経営

コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる

人は誰でも能力を保有しています。しかしせっかくの保有能力ちが宝の持ち腐れとなり、成果に結び付けられない人が多いのです。成果に結びつれるにはコンピテンシーを磨くことが有効です。その極意を解説します。

全て表示する >

行動展示で観光スポット化に成功した小菅正夫氏の巻き込み力!

2014/01/20

   ●この記事の知人、同僚、友人への転送は大いに歓迎です。●

    ◆◆コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる◆◆

  <第327回>賢人のコンピテンシーをベンチマークする!<その20>

==■「行動展示で観光スポット化に成功した小菅正夫氏の巻き込み力!」■==

===================================

人は誰でも能力を保有しています。しかし、せっかくの保有能力が宝の持ち腐れとなり、
成果に結び付けられない人が実に多いのです。
「賢人のコンピテンシーをベンチマークする」と題して分かりやすく解説していきます。
コンピテンシーを磨けば誰でも仕事のできる人に自己変革できます。経営トップ・管理者
・社員の皆様、そして求職中の離職者の方や就職を目指す学生さんにも是非ともお読みい
ただきたいと思います。

===================================

■忙しい人はとりあえず流し読みして下さい。後でゆっくり読み直していただくと理解が
 一層深まります。(コンピテンシー宣教師より)■

<今回のメニュー>
=================================

【1】廃園寸前の旭山動物園!
【2】獣医と飼育員の確執をなくしたい!
【3】全員参加のワンポイント・ガイドを実現!
【4】行動展示にたどり着く!
【5】賢人から学ぶべきこと!
【6】編集後記

=================================



賢人と呼ぶにふさわしい人は、すばらしい「行動特性」を持って行動している。だからす
ばらしい仕事の結果を出すことができるのだ。我々は賢人のコンピテンシーをベンチマー
クしない手はないのだ。



【1】廃園寸前の旭山動物園!

今でこそ年間200万人の観光客が押し寄せる一大観光スポットになった旭山動物園だが、
20年程前には廃園寸前に追い込まれていた。

ご存知のように旭山動物園は北海道の旭川市が運営する動物園だ。来園者数が年々減少す
ればその分だけ市民の血税を投入することになる。旭川市としても指をくわえて黙ってみ
ていたわけではなかった。

ジェットコースター等の遊具を設置して遊園地化を図ったがあまり効果はなかった。それ
ならばと言うわけで旭川市は歌手を呼んで歌謡ショーを開催してはどうかと園側に言って
きた。歌謡ショーは刹那的な対策だから効果など期待できるわけがなかった。

結局、旭川市は本気で廃園を考えざるを得なかったと言う。



【2】獣医と飼育員の確執をなくしたい!

後に旭山動物園の園長になる小菅正夫氏は当時獣医として働いていた。獣医としての小菅
氏に対して職人気質の飼育係りのスタッフは反発ばかり。小菅氏ら獣医は大学を出ている
こともあり、どうしても職人気質の飼育員たちとは溝が出来てしまうのだった。

「何だ、注射ひとつ打てないのか。それでも獣医か」と言われたこともあった。小菅氏が
分からないことがあって教えを乞うのだが、意地悪して教えようともしない。「そんなこ
とも知らないのか。自分で調べろ」と怒鳴られたこともあったと言う。

小菅氏は北海道大学卒で学生時代は柔道部のキャップテンをやっていた。「根性」と「忍
耐力」は人に負けなかった。北大の柔道部は決して強くはなかった。小菅キャップテンは
「勝つ柔道ではなく負けない柔道をしよう」と部員たちに呼びかけたそうだ。

相手に「指導」が宣告されるように粘る。うまくいったらこっちが「有効」をもらう。相
手に「指導」、自分に「有効」をもらえば判定で勝てると言う計算だ。「根性」と「忍耐
強さ」の下地は学生時代から出来ていたのだ。



【3】全員参加のワンポイント・ガイドを実現!

飼育係りと言う「係り」は、「獣医」と「飼育員」で構成されていた。飼育係りの係長に
なった小菅氏は上司に「飼育研究会」の立ち上げを進言する。他の動物園にはそのような
研究会があることを知った小菅氏は「これはいける」と思ったからただ。

上司のお墨付きをもらい、「飼育研究会」を立ち上げることが出来た。研究会なのだから
会議の席で質問が出れば飼育員は答えなければならない。少しずつみんなが意見を言うよ
うになった。そんな雰囲気の中から、獣医と飼育員はお互いに打ち解けていったのである。

上司の指示で「飼育研究会」を立ち上げたことになっているが、飼育員たちは「小菅の仕
業」と理解している。とにかく話し合える雰囲気が醸成されたことは有意義だった。

次に小菅氏は「ワンポイント・ガイド」を提案した。



【4】行動展示にたどり着く!

