自然科学一般

Science Communication News

※Science Communication Newsは科学技術政策や科学技術コミュニケーションの動向を
ウォッチするメールマガジンで、毎週月曜配信されます。
※詳しくは以下のサイトをごらんください。
http://sci-support.org/?page_id=27

全て表示する >

[SciCom News]速報版 No.65 Vol.1(研究ニュース・イベント案内号)

2004/12/30

※SciCom NewsはNPO法人サイエンス・コミュニケーションの発行するメールマガ
ジンで、
※月二回のニュースと、随時発行される速報の二種類が配信されます。
※詳しくはサイコムのサイトをごらんください。
※購読の登録、解除も以下よりお願いします。こちらで代行はいたしませんので
ご了承ください。
 http://scicom.jp/mailmag/

★発行部数 1256部(12月30日現在)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
      ◆◇◆ NPO Science Communication News ◆◇◆
  速報版・研究ニュース・イベント案内号 No.65 2004年12月30日号 Vol.1
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
- 目次 -
●研究ニュース
  -文部科学省 中央教育審議会「我が国の高等教育の将来像」(中間報告)他
  -総合科学技術会議 科学技術基本計画:基本政策専門調査会 (第1回) 議
事次第他
  -政府動向 平成17年度予算政府案他
  -大学 「大学が社会から信用されていない」、国立情報学研究所所長他
  -産学連携 産総研と東大、連携協力事業の協定を締結他
  -科学コミュニティ 「ゆとり教育は失敗」 授業復活求め理数系学会が提言他
  -教育、科学コミュニケーション アウトリーチ活動本格化 科学技術振興調整
費活用研究に義務付けへ直接経費の3%充当他
  -研究事件簿 論文データ改ざん、米医学誌に発表 理化学研究所の2人他
  -食品の安全 遺伝子組み換え作物規制 北海道が初の条例制定へ他
  -生命の問題 文科省、ヒトクローン胚の研究に向けた検討を開始他
  -その他 科学を鍛える他
  -Books、雑誌 科学、日経サイエンス、東大学内広報他

以下Vol.2に掲載

●研究ニュースworldwide
  -アメリカ キューバなどからの論文投稿制限解除他
  -イギリス 象牙の塔の時代は終わった他
  -世界 気候変動の研究者とジャーナリストがブログを立ち上げる他

●人財
  -大阪市立科学館・学芸員(天文学・特に太陽)募集他

●メディアウォッチ
  -白楽ロックビル 新聞と映画の中のバイオサイエンス

●NPO法人サイエンス・コミュニケーションよりお知らせ
  -雑誌遺伝プレゼント!
  -理事が交代
  -理系白書シンポジウム開催される
  -大学院進学ガイド本編集部よりお願い〜本の紹介、書評募集
  -入会のご案内
  -ご寄付のお願い

●イベント案内
  -「第2回プログラムオフィサー国内セミナー」
   2005年1月20日(木) 10:00〜17:45
   科学技術振興機構 東京本部 JSTホール

  -OECD-PISA調査から見る日本の教育
   平成17年1月26日(水曜日)15時〜16時30分(開場14時)
   日経ホール(日本経済新聞社8階)

●編集後記
  -【不正に襟を正せ】

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
    ●研究ニュース
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
URLが途中で改行されている場合は、URLをコピーペーストして一行にしてブラウ
ザにはり付けてください。
▼以下は記事に対するコメントです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★文部科学省 http://www.mext.go.jp/ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●中央教育審議会「我が国の高等教育の将来像」(中間報告)に関する意見募集の実
施について
http://www.mext.go.jp/b_menu/public/2004/04121701.htm

我が国の高等教育の将来像(中間報告)
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/04122001.htm

●大学全入時代「出口管理の強化」を 中教審答申に明記へ
http://www.asahi.com/edu/nyushi/TKY200412200225.html

卒業容易な大学から脱却を
中教審、個性化も促す
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2004122000087&genre=G1&area=Z10

●文科省人事:
事務次官に結城・文部科学審議官が内定
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/ji/news/20041226k0000m040055000c.html

