政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針 1113号  08・03・05(水)

2008/03/05

□■■□───────────────────────────□■■□
 わたなべりやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 1113号
□■■□───────────────────────────□■■□  


         平成20(2008)年3月05日(水)


                         岩手山麓で日米の雪中合同演習:古澤 襄

                  「先祖返り」成るか:石岡荘十

                             花粉症に戦(おのの)く:渡部亮次郎

                                   散歩にならぬハノイ:渡邉由喜

                                 「宮里藍帰国せよ」論:前田正晶

                         話 の 福 袋
                         反     響
                         身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第1113号            
                              発行周期 不定期(原則日曜日発行)
           御意見・御感想はchomon_ryojiro@yahoo.co.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。

       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━━━
岩手山麓で日米の雪中合同演習
━━━━━━━━━━━━━━


             古澤 襄

東京の新聞を見ているかぎり岩手山演習場で雪中の日米共同訓練が始ま
ったことを知る由もない。米ソ冷戦時代には北海道の演習場で日米の雪
中共同訓練が行われた。陸上自衛隊の”特車”と称する戦車も投入され、
実戦さながらの訓練が行われている。

今、この時期にロシアが日本に攻めてくることなどあり得ない。中国を
仮想敵国にするならば、雪中演習の必要はない。八甲田山の悲劇は日露
戦争を予測した弘前師団の訓練であった。どこを仮想敵国にしているか、
言わずとも自明の理であろう。

折から韓国では米韓合同軍事演習の「キー・リゾルブ」と野外機動訓練
「フォールイーグル」が開始されている。北朝鮮は「朝鮮半島の非核化
と平和に対する露骨な挑戦だ」と非難した。一連の動きをウオッチして
おく必要がある。

<陸上自衛隊第九師団と米軍の共同訓練が3日、岩手山演習場(岩手県
滝沢村、八幡平市)で始まった。

開始式では、第9師団第5普通科連隊の田草川茂人1等陸佐が「自衛隊
と米軍の深い信頼こそが日米安保体制を強固にする」、米アラスカ陸軍
のジョン・ウォイト中佐が「異なる戦術や技術を互いに学び合ってほし
い」とあいさつした。

訓練には計570人が参加。16日まで、実弾やヘリコプターを使い、約500
メートル先の敵を狙う積雪地戦闘射撃など5項目の訓練を行う。12―
14日には、約3キロ先の丘に陣地を構えた敵軍を、日米が別ルートから
連携して攻撃する総合訓練にも取り組む。(河北新報)>

2008.03.04 Tuesday - 07:36 comments(0) trackbacks(0) by 古澤襄 
杜父魚ブログの全記事・索引リスト(3月3現在1605本)



━━━━━━━━━
「先祖返り」成るか
━━━━━━━━━


         石岡 荘十
 
米民主党の大統領候補は「オバマ優勢」と伝えられている。ニュースを
見てひらめいたのは、アメリカが10万年ぶりに「先祖返り」を果たすか
もしれないという人類遺伝学上の“結論”だ。

オックスフォード大学人類遺伝学ブライアン・サイクス教授はDNA遺伝子
が、古い骨にも残っていることを突き止めたと‘89年の「ネイチャー」
誌に発表した。

その直後、‘91年、ドイツの登山家がイタリア・アルプスで発見したの
が5000年前の人類の死体だった。死体は後に「アイスマン」と呼ばれる
ようになる。

サイクス教授が鑑定したところ、アイスマンから取り出したDNAが現代の
ヨーロッパ人から取り出したDNA のサンプルとまったく同じ配列だった
ことを突き止めた---。

つまり、5000年前のアイスマンは、現代ヨーロッパ人のご先祖様だった
ことになる。その後の、詳しい研究経緯や成果は、「イヴの七人の娘」
(ソニー・マガジンズ)に譲るが、結論はこうだ。

現代のすべての人類、ホモ・サピエンスのDNAサンプルを遡ると、10万年
前、アフリカにいた1人の女性にたどり着く。サイクス教授は、この女
性を「イヴ」と名づけ、その7人の娘たちこそがすべての人類、ホモ・サ
ピエンスの“始祖”であることを科学的に証明している。

「イヴ」はじつは黒人だった。その7人の娘たちの子孫が、まず近東に、
そしてヨーロッパに、さらにシベリアを経由してアメリカ大陸に、その
途中でアジア---へと移動していった。

この考え方は、突飛な仮説ではなく、考古学にも支持されている。つま
り、この論理を覆す科学的な反論は今のところ、ない。

では、イヴの父母は? という疑問が出てくるが、その先は、「ネアン
デルタール人、ホモ・エレクトスであり、さらにその先は---キリがない」、
人類以前の世界になってしまう。教授の人類遺伝学の分野を超えるとい
うわけだ。

