政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針 1370号  08・11・05(水)

2008/11/05

□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべりやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 1370号
□■■□──────────────────────────□■■□  

         平成20(2008)年11月5日(水)



                               自由民主党の耐用年数:渡部亮次郎

                           辞表提出を拒否した田母神氏:花岡信昭

                           損失出す中国の国富ファンド:宮崎正弘

                                       洋食は日本料理:前田正晶

                           中国の経済危機、五輪前に露呈:何清漣

                         話 の 福 袋
                         反     響
                         身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第1370号
                              発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━
自由民主党の耐用年数
━━━━━━━━━━


         渡部 亮次郎

私は日本社会党支持者の両親から生まれたが、学校や記者生活を通じて,
いわゆる革新政党所属政治家のいやらしさを徹底的に見せ付けられたの
で、両親とは反対の政治行動をとってきた。自民党内閣(福田赳夫)の
外相や厚相の秘書官を勤めた事もある。

自由民主党は私が大学在学中の昭和30(1955)年11月15日、当時の自由
党と日本民主党が合併して成立した。戦前の2大政党の1つである「立
憲政友会」の流れを汲んでいる。

民主党を率いていた革新官僚上がりの岸信介は初めからマッカーサー憲
法の改正を主張。それまで吉田茂に率いられていた自由党は経済優先主
義の立場からそれには積極的ではなかった。

それでも戦後の一時期を除いて自民党は結党以来ほぼ一貫して議会で多
数を占め、与党の立場にある。しかし2008年で既に結党以来53年。対米
追従型の親米保守政党は耐用年数がきたのか、いずれも離党して行った
小沢一郎や初代総裁の孫鳩山由紀夫から政権交代を迫られている。

これに対し、総裁・総理大臣に就任したばかりの麻生太郎は、毎日新聞に
依れば10月13日夜、帝国ホテルの会員制バー。極秘に公明党の太田代表
を呼び出して「総選挙は11月30日投票でお願いしたい」と告げていた。
民主党の押せ押せムードをはね返して勝てると思い込んだのである。

しかし、9月下旬に続いて自民党が実施した追加の選挙情勢調査で「自
民党198議席」という衝撃的な予測が届いた。公明党と合算しても衆院の
過半数には届かない、と出たので、結局、衆院解散は先送り。納まらな
い民主党は国会で硬直した態度で対決するようである。

かつては、地方の建設業界(ゼネコン)に対して一定の公共事業を発注
するなど特定利権があるものの富の再分配政策(リベラル)を行い、地
方の経済を回していくことを重視し、「一億総中流」を唱えるなど平等
を重視する経済左派の「保守本流派」が主流であった。

農山漁村や小都市など地方を基盤にしており、新住民層が多い大都市や
そのベッドタウンでは日本社会党(社会党)や日本共産党(共産党)と
票の奪い合いが続いていた。自民党が頼っていた専業農家は絶無。公務
員か会社員の「兼業農家」なのだ。

平成期に入ると経済不況でそれらの諸政策も行き詰まり国と地方も莫大
な財政赤字を抱えるようになって建設族の「保守本流派」は人材を野党
に流失(最近では郵政民営化問題で大量離党)して影響力を失い始めた。

近年の自民党(1990年代後半以降、特に小泉政権以後)は東京大都市圏
を中心とする大銀行・大企業・外資系企業の利益を特に重視する金融族
のネオコン型新自由主義派が圧倒的に主流となっているとされる。

また、旧来の地方の組織的動員よりも、東京のマスメディアを利用した
大都市圏における候補者個人の大衆的人気に依存している面が大きくな
ってきている。

2000年代になると自民党は2005年衆議院の小泉郵政改革選挙でこそ大勝
したものの、2007年には参議院選挙で民主党に惨敗した。小泉の構造改
革路線により疲弊した地方の自民党離れによるものだった。

更に、公明党とその支持母体である宗教法人創価学会の選挙協力による
組織的動員なしには選挙戦を戦えない不安定な状態になっているのが自
民党の現状である。創価学会嫌いのため自民党支持を止めた人も多い。

自民党内部では早くから危機感が漂い、その都度、党改革の動きがあっ
た。だが本格的なものはその都度、不発に終わっている。『ぬるま湯』
に漬かりすぎ、出るに出られぬ『煮え切らなさ』がもはや体質と化して
いるのだ。

結党から21年経った1976年 6月25日 河野洋平ら6名が離党、新自由クラ
ブ結成。(だが、なんの発展的動きをしめせないまま10年後の1986年8月
15日解党して終わった)。

この動きは自民党にとっては「綻び」に過ぎなかったが、決定的な傷は
1993年6月23日、竹下派の小沢一郎ら44人の離党だった。その2ヵ月後、
細川内閣が発足する核となった。自民党は初めて野党の悲哀を味わうが、
村山党首を担ぐ事によって『自社』政権と言うあられもない姿で政権に
復帰した。

長いこと「落ち目の三度笠」を続けてきた自民党。2007年 7月29日の第
21回参議院議員通常選挙で、野党第1党である民主党に大敗。結党以来初
めて参議院で第1党から転落、安倍、福田政権が政権を放棄して今日に至
ったわけである。

とは言いながら、民主党の最大の弱点は党首に小沢を担がざるを得ない
求心力の弱さである。小沢は自民党内から最初に離脱した新自由クラブ
が離脱の最大理由とした田中角栄体質そのものを特質としている。

民主党は旧田中角栄党であり、さらに旧社会党と言う鵺みたいな政党で
ある。だから小沢自身「民主党に政権担当能力は無い」と高言したでは
ないか。

従って仮に政権を奪取してもすぐに対米姿勢など路線や感情の対立が始
まる事は必定。野党に回った自民党からの仕掛けもあって政権発足後、
すぐに政党再編成に逃げ込む事だろう。

国際情勢の急変は日本のそうした政変の連続を許しておく筈は無い。割
を食うのは有権者という名の国民である。いずれにしても自民党の耐用
年数は過ぎている。年金チョンボ、患者放置、親殺し,子殺し、等々がそ
の証拠。だが、民主党はアテにならない。投票する政党が無い。

<麻生内閣「不支持」が上回る、発足1か月余で逆転…読売調査
11月3日22時13分配信 読売新聞

読売新聞社が1〜3日に実施した全国世論調査(電話方式)によると、
麻生内閣の支持率は40・5%(前月比5・4ポイント減)に低下し、不支持率
は41・9%(同3・3ポイント増)に増えた。

