政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針 1327号  08・09・26(金)

2008/09/25

□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべりやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 1327号
□■■□──────────────────────────□■■□  

         平成20(2008)年9月26日(金)



                               煙草を掌で消した政治家:加瀬英明

                           我、初めて中国の土を踏む:渡部亮次郎

                             毒菜チャイナ・フリー!を:平井修一

                             香港で早くも取り付け騒ぎ:宮崎正弘

                        ドタバタ二転三転、組閣の舞台裏:夕刊フジ

                         話 の 福 袋
                         反     響
                         身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第1327号           
 
                              発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  chomon_ryojiro@yahoo.co.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━
煙草を掌で消した政治家
━━━━━━━━━━━


          加瀬 英明

昭和32(1957)年のある日、私は園田直(すなお)代議士と一緒に、ニュ
ーヨークのウォルドーフ・アストリア・ホテルのエレベーターに乗って
いた。引退したマッカーサー元帥に会いに行くためである。

後に福田赳夫内閣、大平内閣、鈴木内閣で外務大臣を務めた園田氏は、
当時、外務政務次官だったが、私と個人的に親しかった。首相特使とし
て岸信介首相の訪米準備をするためにニューヨークへ来ていたが、マッ
カーサーに会いたいというので、私が仲介の労をとった。私は留学生だ
った。

ウォドルドーフ・アストリア・ホテルは、28階以上がアパートになってい
る。住人にはマッカーサーのほかにも、コール・ポーターやウィンザー
公(元イギリス国王)夫妻など錚々たるところがいた。

執事に案内されて、広い応接間に通されると、まず、その豪奢なことに
驚いた。部屋の中は、椅子と絨毯を除けば、すべて日本の古美術品だっ
た。国宝級の金屏風が3,4双並び、金銀の飾物、陶器、美術品がとこ
ろ狭しと置かれている。

公職追放処分を免れようとした日本の有力者から贈られたものに違いな
かった。

やがて、マッカーサー元帥が入ってきた。ダーク・グレイのシングルの
背広を着ていた。お濠端の連合国軍総司令部の玄関を颯爽と出てくる姿
に慣れている目には、77歳の元帥は年老いて、一回り小さくなったよう
に見えた。

元帥は座ると、シガレット・ボックスをとって、私たちにタバコをすす
めた。


・・・元帥は私たちの質問に答えて、話題は憲法9条から極東の軍事情勢
にまで及んだ。一旦話し出すと止まらなかったので、質問を続ける必要
はなかった。

・・・「その時、幣原(しではら首相)がやってきて、目に涙を浮かべて、
日本は平和国家として永久に軍備を放棄すべきだと言った。私は今日で
も、第9条は世界に誇るべき規定だと思っている。日本は東洋のスイスで
なければならない」。

私はテーブルの上で灰皿を探したが、目の前に置かれた銀の盃(さかづ
き)の中に、先ほど元帥が擦ったマッチの燃えかすがあったので、そこ
に灰を落とした。

盃の底に16弁の菊の御紋章があったので、私は咄嗟に、それが天盃(て
んぱい=天皇から賜る盃)である事がわかった。しかし、テーブルには、
シガレット・ボックスともう1つの天盃が置かれているだけで、ほかには
何もなかった。私はやむなくこの「灰皿」を使い続けた。

「私が世界でもっとも尊敬する人物は、天皇陛下だ。私が東京に進駐す
るとヒズ・マジェスティ(陛下)が会いにこられた。そこで陛下は『大
戦の責任は、みな自分1人にある。臣下は自分の命を奉じたに過ぎない』

と厳然として言われ『連合国が責任を問おうとするなら、まず、自分を
処刑して欲しい』と述べられた。私はこのとき、真の君主の姿を見たと
思った。あの瞬間から、天皇を深く敬愛するようになった」。

当時、アメリカやイギリス、オーストラリアの新聞は、天皇を国際裁判
にかけて死刑に処するべきだと主張していた。

私は突然、人間の脂肪の焼ける臭いをかいだ。ふと見ると、横にいる園
田氏が掌(てのひら)でタバコを消している。

その表情には何の変化もなかった。瞬きすらしないのだ。特攻隊長とし
て終戦を迎えた園田氏は剣道、居合道、合気道など二十数段の猛者であ
る。数秒が過ぎた後は、何事もなかったようだった。

マッカーサー元帥は、まったく同じ調子で、遠くを見つめるような目を
して話し続けていた。

そのうちに元帥は、ソ連の脅威が募っていると警告した。日本が軍備を
拡張し、自由アジアの一大軍事勢力として、極東の平和に寄与しなけれ
ばならないと熱心に説いた。

・・・元帥がドアまで送ってくれた。客が(天盃を灰皿として使うにし
のびず)掌でタバコを消したことには気付いていないようであった。そ
れとも案外、知っていたのかもしれない。

