政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針 1107号  08・02・29(金)

2008/02/29


□■■□───────────────────────────□■■□
 わたなべりやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 1107号
□■■□───────────────────────────□■■□  


         平成20(2008)年2月29日(金)

  
                                 「三猿」中国特派員:渡部亮次郎

                  共同北京特派員が拘束:古澤 襄

                             今度は偽救急車に偽料金所:宮崎正弘

                                   山田方谷の財政改革:須藤尚人

                                 「寅さん」の損得勘定:平井修一

                              e-pros主催3月期フォーラムのご案内

                         話 の 福 袋
                         反     響
                         身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第1107号            
                              発行周期 不定期(原則日曜日発行)
           御意見・御感想はchomon_ryojiro@yahoo.co.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。

       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━
「三猿」中国特派員
━━━━━━━━━


        渡部亮次郎

中国にいる日本の特派員は「真実」を取材する自由がない。知ったこと
を自由に送信する自由も無い。常に言動を中国官憲に監視され、牽制さ
れ、26時中、本国送還に怯えている。「見ざる 言わざる 聞かざる」。
特派員だけれども記者ではない?

実は日中記者交換協定に縛られていて、実際、国外退去処分を体験して
いるからである。殆どの評論家はこのことを知らず「日本のマスコミは
中国にだらしない」と非難する。

中国からの国外退去処分の具体的な事件としては、産経新聞の北京支局
長・柴田穂氏が、中国の壁新聞(街頭に張ってある新聞)を翻訳し日本
へ紹介し1967年追放処分を受けた 。この時期他の新聞社も、朝日新聞を
除いて追放処分を受けている。

80年代に共同通信社の北京特派員であった辺見秀逸記者が、中国共産党
の機密文書をスクープし、その後処分を受けた。

90年代には読売新聞社の北京特派員記者が、「1996年以降、中国の国家
秘密を違法に報道したなどとして、当局から国外退去処分を通告された
例がある。読売新聞社は、記者の行動は通常の取材活動の範囲内だった
と確信している、としている。

艱難辛苦。中国語を覚えてなぜマスコミに就職したか、と言えば、中国
に出かけて報道に携わりたいからである。しかし、行ってみたら報道の自
由が全く無い。

さりとて協定をかいくぐって「特種」を1度取ったところで、国外退去と
なれば2度と再び中国へは行けなくなる。国内で翻訳係りで一生を終わる
事になりかねない。では冒険を止めるしかない。いくら批判、非難され
てもメシの食い上げは避けようとなるのは自然である。

日中記者交換協定は、日中国交再開に先立つ1964(昭和39)年4月19日、日
本と中国の間で取り交わされた。国交正常化に向けて取材競争を焦った
日本側マスコミ各社が、松村謙三氏ら自民党親日派をせっついて結んで
しまった。正式名は「日中双方の新聞記者交換に関するメモ」。

(1)日本政府は中国を敵視してはならない 
(2)米国に追随して「2つの中国」をつくる陰謀を弄しない 
(3)中日両国関係が正常化の方向に発展するのを妨げない 
すなわち、中国政府(中国共産党)に不利な言動を行なわない

日中関係の妨げになる言動を行なわない・台湾(中華民国)独立を肯定
しないことが取り決められている。違反すると、記者が中国国内から追
放される。これらの協定により、中国に対する正しい報道がなされてい
ないと批判がある。

新聞・TV各社がお互いに他社に先んじて中国(北京、上海など)に自社記
者、カメラマンを常駐させてハナを開かせたいとの競争を展開した結果、
中国側に足元を見られ、屈辱的な協定にゴーサインを出してしまったの
である。しかも政府は関与していない。国交が無いから。

1964(昭和39)年4月19日、当時LT貿易を扱っていた高碕達之助事務所と廖
承志(早大出身)事務所は、その会談において、日中双方の新聞記者交
換と、貿易連絡所の相互設置に関する事項を取り決めた。

会談の代表者は、松村謙三・衆議院議員と廖承志・中日友好協会会長。
この会談には、日本側から竹山祐太郎、岡崎嘉平太、古井喜実、大久保
任晴が参加し、中国側から孫平化、王暁雲が参加した。

1968(昭和43)年3月6日、「日中覚書貿易会談コミュニケ」(日本日中覚
書貿易事務所代表・中国中日備忘録貿易弁事処代表の会談コミュニケ)
が発表され、LT貿易に替わり覚書貿易が制度化された。

滞中記者の活動については、例の3点の遵守が取り決められただけだった。

当時日本新聞協会と中国新聞工作者協会との間で交渉が進められている
にも拘わらず、対中関係を改善しようとする自民党一部親中によって頭
越しに決められたという側面があるように見える。しかし実際は承認し
ていた。

日本側は記者を北京に派遣するにあたって、中国の意に反する報道を行
わないことを約束したものであり、当時北京に常駐記者をおいていた朝
日新聞、読売新聞、毎日新聞、NHKなどと今後北京に常駐を希望する報道
各社にもこの文書を承認することが要求された。

以上の条文を厳守しない場合は中国に支社を置き記者を常駐させること
を禁じられた。

田中角栄首相による1972年9月29日、「日本国政府と中華人民共和国政府
の共同声明」(日中共同声明)が発表され、日中両国間の国交は正常化
した。

1974年1月5日には両国政府間で日中貿易協定が結ばれ、同日には「日中
常駐記者交換に関する覚書」(日中常駐記者交換覚書)も交わされた。
しかし日中記者交換協定は全く改善されていない。

