出産・育児

子供と共に育つ “共育!!”

13歳、9歳の息子の親父です。5秒で読めて10秒味わえるメルマガを目指しています。500秒で読めるPDFもあるよ。発行者サイトからご自由にお持ち帰りください。

全て表示する >

子供と共に育つ 共育!!【ある意味独り占め】

2018/01/29

1/29                    No.4926

おはようございます。そったく人モアイです。


【ある意味独り占め】


モリテツ練習会で20km、みどり温泉で温まってからの

 大阪国際女子マラソンの応援



去年は出勤で大変残念な思いをしました。

今年はその分も取り返す勢いで2km手前、7km過ぎ、

大阪ハーフを応援しながら北上し

35km過ぎから長居に向けて帰りつつの応援でした。



松田瑞生が風のように駆け抜けて、安藤が遅く見える程でした。



知人に会ったら挨拶しつつ

37km手前まで戻ってきたら、目の前で選手が歩いちゃった。



"まだ関門あるんですか?"

"わかりません。"


最後尾のランナーが声をかけて抜かして行き、最終ランナーになってしもうた。



お姉さん振り返り、収容車が見える。

"収容車から逃げ切りましょう。"

"私なんか、収容車から逃げたと思ったら競技場の門が閉まっていたことがあります。"

"アハハ"



"おお、あと5kmですよ。粘りましょう。いけるいける。"



途中でコースを外れて長居競技場に向けて北上しようと思っていたのに、

お姉さんが頑張っているのを見捨てられなくてコース横の歩道を応援しながら帰る。



後ろに自転車に乗った最後尾の審判、白バイ2台、

その後ろに収容者車を従えて、コーナーを曲がると吹奏楽が鳴り出す。



"ある意味独り占めですよ。 おいしいおいしい。粘れている。頑張りましょう。"



あびこ筋に帰ってきて応援も増え、お姉さんは歩くことなく足を進めている。


ほんまに多くの方が最終ランナーまで応援してくれていることを感じ

長居公園に戻ってきたら、また吹奏楽が流れ出す。



"すごい、よく頑張った。よく粘りました。完走おめでとう。"



競技場に入っていくお姉さんの姿を見て、私は涙が出そうでした。



2年分、それ以上に応援頑張りました。

こんな経験がきっと自分の頑張りにもつながるのだと思います。



お姉さん、おめでとう。ありがとう。



未来の"いい男"を育てるのは あなた お父さん、お母さんです。
"息子の気持ちがわからんわぁ"とお嘆きのお母さんにも勧めてね。
ピッときたら下記URLへ書き込んでください。
 http://tomonisodatsu.com/archives/8147



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ■マガジン名【子供と共に育つ "共育!!" いい男の育て方】
 ■登録・解除   >> http://tomonisodatsu.com/page-4767
 ■そったく人?! >> http://tinyurl.com/2t2ku
 ■楽天で買い物するなら >> http://tinyurl.com/oje6shp
 ■Copyright(C)2004-2018 Office Nin'nin. All rights reserved.
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-14  
最終発行日:  
発行周期:毎日なりよ  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。