相場を知る

RSS

株式市場とは世界の富を取ったリスクに応じて公平に分配するところ。あなたに為替や株式のリスクの取り方を伝授します。



メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


最新の記事リスト

  1. このメルマガは最新記事のみ表示されています

メルマガ情報

最終発行日:
2017-05-15
発行部数:
215
総発行部数:
83518
創刊日:
2004-01-17
発行周期:
週刊
Score!:
-点

グローバリゼーションと社会主義的政策 ー 相場はあなたの夢をかなえる

発行日: 05/15

━━━━━━━━━━━ Seminar on Trading ━━━━━━━━━━━━
    殿堂入りメールマガジン:「相場はあなたの夢をかなえる」
☆無料版(参照&登録):http://archive.mag2.com/0000031054/index.html
「生き残りのディーリング」の著者による経済と相場の解説(折に触れて)
★有料版(\840税込:購読登録):http://www.mag2.com/m/0001111340.html
まぐまぐ大賞2016:資産運用(予想的中!)第1位(毎週月曜日+3、4回)
━━━━━━━━━━━━【 Dealer's WEB 】━━━━━━━━━━━━━



☆グローバリゼーションと社会主義的政策の「奇妙な?」同居

OECD35カ国で全体的に低下している生産性、所得の伸びの鈍化、
資産格差の拡大が懸念されている。これらが、デフレ圧力となったり、
経済成長率を押し下げるのみならず、
政治の不安定や地政学的リスクにもつながっているからだ。

ブレグジットや米大統領選、イタリアの国民投票、フランス大統領選で
取り沙汰されたことは、ポピュリズムの台頭だが、
グローバリゼーションと民族主義の対立とも指摘された。なぜ、
大衆がグローバリゼーションに反対するのか? 
それは、所得の伸びの鈍化や資産格差の拡大につながっていることが大きい。

ポピュリズムとは、大衆迎合主義と訳されるが、同じ対立軸で捉えると、
官僚主導あるいは理念主導の国際協調主義と、
国民の懐具合を含めた民衆主義の対立だとも言える。


グローバリゼーションは、保護主義的な政策を取り払うことにより、
製品やサービス価格を押し下げ、消費者にメリットがあるとされた。
つまり、消費者物価が下がることで、
消費が拡大し、経済成長、企業収益増、所得増につながるとされていた。

日本の場合は、そこに消費税を導入し、3%、5%、8%と税率を上げ
続けたことで、消費者物価は下がったが、消費は伸びず、
経済成長、企業収益増、所得増の芽を摘むことになった。
経済成長、企業収益増、所得増が思うように伸びないと財政も悪化する。
日本の失われた20数年は消費税導入から始まっている。
日本の税収のピークは消費税3%導入の翌年1990年度で、
名目GDPのピークは3%から5%に引き上げた1997年度だ。
参照:財務省・一般会計税収の推移
http://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/condition/010.htm


また、グローバリゼーションは、柔道やレスリング、ボクシングといった
格闘技の体重制限を取り払う効果を持つために、
中・軽量級のプレイヤーたちは軒並み失業することとなった。
そして、それら格闘技は大半が大味な、力勝負で決するようになった。

日本の企業倒産件数は2001年度まで増加、以降は減少しているが、
超緩和的政策を含む、政府主導の支援のためだ。
いわゆる、ゾンビ企業が増加した。

国税庁のホームページによれば、2015年度分の法人数は264万1848社で
前年度から2万5363社(+1.0%)増加した。また、全体の法人数から、
連結子法人の数を差し引いた263万0436社が、徴税対象となっている。

うち、利益計上法人が93万9577社、赤字決算の欠損法人が169万0859社と、
欠損法人割合が64.3%となっている。これでも6年連続で減少し、
ピークだった2009年、10年、両年度の72.8%からは大きく低下した。
参照:国税庁・平成27年度分「会社標本調査」調査結果について
https://www.nta.go.jp/kohyo/press/press/2016/kaisha_hyohon/index.htm


税金を納めない欠損法人が50%を初めて超えたのが1981年度で、
以降は2、3の例外年度を除き、50%以上で推移している。
また、欠損法人が急増し始めたのは、消費税導入の翌年1990年度からで、
ここにも消費税が日本経済を痛めつけている兆候が見て取れる。
参照:財務省・法人数と欠損法人割合の推移
http://www.mof.go.jp/tax_policy/publication/brochure/zeisei2507/04.htm#042


グローバリゼーションは、消費者物価が下がることで、
一般国民にも、経済成長にも貢献すると考えられてきた。ところが、
日本は消費税を導入したことで、消費そのものを低迷させた。
ここで、日銀が望むように消費者物価が上昇すると、
グローバリゼーションの効果をも打消し、さらに景気は低迷する。つまり、
日銀の政策は不況下のインフレを意味するスタグフレーションが狙いだ
ということになる。日銀は、マイナス金利政策は銀行経営を圧迫すると言い、
金融庁は、地銀の6割が赤字になると言ってのけた。