▼旧科技庁系の次官ははじめて。

▼関連記事(google newsより)
http://news.google.co.jp/?hl=ja&ncl=http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/ji/news/20041226k0000m040055000c.html

●専門学校卒業生、大学院へ入学OKに…文科省方針
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20041220ur04.htm

●高等教育の将来像示す
各機関の役割など明確化
http://www.sci-news.co.jp/news/200412/161224.htm#2

●平成17年度大学推薦による国費外国人留学生(研究留学生)の募集について(依
頼)
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/ryugaku/04121701.htm

●管理区域外における放射性物質の発見について(独立行政法人理化学研究所)(続
報:再発防止策の追加報告等)
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/16/12/04122701.htm

●平成17年度政府予算案及び平成16年度補正予算における科学技術関係経費(速
報値)
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/16/12/04122801.htm

●平成16年12月20日大臣会見概要
http://www.mext.go.jp/b_menu/daijin/04122801.htm

▼予算成立に関する大臣のコメント

【審議会】
●中央教育審議会大学分科会議事録
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/index.htm#gijiroku

大学院部会医療系WG議事録・配布資料更新
大学院部会 理工農系ワーキンググループ議事録・配布資料更新

●科学技術・学術審議会
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu0/index.htm

研究計画・評価分科会 国として戦略的に推進すべき基幹技術に関する委員会(第6
回)配布資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu2/shiryo/005/04121701.htm

●国立大学法人評価委員会
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/kokuritu/index.htm

総会 第6回 議事録・配布資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/kokuritu/gijiroku/001/04110401.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★総合科学技術会議 http://www8.cao.go.jp/cstp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●科学技術基本計画:
基本政策専門調査会 (第1回) 議事次第
http://www8.cao.go.jp/cstp/tyousakai/kihon/haihu01/haihu-si01.html

●評価専門調査会 (第40回) 議事次第
http://www8.cao.go.jp/cstp/tyousakai/hyouka/haihu40/haihu-si40.html

●第27回 重点分野推進戦略専門調査会 議事次第
http://www8.cao.go.jp/cstp/tyousakai/juuten/haihu27/haihu-si27.html

●総合科学技術会議(第42回)議事次第
http://www8.cao.go.jp/cstp/siryo/haihu42/haihu-si42.html

▼1.開会

2.議事 (1) 平成17年度科学技術関係予算案について
(2) 「国の研究開発評価に関する大綱的指針」のフォローアップについて(中間
とりまとめ)
(3) 「地球観測の推進戦略」について
(4) 科学技術振興調整費について
(5) 科学技術に関する基本政策について(諮問)
(6) 最近の科学技術の動向(科学技術分野)
(7) その他


3.閉会

 

(配付資料) 資料1−1   平成17年度科学技術関係予算案について(PDF)
資料1−2   平成17年度概算要求における科学技術関係施策の優先順位付けにつ
いて(PDF)
資料1−3   平成17年度予算案における科学技術関係予算への優先順位付けの反
映について(PDF)
資料1−4   競争的研究資金の拡充に向けた取り組みの結果(PDF)
資料1−5   平成17年度予算における競争的研究資金の改革と拡充について(本文
(PDF)、別表1(PDF)、別表2(PDF))
資料2−1   「国の研究開発評価に関する大綱的指針」のフォローアップについて
(中間とりまとめ)[概要](PDF)
資料2−2   「国の研究開発評価に関する大綱的指針」のフォローアップについて
(中間とりまとめ)(PDF)
資料3−1   地球観測の推進戦略(案)[概要](PDF)
資料3−2   地球観測の推進戦略(案)(PDF)
資料4<   平成17年度の科学技術振興調整費の配分の基本的考え方(PDF)
資料5   諮問第5号「科学技術に関する基本政策」について(PDF)
資料6   アテネオリンピックを制した日本の「ものづくり」技術(PDF:437KB)
資料7   イネゲノム塩基配列の完全解読について(PDF)
資料8   第41回総合科学技術会議議事録(案)(PDF)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★政府動向〜政治と科学
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●原子力安全確保で批判続出
長計策定会議、決定見送り
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2004122200180&genre=H1&area=Z10

