあり、
じつはサンホセマーキュリーの買収にもハースト家は触手を動かした。
米国の法律では同一資本がおなじ地域でのメディア独占を排除しており、
ハースト家は名門『サンフランシスコ・クロニクル』紙を持っている。

ムーディズ(格付け大手)は、メディアニュース社の負債が10億ドルに
達しており、課税前の粗利益の九倍、ゆうに債務不履行状態として格付
けの評価をおとした(12月16日、ヘラルドトリビューン)。

同時期に『ロッキーマウンテン・ニュース』が廃業、コロラド州の『デ
ンバー・ポスト』とミネソタ州の『パイオニア・プレス』がまもなく休
刊というニュースも伝わる(08年12月)。

前掲メディアニュース社はコロラド州デンバーが本拠だが、サンフラン
シスコと南カリフォルニアの人口爆発に魅力を惹かれ、インターネット
が新聞を駆逐している現実を見ようともしないで、強気の買収を続けて
きたのだ。

勝ち気の理由はバラバラの編集と印刷工程を統合し、各紙を整合性をも
たせて合理的に編集してゆけば必ず儲かると考えたからだ。

ネット時代に紙媒体のメディアは主収入の広告を年率15%で減らしてい
た。住宅着工比率の急減速とおなじペースだった。 

2年前、有楽町の外国人特派員協会で、じつは奇妙なシンポジウムがあっ
て筆者も出席した。

主要テーマは、「インターネット時代のジャーナリズム」というもので、
次世代メディアはジャーナリズムの質とあり方をいかに変革するか、パ
ネリストの熱心な討論があった。

ところが大半の中味はといえば「俺たちのジョブはどうなるのか?」に
終始していた。

「あれは在日外国人特派員らの失業予測対策だ」と同席したジャーナリ
ストの徳本栄一郎が呟いた。

我が国でも朝日新聞が赤字103億円に転落というニュースがあり、以前か
らいつ倒産してもおかしくないと囁かれ続けた毎日新聞の列に加わる。

春に朝日新聞は新聞本体と出版局を分離し、『論座』の休刊を発表し、
朝日文庫や週刊朝日などは朝日新聞出版社に分社化されていた。

夏頃に一眼レフなど朝日新聞が社内倉庫に眠るカメラ、アクセサリーを
中古業者を呼んでオークションにかけたと仄聞したときに「そこまで追
い込まれたのか」と思った。

広告収入は、新聞ばかりか、テレビを揺さぶり「テレビ東京」の赤字が
表面化したほか、各局が苦戦の最中で、悪しき例が出版界に及んだ。

朝日新聞は『論座』を休刊し、講談社は看板雑誌『現代』を休刊したが、
つぎに『週刊現代』ではないか、と関係者は戦々恐々となっている。

団塊の世代がサラリーマンの現役の頃、同誌と『週刊ポスト』は百万部
を越えて、競合していた。

黄金時代と囃された小学館・集英社グループとて、赤字すれすれか、転
落が予測されている。すでに学習雑誌の黄金時代は終わり旺文社、学習
研究社は大幅に後退した。

『文藝春秋』を地下鉄車内で読んでいると、女子学生がシーラカンスを
見るような視線を感じたことがある。

チラシという日本独特の広告媒体とて、織り込むはずの新聞紙本体が部
数を激減させていれば広告効果は薄らぐ。

家庭では新聞より先にチラシをみるのが主婦だが、いまや図書館へかよっ
て新聞閲覧の前にチラシを読む人が増えている。

「チラシはどこへいった?」と図書館員に聞いている風景を実際に見た
ことがある。


▲宅配制度と拡張団が新聞メディアを蝕んでいた

日本の新聞界の場合、問題は宅配制度の維持と部数競争。このため売り
上げの四割が専売制度の維持と拡張団経費に費やされてきた。
合理的に考えれば無駄な投資だった。

このシステムは、ほかの諸外国にはない。逆に言えば、この宅配制度に
支えられて新聞経営は安泰としてこられた。昨日までの話だが。。。

五大紙の公表部数は三割前後が押し紙だ。

もっと露骨に言えば、部数の三割が無駄に印刷され、資源ゴミとして回
収され再生される。ロスが生じるから森林資源が無駄にされている。そ
れなのにマスコミは公害公害と、叫んでいる。