内閣発足から1か月余りで、不支持率が支持率を上回り、逆転した。

麻生首相が米国発の金融危機への対応を優先し、衆院解散・総選挙を当
面先送りする考えを示したことについては、「評価する」56%が、「評
価しない」33%を上回った。ただ、麻生内閣の金融危機への対応を聞く
と、「評価する」は42%にとどまり、「評価しない」の46%が多かった。

追加景気対策のうち、総額2兆円に上る定額給付金支給を「評価する」
は38%にとどまり、「評価しない」56%が多かった。一方、高速道路料
金の大幅な引き下げは「評価する」56%が「評価しない」37%を上回っ
た。

首相が、行政改革実現と景気回復を条件に、3年後に消費税率を引き上
げる考えを表明したことについては、「評価する」42%、「評価しない」
51%となった。

政党支持率は自民が32・4%(前月比6・3ポイント減)と大幅に減らした。
民主は23・4%(同0・9ポイント減)だった。次の衆院選の比例選で投票し
ようと思う政党は自民32%、民主31%となった。自民は7ポイントの大
幅減で、民主は1ポイント減だった。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』(文中敬称略)
2008・11・04



━━━━━━━━━━━━━
辞表提出を拒否した田母神氏
━━━━━━━━━━━━━


          花岡 信昭

空幕長を解任された田母神俊雄氏は、辞表を提出しなかった。その結果、
定年退職扱いとなった。これでいい。辞表を提出しなかったところに大
きな意味がある。
 
田母神氏は60歳。空幕長解任によって、空将の定年にあてはまることに
なり、防衛省はこれを適用した。
 
防衛省としては、懲戒処分も検討したというが、田母神氏が事情聴取を
拒否した。これはこれで防衛省の立場をおもんばかったものだ。
 
懲戒処分となると、いったいどういう理由をつけたらいいのか、防衛省
も頭を悩ますところだった。論文募集に応じたことを官房長に文書で報
告していなかったため、内規違反の適用も検討したようだが、となると、
省内の士気低下といった副作用を招きかねない。
 
論文が機密漏洩にあたるという解釈も難しい。事情聴取して田母神氏が
堂々と反論したら、これまた対応は難しくなる。
 
知恵者はいるもので、定年退職の適用に落ち着いた。防衛省としてはこ
れでスピーディーな処理ができることになる。
 
田母神氏は記者会見で「日本もそろそろ自由に発言できる時期になった
と思った私の判断が誤っていたかもしれない」と述べた。
 
そこは当方も同じ認識だ。「村山談話」はあの当時の政治的判断を踏ま
えて出されたものだ。こういう内容にしなければ、中国、韓国がおさま
らなかった。
 
それがいまだに呪縛として残っていたわけだが、いま、村山談話の内容
を変更するだけの政治的余裕は麻生政権にはない。それだけのエネルギー
はとてもではないが、持ち得ない。
 
したがって、本音で言えば、多くの保守政治家は「あの戦争は100%
侵略戦争だった」とは思っていない。麻生首相も浜田防衛相もそうだと
思う。しかし、表でそのことを言うわけにはいかない。
 
「田母神論文」には、いくつかの歴史の事実関係で異論を持つ向きもあ
る。それはそれでいい。だが、個々の記述の是非にとらわれていたら、
「田母神論文」が提起した大きなテーマを見失うことになる。
 
辞めてから発言すればよかった、という指摘もあるが、現職の空幕長だっ
たからこそ、これだけの反響を呼んだのである。OBの立場になってか
らの発言とは影響力が違う。
 
野党は田母神氏を国会招致する方針だという。審議引き延ばしの批判を
かわす格好の材料となった。
 
それもいい。田母神氏は国会の場で野党議員をこてんぱんにやっつけて
ほしい。いずれが「国家・国民」を大切に思っているか、国民の前に明
らかになる。
 
以下、田母神氏の記者会見についての産経ネット配信記事。

民間懸賞論文に政府見解とは異なる歴史認識を主張する内容を発表して
航空幕僚長を解任された田母神俊雄氏が3日夜、時事通信社(東京・東
銀座)会議室で記者会見を行い、「一言も反論できないなら北朝鮮と同
じだ」などと語った。詳細は以下のとおり。

【冒頭発言】

このほど自衛隊を退職するにあたって一言所感を申し上げます。私は10
月31日付で航空幕僚長を解任され、11月3日付で自衛官の身分を失うこ
とになりました。

自衛隊に勤務して37年7カ月、防衛大学校から数えれば通算41年7カ
月になります。自衛隊関係者や国民の皆様方の支えがあって今日まで勤
め上げることができました。感謝に堪えません、誠にありがとうござい
ました。

解任の理由は、私が民間の懸賞論文に応募したその内容が「政府見解と
異なって不適切である」というものでした。しかし、私は国家国民のた
めという信念に従って書いたもので、自ら辞表の提出は致しておりませ
ん。

その結果、解任という事態となりましたことは自衛隊とともに歩んでま
いりました私にとりまして断腸の思いであります。もとより私にとって
今回のことが政治に利用されるのは本意ではありません。また、航空自
衛官、ひいては自衛隊全体の名誉が汚されることを何よりも心配致して
おります。

私は常々、「志は高く熱く燃える」ということを指導してまいりました。
志が高いということは自分のことよりも国家や国民のことを優先すると
いうことです。

熱く燃えるということは、任務遂行にあたりいかなる困難に突き当たろ
うとも決してあきらめないということです。論文に書きましたように、
日本は古い歴史と優れた伝統を持つすばらしい国家です。決して「侵略
国家」ではありません。

しかし、戦後教育による「侵略国家」という呪縛(じゆばく)が国民の
自信を喪失させるとともに、自衛隊の士気を低下させ、従って国家安全
保障体制を損ねております。

日本の自衛隊ほどシビリアンコントロール(文民統制)が徹底している
「軍隊」は世界にありません。私の解任で、自衛官の発言が困難になっ
たり、議論が収縮したりするのではなく、むしろこれを契機に歴史認識
と国家・国防のあり方について率直で活発な議論が巻き起こることを日
本のために心から願っております。

(質疑応答)

【論文を書いた理由】

 −−(論文は)持論ということだが、政府見解と異なる歴史認識の論文
を現役のこの時期に書いた理由は何か

「私が常々考えていたことでありますけれども、日本が21世紀に国家
として発展してゆくためには、この自虐史観、そういった歴史観から解
放されないと、日本のいろんな政策に影響が出て、なかなか国とした、
いわゆる日本が自主的に判断する政策がやりにくいのではないか、と常
々思っていまして。

日本が悪い国だと、日本のやってきたことはみな間違っていたと、いっ
たことが修正される必要があるのではないか、と思います」

−−現役をおやめになって発言されるのは比較的自由だと思うが、どう
して現役の今、書かれたのか

「私、実は、これほどですね、大騒ぎになるとは予測していませんでし
た。もうそろそろ日本も自由に発言できる時期になったのではないのか、
という私の判断がひょっとしたら誤っていたかもしれません」

−−きょう記者会見を開いた理由は?

