政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針 1382号  08・11・16(日)

2008/11/16



□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべりやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 1382号
□■■□──────────────────────────□■■□  

         平成20(2008)年11月16日(日)


                             反日屋の「AY」って誰だ:平井修一

                    保守中間層はみな逃げだした:山堂コラム 242

                               任期満了までの政権か:渡部亮次郎

                               GMに屈するオバマ政権:宮崎正弘

                                   読売巨人軍再生の途:前田正晶

                         話 の 福 袋
                         反     響
                         身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第1382号
                              発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━
反日屋の「AY」って誰だ
━━━━━━━━━━━━


        平井 修一

田母神(たもがみ)俊雄・前航空幕僚長についての11月12日付ワシント
ンポストの記事は、筋金入りの反日記事だった。

「日本の将軍、第2次大戦の歴史改竄。追い出されても弁解的論文を反
省しないと議会で発言」と題されたものだが、全文「悪意と反日感情」
に満ちている。こんな具合だ。

「日本が第2次世界大戦の侵略者でなかったと書いて解雇された前将軍
は、静かに消えて行くことを拒否している」

「田母神はけんか早く、アジアの全域で数百万を殺した戦争での日本を
擁護し、私が書いたものは間違いない、と議会で語った」

「日本の残忍性の主要な犠牲者である中国と韓国は、将軍の主張につい
てショックと怒りを表した」

「彼の見解は日本の多くの国家主義者(ナショナリスト)のそれと同じ
であり、麻生太郎首相の政治責任が問われている」

「首相になる前に、麻生総理は国家主義への傾斜を暗示した一連の発言
をした。朝鮮半島における日本の35年間の植民地占領を称賛することに
よって南北朝鮮の政府を驚かせた。そして、日本が朝鮮で多くの良いこ
とをしたと言った」

「2006年、外務相として麻生は、有罪となった戦犯が250万人の戦没者と
一緒に祀られている聖地、靖国神社に天皇が訪問すべきと示唆して中国
を悩ませた」

「近年浮上した文書によると、戦争中、麻生の家族のセメント事業では
奴隷労働者として何千もの韓国人、中国人、オーストラリア人、英国人、
オランダ人の捕虜を利用したことを示している。9月にこの問題について
尋ねられると麻生は、戦争が終わったとき5才であり、この件については
かかわりようがないと語った」

「安倍元総理は、第2次世界大戦において日本政府によって“慰安婦”
にさせられた50,000〜200,000人のアジア女性への謝罪を後退させ、“た
だの売春婦”だとした」

「国家主義の陣営で強い支持を得た安倍は、日本の軍隊がアジアの女性
に売春婦になることを強制したということを証明しているドキュメンテ
ーションがないと言った」

「議会調査局の2006年レポートによると、日本政府による売春宿の建設
と女性の補充への日本軍の関与を示している100以上の文書を発見した」

「安倍の下で日本の公立学校で教える戦争の歴史を取りつくろうとした。
2007年に文部科学省は、1944年、沖縄の一般人が米軍侵入に際して降伏
するよりはむしろ集団自殺を行うという日本軍の命令があったという文
章を教科書から削除した」

「裁判では集団自殺での軍隊の役割を認め、教科書はその事実を受け入
れて書き直された」

この記事を書いたのはブレーン・ハーデン記者だが、小生が20歳のと
きに行動をともにした中核派など「プロの反日屋」の言葉と瓜二つであ
る。どういうわけだろうと今一度原文を見たら、末尾にこうあった。

Special correspondent Akiko Yamamoto contributed to this report.
「この記事は特別通信員のアキコ・ヤマモトの協力による」

アキコ・ヤマモト、「AYって誰だ」?

検索したら「柏木明子(ワシントンポスト記者)」という表記に出合っ
た。さらにチェックすると「ワシントンポスト紙北東アジア総局のアン
トニー・ファイオラ局長と山本明子記者が町役場にやってきた」という
表記が。

ワシントンポストの日本通信員で「明子」が2人いるケースはほとんど
ないから、結婚して苗字が変わったのか。「山本あきこ」で検索したら、
どうやらこの人、第2の辻元清美みたい。

<平和憲法を世界に広げ、北東アジアの平和外交につくします。9条ポイ
捨て、モッタイナイ。06年6月 大学の先輩と結婚 社民党参議院予定候
補(新潟選挙区)山本あきこ>

小生は社民党に問い合わせた。

「以前、参院選で山本あきこさん(旧姓:柏木さん)は立候補されまし
たが、衆院選では立たないのでしょうか。ワシントンポストのお仕事が
忙しいのでしょうか。ぜひ政界で活躍されてほしいと思います」