広告効果が上がらないと分かれば、スポンサーは降りるか、値引きを要
求する。

広告代理店は悲鳴を挙げる。


この結果、朝日は広告収入が半減したと伝えられ、出版社が出稿する書
籍広告代金は日本経済新聞のほうが高くなったと業界筋の話題となる。

雑誌広告もまったく同じで、自然淘汰の原則通りに多くの雑誌が休刊し
たが、つぎは面白くない雑誌メディアが淘汰されるだろう。

大手出版社でさえ赤字を許容できる範囲は一週刊誌で年間一億円までと
いうのが業界の常識であり、となれば09年に維持されている週・月刊誌
はいくら残るだろうか?

会社の顔と言われる『新潮』『文学界』『群像』とて。


▲製紙業界からも悲鳴が

部数激減は製紙業界をも急襲する。

GM倒産となれば下請け部品メーカーから孫請けに悪影響がでるように。

米国とカナダのメディアにとって、新聞用紙メーカー、アビティビボウ
オーターが経営危機に陥って、つぎは紙が主体のペーパーに印刷用紙
(パルプ)が十分に行き渡らない危機にも直面する。
同社は新聞用紙年産が478万トン(ちなみに日本全体の生産量約390万トン)。

北米新聞界全需要の四割強をしめる。

かくしてマスコミのビジネスモデルは次々と破綻し始めた。
 
メディアミックス戦略は大々的な再考が促されている。
90年代、ワーナーがTIMEを合併し、そこへCNNが加わった。

新聞王マードックは豪州の新聞王から英国フリーとストリートへ乗り込
み、片っ端から新聞を買い、ライバル=マックスゥエルを自殺に追い込
み、つぎに米国へ進出し、FOXテレビを立ち上げ、世界配信のスター
TVはスポーツ番組に特化して稼いだ。勢い込んで香港へ乗り込み、老
舗の『サウスチャイナ・モーニング・ポスト』を買収した。

巨大グループ化が、成功へのビジネスモデルだった。

日本はテレビ、ラジオの系列下が進み、朝日がテレビ朝日を毎日がTB
S、文化放送を産経がフジ、日本放送を系列下したように日本経済新聞
はテレビ東京、ラジオ短波というメディアミックス戦略が行使された。

このモデルへの挑戦は、米国投資家と組んだテレビ朝日株買い占め、ほ
りえもんのフジテレビへの挑戦、そして楽天のTBS株式大量取得へと
繋がる。12月16日、TBS株主総会はホールディング会社への移行を決
定し、これで楽天のTBS買収はあり得なくなった。

楽天は巨額の損失を出すことになるだろう。


 ▲いかにしてメディアは生き残るのか?

この間、インターネットの時代が急速に迅速に進んでいた。

世論がネットに移り、読者は大新聞の社説を見向きもしなくなり、新聞
を学生が購読しなくなり、そしてメディアのあり方が変わった。

 フジ・メディア・ホールディングの日枝久会長はこういう。

「(十九社グループを統合するホールディング会社となったが、今後も)
選択と集中をしながらシナジー<相乗効果>を挙げ、将来はメディアの
コンゴロマリットを目指す。わたしはメディアを新聞や雑誌、テレビ、
ラジオというふうに捉えていない。メディアは人と人とを結びつけるも
の」。したがって「通販もイベントもメディア」であると日枝会長は強
調する。

また角川グループ・ホールディングの角川歴彦会長は次のように言う。

「新知識産業」時代には「知のネットワーク」が最重要であり、「グー
デンベルグが発明した印刷技術で、本というコンテンツは500年近く繁栄
してきたわけですが、21世紀は動画の時代」(いずれも雑誌『財界』09
年1月20日号)。