サイクス教授によれば、その頃(10万年前)、アフリカには異なったDNA
を持つ13群(グループ)がいたが、イヴの群を除くほかの群の子孫は、
この10万年の間に、女の子が生まれなかったか、厳しい自然条件の中で、
世界へ移動する過程で途絶えた---としている。

DNAは女性によってのみ子孫に引き継がれる。女の子がいない親のDNAは
途絶えることが証明されている。

女の子がいて、10万年のさまざまな厳しい気象条件を克服してDNAを継承
し、生き残ったグループが、DNAの一部に突然変異を起こし、白人や黄色
人種となっていった。

さて、オバマ候補である。近いルーツはアフリカ・ケニアと伝えられて
いる。

その先のルーツについての報道は目にしていないが、10万年単位で人類
の歴史を見ると、オバマ候補こそ、肌の色といい、「七人の娘」の素質
をきっちり引き継ぐホモ・サピエンスの正統な継承者といえるかもしれ
ない。

つまり黒人のオバマ候補は人類遺伝学的には、本家筋の知性的なぼんぼ
んなのである。クリントンのような白人、われわれ黄色人種は「イヴ」
から見ると、「変な色の子」、いわば“亜種”ということになる。

オバマ候補が、もしアメリカ大統領になるようなことがあれば、これは、
イヴ以来の10万年ぶりの「先祖返り」だ。

この間、アフリカから黒人を”拉致“し、奴隷として酷使した悲惨な歴
史がある。そして差別は今も厳然として存在する。

それも、オバマ候補の「先祖返り」を見越して、いってみれば”分家の
本家苛め“を諌めるために、10万年かけて神が仕組んだ巧妙な必然、と
いうのは考えすぎか。20080303



━━━━━━━━━━━
花粉症に戦(おのの)く
━━━━━━━━━━━


         渡部亮次郎

数年前から花粉症になった。シーズンになると外出しようものなら鼻水
と涙が止まらない。目は痒くて堪らない。今年(2008)も3月入り。そろそ
ろかと戦いている。

花粉症は体内から寄生虫を撲滅しすぎたためとする説を唱え、自ら腸内
にサナダ虫を入れた教授がいる事は耳にしていたが、4日朝、ラジオ深夜
便に登場した。「皆さん」の放送局もアジなことをするじゃないか。

<藤田 紘一郎(ふじた こういちろう)、1939年生まれ医学博士。東京
医科歯科大学名誉教授。花粉症の原因を寄生虫を撲滅しすぎたためとす
る説を広めたことでも知られる。

自身の研究の一環として、自らの腸内で“きよみちゃん”と名付けた寄
生虫と共生している。人間総合科学大学教授。専門は、寄生虫学、感染
免疫学、熱帯医学。

中国東北部(旧満州)生まれ。感染免疫学・寄生虫学の視点から公衆衛
生についての執筆多数。特に寄生虫関連の一般書で広く知られるように
なった。>出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

インターネットで追跡したら2004年4月18日に福井県職員会館101号室で
のご講演速記録に出合った。第22回「ちょっといって講座」での「人と回
虫とウイルスの深い仲」。ご好意に甘えて部分引用をさせて頂こう。

<アトピー、ぜんそく、花粉症は40年前にはなかった病気ですが、なぜ
今日こんなに増えてきたかです。

スギ花粉症になる日本人は5人に1人です。日本で初めてのスギ花粉症
の症例は1963(昭和38)年に出ました。日光のスギ並木は17世紀に植えら
れましたから、17世紀からスギ花粉は飛んでいるということです。

17世紀の日本人は回虫にかかり、いろんな細菌がいましたから、それが
アレルギーを抑えていたのです。ぜんそく、花粉症、アトピーは1950(昭
和25)年には全くなかった。それが1965(昭和40)年以降急激に増え出した。
1950年の回虫感染率は62%でした。回虫の感染率が5%を切った1965年
から増えだしたわけです。

35年前には奄美大島の住民の5%〜10%がフィラリア病にかかっていま
したが、われわれの研究で1978年フィラリア病は日本から完全になくな
ってしまいました。回虫などの寄生虫も同じように減ってきました。

その後インドネシア・カリマンタン島に調査に行きました。カリマンタ
ン島の子供たちは、うんこが流れている川で元気に水遊びをしているわ
けです。

私が、こんな汚いところで遊んでいると病気になるよというと、子供た
ちはうんこ・おしっこがなぜ汚いのかと聞き返すのです。

ところが、この子供たちの肌はつるつるしておりアトピーがない、ぜん
そくがない、花粉症がないのです。なぜアレルギー病がないのかという
のが私の生涯の研究テーマになりました。

