政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針 1085号  08・02・10(日)

2008/02/10

□■■□───────────────────────────□■■□
 わたなべりやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 1085号
□■■□───────────────────────────□■■□  

         平成20(2008)年2月10日(日)


                               江沢民は敬虔な仏教徒:渡部亮次郎

                       「チャイナフリー」を登録商標に:平井修一

                              体制翼賛・金満政治:山堂コラム203

                                     追悼、大内俊昭君:馬場伯明

                         大雪で災難続きの中国=写真:大紀元日本

                         話 の 福 袋
                         反     響
                         身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第1085号            
                              発行周期 不定期(原則日曜日発行)
           御意見・御感想はchomon_ryojiro@yahoo.co.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。

       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━
江沢民は敬虔な仏教徒
━━━━━━━━━━


          渡部亮次郎

2008年1月30日から連載が再開された産経新聞中国総局長伊藤正氏による
『!)(とう)小平秘録』は2月8日付で、毛沢東時代「自力更生」のモデル
とされた大寨(だいさい)のその後を報じ、関連して「江沢民(こうたく
みん)前国家主席夫妻も敬虔な仏教徒だといわれている」と書いた。

<超有名人の郭鳳蓮(かくほうれん)氏は豊富な人脈を活用して内外か
ら資金を集め、大寨ブランドの酒造工場、セメント工場など企業を次々
に設立、炭鉱経営にも手を伸ばした。

化学肥料工場などを経営する郭氏の長男、賈小軍(かしょうぐん)氏は
昨年、話題を呼んだ。3000万元(4億5000万円)を投じ、かつて「共産主
義の桃源郷」と呼ばれた大寨に敷地約1万平方メートルの仏教寺院「普
楽寺」を建立したためだ。

賈氏は敬虔(けいけん)な仏教徒で、解放後すべて破壊された寺の再建
が夢だったという。これに対し「毛主席にわびろ」といった非難がネッ
ト上で浴びせられた。毛沢東は宗教を「精神の麻薬」として徹底的に弾
圧した。

しかし、拝金主義を生んだ改革・開放が進み、豊かさが実現するにつれ、
各種の宗教が全国で広まった。江沢民(こうたくみん)前国家主席夫妻
も敬虔な仏教徒だといわれている。

寨でも1991年以降、20人余の村民が仏門に帰依したという(中国誌「中
国新聞週刊」)。

文革批判が起こった70年代末、「毛沢東」が地に落ち、信仰の危機が訪
れた。今はどうか。改革・開放で豊かになったものの、共産党も、党が
唱える社会主義も信仰の対象ではなく、人びとは精神のよりどころを失
った。

大寨の土産店では観音菩薩(ぼさつ)の絵とともに毛沢東の肖像画が売
られていた。それは、中国人の現在の心象を象徴しているように見えた
>(伊藤正、矢板明夫)

クレア海外通信(海外事務所だより)北京事務所 「中国の宗教事情」に
よれば、1954年の憲法でも、公民は宗教信仰の自由を持つと規定されて
いたが、毛沢東死(1976年)後の1982年の第5期全国人民代表大会第5回会
議で憲法が全面的に改正され、次のように「信教の自由を有する」と規
定されている。 

「(第36条)中華人民共和国の国民は、信教の自由を有する。 

いかなる国家機関・社会団体または個人も、国民に宗教の信仰または宗
教の不信仰を強制してはならず、宗教を信仰する国民と宗教を信仰しな
い国民を差別してはならない。 

国家は、正常な宗教活動を保護する。いかなる人も、宗教を利用して社
会秩序を破壊し、国民の身体・健康を損ない、国家の教育制度を妨害す
るなどの活動を行うことはできない。 宗教団体と宗教事務は、外国の勢
力による支配を受けない」

共産主義者は、自らの宗教を唯一絶対の真の宗教とみなすがゆえに、他
のいかなる精神世界も決定的に否定する。国民を信者と非信者に分け、
異端を破門にしたり極刑に処する。伝道者として、レーニン、スターリ
ン、毛沢東、ポルポト、チャウセスク他がいる。

