自然科学一般

Science Communication News

※Science Communication Newsは科学技術政策や科学技術コミュニケーションの動向を
ウォッチするメールマガジンで、毎週月曜配信されます。
※詳しくは以下のサイトをごらんください。
http://sci-support.org/?page_id=27

全て表示する >

[SciCom News] 科学技術基本法改正へ、九大自死事件 No.800 2019年1月8日号 Vol.1

2019/01/08

※Science Communication Newsは科学技術政策や科学技術コミュニケーションの動向を
ウォッチするメールマガジンで、毎週1回程度配信されます。
※詳しくは以下のサイトをごらんください。
http://www.kaseiken.org/活動/

※購読の登録、解除も上記サイトよりお願いします。こちらで代行はいたしませんので
※ご了承ください。

※以下でも随時情報を提供しています。
はてなブックマーク http://b.hatena.ne.jp/scicom/
twitter http://twitter.com/kaseikenorg
科学・政策と社会ニュースクリップ https://clip.kaseiken.info/
Yahoo!ニュース個人 https://news.yahoo.co.jp/byline/enokieisuke/

★発行部数 3,037部(1月8日現在) まぐまぐ 2,528+melma!509
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ◆◇◆  Science Communication News ◆◇◆
         No.800 2019年1月8日号 Vol.1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
情報ひろばサイエンスカフェ「アマゾン熱帯雨林×動物園」開催のお知らせ
─────────────────────────────────────
サイエンスカフェのご案内です。今回のテーマは「アマゾン熱帯雨林×動物園」。
アマゾン特有の環境と、そこに生きる魚の話を中心に、熱帯の多様な生物とその営みの一端をご紹介します。
また、その環境保全の大切さを考えるために整備中の次世代型動植物園・水族館「フィールドミュージアム」の取り組みと未来像についてもお話しします。
地球の裏側で進む森林の消失について、何が問題なのか、私たちに何ができるのか、一緒に考えてみませんか?

●テーマ:アマゾン熱帯雨林×動物園 〜アマゾンのフィールドミュージアム構想〜
●講 師:池田 威秀(京都大学野生動物研究センター 研究員)
●ファシリテーター:本田 隆行(科学コミュニケーター)
●詳 細:http://stw.mext.go.jp/common/pdf/cafe/20190118.pdf
●日 時:平成31年1月18日(金)19:00〜20:30(18:30開場)
●主 催:文部科学省 / 共 催:科学技術振興機構(JST)
●場 所:文部科学省情報ひろばラウンジ(東京都千代田区霞が関3-2-2)
●参加費/定員:無料/30名(事前申込制)
※件名を「1/18サイエンスカフェ参加希望」とし、「お名前」と「ご所属」をご記入の上、下記メールアドレスまでお申込みください。
sciencecafe@ifys.jp

<お問い合わせ先>
JST「科学と社会」推進部 未来共創企画グループ
E-mail:sciencecafe@jst.go.jp
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★科学技術基本法改正へ、九大自死事件
2019年1月2日〜2019年1月8日
カセイケン代表 榎木英介

 この号で800号となりました。800週間ちまちまとメルマガ作成しています。次は1000号を目指します。

 毎日新聞のスクープ。

★人文・社会も科学振興の対象に 基本法25年ぶり抜本改正へ
https://mainichi.jp/articles/20190107/k00/00m/040/300000c

解説:科学振興、人文・社会も 生命倫理やAI、文・理不可分
https://mainichi.jp/articles/20190108/ddm/012/040/072000c

 1995年に議員立法で成立した科学技術基本法。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/kagaku/kihonkei/kihonhou/mokuji.htm
http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=407AC1000000130&openerCode=1

 第一条は以下。

>>
この法律は、科学技術(人文科学のみに係るものを除く。以下同じ。)の振興に関する施策の基本となる事項を定め、科学技術の振興に関する施策を総合的かつ計画的に推進することにより、我が国における科学技術の水準の向上を図り、もって我が国の経済社会の発展と国民の福祉の向上に寄与するとともに世界の科学技術の進歩と人類社会の持続的な発展に貢献することを目的とする。
<<

