政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針 1251号  08・07・17(木)

2008/07/17

□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべりやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 1251号
□■■□──────────────────────────□■■□  

         平成20(2008)年7月17日(木)



                             李政権の2つの強硬カード:古澤 襄

                                   ボケと哲学の狭間で:平井修一

                                   裏切られた大阪市長:毛馬一三

                                 桑鶴ジャガーズの挑戦:馬場伯明

                                           化性の世: MoMotarou

                         話 の 福 袋
                         反     響
                         身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第1251号           
 
                              発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  chomon_ryojiro@yahoo.co.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━
李政権の2つの強硬カード
━━━━━━━━━━━━


            古澤 襄

韓国のメデイアには”外交戦争”と穏やかならざる言葉が踊っている。
中学校社会科の新学習指導要領解説書に竹島を明記したことで、韓国が
予想以上の反発を示した。

韓国の中央日報は反日の盧武鉉政権以上の強硬対応と、駐日大使の一時
帰国措置をとった韓国政府の強硬な態度を評した。

福田首相も藪中外務次官もこの件が日韓関係全般に悪影響を及ぼさない
よう、韓国側に冷静な対応を求めている。だが事態はエスカレートする
可能性が濃い。

一方で自民党の山崎拓前副総裁は14日夜、この問題について、「日韓
外交上の大きなつまずきになる可能性がある」と指摘した。その上で
「注意深く、かつ精力的な外交上の努力が必要だ。韓国に対する説明義
務がある」と述べ、韓国側への十分な説明を政府に求めた。

余計な発言である。山崎発言は日本国内の強硬派を刺激し、反韓国感情
が噴き上げて、事態がさらに紛糾するおそれもある。

冷静にみて日本側がこの時期にあえて中学校社会科の新学習指導要領解
説書に竹島を明記する緊急性、必要性があったか疑問が残る。しかし明
記した以上、韓国が求めるような撤回は出来ない。撤回すれば、日本国
内で紛糾が生じる。

一方、支持率低下に見舞われている韓国の李明博(イミョンバク)政権
にとって、この件では対日強硬姿勢を示すきっかけとなった。一気に駐
日大使の一時帰国措置という強硬カードを切った狙いはそこにある。

さらには北朝鮮の金剛山観光地で韓国人観光客が射殺された事件で、韓
国は対北強硬姿勢もとっている。二つの強硬なカードを切ったことにな
る。

2つの事件は、李明博政権にとって国民の不満を外に向けるプラス要素
となるのではないか。反日強硬姿勢を強めれば、強めるだけ支持率が回
復する可能性がある。

韓国のメデイアが驚くほど早かった韓国政府の駐日大使の一時帰国措置
という強硬カードは、日本側が韓国事情に精通していれば、予測できた
筈である。

<政府は14日、駐日大使の一時帰国措置という強硬カードを取り出した。 
‘外交戦争’を宣布した盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権当時にもなかった
強度の高いカードだ。 それほど政府は今回の件を厳重に受け止めている。 

政府当局者は「今回の解説書改正は、その主体が日本政府という点で、
過去の民間出版社による教科書歪曲や地方自治体レベルの事件だった
‘竹島の日’制定よりも問題が深刻だ」と述べた。 

駐日大使帰国の措置は1965年の韓日国交正常化以来3度ある。 66年の朴
正煕(パク・ジョンヒ)政権当時には、金東祚(キム・ドンジョ)駐日
大使が、日本が北朝鮮にプラント輸出をしたことに対する抗議の表示と
して一時帰国し、金泳三(キム・ヨンサム)政権末期には、日本の一方
的な韓日漁業協定破棄による波紋に抗議するため金太智(キム・テジ)
駐日大使を帰国させている。 

また01年4月には金大中(キム・デジュン)政権が日本の歴史教科書歪
曲に抗議するため崔相竜(チェ・サンリョン)大使に帰国命令を出した。 
7年ぶりの今回の駐日大使帰国措置は4回目となる。 

政府当局者は「権哲賢(クォン・チョルヒョン)駐日大使が15日、日本
外務省を訪問し、今回の措置に対する抗議の意を伝えた後、一時帰国す
る予定」と述べた。 

ただ、政府は今回の措置について「業務協議のための一時帰国」とし、
‘召還’という言葉は使わなかった。 現地で把握した状況を政府に報告
し、今後の対策を協議するために帰国命令を下したということだ。

大使派遣を取り消すという意味の召還は、断交や公館閉鎖の次に強力な
外交的抗議手段。 

別の政府関係者は「大使を召還した後、再び派遣する場合には名分がな
ければならないが、その場合、日本が領有権記述を撤回し、解説書を修
正するしかない」と話した。 召還ではなく一時帰国形式をとることで、
適切な時点にまた大使業務を再開できる余地を残したのだ。 

日本政府は05年、当時の高野紀元駐韓日本大使が「竹島は明白に日本
の領土」と発言し、島根県が‘竹島の日’を制定したことで、独島をめ
ぐる葛藤が深まると、発言の当事者である高野大使を一時帰国させた。
(中央日報)>

杜父魚ブログの全記事・索引リスト(7月7日現在2022本)



━━━━━━━━━
ボケと哲学の狭間で
━━━━━━━━━


         平井 修一

小生は1984年2月に起業し、2002年12月に廃業したから、18年間は社長を
していた。33歳から51歳までで、人生の盛りをビジネスマンとしてスト
ラグル(戦闘)、ドッグファイト(悪戦苦闘)し、社員と一家を養って
きた。

