頂門の一針

RSS

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。



メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


メルマガ情報

最終発行日:
2016-12-11
発行部数:
5520
総発行部数:
17927531
創刊日:
2004-01-18
発行周期:
不定期
Score!:
96点

最新のコメント

  1. 映画「この世界の片隅に」の感想です。

    全国66館しか上映していないのに、なぜか地元の町にあるシネコンでやっていたので、さほど期待しすぎずに軽い気持ちで観に行きました。
    やや極論を言わせていただくと、日本映画史に残る傑作だと思います。
    アニメ史ではありません、映画史においてです。

    昭和8年から昭和21年まで描かれていますが、太平洋戦争前後を市井の若い女性の視点で、丹念に丹念に細かいエピソードを積み重ねることで、かくあったであろう当時の日本の姿を、実に見事に描き切ったものと感じました。

    一般の感想をみると、主人公のすずさんと言う女性の駘蕩としたキャラクターによるものか、”戦時下にあってもほのぼのとした生活”を云々と言った感想が少なくないようですが、とんでもない、次第にひっ迫してゆく食糧事情、当初どこに行ってしまったのか?とすずさん自身疑問を投げかけていた”戦争”が、ある日突然現実のものとなって眼前に現れる恐怖、そして何より失ってはならない大切な命が目前で失われる、自身の身体の一部が損なわれる、そうした心身の”痛み”も痛切な思いを伴ってちゃんと描かれていました。
    そこはかなりのミリオタとも評される片淵須直監督の面目躍如たるものがあった、と言っては逆に失礼かもですが・・。

    片淵須直監督、呉、広島で取材に取材を重ね、かつての姿を記憶する方たちが失われる前に、ひとびとの記憶を形として残すのだと言う強い信念があったに違いないと感じました。この辺りは逆に実写ではむつかしい部分ではあり、アニメと言う表現ならではであったかも知れません。
    こうしてアニメは実写表現をも超え、ちゃんとした”映画”になった。

    アニメ、と言う表現の点では、地味で細かい日常の所作を丹念に積み重ねてキャラクターの存在を見る者の心に”在らしめる”手法は高畑勲監督の『世界名作劇場』的であり、かつその集大成とでも言っていいような出来栄えで、また、同じ高畑勲監督がしばしば映画で試みた、セル(風)手書きアニメの表現の地平を広げようかと言う実験的手法も、高畑氏の出来栄えを凌ぐほどであったと断言したい。
    ともかくも、見事でした。

    恥ずかしながら、この映画で初めて片淵須直(かたぶちすなお)と言う名前を記憶することになりました。どうも、(唯一クリアしたことのあるTVゲーム)エースコンバット04シャッタードスカイや、TVシリーズ『ブラックラグーン』でとっくにお世話になっていた様なのですが、なぜか名前が記憶に残らなかった。

    宮崎アニメとして一世を風靡した『魔女の宅急便』の、当初の監督でありながら、スポンサーの意向で降ろされ一スタッフとして裏方に徹したと言う氏の経歴を知るにつけ、遅咲きながら開花したその才能、応援したいところです。 

    PS)
    町山大賞 
    キネマ旬報レビューオール星5 
    岡田斗司夫100点満点 
    宇多丸5千億点
       だそうで・・。評価が高くて何よりだ!
       宇多丸、5000億点。(って、なんだよ?それww)
        岡田斗司夫、あまりに凄いものをまえにすると泣くこともできなくなる。(まさしく!)




     2016/12/11 このコメントがついた記事>>

  2. 癌の正体を暴露した男オットー・ウォーバーグ、ロスチャイルド家に一蹴され怖気づく その1
    http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/400.html

    「息をするようにウソをついている」のは蓮舫氏ではないか
    http://agora-web.jp/archives/2023086.html

    魔の三角海域 
    http://blogs.yahoo.co.jp/small_creeps/folder/1013008.html

    データから見る日本の子どもの貧困〜「日本死ね」とか言わなくても日本は勝手に死にそうでござる 
    http://www.from-estonia-with-love.net/entry/nihonshine

    「在日特権と犯罪」1位(政治部門)・元通訳捜査官の坂東忠信著・非公開の詳細データを一挙公開!
    http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6405.html

    漱石の京都 
    http://www.k4.dion.ne.jp/~skipio/21essay2/Kyoto-of-Soseki.htm

    パチンコリスト
    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2015/08/27/329%E3%80%80%E3%83%91%E3%83%81%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%80%80%E3%80%80/