●京都議定書 目標達成へ
環境省、6月にキャンペーン
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2004122000074&genre=H1&area=K00

●平成17年度予算政府案
http://www.mof.go.jp/seifuan17/yosan.htm

●05年度予算案:
国立大授業料 「標準額」1万5千円上げ
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/edu/news/20041220k0000e040074000c.html

05年度予算案:
国立大授業料、少年非行対策、児童虐待対策
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/edu/news/20041220org00m040030000c.html

●JAXA:
実験衛星打ち上げ、ロシアの民間会社に依頼−−来年夏
http://www.mainichi-msn.co.jp/kagaku/science/news/20041228ddm003040094000c.html

●uーJapan政策まとめる
ユビキタスネット社会憲章の作成を要請
 =総務省の政策懇談会=
http://www.sci-news.co.jp/news/200412/161224.htm#3

●「環境コミュニケーションシンポジウム」の開催について
http://www.env.go.jp/press/press.php3?serial=5564

●「京都議定書の発効を歓迎」、環境省が締約国会議報告
http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/eco/350716

●政府広報オンライン 科学技術創造立国
http://www.gov-online.go.jp/week/theme/kagakugijyutsu_souzourikkoku.html

▼ニッポンNAVI
放送局・放送時間

  日経CNBC   土   13:00〜13:30

 放送予定

放送日 : 平成17年1月1日(土)
平成17年1月8日(土):再放送

テーマ : 科学技術創造立国
 内容 : 内閣府が実施した「科学技術と社会に関する世論調査」(平成16年2月
調査)によると、科学技術に関するニュースや話題に「関心がある」と答えた人の割
合は「ある程度ある」とあわせても52.7%で、6年前の調査に比べて5%以上減
少しています。そこで番組では、理科離れを克服するために、教育の現場や地域等で
の様々な取り組みを紹介するとともに、日本科学未来館で活躍する人々をとおして理
科・科学の面白さを伝えていきます。

●中山秀征の愛してJAPAN!
http://www.gov-online.go.jp/publicity/radio/ljp.html

▼FM東京系列

放送日 : 平成17年1月1日(土)
平成17年1月2日(日)
※放送局によって日時が違います
テーマ : 湯本博文さんに聞く「大人が科学する楽しさ」
 内容 : 今、科学技術の力で、日本の未来を切り開いていこうという取組みが政府
で始まっています。大人になると知識や常識としては知ってはいても、その楽しさや
驚きを忘れがちな科学。そこで学研「大人の科学」プロデュースの湯本博文さんを迎
え、番組内で実験も行いながら、科学の楽しさに触れていきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★大学を取り巻く事情
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●「大学が社会から信用されていない」、国立情報学研究所所長
http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/elec/351212

●大学教育の改革に向けた取り組み
http://www.asahi.com/ad/clients/gendaigp2004/

▼朝日の特集。

●北東北3大学が授業料値上げ反対提出(青森)
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news2/20041221wm04.htm

【大学】国の“授業料”アップ 弘前、岩手、秋田大が反対声明
http://www.mainichi.co.jp/life/kyoiku/edumail/archive/university/200412/24-01.html

●近畿大学が経営学部に「キャリア・マネジメントコース」
http://www.mainichi.co.jp/life/kyoiku/edumail/archive/test/200412/24-01.html

●国際化を目指す東大柏キャンパスに関するシンポジウムが都内で開催(千葉)
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news2/20041221wm05.htm


http://www.adm.u-tokyo.ac.jp/gen/gen2/041220kashiwa.html

●首都大学東京、英語授業の半分外注 初年度は「丸投げ」
http://www.asahi.com/edu/nyushi/TKY200412210367.html

●大学と高校の包括的な連携協定
京都府立大と府教委が結ぶ
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2004122100098&genre=F1&area=K00

●中国・雲南農業大と学術交流
京都府立大 技術指導者養成へ
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2004122000102&genre=G1&area=K1D

