トップ > ライフスタイル > 生活情報 > 食べるな危険・食べたい安全 食品と暮らしの安全基金

「安全な食品を選びたい」「健康に暮らしたい」方に。NPO「食品と暮らしの安全基金(日本子孫基金)」発行の信頼の情報です。有機(オーガニック)、農薬、電磁波、シックハウス、放射能対策などもりだくさん。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



食品と暮らし・第60号・野菜の硝酸塩

発行日:10/2


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
♪♪♪「食べるな、危険!食べたい、安全!」♪♪

HPはこちら→ http://tabemono.info

                ★株式会社 食品と暮らしの安全★2006/10/2 発行 第60号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏今週のクイズ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃硝酸塩に関して、次のうち間違っているのはどれでしょう。

┃(ア)化学肥料・有機肥料などの与えすぎで、吸収される硝酸塩の量が多
┃   すぎると、野菜の中に、貯まってしまう。

┃(イ)硝酸塩は自然界には存在しない化学合成されたものである。

┃(ウ)硝酸塩の多い野菜に特に注意が必要なのは、
┃       乳幼児と胃腸に障害がある人である。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


--------------------------------------------------------------------
■目次■
--------------------------------------------------------------------

【今月の話題】野菜の硝酸塩
  
  ●「青汁」2パックで、許容量を超す
   ● 野菜のとり方を考えよう
     
   ●硝酸塩にはどんな害があるの?

   ■乳幼児の突然死を引き起こす
   ■大人は貧血、乳幼児にチアノーゼ
   ■胃潰瘍・胃がんとの関連
   ■糖尿病や腎臓病の原因にも?

  ●加湿器は、湿度の高い日本では有害商品

  ●布団はダニとフンまみれ!!
   対策は掃除と乾燥
                   
                    ほか

【お知らせ】
  ●株式会社「食品と暮らしの安全基金」について


【編集後記】

┏━┏━┏━┏━┏━┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃今┃月┃の┃話┃題┃野菜の硝酸塩

●「青汁」2パックで、許容量を超す

 「キューサイ青汁」は、「1日2パックを目安に」とされていますが、
  2パック飲むと、これだけで確実に1日摂取許容量を超えてしまうこと
  が、安全基金の調査で判明しました。(*)

  検査をしたのは次の青汁です。

  ・米沢郷牧場「まるごと小松菜」
  ・春秋「ほらケール畑から」
  ・ファンケル「スーパー青汁」
  ・キューサイ「キューサイ 青汁」
  ・タカラバイオ「明日葉青汁」
  ・DHC「ケール青汁+食物繊維」
  ・森下仁丹「有機緑茶青汁」
  ・サンスター「健康道場・粉末青汁」

  2005年11月、2006年5月の2回にわたって、
    季節を変えて検査をしましたが、
    2回とも最も多く硝酸塩が含まれていたのは
  「キューサイ青汁」でした。

検査結果をもっと詳しく知りたい方は
月刊誌2006年10月(No.210)をどうぞ。

  ┌────────────────────────────┐
  │ 注文 https://tabemono.info/form/nyukai3.html
  └────────────────────────────┘ 

(*)硝酸塩の1日摂取許容量(ADI)は、食肉製品などの添加物として
   の値が設置されています。硝酸塩は自然界に広く存在し、摂取量
   は野菜から96%、添加物としては1%以下です。

   自然にある硝酸塩でも、化学合成した硝酸塩でもその安全性は同
   じです。ですから、野菜に含まれる硝酸塩を少なくする対策をと
   る必要がありますが、野菜にはたくさんの効用があります。

   そのため、FAO/WHO合同食品添加物専門家会合は
   「野菜から摂取する硝酸塩の量をADIと直接比較することや、
    一方で、野菜中の硝酸塩量を限定することは適切ではない」と
   しています。
   