    【文化侵略】映画「利休にたずねよ」の「利休」は何故”茶碗を隠しながら”飲んでるの?
    http://blog.goo.ne.jp/chaos1024/e/f4ec6b6a1afb06933f7a128ae54be0a4

    日本人の遺骨を土足でふみつけ汚物をまいた朝鮮人 
    http://tainichihate.blog.fc2.com/blog-entry-291.html

    たしかなこと
    https://prcm.jp/album/kashiga110/pic/35516583

    四角い升を・・・
    http://43052.diarynote.jp/200406121908190000/

    もう直ぐ人民解放軍がやって来る 〜 帰化人だらけの国会議員!民進党のF.TやI蓮舫など・・・存在する帰化人ネットワーク 
    http://hannichigukoku.info/blog-entry-15596.html

    三重県の駅の1日の利用者数ベスト100ワースト100
    http://blog.livedoor.jp/rock1963roll/archives/3981693.html

    ジブリのその先の到達点! のん主演「この世界の片隅に」ドキュメント・レビュー
    http://eiga.com/extra/shimizu/16/

    【緊急拡散】 行橋市議会、在日韓国人の市役所爆破テロ予告にあっさり屈するwww 愛国市議小坪しんや氏に辞職勧告!!
    市議会「お前が余計な事書くから面倒な事になった。辞職しろ」
    http://asianews2ch.jp/archives/50174621.html

    【ドイツ】欧州委員会の法務部高官の娘(19)が、移民にレイプされ川で溺死させられる 被害者は難民施設でボランティア活動も
    http://www.honmotakeshi.com/archives/50177485.html

    中野区上高田「たきび」の歌発祥の地
    http://walkerhide.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-dc5c.html

    雑司が谷 洋館
    https://www.google.co.jp/search?q=%E9%9B%91%E5%8F%B8%E3%81%8C%E8%B0%B7+%E6%B4%8B%E9%A4%A8&biw=1263&bih=503&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwivu6DskOnQAhWMV7wKHVhqCqkQ_AUIBygC

     2016/12/10 このコメントがついた記事>>

  3. 癌治療死→日本では年30万人が虐殺されている!

    (癌を治すのではなく殺す治療)

     少なくとも8割は癌で死んだのではなく、抗癌剤、手術、放射線と言う癌治療で殺されたことは間違いない。これらは癌の三大治療と呼ばれている、いわゆる通常の治療である。
    まず、抗癌剤のルーツは第1次、第2次世界大戦中に大量殺戮に使われた毒ガス兵器(マスタードガス)である。人殺しの化学兵器は、患者を殺せても、治せるわけがない。厚労省の技官も「抗癌剤が癌を治せないのは常識」と証言している。抗癌剤は超猛毒である。その超猛毒に驚いて一部癌が縮小しても5〜8か月でリバウンドし、元のサイズに戻る。
    放射線も強烈な発癌性があり、それを癌患者に照射することは狂気である。
    手術も体力、免疫力を激減させる。手術で命を縮める癌患者は後を断たない。医者は悲しいほど無知であり、治しているつもりで殺しているのである。

    (癌死の80%は医療ミス殺人)

     国立大学のインターン医師が亡くなった癌患者を精査したら、その80%は癌ではなく、癌治療の副作用で死んでいた。ちなみに学部長は、その論文を目の前で破り捨てている。「日本では年約38万人が癌で死んでいる」と厚労省が発表している。しかし、実際は、その80%、約30万人は癌治療の名の下に病院で殺されているのである。

    (医者は自分や身内には抗癌剤を打たない)

     内外171人の医者に「自分自身に抗癌剤を打ちますか?」と聞いたアンケートがある。その答えは170人が断固「ノー」だった。そして、彼らは自分のクリニックに来た癌患者には抗癌剤を打つ。「娘にも妻にも断じて打たせない」と怒鳴った医者が患者には平然と打つ。まさに、悪魔に魂を売った人間の姿がそこにある。
    なぜか? 
    抗癌剤は病院経営にとって欠かせないからである。ある抗癌剤(ペグイントロン)は1グラム、3億3170万円である。1億、2億の薬はゴロゴロある。お金は闇の支配者に怒濤のように吸収されていく。支払うのは私たちである。

    (心の病も体毒で生じ排毒で治る)