対中政策は、以前と異なって中国の大学で中国語を学んだ「チャイナス
クール」によって独占されているから、協定を変えようと提案する動き
など出るわけが無い。

かくて現在に至るまで、中国へ不利な記事の報道や対中ODAに関する報道
は自粛されている。2008・02・28

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



━━━━━━━━━━
共同北京特派員が拘束
━━━━━━━━━━


          古澤 襄

共同中国総局の記者が河北省政府当局者に拘束されて3時間の取り調べを
受けた。釈放されたから大騒ぎする必要はないが、中国での取材の特殊
性を知るうえで、検証しておく必要がある。

拘束の理由は共同記者の車から現地で購入した「メタミドホス」の瓶が
発見されたことによる。中国側は「中国では07年1月からメタミドホス
の農薬としての使用が禁止され、08年1月からは既に輸出契約を結んで
いる工場を除き生産や販売、使用、所持、運搬が重大な違法行為だ」と
指摘した。

共同側も「取材上の行為が中国の法律に反したことは遺憾だ」とのコメ
ントを発表している。(伊藤編集局長)

しかし外国特派員が違法である「メタミドホス」を簡単に購入できるこ
とに問題があるのではないか。中国産の「メタミドホス」と輸入された
毒ギョウザの「メタミドホス」を分析比較すれば、中国で「メタミドホ
ス」が混入した有力な証拠となる。

法律違反をいう前に!)「メタミドホス」が野放しになっている現状の改
善!)中国産の「メタミドホス」の分析結果を中国側が積極的に公表する
・・・ことが必要ではないか。法的に片手落ちの状態で、外国人記者が
拘束されるのは不合理と言わねばならぬ。

しかし、これが取材活動の自由 のない中国の実態である。日本など民主
主義国では考えられない共産主義国の実情が明らかにされた面で、むし
ろ共同特派員の行動は、いちがいに非難されるいわれがない。国外追放
の措置を受ければ、世界は取材活動の自由がない中国の実態をあらため
て認識することになろう。

ここで恐れ入って取材活動の自粛するようでは、何のために北京に駐在
記者を派遣しているのか分からなくなる。伊藤修一編集局長の「遺憾」
というコメントは、日本語特有の便利な表現である。それ以上の謝罪を
する必要がない。役員OBとしては、そう考える。喧嘩をする必要はな
いが、毅然たる態度が必要ではないか。

<中国製冷凍ギョーザの中毒事件で、中国国家品質監督検査検疫総局の
魏伝忠副総局長は28日、北京での記者会見で「日本の記者がメタミド
ホスを購入、所持し、持ち出そうとした事案を摘発した」と語った。こ
れを受けて共同通信社は同日、中国総局の記者が15日に河北省政府当局
者に約3時間拘束されたことを明らかにした。

共同通信によると、ギョーザの製造元「天洋食品」がある河北省から記
者が中国総局のある北京に戻る途中、検問で車の後部座席にメタミドホ
スの瓶があるのを発見され、当局者の事情聴取を受けたという。聴取内
容は「取材内容にかかわることで、明らかにできない」としている。

共同通信の伊藤修一編集局長は「河北省の工場周辺でメタミドホスが入
手可能か検証するために購入したと聞いている。取材上の行為が中国の
法律に反したことは遺憾だ」とのコメントを発表した。

魏副総局長は会見で「中国では07年1月からメタミドホスの農薬とし
ての使用が禁止され、08年1月からは既に輸出契約を結んでいる工場を
除き生産や販売、使用、所持、運搬が重大な違法行為だ」と指摘した。
(毎日新聞)> 
2008.02.29 Friday - 06:49 comments(0) trackbacks(0) by 古沢襄 
杜父魚ブログの全記事・索引リスト(2月24日現在1568本)



━━━━━━━━━━━━
今度は偽救急車に偽料金所
━━━━━━━━━━━━
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成20年(2008年)  2月29日(金曜日)  弐
 通巻第2107号  
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

  偽警官、偽パトカーはあったが、今度は偽救急車に偽高速料金所
    どうなっているんだろう、このモラル損壊の国では

 *********************************

 北京で売られているミネラルウォーターの半分は偽物という報道があっ
た。

数年前に拙著『本当は中国で何が起きているのか』(徳間書店)のなか
で、ペットボトルを拾ってきた川の水を汲んで売っていることを紹介し
たが、最近は水道水である。

 川の水は、もはや真っ赤、ピンク、緑の原色など毒性に汚染され、そん
なものをペットボトルに入れたらすぐに分かるからだ。

高速道路の偽料金所は随所にあるが、合計31億ドルの料金をごまかして
いるという。150の不法料金所があちこちの高速道路につくられており、
取締まりと言っても中央政府のあずかり知らぬ所、県、鎮、村が勝手に
料金所を造るため手の打ちようがない(ストレートタイムズ、2月28日
付け)

偽救急車も上海に登場した。

どういう詐欺をやるか。法外な「輸送費」を取るのである。

病院の電話ボックスや退院患者でリピータになりそうな人たちに名刺を
ばらまき、電話をしてもこない本物の救急車より、こうした「私設救急
車」(合法というから、おして知るべし)を呼ぶ。

救急車の数が圧倒的に不足しているからである。

餃子問題は、懸念したように「日本側に責任がある」という強弁を弄し
て、中国は幕引きを狙っている。孔子様は「一日三度反省せよ」(三省)
を説いた。わが江田島の教訓は「一日五省」。

 いまの中国は「絶対無省」。



━━━━━━━━━
山田方谷の財政改革
━━━━━━━━━


        須藤 尚人

上杉鷹山を尊敬し、鷹山を上回る財政改革者と言われる山田方谷(やま
だほうこく)は備中松山藩(今の岡山県高梁市一体)で河井継之介(司
馬遼太郎の「峠」の主人公)や三島中州(二松学舎大学の創設者)を育
てた教育者であり、幕末を代表する陽明学者であった。

5万石の備中松山藩は約600億円(10万両)の借金を抱え、その貧窮した
財政をたった8年で余剰金約600億円(10万両)の黒字に変えた財政改革
の秘密はなんだったのか?