今のところ返事はない。

以上の推論は柏木明子=山本明子をベースにしている。落選したからワ
シントンポストの仕事をしているようで、なーんだ、ごりごりの過激派
だったのかと小生は思う(間違っていたら謝罪にうかがう)。

社民党の山内徳信参議院議員(沖縄県読谷村生)が国会で「田母神前航
空幕僚長の件はワシントンポストでも報じられていましたが」と発言し
ていたのは偶然ではなかったのだ。

ちなみにワシントンポストと朝日新聞はお友だちである。



━━━━━━━━━━━━━
保守中間層はみな逃げだした
━━━━━━━━━━━━━


         山堂コラム 242

「総理総裁になったらやる、必ずやるぞ!」ぐっと睨んだ敵空に、星が
瞬く二つ三つ・・・なーんて意気込んでたのに、なってみれば「こはい
かに」だ。

5人囃子のチンドン屋。総裁選はやったけど、自民党にはあの程度、あ
の体たらくの人材しか、もういないとの馬脚出て、白けた祭りの直後だ
で、解散すれば間違いなく、大敗北はまぬかれぬ。

はじめから負け戦のことなれど、ノモンハン、インパール、アリューシャ
ン。それでも突っ込んだ先達も、多々有のオラが国。やるかやるぞと固
唾を呑んだ。待てど暮らせど「ニイタカ山」。

いつになってものぼらねば、細田や大島らは痺れを切らし、「親の心子
知らず」の「必ず突っ込む、やっちまう」。またまた永田町ミスリード。

それでも麻生連合艦隊の真珠湾、目前で踏みとどまったそのワケは、や
れば自民党304現議席。100程度は間違いなく消滅と、騒ぐ各紙の世論調
査。

はじめから負けると分かってて、戦(いくさ)をしたのは大本営で十分
で、自民独自の調査でも、過半数割れは必至にて、下手すりゃ閣僚・党
役員、大物続々討ち死の、大敗北なりのご託宣。誤魔化しきれぬその予
測。

たまげた選対委員長(古賀)。副委員長(スカタン)に選挙には、めっ
ぽう弱い中川(昭一も秀直も)に、町村たちも加わって、殿のダンビラ
懸命に、抜かせぬ必死の説得は「待てば海路の日和あり―――」

おりしもアメちゃんハゲタカの、ファンド惹き起こしたる大不況。世界
中に蔓延し、日本巻き込む大混乱。内閣支持率同様に、急降下する株価
でも、これぞ神風・神佑天助。待てばクルクル「海路の日和」。

解散止める口実なら、不況でも戦争でも熱烈歓迎。パンダ贈呈は毛沢東。
「選挙よりもまず政策」、などとまずは公明ペテンにかけおきて、さっ
さと打ち出すドロ縄の、「何とか総合経済対策」。

ペテンにかけたつもりの公明が、黙って引き下がるワケがなく、「それ
なら2兆円の給付金!」と血相変えて迫りくる、一歩も引かぬ三色旗。

「バラまき最たる愚民策。9年前もクーポンを、配った失政忘れたか。
税金ドブに捨てただけ」と、反対していた自民党。

それでも結局は学会票、欲しさのさもしい心根で、結局ズルズル引きず
られ、一般有権者をバカにした、バラまき衆愚政治の選択を、させられ
最後に嵌められたる。結局バカみた自民党。

「バラまき給付金」の悪材料、これに更なる追い打ちを、自民にかけた
る疝気筋。言わずもがなの小松基地―――

もとより蜃気楼の地元にて、F15戦闘機。乗せて貰った見返りか、そう
でないかは分からねど、航空自衛隊の馬食長、いや違った幕僚長。政府
の方針に背きたる、論文堂々応募して、300万の賞金を、獲得したる大珍
事。

珍事に喜ぶネオコンや3K新聞はさておいて、麻生自民党政権へ、暗黙
のうちに効いてくる、選挙民からの破壊力。選挙をやればすぐ判る。

長期一貫して自民党、支持してきたる中間層。中道保守の総体が、じわ
りじわりと離れるは、「神の国(森)」「靖国(小泉)」「戦後レジー
ム脱却(安倍)」と、3代続いたネオコン(新右翼)の、胡散臭い内閣
に、嫌気がさして来たためで、その路線を踏襲と、現政権が見られるか、
どうかここらは瀬戸際の、瀬戸は馬関の壇ノ浦。