始発に乗って終電で帰る、1カ月間休みなし、なんてこともしょっちゅう
だったし、土曜日か日曜日のどちらかは必ず出社していた。社長業とい
うのはそういうもので、周りを見たって皆、それをやっていた。

過酷であり、2度とご免だが、若さというか「知らぬが仏」で挑んだ。
素晴らしい経験だった。

小生は根っからの職人だから、社長業をしつつ、もの造りの現場にべっ
たりと張り付いていた。

社長のタイプにはふたつあり、指揮者タイプと、演奏家タイプである。
会社を大きくするのが前者。後者はいつまでも奏者にこだわるタイプで、
会社を大きくしようなんて思わない、死ぬまでラッパを吹き続けたいと
いうタイプだ。小生は後者。

面白い体験なのだが、現場の第一線でウンウン唸りながら原稿を書いて
いると、「シコシコ」「タンタン」「チャクチャク」という音が聞こえ
てくるのである。集中していると雑音が消えて、心の中の音が聞こえて
くるのだ。

今は定期的に医者に通う身だが、医院の待合室で読書をしていると外部
の音がプッツンして、「平井さーん、平井修一さーん」なんて呼ばれて
も全然気付かないことがある。

看護婦さんがカミサンに電話を入れると「修一はとっくに行っているは
ずなんですが」。で、看護婦さんが再び3度大声をあげて、小生はよう
やく気付くということがしばしばだ。ただのボケか?

通勤車内で読書をしていて乗り過ごすのはしょっちゅうだから、降りる
駅のふたつ前くらいから本を閉じることにしている。

意識が一点に集約され、それ以外がまったく捨象される(消え去る)現
象は、禅で言うところの「無我の境地」なのだろうか。無我と言えば無
我だが、意識がないのではなく、意識が、ある一点に焦点をあわせてい
るだけだから、無我とはちょっと違うと思う。

自我(俺は他者にとって替えられることのない俺なのだ、我思う、ゆえ
に我あり)は、人間特有なものだろう。人間は宇宙から見ればちっぽけ
な存在で、「ただの葦みたいなもの」だが、「ちっぽけな存在」である
ことを知っている「考える葦」は、己が何かを知らないし考えてみたこ
ともない宇宙よりは、はるかに優れた存在であると古人は言った。

人間のすべてが己を「とるに足らない物質的存在にもかかわらず宇宙で
最高の精神的存在」だなんて、まず思わない。その真理らしき考えを思
うほうが異常で、変わり者である。小生は変わり者だ。

「個的自我」と「普遍的自我」というものがあるのではないかと40年間
思っている。「個的自我」とは自意識と言い換えてもよく、「俺は俺な
んだ、つねってみれば痛みを感じる俺がいる、それが俺なんだ」という
肉体的・物質的意識で、誰でも持っている意識である。「腹が減った、
ラーメンでも食うか」といった類だ。

「普遍的自我」とは「俺あるいは人間はこうあるべきだ」という理想形
で、もろもろの煩悩を止揚した(アウフヘーベン、双六の上がりとかオ
セロゲームで最後に逆転したような、より良い状態で問題解決した)解
脱情況である。

そこには苦痛も悩みもなく、安定、安心、宇宙との調和がある。己や人
間関係から解放された安らぎの精神世界がある。涅槃の境地、極楽浄土、
天国の世界か。

何かをきっかけに「個的自我」が「普遍的自我」に止揚される、あるい
はワープする。小生の場合は読書と執筆の際、精神が一点に集中すると
没我、時空超越の透明な気分になる。

それは夢を見るような感覚で、覚めてから「あ、夢だったのか」と思う
ような気分である。「法悦」というのはもしかしたらそういうことなの
かなあ、などととりとめもないことを考えていたら夜が明けてきた。今
日も暑くなりそうだ。



━━━━━━━━━
裏切られた大阪市長
━━━━━━━━━


           毛馬 一三

総額7億円の「裏金」が発覚した大阪市で、またまた東住吉区と浪速区
の2区役所の旧税務担当で、少なくとも251万円に上る新たな「裏金」が
発覚した。しかも今度の「裏金」ばかりは、信じられないほど質が悪い。

大阪市は3回に亘って全庁調査を行い、この6月に上記「裏金」総額を
公表し、「忌まわしい悪弊とは決別した」と、平松邦夫市長は胸を張っ
た。

ところがその直後にこの事態が起きただけに、「市長も職員からよくも
舐められたものだ」と、冷ややかな市民の目が注がれている。

市長の直命による3度の調査も職員から無視され、「裏金」存在の申告
がなされなかったことは如何なことか、誰もが首を傾げる不可解な出来
事だ。

たしかに調査自体が甘かったと指摘されるところも見逃せない。浪速区
の「裏金」については、市は4月に情報をつかみながら、証言が得られ
ないとして解明を打ち切っている。東住吉区の場合、市に「報告」さえ
上がってこなかったという。

このほか「裏金」の情報が寄せられながら、裏付けがとれないとして調
査を打ち切ったケースだけでも、8件あるという。<読売新聞>この点
から見ると 調査が報告に頼りすぎていたことが今回の事態を招いたと
いう感も拭えない。

しかし事実の真相ははそうではなかった。この問題の2区部署では3度
の調査とも、意図的に事実をひた隠して、巧みにウソの申告で潜り抜け
ていたのだ。

しかも、通帳を保管していた東住吉区の職員の証言によると、「全庁調
査の時、申告しようとしたが、上司から申告しないよう圧力を受けた」
そうで、上司の指示による組織ぐるみの隠ぺい工作は、悪質の度を越え
ている。