通信社も様変わりである。

ニュースの商人=ロイターはトムソンと合併した。APとならんで世界
中に特派員を配置し、多方面をカバーしてきたが戦争特派員など経費が
かさみ、赤字である。

経済ニュース専門のブルームバーグが急速に伸びたが、これとて上限が
見えてきた。日本では時事、共同通信の合併が何回も囁かれ、そして消
えた。

ワシントンを本拠に政治ニュースを売るポリテコ社は、2年前にテレビ
局チェーンのオルブライトン・コミュニケーションズ社が創設したばか
りだが、このほどロイターと提携し、ネットメディアに広告を売るビジ
ネスを開始した。

ブルームバーグとダウ・ジョーンズが経済情報以外の販売を始めれば、
逆にAPが経済情報の配信を始め、ロイターが新興勢力を提携先に選ぶ
という時代になった。

オバマ当選でみられたように、ネットが政治を動かしはじめ、新聞やテ
レビのあり方が大きく変わっている現状で、この動きは明日のビジネス
モデルの一端をしめしているのかもしれない。

日本では騒がれなかったが、冒頭に紹介したシカゴのトリビューン社倒
産劇は、つい二年前に82億ドルもの巨費を果たして買収したばかりのこ
とで、新聞ビジネスの見通しが、この僅か二年でホップ・ステップ・ド
ボンとなった典型例である。

態がここまで悪化している状況のもと、数年後、朝日新聞は生き残って
いるか?



━━━━━━━━━━━━
ユダヤ難民を助けた日本人
━━━━━━━━━━━━



          平井 修一

義を見てせざるは勇なきなり、とはいうものの、言うは易し、行うは難
しである。ナチスから迫害を受けたユダヤ難民を救った人では杉原千畝
氏(リトアニア・カナウス領事館領事代理、肩書きは当時)が有名だが、
以下の人々も大いに貢献したと上杉千年氏(歴史教科書研究科)が「や
すくに」平成20年12月号に表記のタイトルで記している。要約する。

●樋口季一郎氏(陸軍少将)

昭和12年、満洲在住のユダヤ人5500人から「極東ユダヤ人大会」開催を
求められると樋口氏は快諾。河村愛三氏(陸軍少佐)、安江仙弘氏(陸
軍大佐)らとともに個人の資格で大会へ出席し、ユダヤ民族への理解と
同情を示した。

●松岡洋右氏(南満洲鉄道総裁)

翌13年、ナチスのユダヤ人狩りから逃れてきた多数のユダヤ人がソ連領
オトポール駅に滞留し、満州国に入れずにいたところ、樋口氏は松岡洋
右氏(南満洲鉄道総裁)の協力を得て特別列車を派遣して救援した。

●東條英機氏(関東軍参謀長)

友邦ドイツから抗議され、東條英機氏(関東軍参謀長)が樋口氏に釈明
を求めると、「日満両国が非人道的ドイツ国策に協力すべきものである
とすれば、これまた驚くべき問題」と主張。「日本はドイツの属国では
ない、満洲は日本の属国ではない」とまで言い切った。

東條氏はその主張に同意し、陸軍省にそれを伝え、不問に付した。

●安江仙弘氏(陸軍大佐)

安江氏は陸軍きってのユダヤ問題研究家であったが、石原莞爾氏(陸軍
少将、関東軍参謀副長)に進言し、「ユダヤ民族施策要領」の策定にか
かわった。八紘一宇(世界は一家)の精神でユダヤ難民を保護すべきで
あり、後に板垣征四郎氏(陸軍大臣)に具申して実現した「ユダヤ人対
策要綱」では、ドイツのようなユダヤ人排斥は「帝国の多年主張し来た
れる人種平等の精神に合致せざる」と明記している。

●犬塚惟重氏(海軍大佐)

「ユダヤ人対策要綱」決定に安江氏とともに尽力したのが、海軍のユダ
ヤ問題専門家の犬塚氏だった。出世の道を断ってまでユダヤ難民問題に
挺身した。自らがこの問題を担当することが日本にとってもユダヤ人に
とっても良いという判断からだった。(以上)

白人による世界の帝国主義的支配の「終わりの始まり」は日露戦争での
我が国の勝利による。おそらくこれは20世紀における最大の事件と百年
後千年後の歴史家は記すだろう。この戦争で日本は戦時国債を発行した
が、その多くを引き受けてくれたのがユダヤ民族である。