 「人文科学のみに係るものを除く」とされていますから、大きな改正です。

 25年ぶりに改正されるとのこと。与党内に異論があるそうで、今後の議論がどうなるか分かりませんが、方向性としては当然と言えましょう。日本の「科学力」の低下は、人文社会科学系の軽視と、分野の壁によるタコツボ化も影響を与えているでしょう。

★科学、大学の仕組みをどうすればよいのか、考えてみた
https://togetter.com/li/1305616

★「科学立国の危機ー失速する日本の研究力」ウラ話の1
https://blog.goo.ne.jp/toyodang/e/0091a192689ee33bcb0af9767356c9cb

 日本の科学をどうするべきか、議論が続いていますが、概ね方向性ははっきりしているように思います。2月1日発売の豊田長康さんの本は必読だと思います。

科学立国の危機 失速する日本の研究力
https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784492223895

 とはいえ、政策に落とし込むという部分は簡単ではなく、提言的なものを出すだけではすまないリアルな政治の部分でもあります。

 政治家などの「トンデモ」発言は、政治家を無見識と馬鹿にするだけでは意味がありません。政治家に分からせる努力をしていないことが如実にあわらわれているわけです。そもそも政治家に会うような研究者はごく限られています。

 時間がかかる地道な活動を行う覚悟と人材が科学コミュニティにあるかということになります。

★Eurodoc Survey on the Structure of Doctorates across Europe
http://eurodoc.net/news/2019/eurodoc-survey-on-the-structure-of-doctorates-across-europe

 Eurodocの調査。政策を動かそうと思ったときにやるべきことの一つは、こうした調査でしょう。結局地に足を着け動いていかなければ物事は変えられないわけで…。ただそれをやってしまうと研究時間が削られてしまうわけです。

 現役研究者が時間的になかなか無理なら、引退した研究者や、科学研究歴のある人材、科学研究に理解のある人材を巻き込みながらアクションを起こす組織が必要です。個人プレイでは限界があります。

 いきなり全米科学振興協会(AAAS)のような巨大な組織を作るのは無理にしても、もう少し組織化した動きをしていかないといけないでしょう。

 私たちも、こうしたことを20年間夢見てきましたが、成し遂げられていません。しかし、関心は高まっているように感じます。

 とにかくアクション、アクション、アクションです。

★事件の涙「そして、研究棟の一室で〜九州大学 ある研究者の死〜」
https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/92894/2894212/index.html

 昨年末に放送されたドキュメンタリー。先日録画を見ました。

 実は私も、Yahoo!ニュース個人にこの事件の記事を書いたので、NHKから意見を聞かれました(プレ取材協力という感じでしょうか)。

 さまざまな感想が出ています。

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.nhk.or.jp/docudocu/program/92894/2894212/index.html
https://blog.goo.ne.jp/applemint1104/e/a81b1fb2cd3c108db0b5c63b8fa8a239
http://naka3-3dsuki.hatenablog.com/entry/2018/12/29/223858
https://togetter.com/li/1302992

 Salyuの「emergency sign」という曲が挿入されるなど、やや情緒的な部分もありましたが、色々考えさせられました。
http://j-lyric.net/artist/a04aaf7/l01fc06.html

 ただ、どうすればよかったのか…。Kさんのような人を救うことために何をすべきなのかのか…。答えは描かれていませんでした。

 それは私たちに投げかけられた宿題といえるでしょう。

 答えはすぐには出ませんが、せめて危機のときにここに連絡しようという、「110番」のようなものが作れないものかと思います。

 カセイケンでも可能な限り、「とっかかり」を作っていくことができればと思います。

★この映像を観てほしい。あなたは間違いなく衝撃を受ける
南海トラフ巨大地震と首都直下地震による被害をシミュレーションした映像。ただ、再生数は驚くほど少ない。
https://www.buzzfeed.com/jp/kensukeseya/movie-jishin