平松市長は15日、幹部職員50余人を集め、弁護士らによるコンプライ
アンス委員会からの勧告を受けて4回目の全庁調査を実施することを指
示した。

その際「真相を明らかにしないのは市民への裏切りと同じ。本当に市民
が納得する結果を出して欲しい」とハッパを掛けたという。

一方で、「4回目の調査でも無理だと思うなら、私にメールで伝えて欲
しい。またこれに代わるいい調査方法が他にあるなら、この場で発言し
てほしい」と、職員の徹底した裏切りに弱気とのとれる本音を覗かせた
そうだが、幹部は無言のままだったという。<産経新聞>

無言のままだった幹部職員の一人に尋ねたら、管理した預金口座まで解
約するなどの証拠隠滅さえやる旧税務担当が居るならば、真相究明は不
可能に近いのではないか。残念だが、告発を待つしか仕方が無いのでは
ないかと云っている。 

調査でウミを出し切らない限り、信頼を回復することはできない平松市
長は、同じような調査方法を繰り返すだけでは、市長自ら期待する結果
を得ることは難しいのではないか。ますます苦境だけが待って居るだけ
の様にしか見えない。(了) 08.07.15



━━━━━━━━━━
桑鶴ジャガーズの挑戦
━━━━━━━━━━


           馬場 伯明

いつも、「故郷、我田引水の話」ですみませんが、また、お付き合いを
・・・。先日、田舎の茂和夫君から手紙が来た。うれしい知らせだ。

母校の南串第1小学校(加古隆一郎校長)のソフトボールチーム「桑鶴ジ
ャガーズ」が、長崎県の代表として第22回全国小学校男子ソフトボール
大会へ出場することが決まったという。

南串山町の名誉であり快挙である。大会は8月2〜5日、静岡県牧之原市の
榛原総合運動公園で48チームのトーナメントで行われる。

チームの全国大会出場は「奇跡」に近い。県予選でも多くの対戦相手が
複数学校の選抜児童(6年中心)で編成された「クラブチーム」という中で、
児童数が少ない一つの小学校だけの「単独チーム」であったからだ。

50年前私が通った頃は児童数約400人学年2組だった。いま、全校児童数
は100人、4〜6年の男子は30人でその半数が選手。チームは4年(4人)、
5年(6人)、6年(4人)の14人の混成である。

素質や能力はけっして抜群の者ばかりではない。とはいえ、チームは宝
くじのように、まぐれで県代表になったのではない。

エースの井上大輔君(6年)は170cmの長身の堂々たる体躯。ファスト・
ピッチ(fast pitch)の重い速球を持つ優れた本格派投手である。

また、鍛えられた固い守備とチャンスに食らいつくしぶとい打撃で、県
予選は全試合1点差(1:0が2試合)で勝ち上がった。まさに、練習・気
力・チームワークの成果である。ほんとに、よくやった。

後援会長の茂和夫君は私の小中高の同級生である。先に母校の校長を務
め、退職後は中心となってチームのお世話をしている。

実際に出場するには物心とくに「物(資金)」の支援が不可欠である。
後援会は必死のお願いを開始したが、何せ地域が狭い。ここは全国の卒
業生をはじめ多くの企業や団体・個人の方々にもお願いするしかない。

私の父(賀臣2006死去94歳)は同校卒、長崎男子師範学校を出て母校に3
年(校長)、母(ミスエ)も長崎女子師範学校を出て母校に4年(一般教
諭)奉職した。私たち子供5人も全員卒業生である。

父は校歌の作詞者でもある。校歌にはチーム(桑鶴ジャガーズ)のルー
ツがある。

  朝の光に輝きて     我等を迎える大蘇鉄(そてつ)
  希望溢るるまなびやの  窓を開いて学ぼうよ
  桑鶴(くわづる)の丘  南串山第一校  (2、3番は略)

母(90歳)といえば、老齢ながら、さっそくチームを応援する歌を作り、
支援の寄付金といっしょにチームと学校に届けたらしい。

  桑鶴(くわずる)の
  ソフトチームよがんばって
  校歌高らかに歌いて来ませ           ミスエ

選手は私たちの世代の孫にあたる。狭い地域だから選手一覧表にある地
区、姓名、保護者名を見れば、私はその祖父母らの顔が浮かんでくる。

最初の試合は8/3(日)13:00〜兵庫県と静岡県の勝者と2回戦で当たる。
強豪らしい。でも同じ小学生だ。目標は全国優勝、やるだけである。

チーム名のジャガーズは南串山の特産品のジャガイモ(馬鈴薯)に由来
する。ジャガイモのように泥にまみれて美味く(上手く)なった。

しかし、ジャガーといえば世界では自動車のこと。ジャガー(ジャグア、
jaguar、アメリカヒョウ:豹)は英国製・世界の名車といわれた。

1970年式の車を(借りて)運転したことがある。ロングノーズのフロン
ト、心地よいエンジン音、路面に沈むような低い車体、レスポンスのよ
いステアリング、切れのある走りだった。

1990年秋、私は英国のジャガー研究所に、耐熱ステンレス箔帯製の高性
能排ガスコンバータ(排気ガス処理装置)の売り込み(営業)に行った。
走りの性能を真剣に議論する研究員から英国人としてのプライドが伝わっ
てきた。