50年前、私が小学生の頃はほとんど全員が回虫を持っていました。駆虫
のために、用務員室で海人草をグツグツと煮たものを飲まされました。
ものすごく苦いのです。

夜になると、肛門から回虫が出てくるのですがそれを引っ張り出して、
洗って学校へ持って行くのです。一番長いのは1等賞、数が多いのは最
多賞です。翌日は先生の机の上には回虫が山盛りになっていました。

しかし、誰も変には思っていませんでした。寄生虫は全員いるものだと
思っていました。そのころ杉鉄砲という遊びをしていました。竹筒に杉
の実を入れてパチンと打つわけです。

その実を取るときには全身花粉まみれになっていましたが、誰も花粉症
になっていませんでした。私は子供の頃の経験とインドネシアの調査か
ら回虫がアレルギーを抑えている!と思いました。

ところで、一旦アトピーやぜんそくになると、なかなか治りません。ア
レルギーを完全に治す薬がないのです。簡単に言うと、肥満細胞が破れ
た状態がアレルギーです。

肥満細胞はいろいろな部位の粘膜にあります。鼻の粘膜の肥満細胞が破
れヒスタミン、セロトニンが出ると、くしゃみ、鼻水、鼻づまりになり
ます。

気管支の肥満細胞が破れると、気管支喘息に、皮膚の粘膜の肥満細胞が
破れると皮膚が赤くなりアトピーになります。アレルギーを治す薬とい
うのはこれまでは抗ヒスタミン剤が主です。肥満細胞が破れて出てきた
ヒスタミンを中和する働きをします。

アトピーになると肥満細胞が破れ続けているわけです。その出てきたヒ
スタミンを中和するわけですから、根本的な薬ではないわけです。

ところが、寄生虫から取り出したアレルギーを抑える薬は肥満細胞を覆
い、肥満細胞を破れなくする根本的な治療薬になるわけです。この寄生
虫由来の薬の遺伝子を決めて、これを大腸菌の遺伝子の中に入れて増や
せば大量の薬を手に入れることができるわけです。

15歳の女の子ですが顔がアトピーでタダレて人前にも出られず、3度自
殺しかけたというのです。そこで、私にサナダムシで治療して欲しいと
いうのです。

その子にサナダムシを飲ませ、ナオミと名前をつけ、お腹にナオミちゃ
んがいるんだから勝手に自殺してはいけないと諭しました。その後彼女
はだんだんアトピーが治り今年早稲田大学に入りました。

しかし、寄生虫での治療は日本では出来ないことになっています。先日、
学長に呼ばれました。「藤田君2つ質問する。サナダムシは食べ物かい」
というので、「食べ物ではないと思います」と答えました。

次に「サナダムシは薬かい」というので「まだ薬にはなっていないと思
います」と答えました。すると学長は「薬事法違反と食品衛生法違反で
逮捕する」というのです。

そこで私は「学長は納豆を食べるでしょう。ヨーグルトを飲んでいるで
しょう。生きたバイ菌を食べているじゃないですか、寄生虫と同じでしょ
う」といいました。すると学長は「違う、サナダムシは腸管を食い破る」
というのです。

「とんでもない、私はサナダムシを数年間飼っています。最初はサトミ
ちゃん、次はヒロミちゃん、キヨミちゃん、今はナオミちゃんがいます。
私はこんなに元気です。おかしいじゃないですか」と反論しました。

私は寄生虫体からアレルギー反応を抑える物質を分離し、その特許を取
り、アメリカのベンチャー企業と組んで薬をつくりました。ところが困っ
たことが起こりました。

この薬は、アトピーは一発で治すのですが免疫のバランスを崩してしま
い、ガンになりやすくなるのです。

免疫はTh(ヘルパーT細胞)1とTh2という2つの工場でできてい
ます。ガン細胞を見つけてやっつけるのがTh1、アレルギーを抑える
のがTh2です。この2つがちょうどシーソーの上に乗った状態にあり、
バランスをとっています。

みなさんは毎日3000個以上のガン細胞が出来ているのをご存じですか?
でも、われわれが簡単にはガンにならないのはTh1が見張っていて、
インターフェロンを出したり、ナチュラルキラー細胞に命令してガン細
胞をやっつけているからです。老化するとガン細胞を見逃すことが多く
なり、ガンになりやすくなるわけです。