多難な時代は続くが、日本とユダヤの民は歴史的な友好関係を維持した
いものだ。今年はイスラエル独立建国60周年だった。
 


━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━



 ◎<日産>派遣社員ゼロに…減産拡大

日産自動車は17日、09年3月末までに国内工場の生産台数を7万8000台
減らすと発表した。これまでの発表分と合わせ、今年度の国内の減産
幅は22万5000台規模に上る。国内直営工場の派遣社員も500人を追加削減
する。その結果、08年4月時点で3000人いた日産の派遣社員はすべて削
減されることになる。景気悪化が予想以上に加速しているため。自動車
業界では、いすゞ自動車も非正規社員全員の解約を進めている。

減産の対象となるのは、栃木工場(栃木県上三川町)と九州工場(福岡
県苅田町)、追浜工場(神奈川県横須賀市)の3工場など。日産はこれ
まで、12月末までに派遣社員1500人を削減する計画で、残る500人は「来
年以降の販売状況を見て決める」としていた。【12月17日13時18分配信 
毎日新聞



 ◎ギリシャ暴動、学生らが一時国営テレビを占拠
 
[アテネ 16日 ロイター] 警官による少年射殺をきっかけにギリシ
ャで起きている抗議活動は11日目となった16日、学生らが国営テレビの
スタジオを一時占拠し、放送中のニュース番組が中断された。

ニュース番組では、占拠した約20人の学生の姿をしばらく放映。間もな
く、コマーシャルに切り替え、その後カラマンリス首相が国会で話す様
子を放送した。

ある匿名の警察官が話したところによると、学生らは暴力的な様子では
なく、放送を通じて少年の射殺事件に抗議させてほしいと伝えたという。
 12月17日10時47分配信 ロイター



 ◎韓国女性タレント、不倫で有罪  オク・ソリさん

【ソウル17日共同】聯合ニュースによると、韓国の裁判所は17日、不
倫をして姦通罪に問われた人気女性タレントのオク・ソリさんに、懲役
8カ月、執行猶予2年の有罪判決を言い渡した。夫が同罪で告訴し、検
察が起訴していた。

韓国の姦通罪は日本の植民地支配時代に作られ、オク・ソリさんは憲法
裁に同罪の違憲を訴えたが、10月に合憲判断が出た。17日の判決で
は不倫相手の男性歌手にも懲役6カ月、執行猶予2年が言い渡された。


 
 ◎中国湖南省婁底市、教員6千人が大規模ストライキ

【大紀元日本12月17日】湖南省の3つの県市で先週、小中学校教員が合同
ストライキに突入し、参加人数は6千人に達した。婁底漣源市で開かれた
湖南省人民代表大会の開催に合わせて集まった教員数千人が、市庁舎前
に座り込み抗議活動を行ったが、当局は対応しなかった。

また、河南省洛陽市吉利区中小学校の教員は12月8日、一斉に臨時休暇を
取る形で集団ストを起こした。いずれも低い給与の見直しを求めるもの
で、2年に渡って解決されないことが原因だった。

  支給されない教員手当

スト参加者の話によると、湖南省人民代表大会が12月9日、婁底漣源市で
行なわれた。当地の教員ら約1500人が朝一番に市庁舎前に駆けつけ、給
与と福祉の改善を要求して座り込み抗議を行なった。内容として公務員
と同等の福祉と、13カ月分の給料の支払いを求めた。

「上級政府機関が教員専用手当てとして当地政府に8千万元(90億円)を
当てたが、一銭ももらえなかった。当地政府官僚に横領された」と教師
の怒りは静まらない。

目撃者の証言によると、9日朝市政府の前に約1500名の教師が集まった。
昼頃になると人数は3千人ぐらいになった。教員が学校に行かなかったた
め、中小学校の学生は自習しかできなかった。

しかし、1日目丸一日、当局は対応しなかった。2日目になると、抗議
する教師の人数は6千人に達した。マスコミに電話した人もいたが、中国
政府系メディアは沈黙を続けた。