   しかし、EUでは、この専門家会合に反する野菜の規制を始めて
   います。
  

農林水産省による「硝酸塩の健康への影響」はこちらから↓
  ┌────────────────────────────┐
  │ http://www.maff.go.jp/syoku_anzen/syosan/nit-2.htm
  └────────────────────────────┘

●野菜のとり方を考えよう

  日本人は、どの年代も、許容量を超えて、硝酸塩を摂っています。
  体重の軽い幼児は許容量の2倍を超えています。
  離乳食に青汁は厳禁です。
  
  そのほかにも、硝酸塩の多い野菜(チンゲンサイ、大根葉、小松菜、
  ホウレンソウ、春菊、パセリなど)や、促成栽培、施設栽培(ハウス
  野菜)は、控えめにしましょう。

  露地栽培で、肥料をやりすぎていない野菜を選ぶことが大切です。
  硝酸塩の少ない野菜は
  カリフラワー、ニンジン、長いも、キャベツ、ゴボウ、サトイモ、
  白菜、かぼちゃ、トマト、きゅうりなどです。


●硝酸塩にはどんな害があるの?

■乳幼児の突然死を引き起こす
欧米で、硝酸塩が多く残留するホウレンソウ、地下水を用いたミルクが
原因で、乳幼児の突然死が報告されています。


■大人は貧血、乳幼児にチアノーゼ
硝酸塩そのものの毒性は低いといわれていますが、唾液によって口の中
で危険な亜硝酸塩に変化し、血液中で酸素を運ぶヘモグロビンの働きを
阻害します。

その結果、大人は貧血、乳幼児の場合は唇が青くなるチアノーゼ(酸欠
状態)の症状が出ます。

■胃潰瘍・胃がんとの関連
乳幼児は胃酸の分泌が不十分なため、亜硝酸塩を生成しやすいので、注
意が必要です。胃潰瘍など胃に障害のある人は、乳幼児と同様に、胃酸
の分泌が不十分になりやすいため、注意が必要です。

また、魚をよく食べる日本人の場合、亜硝酸塩が胃がんを引き起こす可
能性も強くなります。

■糖尿病や腎臓病の原因にも?

透析患者の多い地域と地下水に硝酸塩を含む地域が一致しているため、
糖尿病や腎臓病の原因になるという指摘もあります。

農薬との複合汚染によってさらに危険になるという指摘もあります。

もっと詳しく知りたい方は

『新・食べるな危険!』p98-99をどうぞ。
┌────────────────────────────┐
│ https://tabemono.info/cgi-bin/shop/goods_list.cgi?CategoryID=000001
└────────────────────────────┘


┏━┏━┏━┏━┏━┏━┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃今┃月┃の┃月┃刊┃誌┃2006年10月(No.210)

●加湿器は、湿度の高い日本では有害商品

  乾燥する季節になると、欲しくなる加湿器。
  最近では加湿機能のある空気清浄機、エアコンもあります。
  でも、日本は湿度の高い国。
  さらに湿度を高くすると、カビ・ダニが増え、
  有害になります。

 <関連記事>
 ●布団はダニとフンまみれ!!
  対策は掃除と乾燥。
 
  寒くなって布団や毛布を下ろすと、
  せきやかゆみが止まらないことがあります。
  夏に繁殖したダニのフンがたまっているためかもしれません。
  そんなときには、布団や毛布を丸洗いしましょう。
  ダニアレルゲンは水溶性なので簡単に洗い流せます。
  ダニを増やさないためには、湿度を55%以下にしておくことです。
  

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  ダニアレルギー対策を早速始めてみたいという方に大チャンス

  10月31日まで、「ダニスキャン」プレゼントキャンペーン中
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  
  10月31日まで
  「コンデンス除湿乾燥機」をお買い上げの方に
  今なら、「ダニスキャン」(ダニの汚染検査キット)が
  ついてきます。

  詳細はこちらから↓

  ┌────────────────────────────┐
  │  https://tabemono.info/cgi-bin/shop/whatsnew.cgi
  └────────────────────────────┘

梅雨の時期には、大好評で、あっという間に売り切れになってしまい
ました。

ダニ対策はこの秋が勝負!