田中角栄首相による日中国交正常化(1972年)当時は毛沢東が存命、ト
ウ小平は失脚中だったから宗教はタブー、麻雀すら禁止だった。

しかし1980年代以降になると、トウ小平による改革開放に伴い、民衆の
宗教信仰心が抑圧された過去に反発する形で甦った。それに政府の宗教
保護政策もこれらを支えているため、現在、中国の宗教信仰政策は種々
の問題を抱えている。
 
最近の例では、1999年7月、新興気功集団「法輪功」に対し、中国政府は
「迷信や邪説を流布して民衆をだまし、騒ぎを起こして社会の安定を破
壊した」と断定、違法組織と認定し、一切の活動を事実上禁止した。 

(注)気功は、古来から心身両面の養生法とされ、改革開放政策が進ん
だ1980年代以降、国がスポーツとして奨励したこともあり、都市の中高
年層を中心に広まった。  

「法輪功」は、仏教的要素を取り入れた新興気功集団で、創始者の李氏
が1992年から活動を始め、日本など約20か国に組織がある。会員数は数
千万と称しているが、中国政府は200万人と発表している。 

中国は多宗教国家で、仏教、道教、イスラム教、キリスト教の4教を主要
宗教とし、宗教信者は1億人余り、宗教活動場所85,000か所、宗教団体
3,000余りである。 

民族的には全国の55の少数民族が中国全体の信徒の大半を占めており、
その居住地域の面積は全国の半分を占めている。

その主な信仰宗教は、仏教(朝鮮族)、ラマ教(チベット族、モンゴル
族)、南仏教(タイ族)、道教(ヤオ族)、キリスト教(苗族、朝鮮族)、
回教(回族、ウイグル族、カザフ族)、シャーマン(満州族、ホチョ族)
である。 

宗教の長期の存在を認め、社会主義と宗教の協調を探りつつ、宗教を効
果的に現代化の建設に貢献させようとする点は、今後の宗教政策の大き
な課題である。

特に法輪功は弾圧の強化に比例するように拡大化していると共に共産党
員の脱党運動を展開し、2008年2月8日現在の脱党者数を32,007,044と発
表している。今後大きな障害になるだろう。2008・02・08

参考:クレア海外通信(海外事務所だより)|北京事務所 |中国の宗教
事情
http://www.clair.or.jp/j/forum/forum/jimusyo/123PEKIN/INDEX.HTM#top



━━━━━━━━━━━━━━━
「チャイナフリー」を登録商標に
━━━━━━━━━━━━━━━


             平井 修一

中共産は使っていないという意味の「チャイナフリー」を登録商標にし
てはどうか。早い者勝ちだ。

「チャイナフリー・ガスト」「ロイヤル・チャイナフリー」「チャイナ
フリー・バーミアン」などとレストランを展開してもいいし、「チャイ
ナフリー手づくり餃子」「チャイナフリー五目釜飯の素」などと冷凍・
レトルト食品にかぶせてもいい。高くても消費者は買ってくれるだろう。

小生が永年利用している食材宅配会社、ショクブンに「中国産はやめて
くれ」と申し入れたところ、筍とキクラゲは国産になった。ありがたい
ことだ。

ところが先日届いた「五目釜飯の素」の製造者は「華陽食品(岐阜県)」
とある。いかにも中共っぽい名称だが、ネットで調べたら「日中貿易の
架け橋・アリババCOM」というサイトに「山東華陽食品有限公司」が
紹介されており、

「当社は乾燥野菜(AD,FD)を取り扱っております。品目はいろいろあり
ます。ご興味がありましたらぜひご連絡くださるようお願い申し上げま
す」とある。

華陽食品(岐阜県)は多分、その会社と日本企業の合弁会社なのだろう、
中共から乾燥野菜を仕入れて加工しているはずだ。加工食品の場合はい
ちいち素材の原産地を表示することは難しいが、こういう形で知らぬう
ちに中共毒菜を日本人は食わせられている。