「桑鶴ジャガーズ」も、南串山のジャガイモのように美味く(上手く)、
そして名車ジャガーのような切れ味のよい実力を、全国の対戦相手に示
してやろうではないか。

でも、最初の試合は緊張するだろう。ばってん、「ソフトで勝ってディ
ズニーへ行こか!」くらいの気持ちで、がまだせ(がんばれ)。相手に
おじる(脅える)こつ(こと)は、いっちょん(まったく)なか。

「瓢箪から駒(馬)!」だ。大会が終ったら、子供たちに東京ディズニー
・ランド(浦安)の体験というプレゼントをやれないものだろうか。後
援会の人や保護者の方に、私は提案したいが・・・。

話しを少し飛躍させる。昔、霧島昇は、切々と「誰か故郷を思わざる」
と歌った。わが国では、日本人の主体性(identity:国家や民族への帰
属意識・一体感)の危機がいわれて久しい。

国を愛する心とは何だろう。それは家族・ふるさと(故郷)・国という
順番に、思う精神(こころ)が昇華されながら醸成されていくものであ
ろう。私の考えは「郷土愛:祖国愛」論の松本健一(麗澤大学教授)の
それに近い。

国を愛する心は、生れたふるさと(長崎・南串山)への望郷心や今住ん
でいる地域(千葉)をいとおしいと思う気持ち・愛着心から育くまれて
いく。身近にあるのだ。

桑鶴ジャガーズの子供らは西の国からやって来て、異なる世界に触れ、
おそらく、新たな望郷心(ふるさとを愛する心)を胸に抱いて帰るだろ
う。人間としてひと回り大きく成長してもらいたいと願う。

最後に、桑鶴ジャガーズの子供らに代り訴える。「(精いっぱい、がま
だすけん)私を、ディズニーに、連れてって」(2008/7/16千葉市在住)

(追記)現地へは保護者等による自動車の交代運転で乗り込みます。デ
ィズニー行きは夢の夢。後援会では広く浄財を(1口2000円)をお願いし
ています。小さな小学校のすごい選手たちに、なにとぞよろしくお願い
申しあげます。受入先は次のとおりです。

《 十八銀行南串山支店 普通預金 口座番号037650 名義:桑鶴ジャ
ガーズソフトクラブ後援会会長茂和夫 》

なお、連絡先は《 〒854-0701長崎県雲仙市南串山町甲2480 南串第一
小学校気付 桑鶴ジャガーズソフトボールクラブ後援会 会長 茂和夫
 電話:0957(88)3457 》



━━━━
化性の世
━━━━


       MoMotarou

今天下、、、、、又(また)妖物人に憑(つ)き、笑啼怒罵(しようて
いどば)、総て自主ならざるが如し。。。(明)劉念台

*総て自主ならざるが如し−その人間を借りて実は化物がやっていること。

       http://www.geocities.jp/mo10mo/kishou.jpg

(阿比留記者ブログより転載)

加藤紘一氏 :2人(福田と安倍)は違う。そこが重大なポイントです。
私は福田(官房長官)さんが(拉致被害者を帰す)正しいと思う。

加藤紘一氏 :小泉さんが行ったから、金正日は謝ったんですよね。
「親の代にやったことだが、あれはまずかった。ごめんなさい」と。あ
の国では一種、(金正日)は《天皇陛下》みたいなポジションの人物です
よね。(終)

■加藤氏の品格

「血迷った」とか「気が狂(ふ)れた」といった表現がピッタリします。

この発言は北朝鮮に向けての発言ではありません。これは福田現総理と
小泉元総理に媚びた発言です。人間落ち目になると見苦しいことも平気
でするようになるものですね。加藤さんは外務省中国課で呂氏春秋『八
観法』を勉強しなかったのでしょう。

 『八観法』
   (略)
  一、窮すればその受けざる所を観る。
   (貧乏した時に、何をうけないかを観る)
  一、賎(せん)なれば其の為(な)さざる所を観る。
   (人間落ちぶれると何をするかわからない。だから為さない所を
    観る)

■去らば、、加藤!

「中国は」と云うより、支那は古来より法律など当てにせず人物を観て
来ました。法治主義ではなく人治主義の国ですから、人物鑑定法が発達
しております。

それを適用すれば加藤氏の「我国での、一種の、ポジション」は明らか
になってきます。「木偶(でく)の坊」でないなら、変な釈明などせず
即刻謹慎すべきであります。辞職するも可。

■乗っ取られた外務省

世間では、「帰す、帰さない」のほうに目が行っていますが、日本民族
の観点からみると「天皇陛下みたいな」という方が問題になります。ま
さに誘拐犯の独裁者を我国我民族の「象徴」と同列に譬えたからです。

流石に加藤さんもHPから削除しておりますが、これは言い方が間違っ
ていたというものではなく、私は本音が計(はか)らずも出たものだと
思います。恐らく、外務省の中にもこの意識が蔓延しているのではない
でしょうか。

 *「外務官僚の背骨」渡部亮次郎
  http://momotarou100.iza.ne.jp/blog/entry/485200 

■革命勢力の跋扈 

昨今の女系天皇の擁立を利用し「共和制」に移行させようとする勢力の
浸透が、国家中枢部にも及んでいるのを目にするようになりました。
「改革」の「革」の文字には「破壊」の意味があります。

小泉さんはそこまで考えて唱えた訳ではないでしょうが、戦後教育や左
翼メディアの影響を強く受けたものと云えます。北京の首相が20年もし
たら日本は無くなってしまっているだろうと豪語したこともあります。

■日本民族の存亡

日本列島は残っても住人が日本の心を忘れたら日本では無くなります。
まさに日本民族の危機が目前に迫っているのかもしれません。心して日
々を暮したいと思います。頑張りましょう!