冬に向けて、家族の健康対策に、売り切れる前にぜひ、
コンデンス除湿乾燥機のご購入を。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  

 ●ナショナル掃除機の不当表示・広告
  「ハウスダスト発見センサー」搭載の新型掃除機。
  ダニアレルギーに悩む人が一生懸命掃除しても、
  症状は改善しないでしょう。

 ●<韓国>微細なチリもゼロへ
  掃除機の排気性能が改善
  
  いっこうに改善されない日本の掃除機の汚い排気。
  それに比べて、韓国では大手3社が改善しはじめています。

●食の情報公開●ロイヤルホスト
●「巨峰」に使われる薬剤
●「生活防衛」ネット編●自己防衛を
●浜岡原発●通販生活が緊急提言
●電磁波●WHOが静電磁場に警告
●医療現場からの警告●糖尿病は環境汚染病?
●Q&A●肝炎/子どもの帯状疱疹
●女医からのアドバイス●うつと妊娠
●経済解説●敵対的TOBの勝者は?
●卵のリスクは変化なし
●「イセ」創設者、訴えられる
●スティックシュガーは使わない
●総会報告
●「安全基金」の考え方(10)「反射神経」と「勘」
●化学物質過敏症●イトーヨーカ堂に賠償命令

月刊誌2006年10月号 No.206【価格】1冊1050円(税込・送料込)を 
   お読みになりたい方はこちらからご注文ください。 

  ┌────────────────────────────┐
  │ 注文 https://tabemono.info/form/nyukai3.html
  └────────────────────────────┘


                          
┏━┏━┏━┏━┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃お┃知┃ら┃せ┃株式会社「食品と暮らしの安全基金」について

2006年8月20日の総会で、月刊誌「食品と暮らしの安全」と通信販売に
かかわる業務を「株式会社 食品と暮らしの安全」に移管する事業変更に
ともなう定款の変更が承認されました。

このメールマガジンの発行も、今号より、
株式会社 食品と暮らしの安全によるものとなります。

●株式会社への業務移管で変わることは?

基本的には何も変わりません。

調査活動、国際活動などは、今後もNPO法人食品と暮らしの安全基金が
受け持ち、情報は従来どおり、月刊誌で発信していきます。

食品と暮らしの安全基金は、仕事の質を重視するために、1993年から
スタッフを有給として活動してきました。NPOも、安定的な財源を
持たなければ長期にわたっていい仕事をすることはできません。そこで、
生活を安全にするための商品を通信販売を行ってきました。

内閣府の「NPO法の運用方針」は、無給ボランティア活動を中心と
するNPOを想定してつくられているため、
安全基金のように有給スタッフが活動し、営利部門を充実させることが、
制約されることになりました。

そこで、安全基金らしい活動を続けていくため、月刊誌の発行、通販業
務などを「株式会社 食品と暮らしの安全」が担当することにいたしま
した。

株式会社に業務が移行しても、食品と暮らしの安全に取り組む姿勢は
変わりませんが、これを機に、中身をステップアップしようと、心を
新たにしております。

今後ともご支援、ご愛読をよろしくお願いいたします。

■ホームページは10月からリニューアルします。
 お楽しみに。

                        
┏━┏━┏━┏━┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃編┃集┃後┃記┃

今月号の月刊誌を読むと、、、
その晩、体がムズムズしてきます。

そして、
次の日から、
掃除機オキシジェンで布団に掃除機をかけて、
布団を干して、
コンデンス式除湿機で湿度を55%以下に保つことに精を出したくなります。

これで、ダニアレルギー対策はOK。

私も早速やりました。

どの家の布団にもいーっぱいいるダニ。
これを秋のうちにやっつけるのが、風邪ウィルス対策で加湿器を買うよりも
すべきことなんです。

加湿器をしないとお肌の乾燥が、、、なんていってられません。
ダニのフンは、乾燥より怖い!
人の皮膚を溶かしてしまう消化酵素を持っているのですから。

知らないでいると、こわーい。
知っても、こわーい。
でも、対策をとらないともっとこわーい。

ぜひ、月刊誌、お読み下さい。

        【食品と暮らしの安全のメールマガジン】
         http://tabemono.info/sonota/melmaga.html
 
 
 ▽クイズの答え━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃答え:(イ)
 △━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