私が作った薬は、免疫のバランスを崩しTh1が小さくなってしまうの
です。ガン細胞が出てきても見逃す確率が多くなるわけです。私の研究
は西洋医学の限界を示しているといえます。

寄生虫はみんな悪者かというとそうではないのです。人の寄生虫は人の
中でしか子供を産めないわけです。だから、人の寄生虫は人を大事にす
るわけです。動物の寄生虫は動物を大事にするわけです。

寄生虫、ウイルス、細菌というのは独りでは生きられない。必ず宿主が
必要です。だから、その宿主は大事にする

若い女性の膣炎が非常に増加しています。原因は洗いすぎです。小便の
度に洗っている。洗うときれいになると思っているようです。

しかし、女性の膣がきれいなのはデーデルライン乳酸菌がいるからです。
グリコーゲンを食べて乳酸をつくっています。乳酸は酸性です。だから
膣は酸性に保たれており、雑菌が入り込んでも死んでしまう。

ところが、膣を洗うとデーデルライン乳酸菌が流れて膣は中性になりま
すから、雑菌が増えて膣炎を起こし、おりものが増えます。

トリコモナス膣炎というのがあります。トリコモナス原虫が寄生して起
こりますが、トリコモナス原虫は何の悪さもしません。トリコモナス原
虫を膣の中へ入れるとデーデルライン乳酸菌の餌になるグリコーゲンを
横取りしてしまいます。

餌が無くなりデーデルライン乳酸菌は死んでしまい、膣内は中性になる
ので雑菌が増えて炎症を起こします。膣の洗いすぎと同じです。

西洋医学で手をつけられないのは免疫のバランスが重要因子である疾患
です。アレルギーとガンは免疫の両極端にあります。日本癌学会は何十
億円と使って研究していますが、ガンの発生を止めることはできていま
せん。

アレルギー学会も何十億円と使っていますが、毎年アレルギー患者が増
えています。今こそ、東洋医学的な発想が必要です。東洋医学とは個人
個人のバランスを見る学問です。

ガンの治療薬に丸山ワクチンがあります。最高のワクチンだと思うので
すが、西洋医学はそのようなものを認めないのです。丸山ワクチンを投
与するとTh1が大きくなります。

ところが丸山ワクチンにはいろんな成分が入っているのでTh2も大き
くなるのです。丸山ワクチンではガンも抑えられるし、アトピーも抑え
られるわけです。西洋医学ではどちらに効くかをはっきりさせようとす
るから認めないのです。

西洋医学的な考え方で足りないことは「自然治癒力」という概念です。
それをもっと大切にしなければなりません。自然治癒力とは、自然の中
で生きてきた力です。2008・03・04

第22回「ちょっといって講座」
http://www.mitene.or.jp/~ryuzo/chotto/22fujita.htm



━━━━━━━━━
散歩にならぬハノイ
━━━━━━━━━

            
          渡邉 由喜

ハノイは世界の中でも緑が多く湖が多い都市だと友人から聞いた。だが
緑が多いのは地上10mから上で、そんなもの、地面で生活する人間には
ほとんど関係ない。

湖はもちろんあちこち見かけるが、これとて美しく見えるのは、ずっと
離れた所からのみ。湖畔に行くと、間違って落ちてはならないと5歳の
子でもわかる。そしてハノイに住んでみて驚いたのは、こんなに歩けな
い街もないのだ。

歩道はほとんど機能していない。レストランなどバイクを駐輪させて見張
り番は小銭を稼いでいるし、移動店舗は歩道いっぱいに売り物を広げて
いるし、店を構える商店も同様、前の歩道を自由に使って商売している。

商店の前で店番は髪を洗い白髪を抜きっこし、煮炊きをし、子供を追い
食べさせている。だから歩道を歩いていると頻繁に車道に迂回せざるを
得ない。

しかし車道は阿吽の呼吸で走るバイクと、そこのけそこのけとばかりに
突っ込んでくる車の無法地帯で、よほどの強心臓か無知でなければ、リ
ラックスした気持ちでのんびり歩くなんて出来ない。

天秤棒をかついだ老女が街を歩いているのは、昔からの習慣であること
と、そうするしかない経済力である。それが証拠に、歩いている者で、
服装が垢抜けている青年から中年を見ることはまずない。

街を散歩するのは外国人旅行者が九分九厘じゃないかと思う。アジアカッ
プで日本のサッカー選手がホテル周辺の道路をジョギングしているのを
見たベトナム人は目を剥いた。街でジョギングするとは無茶もいいとこ
ろ。気候的にもそうだが、足元が悪過ぎる。かえって体を壊す。

住んでいる外国人は、どこかのホテルのスポーツジムの会員になってい
る場合が多く、そうでなければ住んでいるアパートにそういった施設が
併設されているからそこを利用して運動不足を解消する。

