自然科学一般

Science Communication News

※Science Communication Newsは科学技術政策や科学技術コミュニケーションの動向を
ウォッチするメールマガジンで、毎週月曜配信されます。
※詳しくは以下のサイトをごらんください。
http://sci-support.org/?page_id=27

全て表示する >

[SciCom News] No.691 2016年12月5日号 essential vol.1

2016/12/06

※Science Communication Newsは科学技術政策や科学技術コミュニケーションの動向を
ウォッチするメールマガジンで、毎週1回程度配信されます。
※詳しくは以下のサイトをごらんください。
http://sci-support.org/%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%82%AC%E3%82%B8%E3%83%B3%EF%BC%88%E6%AF%8E%E9%80%B1%E6%9C%88%E6%9B%9C%E7%99%BA%E8%A1%8C%EF%BC%89/

※購読の登録、解除も上記サイトよりお願いします。こちらで代行はいたしませんので
※ご了承ください。

※以下でも随時情報を提供しています。
はてなブックマーク http://b.hatena.ne.jp/scicom/
twitter http://twitter.com/enodon
科学技術政策クリップ http://d.hatena.ne.jp/scicom/
Yahoo!ニュース個人 http://bylines.news.yahoo.co.jp/enokieisuke/

★発行部数 3,207部(12月6日現在) まぐまぐ 2,721+melma!486
----------------------------------------------------------------
     ◆◇◆  Science Communication News ◆◇◆
      No.691 2016年12月5日号 essential vol.1
-----------------------------------------------------------------
*[SciCom News][巻頭言] 研究不正は警察が捜査?「ポスト真実」時代の科学者
2016年11月28日〜12月5日

 最近発行が遅れ気味ですが、12月5日号発行します。

 まずはこれから。

★研究ネカト飲酒運転説
http://haklak.com/page_Drunk_driving_theory.html

研究ネカトは警察が捜査せよ!
http://haklak.com/page_FFP_crime.html

 個人で研究不正(研究ネカト)のアーカイブを作製している白楽ロックビル氏。もはや科学者コミュニティの自浄作用には期待できないということでしょうか。

 おりしも11月29日、「科学研究のよりよき発展と倫理の確立を目指して」をテーマに、「学術研究フォーラム 第8回学術シンポジウム」が大阪で開催され、私も出席しました。

 医学部を中心とする研究者の研究不正が話題になりました。

 なかなか進まない対策。繰り返される研究不正、握りつぶされる告発…

 研究機関に任せた現在の対応では対応は無理、というのは理解できます。何らかの強制力を持った機関が調査することが必要のように思います。

 研究不正告発を個人が行ったらどうなるのか。

 PubPeerというサイトがあります。白楽氏によるPubPeerの解説
http://haklak.com/page_PubPeer.html

によれば「学術雑誌に掲載された論文を匿名で議論(含・研究ネカトの指摘)する世界で最強のサイト」です。

 このPubPeerが訴訟に巻き込まれています。

★PubPeer Loses Battle, Hopes to Win War on Anonymous Comments
http://www.the-scientist.com/?articles.view/articleNo/47654/title/PubPeer-Loses-Battle--Hopes-to-Win-War-on-Anonymous-Comments/

Full Sarkar Investigation Report Won’t Enter Appeals Court Case
http://www.the-scientist.com/?articles.view/articleNo/47645/title/Full-Sarkar-Investigation-Report-Won-t-Enter-Appeals-Court-Case/

 訴訟のいきさつは白楽氏のページに書かれています。

>>
パブピアは匿名で行なうが、匿名が徹底している。仮名やハンドル名も使えない。

2012年10月に開始し、運営者は最初は匿名だった。しかし、約3年後の2015年8月、代表者1人が身元を開示した。

大きなきっかけは、2014年10月、癌研究者のフォジュルル・サルカール(Fazlul Sarkar)が、パブピアのコメンテーターの身元開示を、法的に訴えたのからだ。2015年3月5日、結局、裁判所は匿名を維持することを認めたが、もっと強力な訴訟が起こされるかもしれない(Judge rules most of PubPeer’s commenters can remain anonymous - Retraction Watch at Retraction Watch)。

裁判で勝訴したのに、その5か月後、身元を開示した。
<<

 警察という公が必要なのか。科学コミュニティの自浄作用、匿名サイト、研究不正に立ち向かうためにどうすればよいでしょうか。

★How to trump group-think in a post-truth world
When opinions are symbols of belonging, our brains work overtime to keep us believing, says Dan Kahan.
http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2016.21056