「ワンポイント・ガイド」とは動物の特徴や習性を分かりやすくお客様に説明しようとい
う提案だ。そして次のようなルールを設けた。

□ 飼育員は必ず全員参加すること
□ ガイドのやり方は各人が自分で考えること
□ やり方は自由である

すると紙芝居を作って説明する人が現れた。

針金を張ってその針金にバナナを吊るし、バナナにたどり着いてバナナを食べる「アカハ
ナグマ」の姿をみせる人も現れた。「アカハナグマ」の嗅覚の鋭さをお客様に知ってもら
うことに成功したのだ。人前で話すのが苦手な飼育員が考えた「ワンポイント・ガイド」
だった。

そしてこの「アカハナグマ」の「ワンポイント・ガイド」が後の本格的な「行動展示」の
原型となったのである。人前で話すことが苦手な飼育員のやり方が旭山動物園のピンチを
救うことに繋がったのだ。



【5】賢人から学ぶべきこと!

檻の中を行ったりきたりする動物を見てもお客様は楽しくもなんともない。寝ている動物
を見てもお客様は楽しくない。

ガラス張りの水槽を自然の姿で泳ぎ回る白熊、アザラシ、ペンギンを見ればみんな興奮す
る。高所に上り下りするチンパンジーはジャングルの中の姿を思わせる。雪道をぞろぞろ
行進するペンギンの姿は南極の氷の上を思わせる。

本格的行動展示にたどり着くまでのプロセスにはたくさんのエピソードがあった。今回賢
人から特に学ぶべきは「巻き込み力」である。

どこの会社にも抵抗勢力はいる。しかし抵抗勢力を巻き込んだら勝ちだ。どうやって巻き
込むか。話し合いの糸口すらなかったが「飼育研究会」を立ち上げたことで獣医と飼育員
の距離は一気に縮まった。あとは小菅氏の「根性」と「忍耐力」だった。

当時の抵抗勢力的行動を取っていた人たちにマイクが向けられたが、「獣医は大学出で、
すこし生意気だったから」と言う程度の話だ。職人気質の飼育員たちは、みんないい人た
ちだった。



【6】編集後記

ここで小菅流のリーダーシップをレビューしておく。

リーダーシップとは部下や周りの人たちを「巻き込む力」なり。ここが正にポイントであ
る。部下を思うように動かせずに困っている人は是非参考にして欲しい。

小菅氏は「リーターとは」と質問されて次のように答えていた。

□ リーダーとは、回りの人たちが「あの人が一番」と思ってくれる人
□ 「あの人が主役だ」と部下たちに思ってもらえる人

<この記事はNHKのEテレ「仕事学のすすめ」も参考にさせていただいた>



【7】「問題解決力」を磨けるメルマガ!

企業が求めているのは「問題解決力」のある行動派の社員です。
隔週1回、3分読んで自分のものにすれば「問題解決力」がぐ〜んとアップ
できます。サンプル号とご登録はこちらから
⇒ http://members.jcom.home.ne.jp/3223898301/melmag4.html



【8】コンピテンシーの基礎を学びたい人にお勧めなのはこの一冊!

著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門(副題:仕事のできる人
の集団に生まれ変わる法  <お申し込みはこちらから>
⇒ http://members.jcom.home.ne.jp/3223898301/book.html

================================


次回に続く
次回は、「ウチには定年制は要らないと言う西島社長の人材活用術!」を解説します。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

本メールマガジンは「まぐまぐ」と「melma」を通して発行しております。
「まぐまぐ」での登録・退会はこちらから
⇒ http://members.jcom.home.ne.jp/3223898301/melmag.html 
「melma」での登録・退会はこちらから
⇒ http://members.jcom.home.ne.jp/3223898301/melmag2.html

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

発行責任者:さいたま市中央区上落合5丁目19−29
        彩愛コンサルピア代表 下山明央

*************************************************************************

この記事に関するご感想、ご意見はこちらから 3223898301@jcom.home.ne.jp
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」好評発売中!詳細はこち
らから⇒ http://members.jcom.home.ne.jp/3223898301/book.html

*************************************************************************

メールマガジン「仕事のできる人の集団作り戦略」好評配信中!登録はこちら
⇒ http://www.melma.com/backnumber_59181/

ブログにも味深い記事を掲載しています。こちらをクリック!
⇒ http://blog.livedoor.jp/shimo1873/
⇒ http://blog.goo.ne.jp/saiaiconsul/

*************************************************************************

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-14  
最終発行日:  
発行周期:隔週  
Score!: 92 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。