帰りのエレベーターの中で、園田氏が私に言った。「君は、よくあの天
盃が使えたなぁ」。園田氏の掌には大きな水ぶくれがあった。私は世代
の差をそこに感じた・・・。

(渡部亮次郎註:畏友加瀬英明氏がこのたび

『昭和天皇 32の佳話(かわ)』

(実業之日本社 税込み800円)を上梓された。昭和天皇こそは平成の日
本人が失ってしまった日本人の美徳を体得されていたと考える加瀬氏が
経験から拾い集めた昭和天皇にかかわる心温まるエピソードの集積で、
興味が尽きない。

たまたま第1話にわが師園田直が、かつてマッカーサーが灰皿として差し
出した昭和天皇の天盃を使わず、掌で消した話を書かれている。了承を
得て再録した)。転載自由  2008・09・25



━━━━━━━━━━━━
我、初めて中国の土を踏む
━━━━━━━━━━━━


          渡部亮次郎

「9月25日」がその日である。いまから36年前(1972=昭和47年)のことで
ある。

その前に政府発表があった。放送の記者だった私には、新聞記者のよう
な自分のスクラップ・ブックがなく、永らく不便をかこったが、PC時代の
今は、外部に簡単に求められる。

 [文書名] 田中内閣総理大臣訪中に関する二階堂内閣官房長官談話
[年月日] 1972年9月21日
[出典] 外交青書17号,537頁.
[全文]

 1. 田中総理訪中の最も重要な目的は,中華人民共和国政府首脳と
会談することによって,長い間,不自然な状態にあつた日中関係を正常
化するためである。

政府としては日中間に善き隣人としての平和で友好的な関係を樹立した
いと念願しているが,そのためにはまず,日中間の国交を正常化しなけ
ればならないと考えている。 

日中両国はともに,アジアひいては世界の平和に大きな責任を有してい
る。田中総理の訪中と日中首脳会談の結果,日中両国間に善隣友好関係
を樹立する基盤が確立されることとなれば,アジアの緊張緩和,ひいて
は世界の平和にも役立つと考える。 

 2. 日中国交正常化は,一衣帯水の間にあり,かつ歴史的にも深い
関係にあるわが国と中華人民共和国との関係を通常の国と国との間の自
然な関係にするための,いわば当然なすべき措置である。 

政府としては,日中国交正常化を進めるに当つては,わが国と友好関係
にある諸国との関係に十分配慮する考えである。 

 3. 田中総理には,大平外務大臣,二階堂内閣官房長官のほか,49
名が随行する。 

田中総理は9月25日から29日まで北京に滞在し,29日北京から上
海に向い,29日夜上海に1泊,30日上海発帰国する。 

出典:データベース『世界と日本』戦後日本政治・国際関係データベー
ス東京大学東洋文化研究所 田中明彦研究室

C:\Documents and Settings\Owner\My Documents\二階堂発表.htm

以下も上記による。私は正直、詳しく読んだのははじめて。

http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~worldjpn/documents/indices/JPCH/

田中総理・周恩来総理会談記録 
日本外務省アジア局中国課 作成
第1回会談 9月25日 人民大会堂
(第2回会談 9月26日・第3回会談 9月27日・第4回会談 9月28
日)

第1回会談 双方の出席者 

日本側  田中総理大臣 大平外務大臣 二階堂官房長官 橋本中国課長 

中国側  周恩来 総理大臣 姫鵬飛 外交部長 廖承志 外交部顧問 韓
念龍 外交部副部長 

(注: 本会談記録は国交正常化当時の記録を改めて昭和63年9月タ
イプしたものである。) 

第1回首脳会談(9月25日) 

田中総理: 日中国交正常化の機が熟した。今回の訪中を是非とも成功
させ、国交正常化を実現したい。 

これまで国交正常化を阻んできたのは台湾との関係である。 

日中国交正常化の結果、自動的に消滅する関係(日台外交関係)とは別
に、現実に起こる問題に対処しなければならぬ。これをうまく処理しな
いと、国内にゴタゴタが起こる。日中国交正常化を実現するときには、
台湾に対する影響を十分考えてやるべきだ。 

国交正常化は、まず共同声明でスタートし、国会の議決を要する問題は
あとまわしにしたい。 

大平大臣: 国交正常化をなしとげ、これをもって、日中両国の今後長
きにわたる友好の第1歩としたい。 

また国交正常化が、わが国の内政の安定に寄与するよう願っている。こ
の観点から2つの問題がある。 

ひとつは日華平和条約の問題であり、中国側がこの条約を不法にして無
効であるとの立場をとっていることも十分理解できる。しかし、この条
約は国会の議決を得て政府が批准したものであり、日本政府が中国側の
見解に同意した場合、日本政府は過去20年にわたって、国民と国会をだ
まし続けたという汚名をうけねばならない。

そこで、日華平和条約は国交正常化の瞬間において、その任務を終了し
たということで、中国側の御理解を得たい。 

第2点は第3国との関係である。とくに日米関係は日本の存立にとり極
めて重大である。また、米国が世界に多くの関係をもっているが、日本
の政策によって、米国の政策に悪影響が及ぶことがないよう注意しなけ
ればならないと考える。つまり、日中国交正常化をわが国としては対米
関係を損ねないようにして実現したい。 

