政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針 1230号  08・06・27(金)

2008/06/27

□■■□───────────────────────────□■■□
  わたなべりやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 1230号
□■■□───────────────────────────□■■□  

         平成20(2008)年6月27日(金)



                             後藤新平・その強烈な個性:加瀬英明

                                     菅さんのカン違い:花岡信昭

                             韓国よりマシだが誇れない:平井修一

                             日本人の皮を被った外国人:前田正晶

                                 ベトナム役人の収賄:渡部亮次郎

                         話 の 福 袋
                         反     響
                         身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第1230号            
                              発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  chomon_ryojiro@yahoo.co.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━
後藤新平・その強烈な個性
━━━━━━━━━━━━

 
         加瀬 英明

いま、日本が活力を失いつつあることが、憂えられている。

幕末から明治にかけての日本は、力が漲っていた。だからこそ、西洋の
帝国主義が猖獗をきわめていた時に、日本だけがアジア・アフリカ諸民
族のなかで、見事に近代化を成し遂げて、短時間のうちに白人が制覇し
た世界で、一流国に伍することができた。

あのころの日本は司馬遼太郎の『坂の上の雲』に描かれているように、
綺羅星のように多くの人材によって恵まれていた。

後藤新平(ごとう しんぺい)といえば、11歳で明治元年を迎え、昭和
4(1929)年に没したが、大きな夢と行動力に溢れながら、明治から大
正を駆け抜けた、型破りの巨人だった。

近代日本の鉄道、医療、郵便、電気事業の基礎をつくったほかに、台湾
の経営に優れた手腕を発揮して、李登輝前総統をはじめとして、今日で
も多くの台湾人から慕われている。

首相として嘱望されながら、強烈な個性の持ち主故に群れることがなかっ
たから、首相の座につけなかった。

原敬首相に懇請され、はじめ固辞したが、大正9(1920)年から東京市
長をつとめて、敏腕を振るった。在任中の大正11年に、『江戸の自治制』
を題する優れた研究書を著している。

江戸は世界における大都市であり、武士を除いて70万人の町民を擁して
いたのに、司法、警察を含めて僅か300人あまりの役人で治めていた。2
番目の都市だった大阪も同じことだった。このようなことは、日本以外
の国では考えることもできなかった。

後藤は市民が「自治精神を鼓吹」したから、「少人数役人を以て之(これ)
を処理して猶綽(なおしゃく)然(ぜん)余裕(が)有」ったと述べ、「幕
政の特色たりしは儀礼を以て社会を秩序せること是也(これなり)」
と、結論づけている。マナーによって、支えられていたというのだ。

後藤は明治に入ってから近代化によって、「精神的に(略)其(その)蹂
躙する所と爲(な)りたるより、(略)之(これ)が爲め一方に旧都市の栄
光土(ど)泥(でい)に委(い)し、都風破れ、自治的旧慣亦(また)多く廃さ
れて地を払ふに庶し」と説いて、江戸の良風が破壊されたことを慨嘆し
ている。

江戸時代の日本人は庶民にいたるまで、礼儀正しかった。世界のどの国
よりも、徳性が高かった。

いったい、日本の力はどこにあるのだろうか。近代化に取り組んで日が
浅かったのに、日清、日露戦争に勝って世界を驚かせたのも、その後の
日本の発展をもたらしたのも、日本国民が蓄積した徳――マナーの力に
よった。

日本は資源の無い国だ。唯一の資源は徳であった。徳こそ資源だった。
ところが、いま私たちはこの唯一つの資源を食い潰すようになって、力
を萎えさせている。

後藤は今日の岩手県奥州市水沢区の貧しい士族の子だった。母の理恵も
偉かった。夫に仕え、子に愛情を注ぎながら、厳しく育てた。後藤はい
いつけを破ると、母に藁縄で縛られて、物置小屋にほうり込まれたと、
回想している。

父母の教育が、明治の逸材を創った。マナーはものごとを、厳しく律す
ることから発する。今日の子どもも、大人もマナーをまったく弁えてい
ないのは、社会から厳しさが失われてしまったからである。