10年近くも住んでいると、様々に努力した。街をなんとしてでもと歩い
たこともある。何度もバイクに突っ込まれそうになるし、喉が痛くなる
しでやめた。

ジム付きのアパートに住んでいた頃は、なるべく利用していたが、そこ
は息子の幼稚園の散歩コースで(幼稚園も散歩する所がないのだ)、ガ
ラス張りの見世物状態だったので行くのが大層厭だった。

ホテルのジムの会員になっていたこともある。ウォーキングマシンの上
でたった1時間歩くのに、プラス1時間の「往復とシャワー」で計2時
間必要になる。いつの間にか時間が足りなくなり止めた。

一番合理的だったのは、自宅でテレビを見ながらその場で足踏みするこ
と。これならいつでも出来るし、テレビを見ているから退屈もしない。
汗をかけばすぐシャワーを浴びられる。しかし「その場足踏み」は虚し
い。ウォーキングマシンのまやかし振りが私には限界だ。

それでも1年は続けた。が、最近はお休み中である。新しいお手伝いさ
んになったら、1日中誰かが家にいることになってしまったのだ。さす
がに人前で「その場足踏み」は恥ずかしい。家族の前でも恥ずかしい。
今は夕食に食べ過ぎて消化しない時だけ言い訳しながらやっているが、
息子がニヤニヤ見ている。

こんな具合だから、たまに一時帰国すると、最初は足が慣れなくて夜に
なるとパンパンに腫れ痛くなる。まだ何とか数日で慣れる年齢だからい
いが、そのうち確実に歩けなくなる。緊急にナントカセネバなのだ。渡
部氏が散歩のことを書くたびに、私は焦る。

今日は久し振りに息子やその友達を連れて公園に行って歩き回った。初
めて行く公園だったが、あぁここにもか。注射針が落ちている。別の大
きな公園でも遊歩道を歩いていると、大量の使用済み注射針を発見する
ことが少なくなく、子供を連れて行けないから止めてしまった。靴の底
を通して針が刺さるという事件も少なくないらしい。

毎週末、子供をどこに連れて行こうかと悩むたびに、自分の運動不足も
さることながら、ハノイは歩く場所、走る場所、遊ぶ場所がないと感じ
る。せっかく治安がいいのに、勿体無いことだ。いくら空から見て緑と
湖が多くても、ちっとも意味がない。

ベトナムの女性はスレンダーな体型だが、その割に体脂肪が高いと言う
のも、運動をしていないからだと思う。

こうなったら恥も何も捨てて、ベトナム人のおばちゃんに混じって、朝
早くか夜遅く、公園で集団大音量でエアロビクス+太極拳+エクソサイ
ズの変な踊りに加わるしかないかもしれない。最初に見ると誰もがまず
大爆笑するあの集団に。ハノイ喜怒哀楽(61)



━━━━━━━━━━
「宮里藍帰国せよ」論
━━━━━━━━━━


          前田 正晶

私は「あの身体ではアメリカ人その他の外国人の中に入ってスポーツを
するのは得策ではない」と思っている。だから、帰国せよと言うのだ。

簡単に言ってしまえば「文化の違い」である。だが、問題はそれほど単
純ではないと思う。彼女が「アメリカというシステム」にどれだけ馴染
み、何処まで対抗できるかであろう。

アメリカでは物事は須く彼らの体力と体格を基準にして設計されている。
それが我々にはどれだけ負担になるシステムであるかは、その中に入っ
てみなければ解らない。いや、解らない場合だってあると思っている。

それに耐えていくことと、彼らと対等にやっていくことは別問題である。

我々はスポーツ選手ではないから基礎体力のみの勝負をしているわけで
はないのだ。だが、現実には体力で勝負して、さらに仕事、すなわち頭
脳労働の面でも対等になるまでやらねばならない。

体力と頭脳の何れかで対抗できれば良いのではなく、両方を備えていな
ければならない。そんなことは当たり前であると言いたいだろう。それ
がどれだけの体力消耗戦かは「やってみなければ解らないじゃないです
か」と小泉前首相のように言うしかない。

私は半ば諧謔的に「アメリカの会社で何とか仕事をこなしていくのに必
要なものは、口から下だけで頭は要らない」と言って説明してきた。

宮里藍が直面しているのはこの問題であろうと思う。それは、「ゴルフ
さえ上手ければ賞金も取れて、生活は成り立つ。英語は今でも少しは判
っている。向こうに行けば実地訓練で上達して何とかなるだろう」と考
えたのではないかと推察している。その点は自分も似たり寄ったりだっ
たから言うのだが。