空幕長の論文も、歴史観というよりは、ええとこ取りの借り物と、誰か
が指摘もしていたが、オラに言わせればB29を中古(ちゅうぶる)の九
七戦で迎え撃つ、左様な古色蒼然の、偏狭な世界観の持ち主で、それが
我が国の空守る、最高指揮官に命じた責任者。

かくなる政府自民党。それを戦後一貫し、支えた真正保守の中間層。そ
れらはじりじり逃げ出して、無惨や残るヤツバラは、両極端のマイノリ
ティ。新右翼ならびに学会員。あとは雲散霧消して自民党の大崩壊。
(了)



━━━━━━━━━━
任期満了までの政権か
━━━━━━━━━━


         渡部 亮次郎

麻生首相は1度は衆議院解散を決意したが、秘密世論調査で「惨敗」と
出たので、公明党への前言をあっさり翻して解散を断念した。その断念、
謝罪金がバラマキ金2兆円だ。景気対策の一環とされているが、違う。無
駄な事は9年前、すでに証明済みだが、公明党の面子を糊塗するにはゼニ
しかない。

政府、自民党としては定額給付金を含む2008年度第2次補正予算案などを
早期に成立させる必要があるものの、その時期を来年1月召集の通常国会
冒頭にするという線が濃厚になってきたとあっては、少なくとも衆議院
の「年度内」解散は遠のいたと見るべきだろう。

<衆院解散、年度内は困難に

政府・与党は13日、今月30日に会期末を迎える今国会の会期を延長しな
い方針を固めた。

定額給付金を盛り込んだ2008年度第2次補正予算案と関連する特別会計法
改正案は、来年1月召集の通常国会冒頭で処理したい考えだ。

給付金の支給開始は来年3月かそれ以降となる可能性もあるため、与党
内では、それ以前の衆院解散は難しくなり、解散・総選挙は当面、遠の
いたとの見方が広がっている。

自民党の古賀選挙対策委員長は13日の古賀派総会で「一時期、解散風は
暴風ったが、穏やかな風になっている。12月は選挙区も大事だが、東京
での(税制改正や予算編成などの)活動に力を入れてほしい」と語った。

政府・与党が今国会を延長せず第2次補正予算案を通常国会で処理する
方針を固めたのは、民主党など野党が定額給付金への反対姿勢を強めて
いることから、12月は国会を閉じて予算編成や外交課題に専念した方が
得策だと判断したためだ。

与党は、補正予算などの早期成立を図るため、通常国会を1月上旬に召
集することを検討している。1月下旬召集が通例で、前倒しとなる。

与党は、今国会の重要法案と位置付けた新テロ対策特別措置法改正案と
金融機能強化法改正案が月内に成立するメドが立ったと見ており、延長
必要なしの判断につながった。仮に、民主党が金融法案の審議を引き延
ばした場合、会期の小幅延長も視野に入れている。> 11月14日3時7分
配信 読売新聞

<「自分勝手な論理だ」小沢氏が首相発言に反発

民主党の小沢一郎代表は15日、麻生太郎首相が来年度予算を年度内成立
させることを最優先し、衆院解散を来春以降に先送りする意向を示唆し
たことに対し「結局は全部、首相の地位を続けるためだけの自分勝手な
論理としか思えない。まったく筋道が通らない」と厳しく批判した。

同時に「景気対策が必要なら、なぜ今国会に(第2次補正予算案を)出
さないのか。(麻生首相就任後は)まったく意味がない空白の2カ月に
なってしまいそうだ」と指摘した。高知市で記者団の質問に答えた。>
産経ニュース2008.11.15 16:54

一方「ディプスロート」の情報によると、麻生首相周辺では、2009年度
予算が成立した後の4月以降も選挙での勝算が確保できない公算が強い以
上、来年9月の衆院議員の任期満了を待つのが得策、との進言が次第に幅
を効かすようになっている。

勿論、政治は生き物である。いつ、如何なる不慮の事態が起きないとも
限らない。同じ事は優勢を伝えられている民主党にも同様だ。したがて
今は断定した物言いはできないが、少なくとも「解散」について麻生首
相が極めて消極的になっているのは事実だ。

政治記者に仕立てられ始めた頃、時の池田勇人首相は、ライバル佐藤栄
作を抑えて自民党総裁に3選。内閣改造を終えて、高度経済成長の新時代
を展開すると、エンジンを全開にした。昭和39(1964)年7月だった。

それを祝うかのように、東洋で初めての東京オリンピックの開会を10月
に控え、東海道新幹線、東名高速自動車道の開通が花を添えていた。

だが、池田首相のガラガラ声は末期の喉頭癌と判明してショック。10月24
日オリンピック閉会を見届けて25日辞意表明。3ヶ月前、敗戦に泣いた佐
藤栄作が11月9日には後継首相に選出された。