日中国交正常化後の日台関係については、日台の外交関係が切れた後の
現実的な関係を、やることと、やらないこととのケジメをはっきりさせ
て処理したい。 

周総理: 田中総理の言うとおり、国交正常化は一気呵成にやりたい。
国交正常化の基礎の上に、日中両国は世々代々、友好・平和関係をもつ
べきである。日中国交回復は両国民の利益であるばかりか、アジアの緊
張緩和、世界平和に寄与するものである。また、日中関係改善は排他的
なものであってはならない。 

田中・大平両首脳は、中国側の提示した「3原則」を十分理解できると
言った。これは友好的な態度である。 

今回の日中首脳会談の後、共同声明で国交正常化を行い、条約の形をと
らぬという方式に賛成する。平和友好条約は国交樹立の後に締結したい。
これには、平和五原則に基づく長期の平和友好関係、相互不可侵、相互
の信義を尊重する項目を入れたい。 

中友好は排他的でないようにやりたい。 

戦争状態終結の問題は日本にとって面倒だとは思うが、大平大臣の提案
に、完全に同意することはできない。桑港条約以後今日まで戦争状態が
ないということになると、中国は当事者であるにもかかわらず、その中
に含まれていない。 

私は、この問題を2人の外相に任せ、日中双方の同意できる方式を発見
したいと思う。 

「3原則」についても、この精神を反映させたいが、方式は2人の外相
に任せたい。 

日中は大同を求め小異を克服すべきであり、共通点をコミュニケにもり
たい。 

日米関係にはふれない。これは日本の問題である。台湾海峡の事態は変
ってきているから、条約(日米安保、米華相互防衛条約)そのものの効
果も変ってきている。 

台湾問題にソ連の介入を許さないという点で、日米中3国の共通点があ
る。中国側としては、今日は日米安保条約にも米華相互防衛条約にも、
ふれずにゆきたい。日米関係については皆様方にお任せする。中国は内
政干渉はしない。(会談の2回目は26日)

当時、現地でも会談内容は一切発表されなかった。発表に来る二階堂長
官は「真剣に」とか「率直に」とか言うだけで、外交に素人の小生には
チンプンカンプンだった。後に島会長の下で専務理事になる尾畑雅美外
務省担当キャップは上手に繋いでいた。 

田中総理が恥ずかしげもなく「日中国交正常化の結果、自動的に消滅す
る関係(日台外交関係)とは別に、現実に起こる問題に対処しなければ
ならぬ。これをうまく処理しないと、国内にゴタゴタが起こる」と冒頭
で述べているのは総裁選で唯一のライバルだった福田赳夫ら台湾支持派
による妨害?を意識したものである。

そこで「国交正常化は、まず共同声明でスタートし、国会の議決を要す
る問題はあとまわしにしたい」と提案し、中国側も了承したのである。
また、周恩来がそれまで口を開けば必ず非難していた日米安保条約につ
いて「触れない」と断言した。

この点は、田中訪中の瀬踏み訪中をした公明党の竹入委員長に予め約束
していたことではあったが、極秘とされていたので、共同声明の発表ま
で、我々は知らなかった。

周恩来が「日米安保条約にも米華相互防衛条約にも、ふれずにゆきたい。
日米関係については皆様方にお任せする。中国は内政干渉はしない」と
言い切ったのは、中国も対日関係の正常化を急いでいた最大の証拠では
ないか。

60年代に入ってからの佐藤(栄作)内閣は歴代自民党政権同様、一貫して
中国敵視政策を止めなかった。また70年に入ってアメリカが日本の頭越
しに密かに中国と野関係打開のための秘密工作を開始していることを見
抜く能力も、もともと持たなかった。

こうしたことから、就任僅か3ヶ月足らずのうちの田中訪中は、アメリカ
の対中方針に沿ったものではあったが、結局はアメリカの先を越すこと6
年という早技。アメリカ追随が、ややフライング、とキッシンジャーは
立腹したと聞いた。(文中敬称略)2006・09・25



━━━━━━━━━━━━
毒菜チャイナ・フリー!を
━━━━━━━━━━━━


            平井 修一

中共の商道徳は「儲かればいい、ばれなければいい、騙されるほうがア
ホ」というものだが、今回の毒ミルク騒動で分かったのは日本の大手食
品企業のとてつもない間抜けさである。

冷凍ギョーザ事件で中共のひどさを十分理解したはずなのに、丸大食品、
サントリー、森永乳業、江崎グリコ、日清食品はまだ中共と付き合って
いた。アンビリーバボーだ。

江崎グリコは上海に上海江崎格力高食品などを経営しているが、リスク
マネジメントはどうなっているのか。有害物質メラミンは発見できなか
ったのか。

<近年、社会では、食の信頼を揺るがす事件や事故が多数発生していま
す。食品表示偽装や残留農薬問題、重金属汚染や毒物混入事件など、そ
の問題は多岐にわたり、複雑化しております。

このような状況に確実に対応し、食品メーカーにとって最も重要な「安
全・安心」を徹底するために、グリコグループ4社は2008年4月1日、「グ
リコ食品安全センター」を開設いたしました。

品質保証にかかわる分析業務を一元化し、迅速かつ的確な対応を行い、
危機管理対応力を強化いたします>(平成19年度報告書)

