政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針 1264号  08・07・29(火)

2008/07/29

□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべりやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 1264号
□■■□──────────────────────────□■■□  

         平成20(2008)年7月29日(火)



                             日本は亡びようとしている:加瀬英明

                         北朝鮮にもて遊ばれた韓国外相:古澤 襄

                             可愛いリンゴとカンカン娘:平井修一

                               女学生の立小便禁止令:渡部亮次郎

                           野球の面白さに見る勝負の勘:前田正晶

                         話 の 福 袋
                         反     響
                         身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第1264号           
 
                              発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  chomon_ryojiro@yahoo.co.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



 
━━━━━━━━━━━━
日本は亡びようとしている
━━━━━━━━━━━━


           加瀬 英明


夏目漱石の小説に、『三四郎』がある。三四郎は九州の青年で、東京帝
国大学の受験に合格して、上京するところから始まっている。

車中に途中から、水蜜桃を好む中年男があたふたと乗り込んできて、三
四郎の前に座る。三四郎と言葉を交して、三四郎が「日本は日露戦争に
勝ったから、これからますます発展してゆくでしよう」というと、中年
男がぽそっと、「いや、亡びるね」という。

漱石は欧化が進んでゆき、私たちが日本の魂を失ってゆくことを憂いて
いたと思う。

漱石はこの作品を、日露戦争が終わった3年後に発表した。だが、中年
男に「亡びるね」といわせたか、最後まで説明していない。

しかし、2008年の日本に生きる私には、痛いほどよく分かる。

たしかに、日本は日露戦争に勝って1等国となった。国民が団結して日
露戦争に辛うじて勝ったのは、明治37年だった。

幕末に黒船が浦賀湾に現われると、日本は誤れば西洋の列強によって植
民地化される脅威にさらされた。これは深刻なものだった。

先人は洋夷に対抗するために、国を挙げて西洋の技術と、制度を身につ
けることに努めた。このために、日本だけがアジアの中で明治維新とい
う偉業を成し遂げて、近代化することに成功し、白人が制覇していた世
界で、短時間で列強のなかに伍することができた。

私たちは東洋健兒として、万丈の気を吐いた。日本がロシアに敗れてい
たとすれば、日本だけでなく、すでに半植民地となっていた中国も、イ
ギリス、フランスによってベトナムや、マレー半島の領土を蚕食されて
いたタイも独立を失い、今日でも全世界を白人が支配していたはずであ
る。

日本が日露戦争に勝ったのは、いうまでもなく洋化につとめた成果だっ
た。

ところが、その後、西洋を模倣することに熱中するあまり、和魂洋才を
掲げて明治維新の大業を成し遂げたのに、次第に文化が蝕まれるように
なった。

明治以後の日本の文化は、深い傷を負った。明治が明けると、日本の悲
願は不平等条約を改正することだった。横浜や、神戸に西洋の軍隊が進
駐し、日本は西洋人に対する裁判権を持たなかった。

先人たちは富国強兵に取り組んだ。いま直立不動の姿勢をとるようにな
ったのは、フランスによる軍事教練のためだ。それまでは、前屈みで立
った。私たちは摺り足で歩いたのに、馬のようにコツコツと歩くように
なった。

洋式軍隊を育成することによって、日清、日露戦争に勝った。学校唱歌
も分列行進が下手だったので、フランス教官が幼時からリズム感を養う
ために、西洋唱歌を教えるように勧告したことによる。

私は学校唱歌を聴くたびに、明治からの国民の労苦と、朝鮮半島と満州
の大地を鮮血に染めて散った若者たちを想って、胸が熱くなる。

外国の元首を迎えて催される宮中晩餐会では、フランス料理が供される。
世界の主要国は、イギリス、フランス、中国であれ、自国料理をもって
持て成す。アメリカでさえ、アメリカ料理だ。

不平等条約を改正するためには、日本が西洋並みの国であることを示さ
ねばならなかった。そのためのフランス料理だった。

いま、多くの日本の男たちが、擬い物の西洋人になった。日本は亡びよ
うとしている。(2008.7)



