自然科学一般

Science Communication News

※Science Communication Newsは科学技術政策や科学技術コミュニケーションの動向を
ウォッチするメールマガジンで、毎週月曜配信されます。
※詳しくは以下のサイトをごらんください。
http://sci-support.org/?page_id=27

全て表示する >

[SciCom News] No.590 2014年12月30日号 essential vol.1

2014/12/30

※Science Communication Newsは科学技術政策や科学技術コミュニケーションの動向を
ウォッチするメールマガジンで、毎週1回程度配信されます。
※詳しくは以下のサイトをごらんください。
http://sci-support.org/%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%82%AC%E3%82%B8%E3%83%B3%EF%BC%88%E6%AF%8E%E9%80%B1%E6%9C%88%E6%9B%9C%E7%99%BA%E8%A1%8C%EF%BC%89/

※購読の登録、解除も上記サイトよりお願いします。こちらで代行はいたしませんので
※ご了承ください。

※以下でも随時情報を提供しています。
はてなブックマーク http://b.hatena.ne.jp/scicom/
twitter http://twitter.com/enodon
科学技術政策クリップ http://d.hatena.ne.jp/scicom/

★発行部数 3,225部(12月30日現在) まぐまぐ 2,757+melma!468
----------------------------------------------------------------
     ◆◇◆  Science Communication News ◆◇◆
        No.590 2014年12月30日号 essential vol.1
-----------------------------------------------------------------
【広告】
文春新書
?と絶望の生命科学
榎木英介
定価:本体800円+税
http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784166609864
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4166609866?tag=sciencepolicy-22

発売中です。また、

2015年の論点100(文藝春秋社)
http://www.bunshun.co.jp/mag/extra/ronten/

に榎木が寄稿しました。

*[SciCom News][巻頭言] ポスドクの数、J-ADNI、東大加藤研、「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」の制定

今年最後のメルマガです。一年ご愛読御礼申し上げます。

STAP細胞の件に揺れた一年でした。図らずも私(榎木)も取材を多数受け、著書まで
刊行することになり、忘れられない年になりました。

しかし、科学ニュースはこれだけではありません。負の側面もあわせた科学のあり方
について考えていく活動は、今後も変わらず続けていきたいと思っています。

今週のニュースピックアップです。

★「ポストドクター等の雇用・進路に関する調査 −大学・公的研究機関への全数調
査(2012年度実績)−」 調査資料-232の結果公表について
http://www.nistep.go.jp/archives/19681

重要資料。数を把握することは重要です。

★記者会見「東京大学分子細胞生物学研究所・旧加藤研究室における論文不正に関す
る調査報告( 最終 )」の実施について
http://www.u-tokyo.ac.jp/public/public01_261226_j.html

STAP細胞の影にかくれましたが、悪質かつ大規模な事件です。

★「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」の制定について
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/26/12/1354186.htm

★「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」を制定しました
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000069222.html

★J-ADNI研究に関する第三者調査委員会調査報告書について
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000069606.html

★J−ADNI研究に関する第三者調査委員会の調査報告について
http://www.u-tokyo.ac.jp/ja/news/notices/3454/

★科学技術イノベーション予算戦略会議(第7回) 議事次第
http://www8.cao.go.jp/cstp/budget/yosansenryaku/7kai/20141219.html

★新しい時代にふさわしい高大接続の実現に向けた高等学校教育、大学教育、大学入学者
選抜の一体的改革について(答申)(中教審第177号)
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/1354191.htm

大学入試が大きく変わろうとしています。

★総合政策特別委員会(第8回) 配付資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu22/siryo/1353350.htm

資料1 総合政策特別委員会 中間取りまとめ(案)目次  (PDF:255KB)  
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu22/siryo/__icsFiles/afieldfile/2014/12/22/1353350_1.pdf

資料2 中間取りまとめ(案)  (PDF:1127KB)  
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu22/siryo/__icsFiles/afieldfile/2014/12/22/1353350_2.pdf

資料3 総合政策特別委員会の議題について  (PDF:132KB)  
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu22/siryo/__icsFiles/afieldfile/2014/12/22/1353350_3.pdf

★遺伝子治療等臨床研究に関する指針を定める件(案)に関するパブリックコメントの開始について
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000069505.html

★クロスアポイントメント制度の基本的枠組と留意点をとりまとめました
http://www.meti.go.jp/press/2014/12/20141226004/20141226004.html