中華料理店なら材料の多くは毒菜だろう。横浜中華街を敬遠する人が増
えている。「食の安心、安全」を掲げながらファミリーレストランなど
も平気で毒菜を使っているのだろう。

日本の農業は安い毒菜に押されっぱなしだったが、今回の毒ギョーザ事
件で「中共産=毒菜」のイメージが日本中に広まったので、日本の農業
への期待は高まっている。

「高くても安心、安全を」と国民は支持してくれるし、中共の国民も日
本産を求めていると聞く。千載一遇のチャンスとして農業が反転攻勢す
ることを期待している。



━━━━━━━━━
体制翼賛・金満政治
━━━━━━━━━


         山堂コラム203

「体制翼賛」は戦前の「大政翼賛会」をもじったものだが、別に誤植で
はない。はじめからその意図でこの稿は進む。

参院選の自民大敗北による衆参両院のねじれ現象を受けて、自民・民主
の両陣営、天下分け目の「関が原」。そう期待された「給油特措法案」
―――開けてみれば何のことは無い、全くの期待はずれ。木戸銭返せだ。

両党激突どころかしょっぱなの、親分同士の「党首討論」。馴れ合いジャ
レ合いのあの体たらく。家之子・郎党もやる気はなくて、やたら狼煙上
げ法螺貝吹くも、まことの戦は何処にもなし。

本筋とはおよそ埒外の、ゴルフ接待の次官とか、日米なんとかやらの民
間人、院に呼びつけてのつるし上げ。いったい海上自衛隊インド洋で、
外国軍艦への給油にどのような燃料をどこからどういう風に入れてやっ
ているのか。普天間移設はどうなったのか。肝腎な事実は何も引き出せ
ず。引き出す気もなし御所の牛車―――
 
続く2弾が「揮発油税」。バッと燃え上がってバッと鎮火。はじめは盛
んに煽り立て、カチカチ山だバチバチと、跳ねる火勢だ国民も、「山岡
なかなかようやる」と、ようやくこれに注目し、まさに佳境に入らんと
す。なのにハイ、そこで何故かそれまでよ。

本当の大火事になりそうな、気配と見るや与野党の、ともに慌てて消防
団、河野・江田にぞ駆けり込み、ポンプ担ぎ出すそのあとは、一斉放水
でハイ鎮火。

政治(まつりごと)―――。アメちゃん・資本家・土建屋ら、そんなの
無視すればいいなどと、ガキみたいなこと言う気はさらさらないが、今
の福田与党・民主党、ともに「国民本位」と言い過ぎる。その気もない
のに・・・

「民意、民意」の押し売りで、オラに言わせりゃ純ちゃんの「猫騙し」
のパート2。マスコミ欺くための擬態・変態・万葉体。

文京区なるは音羽の御殿。「蝶よ花よ」と育ちたる、兄弟2人でうまい
こと与野党の要職棲み分けて、「蝶よ蝶よ」の弟ばら。「兄貴も株で40
億、ワシ同様に損をした」(1月22日閣議後)、反っくり返って大威
張り。

語るに落ちるその兄は、野党第1党の幹事長。「ガソリンの値上がりは
庶民を直撃。国民生活無視の自民党!」と吠えまくる。さも庶民や貧乏
人、その味方の如き振舞いに、拍手喝采大賛同。なあーに、本当はガソ
リン上がれば車が売れず「地下足袋・タイヤ」が売れなくなる。たった
それだけのこと。

大火事鎮火後の焼け跡に、ぼーっと立ち尽くすは山岡の、国対委員長本
名藤野。おやじ(義父)の「小説太平洋戦争」や「徳川家康」の大売れ
で、印税がっぽり入ったか。

政治の世界に転向し、はじめは右翼のおっさんと思い込んでたオラっち
こそ、買被りもいいとこで、とんでも浅はか万金丹。おっさん別人28号
に変身し、あれよあれよで民主党、国対の大幹部に成り上がる。