━━━━━━━━━━━━━━
北朝鮮にもて遊ばれた韓国外相
━━━━━━━━━━━━━━


              古澤 襄

韓国の中央日報は「北朝鮮にもてあそばれた柳明桓外相」と韓国外交当
局を批判している。シンガポールで開かれた東南アジアASEAN地域
フォーラムの議長声明から金剛山観光地で韓国女性が射殺された事件の
早期解決の文言が土壇場で削除された。

北朝鮮側は朴義春(パク・ウィチュン)外相らがシンガポールに執拗な
外交折衝戦を繰り広げ、削除に成功したという。これに対して韓国の柳
明桓外相はシンガポールとの友好関係だけを信じて、油断していたとい
う。

<東南アジアASEAN地域フォーラム(ARF)議長声明に含まれて
いた「金剛山(クムガンサン)観光客殺害事件の早期解決」の文言が削
除された。 

韓国外交当局がシナリオなしで出向き、北朝鮮側の執拗な攻勢を受けた
という指摘だ。 

24日に発表されたASEAN地域フォーラム議長声明で「金剛山観光客
殺害事件」と「10・4南北首脳宣言」の文言が削除され、波紋が広がって
いる。 

金剛山事件解決のために“国際協調”したいと明言した後に開催された
ARFで、北朝鮮の攻勢を予測できなかったからだ。シナリオのないお
粗末な外交で冷戦時代の南北対決の構図だけを表わし、韓国外交の信頼
を損なったということだ。

朴義春(パク・ウィチュン)北朝鮮外相一行はARFへの出席を“公式
訪問”に切り替え、シンガポールに執拗な外交折衝戦を繰り広げたとい
う。 

ARF議長国のシンガポール政府が初日に作った最初の案には、「10
・4首脳会談に注目する(note)」は条項に含まれていた。しかし、
最終声明には金剛山銃撃事件の早期解決を促す条項とともに、北朝鮮側
が主張する「10・4宣言に基づいた(based upon)南北対話
の進展を支持する」という内容が追加された。

政府の高位当局者は26日、「最初、案に“10・4”が入っていたことに対
しては意に介さなかった」と話した。しかし「南北対話を促す条件付き
のニュアンスがある“基づいた”という文言は、受け入れがたいと判断
し、判断の末、(シンガポール側に)修正を要求した」と明らかにした。 

北朝鮮側からすでに金剛山に関連する文言について、強力な抗議を受け
ていたシンガポール政府は、2つの文章を削除することを韓国側に提案
した。ほかの当局者は「シンガポールとの友好関係だけを信じ、油断し
て発生した側面もある」と話している。 

議長声明に対する修正の要求、シンガポール側の削除提案の受容過程は
柳明桓(ユ・ミョンファン)外交長官が主導した。外交部の高位当局者
は「“基づいた”とは、大きな課題が記録として残るため、北朝鮮側に
下手な問題のきっかけを与えることよりも、あえて削除する方がよいと
判断した」と話している。

これは10・4宣言に対する保守層の否定的な認識を意識したためだ。
また外交部の高位当局者は「この過程で青瓦台(チョンワデ、大統領府)
との接触は全くなかった」と主張している。

民主党はこれを“恥さらし外交”だと批判し、自由先進党は「外交安保
ラインは責任を痛感し、辞退せよ」と促している。 (中央日報)>

杜父魚ブログの全記事・索引リスト(7月26日現在2096本)



━━━━━━━━━━━━
可愛いリンゴとカンカン娘
━━━━━━━━━━━━


         平井 修一

盆踊りの季節になった。母校の小学校のスピーカーから「これがぁー、
銀ぃ座ぁのーカーンカン娘ぇー」と聞こえてきたので、小生は危うく失
禁しそうになった。

「銀座カンカン娘」って、「リンゴの唄」で敗戦を嘆いた後で、「泣い
ても悔いても始まらないわよ、もう明るくやるっきゃないじゃない」と
「青い山脈」とともに居直った歌だと思っていたが、まさか平成20年の
御世、盆踊りで聞くとは予想もしなかった。世はサプライズに満ちてい
る。