 ☆資料他
 ●「国民自重の心」小泉信三
  http://momotarou100.iza.ne.jp/blog/entry/470460/ 
 ●日本特務艦隊の活躍 地中海編(1〜5)
  http://www.takahashistamp.com/2note13.htm
 ●バアさんを活用せよ!
  松原久子:『驕れる白人と闘うための日本近代史』の著者
  http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h13/jog172.html

■■■■■■■■■ JOG Wing ■ 国際派日本人の情報■■■■■■■
■転送歓迎■ No.1464 ■ H20.07.16 ■ 9,661 部   ■■■■■■■

        http://jp.youtube.com/momotarou100



━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━



 ◎「藤」「誰」「俺」も、常用漢字に188字を追加

常用漢字の見直しを進めている文化審議会国語分科会の漢字小委員会は
15日、「藤」「誰」など計188字を新たに常用漢字に追加することを決め
た。

このうち、「俺」については当初、「公の場で使う言葉ではない」とい
った反対意見もあったが、この日の小委員会では、「日常生活で広く使
われるようになった」「文頭にくる場合、漢字の方が読みやすい」とし
て追加が認められた。

今月31日の国語分科会で正式決定され、来年2月に、読み方と字体を定
めた最終案を発表する。2010年2月をめどに文部科学相に答申される予
定。  7月15日19時3分配信 読売新聞


 
 ◎「ひげ」でマイナス評価はダメ 弁護士会が郵便事業会社に勧告

口ひげが生えていることを理由にマイナスの人事評価をしたのは人権侵
害にあたるとして、大阪弁護士会は15日、「きちんと手入れされたひげ
であれば個人の自由」とする勧告書を、郵便事業会社(東京)と同社近
畿支社などに送付した。

大阪市内の同社支店に勤務する男性(55)が同弁護士会に人権救済を申
し立てていた。

同弁護士会によると、男性は平成元年の採用後から口ひげを生やしてい
たが、民営化を控えた日本郵政公社(当時)が平成16年、「接遇・マナ
ーレベル」の認定制度を設け、「ひげは不可」とするガイドラインを作
成したため上司が問題視。不認定となり、当時の公社幹部は「ひげ」を
理由にあげた。

男性は顧客との接触がない業務に配置転換され、人事評価でも比較的低
いランクになったという。

同弁護士会は、こうした措置について、ひげだけを理由とする不当な扱
いと判断。勧告書で「無精ひげであれば、顧客に不快感を与えるため制
約する必要がある場合もあるが、(男性の場合は)ひげは手入れされて
いる。顧客から苦情が寄せられた事実もない」とし、「個人の自由に属
する」と結論づけた。7月16日0時0分配信 産経新聞
 

 
 ◎教員採用汚職 不正合格は解雇、本来合格を救済へ 大分

大分県の教員採用汚職事件を受け、県教委は16日、過去の試験について
調査し、不正によって合格した受験者が判明した場合はこれを解雇し、
本来合格していた受験者を救済する方針を決めた。

この日開かれた県教育委員会の臨時会に提案され、了承された。新しく
設置されるプロジェクトチーム(PT)が19、20日予定の来年度採用試
験後、不正調査に着手する。一方、一連の事件の再発防止策として教育
行政の改革も進める方針を打ち出した。

関係者によると、収賄容疑で逮捕された県教委参事、江藤勝由容疑者
(52)は、07、08年度の小学校教員採用試験で、合格者の半数近くの約
40人の口利きを受け加点などの改ざんを行い、うち少なくとも十数人が
不正に合格したとされる。

県教委によると、県警に押収されている過去の試験データの返還を受け、
過去の結果を分析。不正によって不採用になった受験者が確認できれば、
本人の希望があった場合、採用する。

不正によって採用された者は、解雇する。不正調査は、新ポストの県教
委総務審議監が責任者を務めるPTが行うが、さかのぼる期間は「可能
な限り」(小矢文則教育長)という。総務審議監は、知事部局の総務部
審議監が兼ね公正性を保つ。

また、PTは校長など管理職昇任の不正も調査、判明すれば、懲戒処分
などを行う。再発防止の組織改革案も策定し、知事部局との人事交流も
積極的に進める。

一方、江藤容疑者と県教委参事、矢野哲郎容疑者(52)=贈賄容疑で逮
捕=の懲戒免職を決め、既に懲戒免職となった前佐伯市立蒲江小学校長
の浅利幾美被告(52)=贈賄罪で起訴=の後任の同小校長を決めた。

委員会後の記者会見で、波多野順代教育委員長は「不正合格者などには
厳正に対処するとともに職員意識を変えて二度とこのようなことが起き
ないようにしたい」と話した。

 ◇必要に応じ指導 文科省

文部科学省の大木高仁教職員課長は「県教委がよく考えた上での判断だ
ろうと思う。今後も連携を密にし、文科省として必要に応じた指導をし
ていきたい」とコメントした。7月16日11時29分配信 毎日新聞
 


 ◎北朝鮮、当初の主張変える=警告射撃は1回だけ−金剛山射殺事件

【ソウル16日時事】北朝鮮の金剛山で韓国人女性観光客が北朝鮮兵士に
射殺された事件を受け、15日まで訪朝していた韓国企業・現代峨山の尹
万俊社長は16日、ソウルで記者会見し、北朝鮮当局から聴取した結果、
北朝鮮側が当初の説明を変えたことを明らかにした。

尹社長によると、北朝鮮側は軍事統制区域に800メートル入った地点で女
性を発見。女性が500メートル逃走したところで射殺したと説明した。当
初は1.2キロ入った地点で制止し、女性が約1キロ逃走したと報告してい
た。