「みなさんの一部から私に電話があって、ぜひやってくれという話があ
ったからであります」

【解任について】

−−解任され、任半ばでおやめになることで無念なことは何か

「日本はまさにシビリアンコントロールの国でありますから、大臣が適
切でないと判断して、やめろということであればそれは当然のことであ
るというふうに思います。結果が出たことについて、無念とかそういう
ことを考えていると次に前進ができないので、これは気持ちを切り替え
て次、またどうしたらいいかということを考えていきたいというふうに
思っています」

−−後輩の自衛官に言い残すことはないか

「これは私がずっといってきたことですが、われわれは国家の最後の大
黒柱である。従って、志を高くもって、どんな困難があっても常に情熱
を燃やし続ける、と。志が高いということは、さっきいったように、自
分のことより、国家や国民のためを常に優先した言動をとる必要がある
というふうに思います」

【論文の内容】

−−論文の内容については、今も変わらないか

「内容については誤っていると思いません」

−−論文を拝読して、市販の雑誌から引用が多い。田母神さんご自身が
発見されたことはほとんどないと思うが

「それはおっしゃるとおりで、私自身が歴史を研究してというより、い
ろんな研究家の書かれたものを読んで勉強して、それらについて意見を
まとめるということであります。なかなか現職で歴史そのものを深く分
析する時間はなかなかつくれないと思います」

−−さきほどこれほど大騒ぎになるとは予測しなかったとおっしゃった
が、それは論文がこれほど読まれることはないだろう、という意味なの
か、内容について国家が受け入れるようになると思われたのか

「後者の方です。日本の国がいわゆる言論の、どちらかというと日本の
国は日本のことを守る、親日的な言論は比較的制約されてきたのではな
いかと思います。で、日本のことを悪くいう自由は無限に認められてき
たのではないか。しかし、その状況が最近変わってきたのではないか、
という風に判断をしておりました」

−−懸賞論文が広く皆が読むということになるとはご承知の上でしたか

「そういう風になることは当初は、まったく知りませんでした。ただの
普通の懸賞論文として」

−−APA(懸賞論文の主催者)側はそういうことは言わなかったのか。
「ぜんぜん」

−−公表されるとは思わなかった

「優秀な論文はAPAが出しているアップルタウンという雑誌に発表さ
れるということは知っていた。まさか、私が優秀論文に入賞するとは夢
にも思っていませんでした」  以上、産経配信記事。

★★花岡信昭メールマガジン★★645号[2008・11・4]転載



━━━━━━━━━━━━━
損失出す中国の国富ファンド
━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
   平成20年(2008年)11月4日(火曜日)
         通巻第2374号 
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
この世界同時株安と金融危機に中国の「助っ人」を期待し始める欧米
 中国はIMF増資に応ぜよ、とブラウン英首相。北京はジェスチャー
のみ
*********************************

実際のところ、世界にあまたある株式取引所で、年初来最悪の暴落を続
けているのは中国と露西亜である。

中国は73%、ロシアは79%の暴落を更新中だ。

ところが欧米が注目しているのは中国の外貨準備高である。推計1兆9500
億ドル(10月末時点での推計)。

この外貨を政治力に利用して、中国が国際政治の主要プライヤーになる
ことを予測する向きが多かったが、北京五輪終了後から、一貫して沈黙
している。

中国の国富ファンドがモルガンスタンレーとブラックストーンへの出資
(合計80億ドル)で巨大な損失を出した(時価20億ドルに激減)。加え
てリーマーン破産、ファニーメー頓挫で大損し、豪州通貨暴落でまたも20
億ドルの為替差損。要するに現代の金融工学の仕組みが理解できないら
しいのだ。

ブラウン英首相らは「ありあまる外貨準備高から中国はIMFの増資に
協力するべきだ」と北京に要求した。

温家宝首相も「中国は世界経済の安定のために貢献する」などと声を高
くしてリップサービスにつとめるが、実行に移されないばかりか、その
意図も希薄なようである。

何をしたか?

中国は農地の個人使用を認め、2020年までに農家の所得を倍増すると発
表した。農業、農民、農村という「三農問題」が経済の最大のアキレス
腱であることを知覚している故に、中国農業銀行へ190億ドルものテコ入
れが行われた。

加えて国際協力の対外宣伝を尻目に、中国国内の鉄道建設に2920億ドル
を投じると発表した。

公共事業活性化による内需拡大で、失墜最中の経済を安定させようとい
うわけ。外国の市場がどうなろうが「我々には関係がない」というジコ
チュウ的な態度が濃厚である。

他方、温首相は北京でのASEMを済ませるとモスクワへ飛んで、プー
チン首相と会見し、シベリア原油ルートの確定を決めたほか、武器購入
(とにくミグ35新型戦闘機)がほぼ内定。これに加えて、ロシアが中国
などを加えての非米同盟(ドル基軸体制から離脱する新システム)の構
築を模索することに合意したという。

まるっきり反対のコースを同時に用意している。孫子以来、それが中国
的生き方の基本でもあるが。。。。

「中国は国際的な経済危機の救済に主導権を発揮できる立場にあるが、
喜んでそれをするだろうか」とニューヨークタイムズが懐疑的分析をし
ている(11月3日付け)。

   △
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@宮崎@@@@@@@@@@@
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

   ♪
(読者の声1)田母神論文関連の読者のご意見に対する意見です。貴誌3
日付け「(読者の声1)」の「戦後5年も経たず、朝鮮戦争が勃発しま
す。心ある日本人は「それ見たことか」とアメリカをせせら笑ったこと
でしょう。田母神幕僚長もそう思っているのです。