だが、そこに立ち塞がったのが社会システムと通念の違いだった。そこ
に体力という基本的な問題が、想像以上の激しさで襲ってきたのだ。

ある時、私の2週間ほどのアメリカ国内の出張予定表を見たサン・フラン
シスコ駐在の商社員が「こんな無茶な計画では死ぬよ」と警告した。彼
はすでに体格と体力の基本的違いを見抜いていたのだった。

現実には猛烈な肩こりと、常に襲ってくる頭痛に悩まされていた。国内
のホテルのマッサージ師にも何度も注意された。

この違いは正直に言って想定外だった。対策は自分の身体を慣らす以外
にはないのである。しかも、我々には時差が待っているのだ。そこにさ
らに「文化の違い」も入ってくる。英語だって負担がゼロであるはずが
ない。

初めの間は常に上を向いて話さざるを得ないと感じていた。これは身長
の差だけではなく、何か見えざる壁に向かって語っているかの間があっ
た。上向き会話の悩みは時間が解決してくれたその壁と体力差を乗り越
えて初めて彼らと対等に近くなると思っている。

確認しておくが、頭脳のことではない。頭脳の力を発揮できるまでに乗
り越えるべき障害物のことである。宮里藍はこれを乗り越えた上で、力
で勝負するゴルフを、あの身体でやらねばならないである。

すなわち、見えざる壁とゴルフの業で競う世界に入って、あの結果であ
ろう。パットがどうの、飛距離がどうのという問題ではないと懸念する。

但し、この論法に破綻がくるとすれば「何故、韓国のゴルファーは男女
ともアメリカで世界の一流選手の中で堂々とやっているのだろう」とい
う問題ではないか?020408



━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎オバマ氏に熱烈な応援届いた…福井・小浜市を「ナイスタウン」 

米大統領選の民主党候補指名争いで、バラク・オバマ上院議員(46)が、
同氏に乗っかり町おこしをしている福井県小浜市について「ナイス タ
ウン」とコメントしたことをテレビ朝日が報道し、同氏の発言を聞いた
小浜市長が3日、喜びの声を上げた。

オバマ氏は2日、遊説先のオハイオ州で、報道陣に小浜市を知っている
かを聞かれ「Yes nice town」と回答。その様子をニュー
スで知った同市の村上利夫市長(75)は「『ナイスタウン』はゴロもよ
い。うれしいです」と話した。

小浜市によると、小浜市とオバマ氏は2006年12月、来日したオバマ氏に
税関職員が「私は小浜市出身です」と話しかけ、オバマ氏が「私は小浜
から来ました」とジョークで返したことがきっかけ。以来、返信はない
ものの手紙や大統領選に向けた必勝ダルマを贈るなど一方的にアプロー
チを続けてきた。

村上氏によると現在、小浜市では米大統領選の話題で持ちきり。「オバ
マまんじゅう」「オバマハンバーグ」など便乗食品も登場。「スーパー
チューズデー2」とも呼ばれる3月4日の予備選では、同市内でパブリ
ックビューイングが行われる。今回の“お墨付き発言”で「市民の熱が
さらに上がるでしょう」と村上氏は話す。

小浜市では当選した場合に、同市とオバマ氏出身のホノルル市の友好都
市締結をオファー。さらに村上氏は「当選したら小浜に来て若狭塗のは
しで、若狭ガレイなどを食べてほしい」と期待をふくらませた。

 ◆4日予備選テキサス州、オバマ氏が差を広げる

○…4日に予備選が行われる大票田のテキサス州について、オバマ氏が
支持率を47%とし、43%だったヒラリー氏との差をやや広げた。ロ
イター通信が2日発表した、一方、世論調査機関ゾグビー社の調査では、
オハイオ州でヒラリー氏の47%に対して、オバマ氏が46%と追い上
げている。両州とも2週間前には2けたの差でリードしていたはずのヒ
ラリー氏は、苦しい戦いとなっている。3月4日8時1分配信 スポーツ報知


 ◎KONISHIKI、ダイエットで胃切除

元大関でタレントのKONISHIKI(44)が、痩せることを目的に、
胃を小さくする手術をハワイで受けていたことが分かった。3日更新の
自身のホームページで明らかにした。

KONISHIKIが受けたのは、過度の肥満患者に対して行われる
「ガストリックバイパス」という外科手術。小さくした胃と小腸をつな
ぐバイパス手術で、食物の量を制限し、カロリー摂取を減らす効果があ
るという。