このとき、嘗ての河野一郎だけが依然、ライバルとして閣内の残留して
いたが、翌年の七夕の突然倒れ、翌8日夜、解離性大動脈瘤破裂のため逝
去。佐藤は以後、ライバルなき道を坦々と歩み、1 974年12月 ノーベル
平和賞受賞。

だが1975年5月 築地の料亭「新喜楽」で倒れそこで昏睡状態となる。6月
3日意識不明のまま死去 享年74 従一位・大勲位菊花章頸飾追贈の後、
国民葬。1977年5月遺骨は山口県田布施町国木の佐藤家墓地に埋葬 

政治家の運命はことほど左様に一寸先が解らない。同様に、斯様に政局が
政治家の体力によって変遷する以上、政治記者はすぐれて医学知識の通
じていなければならないと決意した事だった。総理官邸番も野党担当記
者も同様である。2008・11・15



━━━━━━━━━━━
GMに屈するオバマ政権
━━━━━━━━━━━
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
   平成20年(2008年)11月15日(土曜日)
         通巻第2387号  
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 GMは救済するより倒産させた方が効率的ではないか
 オバマ政権、シカゴ労働組合に屈してGMを無駄に救済するだろうが

********************************

GM倒産は秒読みである。

2009年1月、ちょうど大統領就任式あたりがタイム・リミット。それま
でに繋ぎ融資を決めるのはブッシュ政権である。

財務省の担当者はカシュカリ財務次官補。

彼は13日の議会公聴会で徹底的に議員から吊し上げられた。議会人の関
心は選挙区と政治資金、企業城下町代表はその地域産業であり、民主党
でウォール街擁護者はNY州選出のシューマー上院議員くらいだろう。

だから税金をつかって「ウォール街の高給取り」を救済する必要はない
という強い批判にまだ答え続けるのだ。産業の基幹血脈である銀行を潰
したら産業そのものも壊滅する、と。

さて米国経済界でもう1つの真剣な議論がある。

GMはいっそ倒産させた方が良いのではないか、というのだ。

要点をかいつまむと、GMは労組と退職社員への年金負担、非能率な設
備がガンである。一方で広大な福利施設がある。

生産システムはどっぷりと石油燃料対応のクルマしか作れず、電気自動
車やエタノールへの対応は職能制度と労組の反対で、日本のようなフレ
キシビリティがない。つまり電気カーは電気工しかタッチできないから
だ。

もし倒産となると、下請けを入れた直接の関係者は130万人。家族や関連
企業を入れると、600万人ほどが路頭に迷うことになる。
 
日本への悪影響も巨大である。

嫉妬に火が付き米国進出のトヨタ、日産、ホンダなど怨嗟の的になる。
嫌がらせも続くだろう。

同時にGMの下請けで部品を造っている多くに日本企業がある。一例が
ブレーキを殆ど造っている曙ブレーキだ。

したがって米国産業界の顔を代表するGMを、次期オバマ政権は倒産さ
せるわけにはいかない。まして労働組合は民主党の選挙基盤、シカゴは
その本丸。

日本への風当たり、オバマ政権は保護主義に急傾斜することも目に見え
ている。

だが、GMのような巨大組織、肥大化した企業は、もはや次期エコカー
開発でさえ遅れをとったマンモスであり、その巨体を維持させても、競
争力のある次期エコカー開発は、体質的に(それが労働組合の存在だ)
不可能。

マンモスは環境の変化に適応できずに死んだ。GMはその二の舞に、い
ずれなる。

ならば法律的に倒産させて、新生GMを立ち上げ、非能率部門を片っ端
から売却し、人員も大幅に削減して、小型カーと次期エコカー開発に専
念した方が効率が上がるという議論が浮上しているが、この方に説得力
がある。



━━━━━━━━━
読売巨人軍再生の途
━━━━━━━━━


        前田 正晶

結論を先に言えば「何をさておいても会長様に手を引いて頂くこと」だ
が、これでは何の議論にもならない。そこで少し詳細に論じる。

先ずは余所のうちから大枚をはたいて買ってきた、元一流ないしは実績
を持つ高齢者に全部お引き取り願うことだ。自前のティームを作ること
だ。ここはアメリカではないのだ。

次は「常勝巨人軍」等という世迷い言を忘れて、新規にドラフトで良い
素材と判断して採ってきた若者を、キチンと鍛える方針に転換すること
だ。そのために「1〜2年間優勝しなくても構わない」くらいの覚悟をし
た方が良いだろう。