 戦況がどうにもならなくて、原爆を使用しようとしたマッカーサーは、
昭和26年4月11日、最高司令官を解任されます。帰国した彼はアメリカ
上下院の合同委員会で4月19日から証言をすることになります。有名な
「日本は自衛のために立ち上がった」という証言は5月3日です。やっ
と彼は日本を理解したのです」。
(引用終わり)

意見:マッカーサーが解任されたのは、失敗したわけではなく、米国は
朝鮮戦争で日本軍を使うべく日本を再武装させるために占領政策の影響
力の強いマッカーサーを更迭したのです。だから議会証言も日本の再軍
備を進めさせるための証言です。別に対日政策を反省しているわけでは
ありません。
 
また同日付け貴誌「(読者の声3)」。「しかし私たちは多くのアジア
諸国が大東亜戦争を肯定的に評価していることを認識しておく必要があ
る。タイで、ビルマで、インドで、シンガポールで・・・・・≫>  

本当でしょうか?> 田母神幕僚長は本当に現地に出向かれて現地の声を
聞かれたのでしょうか? 私事ではありますが、私が初めてシンガポー
ルの地を踏んだのが1979年。いまから約30年ほど前の話になります。

シンガポールはもともと中国の共産化を嫌った中国人が大陸から移住し
て建国した国です。当時(30年前)のシンガポール人は、現在の中華人
民共和国に対し、嫌悪感こそあれ好感は持っていませんでした。

彼らの大半は着の身着のままで全ての財産を投げ打って大陸から逃亡し
てきた人たちだったからです。ただ彼らの言い分は、『今の共産中国は
大嫌いだが、日本はもっと嫌いだ!』と言うものでした。

なぜなら中国で全ての財産を失い、それでも希望を失わず、どん底から
築き上げた財産を、また取り上げたのが“日本軍”だったからです」。
(引用終わり)

意見:一寸順番が違うのではないでしょうか。

中共が成立したのは1949年で日本が東南アジアを占領したのは1942年で
す。そしてシンガポールの蒋介石軍よりの華僑は英軍と共に武器を取っ
て日本軍と戦ったのではないでしょうか。明白な敵軍だったのです。

アジア人というのは東南アジア人であり、華僑のことではありません。

華僑は華南の貧民が労働者としてきて住みついたもので原住民ではあり
ません。むしろ欧米殖民地国の番頭として現地人を搾取していたという
事実があります。

だから恨みを買い独立後インドネシアでもマレーシアでも華僑が大量に
虐殺されたのです。日本が東南アジアの独立を助けたことは歴史的な事
実です。

白人がなにもしないで撤退したというのでしょうか。現地の独立戦争は
なぜ起きたのでしょうか。日本が敗戦した後再植民地化のために来襲し
たからです。年表を読んで確認してください。(MC生)


(宮崎正弘のコメント)日本がアジアを解放したことを英米仏オランダ
はいまも恨んでいて、反日論調を煽り、現地の華僑の新聞・テレビに
「反日」に焚きつけています。

とくに英仏蘭にとって、自分たちの残虐行為をすり替えるのに一番都合
が良いのが日本が悪いと「正義」を「邪悪」とすり替える論理構成です。

河野談話、村山談話など一連の謝罪は、戦後日本が戦勝国史観で洗脳さ
れてしまった、なによりの証拠でしょう。河野とか村山とか、痴呆老人
のたぐいでは?

インドもインドネシアもベトナムの独立も、日本軍が背後にいたからこ
そ達成できのではありませんか?

ところで田母神・空幕長を更迭してはしゃいでいるのは朝日のみならず、
日経新聞がそうです。日経の政治的左傾現象は留意しておく必要がある。
更迭の相手が違うでしょ。あの無能な日銀総裁を更迭するべきでは?


  ♪
(読者の声2) 貴誌通巻第2373号(読者の声3)で「Niko氏」がシ
ンガポール人青年との接触からの結論として「彼が見せてくれたのが大
量の日本軍発行の“軍票”の束です。それは彼の祖父から父に、そして
彼(孫)へと引き継がれたそうです。この悔しさ!憎し
み!を忘れるな!!ということらしいです」
と書かれました。

昭和20年8月16日に日本政府は、在外日本軍に連合国からの命令として、
軍票を日本軍資産と交換して回収してはならないという命令を伝えまし
た。連合国は日本軍の資産を接収する意図であったからです。

つまり現地人の資産・債権が正当に保護されることよりも、まして日本
軍、日本国民の評判よりも、自分たちの利益のほうが優先したのが連合
国です。Niko氏に今後どうようの会話をシンガポール人とするこの事実
を伝えるようお願いします。

その青年はともかく、実際にその時その場に居合わせた日本軍の軍票を
持っていた現地人の多くはそのことを知っていたはずです。にもかかわ
らずそのように間違ったことを伝えた意図ははっきりしています。

旧連合国、あるいはその後継者である国連に何を言っても取り合わない
が、日本人には聴く耳と良識があることを彼らは知っているのです。

つまり取れるところからとろうとするだけです。そのように思われるこ
とをむしろ光栄と考えるべきでしょう。

また西法太郎氏の (読者の声4)に対し(宮崎正弘のコメント)で田母神
氏を

「個人的な卓見を、しかしながら組織人としては、発表したらどうなる
かという計算が出来なかった。それだけ純粋な人なのですね」
と書かれましたが、むしろ田母神氏は発表したらどうなるか知っていた
からこそ発表したのでしょう。

いま澎湃と日本の論壇で田母神氏擁護の動きがありますし、中国共産党
幹部たちも、「やっぱり日本人は知っているんだ。知らない振りをして
いるだけだ。これは気を付けなければならない」と肝を冷やしたことで
しょう。

リトアニア訪問での天皇陛下の発言がロシアの外交家たちに与えた衝撃
にも似た恐怖心と畏敬の念を引き起こしたことは間違いありません。
(當田晋也)


(宮崎正弘のコメント)今朝のヘラルドトリビューン紙の片隅に田母神
更迭の記事があります。「日本の更迭措置を中国が賞賛」と!



