政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針 1372号

2008/11/07

□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべりやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 1372号
□■■□──────────────────────────□■■□  

         平成20(2008)年11月7日(金)



                                  オバマは過激リベラル:古森義久

                          オバマ当選を市場は暴落で歓迎:宮崎正弘

                           11月9日という日:永冶ベックマン啓子

                              反日屋の巣窟「9条の会」:平井修一

                                   おやつの無い子供:渡部亮次郎

                         話 の 福 袋
                         反     響
                         身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第1372号
                              発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━
オバマは過激リベラル
━━━━━━━━━━


        古森 義久 

http://sankei.jp.msn.com/world/america/081106/amr0811060331012-n1.htm

 ■身すくむほど未知の人物

バラク・フセイン・オバマとはどんな人物なのか。どんな政策を信奉し、
実践するのか。こうした問いへの答えを考えると、思わず身のすくむほ
ど未知の部分が多いことに気づく。オバマ氏の政治志向を知るには、3
年ほどの連邦議会上院議員としての軌跡が最大の指針となる。

上院での投票歴などにみる政治傾向として、オバマ氏は100人の議員のう
ち「最もリベラル」と判定された。政府の民間統制や大幅支出を優先す
る「大きな政府」策推進の最左派ということである。

社会問題では妊娠中絶や同性愛に寛容となる。安全保障では反軍事、反
ミサイル防衛、反核の傾向となり、経済では保護貿易主義や反外国投資
に傾き、原子力発電所や米国沿岸での石油開発に難色を示す。

外交面でも同盟よりは国際機構の重視、無法国家を相手にしてもまず話
し合いの美徳を強調する。

こうした過激リベラルの政治スタンスは、オバマ氏自身とテロ組織の元
指導者ビル・エアーズ夫妻や、反白人キリスト教会のジェレマイア・ラ
イト牧師、パレスチナ過激派幹部、有権者不正登録の活動組織、過激反
戦組織などとの密接なつながりとも合致していた。大手メディアはこう
した暗い側面を追うことがほとんどなかった。

しかしオバマ氏は大統領選では民主党最左派、過激リベラル派の主張を
引っ込め、ぼかし、穏健派カラーをもっぱら前面に出していた。それで
も選挙での支持陣営には反戦組織のMOVEONなど過激な団体が加わ
っていた。

オバマ氏にはこのように現在の表面でのレトリックと過去の水面下での
現実の言動とにギャップがあり、同氏が真に信じるところの実体をつか
むことを難しくしている。

ただし高所得層への課税強化による「所得の再配分」は大統領の政策と
して明言しており、共和党側からは「社会主義的」と批判されている。

資本主義による市場経済が単に保守思想ではなく、米国の価値体系とし
て確立されてきた現実をみると、オバマ氏の思想には米国の超党派の伝
統政策ともぶつかりあう部分があるようにもみえてくる。だからこそ未
知なのだ。

日本に関してもオバマ氏は外交論文でほとんど言及せず、東アジアの安
全保障も対日同盟ではなく地域の国際的枠組みを優先して強調していた。

同氏は最近のブッシュ政権による北朝鮮の「テロ支援国家」指定解除に
「適切な対応」として賛同した。日本にとっては自主自立の方向に顔を
向けざるを得ないような動きだった。(産経新聞社ワシントン駐在編集
特別委員)2008.11.6 03:31産経新聞



━━━━━━━━━━━━━━
オバマ当選を市場は暴落で歓迎
━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
   平成20年(2008年)11月6日(木曜日)
         通巻第2375号 
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 リベラル派のオバマ当選を市場は暴落で“歓迎”し、
  ロシアは露骨な反米軍事行為で“歓迎”し、米国の衰退予兆から現
   実の問題へ
********************************

予測通りバラク・フセイン・オバマ上院議員が次期米国大統領に選ばれ
た。

測を外したのはランドスライド的(地滑り)圧勝とはならず、マケインが
意外な善戦をしたことである。

得票差わずか6%。共和党の草の根の底力が各地で、リベラルな人物を
歓迎していないことがわかる。

最も典型的に荒っぽくオバマを“歓迎”したのは市場だった。

ウォール街はオバマ当選による米国の力の衰退を見据えて、500ドルの株
価暴落で反応した。(東京市場も相当の反落を示すだろう)。

さてロシアがどう出たか。

なんとドイツの目と鼻の先に、ミサイルを配備するという発表を行い、
オバマ次期大統領の当選を荒々しく「歓迎」した。

ロシアの飛び地カリニングラードはポーランドとリトアニアの間に挟ま
った飛び地、軍事基地でもある。

米国はポーランドへMD配備を決めているが、ロシアはこれに対抗する
ためのミサイルをカリニングラードへ配備し、露骨に米国に対抗する。

それもオバマ当選その日に!