政府側が解決しない限り、更なる大規模な行動を起こす

教員によると、最近湖南省の各地で教師のストが発生したため、当局は
慌てて対策を打ち出した。官員が各学校に訪れ、今年末に給与をアップ
し、手当を配ると口頭で約束したが、信用できない。もし 年末になっ
て、約束が実現できなかった場合、教師達は更なる大規模な抗議活動を
起こそうとしているという。

記者が婁底漣源市教育局に電話したところ、電話に出た官員はすでに解
決したと言い捨て、電話を切った。

今年に入り、湖南省及び全国各地で教員のストライキが発生しているが、
いずれも給与と福祉の問題である。

 


━━━━━━━
反     響
━━━━━━━


 1)下記は,以前ご紹介したメルマガです.昔々米企業との開発協業
でお世話になった方の発行です.

今回は,「二酸化炭素削減が自殺行為」という話題であり,なかなか興
味深いです.米欧の行動は明らかにウラがあるとしか思えません.もし
ないのだとしたら,本当にお馬鹿な国々ということになりますから,そ
れこそありそうもないことになります.明らかに意図的な「刷り込み」
です.

それと,以前ご紹介した丸山茂徳教授の仰る「温暖化よりも,近い将来
の寒冷化が焦点」との話を誰も取り上げない不思議さ.シベリアの凍土
地帯と熱帯のジャングルと,どちらが生命の多様さと旺盛さに溢れてい
るか,一目瞭然ですね.

数年後に明らかになると丸山教授は予言しておられますが,2015年頃に
大騒ぎになった時,また取り上げたいなと思う今日この頃です.

メルマガ「わくわく単身赴任日記」
http://archive.mag2.com/0000247636/20081130195013000.html

2008/12/16  大阪



 2)それにしても、世界経済は今後どうなるのでしょう?

米国はもともと自由主義経済の格差社会だから、痛みもそれほど感じな
いでしょうがそのとばっちりを受けている日本は右往左往の大混乱です。
それも元を糾せば、小泉・ブッシュの蜜月外交が生んだ結果で、後始末
を請け負った総理は次から次へとバタバタ倒れる始末です。その小泉内
閣も、国民の痛みが大きくなるにつれ引け際鮮やかにさっと退場して、
その後はこの始末です。

不倫ならぬ不承のチルドレンと言われる子供たちも親を探して路頭に迷
っています。

国内では公明党頼りの政治が、ここへ来て自民党内の混乱の元ともなっ
た特定給付金騒動や消費税への反対など一筋縄で行かないジレンマに悩
まされ、国外では米国頼りに中国がやきもち焼いて反日運動が盛んにな
ると、今度は中国頼みの政治でと目先を変えるも毒入り餃子や進展のな
い拉致問題など自主性のない自民党政治は遂に自滅の間際に来ています。

二大政党政治で、今度は民主党に何とかと思っている国民も多いと思い
ますが、彼らとて政権取れば言っていることが実現できると言う保障は
ありません。それでも、困った時の神頼みで何とかして欲しいのが心情
です。国民の政治不信は限度ぎりぎりまで来ているでしょう。日本人は
我慢強い民族です。あのおとなしいタイの人たちが、あれだけの抗議運
動をするのを見ると昔日の感がありますね。
他人頼みは、それにかこつけてむしり取られるのが落ちで、これからま
たアメリカからむしり取られるかと思うと将来も不安が一杯です。 な
みお



 3)ウンチまみれの母 平井修一

午後9時、気持ちよく寝ていたら、「きゃあー、パパ、起きて起きて!」。
娘2人が叫んでいる。何事かと思ったら、母がウンチまみれになってい
た。

部屋はウンチまみれ、布団もウンチまみれ、服もウンチまみれ。よせば
いいのに犬までウンチまみれ。もう絶句。いかにせん。

「パパはばあちゃんをお風呂で洗ってあげて!」

長女が言う。裸になると、「犬が歩き回るから、まず犬は私が洗う」と
次女が言う。孫はギャーギャー泣き叫ぶ。裸の小生は右往左往だ。

母の部屋掃除とお風呂と洗濯3回を終えたのが深夜の12時。介護というの
はこういうことか、といささか呆然としている。

「新鮮、体験。介護する方(ほう)、される方(ほう)。あなたのやさ
しさをください。介護用パンツ、コンフィデント」

コピーライターだからこんなセリフを考えた。どうぞ使ってくれえ!