「リンゴの唄」は今でも小生の鼻をツンとさせる。(作詞:サトウハチロ
ー)

♪ 赤いリンゴに くちびる 寄せて 黙って見ている 青い空
りんごは何にも 言わないけれど リンゴの気持は よくわかる
リンゴ 可愛いや 可愛いや リンゴ

これが敗戦後、わずか4年の昭和24年、「銀座カンカン娘」はこう高らか
にアメリカナイズされた新時代を謳歌するのである。(作詞:佐伯孝夫)

1 あの娘可愛いや カンカン娘 赤いブラウス サンダルはいて
  誰を待つやら 銀座の街角 時計ながめて そわそわにやにや
  これが銀座の カンカン娘

2 雨に降られて カンカン娘 傘もささずに 靴までぬいで
  ままよ銀座は 私のジャングル 虎や狼 恐くはないのよ
  これが銀座の カンカン娘

3 指をさされて カンカン娘 ちょいと啖呵も 切りたくなるわ
  家(うち)がなくても お金がなくても 男なんかに だまされまい
  ぞよ
  これが銀座の カンカン娘

4 カルピス飲んで カンカン娘 一つグラスに ストローが二本
  初恋の味 忘れちゃいやよ 顔を見合わせ チュウチュウチュウチ
  ュウ
  これが銀座のカンカン娘 これが銀座のカンカン娘

占領下の日本で、占領したアメリカの文化を高らかに歌い上げた。GH
Qソングだろう。 

多分これは誰も書いた人はいないと思うが、小生、過激派の兵隊として
泥沼の戦争を1年間やっていたが、疲れ果てていたので「戦争の勝ち負
けはどうでもよか、死のうが生き残ろうがもうどうでもよか、とにかく
決着をつけたい」と思っていた。

大東亜戦争の末期、最後の2年間は食料も不足していたので兵隊さんは
もとより都市部の日本人は生活に往生し、生き苦しく、かつ不満も言え
ないので息苦しかった。

仮令敗戦でも「終戦」であり、ほとんどの国民はホッとし、次の人生へ
向かってギアをシフトした。誰もこれを責められない。そんな資格はな
い。

ただ、「もう60年以上たった、昭和20年のポツダムのクビキから離れて、
普通の国になることを考えてみませんか」と小生は訴えている。

それでないと日本はメルトダウンして消えてしまいますよ、と小さな声
を発信している。どうぞ、くたばる前に日本再生の兆しでも得られたら
「夕べに死すとも可なり」。



━━━━━━━━━━
女学生の立小便禁止令
━━━━━━━━━━


          渡部亮次郎

年表などを渉猟するのは楽しい。日本史上初の女性タクシー運転手が後
に京都府知事になる蜷川虎三の夫人だった、と発見したのは岩波の「近
代日本総合年表」第1版だった。

今度は「366日の話題」加藤迪男編(東京堂出版)を見ていたら、7月17日の
項目に「女学生の立小便禁止」(1908)と出ていたので、ちょっと驚いた。

岩波のにはさすが?出ていない。加藤さんもこの件についての出典は示
してないので、ここは加藤さんを信用するしかない。

戦後(今から60年以上前)秋田の農村では、中年以上の女性が道端の端に
でいきなり立小便をするのは珍しいことではなかったが、 1908年、明
治41年頃、立小便をした女学生とは如何なる女学校だったのだろうか。

以下はインターネット上で拾った面白い文章だが、筆者が不明である。

<わたしたちと同居していた“おばあちゃん”は当時60歳代後半だっ
た(1878年生まれ、父の叔母)。ふだん着の着物姿の時も、農作業
などでモンペ姿の時も、小用は小便所で立ち小便だった。

男とは逆向きに小便つぼの方を背中にして、裾をまくり(モンペを下ろ
し)、前屈みになった姿勢で放尿していた。片手は後に回し、片手は膝
においていたと思うが、確かな記憶ではない。顔は小便所の外側を向く
ことになる。もちろん、尻や腿は一切見えない。