Post-truth: a guide for the perplexed
If politicians can lie without condemnation, what are scientists to do? Kathleen Higgins offers some explanation.
http://www.nature.com/doifinder/10.1038/540009a

 「ポスト真実」は今年の言葉としてイギリスのオックスフォード辞典に掲載された言葉です。

「客観的事実よりも感情的な訴えかけの方が世論形成に大きく影響する状況を示す形容詞」という意味とのこと。

「ポスト真実」が今年の言葉 英オックスフォード辞書
http://www.bbc.com/japanese/38009790

 地球温暖化を疑問視するトランプ次期米国大統領などが思い浮かびます。客観的事実を重視する科学者にとって厳しい時代です。どう対峙すべきでしょうか。

★「産学官連携による共同研究強化のためのガイドライン」を策定しました
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/28/12/1380114.htm
http://www.meti.go.jp/press/2016/11/20161130001/20161130001.html

★産学連携加速「研究者は企業にも籍を」 政府が指針公表
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDF30H0H_Q6A131C1PP8000/

研究資金は人件費込みで 経産・文科省、産学連携で起業に指針
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDF29H0X_Z21C16A1EE8000/

>>
我が国での産学官連携の推進方策については、これまで20 年以上にわたって議論されてきてお
り、大学等技術移転促進法(TLO 法)の制定や日本版バイ・ドール制度の導入といった環境整備
や、先進的な個別の産学官連携事業への支援等を通じて、一定の成果をあげてきた。しかしなが
ら、これまでの我が国の産学官連携での共同研究においては、大学の教員と企業の研究者との個
人的な関係を基盤として実施され、極めて小規模な費用に留まることが多い。
<<

 などという問題意識のもと、「2025 年度までに大学・国立研究開発法人に対する企業の投資額を 3 倍とする」ために作られたとのこと。

 大学等の研究現場がこれで変わっていくでしょうか。

 その他記事ピックアップ。

★それでも研究者の皆様へ
http://www.taro.org/2016/12/%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%81%A7%E3%82%82%E7%A0%94%E7%A9%B6%E8%80%85%E3%81%AE%E7%9A%86%E6%A7%98%E3%81%B8.php

 河野太郎議員が継続的に動いています。

★第4回全国イノベーション調査統計報告[NISTEP REPORT No.170]の公表について
http://www.nistep.go.jp/archives/30557

★日本の科学研究力の現状と課題[NISTEPブックレット1]の改訂版(ver.4)の公表について
http://www.nistep.go.jp/archives/30373

 科学技術・学術政策研究所のこうした資料は非常に重要だと思いますが、研究者の間での知名度が低そうな印象です。

★第10回日英科学技術協力合同委員会 共同プレスリリース
http://www.mofa.go.jp/mofaj/dns/isc/page22_002749.html

★総合政策特別委員会(第14回) 議事録
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu22/gijiroku/1379988.htm

★学術分科会(第64回) 配付資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu4/siryo/1379435.htm

議題

学術研究の最近の状況について
「第5期科学技術基本計画」及び「学術研究の総合的な推進方策について(最終報告)」の推進について
学術研究における研究力強化について

★『大学ブランド・イメージ調査』は仕事を持っている方、中学生以上の子を持つ父母、教育機関従事者による、大学ブランド力の通信簿/評価指標
http://www.nikkeimm.co.jp/education/brand/

★Post-publication criticism is crucial, but should be constructive
In an era of online discussion, debate must remain nuanced and courteous.
http://www.nature.com/doifinder/10.1038/540007b

★Latin America struggles to absorb PhD students
A weak position in the latest G20 innovation report is linked with low uptake of doctoral researchers, minister says.
http://www.scidev.net/global/education/news/latin-america-phd-students-G20.html

★Leave no child behind: Moving the agenda forward
Progress has been made protecting children around the world, but how can we continue this trend, as well as assess children under the radar?
http://www.scidev.net/global/children/data-visualisation/child-wellbeing-sdgs-cifar.html

★Academia must resist political confirmation bias
It is crucial to fight discrimination in all its forms, but it is unhelpful to exclude conservative voices from debate.
http://www.nature.com/doifinder/10.1038/540007a

★Battle over US overtime pay rules leaves many postdocs in limbo
Institutions struggle to respond after court blocks regulations that would have increased wages for junior researchers.
http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2016.21084

★Big biology projects warm up to preprints
Consortium backed by US National Institutes of Health is first major biology programme to mandate online publication of results ahead of peer review.
http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2016.21074

★NIH says it will raise postdoc salaries, despite threats to overtime rule
http://www.sciencemag.org/news/2016/11/nih-says-it-will-raise-postdoc-salaries-despite-threats-overtime-rule