後藤は典型的な〃井戸塀政治家〃だった。後藤邸の跡に、中国大使館が
建っている。私はその前を通るごとに、後藤を偲んでいる。(2008・6)



━━━━━━━━
菅さんのカン違い
━━━━━━━━


         花岡 信昭

や旧聞に属する話となってしまったが、言うべきはきちんと指摘してお
かなくてはなるまい。ことは国政調査権とは何か、という重大な問題に
かかわるからだ。

民主党の菅直人代表代行らが5月15日、さいたま市の国土交通省関東地
方整備局を「視察」した。ここがタクシーチケットを野放図に使ってい
たことは指弾されて当然だ。

だが、「チケットの半券を出せ」「個人情報につながるので出せない」
「それなら個人名のところを黒塗りにして出せ」などと長時間の押し問
答やもみ合いまで演じたのはいただけない。

この模様は報道陣に公開され、テレビでもやりとりが流された。菅氏は
昨年10月にも薬害肝炎問題で厚生労働省に乗り込み、地下倉庫を見せ
ろと迫ったことがある。

よほどこの種のパフォーマンスがお好みのようだが、これが国会議員の
国政調査権に基づくものと認識しているのだとすれば、大きな勘違いだ。

憲法62条には「両議院は、各々国政に関する調査を行い、これに関して、
証人の出頭及び証言並びに記録の提出を要求することができる」とある。

気をつけなくてはいけないのは、「両議院」、つまり衆院と参院に国政
調査権があるということであって、個々の「議員」にあるとは書いてい
ない。「質問主意書」も議長に提出し、承認を得て内閣に転送される。

自民党の笹川堯衆院議院運営委員長は「国会議員に院外での捜査権、尋
問権はないはずだ」と苦言を呈したが、これは笹川氏の言い分が正しい。

民主党側は国交省国会連絡室がこの視察当日に現場で提示すると回答し
ていた、としているが、もともと国交省側には「議員の国政調査権」に
従う法的義務はない。

民主党にはタクシー使い放題問題を摘発した「功績」があるのは確かだ
ろうが、こうした視察ならぬ査察まがいのことまで国会議員に許されて
いるわけではない。政権を担当するとしている民主党だけに、権力の行
使には一定の節度がほしい。

【産経新聞連載コラム「政論探求」25日付】再掲

★★花岡信昭メールマガジン★★592号[2008・6・26]転載(許諾済)
★ブログ「はなさんのポリログ」 <http://hanasan.iza.ne.jp/blog/>
★メルマガバックナンバー <http://www.melma.com/backnumber_142868/>



━━━━━━━━━━━━
韓国よりマシだが誇れない
━━━━━━━━━━━━


          平井 修一

小生は産経新聞をJCBカード決済で購読しているが、配送は朝日新聞販売
所(ASA)が代行している。代行だから気が抜けるのだろう、先日は別冊
の「創刊75周年特集」が欠落していた。

今朝は東京新聞が入っていた。ポストに「産経新聞」と題字を貼ってあ
るのだが、ASAはミスからなにも学ばないのか、あるいは注意すると配達
員がいつかなくなるからなのか、2ヵ月に1回くらいは東京新聞が誤配さ
れる。

まあ、そのお陰で紙面を比較できるが、容共左派の東京と保守派の産経
では記事の内容はここまで違うのかとびっくりさせられる。

産経新聞:
<【主張】集団的自衛権提言 非現実的解釈変える好機
2008.6.25

日本が、自国の安全を守り、国際平和に協力していくためになすべきこ
とがようやくまとまった。集団的自衛権に関する政府の「安全保障の法
的基盤の再構築に関する懇談会」が福田康夫首相に提出した報告書の意
味合いは大きい。その実行には日本の命運がかかっているといっても過
言ではない。

報告書の核心は、集団的自衛権行使を認めないとする政府解釈では新た
な安全保障の重要問題に適切に対処できず、従来の憲法解釈を変更せね
ばならない、と明記したことだ。

政府の懇談会が憲法解釈の見直しを求めたのは極めて異例だが、日本が
国際社会の常識と著しく遊離していることが国家存立の基礎を損なう事
態になっていると認識すべきである。・・・