バラク・フセイン・オバマ新大統領に期待する向きが日本でもあるが、
1977-81年のカーター大統領のときのように米国の世界戦略は4年間の弱
体、もしくは衰退に見舞われ、同盟国が周章狼狽する場面が今後多くな
るだろう。

「外交空白」となる次の4年間に、日本は対米外交の基本的な見直しを
迫られることになる。
   △
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@宮崎@@@@@@@@@@@
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)今回の航空自衛隊の空将の論文の問題は、手続き上の問
題ではありません。内容の問題です。ただし、マスコミ、防衛省、内閣
は内容では争えないので、手続き面を問題にしているのです。

今回の田母神論文が、いわゆる「村山談話」を踏襲した内容のものであ
ったならば、話題にもならなかったでしょうし、処分もあったかどうか
疑わしいと思います。(T33) 


(宮崎正弘のコメント)更迭するべきは防衛大臣と、ついでにかの無能
な日銀総裁です、よ。


   ♪
(読者の声2)貴誌で話題となった軍票のことですが。終戦時軍票を軍の
資産を売って回収しようと日本軍がしていたことは、どの本か雑誌か記
憶にありませんが、経理担当の将校が書いたもので読みました。

軍票を使ってくれた現地の人に報いようと準備していたところ、実行で
きなくなり、残念であったことがかかれてありました。
これこそまさに大和魂ですね。(ST生、神奈川)


(宮崎正弘のコメント)馬鹿正直なほどの愚直さもまた大和魂です。


  ♪
(読者の声3)先般(31日)の三島研は佐藤優さんの絶好調、楽しく拝
聴できました。

話題の田母神俊雄氏の論文は、利用の仕方を工夫すれば日本人を所謂東
京裁判史観の呪縛から解放し正鵠な近現代史を広く知らしめる強力なツー
ルになりえるかと思われます。

とくに米国の教育的指導に従順で近隣諸国に謝ることがお好きな政治家
やメディアに漠然とした不可解な思いを抱いている多くの一般国民に田
母神論文を読んでもらうのは、目から鱗となるコンパクトで優れた近現
代史入門になるかと思われます。

筆者が国家防衛の中枢を担う責任者時の論文ゆえ、歴史家や評論家など
のインテリや学者の論文より国民に対するインパクトは強烈です。

田母神氏も官から晴れて民になったことですし、一般国民の間、および
関係諸外国との自由闊達な議論の材料として、氏と協同で保守系陣営か
ら下記の情報を提供するのは如何でしょうか。

!) 小・中・高校生向けの田母神論文の解説絵本の上梓。
!) 真正保守の歴史認識による近現代史辞典の上梓。
!) 田母神論文の解説ホームページの開設。
!) 田母神論文冊子の無料配布。(趣旨賛同寺社・企業・団体との協同)
!) 田母神論文と村山談話・河野談話との比較考察書の上梓。
!) 田母神論文に対する内外主要メディアの反応の冷徹なる分析・考察。
!) 小学生にも分かり易い、自虐史観で内閣を攻撃する野党・メディア
と自虐史観に閉じこもって攻撃をかわそうとする政府の閣僚の構図に陥っ
た滑稽で悲惨な戦後政治外交史を物語風に解説。

近所の中学2年生の女の子で、「日本は太平洋戦争で外国に悪いことを
したので、日本は軍隊をもってはいけないと憲法で決められていて、自
衛隊は軍隊ではありませんと先生は教えてくれた。

でも、もし外国が攻めてきたら軍隊ではないのに自衛隊員のお父さん達
は、突然死ぬかもしれない戦争のお仕事をするようにと命令されるのは
嫌(心外)だろうなあ。」と誇りなき軍人による国防への疑問を素朴に
推量できるまともな女の子も育っています。

論壇誌や国会での熱い議論の期間はせいぜいウワサ同様75日乃至90日程
度でしょうか。この際肝腎なのは、典型例で言えば、自宅で朝日新聞、
学校で自虐日本史、会社通勤で日経新聞、テレビのニュース、ワイドシ
ョー漬けの江藤淳氏のいう「閉ざされた言語空間」、あるいは安倍元首
相のいう「戦後レジーム」空間にて日々暮らすリベラル乃至中間層の老
若男女向けに正鵠な歴史認識情報を分かり易く、受入れ易い形で継続的
に繰り返し提供することだと思います。

田母神論文は、保守系メディア人にとってビジネス拡大の良い機会とも
捉えていますが、ともあれ、国家・国民のための正鵠な歴史認識を回復
できる絶好の機会到来を感謝しつつ、つくる会の躓きを糧にこの機会を
生かし”定本国民の歴史”に育て上げることができれば、昨年来忘れつ
つある戦後レジームからの脱却も自ずと成し遂げられるかと思われます。
(KU生、世田谷)