村の中年以上の婦人は、みなこの姿勢で小用を足していた。田んぼや畑
の間をめぐる農道での立ち小便も珍しいことではなかった。

顔が道路側を向き、尻が道端側を向く。放尿の線は道端側から外へ向かっ
ているので、まず、見えることはなかった。道路を歩く者と出くわす場
合は、そのままの姿勢で挨拶が交わされた。 

「晩になあましてなあ」
「・・・・晩になあましてなあ」

山陰地方は丁寧でおだやかな気風があり、子供のわたしらも、大人に対
して対等に挨拶した。ちょっと会釈して、小用中の婦人の前を通るとき
に、「晩になあましてなあ」と声をかけると、 
「K×ちゃんかや。・・・・晩になあましてなあ」

などと、ほほ笑んで挨拶を返してくれた。これらは日常的でごく自然な
ことだった。

けちんぼで有名だった××婆さんなどは、我慢して自分の田に行ってか
ら小便するそうだ(他人の田の栄養にするのがもったいない)、などと
いう笑い話がまことしやかに語られていた。 

渡辺信一郎・永中順の場合 

渡辺信一郎『江戸の女たちのトイレ』(TOTO 1993)という、川柳
研究家の面白い本がある。渡辺信一郎は1934年生まれで都立高校の先生
をやっていた方。この本の中に、わたしの経験とそのまま重なるような
記述がある。 

筆者の母は明治末期生まれの、東京在住の山形県人であったが、故郷へ
帰ると土地の人と同じように立ち小便をしたものである。東北地方の農
家の入口には小便所があり、男性と同様に女性も立って行う。

小便桶を真上から跨いで、着物を太股までたくし上げ、股間から真下に
放尿するのを、よく見たものである。筆者は小学生であったが、田舎の
女性はみんな立って小便をするのかと、感心した記憶がある。

とくに叔母さんの立ち小便は豪快で、音高く、太い尿線を真下にほとば
らせた。しかし、道端で行うときには、水滴が踝あたりへ跳ねるからか、
みな中腰で前屈みになって尻を突き出して、放尿していた。

モンペやパンツを穿いている時には、やはり中腰屈みで行う。

昭和20年代の末期に、秋田地方に旅行に行ったとき、夕方、道端で2人
の婦人が中腰屈みで小便をしている前を通りかかったことがある。

恥ずかしがる様子もなく、「おんや、学生さんかね、いましょんべをし
ているから挨拶できねけんど」と向こうから声を掛けられて、びっくり
した経験がある。(p58) 

「農家の入口には小便所」というところ、「中腰で前屈みになって尻を
つきだして放尿」というところ、道端で小用中の婦人から声をかけらる
ところはわたしも実感を持って肯定できる。

だが、「小便桶を真上から跨いで、着物を太股までたくし上げ、股間か
ら真下に放尿する」というのは、わたしは未見である。渡辺は明記して
いないが、小便桶が地面においてあって、それを「真上から跨いで」と
いうことになるのだろうか。

また、渡辺の説明では太股が見えるような姿勢になると思えるが、どう
であろう。

わたしの記憶の範囲内では、市が立つとき(町で馬市が開かれることが
あった)や、祭や盆踊りの時などに、臨時に作られる小便所が、小便桶
を並べたものだったように思う。

しかし、「膝を伸ばし・中腰・前屈みの女の立ち小便」以外の、「股間
から真下に放尿」という方式は知らない。この、渡辺信一郎の記録以外
にまだ目にしていない。

これはそういう点でも貴重な証言である。「水滴が踝あたりへ跳ねるか
らか」と前屈み姿勢の理由を推測しているが、どうであろうか。その理
由もあろうが、わたしは着物の処置に関係があるのではないかと思って
いる(着物や脚にかからない、太股がみえないなどの配慮)。 

わたしが小説で女の立ち小便を思い出すのは太宰治「斜陽」のはじめの
ところである。これはわたしだけでなく、記憶しておられる方が多いと
思う。

 弟の直治でさへ、ママにはかなはねぇ、と言ってゐるが、つくづく私
も、お母さまの真似は困難で、絶望みたいなものをさへ感じる事がある。

いつか、西片町のおうちの奥庭で、秋のはじめの月のいい夜であったが、
私はお母さまと二人でお池の端のあづまやで、お月見をして、狐の嫁入
りと鼠の嫁入りとは、お嫁のお支度がどうちがふか、など笑ひながら話
しあってゐるうちに、