日本は当たり前の国として日米同盟関係を強化し、国際社会とともに生
きることがなによりも求められている。非現実な憲法解釈を見直して国
民や国益を守ることは国家の責務であるからだ>

2面で以上のように書き、5面でも「憲法解釈変更を 安保懇 行使求め
る 独善的解釈(の)ツケの清算迫る」と保守派らしい主張を展開して
いる。

一方の東京新聞もいかにも容共左派らしい主張だ。

<「集団自衛権の解釈改憲」明記 安保法制懇報告ようやく日の目 前
政権「遺産」すでに風化 恒久法論議へ布石 首相はひややか」
2008年6月25日

・・・首相も同日夜、憲法解釈変更について記者団に「変えるなんて話
したことない。憲法は憲法」と否定し、報告書の扱いには冷ややかだ。
後ろ盾を失った・・・前政権の遺産ともいえる報告書は、首相の私的諮
問機関が解釈改憲を明記したという事実だけを残して、歴史的役割を終
える>

報告書を「憲法解釈変更のテコにしたい」産経、報告書を「無意味とし
て過去の遺物扱いにしたい」東京。それにしても国の根幹にかかわる外
交・防衛分野で、同じ日本人なのに180度も違う主張を目の当たりにする
と、2大政党の一翼を野党にはとてもじゃないが担わすことはできない
と嘆かわしくなる。

北朝鮮のテロ支援国家指定解除についても、産経は「拉致解決へ経済制
裁を貫け」、東京は「解決のために経済支援もひとつの方法」という姿
勢だ。

米国のように2大政党のどちらが政権をとっても外交・防衛で大きなブ
レがないどころか、我が国の場合はブレルどころか天地がひっくり返り、
それこそ革命になってしまう。大丈夫か、日本は?

マスコミの言論戦が「言論」のレベルで収まっているが、韓国ではライ
バル紙を蹴落とすために広告スポンサーへ圧力をかけるという「場外乱
闘」が続いている。それに比べれば我が国はまだマシだが、目くそ、鼻
くそで、野党・左派の言論はとても誇れるものではない。



━━━━━━━━━━━━
日本人の皮を被った外国人
━━━━━━━━━━━━


           前田 正晶

これは私が長年言ってきたことである。これは「日米企業社会における
文化の違い」の典型的な例として挙げてきたものの一つである。

具体的には「お客の代弁をする日本人社員」を嫌い「会社の主張をお客
に受け入れさせる、浸透させる、押しつけに成功する社員が評価される
のがアメリカの会社である」ということである。

さらに具体的に言えば「お客の意見、主張を聞くことなく、会社の申し
入れを受けるか受けないかだけを迫って成功するのが良い社員」という
アメリカ企業の文化を指しているのである。

実際にこういう基準に従って行動する社員は高く評価される。極端な表
現をすれば、お客様のご意見などを会社に伝えると「君は何処から給料
を貰っているのか!」と叱られるのだ。

この基準で行動し、日本のお客様から「彼奴は何だ!あれが日本人か?
当事者能力もないメッセンジャー・ボーイではないか」と手厳しく非難
され、嫌われていたある業界の有名な営業マン。

アメリカ社内での評価は抜群に高かった。このような有名人は私が知る
限り最低2人いた。

その中の1人は新卒でアメリカの会社に就職し、上意を尊重しそれに従い、
全くお客の声に耳を傾ける姿勢を示さず、実績も上がって模範社員的扱
いを受けていた。

だが、もう一人の有名人はある時しみじみと述懐した「私は不人気だと
承知しております。でも、上意下達のアメリカ企業ではこうせざるを得
ないのです。非常に心苦しいのですが、私にも生活がかかっています」
と泣いたのである。

要するに、心の底から「日本人の皮をかぶったアメリカ人になったので
はありません」と言っていたのだ。だが、この方は子供の頃から英語を
強制されていたわけでもなく、昭和7年生まれの戦争を知る世代の人であ
る。

しかし、問題点は今や我が国には幼少の頃から英語を教え込み、その結
果もしかすると日本人の心を知らず、アメリカ式の思考体系か精神構造
を持つ青少年を育成してしまうかも知れない危険性が高いのである。懇
談会はこのことに思いを致すべきだった。

英語教育を強化すること自体は決して悪いことではない。だが、国語力
も満足につかない小学校3年から、英語を教えてしまったらどういう結果
になるのかを考慮すべきだった。日米間の文化の違いを認識してから考
えるべき問題ではないか?