●バイオ環境学部を新設へ
京都学園大 06年4月から
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2004122000099&genre=G1&area=K40

京都学園大が「バイオ環境学部」新設へ−−生命科学や生態学を2学科で /京都
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/edu/archive/news/2004/12/20041221ddlk26040695000c.html

●香川大の会議が国際学会から承認
機械、電子工学分野で
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2004121900061&genre=G1&area=Z10

●大学評価の問題を考える
1月に学術誌発刊
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2004122700017&genre=G1&area=K10

●「特別立法で支援」 大学院大学で尾身委員長
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041227-00000015-ryu-oki

●回顧2004(3)独立法人化──社会との関係深める(12月20日)
http://www.nikkei.co.jp/kansai/univ/24126-frame.html

●鳥取大、韓国・釜慶大と単位を相互認定
http://www.nikkei.co.jp/news/retto/20041220c6b2003j20.html

●柳川高校が早大大学院と提携、IT教育を強化
http://www.nikkei.co.jp/news/retto/20041228c6c2801o28.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★産学連携、研究ビジネス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●産総研と東大、連携協力事業の協定を締結
http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/elec/350831

産総研と東大が協力協定を締結
http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2004/pr20041222/pr20041222.html

●中外製薬、東大病院の「22世紀医療センター」プロジェクトに参画
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=89526&lindID=4

●研究成果を企業へ売り込み
下京 関西TLOが活動強化
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2004122200157&genre=G1&area=K1F

●JST事業利用設立企業98社に
http://www.sci-news.co.jp/news/200412/161217.htm#7

●京大・ANA:
市民参加の植林活動など、環境教育で連携
http://www.mainichi-msn.co.jp/kagaku/rikei/kanren/archive/news/20041221ddf007040002000c.html

●京大と関西TLOが提携
知的財産の事業化促進へ
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2004122900010&genre=G1&area=K00

●阪大大学院工学研究科、研究推進コンプレックス向けの研究棟設立
http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/biz/350282

●回顧2004(4)国際交流──的絞り共同研究・産学連携
http://www.nikkei.co.jp/kansai/univ/24126-frame.html

●産学連携のインキュベーション施設、日大工学部内に建設
http://www.nikkei.co.jp/news/retto/20041222c3b2204022.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★科学コミュニティー、科学者
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●京都議定書後の枠組みを
同友会、温暖化問題で提言
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2004122000128&genre=H1&area=Z10

▼地球温暖化問題の克服に向けての8つの提言
http://www.doyukai.or.jp/policyproposals/articles/2004/041220a.html

●理科の授業時間増やして
物理関連3学会が提言
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2004122200204&genre=F1&area=Z10

理科教育:
物理3学会、中教審に12項目の提言
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/edu/news/20041223k0000m040113000c.html

●「ゆとり教育は失敗」 授業復活求め理数系学会が提言
http://www.asahi.com/science/update/1228/003.html

理数科目の授業時間増を 学力低下で学会が改革案
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041227-00000141-kyodo-soci


●日本学術会議 黒川清会長メッセージ
http://www.scj.go.jp/ja/info/comment/041224.html
http://www.scj.go.jp/en/scj/comment/041224.html

▼理研の研究結果捏造事件に関してコメント

●日本学術会議の新しい体制の在り方に関する懇談会(第3回)議事要旨
http://www.scj.go.jp/ja/scj/kondan/youshi03.html

●Obituary: Yasutomi Nishizuka (1932−2004)
TASUKU HONJO
Nature 432, 966 (23 December 2004); doi:10.1038/432966a
http://www.nature.com/cgi-taf/DynaPage.taf?file=/nature/journal/v432/n7020/full/432966a_fs.html

▼西塚泰美博士追悼。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★教育〜理科教育を中心に+科学コミュニケーション
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●アウトリーチ活動本格化 
科学技術振興調整費
活用研究に義務付けへ直接経費の3%充当
http://www.sci-news.co.jp/news/200412/161217.htm#1