(熊澤 夏子)
--------------------------------------------------------------------
■活動のサポートをお願いします
--------------------------------------------------------------------

私たちの活動は約5500人の月刊誌ご購読者さまに支えられています。食や環境の安全

守るため、ぜひご支援のほどよろしくお願いします。年間購読料は個人1万円
(毎月1冊)、グループ3万円(毎月5冊)で、活動の成果が盛り込まれた
月刊誌をお送りいたします。

【お申込み】 http://tabemono.info/form/nyukai.html

月刊誌情報はホームページをご覧ください。
 http://www.tabemono.info


  ┌────────────────────────────┐
  │        【ご要望などはこちらへ】
  │         melmaga@tabemono.info
  │ 
  │        【メルマガ登録はこちら】
  │     http://tabemono.info/sonota/melmaga.html
  └────────────────────────────┘ 

********************************************************************
*配信停止されたい場合はこちらのページでお願いします。
http://tabemono.info/sonota/melmaga.html

バックナンバーもご覧になれます。
まぐまぐ:http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000124309
melma! :http://www.melma.com/mag/93/m00107393/

*お問い合わせやご意見、ご感想、アドバイス、情報などのあて先は
 こちらまでメールをお送りください。 melmaga@tabemono.info
********************************************************************
♪♪♪「食べるな、危険!食べたい、安全」♪♪♪
発行:株式会社 食品と暮らしの安全 http://tabemono.info
********************************************************************
Copyright(C) 2006 株式会社 食品と暮らしの安全
All Rights Reserved. 転載禁止



最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. e-doctor ドクタースマートの医学なんでも相談室

    最終発行日:
    2017/04/12
    読者数:
    3296人

    読者の質問に内科医であるドクタースマートがお答えするメルマガです。病気に関するどんなことでも、なんでも質問してください。すべての質問に、ドクタースマートが本気・本音でお答えいたします。

  2. 超一流の年収を稼ぐスーパービジネスマンになる方法

    最終発行日:
    2017/04/28
    読者数:
    767人

    平凡な人間が経済的にも精神的にも多大な幸せをつかむ方法をお教えします。経営者、セールスマンからOLさん、学生等、3万2千人以上の意識の高い方が読んでいます。

  3. ホントに使える韓国語会話!-韓国語の達人を目指して-

    最終発行日:
    2017/02/03
    読者数:
    500人

    すぐに使える生の韓国語会話と使っちゃいけない(?)スラング、基本単語などを織り交ぜながら、韓国語ペラペラ達人を目指して一緒に勉強しよう!韓国語は実はとっても簡単にマスターできちゃうって知っていました?

  4. マスコミでは言えないこと

    最終発行日:
    2017/04/26
    読者数:
    566人

    「楽天市場がなくなる日」の著者が氾濫するメディア情報から社会のホントを指摘しています。悪名高き「楽天ポイント祭り」。報道した大メディアは日経新聞の夕刊。それも社会面。どうしてしょ?

  5. 毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

    最終発行日:
    2017/04/28
    読者数:
    371人

    "白い巨塔"のごとく隠される医療ミスや情報の改ざん。病院、薬、獣医、ペット、バイテク、野生生物等"生"に直結する情報を鋭利なコラム、現役医療関係者のリポート、クチコミ+αで伝達。無料レポート配布中!

発行者プロフィール

食品と暮らしの安全基金

食品と暮らしの安全基金

http://tabemono.info/

http://tabemono.info/

過去の発行記事