━━━━━━━━━
ベトナム役人の収賄
━━━━━━━━━


        渡部亮次郎

東京地検特捜部は東京の大手建設コンサルタント「PCI」が政府開発
援助(ODA)事業受注のためベトナム政府当局者に数千万円の贈賄を
していた疑いがあるとして、ベトナムの司法当局に捜査協力を要請した
模様だ(産経新聞 6月26日付)。

記事に依ればPCIはこのカネを捻出するため関係する香港法人に約1億
8600万円を隠したり、内閣府に水増し請求をしたりしたとして26日まで
に首脳陣が起訴された。

特捜部はベトナムのODA事業受注をめぐる不正競争防止法違反での立
件も視野に,捜査を継続させると見られるそうだ。

関係者によると、PCIは平成15年ごろ、同社の現地社員がベトナム政
府当局者にドル建てで数千万円の賄賂を提供した疑いがあるという。

産経新聞記者の観測では、特捜部は今後、ベトナム政府当局者本人への
事情聴取などの捜査協力も要請すると見られ、不透明な贈賄資金の流れ
の解明を進めるそうだ。

そんなに簡単に行くとは思えない。日本企業がベトナムのODA事業受
注に絡んで政府の担当者に賄賂を渡すという話はかなり前から「常識」
といわれていた。年度予算に計上してある、とも。

だから業界では、PCIだけが特捜の「いじめ」に遭っているのには何
かしら政治的な意図が隠されているのじゃないかとの観測が走っている
らしいが、検事はそんな常識を知らないから珍しがって興奮しているだ
けではないのか。

ベトナムはドイモイの国。経済だけは改革開放という中国と似たところ
がある。役人の贈賄も中国に似て「構造的」になっているのでは無いか。

<ドイモイ(ベトナム語で「刷新」の意)は、1986年のベトナム共産党
・第6回大会で提起されたスローガンであり、主に経済(価格の自由化、
国際分業型産業構造、生産性の向上)、社会思想面で新方向への転換を
目指すものである。

市場メカニズムや対外開放政策が導入され、経済面では大きな成果をあ
げてきた。

ただ、共産党一党支配体制は堅持されている。 切り離せないのは、「社
会主義指向型発展」の理念である。

ドイモイの思想分野の一部で、民富や強国・民主・文明社会を掲げて発
展するという理念。これは中国が目指す「2050年、文明社会主義国」の
系譜を辿っているという見解もある。 

どちらにしても、社会主義国の官から民へ経済思考がシフトしている>。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

政府(共産党)が体制を堅持しようとすれば経済を規制して権威を示す
必要に迫られる。だが、経済は生産性や利益を目指せば限りなく発展を
目指し、規制を跳ね除けようとする。

そこで貧しい役人たちは賄賂と引き換えならばと規制緩和や受注の優先
を匂わせる。これで成立するのが、中国とベトナムでの「構造的汚職」
なのである。

汚職が構造的である以上、彼らにとって賄賂はもはや不可欠のものであ
る。したがって東京地検の捜査協力要請に応じていたのでは大げさにい
えばドイモイが潰れる。産経の見通しは楽観的すぎる。
2008・06・26



━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎「死に神」に被害者団体抗議=「侮辱的、感情逆なで」

13人の死刑を執行した鳩山邦夫法相を「死に神」と表現した朝日新聞の
記事について、「全国犯罪被害者の会(あすの会)」は25日、東京・霞
が関の司法記者クラブで記者会見し、「死刑執行を望む犯罪被害者遺族
も死に神ということになる。侮辱的で感情を逆なでされた」とする抗議
文を、同日付で朝日新聞に送ったことを明らかにした。

抗議文で同会は「法律に従って執行を命じたにすぎない法相を非難する
ことは、法治国家を否定することになる」と批判。記事の意図などにつ
いて同社に回答を求めた。  6月25日18時0分配信 時事通信