過去の名声ないしは力を持つ古手を採った結果でリーグ優勝こそ2年続い
たが、今年は初めて監督になった人の率いる西武に負けたではないか!
要するに「最早これ以上伸びる気遣いのない者に頼り、生え抜きを蔑ろ
にした結果がこれだった」。このことを悟るべきだ。

これは、私が言う「一体感」に欠けるティームになったことと、自分の
ことしか考えていない外国人を主力にしたからである。だが、首脳部は
誰もそこを認識していない様子だ。そこが問題だ。

具体的に誰を辞めさせるかだが、順序不同で行けばイ・スン・ヨプ(今
年はオリンピックだけで、WBCの自国の代表すら辞退したではないか)、

小笠原(自分の都合だけで振り回さないと言えば残す)、

谷(盛りを過ぎている)、

ラミレス(ヤクルトに非礼を詫びて戻す)、

クルーン(あの無様な帽子のかぶり方だけでも紳士!?軍団に相応しく
ない)、

グライシンガー(後進に道を譲らせる)、

木村拓(伸びしろが全くない)辺りだろう。

次にポジションの変更である。

阿部は打つことには才能があるので、李(イ)が抜けた後のファースト
に回し、もっとまともな捕手を育てるか買ってくるかだ。これはティー
ム内に代わりがいないから仕方がない。阿部はそれほど下手な捕手とい
う意味だ。

若手のようで最早かなりな年数を経た準一本目の脇谷、亀井、鈴木(昔
から足が速いことを最初に云々された者は大成した例が少ないと知るべ
し)、等は後進と競わせて鍛えること。

これまでは「どうせ、移籍組の穴埋め」的な選手でしかなかった。要す
るに自前を育てること。この点では投手の越智、山口等を育てたことは
尾花の功績らしいからコーチとして残すか。

さらに、巨人を卒業した者をテレビ等の解説者に雇わないことを各局に
依頼すること。単に元巨人と言うだけで無意味な説明を聞かされる視聴
者の身になって考えることと、選手たちに巨人に行けば老後が安心と思
わせて、入っただけに終わっている者が何人いたかを考えよ。中畑の解
説などは願い下げにしたい。

読売はこれを戯れ言と思わずに真剣に聞い他方がいいのだ。見ている方
を愉快にしないティーム作りを止めて貰いたい。我が国の企業社会には
未だ即戦力を中途入社させて運営していく文化は根付いていない。

 

━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎懸賞論文の応募、空自上層部の指示明らかに

田母神(たもがみ)俊雄・前航空幕僚長(60)(3日付で定年退職)が、
昭和戦争などに関して投稿した懸賞論文を巡り更迭された問題で、防衛
省は14日、西部航空方面隊司令官の小野田治空将(54)が、空幕人事教
育部長当時の今年6月中旬、ホテル・マンション経営アパグループの懸
賞論文「真の近現代史観」を知らせる手紙を主要部隊に郵送していたと
発表した。

この手紙を契機に主要部隊が下部組織に投稿を呼びかけ、最終的に計97
人が応募しており、上層部の指示による組織的応募だったことが明らか
になった。

防衛省によると、空自では空幕教育課が5月20日、「隊員に研さんを積
ませたい」と全国の部隊に応募を呼びかけるファクスを送った。ところ
が6月初旬、各部隊に電話をかけて懸賞論文への応募状況を調べたとこ
ろ、少数だったことが判明した。

これに危機感を覚えた教育課長は上司の小野田前部長に投稿の呼びかけ
を依頼。前部長は6月中旬、アパの懸賞論文を紹介する内容の手紙を全
国の主要部隊に郵送したという。

これを受けて、航空支援集団司令部(東京都府中市)では、総務部長
(1佐)が配下の航空救難団司令部(埼玉県狭山市)に、応募を呼びか
ける内容の文書をファクス。同司令部では、全国10か所にある配下の航
空救難隊などに対し、「積極的に投稿するように」と指示をした。

空自の組織的な投稿を巡っては、第6航空団(石川県小松市)のトップ
である司令(空将補)がアパの懸賞論文に向けて、隊員に論文を書かせ、
その中から62人分を応募したことが明らかになっていた。同救難団の16
人はこれに次ぐ規模となる。

読売新聞の取材に対し、小野田前部長は「田母神前空幕長から応募の呼
びかけを指示されたことは一切ない。送った手紙は私信だ」と話した。
外薗健一朗空幕長も14日の記者会見で、「これまでの調査では前空幕長
からの指示は確認できていない」と述べた。  
11月14日23時44分配信 読売新聞