お母さまは、つとお立ちになって、あづまやの傍の萩のしげみの奥へお
はひりになり、それから、萩の白い花のあひだから、もっとあざやかに
白いお顔をお出しになって、少し笑って、 

「かず子や、お母さまがいま何をなさってゐるか、あててごらん。」
とおっしゃった。

 「お花を折っていらっしゃる。」
と申し上げたら、小さい声を挙げてお笑ひになり、

「おしっこよ。」とおっしゃった。

ちっともしゃがんでいらっしゃらないのには驚いたが、けれども、私な
どにはとても真似られない、しんから可愛らしい感じがあった。>
2008・07・27



━━━━━━━━━━━━━
野球の面白さに見る勝負の勘
━━━━━━━━━━━━━


          前田 正晶

野球という競技には面白さと不思議さがある。その1つが“ヘボ”とし
か言いようがない草野球を見てみても「それなりに面白いこと」である。

我が家のすぐそばに区営の人工芝の野球場があり、常時誰かが試合をし
ている。その光景が我がアパートのエレベーター・ホールから見えるの
で、時には乗らずに観戦するか、良いゲームだと思えばわざわざ見に行
くことにしている。

それがサッカーだとそうは行かない。“ヘボ”だと到底鑑賞に堪えうる
ものではないし、それに兎に角点が入らない。すなわち、面白くないの
である。

野球は監督の手腕が素直に出てくるきらいいがある。特に高校野球では
それが赤裸々に出てきて、時には気の毒なことだと思わせてくれる。誰
に気の毒かと言えば、子供たちに、である。

27日も慶応の上田誠監督は何回だったか東海大相模の投手がコントロー
ルに苦しんで、ランナーが折角3塁まで来られたのに、勝ちを焦ったか
スクイズを選択してものの見事に外されて失敗。

これなどは相手の苦境を全く察することなく、自分たちだけの観点から
誤ったプレーを選んだ、最も愚かな結果だった。

普通はこういう形でチャンスの逃し方をした方が負けるものだが、昨日
は東海大相模も遠慮深く、折角上田監督がくれた「ツキ」を腕で消して
しまって、速球一本槍のキャプテンで6番という背番号をつけた選手を投
手に起用するという決断で負けてしまった。監督の限界を見せてしまっ
たのであった。

高校野球ではトーナメントを勝ち抜くためにはマスコミが言う「手堅く、
キッチリ(言葉の誤用で「キチント」であるべき。アナウンサーや解説
者がこれを連呼するので今や全国区である)バントで送る方法を選ぶ傾
向がある。

気持は解らないでもないが、駄目な監督ほど相手投手の調子を考慮せず、
直ちに「チャンス到来」とばかりにバントである。これは苦しんでいる
投手と相手監督にアウト1つを献上するだけの結果に終わることが多い。

要するに、状況判断がまともに出来ないのである。イヤ、できないよう
な状況に追い込むのがトーナメントの落とし穴である。駄目監督ほどこ
れに嵌ってしまい、折角めぐってきたツキを腕で消す結果になる。

27日の北神奈川の決勝戦、慶応高校対東海大相模戦の解説をしていた横
浜高校の渡辺監督(この方の解説を私は高く評価している)が「チャン
スに0−3では打たずにか、あるいは打たせないで、待っていても良いの
では」と言っていた。

この辺りで状況判断ができずにプレーの選択を誤るか、打ってもヒット
にならない確率が高い球に手を出すような子供がいる学校は概ね負けて
いる。高校野球はこのような誤った作戦を立てた方が残酷なほど負けて
いる。これすなわち、監督の器量である。

甲子園や県大会の決勝まで来る間には、監督やコーチの手腕があったの
だろうが、ここという時に「駄目な作戦を立てる」人はそこまでの人だ
ったという冷酷な事実である。

子供たちが気の毒とも言えるが、その監督を信じて運命を託していたの
だから仕方があるまい。

慶応の上田監督は試合後のインタビューで“絶好の勝ち越しのチャンス
にスクイズを選択した失敗”について「子供たちに、自分のミスで済ま
なかったと謝った」と率直に言っていた。「勝ったから良いではないか」
で済ませなかった姿勢は評価できるか?