★2016.11.29【ニュース・イギリス】各国の研究大学連合がTokyo Statementに調印
http://www-overseas-news.jsps.go.jp/%E3%80%90%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%80%91%E5%90%84%E5%9B%BD%E3%81%AE%E7%A0%94%E7%A9%B6%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E9%80%A3%E5%90%88%E3%81%8Ctokyo-state/

 すみません。ノーマークでしたRU11が関わっています。

RU11がTokyo Statementに調印
http://www.ru11.jp/blog/2016/11/08/tokyo-statement/

RU11がShanghai Statementに調印
http://www.ru11.jp/blog/2016/11/08/shanghai-statement/

★人工知能(AI)を活用した統合的がん医療システム 開発プロジェクト開始
2016年11月29日
国立研究開発法人 国立がん研究センター
株式会社 Preferred Networks
国立研究開発法人 産業技術総合研究所
http://www.ncc.go.jp/jp/information/press_release_20161129.html

がんの個人別最適治療にAI活用 国立がん研究センターが開発開始
http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2016/11/20161130_01.html

国がん・PFN・産総研、AIを活用したがん医療システムを開発へ
http://news.mynavi.jp/news/2016/11/29/317/

★新元素名は「ニホニウム」に正式決定 国際学会
http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2016/12/20161201_02.html

★Black-hole fireworks win big in multimillion-dollar science prizes
http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2016.21087

Breakthrough Prizes for Life Scientists
http://www.the-scientist.com/?articles.view/articleNo/47658/title/Breakthrough-Prizes-for-Life-Scientists/

大隅栄誉教授をブレークスルー賞 米、オートファジーを評価
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016120501001498.html

 今週はノーベルウィークです。大隅博士が受賞講演でどのような発言をするか注目です。

★捕食ジャーナル - 倫理学分野にすら登場
https://www.enago.jp/academy/predatory_journals_beallslist/

その他
*[SciCom News][東日本震災][災害]【震災関連】2016年11月28日〜12月5日

復興庁
http://www.reconstruction.go.jp/

地震調査研究推進本部
http://www.jishin.go.jp/

内閣府防災情報
http://www.bousai.go.jp/index.html

災害情報一覧
http://www.bousai.go.jp/updates/index.html

気象庁
http://www.jma.go.jp/jma/index.html

●1847年「越後高田地震なかった」 古文書の日付取り違え 
京大研が指摘
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG03H4E_T01C16A2000000/

【原発事故】
東京電力
http://www.tepco.co.jp/index-j.html

●<福島第1>廃炉・賠償20兆円超に 想定の倍
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201611/20161128_63045.html

●福島原発事故の賠償に新電力も3兆円分共同負担へ 不利な状況続く事業者
http://www.sankei.com/politics/news/161204/plt1612040007-n1.html

●原発避難の小4に担任が「菌」発言 いじめ相談の5日後
http://digital.asahi.com/articles/ASJD15GQMJD1UOHB011.html

●「菌」発言の担任、児童に直接謝罪へ 校長が意向示す
http://digital.asahi.com/articles/ASJD236MMJD2UOHB002.html

●NHK報道 「 原発事故と向き合う高校生 」への疑問: あるいはリスク・コミュニケーション教育はどうあるべきか、について
http://blog.talktank.net/2016/12/nhk_1.html

●<東北大>廃炉支援 研究センター設置
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201612/20161203_13004.html

●福島第1 3号機で注水ポンプ停止 「人為的ミス」東電 
http://mainichi.jp/articles/20161205/k00/00e/040/207000c

●作業員、ひじぶつけポンプ停止…福島第一3号機 
http://www.yomiuri.co.jp/science/20161205-OYT1T50050.html

●福島第1、冷却水ポンプ停止 一時注水できず
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG05H2T_V01C16A2CR0000/

●「甲状腺がん子ども基金」12月から申請受け付け
http://digital.asahi.com/articles/ASJCX31YKJCXUGTB001.html

●3・11甲状腺がん子ども基金 15都県25歳以下に療養費
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201611/CK2016112802000227.html

●ロボコン
福島廃炉へ初 最優秀賞、大阪府立大高専 優秀賞、奈良高専
http://mainichi.jp/articles/20161204/ddn/041/040/012000c

●廃炉へ作業試験公開=福島
http://www.jiji.com/jc/p?id=20161129152235-0022825860

【原子力、核】
●原子力規制委員会
http://www.nsr.go.jp/

●【10万年後の安全−「信頼」と「責任」の意味(1)】
フィンランドはなぜ核のごみ処分を「決断」できたのか
http://www.sankei.com/life/news/161129/lif1611290002-n1.html