 ◎<ベネッセ調査>「子供は勉強すべき」「テストあった方がよい」
 19年前より「まじめ」になった小学生


「子供は勉強すべき」と考える東京の小学生が19年前の45%から64%に
増えたことがベネッセコーポレーションの調査でわかった。「テストは
あったほうがよい」と考える子の割合も増えており、同社では、大人の
考えを理解してその場にあった態度をとれる「良い子」が増えていると
みている。

調査は1988年と2007年、東京23区の公立小学校6年生とその保護者を対
象に質問紙に記入する方式で実施。88年は小6約870人、保護者は約820
人。07年は小6、保護者とも約850人。小6の男女比は概ね半々で、保護
者はほとんど母親が回答した。

「子供は勉強しなくてはならない」と考える小学生の割合は88年から18
ポイント増え、07年には64%になった。また、「テストは自分の成
績が分かるのであったほうがよい」も60%から74%に増えている。

同社の木村治生・教育調査室長は、88年より子供らしい「やんちゃさ」
が抑えられ、「まじめ」な子供が増えているとして、「学力低下論議が
起きて以降、家庭が子供の教育にかけるパワーが高まっているが、保護
者の働きかけが多すぎると、子供の自立を妨げる」と懸念する。

また、友達同士で切磋琢磨する機会や、地域の働きかけが減り、「家庭
が子供に与える影響が大きくなっている」と分析する。調査では「人に
負けるのが嫌い」な子は67%で、88年から8ポイント下がっている。

親が子供の進学に期待する割合も高まっている。07年調査で「子供を4
年制大学・大学院に進学させたい」親は73%で、88年の47%と比べ26ポ
イント増。

「実力より学歴を重んじる」と考える親は84%から67%に減っているも
のの、「わが子には受験戦争を勝ち抜いてほしい」は69%でほぼ変化が
なく、「子供には受験の苦しみを味わわせたくない」が56%から35%に
減るなど、学歴に対する意識はまだ高いことが伺える。

木村室長は「88年ごろに比べて、受験の厳しさが和らいでいることと、
受験の苦労をすることも大切だという親の意識があるのではないか」と
推測。

中学受験をする子供たちの中では、受験で「人間として大きく成長する」
と考える子が63%から76%に増えていることにも、親の考えが影響して
いるのではないかとみる 。11月15日10時0分配信 毎日新聞




━━━━━━━
反     響
━━━━━━━


 1)1 ご指摘の点は、【田母神論文に関連する小生の感想(1369号
 反響 3)】の中で、次のように述べておりますことで、ご了解願
えるものと存じます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

○ 法令・規則(憲法、法律、政令、各種規則、極秘のマニュアルなど
を含む)の制定過程のおける自由闊達な意見の提起は、何ら制約されず、
歓迎こそされるものです。

しかし、一たん法令・規則となったものについては、改善の意見を具申
することは自由であるとしても、これを破ることは規律違反であり、重
要度のいかんにかかわらず、何人も固く守ることが必須であります。

○ これを完璧なまでに実施できるように指揮・指導・訓練するのが、
各段階における部隊の指揮官・部隊長、これを補佐する幕僚の責務であ
ります。

○ 法令順守は上位に上がるほど強く自覚されなければ、部隊の規律は
確保できない、国防の任務を達成できないものと理解しています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 2 即ち、「悪法もまた法」であるということであります。「意見具
申」であれば、公表する前に行うべきことであります。

その善悪の判断力さえ失っていたのではないでしょうか。このことさえ
分かっていなかったとしたら、幹部自衛官として、認識不足、失格と言
わざるを得ません。

 3 これを推量すれば、永年にわたり階級社会性、閉鎖性の高い世界
にあって井の中の蛙と化してか、民間人を含む取り巻きのそそのかしに
無邪気に乗せられてか、自己を過信し思い上がってか、今回の非行をし
でかしたのではないでしょうか。

 4 また、「ーーー宣誓を忘れるはずがない。危険を顧みず国民の負
託に応える宣誓の本質を知り尽くして」いて行ったものであるなら、罪
一等が加算されます。

 5 「村山談話」なども、賛否両論ある中で、これらも踏まえて、政
府部内で論議されて、総合的判断のもとに、閣議決定された、政府見解
であり、防衛省訓令などよりも重いものと理解しています。    
2008.11.14:1722     宝珠山  昇