私は「およそ勝負事では如何なる局面でも、その状況では、必ず5〜6の
選択肢があるものだ。その場に臨んでどれを選ぼうかと考え、迷い、選
んだ結果が良かったというのでは、真の強さではない。

何も考えずに選択したものが最善の策になるよう修行・努力すべきであ
る」と信じている。実は、趙治勳(漢字を失念、碁か将棋かも知らない)
という人もこう言っていた。

野球ではこの選択の良し悪しが素直に出てくるのが面白くもあり、残酷
でもある。私は監督たちがそういう決断をどのようにするかという点に
興味を持って見ている。



━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎金日成や金正日に直接会えた文明子 古沢襄

文明子さん(ムン・ミョンジャ=在米韓国系ジャーナリスト)が亡くな
った。共同は「韓国政府筋によると、老衰のため米バージニア州で21日
死去」としたが、韓国の聯合ニュースによると「米国で21日、心臓ま
ひのため死去」。77歳の死だから老衰というのはどうなのだろうか?

文明子は日朝の裏世界で必ず名前がでてくる謎の女性。1992年4月に故
金日成主席と単独会見をして有名になった。北朝鮮と米国CIAの二重
スパイと噂されたこともある。

韓国の大邱(テグ)市生まれ。延世大卒。また日本の明治大卒業後、早大
大学院で国際法を専攻。日本語はペラペラで、日本の政界にも人脈を持
っていた。

1973年に韓国マスコミのワシントン特派員だった際、金大中氏拉致事件
を報道したことが問題視され、米国に政治亡命。その後、74年に通信社
「USアジアン・ニュース」を設立、北朝鮮の金日成主席や金正日総書
記と会見するなど、北朝鮮とのつながりが深かった。


 ◎公立高の学区撤廃、20都県に…少子化で私立と生徒争奪

公立高校普通科の通学区域(学区)の統廃合が全国で進み、2003年以降20
都県が学区を撤廃し、9道府県が統合して学区数を減らしたことが、読
売新聞の各教委への聞き取り調査でわかった。

09年には北海道と京都が2度目の学区統合を行い、10年には宮城が撤廃、
熊本が統合を予定している。少子化と私立人気の逆風の中、公立高校が
生き残りをかけて「住み分け」から「競い合い」へとかじを切っている。

学区制は、教育の機会均等を確保し、高校進学率アップを支える仕組み
として長年機能してきた。進学率が97%を超えて「高校全入」がほぼ実
現し、今は生徒や保護者の多様なニーズにどのように応えるかが求めら
れている。

しかし、学区制のせいで公立校は選択の幅が狭く、学力の高い生徒らが
私立や国立に流れる傾向が進んだ。

こうした中、01年度、教育の個性化や多様化などを目指して地方教育行
政法の改正が行われた。学区設置を定めた規定が削除され、都道府県の
判断で学区撤廃が可能になった。

03年に東京(14学区)と和歌山(9学区)が全国初の学区撤廃に踏み切
り、住んでいる都県内の高校ならどこでも受験が可能になった。

学区をなくす流れは広がり、04〜07年に2〜4県が撤廃、今春には5県
が「全県1区」を実現。早期に導入した神奈川、埼玉は、東京と同様、
私立との受験生争奪戦が激しく、公共交通網が整っていることが共通点
だ。

面積の広い自治体では学区統合を採用するケースが目立つ。北海道は05
年に55学区を25学区に統合、09年さらに19学区にする。岩手では学区数
をほぼ半数に、長野は3分の1にしている。

ただ、学区の統廃合で、私立を巻き込んだ学校間の競争は激化した。東
京都では、入試の志願者が定員割れした都立は学区撤廃前の02年は19校
だったが、08年には32校になった。