最新の機器と頭脳をもってしてもメラミンは想定外だったということか。
それなら「触らぬ神にたたりなし」で、中共産食材ときっぱり縁を切る
しかリスク対策はない。安全・安心のためにはそれが最善の策である。



━━━━━━━━━━━━
香港で早くも取り付け騒ぎ
━━━━━━━━━━━━
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
    平成20年(2008年)9月25日(木曜日)
         通巻第2334号  増ページ特大号
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 香港ではやくも取り付け騒ぎ。「東亜銀行」に数千の列
 リーマンブラザーズへ巨額の出資が焦げ付く恐れに噂が拡大したため
*********************************

日本経済新聞には小さくしか出ていないが、ヘラルドトリビューン(9
月25日付け)は、1面トップ扱い。大きなカラー写真が配されている。

香港の大手銀行「東亜銀行」(バンク・オブ・イースト・エーシア)は、
およそ60億円のリーマンブラザーズ債権を保有したおり、この焦げ付き
が銀行経営を怪しくするという携帯電話などの噂メールが広がり、香港
の本店前で長い列ができた。

いずれも預金を引き下ろそうとして長い列をつくったもので、事態を重
く見た香港当局(HKMA=香港金融管理局)は緊急記者会見を開いて
「当該銀行の財務は安定している」と騒ぎの沈静化を急いだ。

今回の一連のウォール街陥没で、アジアにおいて銀行に取り付けの列が
出来たのは初めて。先週、シンガポールではAIG保険契約者が解約に
並んだ騒ぎがあった。

米国ではあちこちの銀行に取り付け、預金引き出しの長い列がある。
 
東亜銀行はリーマンのほか、AIGへの債権が640万ドル程度あり、S&
P(スタンダード・プア)社などが格付けランクを落としたばかり。当
日(24日)、同行の株価は6・9%の下落を演じた。

香港の場合、もともと空売りの本場、ディトレードの本場で、投資家の
視野は狭い。目先の動きだけで投資先を急いで変更するという、広東人
特有の性格が反映される。

そのうえ香港では預金保護は1口座につき上限10万香港ドル(140万円前
後)だ。

だから噂による動きが、思わぬ方向へ流れることが往々にしてあるため
に東亜銀行本店周辺は警官隊が配備される騒ぎに発展した。

かといって香港の投資家は現金で持っているわけではなく「次に儲かり
そうな商品は何ですか?」と投資先の大量移動を平気で行う。現地の投
資アドバイザーらは「インド、露西亜投資を推薦している」という。

理由は新興工業国家群のなかで、両国の実質成長率が群を抜いており、
全体で5253億ドルの政府債権が流通する市場に育っている。

成長率も顕著であり、インドの外貨準備高は2950億ドルにジャンプして
おり、またロシアのそれは5810億ドル。いずれの新興工業国家群の政府
債権の満期はまだまだ先である。

一方、米国での出来事。

ゴールドマンサックスに世界一の投資家ウォーレン・バフェットが50億
ドル以上の出資を発表、近く予定される三井住友グループの30億ドル出
資話が遠く霞んでしまった。これで市場に安心感が広がるかと思いきや、
ゴールドマンサックスの株価が下落していることに留意しておきたい。
       
 市場の混乱はまだまだ続く。
     ♪
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

(読者の声1)貴誌において、以下のコメントの表現のセンスが面白い
と思いました。日本人は中共を同じ漢字の国と思っていますが、やはり
表現力では一枚上手ですね。

貴誌前号の「(奇貨に便乗し)日本の金融巨魁、(ウォール街へ)乱打入」。
   (MC生)


(宮崎正弘のコメント)ちなみにウォール街は「華爾街」。シティ銀行
は「花旗」。マッハンタンは「曼蛤頓」。雷曼兄弟(リーマンブラザーズ)。
摩根士丹利(モルガンスタンレー)と書きます。

もっとついでに紹介しておきますと、ホワイトハウス(白宮)、布希(ブッ
シュ)、保羅森(ポールソン)、巴克来(バークレー銀行)、高盛(ゴール
ドマンサックス)、美聯(バンクオブ・アメリカ)といった具合です。

発音と充てる場合と意味を重ねる銘々、さらには意味だけで漢字を用い
ることもあり、解読はややこしい限りです。


   ♪
(読者の声2) 財政通(?)といわれる自民党総裁選候補で2番になった、
しかも支持層は議員であった与謝野財政相は、リーマン倒産の知らせに、
演説で「ハチに刺された程度」とのたまう。

さすがに21日、茂木金融相が「ハチにも色々ある」と言ったまではいい
が、「致命的ではない」とのたまう。

杉本財務事務次官は、日本には影響なく欧州にという。これは煙幕かも
しれませんが。ともあれすでに表面化しているだけで日本金融機関の実
害は15兆円。貴台の深読みではもっともっと大きいでしょう?