1、 財政の実情を掴む

方谷が元締役を拝命して真っ先にやったのは藩の財政状況の詳細な調査
でした。表向きは5万石ですが、19,300石にすぎないことがわかったの
です。約600億円(10万両)の借金を抱え、今で言う公債依存度は71%。
どこでも財政が苦しくなると粉飾決算を重ねています。まずは財政の実
情を知るということでしょうか。

2、 情報公開

方谷は多額の負債整理のために、藩の実情を包み隠さず債権者である大
阪の両替商に説明しました。「一時的に粉飾していたことがばれ、信用
を落とすことがあっても、寧ろ後々の大きな信用を得ることになる」

誠実さを武器にすべてをぶちまけることで実際的な改革計画を立て、逆
に信用を得ていったようです。

3、 藩札刷新による藩の威信回復

藩札は各藩の発行する紙幣であるが、方谷が改革に着手した時には備中
松山藩の藩札は紙くず同然でした。方谷は3年間という期限を区切って
藩札を貨幣(幕府の正貨)と交換するお触れを出します。回収された藩
札は約8,000両(財政規模の2割)という莫大な額です。

方谷はこれに未使用の藩札3,836両を加えて、大観衆の面前で焼却する、
という大キャンペーンを実施します。藩政改革の決意表明であり、藩の
威信を取り戻す大イベントでした。

新たな藩札は殖産興業で得た準備金もあり抜群の信用を勝ち得たといい
ます。

4、 殖産興業

銅山、鉄山の藩の直営化、備中鍬の発明と普及。大阪蔵屋敷の廃止と米
の直売。「撫育方」(藩内の事業部門)の創設。杉、竹、漆、タバコ、
柚餅子(ゆべし)、檀紙などの産品の「ブランド化」、海路江戸に輸送
し「直接販売」…。特にこの時代に侍に商売をさせる「撫育方」の発想
とその活躍は見事なものだったようです。

5、 上下節約政策

上下倹約といいながら、それは下級武士や農民は生活を変えるわけでは
なく、実質的に中級以上の武士や豪農、豪商を対象にしたものであった。
藩士の棒録は大幅なカットになり、暗殺の噂さえあったという。賄賂や
酒馳走を全面廃止したことにより風紀が引き締まった。藩侯板倉勝静も
率先垂範したというから優れた人だったようです。

6、士民撫育

「藩主の天職は、藩士並びに百姓町人を撫育することにあります」「撫
育方と名づけるわけは、撫育を主として人民の利益をはかり、そのうち
から自然に上の利益も生じ、その利益によってお勝手もしのぎやすくな
り、そうすれば、人民の年貢米もかからぬこととなり、それがまた撫育
になるのです」

藩政改革の目標は「上下ともに富む」ということにあった。

7、 教育改革

方谷は庶民教育の重要性を説き、近隣の大藩を凌ぐ充実振りで、助教に
は民間の秀でたものをあて、優秀な生徒には賞を与え、士分に登用し、
役人にも抜擢したので、向学心の高い優れた子弟が集まった。

8、 軍制改革

「里正隊」という農兵制度は高杉晋作の「奇兵隊」より10年も早かった。
久坂玄瑞は「長州の鉄陣遠く及ばず」と感嘆したと伝えられています。
この「里正隊」は長岡藩の河井継之助率いる近代的軍隊に繋がっていき
ます。

山田方谷はこう書いています。

「総じて善く天下の事を制するものは、事の外に立って事の内に屈しな
いものだ。しかるに当今の理財の当事者は悉く財の内に屈している」

「財の外に識見を立て、道義を明らかにして人心を正し、習俗の浮華を
除き風紀を敦厚にし、賄賂を禁じて官吏を清廉にし、民政に努めて民物
を豊かにし、正道を尊重して文教を新興し、士気を振るい武備を張るな
らば、政道はここに整備し政令はここに明確になる。かくて経国の大道
は治まらざることなく理財の方途もまた従って通じる」(「理財論」)

…財政改革といえば、とかく収入の増加と支出の削減をいかにするかと
いうことのみにとらわれてしまい、その他のことは財政再建の名の下に
片隅に追いやられてしまいがちになる。

しかし、これではいけない。風紀やモラルが荒廃し、教育水準が低下し、
社会が閉塞した状態では、いくら財政の算盤勘定が合っていても長続き
はしない。あとで大きな反動が返ってきて、前よりも一層悪い状態になっ
てしまう。

厳しい倹約と緊縮財政だけでは、経済が、社会が萎縮・停滞してしまう。
額に汗して働く領民(国民)が報われ、豊かになるよう、いかにして経
済に、社会に活力を与えていくかということに心を砕かなければいけな
い。つまり、領民を富ませ、幸福にさせ、活力のある社会を作ることが
必要なのである。