「手術はとてもスムーズに行ってドクターもびっくりしていたくらいで
した!術後の経過もとても良く、今の所は順調です!!」とKONIS
HIKI。ファンや関係者に向けて感謝の気持ちを示すとともに、今後
しっかりと体調管理をしていくことを約束した。3月4日8時27分配信 
産経新聞
 
 
 ◎ペンタゴンの「中国の軍事力」報告は「台湾侵攻能力を超える」と
予測 中国の軍事予算は1390億ドル(公表の450億ドルの3倍強)

ワシントンタイムズの辣腕記者ビル・ガーツがすっぱ抜いた。

3日付け同紙は、ペンタゴンが作成中の「中国の軍事力」報告に依ると
中国の軍事予算は公表されている450億ドルの3倍強、1390億ドルに達し
た、とした。

ロシアからの武器購入を止めて、国内システムの整合を急いでいるとす
るNYタイムズの観測とは真っ逆さまの予測である。

ペンタゴンは中国の軍拡が

(1)スピードをあげており

(2)周辺諸国に脅威を与えており、

(3)ハッカー技術が革命的に向上し、

(4)先制攻撃能力を地域的戦力としては備えだし、

(5)公務員、ビジネスマン、科学者をスパイにリクルートしようとす
る大規模で大胆な諜報活動が同時に進んでおり、米国だけでも400件のス
パイ事件の捜索がなされ、

(6)台湾向け短距離ミサイルのCSS6,CSS7が990基から1070基
実戦配備済みさらに、毎年百基のペースで増えている。

(7)もしシーレーン防衛能力も備えるようになれば、目前の台湾侵攻
以上の軍事力を保有することになるだろうと結んでいる。

「ワシントン・タイムズ」紙は老舗「ウォール・ストリート・ジャーナ
ル」、名門「クリスチャン・サイエンス・モニター」紙とならぶ保守系
の新聞。共和党政権、ペンタゴンなどの情報源からの速報が多い。
<「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 平成20年(2008年)3
月4日(火曜日) 弐通巻第2111号>
  

 ◎<自転車>3人乗り再検討…警察庁、対応車開発を業界に要請

道路交通法で禁止されている自転車の前かごと荷台の両方に幼児を乗せ
る「3人乗り」について、警察庁が容認の方向で検討を始めた。母親ら
からの要望が相次いだため。しかし、3人乗りでも安定走行ができる自
転車の使用が前提となる。 

同庁は4日、社団法人「自転車協会」などに3人乗り対応の自転車の開
発を要請した。

都道府県公安委員会の規則では、幼児用座席に6歳未満の幼児を1人乗
車させることが認められ、東京都では加えて幼児を1人背負うことも2
人乗り扱いで認められている。同庁は今春、「交通の方法に関する教則」
を30年ぶりに見直し、3人乗りは危険だと盛り込む方針だった。

ところが、母親らから容認を求める声が相次ぎ、再検討を開始。3人乗
りでも安定走行できる自転車が開発されれば、公安委員会規則を改正し
認めることにした。3月4日12時0分配信 毎日新聞


 ◎ 英情報機関、第2次大戦中に占星術師を雇っていた=文書

[ロンドン 4日 ロイター] 英情報機関が第2次世界大戦中に占星
術師を雇っていたことが、同機関が4日に公表した秘密文書により明ら
かになった。

文書によると、この占星術師は自らを「現代のノストラダムス(フラン
スの占星術師)」と称するLouis de Wohl氏。功績を認められ、英陸軍大
尉の位を与えられたという。

あるスパイトレーナーは、同文書の中で「多くの人が(Louis de Wohl氏
の能力を)偽物だと考えていたにもかかわらず(同氏の)予言を求める
人たちが大勢いた」と記している。3月4日13時24分配信 ロイター
 

 ◎中国での委託生産縮小   JT、自社工場に切り替え 

日本たばこ産業(JT)の木村宏社長は4日、都内で記者会見し、中国
製ギョーザ中毒事件を受けて、中長期的には中国での冷凍食品の製造委
託を縮小する方針を表明した。完全子会社化する加ト吉を含め自社グルー
プ工場での生産に切り替えていく。

また食品の安全管理体制を強化するため、5月には茨城県に、7月には
中国・山東省にそれぞれ品質管理を担当する独自の検査センターを新設
する。

中国にも担当者を駐在させて委託先工場での安全管理を強化するほか、
これまで年間1−2回だった製造工場への検査回数も増やす。これまで
は日本から定期的に担当者が訪問して工場を検査するほかは、生産を委
託していた中国企業に管理を任せていた。

また冷凍食品などの原材料や産地などの情報についてはホームページな
どで公開していく。  2008/03/04 16:15  【共同通信】 

 