また、女性が宿泊先のホテルを出発した時間は最初の報告よりも13分早
かった。当初の説明通りであれば、53歳の女性がマラソン選手並みのス
ピードで走ったことになり、北朝鮮の説明に疑問の声も上がっていた。

北朝鮮側は、警告射撃を1回だけ行い、その後、女性を狙って3回発射し、
うち2発が命中したと報告。韓国側への通報が遅れたのは「女性が観光客
と確認できる身分証を持っていなかったため」と弁明したという。 
7月16日12時23分配信 時事通信
 


  ◎ドル100円割れ観測が再浮上、FRB議長証言でドル売りの流れ確


[東京 16日 ロイター] バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長
の議会証言を受け、外為市場ではドル売りの流れが確認できたとして、
ドル/円の100円割れシナリオを描く参加者が増えている。

米政府系住宅金融機関(GSE)の支援策が13日に発表されたばかりだ
が、米政府の実際の動きは鈍く信用不安の解消にはつながっていない。

11月の米大統領選を控え、金融市場を取り巻く環境の改善や景気浮揚策
などは期待できないとの見方が広がっている。

バーナンキ議長は15日、上院銀行委員会で証言し、目下の米経済への脅
威について住宅市場の低迷やクレジットのひっ迫、原油価格の上昇を挙
げた。

その上で、金融市場の安定回復がFRBの最優先事項との認識を示した。
また、米金融市場などは依然「かなりの緊張(considerable stress)」
の下にあると指摘した。

6月下旬の連邦公開市場委員会(FOMC)では、成長の下振れリスク
がやや低下したとしたとの判断を示していたが、今回は一転して悲観的
な内容を示した、と受け止められた。

この証言を受けて15日NYの外為市場ではドル売りの流れが加速、一時
104.16円に下落、6月3日以来の水準となった。

米原油先物が13-0ドル半ば付近に大きく下落したことや、16日の東京市
場では、本邦輸入企業の押し目買いがみられ、ドルは下げ渋ったものの、
海外ファンド勢の売りに押されている。目先は「ドル売りに変わりない」
(資本筋)との声が聞かれる。7月16日13時41分配信 ロイター



━━━━━━━
反     響
━━━━━━━


 1)フィリピン沖に台風7号が発生したと天気予報が伝えてくれた。私
は「梅雨も明けていないのに今度は台風か」と落胆した。私は雨降りが
嫌いなのだ。

その理由の一つが1976年頃だったか雨降りを気にせずに半袖のシャツだ
けで外出して引き込んだ風邪がたちが悪くて非常に長引き、大いに苦し
められたことがあったことだ。

だが、第一の理由はアメリカで買った靴、雨に弱いことである。アメリ
カでは日本で買うよりも特に革製品が数段安いので、行く度に買ってい
た。

それにシアトルにはノードストロムという優秀な靴売り場があるデパー
トがあるからだ。日本で革製品が高いのは国内産業保護のために輸入品
の関税が高いからと聞いている。

そのアメリカで買える靴はブランドと品質から考えればお買い得である。
だが、問題がある。それは車社会の国の靴は、雨に対する備えが全くと
言って良いほどできていないのである。これはイタリア製を買っても同
じことだが。

その意味は、我々紙業界の言葉にすれば「サイズが効いていない」ので
ある。これは水の浸透を防止する加工がされていないという意味で、雨
に遭えば自慢の靴がたちまち駄目になってしまう危険性が高いのあるの
である。

80年代後半にはアメリカかイタリア製の靴だけになってしまったことが
あり、雨降りとなると深刻に悩んだものだった。だが、アメリカ人から
ゴム製のオーヴァー・シューズというカヴァーの如きものを教えられて
購入し難を免れるようになった。

W社の本社があるワシントン州は雨が降る季節が長く、そのために木が良
く育つので、雨降りを厭う者が少なかった。しかも彼らは濡れることを
何とも思わないので困る。

近場ならば傘も差さずに靴を気にしないで歩いていく。また不思議なも
ので、あの地方の雨では日本の雨のようにびしょ濡れになることは希で
あった。それでも、私は靴が気懸かりで仕方がなかった。

ではあっても、雨降りに遭うと服の形が崩れると言って嫌う洒落者がい
て、トランクには何時も傘を入れていたりするのだから、アメリカ人は
よく解らない。

私も出張中に服が濡れては困るので、レインコートを持参して自衛策を
講じていた。副社長兼事業本部長はキチンとアイロンが掛かっていない
ような服を着て出社することを嫌うのであるから、気にせざるを得なかっ
た。

今や、革の靴を履いて出歩く生活ではないのだが、慣性となって「明日
は外出の予定があるのに靴が濡れては困るな」つい気になってくる。梅
雨は今週一杯は続くという予報である。まだまだ靴の心配をしなければ
ならぬ季節は終わらないようだ。

結局は思い出話になったが、日本と欧米の靴の違いも指摘したかったの
である。以上 前田正晶 



 2)1250号拝読。

>主宰者より:同級生が花街(かがい)に身を落としているのを見て起こ
したのが2.26事件と言われている。主宰者は幸い、そのような場面に遭
遇しなかった。おぶうはお茶?。女郎屋に風呂は無かったようです。<