 このメルマガでも南海トラフ巨大地震関連の情報はフォローし続けていますが、まだまだ関心は薄いと思います。

★安倍総理は年頭記者会見を行いました
https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/statement/2019/0104kaiken.html

★Japan’s pioneering detector set to join hunt for gravitational waves
https://www.nature.com/articles/d41586-018-07867-z

★BMC Biology Shares Rejected Papers’ Peer Reviews with Other Journals
https://www.the-scientist.com/news-opinion/bmc-biologyshares-rejected-papers-peer-reviews-with-other-journals-65279

★The world debates open-access mandates
http://science.sciencemag.org/content/363/6422/11

 ScienceにPlanSの記事が出ています。

★病理診断報告書の確認忘れ(医療安全情報 No. 71)
http://www.med-safe.jp/pdf/report_2018_3_R001.pdf

病理診断報告書の確認忘れ、患者「死亡」の報告も-医療機能評価機構が事故情報報告書を公表
https://www.cbnews.jp/news/entry/20190104194631

 私の本業である病理診断に関わるニュース。放射線診断でも起こっているのですが、報告書が読まれないで病態悪化という事例が問題となっています。

 多くの患者をかかえ疲弊する現場のなかで、仕組みをつくっていく必要があります。

★Natureは、今年創刊150周年を迎え、今後さらに科学コミュニティーに貢献できるよう努める。
https://www.nature.com/articles/d41586-018-07844-6

 歴史が違いますね…。日本の先人たちの偉業に思いを馳せながらも、日本が置かれた位置を正しく認識する必要があります。

★Scientists Suffer in Continued Government Shutdown
https://www.the-scientist.com/news-opinion/scientists-suffer-in-continued-government-shutdown-65287

Scientists despair as US government shutdown drags on
https://www.nature.com/articles/d41586-019-00008-0

National parks face years of damage from government shutdown
https://www.nationalgeographic.com/environment/2019/01/why-national-parks-trashed-during-government-shutdown/

 トランプ大統領は何年でも続ける覚悟と言っているそうですが、アメリカの科学に与える影響はじわじわと拡大しています。

★U.S. Senate confirms Kelvin Droegemeier to lead White House science office
https://www.sciencemag.org/news/2019/01/us-senate-confirms-kelvin-droegemeier-lead-white-house-science-office

Donald Trump finally has a White House science adviser
https://www.nature.com/articles/d41586-019-00015-1

 科学アドバイザーとなるKelvin Droegemeier氏の人事が米上院で承認。政権発足すでに2年…。

★米MIT、早期出願合格者に中国人留学生なし
https://news.nifty.com/article/world/12241/12241-158289/

 米中貿易戦争の影響か…。

★Working Scientist podcast: Inside the NIH grant review process
https://www.nature.com/articles/d41586-019-00016-0

★Falling tuition revenues could pinch US universities
https://www.nature.com/articles/d41586-018-07889-7

★UK universities warn ‘no deal’ Brexit will hit crucial funding streams
https://www.nature.com/articles/d41586-019-00023-1

 まだもめているBrexit。

★これが「複業推奨」の現実!? 並び屋バイトで食いつなぐ社員兼ポスドクの悲哀
https://hbol.jp/182331

 ひさびさにポスドクの悲哀が記事に。

2019年1月2日〜2019年1月8日
*[SciCom News][東日本震災][災害]【震災関連】
復興庁
http://www.reconstruction.go.jp/

地震調査研究推進本部
http://www.jishin.go.jp/

内閣府防災情報
http://www.bousai.go.jp/index.html

災害情報一覧
http://www.bousai.go.jp/updates/index.html

気象庁
http://www.jma.go.jp/jma/index.html

★この映像を観てほしい。あなたは間違いなく衝撃を受ける
南海トラフ巨大地震と首都直下地震による被害をシミュレーションした映像。ただ、再生数は驚くほど少ない。
https://www.buzzfeed.com/jp/kensukeseya/movie-jishin