(宮崎正弘のコメント)ちょっと講演旅行が続き、世間の動きから遠く、
田母神論文の反響を詳しく知りませんでした。貴重なご提案ありがとう
御座います。


  ♪
(読者の声4)貴コメントに「まるっきり反対のコースを同時に用意し
ている。孫子いらい、それが中国的生き方の基本でもあるが。。。。」
とあります。

こういう解釈のできる貴台の見識に敬意を表します。これと、NY紙11
月3日付の分析を合わせて考えると、興味深いものあり。結局、貴台が以
前に想定した米国の対中態度によっては、中国の正反対のコース選択と
いう悪夢もあり得る、と考えてよろしいか?
可能性の程度は別にして、です。(SJ生)


(宮崎正弘のコメント)米中蜜月は、オバマで確定的になりますが、逆
に北京コネクションは共和党のほうが強くなった。面妖な事態が、これ
から輻輳しそうですね



━━━━━━━━
11月9日という日
━━━━━━━━


          永冶ベックマン啓子
 
今からちょうど85年前、第1次世界大戦後の超インフレ時代、1923年11
月9日、ミュンヘン一揆が起きている。ヒトラー・ビヤホール・プッチと
も言うが、クーデター未遂事件である。

11月8日夜市内のブリュガーブロイ ケラー(今も残る)でバイエルンの
有力者、州総監や州軍司令官が集まっているところを、ヒトラーは600人
の武装したSA(ナチス突撃隊)と共に襲い、ピストルで脅迫し、(国民一
揆)に協力させようとした。

翌11月9日、バイエルンの独裁官カールに圧力をかけようと、ミュンヘン
市の中心部オデオンス広場に2000〜3000人でデモ行進して出ようとした
所で、警察隊に阻止されて撃ち合いになった。

カールは一応は約束したものの、軍部や官僚の反対にあって約束を破り、
ヒトラーに反対する立場を取った。

撃ち合いの時、ヒトラーは地面に伏せてて弾丸を避けたが、多くの死者
を出した。その近くのブリエーナ通りの一画の芝生に、慰霊碑がたち、
永遠の炎が現在も燃えている。

この時のヒトラーの一揆は失敗に終わり、5年間の禁固刑となり、現在
人気のある観光地、2000年の通商の歴所を持つロマンチック街道の町、
ランズベルグ アム レッヒに現在もある赤い屋根の刑務所に入る。

刑務所の中で、当時秘書官だったルドルフ・ヘスに口述筆記をさせて出
来上がった本が「わが闘争」Mein Kamp である。彼の日本人観と日本人
の悪口も数行書かれている。ルドルフ・ヘスは第2次大戦後のニュルンベ
ルグ裁判で発狂し、後にベルリンのシュパンダウの刑務所で首吊り自殺
を遂げた。90歳だった。

ヒトラーは刑務所の中では模範囚だったので、1年で出獄している。こ
の後、彼は戦略を180度変更し、ビアホール・プッチから10年後の1933年
には合法的に権力を獲得した。

今から70年前、1938年11月9日夜から、10日未明にかけて、“帝国水晶
の夜”といわれるが、ナチス党員・突撃隊がドイツ全土のユダヤ人住宅、
商店、シナゴーグなどを襲撃、強奪もし放火し、ユダヤの本を燃やした
事件である。

破壊され、砕け散ったガラスの破片が、月明かりや火に照らされてキ
ラキラと水晶のように輝いた事から、水晶の夜(クリスタル・ナハト)
と呼ばれた。

この頃、アメリカのユダヤ人協会に、ドイツ在住の全ユダヤ人をお金と
交換に引き渡したい、との交渉もされたという。

皮肉にも、ナチス体制に疑問を持っていたパリのドイツ大使館員が、ド
イツ生まれのユダヤ人青年に撃たれ、9日に亡くなるという事件が原因と
された。

1919年、11月9日ドイツ革命の折、皇帝ヴィルヘルム2世がオランダ亡命
をしている。1989年 11月9日はベルリンの壁崩壊の日でもある。

1517年宗教改革で知られる マルチン・ルターは、その反ユダヤ主義が
ナチズムに影響したとされるが、誕生日が11月10日。

「もし、誰かが明日、この世が滅びると告げたとしても、私は今日1本
のりんごの木を植えよう」12の顔を持ち、ドイツ人の典型とされたルター
の言葉。これを、ドイツの戦闘的楽天主義という。

毎年、毎年、この11月9日には、古い白黒の当時のドキュメンタリー・フ
ィルムが、どこかのテレビ局から必ず流される。

どんなに、おぞましく、醜い過去でも、事実は直視すべきだ、と多くの
特に若いドイツ人達には積極的な姿勢が見られる。過去の間違いを繰返
してはいけないと考えるが、それでも人間は同じような間違いを繰り返
す、人の宿命なのか。