宮崎先生、こういうボンクラたちでも日本経済を防衛するために多少と
もすぐにできることに何がありますか? ひとつだけご示唆ください。

次に米国内での7千億ドル支援をめぐる論争という貴重な情報提供から
連想したことでの貴見をうかがいたい。

米国のネオコンによる対イラク戦の数兆ドルという膨大な戦費は、現在
から見れば、こうしたバブル米経済の裏付けによってなされていたわけ
ですね。現在の金融機関への支援に批判的な面々、たとえばマケイン大
統領候補などは、その関連なり表裏なりをどう認識しているのか? 
それとも小生の設問自体がおかしいのか?(SJ生)


(宮崎正弘のコメント)イラク戦争の戦費捻出のからくりについては、
ノーベル経済学賞のスティグリッツに優れた論考があります。

ジョセフ・スティグリッツ『世界を不幸にしたグローバリズムの正体』
『世界を不幸にするアメリカの戦争経済』(いずれも徳間書店)。
http://nikkeibooks.blog.so-net.ne.jp/2008-06-03-3

ともかく今後の世界的規模での金融界の推移に焦点は移るだろうと思い
ます。三菱UFJ銀行は余剰の資本金を使うので、万一、転んでも大火
傷程度。

しかし野村証券は命がけの冒険ですから、決断の大きさが違うように思
います。あの中国でさえ躊躇ったリーマンブラザーズを、部門買収とは
いえ、残骸もろとも、世界で5500人の従業員も引き継ぐというワイルド
な大胆さは、長年世界で鍛えたノウハウを蓄積してきた野村だけに、本
気であると思われます。

今朝の「朝日新聞」(9月25日)の「社説」を読まれましたか? なんと
朝日新聞が野村證券の行為を前向きに評価しています。

小生はバブルの頃にNY、香港、シンガポールなどの野村證券を克明に
取材して『ニューヨーク野村證券』と『野村證券の24時間 世界マネー
戦争はここまで来た』の2冊を書いたことがあり、野村という会社の企
業文化が、やけに国際的であり、現地のスタッフを日本的年功序列にと
らわれないでどんどん採用するか、現場の熱気を感得してきた記憶が甦
りました。

それこそ拙メルマガに書いたように「シンドバッドの冒険」かも知れま
せん。

冷戦がおわって露西亜と中国の帝国が復活したと思いきや、世界はまた
ちがうパラダイムで動かされる事態になったようです。



   ♪
(読者の声3) 貴誌通巻第2333号にTH氏が(読者の声2)で「。。。民
間金融機関である『FRB』を運営する『ニューヨーク連銀』の株主の
半数以上は、欧州の金融機関です。残りの株主もユダヤ系です。一連の
金融危機は或る目的に向かった芝居のようにも感じますが、如何でしょ
うか」と書かれました。

ニューヨーク連銀はじめ12の連銀は米国の中央銀行機能の実行機関であ
りそれらを統括調整するのがFRBです。

各連銀の株主は公開されており、10年ほど前に見ましたがニューヨー
ク連銀の場合は、当時のチェースマンハッタン銀行とシティ銀行が30%
強、合計70%弱を保有していました。

また全ての銀行は、その銀行を管轄する連銀の株を保有することが義務
付けられています。配当金は年率6%と決まっています。

また、株主の連銀の運営に対する権利は法律で制限されています。

TH氏が本を読まれてそのとおりに読者の声に書かれたのなら、その本
はこんな公開情報に関してすら出鱈目を書くので、廃棄することをお勧
めします。古本屋に売ると、つぎに買った人が迷惑します。

「一連の金融危機は或る目的に向かった芝居のようにも感じますが」と
書かれますが、ここまでの危険な大芝居を演じるだけの肝っ玉と才覚と
実行能力のある人間はいないと考えます。

ただし、あのばかげた不動産価格暴騰を冷静に見ていればどうなるかは、
容易に推測できたはずです。そしてうまく儲け逃げできた人もいること
でしょう。

殆どの人間は、そんなこともわからず熱狂する存在です。

投機の世界はゼロサムです。儲け逃げされた分を誰かがかぶるか、それ
を埋め合わせるに十分なだけ実態経済が地道な努力の結果として大きく
なるかしない限り、真の回復はありません。

いずれも、特に後者はなまなかなことではありません。

また市場が安定化すれば、投機、鞘取りのうまみがなくなるので、誰も
儲からなくなり資金は逃げます。

にもかかわらず市場を安定化させよなどといっているのはよほどのアホ
か市場が安定化したため失速することを見越して儲けようとしている人
間です。つまり、市場の死神です。

今回儲け逃げされた結果、開いた穴はとてつもなく大きく、ちょっとや
そっとのことでは埋まりません。

たとえ国家が保証したとしても、注入される資金は有利子資金です。利
率以上の利益が最終的に出なければ、救済にはならず逆に損失が拡大し
ます。1929年には大デフレが起きました。今回はインフレでしょう。

理想の解決策は儲けて逃げした人間から金を取り返すことですが、それ
はほぼ不可能です。 (ST生、神奈川)


(宮崎正弘のコメント)いまから成田空港へ向かうところですので、詳
細のコメントをする時間が無くなりました(苦笑)。STさん、文中の
「市場の死神」は、誰が言い出した言葉でしょうか。何かの機会に使わ
せて頂きます。