     そもそも心の病を薬と言う化学物質で治すという発想が根本から間違っている。「病気は体毒から生じる」「断食は万病を治す」 やはり、心の病も体毒から生じている。その毒素は過食による老廃物である。さらに苦悩・不安・ストレスからアドレナリンやコルチゾールなどの毒素が発生する。その他、食品添加物、農薬、重金属など毒素も心を狂わせる。外部刺激では電磁波の害も深刻である。それらが脳機能を弱めて精神の病の元となる。体毒が原因の病気は、それを排毒してしまえば、確実に治る。あとは汚染されていないピュアな身体が残るからである。脳の病も同じである。排毒された後にはピュアで健康な脳が残る。

    (体毒+薬毒=病気は悪化)

    精神科医は、心の悩みを抱えてきた患者に、物凄い種類と量の向精神薬与える。薬漬けとはまさにこのことである。しかし、患者の脳に溜まった体毒で不調を訴えている。体毒で病気になった人に、薬と言う薬毒を投与する。体毒+薬毒で病気はさらに悪化する。これは精神科だけではなく、あらゆる医療で見られる驚異の愚行である。しかし、エライ先生方はこのような簡単なことが永遠に理解できない。

    (薬で心を狂わせ自殺、犯罪も急増)

     向精神薬の「添付文書」の副作用欄を見ると、腰を抜かす副作用が満載されている。抗鬱剤の副作用「抑うつ」などはお笑いである。「自殺企図」「自殺念慮」とは自殺するということである。「敵意」「攻撃性」などは精神科の薬物療法が、通り魔や家族虐殺などの不可解、残虐な事件の元凶となっている証拠である。さらに向精神薬には「不安」「焦燥」「興奮」「錯乱」「幻覚」「痙攣」などが列挙されている。患者はこれら症状を治したいから医者に行き、投薬で悪化し、重症化している。こうして薬物療法は心を狂わせ、自殺、犯罪も急増していく。「薬は病気を治せない」という事実を心に刻むべきである。

    (輸血は受けてはいけない)

    医者は「輸血は必要だ」と思い込んでいる。「大量出血したらどうやって患者を助けるのか?」と思うはずである。しかし、「水分とミネラル分を補給するだけでよい」のである。この事実に100%医者は苦い顔をして首を横に振る。「血球が欠けているじゃないか」「血球細胞が無くて、どうして輸血になるのだ」と疑問に思う。しかし、その心配はいらない。血球細胞は、身体の体細胞が赤血球・白血球に変化して、血管を満たしてくれるからである。だから、海水を薄めるか生理食塩水を点滴すればよい。医者たちは「初めて聞いた。ありえない」とブーイングの嵐になる。

    (米国防総省(ペンタゴン)はすでに無輸血医療を確立している)

     「水分とミネラルのみを補給すれば大量出血でも救える」これを証明したのが「カントンの犬の実験」である。フランスの生理学者ルネ・カントンは、フランス語で「海」と「母」の発音が同じであることに触発され、「海水こそ生命の源」と気づいた。薄めた海水の中で白血球が自然に成育する様を観察し、確信を深める。次に、愛犬の血液をすべて海水と交換する実験を見事に成功させる。最初ぐったりしていた犬は数日で元気に走り回るようになった。この奇跡の実験を説明するためには、千島・森下学説が必要になる。千島・森下学説は、「体細胞は血球細胞に変化する」ことを証明している。(細胞可逆説)つまり、カントンの犬は、体細胞を血球細胞に変化させて、血液を満たした。この事実に気付いたのがペンタゴンである。イングルウッド病院で約10年間に、約600億円もの巨費を投じて無輸血医療を確立している。輸血は患者の死亡率を倍増させる。さらに免疫不全でGVHD(移植片対宿主病)と言う急死を招く。治療法はなく、確実に死ぬ。その他、エイズ、肝炎など感染症、呼吸困難、肺炎、更に免疫低下で癌も多発させる.血液製剤も同じである。だから赤十字や献血キャンペーンなど、吸血ビジネスも全く有害無益である。


     2016/12/10 このコメントがついた記事>>

  4. 小池知事の言動に対する厳しい評価の記事掲載に感謝します。彼女は、都政の総括・統治者としての自覚が欠けている、失格ではないかと感じています。(N.H)

     2016/12/10 このコメントがついた記事>>

  5. 皇位継承者を危険にさらす宮内庁の鈍感
    http://blog.goo.ne.jp/jinn-news/e/55a4cb132abb590b6d26b851b7ac7747