>>
クロスアポイントメント制度とは、研究者等が大学、公的研究機関、企業の中で、二つ以上の機関に雇用されつつ、一定のエフォート管理の下で、それぞれの機関における役割に応じて研究・開発及び教育に従事することを可能にする制度です。
<<

★オランダ政府、2025年向けた科学政策を記した政策書を公開
http://johokanri.jp/stiupdates/europe/2014/12/010638.html

★ジャーナルに掲載された自分の論文をネット公開してもいい? 友人にメールで送るのは? 論文著者が権利上やっていいこと・ダメなこと
http://www.wiley.co.jp/blog/pse/?p=30591

まぐまぐのメルマガバックナンバー
http://archive.mag2.com/0000116394/index.html

メルマ!のメルマガバックナンバー
http://melma.com/backnumber_106623/

-----------
E.E
http://twitter.com/enodon

researchmap
http://researchmap.jp/enodon

最近はFacebookに書きこむ率が高いです。
https://www.facebook.com/enodon

Google
https://plus.google.com/u/0/106037507954237537783/posts

*[研究事件簿][STAP細胞] 2014年12月22日〜12月29日 捏造確定

STAP細胞論文が虚偽であることが明らかになりました。

●STAP細胞論文に関する調査結果について
http://www.riken.jp/pr/topics/2014/20141226_1/

●「研究不正再発防止をはじめとする高い規範の再生のためのアクションプラン」への取組状況について
http://www.riken.jp/pr/topics/2014/20141226_2/

STAP細胞なるものがES細胞の混入であることは明らかになりましたが、まだ謎は残ります。

誰がどんな動機でこれを行ったのか。

このSTAP細胞の発表と同時間に、東大では加藤茂明元教授の不正問題に関する会見が行われていました。

★記者会見「東京大学分子細胞生物学研究所・旧加藤研究室における論文不正に関する調査報告( 最終 )」の実施について
http://www.u-tokyo.ac.jp/public/public01_261226_j.html

規模などでは明らかにこちらのほうが上なのに、社会的関心はSTAP細胞だったわけです。

STAP細胞の問題を単なる「小保方問題」「理研問題」にとどめず、今後の科学界のあり方を問いなおすきっかけにしなければなりません。

●STAPは「ES細胞の混入」と調査結果発表
http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2014/12/20141226_02.html

●「STAP」はES細胞が混入したもの…理研
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=110161

●「STAP」はES細胞が混入したもの…理研
http://www.yomiuri.co.jp/science/20141226-OYT1T50038.html

●ES細胞混入、残った謎 小保方氏「私は絶対ない」
http://www.asahi.com/articles/ASGDV32YFGDVULBJ005.html

●STAP細胞:理研調査委員会の会見一問一答(1)
http://mainichi.jp/feature/news/m20141226mog00m040011000c.html

●STAP細胞:理研調査委員会の会見一問一答(2)
http://mainichi.jp/feature/news/m20141226mog00m040011000c.html

●STAP細胞:理研の会見一問一答(3)止
http://mainichi.jp/feature/news/20141226mog00m040022000c.html

●理研「STAP細胞はES細胞の混入」 
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141226/k10014301221000.html

●【STAP細胞】 あいまい決着 科学者に重い課題 
http://www.sankei.com/life/news/141226/lif1412260022-n1.html

●正体はES細胞、STAPは「捏造」だった
小保方氏は責任を問われないのか?!
http://toyokeizai.net/articles/-/56886

●STAP細胞:論文すべて否定 小保方氏データ操作 理研調査委
http://mainichi.jp/shimen/news/20141226dde001040098000c.html

●【STAP細胞】「ES細胞混入に由来。誰かが故意に混入した疑いを拭うことができず」 理研調査委員会が発表
http://www.sankei.com/life/news/141226/lif1412260012-n1.html

●【STAP細胞】
混入者は特定できず「調査委の能力と権限の限界」
http://www.sankei.com/life/news/141226/lif1412260013-n1.html

●(STAP論文 調査委報告書)理研記者会見の要旨
http://www.nikkei.com/paper/article/?ng=DGKKZO81410170X21C14A2M10500

●(STAP論文 調査委報告書)ES由来の根拠 遺伝子配列から判断
http://www.nikkei.com/paper/article/?ng=DGKKZO81409890X21C14A2M10500