   ♪
(読者の声4)宮崎先生のメルマガ読者に女性を増やしたいと願う者で
す。

ここまで日本が駄目になるとは想像すらしていませんでしたが、数年前
に、宮崎先生のメルマガに出会ってとても救われた思いがいたしました。
宮崎先生は言うに及ばず、そこに投稿なすっておられる真摯な方々の存
在にです。

新聞、TVの現状に不信感を募らせ知的欲求を満たせないでいる多くの女
性にこのメルマガの存在を是非知らせたい。

その為に先ず、なにが必要か。PCで出切る事、それはせいぜいメールが
送れる、買い物が出来る程度の彼女たちにキチンとした、情報収集の仕
方を知ってほしい
 
そこでお願いです。宮崎先生のメルマガ読者諸兄の奥様、あるいは、身
近なご婦人に是非、宮崎先生のメルマガを紹介してほしいのです。

おそらく、最初は難しいからとか、主人が読むと思うわよ、、と敬遠さ
れるかもしれませんが

何とか支援してあげて読み続けるようにしてみてください。

いつの時代にも、優れた男性の許には必ずそれを支える賢い女性の存在
がありました。

今の時代「自己実現」を夢みる女性ばかりが目に付きます。私もそうで
したから、それはそれでいいと思いますが、日本の行く末にも目を向け
てほしいものです。
 
時代がどう変わろうが、女が子供を産み育てることは変わりようがない
のです。

日本の四季が、この国の人間の感性豊かにするように、女性が賢くなれ
ば、この国が堕落していくのを食い止める事が出来ると信じます。

その第1歩が、老若を問わず多くの女性に先ず、宮崎先生のメルマガの
存在を知ってもらうそして読者になっていただく・その中で何かを学び、
子供の教育に反映する事が、どれだけ、ここまで落ちてしまった日本人
の質を向上させる事に役立つか、すでに読者になっておられる諸兄には
お解かりのはず。
 
「教育」は、人間にとって宝。学歴云々で子育てし、失敗したお母様方
の多くが、宮崎先生のようなトータルでのものの見方ができていなかっ
たからだと思います。

いい学校、いい企業、そんなレールに乗せる事だけ、母親の狭い情報、
小さな価値観による子育ての結果が多くのニートを生んだと言ったら言
い過ぎでしょうか?

少子化の時代であっても、宮崎先生のように文学に、経済に、人間関係
にも気配りのできる人材が増えれば増えるほどに、日本の将来を不安視
しなくても済むと思います。
 
宮崎さんがいわれる「100年に1度の戦争が起こる」にしても地上から人
間がいなくなるはずでもないでしょう。日本人なんだと思います。この
地球を護れるのは!
 
日本の素晴らしさは、台湾人ばかりが、私の知る限りベトナム人も、タ
イ人も、インド人も、アジアの人々はみな感謝してくださっているので
す。宮崎先生の獅子奮迅の頑張りを側面から応援する意味においても、
ここに集う皆さんが一人でも多くのご婦人に先ずこのメルマガを読むきっ
かけを作ってほしいと願うものです。(FF子、小平)


(宮崎正弘のコメント)話が飛びますが、最近、女性の躍進は保守系ジ
ャーナリズムにおいても然りですね。大阪で大高美貴さんが講演会、満
員だったときいて3日とたたないうちに、今度は桜林美佐さんの出版記
念会に出ました。

うわっ。自衛隊OBを中心にずらりファンと取り囲んで盛況でした。石
破元防衛相も出席とかでしたが、小生は所用あって中途退席、その足で
或る会合の打ち合わせへ。そこで、元気印の代表のひとり浜田麻記子さ
んらと会食、会話は女性が中心です。

東京レディスフォーラムも鎌倉をよくする会も、いくつかの女性主導の
会に呼ばれますが、やっぱり女性が引っ張る団体が急増しているという
印象を持ちます。桜チャンネルを支援している委員会を主導するのは、
杉並区議でもある松浦芳子さん。

最年少で大臣となったのは小渕優子議員。彼女の尊敬する政治家が野田
聖子議員(こんども目玉の大臣の一人)。

イスラエルでは外務大臣のレビニ女史が組閣を開始しています。

米国の副大統領候補はペイリン女史、韓国もいまのが転けると、やっぱ
り朴女史の可能性が高いでしょう? 台湾野党の党首も祭女史です。馬
総統の人気急落中で、ひょっとして次期総統の芽と言われ出した。
 


   ♪
(読者の声5)貴誌24日付け「宮崎正弘のコメント」のなかで、「ウォー
ル街のエリートの延命のためのプラン」という批判が米国でも広がって
いて、そのような性格の側面があるでしょうね。ご指摘の示唆、ユダヤ
主導説ですが、これはあり得ません」と断定されていました。

正直、感銘致しました。この宮崎先生のコメント。先生の「スタンスの
確かさ」への信頼が一層増しました。(KI生、尼崎市)