山田方谷が主君の質問に答えるという形式の政治論と言われる『擬対策』
にはこう書かれています。

「現今は太平が長く続いているが、衰乱の兆しがあらわれている。それ
は天下の士風が衰微しているからである。古の士が尊んだのは義である
が、今の士は利を好む。

このように風俗が変わり、士が利を求めるようになったのは、政治と教
育とが悪いからである。そしてその由来するところは、財政が窮乏し、
上下ことごとく貧窮に苦しんでいるからである。

この財政の窮乏する原因はどこにあるかといえば、賄賂が公然と行われ
ていること、奢侈がひどいこと、この2点にある。この2点を除去しなけ
れば、財政の窮乏を救うことはできない。そしてまた士風の衰微を救う
ことはできない。

これを改めるには、英明なる主君と執政の大臣が協同して深く省察を加
え、宿弊を除かねばならない。どうぞ諫言の道を開き、直言の士を進め
られんことを、英明なる主君にお願いするしだいである。」(「山田方
谷に学ぶ財政改革」野島透)

「山田方谷に学ぶ財政改革」は130頁ほどの小冊子ですが、水戸徳川家15
代当主徳川斉正氏が序文を寄せています。そのなかで、山田方谷が大政
奉還の建白書の起草者であり、この本の著者の野島透氏が山田方谷の直
系の子孫であると書いています。

奥付けによると、野島氏は昭和36年生まれ、現役の財務官僚です。(平
成14年4月30日現在大阪国税局査察部長)


 
━━━━━━━━━━
「寅さん」の損得勘定
━━━━━━━━━━


          平井修一

仕事でしょっちゅうスーパーマーケットを訪ねるが、店頭に露天商が店
を出していることが多い。

花屋、今川焼屋、海草屋、裂きイカ屋、和菓子屋、ケーキ屋、焼き鳥屋、
漬物屋、キムチ屋、金物屋、洋服屋などいろいろだ。

顔なじみになるから小生はちょこちょこっとネタを仕入れる。だって普
通の人の知らない世界だもの、ブログやメルマガで紹介したらさぞ面白
かろうと思うのだ。

露天商は一種のテキヤだ。寅さんに似ている。根無し草で、1匹狼。マ
イペースだが、病気をしたらなんの保障もない。安定した収入も退職金
もない。跡継ぎもない。どちらかというとヤクザな商売である。

スーパーの店頭を借りるのだが、場所代(ショバ代)は1日当たり駐車
料込みで5000円から1万円。売上に応じて支払う場合もあり、売上の15〜
20%が相場だ。露天商が言う。

「今はね、スーパーの集客力が落ちているから、俺たちの1日の売上が
昔のように10万円とか20万円とかにはならないよ。もう1桁が当たり前。
ショバ代で5000円払ったら赤字なんてこともある」

小生の観察・研究によると、スーパーの1日あたり集客数は、売り場面
積400平米で2000〜4000人が一般的だ。ダイエーやイオンなどのメガスー
パーなら2万平米はあるから平日で1万人、休日は10台以上のレジを稼動
させ2〜3万人の集客になる。景気のよい頃はその倍くらいの集客があっ
たろう。

今や露天商の売上は1日当たり、よくて5万円だ。粗利4割で2万円の利益。
ここからショバ代、ガソリン代、車のリース代などを引けば手取りは1万
円ちょっとだ。25日働いても25万円。

ここから所得税、国民年金、国民健康保険料を払うから手取りで20万円。
貯金なんてできやしない。ボーナスもないし、生きるだけで精一杯。退
職金も企業年金もないから老後の不安は募るばかりだ。

露天商は10箇所ほどのスーパーを巡る。月曜はダイエー、火曜はイオン、
水曜はライフといった感じだが、実際は大手の軒先を借りることができ
ずにマイナーな独立系のスーパーの間口を借りることがほとんどだ。

独立系は大資本に押されて店舗を整理しているし、集客力も年々落ちて
いるから、露天商も売上は下降線だ。斜陽であり、そんな稼業を息子は
継がない。

未来はない。「もうだめだなあ」と、忸怩たる想いで今日も寒風の中、
露天を張る。「ポックリ行きたい」と皆が思っている。その気持を察し
ながら、小生は「あ、あ、よければおいらも道連れに」と言いそうだ。
早く春が来ないかな。



━━━━━━━━━━━━━━━━━
e-pros主催3月期フォーラムのご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━

テーマ: 新学期! 充実したスタートに向けて
        ― 授業力を高めるための意識と行動 ――

日 時:3月29日(土)午前10時〜午後4時10分

会 場:日本教育大学院大学(東京都千代田区二番町8−2)
交通アクセス⇒JR「四ツ谷駅」「市ヶ谷駅」いずれも徒歩6分
  東京メトロ有楽町線「麹町駅」5番・6番出口より徒歩2分

※四ッ谷駅から新宿通り、麹町方向へ歩いて3〜4分、小さな公園を左
に折れると、元日本テレビ方位へ通じる道です。その道を1〜2分歩く
と四つ角左側。【e-prosのホームページ(www.e-prosjp.com)からも日
本教育大学院大学にアクセスできます。

参加費:4,000円(2名以上の参加、e-pros会員は3,500円)学生無料(今
年の卒業生も年度内は学生扱いです)