さればこその大音声、「進め、進め大東亜。福田自民ぶっ潰せ。鎧袖一
触蹴散らして、衆院選は大勝利」威勢のほどは抜群の、突出したれば今
回は、イチや鳩にいなされて、梯子はずされ呆然自若の揮発油税・・・

もとはと言えばこの利権、越山角さんの遺産だで、その流れくむ民主党、
本気で反対するに非ずんば、腰砕けるはごく当然。

「古賀、二階は利権顔そのもの(オラにもそう見える)」と喧嘩売った
菅だけど、古賀・二階は乗ってこず。金持ち喧嘩せずの「あったり前田
のクラッカー」。菅の方に鐘1つ、カーンと鳴ってハイお仕舞い。

それにしても農地つぶして道路ばかり作るアホばかり。そのうち日本は
深刻な、食糧不足に陥りて、間違いなく来る飢餓地獄。その時になりゃ
あ中国は、餃子の一個さえ、売ってくれなくなることこれ必定。(了)



━━━━━━━━
追悼、大内俊昭君
━━━━━━━━


         馬場 伯明

寒気が肌を刺す2月1日の朝、東京へ向かう電車の中で大学の同級生の丸山
光也君(泰成電機工業)からの携帯電話が鳴った。降りてかけ直した。
すると、いきなり、「今朝、大内君が死んだ!」

「えっ、なぜ? 10日前に3月末のクラス会とゴルフに参加するとの回答
を貰ったのに」「ガンだ。入院したが、どうにもならなかったらしい」
何ということだ。しかし、事実はもう変わらない。

大内俊昭君。みずほ総合研究所代表取締役社長。63歳。ご逝去を悼み謹
んで哀悼の誠を捧げる。それにしてもあまりに早すぎた死であり痛恨の
極みである。(葬儀は近親者のみですませる由)

2月1日の夜、稲毛駅から自宅への足取りは重かった。途中ほのかな香り
に気づいた。蝋梅(ろうばい)の花の香りである。淡黄色の小さな花を
一つ摘み香りを鼻先に運んだ。なぜか、その香りとともに彼が逝ってし
まったように思われた。

蝋梅の香にさそはれしみたまかな夢のつづきは京都の空へ   伯明

彼とは1964(昭和39)年4月から京都大学(法)の教養のクラス(J3)
で机を並べた。といっても「不良」学生の私は語学の授業にもあまり出
なかったため、教室ではほとんど顔を会わせていない。

学生の大半は大学周辺に下宿していた。祇園の彼の下宿を訪問した。
「いい部屋だ。テレビまで」と驚いた。東京オリンピックの棒高跳びを
いっしょに見た。ハンセン(米)がラインハルト(独)との5時間半の死
闘を制しついに勝った名場面だ。

彼は卒業後難関といわれた日本興業銀行に入社し、その才能とたゆまぬ
努力により企業人として順調に王道を歩いた。

私は彼の興銀での詳しい仕事ぶりについては知らない。ただ、勤務して
いた企業(川崎製鉄)の財務部門の先輩から聞いた。十数年前のこと。

「興銀の大内さんという産業調査部長と話した。鉄鋼のことも詳しいが
中国の事情などについても的確に見通している。すごい」「聞けば、お
前と同期らしいね」「そう、私たちの誇りです」と答えた。

2002年の第一勧銀、富士、興銀の合併時に、彼はみずほコーポレート銀
行副頭取に就任し、2004年にはみずほ総研社長に転じ活躍していた。そ
の最中の急死である。

中でも中国経済や産業動向への深い造詣はわが国経済人のトップレベル
の一人であるといわれた。しかし、みずほ総研を退いた後は母校の法科
大学院で勉強し直すという。なお進取の精神にあふれていた。

父君大内俊司氏は富士製鉄から新日本製鉄副社長になられた人。経済界
を震撼させた大型倒産の山陽特殊製鋼建て直しのために、1980年社長に
就任。見事に会社を再建し再上場への道を開いた稀有の名経営者である。
(そのDNAが彼に脈々と継承されていたのに)