    この世界の片隅に のん
    https://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%93%E3%81%AE%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AE%E7%89%87%E9%9A%85%E3%81%AB+%E3%81%AE%E3%82%93&biw=1097&bih=490&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjs2Om5zebQAhXMErwKHVUICOcQ_AUIBygC&dpr=1.75

    【永田町炎上】どこの国益が大事なのか?国会議員の「帰化人ネットワーク」
    http://dailynewsonline.jp/article/1237086/
    http://dailynewsonline.jp/article/1237086/?page=2

    ネガティブ・キャンペーンとその対応を考える
    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3230.html

    12/9アラカルト
    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2016/12/09/1360-12%ef%bc%8f9%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%88/

    夢から醒めない 
    http://ameblo.jp/geneumi/entry-12226840881.html

    フィフィvs東京新聞の佐藤圭「血も涙もない司法はレイシスト」・タイ人高校生、強制退去処分覆らず
    http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6477.html

    歴史のかげにグルメあり
    http://yotuashi.jugem.jp/?eid=7

    晩秋紀行
    http://d300s.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/post-96a3.html

    ポプラ社百年文庫59 「客」
    http://kikkawaharumi.blog68.fc2.com/blog-entry-2302.html

    【拡散】ユダヤシオニスト反日組織「サイモン・ウィーゼンタール・センター」の実態がヤバすぎる…創価学会・統一教会とズブズブ
    http://www.news-us.jp/article/389482466.html

    在日朝鮮人一世「小学校を卒業後、“運よく”日本行きの切符を手に入れる事ができた」←あれ?
    http://www.honmotakeshi.com/archives/50146051.html

    神奈川県「韓国人観光客お断り。今後一切神奈川県に関わらせない」← 何があったwwwwwwwww
    http://asianews2ch.jp/archives/50167469.html

    たしかなこと
    https://prcm.jp/album/happydays8739/pic/36200154

    【党首討論】蓮舫代表「総理の答えない力、逃げる力、ごまかす力、まさに神っています。息をするようにウソをつく」
    http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-4586.html

    不活化ポリオワクチンとはどういうものか
    http://satouclk.jp/2012/10/post-52.html

    閔妃を暗殺したのは大院君 
    http://tainichihate.blog.fc2.com/blog-entry-294.html

    流行語大賞「日本死ね」15歳のはるかぜちゃんにパヨク達がぐうの音が出ないほど論破されていたwww
    http://erakokyu.blog.jp/archives/harukaze-161208.html

    ドイツ・移民にレイプされ川に落とされ溺死
     親は欧州委員会の高官、被害者娘は難民施設でボランティア
    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53211909.html

    夏目漱石は生涯京都を四度訪れていますが、京都での足跡と小説との絡みを辿ってみました。
    http://www.bus-sagasu.com/blog/2072/

    2016年の自動ブレーキ・予防安全装備徹底比較!ぶつからない車はどれだ!?【後編】 
    http://familycar.work/?p=2252

    【変なお辞儀】股から手を離すと何か不都合なことが起きるんですか?【手重ね死守】
    http://blog.goo.ne.jp/chaos1024/e/5244bc8a5c21d2877ad8ef813ab28b71

     2016/12/9 このコメントがついた記事>>

  6. 戦慄の副作用スティーブンス・ジョンソン症候群(SJS)

    (パブロン一錠で主婦が死んだ)

     風邪薬を一錠飲んだだけで、死ぬこともありうる。1997年、熊本の主婦A子さん(30代)は健康そのものの主婦だった。風邪気味だったので大正製薬のパブロン錠剤を一錠飲んだところ、彼女は突然高熱に襲われた。皮膚全体に異常な水ぶくれが出現し、全身がただれる重症の皮膚症状が現れた。ただれは、口内にまで及び、入院1か月後に、苦悶の内に息を引き取った。彼女はアレルギー体質も無い普通の主婦だった。それが風邪薬一粒で命を落とした。コルゲン(興和)でも死亡事故が発生し、遺族は約1億5000万円の損害賠償の裁判を起こしている。

     Aさんを襲った異常な重大副作用とは、スティーブンス・ジョンソン症候群(SJS)と呼ばれ国際的にもよく知られている。2012年6月、厚労省の発表によれば、SJS被害者は、死亡例131人、発症者は1500人に達している。(これは副作用として報告した例のみである。だから、犠牲者はこの100倍、1万3000人はいる。)