●講義などの教育プログラムを英語化
京都大 インターネットで公開へ
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2004122500148&genre=G1&area=K10

●理科の授業時間増やして
物理関連3学会が提言
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2004122200204&genre=F1&area=Z10

理科教育:
物理3学会、中教審に12項目の提言
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/edu/news/20041223k0000m040113000c.html

●「ゆとり教育は失敗」 授業復活求め理数系学会が提言
http://www.asahi.com/science/update/1228/003.html

理数科目の授業時間増を 学力低下で学会が改革案
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041227-00000141-kyodo-soci

●新テストで「学力」チェック
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200412270089.html

●日本の科学技術関係人材
能力向上は子供達に期待
三菱総研 有識者調査で明らかに
http://www.sci-news.co.jp/news/200412/161217.htm#6

▼プレスリリース
三菱総合研究所 有識者オピニオン調査(科学技術分野)
『社会の発展に貢献するための科学技術のあり方』第2回・第3回調査結果
「科学技術の発展を支える人材育成」「科学技術を利用した将来の国家像」
http://www.mri.co.jp/PRESS/2004/pr041207_imu01.html

●科学振興シンポ、小柴昌俊さんも参加−−横浜 /神奈川
http://www.mainichi-msn.co.jp/kagaku/rikei/kanren/news/20041222ddlk14040403000c.html

●新春企画楽しんで 環境エネルギー館−−来月8〜10日中心に /神奈川
http://www.mainichi-msn.co.jp/kagaku/rikei/kanren/archive/news/20041221ddlk14040137000c.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★研究事件簿(研究の不正改め)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●論文データ改ざん、米医学誌に発表 理化学研究所の2人
http://www.asahi.com/science/update/1224/003.html

理研研究者がデータ改ざん
血液の病気の研究で
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2004122400108&genre=G1&area=Z10

データ改ざん:
理研研究員が論文3本−−発表取り下げへ
http://www.mainichi-msn.co.jp/kagaku/rikei/kanren/news/20041224dde041040037000c.html

▼独立行政法人理化学研究所の研究員による研究論文不正発表について
http://www.riken.go.jp/r-world/info/release/press/2004/041224/index.html

研究論文の不正発表に伴う新聞発表記事の取下げについて
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20041224/index.html

日本学術会議 黒川清会長コメント
http://www.scj.go.jp/ja/info/comment/041224.html

●中村修二氏と日亜化学が和解へ、青色LED訴訟で東京高裁が勧告
http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/biz/351192

●中村修二氏が、日亜化学との和解勧告直前の心境を語った
http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/rep03/351336

●東大、セクハラで教授ら2人を懲戒処分
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20041225AT1G2401N25122004.html

▼関連記事(google newsより)
http://news.google.co.jp/news?hl=ja&ned=jp&ie=UTF-8&ncl=http://rd.nikkei.co.jp/net/news/shakai/headline/u%3Dhttp://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20041225AT1G2401N25122004.html

●岩手大、1億6000万円の余剰金−−独立法人化後初の中間決算 /岩手
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/edu/archive/news/2004/12/20041223ddlk03040226000c.html

●のぞきで島根大助教授を書類送検
http://www.nikkansports.com/ns/general/f-so-tp0-041225-0009.html

キャンパスでのぞき見の島根大助教授、書類送検
http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20041225i403.htm

●医師派遣問題:
東北大学長ら教授17人を不起訴処分
http://www.mainichi-msn.co.jp/kagaku/medical/news/20041229k0000m040065000c.html

●臨床実績偽造合格:
日医大助教授が諭旨免職処分に
http://www.mainichi-msn.co.jp/kagaku/medical/news/20041230k0000m040079000c.html

●医師派遣断られた翌日自殺 都立病院部長医師の公災認定
http://www.asahi.com/national/update/1229/016.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★食品の安全
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●遺伝子組み換え作物:
「食の安全」問い、市民団体が出版
http://www.mainichi-msn.co.jp/kagaku/science/news/20041228ddm013100040000c.html