申込み方法:下の申込書を使ってFaxで申し込むか、住所・氏名、勤務先
(学生は大学名)、メールアドレス(またはFax番号)をご記入の上、
info@e-prosjp.com まで。

講師と講座名:

(1)伊藤 由樹先生(横浜市立日吉台西中学校教諭)  「コミュニ
ケーションを通して習得した文法を自分の言葉として身につける方法 
        〜 ステップ1・2・3」
   
 <レジメ>1.新しく習得した文法をいかに自分の言葉として身につ
ける方法−ステップ

1.カード探してわくわくドキドキ

2.新しく習得した文法をいかに自分の言葉として身につける方法−ス
テップ2     誰がお金持ちグループ活動

3.新しく習得した文法をいかに自分の言葉として身につける方法−ス
テップ3     Jeopardyで、みんなでポイントためようグループ活


(2)川村 光一先生(春日部市立中野中学校教諭、橋架村塾塾長)
     「リーディングを基本に置いたコミュニケーション指導法」

<レジメ> 
今私は、どうしたら生徒に自学力をつけることが出来るかということを
考えています。それは現行の週3時間の授業で、中学生の英語力を高める
ことはほとんど不可能に近く、この現状を打開するのは、生徒の自学力
を高めることが大切な鍵を握っているからです。 

生徒に自分から勉強をしようとする意識が芽生えれば、学力は自ずと伸
びていきます。そのためには、生徒が学習の方法を知り、それを基盤に
自学を行い、その自学による伸びを評価する場が必要となります。

ここにおいて教師は生徒の学習意欲を高め、如何にサポートするかがポ
イントになります。即ちこの時点で教師の大きな役割は、「学習の意欲
付け」と「学習方法の指導」です。

これは釣り人に魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教えることと同じ
です。どうすれば魚は釣れるのか。

これを英語教育の場からリーディングを例に見ると、まず「教えてもら
えなくても読める方法」を教えなくてはなりません。それがフォニック
スです。これをマスターした生徒は、教師に教えられなくても文字を音
声にすることが出来ます。余談ですが、この方法を私が中学生のときに
知っていればと、今考えるだけでも悔しい思いで一杯です。

次に語彙力を高めることです。そして文の意味を理解し、英作文に必要
な文法の指導が必要となります。これは私の持論ですが、生徒がいくら
文法を覚えても、単語の品詞の概念をもっていなくては絵に描いた餅に
なってしまいます。そこでは如何に生徒に品詞の概念を持たせるかが大
切です。

さらに読む力を伸ばすためには多読を行うことです。しかし最初から多
読は不可能です。そこにおいて教科書で教える必要性が出てくるわけで
す。つまり読み方を指導していくのです。

その結果、生徒が、英語のstoryを読むのが面白いと感じるようになった
ら、あとは自分の力で伸びていくのです。つまり自学力です。読む力を
伸ばす鍵は、文字の音声化と語彙力のアップそして文法の知識、Q&A
による精読や多読がポイントとなります。

今回のフォーラムでは、これらの指導法を、フォニックスを交えながら
具体的に進めてまいります。

(3)太田  洋先生(駒沢女子大学国際文化学部准教授
    NHKラジオ「レベルアップ英文法」講師)
      「授業力アップのためのちょっとしたアイデア
        ― 新しい年度を迎えるにあたり考えておきたいこと」

<レジメ>
授業力をアップするために大切なことは何でしょうか?大きく授業のや
り方を変えることは現実的ではありません。今行っている授業中の活動
を見直し、それにちょっとした「ひと工夫」をすることがまず第一歩と
なります。そのための考え方と具体的な活動例をワークショップ形式で
行います。

私のセッションの流れは次の3段階です。

まずリスニング、ライティング、スピーキングの各活動を生徒の立場に
なって体験していただきます。次に参加のみなさんから授業力をアップ
するにはその活動にどのような工夫をしていけばいいのかを話し合いま
す。

最後に私の方で考え方をまとめます。授業はちょっとした工夫をすれば
変わります。そのためのヒントをこのセッションでご一緒に考えていき
ましょう。

NPO法人教育情報プロジェクト
〒102-0073  東京都千代田区九段北1−1−7−304
電話03ー5213−2028
URL:http;//www.e-prosjp.com



━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎携帯業界は消耗戦 ドコモも家族間無料

携帯電話業界に料金競争の嵐が吹き荒れている。昨年初から値下げを仕
掛けてきたソフトバンクは、契約者獲得でトップ。対抗してKDDIと
NTTドコモも、ソフトバンクと同様に家族間通話24時間無料の割引策
を打ち出した。

NTTドコモは27日、「ファミリー割引」などを契約すれば家族間の通
話料金を4月1日から24時間無料にすると発表した。KDDI(au)
が先週発表した料金改定とほぼ同じ内容で、これによりKDDIは年間
250億円、ドコモは800億円の減収を見込む。

家族間通話の無料化はPHSのウィルコム、ソフトバンクが先行。今年
3月に音声サービスを始めるイー・モバイルも自社端末同士の通話無料
を打ち出しており、携帯全社で家族間無料が実現することになる。

ドコモとKDDIは当初、ソフトバンクの攻勢に対して「単純な料金競
争をやるつもりはない」(小野寺正KDDI社長)と距離を置いていた。

しかし、ソフトバンクに利用者が流れ始めると、昨年6月にドコモ、同
7月にはKDDIも基本使用料の大幅割引を発表。この結果、半期分で
ドコモが約400億円、KDDIも約200億円の減収を余儀なくされた。今
回の家族間通話無料化も、それと同等の減収圧力になる。