━━━━━━━
反     響
━━━━━━━


 1)近頃のニュースには血湧き肉躍るような吉報がない。新聞もテレ
ビも自虐的な姿勢に徹して国民を、といっても私一人だけか?落胆させ
ることに専念しているのかと思う。

もともと、テレビに依存しているのは映像効果が期待できて速報性があ
るニュースと、巨人戦ではないスポーツ中継である。それ以外には出演
者の顔触れから直ちに犯人が分かってしまうサスペンス・ドラマを見る
くらいだろうか。

曰く、イージス艦の漁船との衝突→防衛省の隠蔽体質?。中国に弱い政
治家。日銀総裁人事不同意、民主党のである。円高。消費者と直結する
物価の値上げ、値上がりではない。年金問題の処理不手際。三浦和義が
サイパンで逮捕される。

中国の餃子問題に対する高姿勢。福田内閣支持率下落。食品等の偽装。
環境問題グループの調査捕鯨船への蛮行。アメリカ大統領選挙に向かっ
ての民主党の内戦の詳報。

未だ他にもあるだろうが「矢張り日本は良い国だった」と実感させてく
れる話題が少ない。

マスコミにはもう少し視点(目線ではなくて)を変えて、国民を勇気百
倍させてくれるようなニュースを伝えるように努力して貰いたいものだ。
メージャー・リーグ(メジャーではない、念のため)に移って行った日
本人選手の動静等はニュースの価値がないだろう。

立派な政治家だって偶にはいるだろう。世の中には損をしている会社ば
かりではないはずだし、世界で広く評価されている日本の技術だってあ
ると思う。

それだけではない。国際的な組織がやたらに規則を弄り回して日本が負
けるように仕組んでいるとしか思えないような柔道や、ハンドボールや
レスリングの判定問題や、一寸古いがバレーボール等で、こういうけし
からぬ上部団体を真っ向から批判するような、日本の立場からの正当な
批判を展開したらどうだろう。

あの有様では国民が奮い立たないと思うよ。以上 前田正晶


 2)これはある衆議院議員のメルマガの文章ですが、私が前々から思
っていたことをずばりと指摘しています。国会運営の非効率極まりない
実態は、企業の中で切磋琢磨してきた者にとって許しがたい怠慢です。
ぜひ、貴マガジンでご紹介いただきたく願っています。

「採決で荷崩れしたようだ。(衆議院で不正常な形で採決されると、野党
が審議拒否に入るので参議院での審議がすぐに始まらない。これを荷崩
れという。)

予算が徹底審議されたかどうか、いろんな人がいろんなことを言ってい
るが、予算が徹底審議されているはずなんかないのは、与野党ともによ
くわかっているはずだ。

少なくとも、今の予算委員会で何十時間審議やりましたなどというのは
ほとんど意味がないし、それを与野党ともにわかっていて、今のような
ことを言い合っているのは、政治不信につながる。

200兆円を超える予算を議論しようというときに、予算委員会で、一人が
延々と質問し、それに答弁のない閣僚も椅子に座らせてつきあわせる等
という馬鹿なことをやって、まともな議論ができるはずがない。

何十時間の予算審議というが、質問しているのは常に1人だけ。多少、
分科会などをやってお茶を濁しているが、あまり意味はない。そろそろ、
国会における予算審議とはどういう風にやったらよいのかということを
真面目に考えるべき時だ。

予算委員会では、総支出やプライマリーバランスなどの大枠を議論する
ことにして、それぞれの常任委員会で各省の予算を徹底的に審議し、外
務委員会などでは本省予算とODA予算を小委員会などで分けて議論す
べきだ。

今の予算委員会では、全く昔さながらに、1年生議員は先輩の穴埋めを
するために待機させられている。1年生であっても衆議院議員なのであ
るから、そんな馬鹿なことに時間を使わずに、各省の予算についてきち
んと議論する場を与えられてしかるべきだ。

やったふり予算委員会を与野党共同で演出するのはもうやめるべきだ。」
(たま)



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


お詫び;「亜久悠」は「阿久悠」の誤植でした。お詫びして訂正します.
変換違いですね。校正が一番嫌いだが、嫌われるのはもっと嫌い。

都内での杉花粉飛散のピークは7日(金)との情報。サナダ虫を入れる気は
無いが、いよいよとなればホルモン剤を打つ心算で算段はしてある。大
手町にある。

それにしても藤田教授の理屈には説得力がある。

ご投稿、ご感想、ご意見を待っています。3292人
…………………………………………………………………………………
◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら→
http://melma.com/contents/taikai/

--------------------- Original Message Ends --------------------
-- 
渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。