ダッハウの強制収容所へも、市内の高校生は歴史の時間に訪問する。

戦争を知らない世代の者は、過去の自分の国の歴史を正しく知る権利が
ある。

戦争や事実を知る世代は、戦争と近代史の正しい事実を、知らせる義務
があると思う。事実は神聖なものと理解しているが。 5.11.2008
(在ミュンヘン)



━━━━━━━━━━━━
反日屋の巣窟「9条の会」
━━━━━━━━━━━━


          平井 修一

自治労A市職員組合は、組合員の待遇を人質に取り、反日政治活動に動
員している。内部文書にはこうある。

<9条を中心とした護憲の全国的な取り組みについては自治労や平和運動
センターの提起する諸行動に参加し、地域においては「9条の会」や地区
労や連合地区協など民主的諸団体と連携して取り組みを進めます>

地方公務員法第36条は、地方公務員に対し政治的行為の制限を定めてい
るが、それに違反しているのではないか。

散歩していたら「たま9条の会2周年記念講演」のポスターが貼ってあっ
た。誰が講演するのかと見たら「高遠菜穂子」。イラク人質3人組で有名
になった反日屋だ。

<講演会では『自分が生きて帰れたのは憲法9条があるから』といった内
容の話をしています。また、ヨルダンを拠点にして子供たちに文具や勉
強机、衣類、医薬品などの寄付を熱心に続けています」(高遠の知人)
>(週刊文春)

「自己責任」を問われて一時期は逼塞していたようだが、今やたくまし
く復活、あちこちで講演し、ギャラを稼いでいる。高遠は反日屋のスター
なのだ。ブログでは相変わらず愚論を書いている。

<大義なき戦争は「イラクの自由作戦」で始まった。市民にもたらされ
たのは瓦礫と絶望と米軍基地。市民が失ったのは自由と希望と共存社会


戦前のイラクに「自由と希望と共存社会」は、フセイン独裁の協力者に
はあったが、それ以外の人々には圧政しかなかった。事実を事実として
見ずに、反米・反日の旗を振り、テロリストを応援するのが彼らのやり
方だ。

「9条の会」など反日屋が、中共の味方をして「平和無防備条例」を自治
体に制定させようとうごめいている。条例を作れば攻撃されないのだと
いう、ほとんど漫画的発想だ。

川崎市では自民党市議の橋本勝氏(小生の地元)らが反対して否決した。
氏のレポートにはこうある(要約)。

<平和無防備都市条例案は、「市は戦争に関する一切の事務を行わない」
と定めるが、地域における行政を自主的かつ総合的に実施するという地
方自治法の想定外であり、条例制定権を逸脱している。

「市は自衛官募集事務を行わない」とするが、地方自治法、自衛隊法な
どに抵触する。無防備地区宣言は、国の専管事項に抵触する。現実には
北の拉致などがあり、平和無防備都市条例は虚しい響きしかもたらさな
い>

反日屋はうようよいるから、いちいち反応するには及ばずという説もあ
るが、気付いた範囲で叩いておきたい。



━━━━━━━━
おやつの無い子供
━━━━━━━━


       渡部 亮次郎

「おやつ」と言う言葉さえ知らぬ子供時代だった。生まれた翌昭和
12(1937)年から対中戦争。その4年後には国土を焦土と化して終わる対米
戦争。すべたが「窮乏」の時代。おやつも甘味も覚えないうちに「耐乏
生活」を余儀なくされた。

日本から「砂糖」が姿を消したのは1941年12月8日、日本海軍が、アメリ
カ・ハワイ島の真珠湾を奇襲した時からである。正確には若干の余裕が
あったかも知れないが、集落にただ1軒あった駄菓子屋のガラス・ケー
スに菓子類が全くなくなり、間もなく廃業した。

大人たちも清酒(日本酒)を入手できなくなって行った。日本に戦争を
仕掛けられたって、ハリュッドでは恋愛映画を製作し、ジャズを唄い、
以前と何一つ変わらぬ生活を楽しんでいたアメリカ。

真珠湾攻撃の指揮を執った連合艦隊司令長官山本五十六は、留学でアメ
リカの実力には到底叶わないことを知りながら体勢には逆らえず、早々
と戦死した。

調べてみると、当時まだ日本領だった台湾で砂糖は過剰なほど生産され
ていた。しかし開戦と共に本土への輸送手段を次第に欠き始め、太平洋
の制海権をアメリカに完全に掌握されるや、日本の子供は駄菓子すら失っ
たのである。

日本で本格的な近代的製糖業が始まったのは,日清戦争の結果,台湾が
日本の領土となってからである。1900年には台湾製糖(現,台糖)が設立
されている。

この台湾における製糖業は,植民地経営の主軸となり,大規模な奨励策
をうけて生産能力は飛躍的に拡大し,40(昭和15)年代には産出量が年
間150万t以上になり,国内消費量(120万t)を超え完全な過剰生産になる
までに至った。