  4)はじめまして、竹村と申します。いつも読ませていただいており
ます。

麻生首相に星がないという意見を読んで、意見させていただきます。星
がない」ように見えるとすれば、マスコミが麻生首相の業績を一切報道
しないせいです。それを「星がない」と評するのはマスコミの偏向報道
と同じかと思います。以下、ネットで話題になっている麻生首相の業績
の一部です。10月のものだけですが、

・一次補正(済み)・金融機能強化法案関連(済み)


・日本領海拡大(済み)

・ワープアを正社員にした場合の補助

・テロ特措(野党の参議院待ち)

・派遣法改正(野党の参議院待ち)

・IMFへ外貨準備高から10兆円貸し出し(民主はなぜかこのドル不安の中
で準備高削ってドル売り宣言)

・2国間の経済支援要請をすべて拒否、今のところアイスランドと韓国
×(民主IMF批判してたが、なぜか特定国への2国間支援表明)

・ASEAN+3の通貨スワップ拡大を話していくことで合意、つまり韓国支
援なし・空売り、市場監視等強化

・政府が銀行のマネーロンダリングへの対応の甘さを指摘 その翌日か
ら、数件の経済ヤクザの逮捕

・G7での行動指針採択・G20にて金融市場の透明化で共同合意

・日印安全保障協力共同宣言 (民主小沢寝不足の為、シン首相との会
談キャンセル<翌日青森で選挙の為の演説は実施>)

・農林水産省利権の地方農政局 国土交通省利権(創価枠)の地方整備
局の廃止・統合指示・竹島を「日本の固有の領土」として、閣議決定。
【安倍政権で行われ福田政権で止まっていたガサ入れ再スタート】

・朝鮮総連強制捜査(数十年脱税疑惑があったが放置されてきた在日商
工会にメス)・アーレフのガサ入れ・革マル派の活動家ら11人逮捕

・大麻や麻薬等の摘発が増加 動いて

いるのは厚生省の麻薬取締課、通称マトリ【福田改造内閣幹事長時代】
・増税再建内閣に経済対策を持ち込む

・中小企業への銀行貸し出しに政府保証を入れる救済策(済み)

これらがまずほとんど報道されていません。マスコミは旧社会党議員の
巣窟たる民主党によっぽど政権をとらせたい様子です。また韓国に血税
を直接支援したいのだろうと思います。



 5)先日はアメリカの世界最大の新聞用紙メーカーが破綻の危機に瀕
していると報じ、これが活字媒体が当面する深刻な事態を裏書きしてい
ると強調した。

それ以前にも、私はアメリカ輸出に依存してきた中国の景気後退のため
に、包装材料、特に段ボール箱関連の業界の危機も取り上げてきた。

さらに、つい先頃、「ガイアの夜明け」で特集された中国の古紙やペッ
トボトル買い漁りも取り上げていた。まだ今年のことである。当時、中
国の製紙会社は急成長する需要に会わせて、世界中から古紙を輸入し世
界中の価格を急騰させていた。

番組中でも、中国のあるメーカーが高品質の古紙が集まる日本にも古紙
買い付け会社を設立し、担当役員が全国を飛び回って高値で購入してい
ることを映し出していた。中国の勢いを感じさせる企画だった。

ところが、世界的危機の到来で最早中国の段ボール需要は急落し、古紙
を輸入しなくなり、世界中で古紙がだぶつき、価格も急落している状況
になった。アメリカでは集まった古紙の行き先がないところまで追い詰
められている。

そこに、その中国の会社が日本に設けた古紙買い付け会社の活動を停止
させたという情報が流れてきた。これは、いわば「想定内」ではあるが、
現在の世界的な経済の危機を象徴するような出来事である。

わずか数ヶ月前に多忙を極めていた会社が休業状態に追い込まれたほど、
中国の製紙会社、ひいては中国の経済状態が追い込まれているという意
味で。

私はこれが単に中国だけの問題で終われば良いと願っているが、そうは
行きそうもない現在の情勢である。中国はただこれから先こうなって行
くという状況を、世界に示しているような気がしてならない。