こうした消耗戦のダメージが懸念され、携帯3社の株価は低迷している。
この1年間でドコモとKDDIの株価は約28%下落、ソフトバンクも25
%下落した。KDDIが家族間通話無料化を発表した後の今月22日には
同社株が10・1%下落し、東証1部で値下がり率トップとなった。 
2月28日8時2分配信 産経新聞


 ◎天洋従業員に嫌疑なし=「中国で混入」改めて否定−ギョーザ事件
で公安当局

【北京28日時事】中国製冷凍ギョーザ中毒事件で中国公安省刑事偵査局
の余新民副局長は28日、北京で記者会見し、「有機リン系殺虫剤メタミ
ドホスが中国国内で混入した可能性は極めて低い」との見解を発表した。

製造元の天洋食品(河北省石家荘市)の生産管理は厳格で、工場内での
混入は困難とし、従業員についても「毒物を入れた嫌疑のある人物は発
見されていない」と言明。中国側の責任を事実上、全面否定した形で、
真相究明は一段と困難となった。

冷凍ギョーザ中毒事件で公安省が公式見解を出すのは初めて。

日本側は、未開封のギョーザから有機リン系殺虫剤メタミドホスが検出
された事実から、天洋食品の工場など中国内で混入された可能性が高い
とみているが、余副局長は、一定の条件下では外部からの浸透は可能と
の実験結果を紹介して反論。メタミドホスは中国製との見方についても
「そうとは限らない」と指摘した。

余副局長は、「事件は残留農薬が起こした食品安全問題ではなく、人為
的な混入」との認識を示した。しかし、ギョーザの包装、保管などに関
係した天洋の従業員55人に対する捜査では混入の嫌疑はなかったと述べ、
中国ではなく、日本で混入した可能性が大きいとの見方を示した。 2月
28日11時42分配信 時事通信

 
 ◎生協、中国製食品販売中止    

中国製ギョーザ中毒事件を受け、北海道や東北、関東地方で展開する4
つの生協関連団体がそれぞれ、組合員がカタログで共同購入している食
品のうち、中国製加工食品の販売を原則的に中止する方針を決めていた
ことが28日、分かった。  

4団体は「コープさっぽろ」(札幌市)、東北6県の生協でつくる「コ
ープ東北サンネット事業連合」(仙台市)、関東信越1都7県の「コー
プネット事業連合」(さいたま市)、関東地方1都8県の「パルシステ
ム生活協同組合連合会」(東京都文京区)。

2つの事業連合は中毒事件発覚後、商品に産地名を表示するなどして
対応してきたが、中国製食品の売り上げが減少、消費者からも不安の声
が寄せられ、販売中止に踏み切った。

コープネットは3月24日から、コープさっぽろは3月末から、東北サン
ネットは4月21日から、それぞれ中国製加工食品の取り扱いをやめる。
2008/02/28 13:52  【共同通信】 


 ◎出張ヤミ給油1万回軽油引取税5000万円脱税 木更津の業者逮捕


ダンプの燃料を一1回以上にわたってヤミ販売し、軽油引取税の支払い
も免れていたとして、千葉県警生活経済課と木更津、君津、富津の各署
は27日、地方税法違反の疑いで木更津市曽根、石油製品販売業、伊藤義
雄容疑者(57)を逮捕した。

調べでは、伊藤容疑者は2005年10月〜昨年7月にかけて約11,400回にわ
たり、同市周辺のダンプの運転手らに対し、A重油と灯油計約180万リッ
トルを軽油としてヤミ販売。その際の軽油引取税計約5700円も支払わな
かった疑い。容疑を認めているという。

同課によると、伊藤容疑者は「伊藤商会」「上総石油」の屋号で営業。
ダンプが待機する駐車場まで小型タンクローリーで出張し、直接給油し
ていた。

業者から仕入れたA重油と灯油に1リットル当たり10―20円の利益を上
乗せして売っていたが、軽油と比べて格安で、少なくとも60人以上の顧
客がいたとみられる。

伊藤容疑者は約15年前からこうした販売を続けていたとされ、再三の是
正指導に応じないため県が昨年8月、県警に共同捜査を依頼していた。 
千葉日報 2008年02月28日10時11分


 ◎ 「稲の敵」ジャンボタニシ買い取ります 安八町 (岐阜県)
  
ジャンボタニシから稲を守れ―。岐阜県安八郡安八町は27日、水田に発
生して稲を食べるジャンボタニシの防除を目指し、捕獲したタニシを住
民から買い取る制度を新年度から始めることを明らかにした。

町によると、ジャンボタニシは数年前から町内の水田や水路に生息して
いるが、本年度になって急増。約4・2ヘクタールで発生し、うち約1・1ヘ
クタールでコメの収穫量が激減、農業共済の助成対象となった(前年度
対象は約0・1ヘクタール)。

そこでジャンボタニシの駆除を目的に支援策を考案。捕獲したジャンボ
タニシを各地区ごとにまとめ、町はバケツ1杯ごとに数百円を支払うこ
とを決めた。回収したジャンボタニシは町が処分する。