(宮崎正弘のコメント)じつは十数年前にも、ユダヤの陰謀論が巷間に
充ち満ちたおりに、小生は『ユダヤにこだわると世界が見えなくなる』
(二見書房)という緊急書き下ろしの本を上梓しており、しかもこの本
は十万部ちかく売れましたが、ユダヤの陰謀を言いふらした元凶はロシ
ア(ニコライ朝時代)の秘密警察。ユダヤ人弾圧を目的に陰謀論をでっ
ち上げ、ナチスがのちに援用する偽書『シオンの議定書』によるもので
す。

いま、この世紀の偽造文書の真似を中国が展開しているのが「南京大虐
殺」というつくり話です。



━━━━━━━━━━━━━━━
ドタバタ二転三転、組閣の舞台裏
━━━━━━━━━━━━━━━
…森元首相の強権影響


            夕刊フジ
 
         
24日に発足した麻生太郎内閣は組閣当日、朝刊各紙に閣僚人事情報がスッ
パ抜かれたうえ、その後、ポストが二転三転するドタバタ劇を見せた。
自民党総裁選を圧勝し、強いリーダーシップを目指した麻生首相に何が
あったのか。その舞台裏は。

波乱は組閣前夜の23日夜から始まった。麻生首相が都内のホテルで、自
民党の細田博之幹事長や公明党の太田昭宏代表と食事をしていたところ、
ニューヨーク滞在中の森喜朗元首相から国際電話が入った。

森元首相はオーナーを務める町村派からの入閣が1人との情報を聞きつ
け、「1人じゃダメだ」とまくし立てた。

弱小派閥(20人)の領袖である麻生首相は、最大派閥・町村派(88人)
の意向に逆らえない。麻生氏は「衆院1人、参院1人ではどうか」と提
案したが、森元首相は衆院2人を譲らなかった。

24日も混乱は続いた。朝刊各紙には「入閣が固まった顔ぶれ」が掲載さ
れた。人事情報を一切漏らさない小泉内閣以来のスタイルは崩れたのだ。

総裁選で麻生選対の本部長を務めた鳩山邦夫氏は「法相」と報じられた
が、2度目の法相就任に難色を示した。このため、麻生首相は鳩山氏を
総務相に横滑りさせ、総務相起用を検討していた甘利明氏を国交相で処
遇しようと考えた。

同日午後、首相指名選挙を控えた衆院本会議場でまた“事件”は起こっ
た。町村派事務総長の中山成彬氏が、官房長官就任が内定していた河村
建夫氏に近づき、ポスト差し替えを求めたのだ。

中山氏は、麻生首相から「行革担当相」を提示されたが、家族が公務員
のため、公務員改革には不向きだという理由だ。

最大派閥として重要閣僚を求めたとの見方もあり、日経新聞は中山氏が
河村氏に「首相指名選挙で町村派が『小沢一郎』と書いてもいいのか」
と詰め寄ったと報じた。

最終的に中山氏は国交相になり、国交相を検討されていた甘利氏は空い
た行革担当相に着任した。甘利氏は就任会見で「これだけ、ポストがい
ろいろ報道されたのは経験がない」と不満を漏らした。

福田改造内閣で、麻生派の鈴木恒夫氏が務めていた「文科相」には、同
派の森英介氏の起用が検討されていたが、森氏は鳩山氏が固辞した法相
に着任した。

麻生首相は24日夜の記者会見で、「(閣僚人事の)基本は適材適所」
と語ったが、閣僚候補のポストが次々に変更され、振り回された夕刊フ
ジを含む報道機関は記事を差し替え続けた。党内各派にしこりも残した。
2008/9/25 17:00


 
━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎幸せの鳥、実は浮気性?=「一妻二夫」「一夫二妻」観察−兵庫コ
ウノトリの郷公園

国の天然記念物コウノトリの繁殖や野生化の研究を行っている兵庫県立
コウノトリの郷公園(豊岡市)。今年はこれまでに8羽のひなが生まれ、
巣立った。繁殖行動の観察では、「浮気」が確認されるなどの新たな発
見もあり、同公園はさらなる生態解明に向け研究を続けている。

日本で生まれ育った野生コウノトリが多く生息する唯一の地域である豊
岡市では今年、野生下で5組のペアが連れ添って行動したり交尾したりす
る「繁殖行動」をした。

このうちあるペアの雌は、パートナー以外の雄とも連れ添って交尾し、
「一妻二夫」的行動をとった。また、2羽の雌と繁殖行動をとった「一夫
二妻」の雄も観察された。 9月21日15時0分配信 時事通信

 

 ◎東京マラソン:申し込み26万1981人、定員の7・5倍 11月に抽選結果

東京マラソン事務局は24日、来年3月22日に開催する第3回大会の最終
申し込み状況を発表した。

フルマラソン(定員3万人)、10キロ(同5000人)を合わせた申込者総
数は前回比68%増の26万1981人に上り、定員の約7・5倍となった。抽選結
果は11月中旬に、申し込んだ全員に通知される。

フルマラソンは今回から定員を5000人増やした。種目別の申込者の内訳
はマラソンが22万6378人、10キロは3万5603人。事務局の広報担当者は
「ランナーの口コミもあり、大会の認知度が高まった」と話している。
 9月25日11時0分配信 毎日新聞