日本だけがおかしいのではない。ギリシャは不況下に財政引き締めを行い、
今は国家存亡の危機にあるといっても大袈裟ではない。
ドイツを除く他のEU諸国も、高失業率にも関わらず、緊縮財政を続けている。

では、日本やEUが国民の生活を犠牲にしてまで追い求めているものは何か? 
それが官僚主導あるいは理念主導の国際協調主義なのだ。
ポピュリズムと言われているものは、そういった国際協調主義、
あるいはグローバリゼーションに対する民衆の痛みの声だ。

グリーンスパン米元連銀議長は、「ポピュリズムとは、資本主義や、
社会主義、共産主義といった、構造的な経済哲学ではなく、一般大衆が、
自分たちを託せるリーダーに立ち上がって貰い、
苦痛を和らげて貰いたいとする、苦痛の叫びなのだ。」と語った。
参照:Greenspan: 'Cry of pain' around the world led to Trump and Brexit victories 
http://www.cnbc.com/2017/02/16/greenspan-says-cry-of-pain-led-to-trump-and-brexit-victories.html 


米元連銀議長がそう語るように、株価指数が最高値を更新し続け、
住宅不動産市場が完全回復している米国でも、長らく米国を支えてきた
中産階級が没落している。その層が選挙前のトランプ大統領を支持した。
ニューヨークやサンフランシスコ、ロスアンゼルス、ボストンなど人気都市は、
住宅価格、家賃の値上がりで、富裕層と、保護を受けることができる貧困層
だけが住むことができるようになっていると報道されている。
参照:高騰するアメリカの住宅と、家を失い漂流する中流階級たち
http://wired.jp/2017/04/29/year-housing-middle-class-cant-afford-live-cities-anymore/


グローバリゼーションが広がり続ける貧富格差の主因であり、
成長率鈍化の大きな要因だ。グローバリゼーションは、市場経済主義だと
考えられてきたが、現状の課税システムのままでは、必然的な結果として、
世界は国家社会主義的な方向に向かっている。例えば、
マイナス金利政策という、借り手が貸し手から金利を受け取るなどということ
は、市場経済ではあり得ないことで、国家社会主義的な圧力の象徴だと言える。

米国ですら、超大企業以下の大企業の生産性は伸び悩み、
従業員の所得格差も広がり続けている。2009年から8年以上続けている
巨額の量的緩和も、市場経済主義では考えられない国家による市場介入だ。

なぜ、グローバリゼーションが国家社会主義と同居するのかは、
日本では企業の半数以上が30年以上も税金を納めないでいられる
ことでも明らかだ。いわゆる負け組があまりに多いために、
国が支えないと破滅的な悲劇となるからだ。

とはいえ、国は国民の資金でしか支えることはできない。
マイナス金利政策に先行するほぼゼロ金利政策では、預貯金、年金、保険など
からの金利収入がほぼなくなることで、赤字企業の金利負担を軽減してきた。
また、高金利諸国のファイナンスを助けてきた。
マイナス金利政策下では、それが加速している。

グローバリゼーションで恩恵を受けているのは超がつくような
一部の大企業だ。また、その器を利用して資産を急増させた一部の富裕層だ。
市場経済では、弱肉強食は避けられないと考えられてきたが、
クジラが小魚を群れごと飲み込む様を見れば、小魚を国家が社会主義的に
守るしかない。しかしクジラが、国家や国際協調主義がつくり上げた
システムを利用し、そこまで巨大化したのは、小魚を飽食できたからだ。
国家がそのクジラを放任する一方で、小魚から集めた資金で小魚を守る
のでは、いずれ国家自体がクジラに飲まれてしまう。

一部の企業家が、会社を収益マシーン、あるいは容器と考えている様に、
一部の超富裕層は、国家を収益マシーン、
あるいは容器に過ぎないと考え始めているように思える。

グローバリゼーションを本来の形で機能させ、市場経済を取り戻すには、
グローバリゼーションで恩恵を受けている企業や個人に大幅課税し、
それをグローバリゼーションの被害者に分配させるしかないと言える。
消費税はゼロにし、超大企業、超富裕層への大幅課税だ。
現状の富の偏在を鑑みると、それで財政や社会保障費の問題は解決する。

大幅課税により、彼らが国外に出て行っても問題はない。
それは彼らが国家を収益マシーン、あるいは容器に過ぎないと考えていた証
であるし、優れた会社、優秀な人材はどこにでもいるからだ。



☆矢口の下記メルマガが、「まぐまぐ大賞2016」を受賞しました。
資産運用(予想的中!)第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2016/category/asset-hit.html

★相場はあなたの夢をかなえる ー有料版ー
http://www.mag2.com/m/0001111340.html



━━━━━【生き残りディーリング塾 http://s-dealing.com/】━━━━━

エスチャートは相場のタイミングを捉えるのに適しています。出来高急増と
いうのは、誰かが実際に売買を行った結果なのだから、何かが起きていても
不思議ではないからです。