     研究者によれば、原因になりやすい薬剤は特定されている。「アセトアミノフェン」(鎮痛剤・解熱剤は配合されている)「イブプロフェン」などである。その他、「降圧剤」「抗生物質」など約1000種類の薬剤で発症したと言う。

     御手許の市販薬の「添付文書」を見ると、風邪薬、解熱剤、鎮痛剤、向精神薬、降圧剤など重大副作用「SJS」とあるはずである。どんな薬でもSJSを発症する恐れがある。さらに恐怖は、「発症メカニズムは不明」と言う事実である。なぜ、発症するのか分からない。それなら、これらの医薬品の販売は中止すべきである。風邪薬は風邪を治さず、痛み止め薬も知覚神経を麻痺させるだけである。向精神薬など病気を治せるはずがない。

    (糖尿病は食べなければ治る)

     糖尿病で病院に行くと、医者は必ずこういう。「三食しっかり食べてください」→三食しっかり食べたから糖尿病になったのである。耳を疑う専門医の発言は「糖尿病は治らないのです」がある。つまり、糖尿病専門医は、生まれてこのかた、一人の糖尿病患者も治したことがないと胸を張って堂々と言っている。「ではどうしたらいいのでしょうか」と聞くと、「いい薬があります。気長にやっていきましょう」と答える。医師のいい薬とは血糖降下剤とインスリンである。つまり、一生飲みなさい。打ちなさい。こう言っているわけである。その先に、糖尿病悪化で末梢血管が詰まるため失明、心臓病、脳卒中、さらに腎不全から透析へと悪魔が道案内してくれる。そして足切断・・・・・、最後は癌が待っている。

     「糖尿病の原因は何か?」と質問すると医師は答える。「糖尿病は遺伝しますから治らないのです」→これも全くの嘘である。『糖尿病学』(西村書店)に、「糖尿病は遺伝しない」と言う論文が掲載されている。そのことすら糖尿病学会は気付いていない。

     糖尿病の原因は、!)過食、!)ストレス、!)動物食(肉食)、!)運動不足、!)甘い物である。だからこの5つを避けることである。糖尿病と診断され、15年間インスリンを打ってきた岡田正史さん(62歳)は、一日一食にすることで半年で完治させた。

    (高血圧も180を130に下げ大量病人狩りを行っている)

     安保徹先生は、「これが俺の血圧だ。200以上ある」とにっこり笑う。「正常な血圧は、人それぞれ違う。それを無理やり薬で下げたら、ダメである。体は必要だから血圧を上げようとしている。それを薬で無理に下げると体は心臓の脈拍を上げて血を流そうとする。ピッチで稼ぐのだ」 世界的に有名な医学者でも、血圧は薬で下げてはいけないと断言している。ところが、日本人の70歳以上の二人に一人が、「降圧剤」を処方されている。ここでも医者の言うままにされている。
    なぜ、飲むのか? 
    →ある人は「会社の健康診断で医者に言われた。降圧剤を飲みますか?死にますか?」 こうなると詐欺と言うより脅迫商法である。

     なぜ日本人は「降圧剤」漬けになったのか? 
    それはメタボ基準の陰謀が背後にある。2008年からメタボ検診がスタートし、そこに悪辣な陰謀が潜んでいた。戦後、高血圧の定義は、最高180と一定した。ところがいつの間にか130まで下げられた。高血圧症の定義を下げれば患者が急増する。すると、医者は堂々と「降圧剤」を処方できる。まさに医療詐欺でありペテンである。しかし、メディアでは批判する声は上がらなかった。マスコミは、人類と言う家畜の洗脳装置だからである。

     「降圧剤」はその毒反応で血圧を下げるものである。だから、副作用も凄まじい。死ぬ場合もある重大副作用は、腎不全、脳梗塞・・・・更に意識喪失、肝障害、頻脈、動悸、排尿障害、頭痛、貧血、低血圧症、不眠・・・など数えきれない。極め付きはED(勃起不能)である。180以上の高血圧患者に、治療を施したら、何もしない場合と比べて死亡率が5倍激増したという衝撃警告もある。血圧が気になったら、菜食にシフトすれば、血管は若者と同じになる。

    (心臓病は「菜食」「少食」で治る)