 2)主宰者の言葉、「読者に●●党の支持者葉少ないようだ」。

●●学会では「ネットは見ないように」と禁止しているようです。この
ために小生の経験では反論はほとんどありません。平井



 3)私は、退官して10年以上にもなる元自衛官であります。いわゆる
「田母神論文」の内容は私にとっては特別なものでもなく特に違和感を
感じるものでもありません。

ただ、私は、基本的には軍人は政治的言動を慎むべきと心得ています。
航空幕僚長たる者、この種の論文発表が、現在の政治情勢の中で部内外
に波紋を呼び、国益に如何なる影響を及ぼすかの政治的考慮をすべきで
あったと思っています。内閣総理大臣が即刻、更迭したのも止むを得な
いと思います。

しかし、田母神前空幕長の論文に関連して、主宰者から自衛隊全体を貶
めるような意見が出されましたので、自衛隊の名誉のため、自衛隊OB
として一言申し述べさせて頂きたいと思います。

まず、宝珠山元施設長長官の“正論”を持ち出されたことに違和感を感
じます。もちろん言われていることは正論であり、間違いではないと思
います。しかし、元長官の“正論”にどこか空虚な感じを持つ自衛官は
多いのではないでしょうか。

私も、飛行機乗りでありましたが、任務中「俺もこれで終わりか」と思
ったことが幾度かあります。また、殉職した部下隊員の家族に接したと
き、身を切られるような悲しさと辛さを何度も体験しました。

部下隊員と運命を共にするという「統率」の範疇における「命令と服従」
を「管理監督」の立場で評論されることにひっかかりがあるのかもしれ
ません。

“正論”は、防衛大臣が「村山談話をはじめとする政府の歴史認識を踏
まえた適切な教育を進めていく」と表明されたことと共通するような気
がします。

結果的に自衛隊の政治的思想教育になるのではないでしょうか。今の自
衛隊員は政治的、思想的には極めて健全であると私は信じています。だ
から、PKOの部隊等が海外で高い評価を受けているのです。もしその
ような教育を受けたとしたら自衛隊はいざというときに役に立たないと
思います。

大事なのは、自衛隊員の誇りと使命感であると思います。嘗て「憲法違
反」「税金泥棒」などと言われ、若い隊員が成人式への出席を拒否され、
自衛官の子女が教師に苛められて泣きながら帰ってきたことなど、自衛
隊員が冷たい目でみられたことを挙げれば枚挙に暇がありません。

しかし、我々は、自分の国を守ることの大切さはいずれ分かってもらう
時がくると信じて、我慢し、耐えてきました。主宰者には、そのことも
揶揄の対象になるようであります。

最近は、災害派遣や国際貢献など内外における地道な活動の積み上げに
より、自衛隊に対する一般国民の理解も高まってきたように思います。
またその反面、自衛隊に対する期待も大きくなり、任務も拡大し、難し
い任務も多くなってきているように思います。

ところが、実際には、予算は削られるし、人員も減らされ、必要な訓練
も出来ないのではないかと危惧しています。現役の自衛官諸君には本当
にご苦労様と言いたいと思います。しかしこれは我慢すれば我慢できる
ことであろうし、工夫努力の余地もあると思います。頑張って欲しいと
思います。

しかし、自衛隊が発足して半世紀以上が経っても変わらなかったこと、
そろそろ我慢できなくなってきていること、若い世代の隊員には不条理
と思うことがあるように思います。

「自衛隊は憲法違反」、主宰者の言葉を借りれば「自衛隊はインポテン
ツ」と言われるのは、命をかけて国を守ろうと「宣誓」する者にとって
は耐えられないことであります。

隊員の誇りに関することであります。隊員の使命感にかかわることであ
ります。今になって思えば、「田母神論文」の趣旨もここにあったので
はなかろうかと推察します。そして、このことは最近多発している自衛
隊の不祥事とも無関係ではないと私は思っております。

主宰者の自衛隊の存在を否定するような激しい言葉は、他に真意がある
のではと想像しますが、それにしても、下品な言葉を尽くした吐き気を
催すような自衛隊に対する表現は、大江健三郎以上であります。

命をかけて国を守らんと宣誓する若い自衛隊員に対する励ましになると
は思いません。誇りと使命感をもって国を守る自衛隊員を育てることこ
そ国を愛する大人の態度ではないでしょうか。

愛読者である一人の自衛隊OBより(署名あり)


主宰者より:現状は自衛隊が法的根拠がないままだから、憲法改正を急げ
と言う趣旨であり、実際に命がけで国を守っている自衛隊員を揶揄する
心算はありません。表現に過激で不適切な点があったとすれば謝ります。