町は新年度当初予算案に農業振興のための外来生物対策事業として、ヌ
ートリアの駆除費も含め200万円を計上した。

町は「ジャンボタニシの買い取りは全国でも聞いたことがなく、新しい
取り組み」と、成果に期待している。岐阜新聞 2008年02月28日08:44 

主宰者註:ジャンボタニシ(スクミリンゴガイ)は1971年に食用とされ
日本に輸入され、各地で養殖された。それが野生化し、西日本で大繁殖
し、田植え後2〜3週間の苗を食べる被害が報告されている。

マルタニシよりひとまわり大きくなり、ピンク色の卵の塊を稲の根元や
用水路の壁や岸に産み付ける。成長したのは、土の中や水底の泥の中で
越冬する。エラと呼吸管の両方があり、水中も陸でも生きられる。

ジャンボタニシの駆除はいろいろされているが、稲の収穫あとの田を耕
運機で浅く、早く回転して耕すことによって貝を破壊したり、土中にも
ぐっているのを野ざらしにするのが有効といわれている。
 
ブラックバスやブルーギルなどと並び、ジャンボタニシは今や日本の生
態系を各地で大きく変えている。


  ◎ さくらワイン、角館などで発売へ 北東北開発プロジェクト協

北東北3県のソムリエらで組織する北東北ワイン開発プロジェクト協議
会(小西亨一郎会長)は、昨年秋に3県で収穫されたヤマブドウと、県
が開発した「さくら酵母」を使って醸造したさくらワインを3月1日か
ら発売する。

仙北市角館や弘前市、北上市など桜の名所がある酒販店や旅館、各県庁
所在地のワイン専門店などで取り扱う。

醸造は今年で4年目。同協議会によると、昨年収穫した3県のブドウの
中では、収穫直前の天候に恵まれた秋田県産のブドウの出来が特によく、
原料として85%使用した。生産者に遅摘みに協力してもらうことで、糖
度の高い完熟ブドウが収穫できた。

モモに近い甘い香りで、味わいは昨年までのワインよりも酸味と甘みの
バランスがよく、食事との相性が良いという。720ミリリットル入り1380
円、360ミリリットル入り700円。

また1年間、瓶の中で熟成させたさくらワインも同時に発売。今年初め
ての試みで、800本限定。深いコクと落ち着いた酸味が楽しめるという。
720ミリリットル入り1400円。秋田魁Web  (2008/02/28 11:31 更新)


 ◎ゴルフクラブ268本盗難 被害1600万 尼崎

28日午前2時45分ごろ、兵庫県尼崎市久々知一のゴルフ用品販売店「ゴ
ルフギアサージ尼崎店」(寺島誠店長)の防犯感知器が作動し、警備会
社を通じて尼崎東署に通報があった。

同署員が駆けつけたところ、南側ドア付近のガラス(縦約2メートル、
横0・9メートル)が割られ、2階売り場のゴルフクラブ268本(約1600万
円相当)が無くなっていた。

同署は窃盗事件として捜査。短時間で大量のクラブを持ち去っているこ
とから、車でドア近くまで乗り付け、複数で犯行に及んだ可能性が高い
とみて調べている。神戸新聞 (2/28 11:49)



━━━━━━━
反     響
━━━━━━━


 1)カリフォルニアのあの辺りはスペイン語の地名も多いのです。そ
れだからといって、ヒスパニックや中南米からの不法入国者が多いわけ
でもありますまい。

以前に州の東部にW社の加工工場がありました。そこの連中はふざけた感
じでスペイン語を会話の中に交ぜていましたので、「ロスアンヘレス」
で「天使」であると知りました。

ここでも「ひけらかし」をお許し願えばangelは「エインジェル」ですか
ら、「アンジェルス」とローマ字読みにしても「アンゲルス」にならな
い点が面白いのです。

これは決して貶しているのではなく、こういう融通無碍なところが素晴
らしいと思っているのです。

因みに、ロスのダウンタウンはセキュリテイが悪くて、前回訪れたのが
何時だったかも覚えて無いくらい行きたくない場所。上記の工場は州の
東部にありLAXから1時間のドライブです。途中の道路の込み方からして
LAX経由で来るなら迎えに行かないと冷たいことを言うくらいLAを嫌って
いました。

これも余談ですが、LAの日本人会の副会長は最初に転進したMead時代の
仲間です。彼は何で副会長になったかと言えば「君は英語が出来るから」
だと笑っていました。

何しろ公用語を英語にするという法律を作った州ですから、英語など解
らなくても不自由しないのだそうです。前田正晶


 2)韓国LAの思い出話

「LAカルビ」をご存知でしょうか?

今や味付け骨付きカルビの総称ですが、はじめは米国産牛肉を使ったか
らLAカルビだと思っていました。ところが、狂牛病騒ぎで韓国も米国
から輸入ストップの筈なのに、LAカルビはソウルからなくなりません。
どうやら、LA在住の僑胞が作り出したカルビなのでLAカルビと言う
ことが分かった次第です。

「LAアリラン」をご存知ですか?