山陽特殊製鋼を題材とした山崎豊子の小説「華麗なる一族」がベストセ
ラーとなり、映画化・TVドラマ化されたことはあまりに有名である。

2006年2月、東芝はウェスチングハウス社を買収し原子力発電設備製造分
野の強化を図った。それに関連し中国原発の建設動向について、昨年内
幸町に伺い彼から適切な助言をいただいた。

ところで、2006年の吉田山荘(京都市)でのクラス会の際、私は1964
(昭和39)年入学のクラス(J3)の文集を作ることを提案した。彼は丁
寧な原稿をすぐに送ってくれた。

しかしながら、その発行は私の個人的な理由から遅れ現在に至っている。
3月末に発行する段取りとはなったが、彼に叱責された「遅延の借り」は
借りっ放しになってしまった。

昨年日経新聞に彼の「交遊抄」が掲載された。大学同期の優れた銀行マ
ンである奥正之(三井住友銀行)・丸山光也(元八十二銀行)両君ご夫
妻との交遊が味のある名文で紹介されていた。

じつは、昨日(2/2)の午後、私は高井戸の周辺を歩いた。京王線高井戸
駅から神田川沿いに西側へ歩き、高砂橋を右折し軽い坂を登る。閑静な
住宅地の一角に彼の家はある。この日人の気配はなかった。私は少し離
れ手を合せた。

今年の年賀状も随分前のことのように感じる。右上端に「賀正」の墨痕
がある。裾には正月行事の影絵が濃い赤色で印刷されている。切り絵風
の独楽、羽子板、羽根、門松、凧の絵。端正な年賀状である。

みずほ総研のホームページから「社長のメッセージ」を開いてみた。少
し口を開き語りかける彼の写真がある。真剣な表情で、誰に何を説いて
いるのだろう。社長メッセージは次のように結ばれている。

《 今後とも内外の優れたシンクタンクとの連携や、基礎研究の強化、
人材育成に努め、情報力・分析力・提案力の一段の向上を図り、常にト
ップレベルのリサーチ、ソリューションをご提供し続けるべく邁進する
所存でございます 》

夢は果てしない。会社の夢も自分や家族の夢も。「京都へ帰る」まさに
これから夢の続きが始まるところだったのに。「死んでしもたら、どが
んしよんなかじゃなかね」

法科大学院から次の道へのさらなる挑戦という「夢の続き」は永久に断
たれてしまった。(生きてさえ、いれば、いつか)彼は必ずその夢を実
現したであろうに・・・。

この冬一番の一面の銀世界である。大内君の永遠の旅立ちをすべて真っ
白くおおい尽してしまうかのような、今朝の静かな降雪の風景である。
深く、合掌。(2008/2/3千葉市在住)

(追記)

新聞に訃報が載った。《・・1日、肝不全で死去、63歳。葬儀は近親者の
みですませた。みずほ総合研究所主催の「お別れの会」は3月12日午後2
時から東京都千代田丸の内のパレスホテルで。喪主は妻雅子さん。(朝
日新聞2008/2/8) 》「新聞掲載」となったので、投稿しました。



━━━━━━━━━━━━━
大雪で災難続きの中国=写真
━━━━━━━━━━━━━

 http://jp.epochtimes.com/jp/2008/02/html/d15717.html


【大紀元日本2月9日】大雪による災害を中国では「白災」と呼ばれる。
豪雪により、交通、通信、送電線路への深刻な影響及び破壊、遊牧民の
安全と生活への被害を生じ、家畜の死亡、牧畜業の減産を招くことであ
る。

連日大雪に襲われた中国広東省は鉄道、自動車道の交通は広い範囲で遮
断され、フライトの中止も相次ぎ、広州城では運輸の停止に伴って、物
資の窮乏も起こっている。

旧正月で帰省する旅客は目的地に向かう途中で足止めされ、4昼夜も待
っていた人もいるという、道路の渋滞も激しく、ひどいところに18キロ
にも伸びた。

広東の幹線鉄道となる北京−広州線、1月25日から電力線路の故障が発生、
電力列車が止まっている、天気が持続的に悪化して、旅客はすでに豪雨
豪雪の中で三昼夜も待っていた、広州駅に滞在する旅客は50万人に達し
たと推定された。