 

 ◎インプラント手術で死亡 遺族、歯科医院を提訴

東京都中央区の歯科医院で昨年5月、人工歯根を埋め込む「インプラン
ト手術」を受けた女性=当時(70)=が手術中に大量出血し死亡した事
件で、女性の遺族4人が歯科医院と男性院長を相手取り、約1億9000万
円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こしていたことが25日、分か
った。一方、警視庁は業務上過失致死容疑での立件に向け、詰めの捜査
を進めている。

インプラントは、歯茎からドリルで穴を開けてあごの骨に人工歯根を埋
め込み、人工歯根に義歯を装着する外科手術。入れ歯に比べてかみ合わ
せがよく、見た目がきれいなことなどから、利用者が増えている。院長
は、国内のインプラント手術の先駆者として知られる。

訴状などによると、女性は昨年5月22日、手術中に出血が止まらなくな
り容体が急変。近くの総合病院に搬送されたが、すでに心肺停止状態で、
翌23日に死亡した。司法解剖の結果、死因は口腔(こうこう)内の出血
などによる窒息死と判明。ドリルであごの骨を貫通し、動脈を切断、大
量出血していた。

遺族によると、院長は当日は体調不良だったといい、手術ミスを認めて
いるが、和解に向けた話し合いが進展していない。遺族は「手術は、体
調が万全な状態で行うべきだ。その後の対応にも誠意が感じられない」
と話している。歯科医院側は「訴状を見てから考えたい」としている。
 6月26日8時0分配信 産経新聞


 
 ◎米牛肉の輸入手続き再開  韓国、反対派が搬出阻止

【ソウル26日共同】韓国政府は26日、米国との合意に基づく新たな米国
産牛肉の検疫基準を官報に掲載して告示、昨年10月に停止した米国産牛
肉の輸入再開に向けた手続きが始まった。

 韓国内には検疫前の米国産牛肉約5300トンが冷凍保管されており、通
関当局は同日午後にも検疫を始める方針。しかし労働組合が保管牛肉の
搬出阻止のため倉庫周辺を封鎖しており、検疫ができるか不透明だ。

輸入再開に反対する抗議集会参加者は25日から夜通し青瓦台(大統領官
邸)への接近を図り機動隊と衝突、約130人が連行された。集会主催者側
は抗議行動を強める構えで、混乱は続く見通しだ。

韓国は牛海綿状脳症(BSE)対策として米国からは生後30カ月以上の
牛肉や骨付き肉の輸入を禁じていたが、昨年10月に特定危険部位の混入
が分かり輸入を停止。今年4月、米韓首脳会談前日に米国と合意し制限
解除を決めた。2008/06/26 12:05   【共同通信】
 


 ◎中央市議会議長が万引認める 議員協議会で議長職の辞任表明

山梨県中央市の男性市議が同市内のスーパーマーケットで、代金を支払
わずに商品を持ち出したとして店から事情を聴かれていた問題で、同市
議会は25日、中央市役所田富庁舎で全員協議会を開いた。

関係者によると、河西俊彦議長(72)が出席者の前で商品を持ち出した
ことを認め、議長職を退く考えを明らかにしたという。 

全員協議会には22人の市議全員が出席。市議の「万引疑惑」について追
及し、事実関係を問いただしたところ、河西議長は「確かに私がしまし
た」と名乗り出て、「ご迷惑をお掛けしてすみませんでした」と謝罪。

昨年12月ごろ、代金を払わず栄養ドリンク1本を持ち出し、店側から事
情を聴かれた後、示談が成立したことを認めたという。日時や場所、理
由などの詳細は明らかにしなかった。山梨日日新聞 2008年06月26日 
 


 ◎<ブラジル>アマゾン川流域の「未知の部族」、実は100年前から存
在確認

【メキシコ市支局】ブラジル北部アクレ州のアマゾン川流域で見つかっ
たとされる「未知の部族」の写真が先月公表されたが、実際には約100年
前から存在が確認されていたことが分かった。米誌「ナショナル ジオ
グラフィック」(電子版)などが報じた。