或HPより。

「千歳に移ってから間もなく白老で同学年の女の子が近所に居ると聞い
て訪ねたら親がパンパン置屋で、其子と母親と多分女の一人と思われる
のが相手をした。

占領軍の兵士が出入りし昼間からギシギシと家鳴りがして相手はギョッ
としたらしいが気が付かない振りをして済ませた。

其女は本当か嘘か解らないが旧制女学校を出たと言っていた。水商売の
女の身の上話の殆どが作り話である事は相当後になって知った。

余談乍らパンパンとはインドネシア語で「良い女」と言う意味らしい。

一寸飛ぶが、性同一性障害は誰にも有る男性要素と女性要素が極端に心
と体で反対に生まれた人間の個性を謂う。ともすれば猟奇の目で見られ
るが解決を見る迄は本人の苦悩は深い。

日本では肉体を改造しても戸籍の変更を認められる事は滅多に無いので
此人達は要らない苦労を強要させられる。

話は別だが、男女は同権だが同等ではない。此処を混同する馬鹿が居る
から見当違いの議論が絶えない。

又一寸飛ぶが、ドメスティック・ヴァイオレンス(家庭内暴力)は犯罪で
ある。売春婦のヒモは普通の夫よりは格段に優しいのだ。」

其頃に聞いた話では、置屋では上がった客が娼婦の部屋に入ると、事前
に娼婦がサービスとして茶を供応し、煙草と燐寸も添えたとか。


 3)先ほど(16日)10チャンネルで何時も捕鯨問題で本当の事情を解説
している水産ジャーナリストの梅崎義人氏が、魚の末端価格がどのよう
に形成されていくかを述べていた。併せて漁業の問題点も述べていた。
良く解って有難かった。

すなわち、漁業者側には価格決定能力がないと教えていただけたのであ
った。「競り」がある以上そういうことではないかとは思っていたが、
その先に仲買や卸の制度があって、生産者である漁師さんたちの手が及
ばないところで決まっていくものだと思いながら聴いていた。

我が紙業界の制度もそうだったが、流通には何段階もの販売組織があり
需要家の規模に応じて取引している。これがメーカーの直接販売である
アメリカから見れば複雑すぎて輸入紙の販路拡張を阻んでいると長い間
誤解・誤認識されていた。

その歴史的な制度を合理化という名の下に中間を排除して直売する傾向
が出てきて、今やその行き方が加速しつつあるのが実情だろう。

だが、漁業界→魚の流通制度にはこのような「合理化」はどうやら馴染
みそうにないと懸念する。ここでは、中間を排除するとそこに従事して
おられる多くの方に問題が生ずることくらいを指摘しておく。

だが、漁業をそのまま放置すれば、歴代の政府の失政で農業が今日のよ
うな危機的状況に立ち至ったと同じことになるだろう。この海産物の流
通の在り方を放置しておく訳にはいくまい。しかも、燃料代の値上がり
は内閣の失政だけの結果ではないのだから、止めようがないのである。

総理以下各閣僚、特に若林農水相は暢気に構えて「ストレートに補填で
きない」等と言っていないで、漁業を第二の農業にしないよう万全の対
策を打ち出して貰いたいものだ。

梅崎氏は後継者難も指摘しておられた。私は「競り」から仲買の制度とそ
こに従事しておられる方々の見解を聞きたい思いなのだが。彼らの考え
方如何では大きく変わってくる気がするので。

だが、15日夜のニュースでは回転寿司会社の仕入れ担当者が、三崎港の
取引先で再値上げを予告される場面を映し出していた。そして、その報
告を聞いた会社幹部が「これから社内で可能限りのあらゆる合理化を実
行して原価の上昇分をお客様に転嫁しないように最大限の努力をしよう」
と締めくくった。

私はこれは美しい話だが、疑問に思わざるを得ない。この度の値上がり
はそんな程度で抑えきれる性質ではないからである。お客様にも実態を
知っていただく必要があるのではないかと言いたい。原油の値上がりは
本当に深刻な事態と受け止めておくべきことだ。(前田正晶 )



 4)禁煙、再開、禁煙、再開の連続です。以下、随想です。

7月15日は最後の出社日で、挨拶回りの後に退職関係の書類に記入し、私
物をまとめた。その後、本社の部長も交えて送別会へ。バラの花束を贈
られて「はい、チーズ!」と記念写真。しこたま飲んで、電車を乗り過
ごしてしまった。東京営業所開設から閉鎖まで、我が死闘の4年3ヶ月が
終わった。

「露と落ち露と消えにしわが身かな 浪速のことは夢のまた夢」と秀吉は
詠んだが、小生にとっては「羽田のことは夢のまた夢」という思いであ
る。感無量なり。

素浪人なれども吾は生きている 早き晩年をいかにやせん

ところで、
<朝日新聞社は15日、オピニオン月刊誌「論座」を9月1日発売の10月
号をもって休刊することを明らかにした>(産経)

反共右派の小生がかく首された日に、容共左派の牙城の一角が自壊した
のは誠に喜ばしい。j-castが詳しく報じている。

<「論座」は「世界」(岩波書店)と同様、リベラル派を代表するオピニ
オン誌とされている。・・・しかし、経営的には苦戦を強いられてきた。

日本雑誌協会の「マガジンデータ2007」によると、ライバル誌の「正論」
(産経新聞社)の発行部数が81,991、「諸君!」(文芸春秋)が70,041、「中
央公論」(中央公論新社)が41,633なのに対して、「論座」は20,433。定
期購読制の外交専門誌「フォーサイト」(新潮社、22,375部)をも割る水
準で、赤字が慢性化していたという>