 
 ◎<金取引詐欺>社長ら9人逮捕 「ロコ・ロンドン」で初

英国・ロンドン市場での金取引「ロコ・ロンドン取引」を持ち掛け、出
資金をだまし取ったとして、千葉県警生活経済課などは24日、貴金属販
売業「あさひアセットマネジメント」(東京都文京区)の宮内一仁社長
(37)=東京都江東区亀戸3=と同社幹部8人を詐欺容疑で逮捕した。
法人としての同社も特定商取引法違反(不実告知)容疑で書類送検する。
ロコ・ロンドン取引での逮捕は全国初。

調べでは、宮内社長らは昨年9月から今年3月にかけ、同県八千代市内
の女性(67)ら5人に取引を持ち掛け、計29回にわたり保証金名目で入
金させ、投資せずに約1億5000万円をだまし取るなどした疑い。

同社は被害者の女性らに「金は今高騰している。買わないともうけ損な
う」などと事実と異なる説明をしていた。

被害相談が急増した同取引を巡っては、経済産業省が今年3月、同社へ
の立ち入り検査を実施し、5月に特定商取引法違反容疑で千葉県警に告
発。その後、千葉、福岡、山口、熊本県警がそれぞれ取扱業者を家宅捜
索していた。 9月25日13時40分配信 毎日新聞



 ◎尖閣「日本の領土」 来沖中の李元総統 

初来沖中の台湾の李登輝元総統は24日午後、沖縄市の東南植物楽園内で
仲井真弘多知事ら県内外の経済界、報道関係者らと懇談した。

あいさつの中で李氏は「台湾も沖縄の人も心配しているが、尖閣列島は
日本の領土。戦前は沖縄の漁民が漁場として魚を捕り、台湾に荷揚げし
売っていた」と強調。日台間の領土問題は「農水省や台湾の農業委員会
との話し合いで解決していた」と語った。その上で資源開発をめぐる最
近の問題は「別の政治問題」との見解を示した。

総統時代の1990年代後半に、アクアポリスによる観光振興や農業分野な
ど「沖縄に10億ドルの投資を試みたが、不成功に終わったのがいまだに
残念だ」と語った。琉台関係については「産業や農業などの面でもっと
密接な関係を持たないといけない」と述べた。

初来沖となったが「機会があればもう1度沖縄に来たい」と再来沖にも
意欲を見せ、「沖縄の農村調査や経済調査をして、一緒にできることを
県庁に提言したい」と語った。

沖縄の課題として「脱サトウキビ農業」や若者の高失業問題を指摘。親
のすねをかじる大家族から産業振興で小家族化を進め、自立を促すべき
だとの持論を披露した。琉球新報 2008年9月25日



 ◎刑務所効果で地元消費17億増

島根県は24日、浜田市旭町に来月開所する島根あさひ社会復帰促進セン
ター(刑務所)の経済効果は雇用で300人余り、県・市の歳入で年5億
7000万円、職員や家族などの地元消費で年17億円それぞれ増えるとする
試算を明らかにした。

いずれも、受刑者の収容定員2000人にほぼ達する予定の来年秋を想定し
た。警備や調理業務などで300人余りの新規雇用のうち、現時点で180人
が内定しているという。

受刑者に加え、職員や家族の転入などで人口は約2600人増加する。地方
交付税交付金が県、浜田市合計で4億4000万円増額するほか、県税は
4000万円、市税は9000万円増える。中国新聞  '08/9/25 
 



━━━━━━━
反     響
━━━━━━━


 1)1326号「秘密の田中・毛会談録」の最後「・・・・・日本をこれ
から恫喝しながらコントロールして行くには、国交正常化の時点から・
・・・」とあります。昭和53年4月中国武装船を含む2〜300隻の漁船が
尖閣諸島に集まって来て、海上保安庁巡視船の退去勧告にも応ぜず、ほ
とんど操業をせずに遊弋していましてが、2ヶ月ほど後のある日突然退
去しました。

対中国ODAはその翌年度の昭和54年度から開始されたと記憶しておりま
す。これも中国の恫喝外交だったような気がしております。大平首相の
訪中が昭和54年12月で対中国ODAの開始は昭和55年度からでした。

従いまして、中国漁船の尖閣退去から約1年半の事務折衝があり、大平
首相の訪中で決着がつき、55年度からの開始になったのではないかと想
像しております。(鋼)


主宰者より:この時期、私は大臣秘書官として日本外務省におりました。
漁船押しかけ事件は日中平和友好条約を結ばせまい、とする反トウ小平
派の妨害工作。ODAとは無関係。

昭和53年8月にODA開始の地ならし条約とも言うべき日中平和友好条約が
園田直外相、黄華外務部長間との間に締結されたので、トウは安心して
外資受け入れの「経済の開放、改革路線」を敷き、日本からのODAを受け
入れた。反トウ派はODA受け入れにも反対していた。毛沢東の「自力更生」
に反するからです。



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


9月26日号の編集が終わりましたので、早いですが配信します。寝かして
おくのもヘンだし。明日、何かあればそれなりに対処します(役人的だ
ね)。

ご投稿、ご感想をお待ちしています。下記。読者:3725。

ryochan@polka.plala.or.jp

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/
--------------------- Original Message Ends --------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。