●高速炉
もんじゅ代替開発 工程表、18年めど 政府骨子案
http://mainichi.jp/articles/20161130/dde/007/040/032000c

●もんじゅ後継炉、開発推進へ 政府、10年で基本設計
http://digital.asahi.com/articles/ASJCZ2V16JCZULFA002.html

●もんじゅの扱い、年内決定と説明 文科省、福井副知事に
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO10134580Q6A131C1LB0000/

●もんじゅ、10年間は技術研究利用…解体と並行
http://www.yomiuri.co.jp/science/20161128-OYT1T50171.html

2016年11月28日〜12月5日のニュース

【総合科学技術・イノベーション会議・科学技術政策】
★第10回日英科学技術協力合同委員会 共同プレスリリース
http://www.mofa.go.jp/mofaj/dns/isc/page22_002749.html

●内閣府特命担当大臣(科学技術政策)談話(113番元素名「nihonium(ニホニウム)」について)
http://www8.cao.go.jp/cstp/kaisaiannai/20161130danwa.pdf

【政府】
●総理の一日平成28年12月5日 教育再生実行会議
http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/actions/201612/05kyouiku.html

第39回 教育再生実行会議 配布資料
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kyouikusaisei/dai39/siryou.html

資料1「学校・家庭・地域の教育力を機能させる仕組み作り〜学校プラットフォームの実現に向けて〜」
(山野則子 大阪府立大学教授提出資料)
資料2第38回教育再生実行会議における主なご意見
〜「学校・家庭・地域の役割分担と教育力の充実」関係〜
参考資料1自由民主党 教育再生実行本部 第七次提言(平成28年11月30日)
有識者提出資料

●総理の一日平成28年11月29日 働き方改革実現会議
http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/actions/201611/29hatarakikata.html

第4回 働き方改革実現会議
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/hatarakikata/dai4/gijisidai.html

議 事 次 第

本日の議題
同一労働同一賃金などの非正規雇用の処遇改善

●総理の一日平成28年11月29日 農林水産業・地域の活力創造本部
http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/actions/201611/29nourin.html

農業競争力強化プログラム決定
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/nousui/

【文部科学省】
★「産学官連携による共同研究強化のためのガイドライン」を策定しました
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/28/12/1380114.htm

●デジタル教科書「積極利用を」 文科省会議
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG30HEB_Q6A131C1CR8000/

●第4回産学官連携深化ワーキンググループ 議事要旨
http://www.mext.go.jp/a_menu/kagaku/taiwa/1379857.htm

●公立学校施設における木材の利用状況(平成27年度)
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyosei/mokuzai/1379542.htm

●113番元素「ニホニウム」の命名決定について【文部科学大臣談話】(平成28年11月30日)
http://www.mext.go.jp/b_menu/daijin/detail/1380059.htm

●「山・鉾・屋台行事」のユネスコ無形文化遺産登録(代表一覧表記載)について[文部科学大臣談話](平成28年12月1日)
http://www.mext.go.jp/b_menu/daijin/detail/1380111.htm

●平成29年度官民協働海外留学支援制度〜トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム〜第7期派遣留学生(後期)の募集について
http://www.mext.go.jp/a_menu/kokusai/tobitate/1380057.htm

★科学技術・学術政策研究所「第4回全国イノベーション調査統計報告」の公表について
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/28/12/1380031.htm

●東北地方における医学部設置に係る構想審査会(第8回)議事録
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/iryou/1380115.htm

審議会 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/main_b5.htm
●これからの専修学校教育の振興のあり方検討会議(第5回) 議事録
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shougai/034/gijiroku/1379864.htm

●学校におけるICT環境整備の在り方に関する有識者会議(第1回) 配付資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shougai/037/shiryo/1379911.htm

●核融合科学技術委員会(第8回) 配付資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu2/074/shiryo/1379735.htm

●核融合科学技術委員会 原型炉開発総合戦略タスクフォース(第10回) 議事録
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu2/078/gijiroku/1379916.htm

●歯学教育の改善・充実に関する調査研究協力者会議(第18回) 議事要旨
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/koutou/035/gijiroku/1379837.htm

●歯学教育の改善・充実に関する調査研究協力者会議(第18回) 配付資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/koutou/035/gijiroku/1379947.htm

●大学分科会(第131回) 配付資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/siryo/1379805.htm

★総合政策特別委員会(第14回) 議事録
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu22/gijiroku/1379988.htm

