経営

このメルマガは現在休刊中です。
コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる

人は誰でも能力を保有しています。しかしせっかくの保有能力ちが宝の持ち腐れとなり、成果に結び付けられない人が多いのです。成果に結びつれるにはコンピテンシーを磨くことが有効です。その極意を解説します。

全て表示する >

仕事に夢中になれば寂寥感から解放される!

2017/06/26


       ●この記事の知人、同僚、友人への転送は大いに歓迎です。●

        ◆◆コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる◆◆

             (第408回)人間力!<その5>

         =■「仕事に夢中になれば寂寥感から解放される!」■=

===================================

人は誰でも能力を保有しています。しかし、せっかくの保有能力が宝の持ち腐れとなり、成果に結
び付けられない人が実に多いのです。
コンピテンシーの重要項目である「人間力」ついて分かりやすく解説していきます。
コンピテンシーを磨けば誰でも仕事のできる人に自己変革できます。経営トップ・管理者・社員の
皆様、そして求職中の離職者の方や就職を目指す学生さんにも是非ともお読みいただきたいと思い
ます。

===================================

■忙しい人はとりあえず流し読みして下さい。後でゆっくり読み直していただくと理解が一層深ま
 ります。(コンピテンシー宣教師より)■

<今回のメニュー>
=================================

【1】率先して問題解決に尽力する社員になる!
【2】仕事に夢中になれば寂寥感から解放される! 
【3】挫折を味わったら這い上がる努力すべき!
【4】部下に支持される上司の行動特性!
【5】編集後記

=================================


ビジネスマンやビジネスウーマンが知的武装を図ることは重要なことです。しかし、これはIQ
(Intelligence Quotient)と言われる分野の能力です。せっかくの知的武装を生かして仕事のでき
るビジネスマンやビジネスウーマンにならなければ話になりません。何回かに分けて人間力につ
いて解説したいと思います。



【1】率先して問題解決に尽力する社員になる!

【はじめに】

「課長、こんな問題がおきました」と報告して仕事が終わったと錯覚している社員は多い。問題
が起こるたびに上司に振るなら、アルバイトやパートで十分なはずだ。

率先して問題解決に当たるやり手ビジネスマンを目指してほしい。

【本文】

人財とはどのような人を言うのだろうか。例えばコスト意識をいかんなく発揮して行動に移して
くれる社員は人財と言えるだろう。例えば、問題解決力に優れている社員も人財と言えるだろう。

ほかにも人財の条件はたくさんあるはずだが、問題解決力があれば会社で浮き上がることはない
と思う。

問題が起きたことを報告に来てくれるだけでもありがたいとおっしゃる経営者もいる。なぜなら
群馬大病院では肝臓がんの手術をした患者が次々短期間に死亡しているのに、そのような問題す
ら共有されることがなかった。お互いに不干渉を貫く「象牙の塔」なる組織風土が引き起こした
事件と言える。

一般の企業では、上司やトップに問題を報告しておしまいと言うわけには行かない。率先して問
題解決に向けて行動し、ものの見事に再発防止対策を講じて初めて人間力を発揮した人財と言え
るのである。



【2】仕事に夢中になれば寂寥感から解放される!

【はじめに】

あなたはどんなときイラッとしますか?あなたはどんなとき切れますか?イラッとしたり、切れ
たりしただけで凄惨な事件を起こす人が増えていて恐ろしい。

冷静さなるコンピテンシーを磨くべきだ。もっと仕事に夢中になるべきだ。

【本文】

現代社会はイラッとすることが多い。忍耐力がないためだろうか、直ぐに切れてしまう人も多い。
ついカットなって凄惨な事件に発展することが多い世の中だ。

記者会見で怒鳴り散らす大臣がいるが、冷静になって考える力が不足している証だ。

「人にこう言われた、ああ言われた」と直ぐに頭にくる。人が立ち話をしているのを見て、自分
の悪口を言っているのではないかと勘ぐる。

自分の行動を冷静な気持ちになって見つめることだ。そして、もっと自分の仕事に夢中になって
ほしい。

仕事に就いていないか、自分の仕事に夢中になっていないから寂しいのだと思う。仕事に夢中に
なれば寂寥感から解放されて、人間的に優しくなれる。



【3】挫折を味わったら這い上がる努力すべき!