しかし前述の通り、本土とは輸送手段が無い。飛行機ならあるじゃない
かというが、当時の飛行機に貨物を大量に輸送できるほどの大型機は製
造能力が日本に無かった。それよりも小型の戦闘機ゼロ戦生産が先決だ
った。

大東亜戦争の敗戦とともに,台湾,南洋諸島などの植民地を返還するに
及んで,日本の製糖業は外国から原料糖を輸入して精製するだけの「砂
糖精糖業」として再出発することになった。

戦後の製糖業は,1947‐48(昭和22―23)年にキューバの粗糖が,主食
代替品として配給されたことに始まる。東北地方の農家にコメ供出奨励
品として真っ先に配られた砂糖がこれだったのかも知れない。わたしが
砂糖と対面したはじめての記憶である。

これを契機として,50年に政府が製糖業復活のため保護育成策に乗り出
したため,日本各地に製糖会社がつくられた。

この時期,粗糖の輸入制限のため外貨の割当制が実施され,外貨を割り
当てられたメーカーは,安い輸入価格と,国内産糖保護のための高い国
内価格によって莫大な超過利潤を得ていた。しかし,このことは同時に
不必要な設備拡張をもたらした。

1963(昭和38)年、池田内閣による原料糖の輸入自由化とともに設備能
力の過剰が明白となり,市価は製造コストを割るようになり,精糖各社
は赤字決算を続けるようになった。

砂糖の日本国内消費・生産は、10年間平均(1995年10月―2005年9月)で
は、国内総需要は年230万トン(国産36%:輸入64%)、国産量は年83万ト
ン(テンサイ約80%:サトウキビ約20%)である。

年毎の動向を見ると、総消費量は減少してきたが下げ止まっている状態
である。国産量は微増傾向にあるが、それは主にテンサイ糖の増加によ
るもので、サトウキビ糖は微減傾向にある。

サトウキビは、主に沖縄県や鹿児島県といった地域で、テンサイは北海
道で主に生産される。

砂糖を肥満・糖尿病の原因になる食品として問題視することもある。

WHO/FAOはレポート『慢性疾患を予防する食事・栄養素』(Diet,
Nutrition and the Prevention of Chronic Diseases WHO/FAO 2002年)
において慢性疾患と高カロリー食の関連を指摘し将来食事中の総熱量
(総カロリー)に占める糖類の熱量を10%以下にすることを推奨してい
る。

この摂取量は日本人の食事摂取基準(2005年版)推定エネルギー必要量
の10%を糖類すべてを砂糖に換算した場合には成人で約50―70g程度の量
(3gスティックシュガーで17―23本分)に相当する。しかし「油断大敵」。

一方、米国の消費者団体CSPI(Center for Science in the Public
Interest)は 、「消費者は、糖分を多く含む食品の摂取を控えなければ
ならない。企業は、食品や飲料に加える糖分を減らす努力をしなければ
ならない」と主張。

FDA(米国)にソフトドリンクの容器に、健康に関する注意書きを表示し
加工食品と飲料によりよい栄養表示を義務付けること請求している。

イギリスでは2007年4月1日より砂糖を多く含む子供向け食品のコマーシ
ャルが規制されている。

平凡社「世界大百科事典」及び「ウィキペディア」2008・10・27

 

━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎朝刊の売り切れ続出=オバマ氏の歴史的勝利で−米首都

【ワシントン5日時事】米民主党の黒人候補、オバマ上院議員が歴史的勝
利を飾った大統領選から一夜明けた5日朝、首都ワシントンでは「オバマ
氏当選」を伝える新聞各紙が飛ぶように売れ、自販機や売店では品切れ
が続出した。

歴史的価値の高さから求める人が殺到したためとみられる。

米建国後初めて黒人が大統領に選ばれるという大ニュースとあって、朝
刊各紙には「オバマ氏が歴史つくる」(ワシントン・ポスト)、「人種
の壁が崩れた」(ニューヨーク・タイムズ)などと歴史的意義を強調す
る見出しが躍った。

中心街のオフィスビルにある売店の女性店主(62)は「新聞社に追加注
文したが、もうないとの返事。12年間営業しているが、こんなことは初
めて」と顔を紅潮させて語った。 11月6日1時0分配信 時事通信
 


 ◎「全盲」詐欺に裁判長「下手な芝居やめよ」と一喝、実刑判決

実際には目が見えているのに、「全盲」を装って障害者に支給される生
活保護費などを詐取したとして詐欺罪に問われた男に対し、札幌地裁は
6日、求刑通り懲役4年の判決を言い渡した。