●先端研究基盤部会(第16回)・研究設備共用プラットフォーム委員会(第5回)合同会議 配付資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu17/siryo/1380053.htm

●第8期 環境エネルギー科学技術委員会(第7回) 議事録
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu2/075/gijiroku/1380018.htm

●第8期 環境エネルギー科学技術委員会(第7回) 配付資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu2/075/shiryo/1379909.htm

●薬学生の実務実習、4段階評価の指標を提案−文科省連絡会議WG、病院・薬局で活用促す
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/50109.html

★学術分科会(第64回) 配付資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu4/siryo/1379435.htm

議題

学術研究の最近の状況について
「第5期科学技術基本計画」及び「学術研究の総合的な推進方策について(最終報告)」の推進について
学術研究における研究力強化について

●「デジタル教科書」の位置付けに関する検討会議(第9回) 議事録
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/110/gijiroku/1380091.htm

●「デジタル教科書」の位置付けに関する検討会議(第10回) 配付資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/110/shiryo/1380109.htm

【科学技術・学術政策研究所】http://www.nistep.go.jp/top-j.html
●講演会(ホライゾンセミナー)「データの”再”利用を再考する-オープンデータの幅広い利活用の可能性と実践」(12月21日)開催の御案内
http://www.nistep.go.jp/archives/30720

★第4回全国イノベーション調査統計報告[NISTEP REPORT No.170]の公表について
http://www.nistep.go.jp/archives/30557

★日本の科学研究力の現状と課題[NISTEPブックレット1]の改訂版(ver.4)の公表について
http://www.nistep.go.jp/archives/30373

【日本学術振興会】http://www.jsps.go.jp/
●基盤研究(S)
平成28年度 研究進捗評価について
http://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/12_kiban/cg_hyouka28.html

●「私と科研費」 No.94(平成28年12月発行)
出口 利定
東京学芸大学 学長 
http://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/29_essay/no94.html

【科学技術振興機構】http://www.jst.go.jp/
●戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発)「科学技術イノベーション政策のための科学 研究開発プログラム」平成28年度新規プロジェクトの決定について
http://www.jst.go.jp/pr/info/info1230/index.html

●「第4回 科学の甲子園ジュニア全国大会」 群馬県代表チームが優勝
http://www.jst.go.jp/pr/info/info1229/index.html

●国際科学技術協力基盤整備事業「科学技術外交の展開に資する国際政策対話の促進」平成28年度採択課題の決定について
http://www.jst.go.jp/pr/info/info1228/index.html

●皇太子さまが対話型アンドロイド「ERICA」をご視察
http://www.jst.go.jp/report/2016/161128.html

●JST news 2016年12月号
http://www.jst.go.jp/pr/jst-news/index.html

革新的触媒をつくる 〜若き研究者たちの挑戦〜

●情報管理 2016年12月号 Vol.59 No.9ONLINE ISSN: 1347-1597
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/johokanri/-char/ja/

視点 シチズンサイエンス:相互監視それとも共進化? 
https://www.jstage.jst.go.jp/article/johokanri/59/9/59_629/_article/-char/ja/

日本の電子出版30年の軌跡:電子辞書・電子書籍の黎明期から現在まで
https://www.jstage.jst.go.jp/article/johokanri/59/9/59_587/_article/-char/ja/

【経済産業省】 http://www.meti.go.jp/
★「産学官連携による共同研究強化のためのガイドライン」を策定しました
http://www.meti.go.jp/press/2016/11/20161130001/20161130001.html

●広報誌「METI Journal」12・1月号を発行しました 〜特集は“ものづくりの世界が変わる!バイオテクノロジー新時代”〜
http://www.meti.go.jp/press/2016/12/20161201002/20161201002.html

●World Robot Summitの開催形式及び競技種目を決定しました
http://www.meti.go.jp/press/2016/12/20161202001/20161202001.html

●2025年国際博覧会検討会を設置します
http://www.meti.go.jp/press/2016/12/20161202004/20161202004.html

万博検討会委員にiPS山中氏 経産省起用へ
http://www.asahi.com/articles/ASJD15WJGJD1PTIL022.html

【厚生労働省】 http://www.mhlw.go.jp/
●医師の勤務実態などで約10万人を調査へ−厚労省、ビジョン策定に反映
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/50086.html

●結核治療、一般病院を加え体制強化へ−厚労省が予防指針改正、地域連携を重視
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/50074.html

●医療と介護の連携強化へ方針改正案
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/161129/mca1611290500008-n1.htm

●厚労省が医療保険制度改革案を提示 75歳以上の後期高齢医療の保険料軽減を廃止へ
http://www.sankei.com/life/news/161130/lif1611300048-n1.html