交通幹線の遮断は物資の窮乏ももたらした。

電力輸送ラインが中断したため、三峡、貴州、湖南から広東への送電が
中断された、広東省は現在最も深刻な電力不足に陥った。

鉄道の遮断により、駅は立ち往生する人々で混乱した。帰省を急いでい
る出稼ぎ労働者は最も悲惨な状況だ。

湖北籍の出稼ぎ労働者・李紅霞さんは混雑している広州駅で電車を待っ
ている間に人の流れに押し合われて倒れ、緊急救助をされたが死亡、帰
省期死傷事故の第1号となった。

現場にいる保健所のスタッフの話によると、近日体調が崩れて治療を受
けた旅客の人数はずでに7千に達した。

(写真はすべてAFP/Gettyimages) 



━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━

 
 ◎クリントン氏を支持せず   マイケル・ムーア監督 

【ロサンゼルス8日共同】痛烈なブッシュ政権批判で知られる米映画監
督のマイケル・ムーア氏が、女性初の大統領を目指す民主党のヒラリー
・クリントン上院議員について、イラク戦争への対応から「(大統領選
で投票するのは)モラルに反する」と述べ、不支持を表明した。CNN
テレビが8日、インタビューの内容を報じた。

ムーア氏は映画「華氏911」でイラク戦争などでのブッシュ政権の対
応を批判、04年の前回大統領選ではブッシュ氏再選阻止へ論陣を張った。
クリントン氏については、米議会が開戦前に可決した対イラク武力行使
容認決議に賛成票を投じたことが納得いかないようだ。

今年のアカデミー賞候補にもなっている最新作「シッコ」で米医療保険
制度の欠陥を暴いたムーア氏は別のテレビ番組でも、クリントン氏が掲
げる医療保険改革案に「問題」があると指摘している。
2008/02/09 11:09  【共同通信】 


 ◎【台湾通信】「臭豆腐」の香り漂う古い町:深坑

http://jp.epochtimes.com/jp/2008/02/html/d12808.html

【大紀元日本2月9日】日本のみなさん、こんにちは。

豆腐といえば、日本でも台湾でもとても手に入りやすく、珍しいもので
はありませんが、「臭豆腐」という食べ物を聞いたことがありますか。

特製の水に浸しておいた豆腐を具材にします。揚げても蒸しても、調理
の途中で、臭いにおいがぷんぷんして、とても食べられないと思われる
ぐらいのものですが、一旦口にすると、独特な風味をもっており、とて
も美味しく感じます。

また、台北県にある古い町・深坑では、豆腐を燻製にした、一味違う
「豆腐」が名物として知られています。「深坑老街」と呼ばれるこの町
には、さまざまなものが出店・販売されており、多くの人で賑わってい
ました。

人々の熱気と、そこら一面を漂っている、熱い釜の中から沸き立つ「臭
豆腐」のにおい。冬の寒気があっという間に追い払われます。

 さあ、「深坑老街」のあったかい街頭風景をご覧ください。
 

 ◎115億円で離婚合意か   マッカートニーさん 

【ロンドン9日共同】9日付の英紙デーリー・メールは、ビートルズの
元メンバー、ポール・マッカートニーさん(65)が総額5500万ポンド
(約115億円)を妻のヘザーさんに支払うことで離婚訴訟が決着する見通
しになったと報じた。

同紙によると、財産分与2000万ポンドに加え、2人の間に生まれた女児
のベアトリスちゃん(4)の養育費を14年間にわたり年250万ポンド支払
う。支払総額はマッカートニーさんの資産8億2500万ポンドの約7%に
あたり、離婚に伴う財産分与額としては英国での最高額だという。

2人の離婚協議はこれまで難航。11日から法廷での非公開審理が予定さ
れているが、同紙は「双方とも条件面で原則合意した」と伝えた。
2008/02/09 10:52  【共同通信】 