病院など12機関で災害時の障害者支援 宮崎・西諸地域
https://www.asahi.com/articles/ASM1330SNM13UBQU005.html

【原発事故】
東京電力
http://www.tepco.co.jp/index-j.html

【原発最前線】昨年は迷走、「停滞」目立つ福島第1原発の廃炉
https://www.sankei.com/life/news/190104/lif1901040003-n1.html

【原子力、核】
●原子力規制委員会
http://www.nsr.go.jp/

りそな「核製造企業への融資禁止」 国内大手銀初の宣言
https://mainichi.jp/articles/20190105/k00/00m/020/164000c

「核」への投融資に厳しい目 金融機関、世論に配慮
https://mainichi.jp/articles/20190105/k00/00m/020/166000c

海底の火山噴火、常時観測へ 鹿児島の姶良カルデラ 規制委、原発審査に活用
https://mainichi.jp/articles/20190107/k00/00m/040/138000c

海底火山を常時観測へ 規制委、原発審査に活用
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39702650X00C19A1000000/

関電 高浜1、2再稼働へ 西川知事「議論する段階ではない」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39711060X00C19A1LB0000/

【総合科学技術・イノベーション会議・科学技術政策】
★人文・社会も科学振興の対象に 基本法25年ぶり抜本改正へ
https://mainichi.jp/articles/20190107/k00/00m/040/300000c

解説:科学振興、人文・社会も 生命倫理やAI、文・理不可分
https://mainichi.jp/articles/20190108/ddm/012/040/072000c

【政府、政治】
★安倍総理は年頭記者会見を行いました
https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/statement/2019/0104kaiken.html

経済財政諮問会議の有識者議員等について
https://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/201901/7_a.html

【文部科学省】
学校法人制度の改善方策について
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/daigaku/002-1/houkoku/1412262.htm

特定の学資としての資金の貸付けに係る消費貸借契約書の印紙税の非課税措置
http://www.mext.go.jp/a_menu/kaikei/zeisei/1372252.htm

医学部医学科の入学者選抜における公正確保等に係る緊急調査について
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/senbatsu/1409128.htm

審議会 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/main_b5.htm

今後の国立大学法人等施設整備に関する有識者会議(第1回) 議事要旨
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shisetu/052/gijiroku/1411552.htm

「デジタル教科書」の効果的な活用の在り方等に関するガイドライン検討会議(第4回) 配付資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/139/shiryo/1412204.htm

技術士分科会(第39回) 配付資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu7/siryo/1411937.htm

国立研究開発法人審議会 宇宙航空研究開発機構部会(第12回) 配付資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/kokurituken/005/shiryo/1412175.htm

国立研究開発法人審議会 宇宙航空研究開発機構部会(第13回) 配付資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/kokurituken/005/shiryo/1412205.htm

【科学技術・学術政策研究所】
http://www.nistep.go.jp/

【日本学術振興会】http://www.jsps.go.jp/
「FoSと共にあった5年間を振り返って」
遠藤 環
埼玉大学 大学院人文社会科学研究科 准教授
http://www.jsps.go.jp/j-bilat/fos/alumni_messages.html

【科学技術振興機構】http://www.jst.go.jp/
JSTnews 2019年1月号
http://www.jst.go.jp/pr/jst-news/index.html

【経済産業省】 http://www.meti.go.jp/
日本提案によりシェアリングエコノミーに関する国際標準化の技術委員会の設立が承認されました
http://www.meti.go.jp/press/2018/01/20190107001/20190107001.html

欧州委員会と共同で開催したLNGワークショップの最終報告書を取りまとめました
http://www.meti.go.jp/press/2018/01/20190107003/20190107003.html