エスチャート・スクリーナーは節目にある銘柄に出会えるチャンスを広げる
ツールです。生き残りディーリング塾ではエスチャートの使い方はもとより、
投資運用のスキルアップに関して、矢口新が出来る限り協力いたします。


【サービス内容】

1)マーケット情報:相場に役立つ経済情報(矢口新のコメント、見方を含む)

2)エスチャートスクリーナー:出来高急増銘柄を探すことにより、谷や山
といった相場の節目にある銘柄に出会うチャンスを得るツール。

3)SBBR(エスチャート・ブル・ベア・レシオ):
観察日数8日、3つの基準日のシグナルの総数の比率=行き過ぎを判断

4)生き残りTV:いつでもセミナー内容などをオンラインで閲覧可。
現在の配信例
・「2013年相場見通し」セミナー (1時間51分 資料付き)
・「エスチャートが可能にする山越え&谷越えトレード」セミナー (1時間
  52分 資料付き)
・「エスチャートによる銘柄選択と売買タイミング」セミナー(1時間26分 
  資料付き)

5)電子書籍「円高を止める方法、活かす方法」(矢口新、東洋経済新報社
刊、1995年)の閲覧 


【会費】

入会金:なし
3ヶ月契約:9,975円
6ヶ月契約:18,900円
1年契約 :35,700円
(全て税込み)


※新規入会はこちらから:(運営:ZuluTrade Japan株式会社)
http://s-dealing.com/entry.html


※無料情報もあります。
・エスチャート30銘柄
・トレードセンス養成講座
お申し込みはこちらから→ http://s-chart.com/


※ZuluTrade Japan株式会社へのご質問はこちらから承ります。
https://www.directform.info/form/f.do?id=2089

1ヶ月契約:3,500円、入会金もないので、まずはサイトをみて頂ければ幸い
です。


-----------------生き残りディーリング塾運営者情報-------------------
ZuluTrade Japan株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1058号
加入協会/一般社団法人日本投資顧問業協会
金融商品取引法に基づく表示についてはこちら:http://s-dealing.com/risk.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



【購読会員募集】

☆「相場はあなたの夢をかなえる ー有料版ー」の読者を募集しています。

まぐまぐ大賞2015:Money Voice賞(毎週月曜日+週3、4回のフォローアップ)

・購読料:1カ月 ¥840(税込);1部当り¥40以下
【会員登録・サンプル版】http://www.mag2.com/m/0001111340.html
 購読申込当月の購読料は無料(解約可)

※当メルマガは、投資教育を目的としており、運用助言ではありません。



★電子メールマガジン:「毎日、数行!マーケット情報で学ぶ経済英語」

経済、相場英語を「生き残りのディーリング」の著者が解説。日々の海外市
場のニュースを通じて、英語と相場を学びましょう

・無料(参照&登録):http://archive.mag2.com/0000142830/index.html



【執筆者著書紹介】:http://aratayaguchi.web.fc2.com/ 



---------------------------- 免責事項 ------------------------------

本メールマガジンは教育的な目的で用いられるものであり、
 売買の注文をすすめるものではありません。 
また、投資を斡旋・推奨するものでもありません。

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するはてなブックマークに追加del.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録/解除

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. 値上がり銘柄発掘しました!

    最終発行日:
    2017/06/22
    読者数:
    2244人

    <グローバルエコノ研究所提供の株式メールマガジン。2017年で創刊19年目、日々進化・深化中です> <本年も”アベノミクス”相場の享受法につき徹底的に解説して参ります> <有料会員様には更に踏み込んで個別銘柄の売買タイミング等につき指南中です>

  2. お気楽株式投資倶楽部ニュース

    最終発行日:
    2017/06/23
    読者数:
    1178人

    創刊17年の株式情報専門メルマガです。毎日の株式市場の動きや株式投資の参考になる企業ニュース、「お気楽注目銘柄」などをタイムリーにお届けいたします。 初心者からプロの方まで株式投資で利益をあげたい方必読です。 ご購読登録をお待ちしております。

  3. ハロー!株式

    最終発行日:
    2017/06/23
    読者数:
    4622人

    メルマ!ガ オブ ザ イヤーにて総合大賞を8年連続で受賞中。マネー部門賞でも第1位を2度受賞、10年連続で受賞を頂いています。「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」にも紹介され、株式相場見通し・投資ノウハウ、有望銘柄情報を10年以上に渡って配信

  4. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/06/20
    読者数:
    24332人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  5. キッチンカブーのメールマガジン

    最終発行日:
    2017/06/23
    読者数:
    2249人

    株式情報サイトとして人気の『キッチンカブー』。さらにメルマガだけの特集を集めて毎日無料配信いたします。

発行者プロフィール