【はじめに】

上司が難しい仕事をさせてくれないからせっかくの能力を発揮できないと思っていた。その矢先
に上司に呼ばれて「これやってくれないか」と指示された。さほど難しくない仕事と思って不満
ながらやり始めたら、今度は自分の能力のなさに失望した。

「能ある鷹は爪を隠す」が「能のない人間はない能力を誇示したがる」から始末が悪い。

【本文】

「能ある鷹は爪を隠す」と言うことわざがある。ところが「能のない人間は、ない能力を誇示し
ようとする」から後で笑いものになってしまう。

いくら鋭い爪を持っていても狩には綿密な計画と瞬発力が要る。上空から見下ろしながら狩のタ
ーゲットを決める。旋回しながらタイミングをうかがう。急降下して一瞬にして獲物をしとめる
わけだ。爪は最大の武器だが、その武器を使いこなすにはいくつもの付随する能力が必要なのだ。

一家を成すような達人は決して自分の腕を自慢したりはしない。いつでも能力を最大限に発揮で
きるように準備を整えているのだ。

挫折を味わったにもかかわらず、這い上がる努力を積み重ねて遂には一家をなした人は多い。挫
折から這い上がる過程でこそ人間力が向上するのである。



【4】部下に支持される上司の行動特性!

【はじめに】

威張らない。格好付けない。至って物静かな上司なのに部下たちはみんな付いてきてくれる。そ
して部下たちから絶大な共感を得て、支持もされる。

このような管理職の行動特性をベンチマークして自分のモノにすれば、きっと将来はいいボスに
なれる。

【本文】

ヒラのときは目立たなかったのに、役付きになったとたんに豹変する人間がいる。

盆暮れには上司に付け届けをして、挙句告げ口外交がうまい。こういう輩はどこの会社にもいる
だろう。「部長、A君は部長のことをこんな風に批判していました」などだ。

こうしてA君の昇進は消えるわけだ。

部長にしてみれば付け届けをして、いろいろ情報を持ってくるヤツはかわいいのだ。現にかつて
私が働いていた会社にもこの手で部長にまでなった輩がいた。

こんなことまでして、昇進しても意味がない。「威張らない、格好付けない」をモットーに努力
することだ。

地味に見えるがこのような人こそ人間力に優れ、将来のボスとして最適だと思う。



【5】編集後記

部下を持つ身になれば人間力が試される。部下が10人いれば20の目が自分を監視していると思っ
ていい。失言は許されない。暴言は禁物だ。物腰柔らかく指示をしたり、受け答えをしても部下
たちは動いてくれる。それをモットーにして欲しい。

「課長命令が聞けないのか」と怒鳴る管理職がいるが、まるで人間力がなってない。次々交代し
た歴代の社長の言うことをろくに聞かなかった日本航空の幹部たちが稲盛氏の言うことを聞いた
から短期間に再建できた。仏様のように温厚な人なのに人間力は抜群だった。



次回に続く
次回は、「人間力その6」を解説します。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

本メールマガジンは「まぐまぐ」と「melma」を通して発行しております。
「まぐまぐ」での登録・退会及びバックナンバーのチェックはこちらから
⇒ http://archives.mag2.com/0000124747/  
「melma」での登録・退会及びバックナンバーのチェックはこちらから
⇒ http://melma.com/backnumber_107948/ 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

発行責任者:さいたま市中央区上落合5丁目19−29
        彩愛コンサルピア代表 下山明央

*************************************************************************

この記事に関するご感想、ご意見は 3223898301@jcom.home.ne.jp まで
コンピテンシー導入の威力の解説と著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」の紹介は
 ⇒ http://saiaiconsul.web.fc2.com/consul1.html 

*************************************************************************

メールマガジン「企業のパワーアップ倍増作戦」好評配信中!
「melma」での登録・退会及びバックナンバーのチェックはこちらから
⇒ http://melma.com/backnumber_59181/ 

ブログにも味深い記事を掲載しています。こちらをクリック!
⇒ http://plaza.rakuten.co.jp/saiaiconsul/ 
⇒ http://blog.goo.ne.jp/saiaiconsul/

*************************************************************************

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-14  
最終発行日:  
発行周期:隔週  
Score!: 92 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。