     心臓病の原因は、心臓を動かす筋肉を養う血管が詰まるである。これらは、冠状動脈と呼ばれている。
    なぜ詰まるのか? 
    それはネトネトした汚れが詰まらせるのである。これらを「アテローム」と言う。冠状動脈の一部が詰まれば、狭心症、全部詰まれば心筋梗塞である。
    ではなぜネバネバが生まれたのか? 
    ズバリ肉食が原因である。「菜食主義者の食事は、心筋梗塞の97%を防いでくれる」→これは「米医療協会ジャーナル」の記事である。

     アメリカのフィリップス博士の研究チームはセブンス・デイ・アドべンティスト(SDA)と言うキリスト教の一派に着目した。その教義は菜食主義を勧めている。調査対象は約2万5000人。さらに同じ数の普通のアメリカ人も対象群として選ばれた。その結果、一般人の心臓病死亡率を100%とすると、菜食主義者は12%だった。彼らは肉、卵、牛乳も食べない菜食主義者だった。 

    バターや肉脂肪などの動物性脂肪を多くとると心臓病で死ぬ。カロリー中に占める動物脂肪の割合が増えるほど、心臓病が比例して増えていく。こうなると「脂肪率」=「死亡率」である。アメリカ男性の心臓発作による死亡率は、中国男性の17倍である。ちなみに同じ調査で乳癌死は、アメリカ女性は中国女性の5倍である。しかし、これらの衝撃事実もマスコミは一切流さない。つまり、家畜に真実を教えてはいけないのであろう。

     2016/12/9 このコメントがついた記事>>

  7. まいにち見られる
    http://blog.livedoor.jp/mayunarakimi/search?q=%E5%B3%B6%E6%9C%AC%E7%9C%9F%E8%A1%A3

     2016/12/9 このコメントがついた記事>>

  8. 二重国籍
    http://image.2chlog.com/2ch/live/livenhk/image/1479699630-0785-001.gif

    鳥越「日本死ね」批判に嘘の反論「何も手を打ってこなかった」つるのも誹謗に反論・視聴者82%反対
    http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6476.html

    パチンコを何故規制できないのか?
     朝鮮民族の特殊な産業で日本人が、精神疾患に
    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53212050.html

    世田谷一家惨殺事件の恐るべき「真実」 一橋文哉(ジャーナリスト)
    http://www.asyura2.com/0311/nihon10/msg/1206.html

    蓮舫氏2016/12/7 19:27 やはり台湾籍離脱確認不可 大嘘でないなら説明を 
    http://ichidokusha.hatenablog.com/entry/2016/12/07/193156

    みなし児のバラード
    https://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%81%97%E5%85%90%E3%81%AE%E3%83%90%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%89&biw=810&bih=323&source=lnms&tbm=isch&sa=X&sqi=2&ved=0ahUKEwjh4fLe7-PQAhUJtpQKHaR8AeIQ_AUIBygC

    公開記念!のんさんスペシャルインタビュー
    http://konosekai.jp/interview/non/

    え!?基礎の寿命は30年?家の根幹をなす基礎の耐久性について
    http://www.rdesign.co.jp/?p=4839

    もし君と結ばれなければ
    http://www.photobb.net/22142/blog/blog.cgi/c4/a200902261140.html

    美しく描かれる李王朝の現実とは
    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3227.html

    ビジョナリー・カンパニー 4 自分の意志で偉大になる
    http://www.gpi-group.co.jp/gpi/casting/spirit/library/2012/11/28/82/

    ブラックウォーター(残酷な民間軍事会社)+モンサント社+ビルゲイツの関係
    http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51879023.html

    「海外旅行安すぎワロタwwwww」 世界の激安滞在都市 ベスト25 
    http://www.scienceplus2ch.com/archives/5073252.html
    http://www.scienceplus2ch.com/archives/5073262.html

    鎌倉に万葉集ゆかりの地を訪ねて
    http://okamoto-n.sakura.ne.jp/machi/kanagawa/kamakuramanyou/kamakuramanyou.html

    路面電車のある風景 〜富山地方鉄道〜 3
    http://ebitks.blog77.fc2.com/blog-entry-1031.html

    東北抗日連合軍とブルーリボンバッジ 
    http://tainichihate.blog.fc2.com/blog-entry-295.html

    高病原性HPVを赤ちゃんの時から持っていることを示す論文
    http://satouclk.jp/2012/12/post-53.html

    【閲覧注意】ドイツで欧州委員会の法務部高官の娘が、難民にレイプされ川で溺死させられる 難民収容施設でボランティアとしても活動していた
    http://hosyusokuhou.jp/archives/48779049.html

