歴史・地理

バクマツドットコム【メルマガ版】

クリエイター4人が自腹開発中の
デジタルコンテンツ、バクマツドットコムのメイキングです。

全て表示する >

バクマツドットコム【メルマガ版】2005/01/18

2005/01/18

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
                   
         ★バクマツ ドットコム★                  

■■2005/01/17号■■■■■■■■■■http://www.bakumatsu.com


†††††††††††††††広告†††††††††††††††

こんなメールマガジンを見つけました。
タイトルは「WEBで行列をつくる男の成功方法」で、
内容は路面店のオリジナルTシャツ店を閉店し、
インターネットだけで商売をすると決心した店主の、命がけの奮闘記と、
そこから得た教訓、成功法則などです。先人の知恵をあなたも
学んでみたらいかがでしょう。

いろいろな形でビジネス展開をしていらっしゃる凄腕の方です。
下記がメルマガの登録先です。↓↓
http://www.fruit-house.com/maga.html

†††††††††††††††広告†††††††††††††††

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       ┃                  ┃
       ┃  バクマツドットコム第陸拾壱号  ┃
       ┃      「第一歩」       ┃
       ┃                  ┃
       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
 
 現在の読者の方々は、103名です。
  
**************************************************************

    時代の深き闇を斬り裂かん暁の光満たせよ今こそ幕末 

**************************************************************

目次:
 1. バクマツドットコムの状況
 2. ☆NEW☆ 志士のすすめ ☆NEW☆
 3. 臣瑳のバクマツ書評
 4. 電子手紙住所 及び 電網所在地

+++++++++++++++++++++++++++++++
  当メルマガを登録・解除したいかたは、こちらから。
 http://www.bakumatsu.com/PC/mailmag.html
+++++++++++++++++++++++++++++++

 1. バクマツドットコムの状況

 こばんは、臣瑳です。

 いよいよ始まりました。
 新生バクマツドットコムです。

 今後はビジネスとバクマツを絡めた、より実益性のある情報を
 メルマガでご紹介していこうと思っております。

 現在、サイトの方を鋭意更新中です。
 完成まであとわずか!
 お楽しみに。

+++++++++++++++++++++++++++++++
 
 2. 志士のすすめ 其の一 著:月影

 何かを始めるとき、特に会社を興したり、独立するような時はまず、
 
    ■■ 「現在のシステムに疑問を持つ」 ■■
 
 これが最初に必要です。
 
 普段、何気なく使っているものや利用しているシステムに不便を
 感じたり、疑問を見つけたら、それを改善することがビジネスと
 なります。

 幕末の志士達は現状の幕藩体制に疑問を感じ、それをきっかけに
 行動に移していくことになります。
 特に、下級武士だったり武士階級以外だったからこそ、気付く事の
 出来た疑問も多かったと思います。

 被支配者層だからこそ感じられる「疑問」があるはずです。
 誰もが当たり前だと思っていることの中にこそ、ビジネスの種は
 存在します。

 今だからこそ幕末などと呼びますが、当時の人たちにとっては、
 まさに幕藩体制の真っ只中にある訳で、この体制がなくなって
 しまうなどとは夢にも思っていなかったことだと思います。

 その当たり前の体制に疑問を感じ反旗を翻す、この姿勢は現代の
 企業精神に通ずるものがあります。

 当たり前のことに「疑問」を感じるには、日頃から思考を鍛錬し、
 そういうビジネスセンスを伸ばしていく必要があります。

 まずは、身近な生活の中で、日常的に当たり前だと思っていることを
 もう一度再確認し、それを習慣付けることから始めてみて下さい。

+++++++++++++++++++++++++++++++

 3. 臣瑳のバクマツ書評と近況
 
  この書評コーナーもコンセプトの統一ということでビジネスに
 ちなんだ解釈をして行こうと思っています。
 臣瑳が読んだ本の、ビジネス的解釈と言ったほうが正しいでしょうか。

 ですが、巷に溢れている、金持ち系のビジネス情報とはかなり赴きが
 異なります。
 
 というのも、そこはやはりバクマツ的なタッチがあるわけで、
 歴史に裏づけされた、生き方や人生訓など精神面での強化を主に
 展開していきます。

 このメルマガは読んでいただき、気に入った方が、自分で情報を
 租借し、使えるものに昇華させていければと思っております。

 その中で、もっと具体的なことが知りたいといった要望などがある
 場合は直接お会いするなどの方法で、お互いにコミュニケーション
 ができるとすごく嬉しいです。
 

 【書評】
 司馬遼太郎の「菜の花の沖」五巻目。
 
 この本は高田嘉兵衛という、バクマツより少し前に活躍した、
 蝦夷地を開拓し、航海業にて人財産を築いた人物の物語です。

 現在、五巻の途中を読み進めていますが、当時のロシアの背景を
 司馬遼太郎の視点で分析しているくだりを読んでいます。

 ロシアでは農奴と呼ばれた土地付きの農民(コサック)から、
 重税を搾れるだけ搾り取るというが普通の状況で、シベリアでは
 毛皮をシベリアの原住民から武力で脅し取っていました。

 嘉兵衛はそのような時代に、蝦夷がシベリアに二の舞にならない
 よう商人でありながら、うまく幕府を操りながら、資材を投げ出し
 つつ、蝦夷を開拓していきます。

 この開拓精神は、純粋な心がないと続かないでしょう。

 ビジネスでも、失敗しても、成功するまで、やめないということが
 言われます。
 何度失敗しても立ち上がり、そして続けていく不屈の精神こそが
 ビジネスを成功させていく要因だと私も感じています。

 壮大なヒーロー物語の構図ではありますが、実在した人物という
 捉え方をし、自分自身に照らし合わせると、そこから何か、希望
 というか、踏ん張る底力が湧き上がってきます。
 
 「菜の花の沖」五巻 司馬遼太郎著
 http://tinyurl.com/5rg89   
  
 近況:
 順調に、プロジェクトが始動しました。
 その一環で、2月には合宿に入ろうと思っています。
 
 楽しみ!! 
  
+++++++++++++++++++++++++++++++

 「相互紹介」募集中です!
 ご希望の方はinfo@bakumatsu.comまでご連絡ください。
 
 最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 4.電子手紙住所 及び 電網所在地

 バクマツメンバーは、月影、亀之助、猿吉、臣瑳でお贈りしております。
 
 隊士ともどもコンテンツを宜しくお願い致します。

 バクマツドットコム電網所在地:http://www.bakumatsu.com

 質問・ご要望などは電子手紙住所まで:info@bakumatsu.com

 日々精進のバクマツドットコムスタッフは、いつでも感想・リクエスト等
 大歓迎です!

 このメルマガは無料でお届けしております。
 バックナンバーはこちらです。
 http://tinyurl.com/4nnj4

 メルマガを登録・解除したいかたは、こちらから。
 
 まぐまぐ
  http://www.bakumatsu.com/PC/mailmag.html

 melma!
 http://tinyurl.com/5edub

 メル天
 http://tinyurl.com/4php2

 マッキー!
 http://tinyurl.com/3k7wb
 
Copyright(c)2003 2004 2005 
バクマツドットコム   All rights reserved.

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-08  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。