━━━━━━━
洋食は日本料理
━━━━━━━


         前田 正晶

3日は偶然にも昼と夜の食事を東京でも味で有名な中華料理店で楽しむ
ことになり、面白い話を思い出させてくれた。それは「欧米を旅行して
いて、突然無性洋食(または西洋料理)が食べたくなるものだ」という
ものである。
 
欧米にいて洋食もないものだとの疑問が出てくるだろうが、ここで言う
洋食とは「トンカツ」や「ロールキャベツ」や「ナポリタン」や「ライ
スカレー」や「ハヤシライス」等を指しているのである。

こういう料理は日本で創造されたもので、先ず欧米で食べられることは
ない。だが、我々にとっては捨てがたい「洋食」の味なのである。だが、
海外では食べられるチャンスはないと思って良いだろう。
 
アメリカを旅してあの凄まじい量で、何が何だか解らない味付けの食べ
物を何日も食べ続けさせられていると、あの洋食が食べたくなると言う
のである(のだそうだ)。ある編集者は「あれは餌として認識してエネ
ルギーの供給源と思いなさい」と言ったが、説得力があった。
 
3日の有名店では待ち合わせの都合上、店外の椅子に座っていた。我々
の狙いはその有名店のお買い得な2千円のランチだった。
 
その待ち時間に何組かの前・中期高齢者の夫妻が現れて、店外のメニュ
ーを見ながら何にするかを相談していた。彼らはその店を単なる「中華
料理屋」と心得ており、ランチは「詰まらない」と切って捨てて「矢っ
張りチャーハンにするか」とか「焼きそばは何処だ」という具合に、典
型的日本式中華料理を探し求めていた。
 
我々が席に案内される間に観察してみると、皆さん「中華」を楽しんで
おられるではないか。我々二人に言わせれば「何を食べたくてここを選
んだのか!」となる。
 
話変わって、ここ大久保界隈には韓国料理店が数限りなくある。私は多
くの友人・知己を行きつけの店にご案内して「韓国料理」を紹介した。
彼らのほとんどが言うことは「韓国料理がこんなものとは想像もしたこ
とがなかった」なのである。
 
多くの我が同胞の認識では韓国料理とは焼き肉、就中骨がついていない
カルビであり、ユッケであり、汁がある冷麺なのである。私はそれらが
日本式に変換された元韓国料理であるに過ぎないと認識している。

しかも、日本人の味覚に合うよう、実に巧みに味付けされている。従っ
て本場の味を守っている大久保の韓国料理店では余り食べられ機会はな
いのだ。
 
唐津一氏は「こういう日本の海外で開発された技術を基にして、元のも
の以上の製品に仕上げる技術は世界のどの国でも真似できない高度な水
準に達している。この技術は日本の開発力の高さも同時に示している」
と言われた。何となく同感である。
 
でも、楼外楼や有楽町の「慶楽」で、汁そばやチャーハンはないでしょ
う。勿体ない。そんなものが食べたければ他に行けばよいのにと、何時
も思っている



━━━━━━━━━━━━━━
中国の経済危機、五輪前に露呈
━━━━━━━━━━━━━━


          何清漣

【大紀元日本11月3日】米国金融危機が発生して以来、中国当局から、中
国の経済危機の起因を米国金融危機に帰する声が多く聞こえる。これに
ついて、米国在住の中国人経済学者・何清漣氏は、先月ニューヨークで
開かれた「世界金融危機と中国の政治経済の発展セミナー」で、中国経
済危機は、金融危機が発生する前からすでに起きていたと示した。

今回の米国金融危機と異なり、中国の経済危機は不動産、株式市場など
の金融関連領域だけにとどまらず、実体経済にも発生している。米国の
金融危機が中国に与える影響は、中国の外貨準備高を減少させるくらい
であるという。

また、海外の中国製商品への需要が中国経済の6割を支えている中国にと
っては、相次ぐ食品汚染問題及び金融危機問題により、今後は中国製商
品の需要が減り、中国経済の衰退は避けられないという。

 何清漣氏の講演の概要は次の通り。

中国経済の危機は、五輪開催前にすでに露呈

米国金融危機が発生する1年前から中国経済の衰退は露呈していた。今
回の米国金融危機と異なり、中国の経済危機は不動産、株式市場などの
金融関連にとどまらず、実体経済でも発生している。

中国の経済危機は2007年後半から兆しが現れていたが、五輪成功のため、
中国政府は五輪効果を大いに宣伝してきた。

しかし、物価の上昇、株価の下落と不動産市場バブルの崩壊とともに、
国民は経済の後退に気がついた。特に最近の粉ミルク事件で国民の中央
政府への怒りを制御できなくなるという恐れがあった。

中国は慌てて神舟7号宇宙船を発射したが、その宇宙空間の船外作業は水
中での撮影であることが見破られ、これら一連の危機を転嫁しようとし
たところで米国に金融危機が発生した。

中国は現在国内におきている経済衰退の諸現象を何もかも米国金融危機
の影響であると宣伝している。

実は2008年に入ってから、中国経済の衰退は露呈していた。五輪開催5ヶ
月前の3月13日に中国の株式市場の終値は3971ポイントまで大幅に下がり、
たった1日で7千億元が蒸発した。

その後、株価が下降線をたどり、今でも好転する兆しが見えない。ゆえ
に中国株価の大幅下落は米国金融市場とまったく関係がない。

五輪の成功を最優先する中国政府は、投資者に自信を持たせるために、
五輪の経済効果を過大宣伝していた。

五輪の経済効果とその後の波及効果は今年になっても現れていたが、実
は07年後半からの五輪関連の経済効果、特に不動産市場に現れた経済効
果は単なる宣伝と投機がもたらしてきたバブルに過ぎなかったのである。

一方、情報統制された中国国内の民衆は、中央政府の五輪宣伝に惑わさ
れていたが、海外の投資者は中国バブルの崩壊を懸念していたため、今
年から中国への投資を控えるようになった。

不動産業界から見ても、海外投機家の参与によって、中国の不動産市場
は05年後半からすでにバブル状態に入っていた。五輪への執念と寄与で
このバブルは07年10月にピークをむかえたが、この時点から深セン、北
京、上海、広州などの住宅価格は下落し始め、深センの減少幅が最も大
きく、おおよそ20〜40%となっていた。