これは韓国のコメディーホームドラマです。LAに住む僑胞達のドダバ
タの日々を描いており、米国志向の強い韓国人達にも人気のあったドラ
マです。

そこに出演していたオカマのおじさん役の男優にソウルの飲み屋でバッ
タリ出会いました。

「あっ、LAアリランの・・・」と酔っていた所為もあって大きな声で
日本語が出てしまいました。すると「日本の方ですか、よく来られまし
たね。ドラマは面白かったですか?」と流暢な日本語で返答されました。

これには私も驚きましたが、一番驚いたのは一緒に居た韓国人達です。
「アイツは只者ではない」との印象付けには最高でした。(唸声)


 3)仰せのイージス艦「あたご」の件、新聞もテレビも鬼の首を取っ
たような書きぶりで呆れ返るのみです。 

しかし、今日マイカーに給油するため行ったガソリンスタンドで自ら船
を操縦するという見知らぬオジサンが、次のようなことを言っていまし
た。
 
「小型船の船乗りは、漁師も私のようなアマチュアも含め、軍艦やタン
カー、商船といった大型船舶を「本船」と呼んでいる。東京湾内、特に
浦賀水道のような場所では、これら「本船」が小型船を意識して回避す
ることはあり得ない。
 
衝突事件の起こった場所は確かに東京湾外だが、伊豆大島や野島崎の海
域は広いように見えて実は浅瀬や岩礁も多く船舶が安心して航行できる
海域は限られるのが現状である。

そのような過密ダイヤの海域においては、法令がそのまま遵守されるは
ずがない。これは船乗りの常識だ。

考えてもみなさい、浦賀水道やら大島近海で、巨大な「本船」が小型船
を意識してその都度回避行動などしていたら、東京湾の海上交通は麻痺
してしまうではないか。この場合、法令はともかく、現実の行動として
漁船に回避する義務があったとする方が現実に即している。

犠牲になった漁船の2人は気の毒だったが、これは不幸な事故だった。
「あたご」に過失がないとは言わないが、漁師2人が一方的な犠牲者で
あるようなマスコミの報道振りは、海というものを全く知らないド素人
の愚論に過ぎない」。

正直、感服しました。こういう声を報道しない新聞やテレビは、実に悪
質な情報操作を行っています。N・I(「クライン孝子日記」より転載(許
諾済み)


 4)27日夜に2月8日付1083号に掲載して頂いた掲題の件を、元興銀常
務・上田正臣氏主宰の財界人OBの勉強会「21世紀パラダイム研究会」で
語ってきました。

その際に出た反応に1つに「説明は解ったが、我々に聞かせる狙いは何
か?何を言いたいのか?」がありました。そこで、声を張り上げて以下
のように言いました。これでも言い足りないくらいだと反省しておりま
す。

「ここで、この私が問題にしたいのは「同盟国であるアメリカにはここ
まで厳密で厳格な管理を食品そのものではない容器、その原材料に要求
しながら、何故同様なことを食品を購入する中国には事前に通告して求
めなかったのだろうか」という点である。不平等ではないか?!

しかも、輸入という商取引であれば、事故が発生すれば準備万端整えて、
補償を要求する「クレーム・ノーティス」を出すことから始まるのでは
なかったか?マスコミは何故ここには触れないのか?

中国に対してあの弱気の姿勢では、アメリカに対して失礼ではないか?
公平な扱いではないのではないか?総理大臣が媚中派だとこうなるのか
な?いや、決してそんなことはあるまい!!」

でした。もう一つの反省点は我が国の美徳である「謝罪の文化」を中国
に求める愚かさをより明解に言うべきだったということです。

中国にその美徳があるかないかは別にして、欧米式な思考体系を持って
いると見える中国が、謝罪することで経済的な責任を全面的に認めるこ
とになると考えているのは明かです。特派員やデスクがこんなことを知
らぬとは言わせません。以上 前田正晶


 5)シーズンを待ちきれず先日、友人とゴルフに行って、聞いた話。
話題は、洋式か和式か。昨年の賞金女王にしていま話題の上田桃子ちゃ
ん。豪快なゴルフに似合わず潔癖症で自宅以外のところでは洋式の便座
には座れないという。

紙を敷いてもダメで、トイレは和式に限る、と。某民放のバラエティー
番組で話していたそうだ。主宰者とは逆だ。

先週のフィールズオープンで最後のところで崩れたのはそのせい?海外
戦挑む桃子ちゃんの最大の課題はこれだとジジーのうるさいこと―。
(荘)


━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


北京と言わず上海と言わず、中国勤務の特派員は何時、拘束されるか、
怯えながら仕事をしている。国交正常化前に結ばされた協定に今でも縛
られているからだ。拘束はまた起きた。

前田正晶さんと初めてお会いした。大谷さん、佐藤隆一さんと会を作っ
ているそうで,ならばと四者会談とした。たった一人アルコールを嗜まな
いそうで、割り勘は気の毒でした。

意外な話ばかりだった。追々ここでも披露して頂きましょう。

東京湾岸は3日続いた強風も29日は止んだ。西北西に一刷毛の薄雲が浮か
んでいるだけ。これみな日本海岸で雪を被って下さる方々のお蔭。

ラジオ深夜便は昭和30年の流行歌を放送していた。今から53年前。大学2
年生だった。19歳、頭髪が邪魔になるくらいあった。ガード下の靴磨き、
か。

あれからNHKの記者になって、秋田、大館、仙台、盛岡、東京、大阪
と勤務したが、途中、19年目でギヴアップ。今夕は仙台時代のOB会があ
る。

公園に洋式トイレが出来て一安心。除菌アルコール・コットンが携帯不
可欠となった。しかし、不思議なもので、いつでもOKとなったら行かな
くなった。

ご投稿、ご感想、ご意見を待っています。読者:3288
…………………………………………………………………………………
◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら→
http://melma.com/contents/taikai/

--------------------- Original Message Ends --------------------
-- 
渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。