男は「裸眼」で運転免許証を更新していたが、公判では起訴状に顔を近
づけるなど、約半年の審理で一貫して無罪を主張していた。嶋原文雄裁
判長は実刑判決を言い渡した後、「下手な芝居はやめなさい」と男を一
喝した。

男は札幌市南区石山、無職丸山伸一被告(51)。判決によると、同被告
は1999年に視力障害1級の診断を受け、今年2月までの約5年間にわた
り、札幌市から生活保護費の障害加算分など計約540万円を受給した。

嶋原裁判長は、同被告が拘置中に聖書を読んでいたなどとして、「視力
があったことは明らかで、障害者福祉を食い物にした卑劣な犯行」と指
弾した。  11月6日11時22分配信 読売新聞

 

 ◎ オバマ氏に株安の洗礼=選挙翌日では最大の下げ

【ニューヨーク5日時事】民主党のバラク・オバマ上院議員が次期大統領
に決まった翌日の5日、米株価は急落した。代表指標のダウ工業株30種平
均は、下げ幅、下落率ともに、大統領選翌日としては過去最大を記録。
景気悪化への懸念を強めている市場が、新政権発足前から対応を迫った
格好で、オバマ氏はいきなり洗礼を浴びた。

ダウは前日、選挙戦を有利に展開していたオバマ氏当選への期待で305ド
ルも急騰する「ご祝儀相場」となった。しかし、予想通りの結果が出た
翌5日は一転、486ドル安で引けた。

これまでの下落幅1位は、ブッシュ現大統領が1期目の当選を果たした翌
日の2000年11月7日の45ドルだったが、その10倍以上の下げとなった。 
11月6日9時0分配信 時事通信
 


 ◎東京株終値、622円安の8899円

6日の東京株式市場は、米株式相場の大幅反落や日本経済の先行きへの
懸念から、全面安の展開となった。

日経平均株価(225種)は一時、714円値を下げ、3営業日ぶりに9000円
を割り込んで取引を終えた。

日経平均の終値は前日比622円10銭安の8899円14銭。東証1部全体の値動
きを示す東証株価指数(TOPIX)は前日より57・61ポイント低い
909・30。東証1部の出来高は約23億7600万株。  
11月6日15時10分配信 読売新聞



 ◎オバマ次期大統領がダライラマと会見  宮崎正弘

6日、オバマ次期米国大統領は、おりから訪米中のダライラマ法王と会見
した。

当選直後にあった外国人賓客の第一号がダライラマ法王であったことは、
オバマ外交の未来を占う上で重要なヒントを与えてくれる。

ダライラマは中国の人権弾圧と宗教の自由への弾圧、高度の自治の要求
などを簡潔につたえて、さらなる理解と支援をもとめた。

上院議員時代にもっともリベラルだったオバマは、人権問題でもっとも
うるさい活動家でもあった。

中国との関係がブッシュ時代の蜜月ムードから数歩の後退をみせるか、
どうか。北京が神経を尖らせている最中の会見となった。



━━━━━━━
反     響
━━━━━━━


 1)大阪のあの悪辣なひき逃げ事件の犯人が逮捕されました。私はひ
き逃げ事件の逮捕率は極めて高いと見ています。しかも法律は段々に改
正されて「ひき逃げ」に対する刑罰が厳しくなってきました。

それにも拘わらず、大方のひき逃げ犯は老若・学歴・職歴にほぼ無関係
に「怖くなって」逃げるのです。後の刑罰を考えれば、逃げないでその
場で自首したり、逮捕された方が遙かに?軽く、世論に処罰されなくと
も済むのに。

自動車運転を一度も目指したことがなく、自身が貰い事故にあった身か
らすれば、このような誤った判断をするほど、交通事故を発生させた瞬
間には我を失うものなのかと感じます。

また、そういう立場に立って考える機会が欲しいと考える人はいないで
しょうし、大方の運転免許所有者はその際に適切な判断ができると思っ
ているでしょうか?事故を起こすことはないとの自信があるのでしょう
か?

自動車を運転していると人格が変わるとよく言います。確かに、妙な運
転をした対向車や追い越し等に「まさか、この人がこのような言葉遣い
で他人を罵るとは」と思わせられたことが何度かあります。自動車とい
う文明の利器は、それほど人を変えさせるプラスやマイナスの魔力があ
るものなのでしょうか?