高校の序列化や激しい受験戦争が再燃する恐れもあり、こういった問題
をどのように防ぐかが課題となっている。 7月28日3時7分配信 読売新聞



 ◎4人に1人が肥満=2年で1.7ポイント上昇−米調査

【シカゴ27日時事】米疾病対策センター(CDC)はこのほど、聞き取り調
査による2007年の米国の肥満の大人(18歳以上)の比率が25.6%と4人
に1人の水準に達したとの最新結果を明らかにした。

05年(23.9%)比では1.7ポイントの上昇で、一部では肥満比率の上昇
に歯止めがかかりつつあるとのデータも出始めているが、画期的な改善
はまだ望み薄のようだ。
 
回の調査は電話による聞き取り調査だが、調査対象者が35万人以上と世
界最大規模であるのが特徴。その結果、肥満比率は依然、上昇を続けて
おり、特に、アラバマ、ミシシッピ、テネシー各州で30%以上に達する
など、南部で肥満が顕著であることが改めて示された。   
7月28日7時42分配信 時事通信



 ◎合併先は「佐野市」、岩舟町住民投票 町長が辞意表明

 
栃木県岩舟町の合併相手先を直接町民に問う住民投票が27日行われ、即
日開票の結果、佐野市との合併を求める「1市1町」が5492票となり、
「1市5町」(栃木・大平・岩舟・藤岡・都賀・西方)の3485票を上回っ
た。投票率は57・65%

。県が構想で示す「1市5町」を推進
していた栃木実町長は同日夜、町役場で会見し「行政の立場として1市
5町を進めてきた責任がある」として8月15日付で辞職する意向を示し
た。
投票結果は県南地区の合併の枠組みを大きく揺るがしただけでなく、町
トップの進退にまで発展した。 

住民投票の結果、岩舟町は佐野市に早急に協議を申し入れ、合併新法期
限内(2010年3月末)の合併を目指すことになる。下野新聞(7月28日)  



 ◎教会で銃乱射1人死亡  米南部、8人負傷

【ニューヨーク27日共同】米南部テネシー州ノックスビルの教会で27
日朝、子どもたちによる劇の公演中に男が侵入し散弾銃を乱射、AP通
信によると、教会の案内役の男性(60)が死亡、8人が負傷した。うち
5人は頭などを撃たれ、重体。

APによると、男は3度発砲したが、取り押さえられ、警察に身柄を拘
束された。身元などは明らかにされていない。

教会には当時、子どもたちの劇の公演を見るため約200人がいた。子ども
25人にけがはなかった。

事件があった教会はプロテスタントの一派、ユニテリアン派の教会で、
人種差別撤廃、女性や同性愛者の権利向上などを目指しているという。
2008/07/28 06:23   【共同通信】 
 
 
 
 ◎燃料上昇分の9割補てん=総額745億円の漁業対策−29日に発表・政府

政府は28日、自民党の水産関係合同会議で、燃料価格の高騰で休漁など
に追い込まれた漁業従事者に対する緊急対策を提示し、了承された。

燃料の効率化に取り組むことを条件に、燃料価格上昇分の9割を補てんす
るのが柱。これらを含めた対策の総額は745億円で、29日に発表する。

補てんは、燃料費の10%以上削減を目指して水産庁が今後実施する研究
・実験への参加が条件で、5人以上のグループが対象。昨年12月の燃料価
格を基準に、上昇分の9割を支給する。

魚種や漁法は問わないが、イカ釣りなど燃料を多く消費する漁業者を優
先する方針で、補てんを受ける漁業者は、効率的な燃料使用や操業によ
り、一割カットを義務付けられる。 7月28日17時26分配信 時事通信
 


━━━━━━━
反     響
━━━━━━━


 1)「知らざあ言って・・・」。こうした事件はたしかに大半は外国人、
それも不法入国者によるものと思われます。それにしても、わが国の入
管は不法入国の取締りを厳格に行なっているのでしょうか?