報道によると、この部族は1910年ごろに発見されていたが、開発が進む
につれて存在に疑いがもたれるようになったため、ブラジルの先住民保
護に関する政府組織「FUNAI」が「未知の部族」として写真を公表
したという。ただ、遠方からの観察だけで、直接対面したことはないと
いう。6月26日11時39分配信 毎日新聞
 



 ◎マグロ:71キロ釣った! 三浦・小6女子の小菅綾香さん、沖縄で
初挑戦 /神奈川

小学3年で6・4キロのヒラメを釣り、ジュニア・成人女性部門で日本
記録を持つ三浦市立名向小6年、小菅綾香さん(12)が沖縄・久米島沖
で初のマグロ釣りに挑戦し、体長178センチ、重さ71キロのキハダマグロ
を釣り上げた。

道糸が200メートル以上引っ張られ、途中大雨に見舞われながら約1時間
格闘した末の「大漁」。学校で魚拓を披露した綾香さんに、腕前を知る
同級生も歓声を上げながら健闘をたたえた。

綾香さんはこれまでに、大物のブリやクロダイでも日本記録に認定され
ている。「もっと大きな魚を釣ってみたい」と願っていたところ先月下
旬、俳優の梅宮辰夫さんに誘われて出演したテレビ番組で大物のマグロ
釣り挑戦が実現した。

父親裕二さん(48)が同行した。裕二さんは三浦市三崎町小網代の釣り
船「丸十丸」の船長。裕二さんによると、綾香さんは3歳から乗船して
さおを握っている。

待望のマグロは久米島沖で狙っていた2日目に掛かった。しかし、途中
から綾香さんがリールを巻いても糸がびくともしない状態に。綾香さん
の力だけではリールを巻けないと判断した裕二さんが糸を指でたぐり寄
せながら親子で力を合わせ、マグロを船の近くの水面まで引き寄せ釣り
上げたという。

綾香さんのマグロと梅宮さんのマグロを刺し身にしたところ計750人分あ
った。同級生全員に5人分ずつ、おすそ分けしたという。綾香さんは
「また大きなマグロを釣りたい」と話している。 6月26日  毎日新聞



━━━━━━━
反     響
━━━━━━━


 1)まずハッキリと言っとくが、禁煙したいなどとはこれっポッチも
考えた事はないし、禁煙する気も全くない。タバコが大好きな愛煙家で
ある。喫煙道徳も守っていると宣言する。
  
年金問題、エイズ他の薬害問題、日雇い派遣問題等々で、国民の未来や
健康を食い物にしてきた。この様に国民をコケにし続けてきた厚生労働
省。

このような反国民的な行為を犯しても、結局ウヤムヤに誤魔化して「国
民をだまし続けて」きた。そして、これらの不祥事について誰も責任を
取った者がいない。 やはり国民はバカなのであろうか。
 
今度は、とにかくタバコが憎くて仕方ないという「嫌煙ファシスト」で
ある高橋裕子奈良女子大教授(内科医師)を担ぎ出した。この「女ヒット
ラー」を主任研究者にした研究班を作り、タバコを1000円にすれば、最
大で5兆9000億円の税増収が見込めるとの試算結果をまとめた。

高橋裕子略歴 :

 http://kk.kyodo.co.jp/kenko/thema/takahashiyuko.htm
 
「女ヒットラー」は、税収などどうでも良いのだ、タバコというユダヤ
人を無くせさえすれば、と私などは考えちまうが、結構当っているので
はと思う。
 
「マスゾエ」よ、年金の盗人を牢屋に入れる話はどうなった。

経済の知識、税制問題の知識を全く持ち合わせていない「嫌煙ファシス
ト」である「女ヒットラー」を担ぎ上げれば結論はおのずと決まってい
る。おまえのやろうとしていることは「禁じ手」である。(関東人)



 2)食料自給率 の怪。

渡部様の「頂門の一針」は「目から鱗が落ちる」ような意見、解説が多
く毎日楽しみにしております。

ところで、農林水産省が発表しております食料自給率ですが、これは、
農水省が予算増額要求の資料として、自給率ができるだけ低くなるよう
に計算しているように思えてなりません。
 