日本経団連と連合が春闘を廻って早くも対立していると報じられている。
連合が主張するような「賃上げ」が実行出来るようになるよう、政府も
与党も最大限の努力をして貰いたいともうのだが。 以上 前田正晶 



 6)裁判員制度反対・実施延期を     馬場 伯明氏に関して、
私も一言。

>私の結論。今の裁判員制度は国民にとって百害あって一利なしの制度で
あり、反対する。とにかく立ち止まり来年5月の実施を延期する。その後、
廃止への取り組みを行なうべきである。

全く同感ですが、今更どうしようもありません。国籍法だって、男女共
同参画法だって、改正建築基準法だって、かつて騒ぎになった中古家電
法だって、「とにかくお国が作る法律で一般国民がよくやった、と褒め
られるようなものは何一つありゃぁせん」、と言うのが私のスタンスで
す。 

>裁判員候補者名簿作成のための通知文書は来なかったが、たとえ
今後呼出状が来ても私は知恵を絞り辞退する。いいえ、事前の面接があ
るので、それほど知恵を絞る必要はない、と思います。面接時の私の解
答要領「現在の判決はバナナの叩き売りよろしく、論告求刑の七掛け、
八掛けだが、オイラはそれを見越して1.3倍の求刑をする。状況によ
り、他の人がいかに反対しようが1.5倍乃至2倍の求刑をする。(断
言)」

例1 婦女暴行・・・初犯で最低懲役15年、悪質犯あるいは重犯又は再
犯は去勢の上、無期(仮釈放なし)。殺人を伴う場合には、個人・集団
を問わず関係者全員死刑(情状酌量なし)。

例2 飲酒運転・・・その場で介助した場合には、現状の道交法を適用。
ひき逃げ・・・飲酒の事実の有無に関係なく、全て無期懲役(仮釈放な
し)。」

例3 刑法39条は一切不適用(キ違いだからこそ、放置しないのであ
る)裁判所「じゃあお尋ねしますが、冤罪の可能性に対しては貴殿はど
のようにお考えですか?」私「おおぅ、よく言った。しからば、取調べ
は全て録画して証拠として提出せよ。」これで向こうは「だめだ、こりゃ
・・・」他の人は呼ばれて苦労するでしょうが、他人(ひと)は他人
(ひと)、知ったことか、少なくとも私に2度とお呼びは掛からないで
しょう、わっはっはっ・・・          九州男




━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


東京湾岸、17日は朝から秋田のような鉛色の空。途端に憂鬱になって気持
ちが沈んだ。陰鬱な天気で育つと陰鬱な人間になるのだ。

ハンチントン教授を俟つまでもなく気候風土は宗教をつくり社会を左右
するから文明の衝突は気候の衝突である。

18日は打って変わって朝から快晴。東京に住む価値は冬晴れにこそある
のだ。
NHK政治部の後輩手嶋龍氏一の本は自民党有力者の一人をして外務事
務次官藪中三十二氏がさも北朝鮮系の人のように思い込ませた事は事実
である。罪な小説というべきだ。想像するに彼は似たようなテーマをま
た小説にして取り上げるだろう。それしかネタが無いはずだから。いず
れ騒ぎを引起しそうな気がする。


ご投稿、ご感想をお待ちしています。下記。 読者:3711人
ryochan@polka.plala.or.jp

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/
--------------------- Original Message Ends --------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2008/12/18

    がんばれ! 老年探偵団

  • 名無しさん2008/12/18

    ↓コメントへ

    何が悪いかといえば、イタズラ好きの元閣僚でしょうね。

  • 名無しさん2008/12/18

    手嶋龍一もそうだが落合信彦しかりです。

    7割の真実に3割の興味深い作り話を混ぜ込んだ「小説」はよく売れます。

    中には信じ込んでしまう読者もいますが、あくまでもフィクションなのです。

    著者と編集者の狙いでもあり、笑っていますよ。

    しかし、まさか元政治記者、議員秘書を経験した人が、丸々信じ込むとは想定外でしょう。