よく考えてもらいたいのは、こうした犯罪による損失は勿論、社会資本
整備による税財政上のコストなどすべては国内納税者の負担に掛かって
くるものです。

正当な受益者としての恩恵に浴せず、こうした犯罪者たちに食い物にさ
れているのはもっと取締りを厳しくして摘発、強制送還すべきです。

そうした中で、国内の生活保護者の各自治体による対応振りが発表され
ています。こうしたことは厳格に対処すべきであり、人権問題以前の話
として国レベルで地方に通達すべきです。将来的には大変な事態になる
でしょう。 なみお



 2)大変興味ある事件ではありますが、韓国は金大中政権以降からか
なり北朝鮮によるシンパの浸透を受けており、盧武鉉前大統領政権下に
おいては、完全に北朝鮮の傀儡政権と化していたと思います。

これは日本においても、他人事ではなく最近の日韓の竹島領土事件やそ
れに付随した対馬での抗議行動などを見るにつけ、親日的な新政権との
離反を画策した分断策に乗じられていると思われます。

政府は何故この時期に突如思い出したかのごとく刺激的な問題を表面化
させたのか?そこには政府の動きを誘導する何らかの働きかけはなかっ
たのか?

中国には大変な気遣いを見せながら、一方でこうした流れをつくるのは
日韓分断策の臭いが感じられてなりません。 岡目八目



 3)相変わらず、マスコミ主導で政治はこうした派閥次元での総理支
持率だの政局争いだので騒いでるわが国の現状には白けるばかりですね。

こうした政治家のお祭り気分に付き合っている間も国民生活は疲弊の一
途を辿っています。彼らはどこを向いて政治をしているのか?

国内の経済低下傾向には評論家然とした言葉しか語らず、外向きとくに
アメリカにはかっての外様大名の如く気遣いを見せています。

いったいこの国はいつからこうした情けない自己中心、保身に憂き身を
費やす政治家ばかり輩出するようになったのでしょう。

それと符合するかの如く、世情は物騒な事件が頻発してしています。そ
れもこれも、これらを表すかのごとき反面教師の自己中心的な発想に基
づいた事件ばかりです。世の指導者たちは、わが身を振り返って反省す
べき世情ではないでしょうか。たけを



 4)7月27日、日本教育大学院大学を会場に行われた教育情報プロジェ
クトの7月期フォーラム「英語指導法研修会」は盛況裡に終了しました。
東京、千葉、埼玉の中高校の英語教師を中心に45名が参加しました。

今回は小学校からの参加もあり、小学校で英語が導入されることを受け
て、このようなフォーラムにも新しい動きが出てきていることを感じま
す。

またその他にも新顔の参加者も多く、これなどは「頂門の一針」で広く
紹介していただいた影響によるものと思いました。英語教育に対する社
会的な関心が高まり、各界からの期待が複雑に膨らみながら、学校での
指導法も注目を集めています。

英語によるコミュニケーション能力の育成が叫ばれるようになって、語
彙や文法指導が疎かにされる傾向がありましたが、その行き過ぎを是正
する動きも急速に出てきています。

先日発表された調査でも、小学校も5,6年の高学年になると歌やゲーム
で学習動機を高めていく試みには無理があることがわかりました。この
ときこそ児童・生徒の、英語に対する学習上の好奇心や興味を高めてい
く指導法を考え、積極的に取り入れていく重要さを感じます。

そのような毅然とした姿勢を持つ多くの現役教師たちが参加してくれた
ことはじつに頼もしく、わが国の英語教育の未来を感じました。

「教師は50を知ることで1教えることができる」とこの日の講師が話し
ていましたが、その言葉に胸を打たれた人も多く、自発的に勉強しよう
とする教師たちに、熱いエールを送った次第です。研修会は8月も開催さ
れます。先ずはお礼とご報告まで。(教育情報プロジェクト代表 大釜
茂璋)



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


例の件については、考えるところあり、落着まで報告を差し控えます。
御了承下さい。

暑いですね。宮澤の読んだ「寒さの夏(冷害)」は困りますからね。
2・26事件(1936年)も、元をたどれば「寒さの夏」が原因でした。

ご投稿、ご感想をお待ちしています。下記。読者:3637人
ryochan@polka.plala.or.jp

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/
--------------------- Original Message Ends --------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。