中国の実体経済にも危機が存在

中国の実体経済にも危機が存在しており、中国が世界の工場と言われて
いるが、実は東南アジア諸国はすべて世界の工場となっており、中国は
この大工場の中で大きな部分を占めているに過ぎない。

しかも中国製商品は技術開発の占める割合が極めて低い、改革開放後30
年経ったが、中国の加工業は依然として労働密集型産業である。産業構
造はほとんど改善されていない。

また、過去20年の中国経済の高度成長期に最も成長した業界は不動産業
と資源開発関連産業である。不動産業の資産はほとんど投機売買で積み
重ねられたが、本当の資産とは言えず、いったんバブルが崩壊したら、
この資産の実質は大幅に縮まるに違いない。

同様に金融業界においても不良債権率が2006年にすでに20%を超えてい
る。中国国有銀行を米国株市場に上場させようとして、大量の資金をこ
れらの銀行に注入したが、2007年になると、中国国有銀行の不良債権率
は8・05%まで激減し、世界金融業界を驚かした。

しかし、この不良債権率の減少は経営状況を改善した結果ではなく、単
なる総資産額を増やしただけでもたらしてきたものである。

資源開発関連産業は確かに過去20年間に大きな富を生み出したが、中国
生態環境への破壊は回復不可能とされるまでに進んでいる。

中国各地の企業倒産は、世界に広がる中国商品による被害に由来

また、現在中国経済が倒産のうねりに直面している。特に紡績、玩具、
製革などの業界において中国商品による被害が全世界に広がるにつれ、
米国国家基準学会は玩具に対して新しい対策を打ち出した。

まず検査頻度を増やすことで中国製玩具のコストを25%増した。これか
らより多くの加工企業が倒産していくであろう。

金融危機が中国に与える影響は中国の外貨準備高が減少する程度

中国のバブル経済とともにインフレが加速した。2007年に食品価格によ
るインフレに連動して、ほかの商品価格を上昇させた。2007年4月からコ
スト上昇型インフレに変わり、特に原油価格の上昇により、インフレが
さらに深刻となった。

これらすべては米国金融危機で引き起こされたものだと中国は言いふら
しているが、実は全く関連性はない。米国の金融危機が中国に与える影
響は、中国の外貨準備高の額を減少させることに過ぎない。

なぜなら、中国の外貨準備高はほとんどが米国の国債や、不動産関連機
構の債権を買ったからである。特に今回の金融危機で中国が購入した不
動産関連機構債権の95%の価値が失われた。

CNNが金融危機に関して温家宝首相を取材した際、温首相は「米国ととも
に難関を乗り越える」と言った。その発言から、金融危機の中国の輸出
業界と中国の外貨準備高への影響がどれほど深刻であるかがわかるであ
ろう。

周知のように中国経済がすでに外資依存型となっており、しかも外国需
要依存型となっている。中共が国内需要を拡大したい願望があるが、無
理だ。なぜなら、中国国内購買力はきわめて低いからだ。

海外の中国製商品への需要が中国経済の6割を支えている。しかも、食品
汚染など、有害物質を含む中国製商品による被害が世界でさらに拡大す
ると思われることから、その需要は減る一方だ。

中国経済の衰退はもう避けられない。絶体絶命状態に陥った中国はこれ
から国内の民衆への情報統制を強化するだろう。

 

━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎<航空幕僚長更迭>処分せず退職…政府は幕引き優先

政府見解に反する論文を発表した田母神(たもがみ)俊雄・前航空幕僚
長を、政府は処分もせず3日付で退職にしたが、幕引き優先の対応で、
問題があいまいなままになる恐れは否めない。

防衛省が調査をわずか3日で打ち切った理由は、「本人が事情聴取に応
じない」。応じない、で果たしてすむ問題なのか。

インド洋給油活動を延長する新テロ対策特別措置法改正案などの国会審
議で野党に攻め手を与えないよう早期の事態収拾を図るための取って付
けた理由という印象が残る。

調査する側の内局官僚(背広組)と自衛官(制服組)の間で常に指摘さ
れる不和が、「遠慮」につながった可能性もある。

一方、田母神氏が一民間人になったことが逆に、早期収拾の障害になる
可能性もある。国会には「制服組は答弁しない」という不文律があるが、
そのしばりがなくなるからだ。

田母神氏は3日「国会で参考人招致があれば積極的に応じる」と強調し
ており、同氏が再び持論を展開すれば、国会の紛糾は必至。新テロ法案
の参院審議は6日以降、未定。先行きは一層、不透明になった。
11月4日1時17分配信 毎日新聞

 

 ◎<選挙>衆院選先送り 民主候補、悲鳴 歳費なく党活動費も止ま
り「年越せぬ」

次期衆院選で自民・民主両党が小選挙区に擁立する予定の候補者の内訳
(10月末現在)◇新人・元職148人、悲鳴

次期衆院選の先送りで、民主党の新人・元職の立候補予定者たちから
「年を越せない」との悲鳴が相次いでいる。「11月30日投開票」を前提
に態勢を構築した候補がほとんどで、12月以降の活動費用に不安を抱え
ているためだ。

党から公認料を受け取った後、資金の手当てがない立候補予定者もおり、
先送りが「兵糧攻め」の状態になっている。民主党はそもそも自民党に
比べ新人・元職が多く、対応に苦慮している。

民主党の公認223人、公認内定34人のうち、国から歳費を支給される現職
議員は109人にとどまる。歳費がない残りの新人・元職148人には党が活
動費を渡している。

公認内定段階で毎月70万円を支給。選挙直前に公認に格上げし、1000万
円の公認料を支払う。今回は、公認段階で500万円、解散後に残り
を支給する予定だった。

この公認組(114人)が選挙先送りで最も影響を受けた。今後、活動費が
ない状態が続くためで、「500万円を使い切ったらどうなるのか。年明け
までに党に何とかしてもらわないと態勢を保てなくなる」(中部地方の
新人)との不安が漏れる。

活動費を受け取る内定候補も苦しく「活動増加で月に80万〜90万円必要。
長期戦に耐えるつもりが、実際には吐き出してしまった。来月はどうし
ようか」(中国地方の候補)とのぼやきが聞かれる。

小沢一郎代表は10月下旬から今月初めにかけ、愛知、岐阜、長野3県の
新人候補の事務所約10カ所を抜き打ち訪問した。

1日に訪れた長野の新人候補の事務所では、居合わせた県議に「麻生太
郎首相は(解散から)いつまでも逃げおおせられない。油断してはいけ
ない」と年内解散の可能性を指摘。県議から「何といってもふところが
苦しい」と直訴されると、「どこに行ってもその話が出る」と打ち明け
た。