 ◎なまはげ柴灯まつり始まる、男鹿 今年は警備員付き
 
秋田県男鹿市の冬祭り「なまはげ柴灯(せど)まつり」が8日夜、3日
間の日程で同市北浦の真山神社境内で始まった。

「なまはげ下山」では深い闇からなまはげ15匹が登場、たいまつを手に
「ウォー」と雄たけびを上げて練り歩いた。今回は、昨年の女性浴場の
乱入騒動を受け、それぞれのなまはげに警備員を付けた。

なまはげに扮したのは真山地区の20ー40代の青年ら。まつりの本番を前
に境内近くの控え室に集結。真山なまはげ伝承会のメンバーが「不祥事
があったが、委縮せず例年通りのなまはげを見せよう」と声を掛けて送
り出した。

まつりのクライマックス「なまはげ下山」では、たいまつを持ったなま
はげが雪山から下り境内を暴れ回ると、ムードは最高潮。

御利益があるとされる、わらでできたなまはげの衣装「ケデ」を求めて
人だかりができると、観光客からの誤解やトラブルを避けるため、付き
添った警備の職員がなまはげを後ろから抑える場面もあった。
秋田魁Web (2008/02/09 00:09 更新)


 ◎「原産地呼称」長野で全国大会 研究会やトークショー 

農産物と加工品の原産地や品質を認定し、ブランド化を進める「原産地
呼称管理制度」の意義や課題を考える全国大会が8日、長野市内で2日
間の日程で始まった。

県農政部や信濃毎日新聞社でつくる実行委員会(玉村豊男委員長)の主
催。初日は研究会やトークショーが開かれ、参加者は認定による食品の
信頼性確保や農業振興について意見を交わした。

研究会には県内外の約100人が参加。日本酒、焼酎、ワインの味や香りを
みる「官能審査会」を見学したほか、認定品をつくるメーカーや農家が
現状報告。「食の安全が問題化する中で、きちんとした『お墨付き』が
出る制度の意義は高まっている」などの意見が出た。

2004年度に制度を導入した佐賀県の担当者は会場から発言し、「導入を
機に流通業者の間で工夫が広がった」と成果を報告。塩尻市のブドウ農
家、臼井喜子さん(56)は官能審査会を見学後、「認定されると農家の
励みになる」と話した。

トークショーには約500人が来場。エッセイストの玉村委員長とソムリエ
の田崎真也さんが制度導入の経緯を振り返り、田崎さんは「地元の食べ
物に誇りを持ってほしい」と語りかけた。

長野県は02年度から制度を導入。県によると、同様の制度は佐賀県のほ
か北海道や山形県などに広がっている。

9日は、俳優の辰巳琢郎さんと一緒に酒蔵やワイナリーを巡るツアーが
ある。2月9日(土)信濃毎日新聞



━━━━━━━
反     響
━━━━━━━


 1)
重箱の隅ですが、1084号「話の福袋」中の「大雪で顕在化した中国の石
炭依存」記事中の「秦王島」は「秦皇島」ではないんでしょうか?

また、「卵かけご飯の店」、いいですね〜〜ノドが鳴ります。ーーー日
本に帰りたくなってしまいますーーー
 OJIN @「アジアの街角から」


━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


関東地方で午後から雪の見込み、東京では今冬5度目

9日の日本列島は、本州の太平洋側を進む低気圧の影響で全国的に雲
が多く、近畿や四国では早朝からみぞれや雪が降り始めた。

気象庁によると、関東地方でも午後から雪が降る見込みで、東京では、
平年の降雪回数の3・5回を上回る5回目の雪になる。

積雪量は関東の平野部で1〜10センチ程度の見込み。東北南部では大雪
になる可能性もあるという。 2月9日11時4分配信 読売新聞
 
以上の通りで、うんざりです。

ご投稿、ご感想、ご意見を待っています。宛先は以下。
ryochan@polka.plala.or.jp
…………………………………………………………………………………
◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら→
http://melma.com/contents/taikai/

--------------------- Original Message Ends --------------------
-- 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。