●指定薬物を含有する危険ドラッグの発見について
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000144850.html

●科学審議会 再生医療等評価部会 遺伝子治療等臨床研究における個人情報の取扱いの在り方に関する専門委員会(第8回医学研究等における個人情報の取扱い等に関する合同会議 配布資料)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000144875.html

●厚生科学審議会 科学技術部会 医学研究における個人情報の取扱いの在り方に関する専門委員会(第8回医学研究等における個人情報の取扱い等に関する合同会議 配布資料)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000144864.html

●年末年始の海外旅行では感染症に注意しましょう海外で気を付ける感染症情報をホームページで提供
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000144690.html

●「麻しんについて」webページをリリースしました
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/measles/index.html

●第20回シックハウス(室内空気汚染)問題に関する検討会 議事録(2016年10月26日)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000144315.html

●歯科医師の資質向上等に関する検討会(第3回)資料
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000144263.html

●第10回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会 議事録(2016年10月31日)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000144264.html

【農林水産省】 http://www.maff.go.jp/index.html
●青森県で確認された高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の遺伝子解析及び高病原性鳥インフルエンザウイルスのNA亜型の確定について
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/161205_4.html

●青森県において新たに確認された鳥インフルエンザのHA亜型の確定について
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/161202_7.html

●新潟県上越市で確認された高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の遺伝子解析及び高病原性鳥インフルエンザウイルスのNA亜型の確定について
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/161202.html

●青森県及び新潟県関川村で確認された高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の遺伝子解析及び高病原性鳥インフルエンザウイルスのNA亜型の確定について
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/161201.html

●新潟県上越市における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認について
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/161130_7.html

●新潟県における高病原性鳥インフルエンザが疑われる事例の確認及び「農林水産省鳥インフルエンザ防疫対策本部」の開催について
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/161130_6.html

●新潟県における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認について
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/161129.html

●「南東大西洋漁業機関(SEAFO)第13回 年次会合」の結果について
http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kokusai/161205.html

●「中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)第13回年次会合」の開催について
http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kokusai/161202.html

●国連生物多様性の10年「グリーンウェイブ2016」の実施結果について
http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/sin_riyou/161201.html

●太平洋クロマグロ小型魚の漁獲に係る日本海西部ブロックへの注意報の発出について
http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kanri/161129.html

【環境省、環境、エネルギー】
IPCC
http://www.ipcc.ch/

★COP22 Marrakech 2016
http://www.cop22-morocco.com/

★外務省 気候変動
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kankyo/kiko/index.html

●[FT]温暖化対策、前向く中国 米新政権にらむ
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO10266390T01C16A2TZN000/

●持続可能な地球へ 温暖化ストップ、正念場
http://www.nikkei.com/article/DGXKZO10114480Q6A131C1M22100/

●Four routes to better maritime governance
Challenges in preventing pollution from ballast water highlight reforms needed in global shipping regulation, write Zheng Wan and colleagues.
http://www.nature.com/doifinder/10.1038/540027a

【環境省】
●国連生物多様性の10年「グリーンウェイブ2016」の実施結果について
http://www.env.go.jp/press/103281.html

●野鳥の高病原性鳥インフルエンザウイルス保有状況調査(定期糞便調査)の結果について(平成28年10月分)
http://www.env.go.jp/press/103278.html

●平成27年度海洋環境モニタリング調査結果について
http://www.env.go.jp/press/103288.html

●環境省広報誌「エコジン」12・1月号発行!
〜巻頭インタビューは、シンガーソングライターのイルカさん〜
http://www.env.go.jp/press/103296.html

●中央環境審議会循環型社会部会特定有害廃棄物等の輸出入等の規制の在り方に関する専門委員会、産業構造審議会産業技術環境分科会廃棄物・リサイクル小委員会有害廃棄物等越境移動ワーキンググループ合同会議(第2回)
http://www.env.go.jp/press/103301.html

●気候変動適応情報プラットフォームポータルサイトに「事業者の適応取組事例」を追加しました。更なる適応取組事例を広く募集します
http://www.env.go.jp/press/103290.html

●平成28年度「二国間クレジット制度資金支援事業のうち設備補助事業」の二次公募における第三回採択が決定しました
http://www.env.go.jp/press/103286.html

●第10回日本・モンゴル環境政策対話の結果について
http://www.env.go.jp/press/103148.html

●「水質汚濁に係る農薬登録保留基準値(案)」に対する意見の募集(パブリックコメント)について
http://www.env.go.jp/press/103325.html