それにしても、あのひき逃げ運転者がその後でホストに転進していたと
は何と言うことでしょう!熊本から大阪に出てきたそうですが、大都市
には何かそうシテまでも居続けたいおかしな魅力があるのでしょうか?
以上 前田正晶 


 2)渡部 様

戦中の日本軍の評判について、マレーシア、タイの友人から聞いた話を
お知らせします。 ご参考まで

 1. マレーシア: 戦時中、10歳で日本軍将校の付き人をしていた
インド系マレーシア人の話。 将校には自分の子供のように扱ってもら
い、今でも尊敬している。 日本の軍人は規律も高かったが、日本軍の
中にいた朝鮮人(当然日本人として徴用)は粗暴で、日本人の兵隊とは
明らかに違っていた。

 2.タイ: 日本軍キャンプで働いていた人が息子(私の友人)に伝
えた話 日本の兵隊は、泥棒をした子供にお仕置きとしてタバコの火を
手に押し付けたりという厳し過ぎる一面があったが、タイ人に対しても
絶対にウソをつかず約束を守ってくれたので信頼できた。 

中国人も多くいたが、彼らはいくら親しくなっても平気で人を騙す。絶
対に中国人とはビジネスをしてはならない。ほんの一面ですが、こうい
う話はいくらでもあります。 マレーシア在  KO



 3)同音異字というのは、間違っていても見落としてしまうことが多
いので物書きとしては要注意なのですが、ワープロが責任をもって漢字
に変換してくれるものですからつい信用してしまうものの、ワープロは
実は皮肉屋さんだということです。

「安部」元総理などは、「週間誌」でも「以外」に間違ってることが多
い事例です。


1371号で、前田正晶氏は、

産経でもう一つ説得力があったのが、旧仮名遣いで書かれた「正論」の
小堀桂一郎・東大名誉教授の「空爆長更迭事件と政府の姿勢」でした。
“村山談話は破棄すべし”とされているのは尤もなことでしょう。以上
前田正晶

と書いていますが、産経の掲載記事をみたところ「空幕長更迭事件と政
府の姿勢」とありますから、あえて、空爆長としてその勇ましさを讃え
たものでしょうか。前後の見境もなく、爆弾を落としてくるような猛将
に拍手を送っているというわけです。

あるいは、わざと同音別字を使って、爆死(クビ)した勇気に感心して
いるのでしょうか。そうだとしたら、うまい漢字使いだと思いますが、
たぶん、それはワープロの誤変換なのだと思います。

それをまた空将ともいいますが、その字面を見ると、私などは、頭が空
っぽの将軍なのかとあらぬ想像をさせられてしまいます。

中国人が「全日空」という字面を見たら、一日中、空席と、思うから、
だれも乗る人がいない人気のない航空会社みたいなので、もっとイメー
ジのいい社名に変えたほうがいいという話が中国内で起こったというこ
とを思い出しました。

軍人の階級は、自衛隊の業界用語ではなく、一般の人が誰でもわかるよ
うに大将・中将……でやってもらわないと私のように業界外の者にはだ
れが偉いのかよく判らないので困ってしまいます。そういう呼称は間違
っているということです。いうならば、不正表示といったところでしょ
う。

私には、一佐と三佐はどっちが偉いのかがすぐには判断できません。通
信簿は3の方が1より優れているという教育を受けたものですから、三
佐の方が上なのかと、一瞬戸惑ってしまうのです。軍隊では、一等兵は
二等兵より上ですから、一佐は三佐より上でいいのかと、いつも困惑さ
せられてしまいます。
(主宰者より:位は点数でないから3より1が上。自衛隊は軍隊では無い。
憲法に規定されていないから)。

自衛隊というのは、そういう点では部外者の理解を寄せつけないまった
く不親切な軍隊です。なんでもグローバルスタンダードが好きな政府な
のに階級の呼称はなぜグローバルスタンダードにしないのでしょうか。

それにしても、空将は、なぜアパの懸賞論文なんかに応募したのか私に
はわからない。今回は、その一等賞ということで話題になったが、もし
選外となって応募原稿の山に埋もれてしまったらなんのための論文なの
か意味がないからです。

多忙なはずの空将がわざわざ書いたというのですから、そして発表の場
を求めてそれに応募したのですから、入選の可能性がないものなら応募
する意味がないわけですから、できレースと考えるのが妥当だと、私な
ら推量します。

さらに、賞金300万円の小遣い稼ぎだったのでないか邪推したくなる
のは私の悪い癖です。空将の給料は、1杯1000円のカクテルが高嶺の花
に見えるほどの薄給でこき使われている道新の女新聞記者と同じように
安いのだろうか。だとしたら、その処遇の方が心配になってきます。

他人の給料のことなどはよく事情がわかりませんが、軍人が薄給にあま
んじているとしたら、ホワイトカラーエグゼンブション(試訳に「残業
代ゼロ制度」とか、「残業代ピンハネ制度」というのがあった)という
意味の判らない言葉が、本当は残業代を支払わずにこき使うことだった
ように、シビリアンコントロールというのも、軍人を薄給でこき使うこ
となのかもしれません。(むの字屋)

主宰者より:誤植の最終責任者は私です。気をつけます。有難うございま
した。



 4)トヨタが73.6%もの減益見込みを発表して、マスコミを挙げての大
騒ぎでとなった。これはアメリカの自動車業界の大不振と、現在進行中
のアメリカ経済の100年に1度の危機を考えれば当然予測できたことでは
ないか。