この記事を読んで、「論座が頓挫」というタイトルで書いたらさぞ楽し
いだろうと思ったら、今日発売の週刊新潮が「論座も頓挫」という記事
を載せている。先を越されてしまった。速攻で記事を書き、アップしな
いと後塵を拝す。早い者勝ちだ。ユビキタス社会とはそういうことか。

このユビキタスを小生は「どこでもネット」社会と翻訳している。

ユビキタス 遅れをとれば 支障きたす

会社を辞めると健康保険、雇用保険の手続きやらでなにかと煩わしい。
心と体がなまる前に再就職か自営業を始めるか、算段もしなければなら
ないから悩ましい。

人生は山あり谷あり頓挫あり 八起せずんば支障をきたす(平井修一)



 5)貴誌1250号「身辺雑記」を読みました.主宰者殿が仰る様に,
「名無しの権兵衛」(旧い!)で投稿する輩とはいったいどういう神経をし
てるのでしょうね.メルマガの表面に出るわけじゃないし..

私はドメイン名を見たら何処の組織のどの部署から送信してるかわかっ
てしまうメールアドレスなので裸同然ですが,フリーメールならいくら
でも偽装できますよね.

それに偽装でなくともサービスプロバイダとの契約上で取得しているメ
ールアドレスだって名前わからないです.私の家内などは,天使の名前
をアドレスにしているので,わかるわけがありません.

だから「名無し」にすれば完全にわからなくできるわけですが...

ということで,名前を名乗らない人というのは,当にに主宰者殿が顔見
知りの人間で,絶対に見破られたくない人なのではないでしょうか.

「頂門の一針」なんか読む資格ないのが「名無し」で投稿してくる.載
らないのわかっていて送ってくる.なんか無言電話のメール版ですね.

おーい,「とんでもなく臆病」なのに自意識だけは山盛り持ってる救い
様の無いアンタ,惨めになるから「名無し」なんて止めときや.皆から
馬鹿にされるだけで,何にも得なんかないんだからね…と言ってわかる
中学生並みの知恵もないか.

メールなんか今時小学生でも目つぶって利用してるし..皆アンタのこ
とそう思ってるよ.誰かわからなくても多くの人にそう思われて気持ち
委員会?

ウチのカミサンに話したら他人事ながら激怒して,「女に見向きもされ
ないウチのダンナみたいなしょーもない奴」と言われてしまいました.
とんでもないオチでした(泣). 2008/7/15 大阪



 6)古澤様の投稿、拝読しました。

私も、「地球温暖化は、炭酸ガス増加による温室効果が原因である」と
の論調に頷けずいたところ、西岡教授が「寒暖周期説」を論じた著書が
あると耳にして、この本を、探しだし読みました。

戦後間もなくの出版でしたが、2年前、港区の図書館で見つけて借りま
した。

古い細目の木目の密度変化に着目したり、古い時代の記述を分析したり
して、寒暖の周期を論じていました。

科学水準が高くない時代での、データ収集に基づく論理展開なので、少
し心許ない部分もありますが、現在の「炭酸ガス主犯説」より、遙かに、
説得力のある論文でした。

化石燃料の消費を抑えるべきであるとは説得力のある主張ですが、排出
量を取引する等は、漫画そのもので、欧米が我国から、収奪をしようと
している姿が、垣間見えます。

一部の論者が仰っているように、公平性に欠ける「京都議定書」を直ち
に破棄し、「GNPに基づく数値」や、「国民1人あたりの数値」を、
算出し努力目標程度にするべきでしょう。

国民の利益を考えない、故橋本氏や福田氏のような政治家は、何故、外
国の評判を気にするのか不思議です。(野田)



 7)前田正晶様の魚漁者休漁の件に関連しまして。(一部を見て全体
を論ずるのはいけないことですが)沿岸漁業は漁船の大型化と、高馬力
化による速力のアップ=燃料費の増加、及び魚群探知機等漁獲システム
の向上等により乱獲が進み、一斉休漁日を設けようという声が以前から
あったのですが、なかなか統一行動がとれなかったのが、最近の燃料高
騰を契機にして統一行動がとれました。

乱獲防止のため各県は漁業調整規則で漁獲期間、範囲、魚具の制限等を
やっておりますが、漁獲システムの向上に追いついていけない現状があ
ります。このあたりのことを全然取材しないマスコミに不満があります。

 背景  

小規模土木、建築、造園等の業界では従来のように「晴れは仕事、雨は
休み」では後継者がいないので、「日曜日は晴れでも休み」が常態にな
っていますが、一部の漁業組合でも「海上平穏は出漁、荒天は休漁」を
取り止め、「日曜日は休漁」にしているところもあります。

漁船の高速力化も若い後継者確保のため、必要以上に高速力化して漁船
建造費の負担が重くのしかかっている方が多くおられます。 (鋼)



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


予て本社政治部への転勤を希望していた知り合いの若手記者から携帯電
話で16日午後2時半に「只今、希望通りの内示を戴きました。誠に有難う
御座いました」とあった。嬉しそうだった。政治記者、前途は多難。

思い起こせば1964年7月、当時のNHK政経部政治班(後の政治部)への転
勤内示を受けた時は驚きだった。希望をしていなかったから。嬉しかっ
たのは1959年7月、秋田県大館通信員から仙台報道課への転勤だった。

みな遠い「青春」である。特に政治記者となれば、結局は如何に多くの
政治家と深く知り合いになれるかに前途がかかっているわけで,前途は多
難なのである。

ご投稿、ご感想をお待ちしています。下記。読者:3622人
ryochan@polka.plala.or.jp

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/
--------------------- Original Message Ends --------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。