●「水産動植物の被害防止に係る農薬登録保留基準値(案)」に対する意見の募集(パブリックコメント)について
http://www.env.go.jp/press/103326.html

【宇宙】
宇宙政策
http://www8.cao.go.jp/space/index.html
JAXA
http://www.jaxa.jp/index_j.html

●「5分間1400万円」の宇宙旅行は実現するのか
HISとANAがそろって出資を決めた理由
http://toyokeizai.net/articles/-/147737

●シャープとJAXA、宇宙で太陽電池の実証実験 9日打ち上げ、発電や耐久性調べる
http://www.sankei.com/economy/news/161202/ecn1612020030-n1.html

●松井孝典氏「地球似の惑星に探査機、生命探す突破口」
http://www.nikkei.com/article/DGXKZO10114810Q6A131C1M21900/

【地域】
●「山・鉾・屋台」無形遺産へ審査 ユネスコ委員会が開幕
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG28HEI_Y6A121C1CR8000/

【政党】
日本共産党
●交付金削減許さず増額を
国大協と党国会議員が懇談
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-12-03/2016120304_01_1.html

【国家プロジェクトなど】

【産学民の動向】
★「産学官連携による共同研究強化のためのガイドライン」を策定しました
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/28/12/1380114.htm
http://www.meti.go.jp/press/2016/11/20161130001/20161130001.html

★産学連携加速「研究者は企業にも籍を」 政府が指針公表
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDF30H0H_Q6A131C1PP8000/

研究資金は人件費込みで 経産・文科省、産学連携で起業に指針
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDF29H0X_Z21C16A1EE8000/

★『大学ブランド・イメージ調査』は仕事を持っている方、中学生以上の子を持つ父母、教育機関従事者による、大学ブランド力の通信簿/評価指標
http://www.nikkeimm.co.jp/education/brand/

●新テスト「長文記述は不要」 国大協入試委、文科省案に異論
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO10188730R01C16A2CR8000/

●<東北大>廃炉支援 研究センター設置
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201612/20161203_13004.html

●福島)福島大が食農学類設置へ 19年度開学予定
http://www.asahi.com/articles/ASJCT4Q6SJCTUGTB00L.html

●「科研費」12年間連続で首位、一橋大が考える社会科学の未来
蓼沼宏一学長に聞く「来年度から他学部科目を必修化する。」
https://newswitch.jp/p/6997

●横浜市大、ビッグデータ解析・活用の新学部 18年4月開設へ
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO10126320Q6A131C1L82000/

●産学連携へ、神戸大の研究や技術紹介 神戸
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201611/0009706273.shtml

【知財】
●WIPO、新OA方針を採用
http://jipsti.jst.go.jp/johokanri/sti_updates/?id=9177

●知財活用アイデア大会 中小企業は第2創業に学生の知恵を
http://www.sankeibiz.jp/business/news/161205/bsl1612050500004-n1.htm

【日本学術会議】
http://www.scj.go.jp/

【日本経団連】
●『週刊 経団連タイムス』 (12月1日発行 No.3295)
http://www.keidanren.or.jp/journal/times/2016/#d20161201

 o 人工知能に関する施策動向をめぐり意見交換
   −人工知能技術戦略会議の安西議長、久間顧問が講演/未来産業・技術委員会
 o 提言「外国人材受入促進に向けた基本的考え方」を公表
 o 電力システム改革の論点について聞く
   −資源・エネルギー対策委員会企画部会
 o 産業保安のスマート化に向けた政府や産業界の取り組みを聞く
   −環境安全委員会安全部会
 o 「人工知能の現在と将来、それは産業・社会の何を変えるか」
   −21世紀政策研究所第121回シンポジウム

【科学と社会】
●デジタル教科書「積極利用を」 文科省会議
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG30HEB_Q6A131C1CR8000/

●小中学生の理数学力、過去最高 国際テスト
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG25H2X_Z21C16A1CR8000/

●学力底上げ奏功 記述問題やっぱり苦手意識
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG25H2V_Z21C16A1CR8000/

●科学の甲子園ジュニア大会は群馬県チームが優勝
http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2016/12/20161205_01.html

●福井で満天の星空演出 プラネタリウムで解説 五藤光学研究所スタッフ 鈴木裕司さん
http://www.nikkei.com/paper/article/?ng=DGKKZO10080390Z21C16A1MLB000

●教えて!白川英樹先生 坂井で科学教室
http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20161205/CK2016120502000046.html

●科学・プログラムで子供向け教室、惑わされぬ知識の力を スペースタイム社長 中村景子さん
http://www.nikkei.com/paper/article/?ng=DGKKZO10231460S6A201C1L41000