鳩山由紀夫幹事長は10月31日の記者会見で「基本は自助努力だ」と述べ
ており、苦境は当面続きそうだ。11月4日9時15分配信 毎日新聞
 



 ◎ 【金融危機】米新車販売台数、25年振り低水準 日米6社急減

【ワシントン=渡辺浩生】米自動車調査会社オートデータが3日集計し
た10月の米新車販売台数は、前年同月比31・9%減の83万8156台と大幅な
落ち込みとなった。

米証券大手リーマン・ブラザーズ破綻(はたん)を契機とした金融危機
の影響で消費が低迷し、自動車ローンも縮小したためで、米メディアに
よると、1983年以来25年ぶりの低水準となった。

前年実績を割るのは12カ月連続で、日米の大手6社すべてが前年同月比
20%超の急減となった。生き残りのためクライスラーと合併交渉を続け
ているゼネラル.モーターズ(GM)は45・1%減の16万8719台。クライ
スラーも34・9%減の9万4530台と大幅な落ち込み。

GMの売り上げを人口の伸びで調整すると、10月は「第2次大戦以後最
悪の月」という指摘も上る。マツダ株の売却を検討中とされるフォード
・モーターも30・2%減の13万2248台と不振だった。

一方、トヨタ自動車は23%減の15万2101台、ホンダは25・2%減の8万5864
台、日産自動車は33・0%減の5万6945台と日本勢も軒並み減らした。 
11月4日11時17分配信 産経新聞 
 


 ◎ 遭難のはずが・・・自宅で発見 昇仙峡訪れた男性 50人出動、ヘ
リでも捜索

 3日午後零時10分ごろ、社員旅行で甲府市の昇仙峡を訪れていた埼玉
県久喜市の会社員男性(42)が行方不明になり、バスガイドの女性が
110番した。

甲府署員や地元消防団員など約50人と県防災ヘリ「あかふじ」が捜索し
たが、約5時間後に埼玉県内の自宅に帰っていたことが確認された。男
性にけがなどはなく、同署は黙って帰宅した理由を調べている。

調べなどによると、男性は2日から社員旅行で同僚約30人と来県。同日
午前9時半ごろから昇仙峡を散策していた。同10時半の集合時間になっ
ても、集合場所の昇仙峡ロープウェイ山頂駅に現れなかった。同僚が捜
したが発見できず、同署に届け出た。 

同駅周辺を中心に署員らが捜索を続けていたところ、午後5時ごろ、男
性の同級生から会社の上司に「(埼玉県にある)男性の自宅付近で、一
緒にいる」と連絡があり、男性の居所が判明した。男性は「同僚とはぐ
れた」とだけ話しているという。山梨日日新聞 2008年11月04日(火)
 


 ◎パキスタン地震、死者300人

【大紀元日本11月3日】10月29日、バルチスタン州州都クエッタ市付近で
発生したM5・0とM6・5の地震災害では2日現在までに死者300人を確認し
ているという。

パキスタンメディア10月31日の報道では、パキスタン南西部のバルチス
タン州で10月29日朝方に発生した地震による死者が300人となったと伝え
ており、現在多くの被災者が迅速な救援活動を待ち望んでいるという。

この地震により3・56万人が負傷、4万人が帰る家を失った。被害の最も
深刻なジアラト、ビシンの両地区では約4610戸の家庭が影響を受けたと
いう。現在、虫さされや飢えと寒さが被災地区住民の主要な脅威となっ
ている。

この他、頻繁に起こる余震も住民の命や財産にとって大きな脅威を作り
だしている。被災地区ではすでに253回の余震が起きており、比較的大き
な揺れが4回発生しているという。 

 

 ◎オバマ氏、黒人初の選出なるか=昼ごろ大勢判明へ−米大統領選

【ワシントン4日時事】2期8年にわたるブッシュ共和党政権後の米国の新
体制を決める大統領選挙は4日、投票が行われた。同夜(日本時間5日午
前)に東部州から順次開票され、早ければ深夜(同昼ごろ)にも大勢が
判明する。

投票まで優位に戦いを進めた民主党のバラク・オバマ上院議員(47)が、
米建国後初の黒人大統領に選出されるかどうかが焦点。共和党のジョン
・マケイン上院議員(72)は逆転勝利に望みをつなぐ。

50州と首都ワシントンに割り当てられた選挙人(計538人)の過半数270
人を獲得した候補が当選する。

オバマ氏は、ブッシュ大統領が2000年と04年の選挙で連勝したバージニ
ア、コロラド両州で1歩リードしているほか、フロリダ、オハイオ両州な
どでも接戦を展開。同氏の選挙人獲得見込みについて、CNNテレビは291
人、NBCテレビは286人としている。

激戦を反映して有権者の関心は高く、投票率は04年の56.7%を上回る勢
いだ。 11月5日6時20分配信 時事通信
 


 ◎日本産しょうゆからヒ素検出=中国

【北京4日時事】中国の国家品質監督検査検疫総局は4日、日本から輸入
されたしょうゆから中国での許容基準の5倍を超えるヒ素が検出されたほ
か、日本産のコーヒー粉末に最高で規定の2倍以上の銅が含まれていたと
発表した。いずれも天津の検疫当局が廃棄処分にし、市場には流通しな
かった。

検疫総局は10月末にも、日本産しょうゆからトルエンと酢酸エチルが見
つかったと発表している。11月5日1時37分配信 時事通信 



━━━━━━━
反     響
━━━━━━━


 1)販売部数の減少あるいは面積当たりの配達部数の低下。対策は、同
業他社への配達委託となった。

セブンイレブンへ小売りを委託しているメーカーは多いし、事実、メー
カーが販社まで持ったとして卸し業務までがせいぜいで、そういう意味
で、川上から川下まで、一貫してやっていたこと自体、膨大な利益が存
在していたのが新聞産業だったと見た方がよいのではなかろうか。と思
います。

