トップ > 地域情報 > 海外 > アジア > HELLO KOREA〜ヘッドラインで読む韓国最新ニュース

政治・経済・IT・社会・文化・スポーツなど、韓国の最新ニュースを毎日、日本語で配信

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



HELLO KOREA 1月14日号

発行日:1/14

■これまでのニュース■

1/13 SBSドラマ「青い海の伝説」、自己最高視聴率20.8%を記録
1/13 昨年7月、韓国に亡命したテ・ヨンホ駐英北朝鮮公使、韓国メディアとのインタビューで、北朝鮮が1980年代初めから今日にいたるまで、ロンドン国際保険市場で、国際的レベルの保険金詐欺を行い、毎年、数千万ドルを稼いできたと暴露
1/13 中央選管、潘基文前国連事務総長は大統領被選挙権を有するとの判断を示す
1/13 リッパート駐韓米国大使、米国大使館で離任の記者会見
1/13 ユン・ビョンセ外交部長官、国会通商委員会での懸案報告で、釜山日本総領事館前に設置された「少女像」に関連し、国際社会での外交公館や領事館前に施設や造形物を設置することは好ましくないとの見解を示す、その上で、政府は「少女像」の設置に反対するものではないとし、場所については知恵を集める必要があると述べる
1/13 朴槿恵大統領を支持する保守団体が、パク・ヨンス特別検察官を職権乱用などの容疑で検察に告発
1/13 現代自動車グループ、国際金融危機以来、8年ぶりに課長級以上の幹部社員の賃金を据え置き
1/13 韓国銀行、今年経済成長率見通しを2.8%から2.5%に下方修正
1/13 パク・ヨンス特別検察官チーム、キム・ジョン前文化体育観光部次官から、朴槿恵大統領がチェ・スンシルの娘チョン・ユラを支援するよう指示を受けたとの供述得る
1/13 在日民団のオ・ゴンテ団長、12日、都内で開かれた新年会の挨拶で、釜山の日本総領事館前に設置された「少女像」について、なくさなければならないというのが在日同胞の共通した思いと述べる
1/13 帰国した潘基文前国連事務総長がソウル国立顕忠院を訪問し、大統領選出馬の意思を固める
1/13 韓国銀行、金融通貨委員会を開き、政策金利1.25%の据え置きを決定
1/13 パク・ヨンス特別検察官チーム、イ・ジェヨン三星電子副会長を22時間以上にわたり取り調べ、13日早朝帰宅、拘束令状を請求するかどうかについては一両日に決定する方針
1/13 潘基文前国連事務総長、帰国途上の機内で、日本が「少女像」撤去のために10億円を出したのであれば返還しなければならないとの考えを示す

==============================================================================

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/06/25
    読者数:
    13239人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/06/20
    読者数:
    24334人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  3. メールマガジン日台共栄

    最終発行日:
    2017/06/27
    読者数:
    3535人

    日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/06/27
    読者数:
    5713人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. ドイツのトップニュース

    最終発行日:
    2017/06/27
    読者数:
    495人

    ドイツとオーストリアのトップニュースを、短く日本語で伝えます。

発行者プロフィール

過去の発行記事