●小惑星に新科学館名 高知の天文家
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO10238090S6A201C1LA0000/

●「大炎上男」が「1錠9万円」に釣り上げたHIV薬、オーストラリアの高校生が約230円で作り出すことに成功
成果はオープンソース化
http://japanese.engadget.com/2016/12/02/1-9-hiv-230/

●PubMed Commonsの利用状況(記事紹介)
http://jipsti.jst.go.jp/johokanri/sti_updates/?id=9188

●Clarivate Analytics、被引用数の高い研究者2016を公表
http://jipsti.jst.go.jp/johokanri/sti_updates/?id=9186

●Clarivate Analyticsと中国科学院、科学研究における先端領域をまとめた共同リポートを公開
http://jipsti.jst.go.jp/johokanri/sti_updates/?id=9185

★Post-publication criticism is crucial, but should be constructive
In an era of online discussion, debate must remain nuanced and courteous.
http://www.nature.com/doifinder/10.1038/540007b

*[研究事件簿]2016年11月28日〜12月5日
●懲戒解雇
取り消し、富大と元准教授が和解
http://mainichi.jp/articles/20161130/ddl/k16/040/289000c

富山大元准教授、懲戒解雇処分変更で大学と和解
http://www.yomiuri.co.jp/national/20161202-OYT1T50076.html

元准教授と大学和解、懲戒解雇を出勤停止に変更
http://www.yomiuri.co.jp/national/20161130-OYT1T50037.html

●広がる「軍学共同」、背景に研究費削減 滋賀のケースに警鐘も
http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20161204000056

●講師へセクハラ、賠償判決…流経大側と学生に
http://www.yomiuri.co.jp/national/20161203-OYT1T50085.html

●阪大汚職、贈賄側企業以外にも現金要求
http://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20161202-OYO1T50002.html

●シリーズ: 降圧剤論文問題と研究不正
「ずさんな試験の責任は研究者らが負うべき」、白橋被告側弁護士
検察側、懲役2年6月、罰金400万円を求刑
https://www.m3.com/news/iryoishin/480962

●医学研究の倫理指針見直しは「評価できる」−日医と日本医学会が見解
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/50105.html

●短大元講師の雇い止め不当 2年分未払い賃金支払い確定
http://www.asahi.com/articles/ASJD14SLJJD1UTIL014.html

●防衛省ネットにサイバー攻撃…医大PC入り口に
http://www.yomiuri.co.jp/national/20161128-OYT1T50086.html

★捕食ジャーナル - 倫理学分野にすら登場
https://www.enago.jp/academy/predatory_journals_beallslist/

★研究ネカト飲酒運転説
http://haklak.com/page_Drunk_driving_theory.html

研究ネカトは警察が捜査せよ!
http://haklak.com/page_FFP_crime.html

★PubPeer Loses Battle, Hopes to Win War on Anonymous Comments
http://www.the-scientist.com/?articles.view/articleNo/47654/title/PubPeer-Loses-Battle--Hopes-to-Win-War-on-Anonymous-Comments/

Full Sarkar Investigation Report Won’t Enter Appeals Court Case
http://www.the-scientist.com/?articles.view/articleNo/47645/title/Full-Sarkar-Investigation-Report-Won-t-Enter-Appeals-Court-Case/

●Stat-checking software stirs up psychology
Researchers debate whether using a program to automatically detect inconsistencies in papers improves the literature, or raises false alarms.
http://www.nature.com/doifinder/10.1038/540151a

●Misconduct allegations fly in spat over paper on microplastics and fish larvae
http://www.sciencemag.org/news/2016/12/misconduct-allegations-fly-spat-over-paper-microplastics-and-fish-larvae

●Scientists Can’t Replicate Gene-Editing Method
http://www.the-scientist.com/?articles.view/articleNo/47565/title/Scientists-Can-t-Replicate-Gene-Editing-Method/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
"Science Communication News"
[SciCom News] No.691 2016年12月5日号  essential vol.1
【発行者】榎木英介(サイエンス・サポート・アソシエーション代表)
【編集者】Science Communication News編集部
【E-Mail】 enodon@sci-support.org
【Web Site】 http://sci-support.org/
【Facebook】 http://www.facebook.com/SSAJapan
メルマガの登録解除、イベント告知依頼などは以下のページからお願いします。
http://sci-support.org/%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%82%AC%E3%82%B8%E3%83%B3%EF%BC%88%E6%AF%8E%E9%80%B1%E6%9C%88%E6%9B%9C%E7%99%BA%E8%A1%8C%EF%BC%89/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-12-28  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。