歴史・地理

バクマツドットコム【メルマガ版】

クリエイター4人が自腹開発中の
デジタルコンテンツ、バクマツドットコムのメイキングです。

全て表示する >

バクマツドットコム【メルマガ版】2005/02/17

2005/02/17

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
                   
         ★バクマツ ドットコム★                  

■■2005/02/17号■■■■■■■■■■■■http://www.bakumatsu.com


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       ┃                      
       ┃  バクマツドットコム第陸拾四号         
       ┃      「沸騰中」        
       ┃                      
       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
 
 現在の読者の方々は、102名です。
 ありがとうございます。
  
**************************************************************

    時代の深き闇を斬り裂かん暁の光満たせよ今こそ幕末 

**************************************************************

目次:
 1. バクマツドットコムの状況
 2. ☆NEW☆ 志士のすすめ ☆NEW☆
 3. 臣瑳のバクマツ書評
 4. 電子手紙住所 及び 電網所在地

+++++++++++++++++++++++++++++++
  当メルマガを登録・解除したいかたは、こちらから。
 http://www.bakumatsu.com/PC/mailmag.html
+++++++++++++++++++++++++++++++

 1. バクマツドットコムの状況

 こんばんは、臣瑳です。

 発行は大幅に遅れしまい申し訳ありません。
 月影も私臣瑳も今月に入りいきなり、怒涛のごとく忙しくなり
 時間がいくらあっても足りない状態になってしまいました。
 
 これは大変ありがたいことだと思っています。
 
 ですがメルマガの発行もきちんとしなければ…。

 そもそも、こんなに忙しくなったのは、今月の頭に参加した
 合宿があったからです。
 全ての迷いが払拭され、どのように生きればよいのかが
 はっきりと分かるようになりました。
 こんな経験は簡単には出来ないでしょう。
 
+++++++++++++++++++++++++++++++
 
 2. 志士のすすめ 其の四 著:月影

 <何のために学ぶのか>

 幕末の多くの志士達は、その当時の有識者の私塾に通ったり、
 高名な教授のいる藩校の出身だったりします。
 そこで学んだ知識があったからこそ、新しい日本をイメージ
 できたのだと思います。

 現代は幕末期とは比べ物にならない程、学ぶ機会に恵まれています。
 大学や専門学校は言うに及ばず、セミナーや文化教室などあらゆるところで
 学ぶことができます。

 ■しかし、何のために学ぶのでしょうか?■
 
 確かに資格を取得したり、何かのノウハウを得るために学ぶことも
 大切ですが、社会人、特に起業を目指すのであれば、己の限界を
 知るために学ぶことが大切だと思います。

 例えば、資格取得のセミナーに出席して、こんなことを考えます。
 1.「自分はどの程度の勉強でこの資格を取得できるのだろう。」
 2.「このセミナーの講師になるには、どの位時間がかかるだろう。」
 3.「この資格の試験を自分が作ることはできないだろうか?」
 4.「このような資格制度を自分でも考案できないだろうか?」
 1は一般の受講者レベル、2はそのセミナーの講師レベル、
 3はセミナーの主催者レベル、4がセミナーの発案者レベルです。
 4にまで考えが及ぶようであれば起業人として合格です。

 単にセミナーを受講するのではなく、自らセミナーを主催する、
 またはそのセミナーを利用できないかを考え、今の自分が
 どのレベルを実現できるのかをしっかりと認識することが大切です。

 学ぶことが受身であるうちは、まだまだ消費者のレベルです。
 師を乗り越えて革命を起こした幕末の志士達のように、自ら人に
 教授できるようになってはじめて学びの価値は現われるのです。

+++++++++++++++++++++++++++++++

 3. 臣瑳のバクマツ書評と近況
 
  【書評】

 ■「菜の花の沖」五巻 司馬遼太郎著
   http://tinyurl.com/5rg89   

 読みたいのですが、読む時間がなかなかとれません。
 ここ最近は睡眠時間を確保するのに四苦八苦してます。

 【近況】
 2月の頭に、伊豆高原に出張に行ってきました。
 この出張は、新しいプロジェクトの一環として、内容の確認と
 演出プランを練る目的で行ってきたのですが、参加してみて
 全てが吹っ飛びました。

 その凄さにです。

 牛島先生というスゴイ方がいるのですが、これは体験しないと
 分からないでしょう。
 ですが、ここが味噌なのです。体験できるという選択肢がある
 ということが。
 この文章を感想ととるか、宣伝ととるかは読み手次第。
 物事、自分の人生を自分が主人公として、きちんと認識している
 人には受け取り方も全て、それなりの効果を発揮するのです。

 興味のある方は、どうぞ問い合わせしてみてください。
 http://jinzaikaihatsu.jp/index.html

 今週の日曜日の20日には、其の方のセミナーも開催します。
 このメルマガを見たと受付にていっていただければ、大幅割引
 いたします。通常5000円ですが、2000円で結構です。
 霞ヶ関ビル33階にて、夢中塾というのを開催しております。
 時間は朝の10時〜と午後の13時からの2回です。
 内容は、お金儲けがどうのなどという、ものではありません。
 生き方の問題をテーマに扱っています。
 
 人生は変えることが可能です。単に変わるということを選択する
 だけなのです。

 会場にてお会いできるのを楽しみにしております。
  
+++++++++++++++++++++++++++++++

 「相互紹介」募集中です!
 ご希望の方はinfo@bakumatsu.comまでご連絡ください。
 
 最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 4.電子手紙住所 及び 電網所在地

 バクマツメンバーは、月影、亀之助、猿吉、臣瑳でお贈りしております。
 
 隊士ともどもコンテンツを宜しくお願い致します。

 バクマツドットコム電網所在地:http://www.bakumatsu.com

 質問・ご要望などは電子手紙住所まで:info@bakumatsu.com

 日々精進のバクマツドットコムスタッフは、いつでも感想・リクエスト等
 大歓迎です!

 このメルマガは無料でお届けしております。
 バックナンバーはこちらです。
 http://tinyurl.com/4nnj4

 メルマガを登録・解除したいかたは、こちらから。
 
 まぐまぐ
  http://www.bakumatsu.com/PC/mailmag.html

 melma!
 http://tinyurl.com/5edub

 メル天
 http://tinyurl.com/4php2

 マッキー!
 http://tinyurl.com/3k7wb
 
Copyright(c)2003 2004 2005 
バクマツドットコム   All rights reserved.

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-08  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。