    夏目漱石の句碑
    http://www.kyotofukoh.jp/report324.html

    2016年の自動ブレーキ・予防安全装備徹底比較!メーカー別にまとめてみた!【前編】 
    http://familycar.work/?p=2243

    <STAP細胞の国益を守れ>憲法13条「基本的人権の尊重」違反の理研調査委員会と虚偽報道を繰り返すマスコミを許すな
    http://www.asyura2.com/13/nature5/msg/327.html

    たしかなこと
    https://prcm.jp/album/happydays8739/pic/36318191

    表参道イルミネーション2016
    http://omotesando.or.jp/illumi/

    ■カテゴリ>変なお辞儀 記事一覧(2014.5.6現在)
    http://blog.goo.ne.jp/chaos1024/e/2ed0300ec91c581db16cb411e4128eab

     2016/12/8 このコメントがついた記事>>

  9. 病院出産では脳性マヒの子を産むリスクが高い!

     (酸欠で赤ちゃんが脳性マヒに)

     産科病院で産んではいけない。助産院で産むべきである。その理由は、3つある。

    !)無痛分娩→これは痛みを感じないお産の事である。「産みの苦しみ」とは陣痛の事である。それを麻酔で感じさせなくさせる。それが無痛分娩である。しかし、恐ろしいのが、妊婦に注射される麻酔薬である。麻酔薬を注射すると、約40秒で子宮の胎児に到達する。胎児はへその緒の血管で母体とつながっているので、麻酔薬が届くのは当然である。すると、胎児にも麻酔がかかる。胎児は参道を潜り抜けて、外の世界に出た瞬間に、肺呼吸をしなければならない。ところが胎児は麻酔が効いている。つまり、肺や胸の筋肉も麻痺しているので酸素が肺に入っていかない。当然、酸素が身体に回っていかない。ちょうど、水に溺れた状態と同じになる。最初に酸欠ダメージを受けるのが脳である。少しでも酸素が脳にいかないと脳細胞は酸欠死する。つまり、脳の一部が壊死するのである。これが、無痛分別で産まれた子供が、出産後に脳性マヒや発育障害になるメカニズムである。産婦人科医は、楽なお産として無痛分別をすすめるが、彼らの頭には「麻酔薬が胎児を直撃する」という考えがない。

    !)陣痛促進剤→これは病院側の都合で注射される。休日や夜間に産まれると、看護師の手が足りないという身勝手な理由で、出産日や時間が調整される。陣痛促進剤の添付文書を見て絶句する。重大副作用として「子宮破裂」「胎児仮死」「母子死亡」などの戦慄の副作用が警告されているからである。実は「陣痛促進剤」や「麻酔薬」などが赤ちゃんに脳性マヒが多発することを、産科婦人科学会はとっくに承知していて対策まで講じていた。それは「産科医療補償制度」である。
    →脳性マヒ被害者に支払われる病院側の保険である。これらの事故の77%が促進剤の過剰投与だった。病院側は一切の説明なく、「産道を柔らかくする薬」として騙して投与している。

    !)臍帯早期切除→出産後一定時間はへその緒はつけておくべきであるが、病院側はすぐ切除してしまう。胎盤からの酸素供給が赤ちゃんにとって大切であり、切られてしまうと、酸素が断たれて脳性マヒのリスクが高まる。

    (恐怖の病院出産を証明するサル実験)

     米国ウィリアム・ウィンドル医師の貴重な研究がある。彼は1960年代に「病院出産は脳を傷つける」「酸素欠乏が脳損傷を引き起こす」と警告している。その事実を証明する為、サルを使った実験を行っている。

    A群→自然のままで自然分別させる。

    B群→投薬、麻酔、臍帯早期切除を施す。

    その結果は、次の通りである。

    A群→赤ちゃんは産道から顔を出した瞬間から呼吸ができた。母サルにしがみつき、足で立ち飛び跳ねた。母親はすぐに地上に戻り子ザルを連れて歩く。

    B群→子ザルは呼吸困難で蘇生術が必要だった。母ザルにしがみつけず、手足で立つことが出来ない。母ザルは投薬と陣痛でボーとしている。自然ザルのようになるまで約2〜3週間かかった。