【厚生労働省】 http://www.mhlw.go.jp/
オンライン診療違反、悪質なケースは情報提供を-厚生労働省が都道府県に通知
https://www.cbnews.jp/news/entry/20190107171758

厚労省、オンライン診療指針に関するQ&Aを通知-対面診療なしでの実施は禁煙外来のみ
https://www.cbnews.jp/news/entry/20190104193423

認知症サポーター、2020年度に1200万人-厚生労働省が健康増進の基本方針改正案
https://www.cbnews.jp/news/entry/20190104193423

第3回建築物の解体・改修等における石綿ばく露防止対策等検討会ワーキンググループ 資料
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_03108.html

【農林水産省】
岐阜県で発生した豚コレラ(3例目)に係る移動制限区域の解除について
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/190104.html

【環境省、環境、エネルギー】
IPCC
http://www.ipcc.ch/

★COP24
http://cop24.gov.pl/

太陽光・風力の「予測誤差」、FIT交付金で費用負担へ
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39695460X00C19A1000000/

2018年(平成30年)の日本の天候
http://www.jma.go.jp/jma/press/1901/04b/tenko2018.html

COP24、ルール採択も実効性に不安 懐疑派が増加
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39390560W8A221C1000000/

世界の干潟、33年間で16%減 埋め立てなど原因
https://www.asahi.com/articles/ASLDH77H5LDHULBJ00F.html

【環境省】
http://www.env.go.jp/news/index.html

ヒアリ関連
★ヒアリに関する諸情報について
http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/fireant.html

★ヒアリに刺された場合の留意事項について
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000171504.html

★ヒアリ相談ダイヤルの開設について
http://www.env.go.jp/press/104475.html

その他
国立公園における公園区域及び公園計画の変更等に係る中央環境審議会の答申について
http://www.env.go.jp/press/106327.html

平成29年度廃家電の不法投棄等の状況について
http://www.env.go.jp/press/106323.html

平成30年度 冬の星空観察について
http://www.env.go.jp/press/106271.html

【宇宙】
宇宙政策
http://www8.cao.go.jp/space/index.html
JAXA
http://www.jaxa.jp/index_j.html

人工流れ星も搭載 JAXA、民間に宇宙実験の機会
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39681750V00C19A1EA1000/

宇宙飛行士の野口聡一さん「宇宙はエベレストのように」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39584810Q8A231C1000000/

ワープスペース:愛の証し、宇宙に届け 結婚や長寿記念品、衛星に乗せ 筑波大発ベンチャーが事業化
https://mainichi.jp/articles/20190105/dde/041/040/026000c

災害発生やテロ 衛星使い周知 政府が来年度から
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39687540W9A100C1PE8000/

月で暮らすため「循環」研究、日本に有益 向井千秋さん
https://www.asahi.com/articles/ASLDP004BLDNUHBI03F.html

【地域】
技術創造都市築く契機 「万博革命」関西を変える
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39650670U9A100C1960E00/

【国家研究機関】
深海の「レアアース泥」本格開発へ、資源量把握急ぐ
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39489620Y8A221C1TJM000/

理事長年頭所感 2019
−「経済的価値」と「社会的価値」を創出し、持続可能な社会を構築する−
https://www.aist.go.jp/aist_j/news/au20190101.html

産総研

★Japan’s pioneering detector set to join hunt for gravitational waves
https://www.nature.com/articles/d41586-018-07867-z

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
“Science Communication News”
[SciCom News] No.800 2019年1月8日号 Vol.1
【発行者】一般社団法人科学・政策と社会研究室(担当 榎木英介)
【編集者】Science Communication News編集部
【E-Mail】 office@kaseiken.org
【Web Site】 https://www.kaseiken.org/
【Facebook】 http://www.facebook.com/kaseikenorg
メルマガの登録解除、イベント告知依頼などは以下のページからお願いします。
https://www.kaseiken.org/活動/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-12-28  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。