例えば卵は余っているのに飼料を輸入しているからとして5%です。米
は95%です。輸入金額計算では高級ワインやキャビアのように庶民が
普通食しないようなものも入っております。

食料安全保障の見地からでしたら、価格は上昇すれば自給できるもの、
輸入できなくても問題ないもの等を整理して計算すべきだと思います。

どなたか「自給率の計算方法はおかしい、とか、こうすべきだ」とされ
るお方はおられませんでしょうか。 (渡辺)


━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


虎ノ門事件(とらのもんじけん)は1923年12月27日に発生した大逆事件。
難波大助が虎ノ門外において皇太子・摂政宮裕仁親王(後の昭和天皇)
を狙撃した事件である。

1923年12月27日、摂政として第48通常議会の開院式に出席する為、自動
車で貴族院へ向かっていた皇太子に、虎ノ門外において群衆の中にいた
青年・難波大助が接近し、ステッキ仕込み式の散弾銃で狙撃した。

銃弾は車の窓ガラスを破り、皇太子には命中しなかったが、同乗してい
た侍従長・入江為守が軽傷を負った。事件後、皇太子は側近に「空砲だ
と思った」と平然と語ったとされる。

その直後、難波は周囲の群衆によって袋叩きにされ、難波の身柄を確保
しようとする巡査は身をもって難波に対する殴打を防がなければならな
かった。難波は後に大逆罪で死刑判決を受けている。

皇太子が狙撃されるという事件は日本中に大きな衝撃を与え、結果的に
日本における皇室崇敬の強さを示す形となった。

当時の内閣総理大臣山本権兵衛は摂政である皇太子に即刻辞表を提出し
た。それを受けた皇太子は12月29日に山本を慰留したが、山本の決意は
変わらず総辞職は認められた。 また、当日の警護責任を取り、警視総監
湯浅倉平と警視庁警務部長の正力松太郎が懲戒免官になった。

難波の出身地であった山口県の県知事に対して2ヶ月間の2割減俸、途中
難波が立ち寄ったとされる京都府の府知事は譴責処分となった。また、
難波の郷里の全ての村々は正月行事を取り止め喪に服し、難波が卒業し
た小学校の校長と担任は教育責任を取り辞職した。

難波大助の生家庚申倶楽部に所属していた衆議院議員の父・難波作之進
は報を受けるや直ちに辞表を提出し、閉門の様式に従って自宅の門を青
竹で結び家の一室に蟄居し、餓死自殺した。長兄は勤めていた鉱業会社
を退職した。難波の処刑後、皇太子は「家族の更生に配慮せよ」と側近
に語った。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

懲戒免官になった正力松太郎を救ったのが後藤新平だった。当時発行部
数たった5万部だった「読売新聞社」の買収を奨め買収資金として当時の
金で10万円を用立てた。

後で分かった事だが10万円は後藤が自宅を抵当に入れて銀行から借り入
れたものだった。加瀬さんが仰るまでも無く、今の日本に後藤ほどの人
物は育ってない。敗戦の悲しみでもある。

入院見舞いをもらったら退院後に「快気祝い」、出産祝いを戴いたら
お七夜に「内祝い」としてそれぞれお返しをするものだと親に教えられ
た。それを教えられてない若者がいる。教えてやるべきだが、こちらが
当事者ものだから催促と取られかねないと未だに沈黙している。

26日は、午前中は21階階段の昇降で代替。午後の晴れ間を縫って1万歩を
歩いてきた。27日は曇りの予報。散歩可能だろう。このところ血糖値も朝、
夜の血圧も好調。

特に血糖値は100を割る事多い。17日 (朝)103-(夕食前)120 18日
115-112 19日(乳酸水再開)114-97 20日 111-77 21日89-98 22日
115-114 などという具合。乳酸水が膵臓に効き、インシュリンを出させ
ているのだろう。

ご投稿、ご感想、ご意見を待っています。読者:3584

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/
--------------------- Original Message Ends --------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2008/06/27

    加瀬英明は「語彙」が豊富で教養の高い人とお見受けいたしました?、「フカシスギ」