 4)「閣議決定は覆れるか」関連です。

NHKが代々木に移転したころ、朝日新聞社は築地の海上保安庁水路部
の庁舎を高層化して銀座側に集中させ、空いた築地市場側を本社社屋と
しました。

いろいろ噂がありましたが、マスコミ報道はなにもなかったと記憶して
おります。渡辺



 5)<1) OJIN @「アジアの街角から」でございます。

貴誌でも「田母神論文」記事に対する反響が多く掲載されております。

弊誌にても、最近2本の関連記事を掲載いたしましたが、そのアンケート
は以下のような結果で、圧倒的に支持が不支持を上回っています。

・11月7日金曜日号「田母神空幕長の更迭に異議あり!」竹下義朗氏
 http://chinachips.fc2web.com/repo5/051025.html

◇ そうだ!このとおり!------------------------183人 (85%)
◇ どちらともいえない--------------------------  6人 ( 3%)
◇ 更迭されて当然です! ------------------------ 24人 (11%)
◇ よく分からない‥‥ --------------------------  2人 ( 1%)

・11月10日月曜日号「今だから田母神氏を応援する」やせ我慢氏
 http://chinachips.fc2web.com/argue/081110.html
(締め切り前ですが大勢は変わりません)
◇ 賛成! -----------------------------------147人 (92%)
◇ どちらともいえない -----------------------  5人 ( 3%)
◇ 反対!    -----------------------------  8人 ( 5%)

下手な私見を加えずに、ありのままのデータを披露させていただきます。


上記1378号の感想欄(1)に対する感想

こういうアンケート結果って困るんですよね。たしかに嘘をいってはい
ないけれど、その状況自体が嘘であるというのはよく左翼が使う手法で
す。

うっかり、読んだり、聞いたりすると、騙されてしまう、もしくは勘違
いしてしまうという手の込んだ手法のことです。誘導質問ならぬ、誘導
記事といったところでしょうか。

このアンケート結果は間違いではないのでしょうが、特定の傾向をもっ
ている読者からアンケートを取ったら回答が偏ることは避けられないと
いうことです。

お酒の好きな人を対象にしてアンケートを取ったら、お酒の悪口をいう
人はまずいないでしょう。

世の中にはお酒が嫌いな人や飲まない人がいることがそのアンケートで
は出てこないということです。

そのアンケート結果だけ見ると、みんながみんなお酒が好きという結果
になってしまいます。酒飲みなんか人間のクズだ、と考える人がいるこ
とが見えてきません。

ラジオ番組を聞いていたら、そこに出てきた評論家は自信たっぷりに
「田母神論文は間違いだらけだ」と断言していました。

公正中立を旨とする放送が、客観的にそう言っているのですからか、そ
れだけを聞いていたら、そのアンケート結果はデタラメだということに
なります。

判断能力のない人を相手にしたアンケート結果だということになります。

その評論家のような考え方を持っている人が少なくないということは容
易に想像できますから、このアンケート結果というはお酒呑み相手のお
遊びアンケートと同じ価値しかありません。

すくなくても、コメント(私見)がついていなければ、私には何の説得
力もありません。そのブログの読者の傾向がわかるという意味では参考
にはなりますが。 

世の中の実態が正しく反映されていないアンケートなどはマスコミの輿
論調査にまかせておけばいいのです。

偏っているアンケート結果は事実を誤認させることになります。 

次回は左翼系のブログのアンケート結果を教えていただければ、大いに
参考になるのですが。(むの字屋)



 6)大手銀行の決算が発表され、軒並み大きく前年を割れる結果とな
った。これらの銀行は、本来の役目を放棄して海外のファンドとの提携
による投資信託に力を入れて、国内の個人投資家たちにも大きな損失を
与えている。

みずほFCなどに至っては、前年の71%もの落ち込み、三井住友FC等
も 50%を超す低落ぶりである。

これらの銀行は、安直に手数料収入が入るこうした経営手法で利益を上
げようとした結果が、海外の金融危機による犠牲を受けてのこの様にな
っているのだ。

こんなことなら、投資家としても国内中小企業への貸出しによって損を
した方がまだ納得できると言うものだろう。国内の企業へは、貸し渋り
や貸し剥がしで苦しめておきながらのこの結果を生んだ結果には重罪と
言える。

またこの結果を見て、やっと反省に目覚めたのか銀行本来の企業への経
営支援策を検討するにわか勉強が始まっている。(なみお)



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


東京湾岸は深い霧に沈んで日曜日が明けた。暗い日曜日である。

ご投稿、ご感想をお待ちしています。下記。 3651人
ryochan@polka.plala.or.jp

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/
--------------------- Original Message Ends --------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2008/11/16

    日テレですら見放したプロ野球、そんな時代です。話題にもなりません。

    "読売巨人軍再生の途"は、別の場所で語られてはいかがかと思います。