    その後、ウィンドル医師はB群で産まれた子ザルを解剖して驚愕する。

    !)すべての子ザルが、酸欠による酷い大脳損傷を被っていた。

    !)正常に戻るまで飼育し、解剖しても、出産時と同じ脳損傷を確認した。

    !)出生時に負った脳損傷は、長期間経過しても修復不可能だった。

    !)臍帯早期切除のみでも脳は酸欠子ザルと全く同じ傷が確認された。

    !)3〜4歳で死んだ子ザルを解剖しても脳に同じ損傷が残っていた。

    ウィンドル医師は次のように結論している。

    「麻酔がかかった赤ん坊は、自身で呼吸できない。酸素供給は不確かで不十分だ。この時、臍帯を切ってしまうと、決定的な酸素を断ち切った窒息状態となる。それは誤った二重過失である。大脳損傷(脳性マヒ)は、大脳の一部死亡状態である。自然界では、死産児を除いて、呼吸不全に陥ることは決して起きない」

     病院出産で脳性マヒになるのは決定的事実である。ところがほとんどの女性、国民は全く知らない。新聞、テレビも隠蔽しているからである。

    (ワクチンを打ってはいけない)

     ワクチンは生物兵器である。1972年、WHO(世界保健機構)の極秘文書が暴露された。それをすっぱ抜いたのはジャーナリストのパトリック・ジョーダンである。そこにはこう明記されている。「WHOは、ワクチンの形態をした生物兵器を開発する」

    その作動は三段階で発動する生物兵器だった。

    !)ゼロ歳児に核種ウイルスの種を仕込む。→免疫系が未熟なゼロ歳児に何本も摂取するのはこのためである。

    !)思春期などに他のワクチン接種で兵器をスタンバイする。→子宮頸癌ワクチンは、そのためである。

    !)引き金ワクチンを接種する。→人口ウィルスで世界的大流行を煽り、強制接種で兵器をスイッチオンする。人体は免疫暴走サイトカインストームを起こし、高熱で数日で死亡する。

    そもそも「ワクチンが伝染病を防いだという証拠は一切ない」どころか、医療マフィアが作成した各種人工ウィルスで偽の大流行が次々に仕掛けられている。エイズ、SARS、鳥インフルエンザ、エボラ出血熱など話題の伝染病が人工ウィルスと言う生物兵器であることを知るべきである。さらに、強制接種では、人類管理のためにマイクロチップが注射されているはずである。2010年、オバマケア法で全米国民にチップ埋め込み強制を可決した。つまり、衛星電波でチップを破壊し、封入した青酸カリを放出し、瞬殺することも可能となった。日本のマイナンバー制度もその布石なのである。



     2016/12/8 このコメントがついた記事>>

  10. ◇日経12/7:世田谷一家殺害など5事件、懸賞金を1年延長

    警察庁は6日までに、2000年12月に発生した東京都世田谷区の一家4人殺 害事件など5事件について、解決につながる情報の提供者に支払う公的懸 賞金(捜査特別報奨金)の受付期間を1年間延長することを決めた。いず れの事件も最高300万円。世田谷一家殺害事件は9回目の延長で、別に最 高1700万円の私的懸賞金もある。

    ほかに延長する事件は、京都市左京区の男子大学生殺害(発生07年)▽愛 知県豊田市の女子高校生強盗殺人(同08年)▽石川県加賀市のコンビニ店 長強盗殺人(同10年)▽神戸市北区の男子高校生殺害(同10年)。日経

    これって中国語や韓国語でも公表されているのでしょうか?駅などに中国 語や韓国語が氾濫していますが、犯罪情報にも必要ではないですかね?先 日、アメ横に行ったら、中国人の女性店員がアリナミンの宣伝を中国語で しゃべり続けていました。人気商品は「合利他命=アリナミンEX」です。


    >統一凶会 
    http://satehate.exblog.jp/22772960/
    http://satehate.exblog.jp/22772961/



     2016/12/8 このコメントがついた記事>>

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2016/12/11
    読者数:
    13249人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2016/11/17
    読者数:
    17073人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2016/12/11
    読者数:
    23741人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2016/12/10
    読者数:
    7069人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」

    最終発行日:
    2016/10/02
    読者数:
    2884人

    日本のように君主制を採用する国は世界的に少なくありませんが、神話の世界につながるほど古い歴史を持ち、国の歴史とともに、1つの王朝が連綿と続いているのは日本の天皇しかありません。しばしばテレビのニュースなどに登場する天皇は、本当は何をなさっている方なのでしょう。知っているようで意外に知られていない天皇・皇室の世界を、日本人の精神史の語り部、斎藤吉久が事実に基づいて、できるだけ分かりやすくお話します。

過去の発行記事