WeyerhaeuserにはLynn Michaelisという全米的に名が通ったエコノミス
トがいて「アメリカ経済の好不調を診断するバロメーターは、自動車産
業と住宅着工である」と説き、我々社員にも常々そう教えていた。この
ことはこれまでに何度となくかたり、且つ書いてきた。それを知ってか
知らずか何を今頃になって騒ぐのか。

少なくとも、マイケリス氏の説はアメリカでは一般的に知れ渡っていた
ことであったにも拘わらずだ。マイケリスは90年代前半にある経済団体
の招きで来日し方々で講演会を開き、自説を披露していた。

何故自動車と住宅が不調だといけないかも簡単な理屈で、自動車は単に
鉄だけで出来ているわけではなく、その内装や装備されている機器類の
需要は膨大なものである。自動車が売れなければ、それらの需要も減退
するのである。この悪影響は直ちに人員整理となって現れるのがアメリ
カである。

住宅も同様であるが、アメリカの個人住宅は2×4が圧倒的に多いので、
材木の最大の需要先である。それだけではない、住宅が建てば台所用品、
水回り、家具調度一式の需要が増えるのである。アメリカの選挙で騒が
れた配管工の仕事も増えるのである。これらへの需要も衰退する。

序でに解説しておけば、アメリカの紙パルプ産業は住宅や建材用に伐採
された立木の真ん中の部分を製材し、残った角材にならないところを潰
して製紙原料のチップにしている。

従って、木を伐れなければ、チップすなわち原料が不足する結果を招来
し、原料不足と価格上昇となってくる。これはパルプや紙の価格上昇の
原因となる。これは、現在のようにインターネットに圧されて活字媒体
が低迷している時には、誠に不利な材料となる。

我が国でも、自動車の需要が不振となれば、アメリカでバロメーターに
されていたと同様に、自動車産業を取り巻く各種の業界への需要も減退
し、雇用も減少するのは明かではないか!

住宅産業もすでに不振である。だが、我が国では大都会を中心に高層ア
パート(マンションとも言う)の建築が盛んであり、アメリカほど個人
住宅着工不振の悪影響が出ていないのかも知れない。

余談だが、聞くところによれば、我が国では高層アパートが相変わらず
建てられていくのは、売れる売れないよりも更地のままで放置しておけ
ば何ら収入にならないので、建て続ける以外の選択はないのだとか。

ここまでで言いたかったことは、自動車産業の不振はただ単にその業界
だけの問題に止まらず、我が国の経済に甚大な負の影響を及ぼすもので
あるという点である。

「自動車が売れなくなった、それはアメリカに需要が大幅に減退したか
らだ」と報じるだけでは、何の問題提起のもなっていない。この難局を
如何に乗り切るかについて、次期大統領は確たる納得できる政策を公表
していないではないか。

我が国の自動車産業は日本からの輸出を嫌ったアメリカが結果として国
内での生産に誘導したのではなかったのか?その悪影響が今回の決算予
想でまともに浮かび上がってきたのではないか!アメリカ発の危機がこ
のように我が国に具体的な悪影響を及ぼしてきたのではないか?
以上 前田正晶 



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


古森さんの文章を読むと、アメリカ人はいつから社会主義者になったの
かと言いたい。そうじゃなくてオバマの被ったネコが立派すぎた。化け
ぶりが見事だった。加えてマスコミがその手伝いをしたからだ。

大統領選挙は国王を選挙で選んでいるようなもの。日本は天皇制でよかっ
た。大統領制なんか絶対に持ち込んではならないし、移民も出来るだけ
受け入れてはならない。

親友O君が5日夜、きこしめして帰宅したところ、玄関に通じる坂道で転
倒、石畳に顔を打ち付けて怪我。救急車で運ばれ、顔を何針か縫ったそ
うだ。他山の石とする前に当方は既に経験済み。だがO君、2度は転ぶな
よ。

もう一人の親友T君の大腸ポリープは内視鏡で除去できる事になって一安
心。歳をとるとはこれが現実。

読者数がやっと3600を回復した。一時は3734だったのに、未利用アドレ
スの整理に遭い220も削除されて3514に。なんとか3602になった。

ご投稿、ご感想をお待ちしています。下記。 読者:3602
ryochan@polka.plala.or.jp

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/
--------------------- Original Message Ends --------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2008/11/08

    毎日楽しみにしています。ありがとうございます。(81才男)

  • 名無しさん2008/11/07

    大阪のひき逃げ犯人である吉田圭吾。

    ここには、新聞テレビがタブーとしている出自の問題が潜んでいるのです。

    近々、週刊誌を通して明らかにしたい。

    この手の者の犯罪が後を絶たない。政府は監視すべきと思います。