あぐらをかいていた時代は終わった。そういうことなのでしょう。 「
“ニュースサービス日経 高田馬場”へ提携・移管する」ということは、
移管にともなく移管料金、これが法律用語の委託であれば、委託料金が
毎月存在し、配達不能の苦衷を訴えながらも、その実、読者は知ってか
知らずか、配達せずとも、なにがしかの眠り口銭のようなものが、業界
内を闊歩しているのかもしれません。田舎におけるプロパン業者のそれ
と同じように。

他方、新聞用紙の供給側からすれば、感慨も多いのでしょうが、はやる
産業もあれば廃れる産業もある。原材料供給メーカーとしては、時々刻
々変化する売り込み先に対応するも以外に方法はなく、綺麗に言えば、
開発型営業という売り込み先を育てる営業もしていかなければならなか
った。

これは、批判でも批評でもなく、私の商売が、まさにそのもの、帳簿記
帳は、上海へ外注するから安いと攻勢をかけながら、名古屋のケイケイ
事務所が関東をうかがっております。

それにつられてか記帳代行料金は下げ止まり、税務署OBが大量進出、
しかも定年後からの商売なので、トーチャン、カーチャンの二人三脚価
格も提示され、おまけに年金付きなので価格維持のインセンティブも働
かない。

廃業税理士から新聞販売店業界で言えば、配達委託なみの顧客の移管を
受けても、種々の規制でままならない部分も多く、効率化は難しいし、
スペースの統合化も困難。

そこで、勢い、起業をする人を求めて、各種の催しに参加して、無償支
援まで含めて低廉援助の会計税務作業の売り込みをする。そのうち、全
うに大きくなって顧問料金も、ソコソコにまで育つのは、私の経験(開
業足かけ13年)で、2件のみ。

もちろん、紹介もありますが、商売の難しさというのは、ここにありま
すね。顧客様との信頼関係は、すぐに崩れるが、なかなか育たないもの
ですから、新聞折り込み広告の求人で従業員を増やして渡り職人みたい
な者を抱えることにも躊躇し、ております。

また、顧客向け営業も新機軸を発揮することも出来ない。以前に、ある
会社のオーナーから言われたことがあります。

うちに来る経営コンサルタントは、従業員も居ないのに、経営の極意を
教えると言ってオーナー以外のトップ層の方々への指導をするのだが、
経験もなく、そんなことが可能なのだろうか?質問の形でしたが、商売
のための営業に当たって他山の石としております。私のグチになってし
まったようです。失礼しました。酒井富雄


 2)>うちに来る経営コンサルタントは、従業員も居ないのに、経営
の極意を教えると言ってオーナー以外のトップ層の方々への指導をする
のだが、経験もなく、そんなことが可能なのだろうか?質問の形でした
が、商売のための営業に当たって他山の石としております。のくだりは
思わず拍手したくなりました。

私もアメリカ人どもの中にあって何度もハーヴァード等の Ph.D.どもが経
営(運営)するコンサルタント事務所の精鋭に高邁な経営の手法を聞か
されました。

だが、仰せの通り彼らはアソシエーツというか数人がよって事務所を設
け大会社の経営指導をなさっているのです。全員が単独行動です。中に
は大学院を出ていきなり独立した人もいました。

彼らは確かにケース・スタディーで鍛え抜かれ理論も素晴らしいのです。
だが、実際に地べたを這って営業活動をしてきた者達にとっては、経験
から積み重ねた「カン」+理論で瞬間に閃いた判断の方が正確で、且つ
時間のロスがありませんでした。すなわち、机上の空論の如くで余り実
務上には参考になりませんでした。

こういう人たちに依存してきたアメリカだからこそ、今回のような事態
を招いたのではないでしょうか?私はこれのみが原因であるとは言いま
せんが、その一つであるでしょう。以上 前田正晶


 3)皇女和宮の死因は急性心筋梗塞
             石岡 荘十

引用開始>NHKのドラマでは、家茂は江戸城で胸をかきむしって、最
後は、勝海舟に抱きかかえられて息を引き取るシナリオとなっている。
現代の病名で言うと、脚気から急性心筋梗塞を起こした、というのが定
説である。

「将軍家十五代のカルテ」(新潮新書 石川英輔)によると、3人の将
軍が脚気衝心で死んでいる。10代・家治、13代・家定、それに和宮の夫
15代・家茂の3人だ。 引用終わり

 石岡先生のなかなかまとまっている文章ですが、間違いが
あります。

家茂は、長州征伐に行った大阪城で客死。そして家茂は14代将軍です。

歴史を知らない世代が増えた今日、ここしか見ない若者が間違った知識
を覚えてします可能性ありです。

アドバンストマネージメントコンサルティング!) ヒューマンコンサルタ
ント 井上 政典



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


各分野の専門家のお陰で「腰猫背」は大分、改善されました。有難う御
座います。背が伸びて若返ったと言われます。引き続き頑張りますので
宜しく、お願いいたします。

ご投稿、ご感想をお待ちしています。下記。 読者:3589」
ryochan@polka.plala.or.jp

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/
--------------------- Original Message Ends --------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • kk2008/11/05

    頂門の一針のメルマガを読む人は、大方が、花岡信昭氏と宮崎正弘氏のメルマガも読んでいるのです。これらの転載記事は不要です。以前は多彩な人の記事も有り、毎号が楽しみでした。

    諸先生方、宜しくお願いします。

  • 名無しさん2008/11/05

    アメリカ政府は、40年前の悲劇の再現を防ぐ事が出来るのか。それともアメリカ政府が執行するのであろうか。後者と読む人は少数派ではない。

  • 名無しさん2008/11/05

    渡部亮次郎氏の"自民民主党の耐用年数"には興味深々でした。しかし、タイトルのような記事は書かれていません。

    東スポではないのですから、耐用年数の結論をお願いしたい。

  • 名無しさん2008/11/05

    花岡さんのメールマガジン★★648号へのレスに

    (読者の声1)田母神論文関連の読者のご意見に対する意見です。貴誌3日付けの「(読者の声1)」>「戦後5年も経ず、朝鮮戦争が勃発します。心ある日本人は「それ見たことか」とアメリカをせせら笑ったことでしょう。田母神幕僚長もそう思っているのです。<

    当時それ見たことかと考えた人はいなかったと思います。

    旧軍関係者の多くが共産主義の進出をこれ以上許さないため、米軍に自分たちを活用するように具申したが、米軍は半島の特殊事情を考え、警察予備隊をつくって日本にある米軍基地を守らせることにしたというのが真相です。