●農水省:
食の安全確保へ、組織改正
http://www.mainichi-msn.co.jp/kagaku/science/archive/news/2004/12/24/20041224dde007010086000c.html

●ニュース展望:
遺伝子組み換え作物規制 北海道が初の条例制定へ
http://www.mainichi-msn.co.jp/kagaku/science/archive/news/2004/12/25/20041225ddm004100045000c.html

●食品の安全に関するリスクコミュニケーションの在り方に関する研究会第2回研究
会資料
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2004/11/s1126-15.html

●食の安全に関するリスクコミュニケーションの在り方に関する研究会(第2回)
(平成16年11月26日開催)配付資料
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/mhlw/news/041222/041222c.html

●第3回食の安全に関するリスクコミュニケーションの在り方に関する研究会の開催
について
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2005/01/s0113-2.html

●◎「安全・安心モニター」の追加募集について(九州・沖縄地区の男性)
(12月10日より追加募集を行っていますが、九州・沖縄地区の男性モニターが定
員に達しておりませんので募集期間を延長しました)
http://www.maff.go.jp/www/press/cont2/20041210press_7.htm

●「食の安全シンポジウムの開催について(和歌山)」[開催日:平成17年1月31
日]
http://www.fsc.go.jp/simp170131-wakayamaken.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★生命の問題
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●文科省、ヒトクローン胚の研究に向けた検討を開始
http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/medi/350694

●岡山大医学部倫理委がヒトの神経幹細胞を移植する研究を承認
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news2/20041222wm08.htm

●Animal experiments more stressful than previously recognized
http://www.eurekalert.org/pub_releases/2004-12/pcfr-aem122804.php

●Patient protection laws don't favor health providers
Despite critics who say patients' bills of rights laws are actually designed
to protect health care providers, new research published in the current
issue of the American Journal of Medicine found just the opposite.
http://www.eurekalert.org/pub_releases/2004-12/wfub-ppl122104.php

●Stem cell research set for funding boost
http://education.guardian.co.uk/higher/research/story/0,9865,1379236,00.html

▼イギリスは研究推進加速。

●Activists and researchers rally behind AIDS drug for mothers
Nature 432, 935 (23 December 2004); doi:10.1038/432935a
http://www.nature.com/cgi-taf/DynaPage.taf?file=/nature/journal/v432/n7020/full/432935a_fs.html

●Potocnik backs ES cell research
New commissioner says scientists should be allowed to use surplus embryos
for research
http://www.biomedcentral.com/news/20041222/02

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★百家争鳴〜オピニオン、意見その他、科学報道など
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●発信箱:
科学技術を鍛える=元村有希子
http://www.mainichi-msn.co.jp/kagaku/rikei/kanren/news/20041222ddm002070157000c.html

●発信箱:
純血主義の危うさ=元村有希子
http://www.mainichi-msn.co.jp/kagaku/science/news/20041229ddm002070165000c.html

●お知らせ:
「理系白書」が新年から週1回更新に
◇バブルから15年、“その後”を追跡
http://www.mainichi-msn.co.jp/kagaku/rikei/kanren/news/20041224org00m040050000c.html

●独立行政法人の統廃合・非公務員化
くらし守る研究開発を切捨て
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2004-12-29/02_01.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★Books、雑誌
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●自然科学系の雑誌一覧(裳華房)
http://www.shokabo.co.jp/magazine/index.html

●書評「環境リスク学」中西準子著
http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/rep04/350796

●食品安全委員会季刊誌「食品安全」
http://www.fsc.go.jp/sonota/kikansi.html

▼第3号
http://www.fsc.go.jp/sonota/3gou_1_8.pdf

特集:リスク評価を理解する
−化学物質編−ほか

●岩波書店 科学
http://www.iwanami.co.jp/kagaku/

▼2005年1月号
特集=食の安全

【総論】 「食における天動説」を疑わなくてよいか 増成隆士

【さまざまな角度から】
[遺伝子組換え作物]
インタビュー:遺伝子組換え作物の何が問題か 玉置雅紀
土壌の健康から見た影響 横山和成
農薬会社主導で進められる商品開発とその社会的妥当性 久野秀二
[鳥インフルエンザ]
鳥インフルエンザとは何か?−鳥インフルエンザ流行の意味 山田晋弥・河岡義裕
鳥類の渡りと鳥インフルエンザの伝播 樋口広芳・渡辺ユキ
[BSE]
BSE対策:現状と問題点 福岡伸一
隠された共食い 門司和彦・岩崎琢也
歴史的経緯 廣野喜幸

【コラム】 虫を食べる文化−自然への態度 野中健一

【安全を支えるもの・脅かすもの】
現代のフードシステムを蝕む不安と不信−システム信頼とトレーサビリティ 中嶋康

「科学的」根拠と社会の反応の関係 サトウタツヤ
食料自給率を考える−もうひとつの安全問題 生源寺眞一
食糧増産の功罪−ジャガイモを例として 山本紀夫

【座談会】 アジアにおける食の安全 報告:西渕光昭・松林公蔵・山極寿一・山田
勇・横山俊夫

【対策の傾向】
食品安全政策の国際的な動向−科学的な基礎と農場から食卓まで 新山陽子
日本の食品安全行政改革と食品安全委員会−残された問題/新たな課題 平川秀幸・
城山英明・神里達博・中島貴子・藤田由紀子
食の安全・農の健全・水土の保全 渡辺紹裕
プロバイオティクスと健康 岸 恭一
「食育」をめぐる社会の動きと今後の課題 武見ゆかり

アカデミック世界のマイノリティ(第18回)セクハラ・アカハラを越えるネットワー
クの力 宇野賀津子

●日経サイエンス
http://www.nikkei-science.com/

▼2005年2月号
世界の研究室から
 米国の科学の原動力は女性とアジア
前田賢人 ネブラスカ大学医学センター

いまどき科学世評
 やっぱり科学は道具なのか
塩谷喜雄

●学 術 の 動 向
http://www.h4.dion.ne.jp/~jssf/text/doukou/frameset.htm

▼2004年12月号
特集1:  日本学術会議第143回総会について
特集2:  科学と国境
言語のバリアー・文化のボーダー 芳賀 徹
科学政策と民主主義 嶋津 格
環境社会配慮と国境 原科幸彦
国境を越えた科学の研究所
 −加速器科学分野の国際研究所CERNとSESAME 山崎敏光
明治日本科学技術の話題から 高田誠二
科学と価値 冨浦 梓
生命科学と国境境 鶴尾 隆

・学術からの発信・
市民の創造的参加による政策評価を達成するリスクコミュニケーション
熊田禎宣

大学変動期における学生相談のあり方を考える
−行動科学研究連絡委員会の活動から−
松原達哉

学会運営と活動の日米比較
−「アメリカ広告学会」報告−
小林保彦

●バイオニクス2005年1月号
http://www.e-bionics.jp/02_contents.html

▼ニュース
アジアのバイオテクノロジーシンガポール政府の後押しでバイオメディカル産業が急
成長/安全に,大量に,細胞を増やせ!/RNAiもアメリカの一人勝ち?/バイオ
Googleもう使ってみましたか/韓国でシカの伝達性海綿状脳症が広がる?/マリー
キュリー・アクション/イギリス王立教会がナノテク・リスクに関する報告書を発表

書評『切磋琢磨するアメリカの科学者たち』(当サイコムジャパンの檀一平太理事が
執筆)
 
●2003年(第53回)学生生活実態調査の結果
http://www.u-tokyo.ac.jp/gen03/kouhou/1302/index.html

▼東大学内広報NO.1302 (2004.12.2)

No.2へ続く

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
"NPO Science Communication News"
[SciCom News]速報版・研究ニュース・イベント案内号 No.65 2004年12月30日号
Vol.1
【発行者】榎木英介(NPO法人 Science Communication 代表理事)
【編集者】深島守 サイコムニュース速報版編集部
【E-Mail】 office@scicom.jp
【FAX】 020-4664-2207
【Web Site】 http://scicom.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-12-28  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。