●STAP、謎残し幕引き 理研は特許取り下げへ
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG26H4D_W4A221C1EA1000/

●ES細胞なぜ理研に STAP報告書、なお核心遠く
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG26H40_W4A221C1I00000/

●STAP細胞を否定、理研調査委 すべてESの可能性
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG26H0W_W4A221C1MM0000/

●STAP細胞:「ES細胞混入」 理研調査委が結論
http://mainichi.jp/shimen/news/m20141226ddm001040194000c.html

●STAP細胞:論文、図表不正も2件 小保方氏が関与 理研調査委認定
http://mainichi.jp/shimen/news/m20141225dde001040081000c.html

●「STAP幹細胞」として用いられたES細胞を特定 東大,東北大など
http://www.nikkei-science.com/?p=45710

●STAPが問うもの(4)ゆがんだ競争、不正生む
http://www.nikkei.com/paper/article/?ng=DGKKZO81223880S4A221C1TJM000

●STAPが問うもの(5)研究倫理どう保つ 識者に聞く
http://www.nikkei.com/paper/article/?ng=DGKKZO81467410Z21C14A2TJM000

●科学技術、偉業と落胆
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO81302800V21C14A2M12500/

●東京大名誉教授 村上陽一郎氏 「真理追究」正当に評価
http://www.nikkei.com/paper/article/?ng=DGKKZO81467460Z21C14A2TJM000

●日本分子生物学会理事長 大隅典子氏 分業進め人材の受け皿
http://www.nikkei.com/paper/article/?ng=DGKKZO81467420Z21C14A2TJM000

●STAP問題「研究者が毒矢刺す」 科学界から厳しい声
http://www.asahi.com/articles/ASGDV4DGDGDVULBJ012.html

●STAP問題が科学界に問うもの
http://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2014_1226_02.html

●「STAP論文」を調査委が否定 再現実験はムダだった?
http://thepage.jp/detail/20141227-00000004-wordleaf

●STAP問題、解明に壁 論文作成、複雑な役割分担
http://www.asahi.com/articles/ASGDT5TN4GDTULBJ00R.html

●STAP細胞事件:失敗に学べない日本の大学教育
コピペ対策ソフト導入は本末転倒、正しく熱意ある学生指導を
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/42556

●【STAP問題】厳しい目、寛容さを失う社会を象徴か 騒動の背後に
http://www.47news.jp/47topics/e/260651.php

●STAP問題、研究者への倫理教育徹底を
http://vpoint.jp/opnion/editorial/33995.html

●STAP騒動を起こした小保方さん「科学者としての資質」
http://dmm-news.com/article/905628/

●【照明灯】STAP細胞
https://www.kanaloco.jp/article/82171/cms_id/118618

●2014年の重大ニュース 世間を騒がせた「STAP細胞」
http://www.sanspo.com/geino/news/20141229/sot14122905020002-n1.html

●感情を事実を分けられない人間を有識者と呼ぶ記事が一流マスコミに載ってしまう日本の未来は暗い
http://wirelesswire.jp/london_wave/201412290242.html

●【辛坊持論】信じますか?小保方氏騒動の「黒幕」の存在を…
http://www.hochi.co.jp/topics/20141229-OHT1T50006.html

●研究の不正行為、東大・理研が相次ぎ調査結果−組織運営の問題浮き彫り
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0720141229eaab.html

●小保方晴子事件、何が問題か:「STAP細胞の有無」よりも重要な論点とは?
http://societas.blog.jp/archives/1016551862.html

●リケジョから見た“小保ちゃん”問題に潜む鬼
http://www.zakzak.co.jp/zakjyo/zkj-news/news/20141224/zkj1412241234001-n1.htm

●「Dr.」ではなく「Ms.」 小保方氏呼称から透ける海外紙の批判
http://newsphere.jp/national/20141224-4/

●「小保方さんは何者かに嵌められた」 またまた「陰謀論」、伊集院光が唱える
http://www.j-cast.com/2014/12/24224110.html

●TBSがガチオファー!? 小保方さんタレント転身の現実味
http://dmm-news.com/article/904501/

●日経メディカルの読者2415人が選んだ 【発表】2014年の医療界10大ニュース
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/blog/editors/201412/540102.html

●2014年、科学10大ニュース
http://www.asahi.com/articles/DA3S11523435.html

●小保方「STAP論文」の嘘を米科学誌は予見していた
http://dmm-news.com/article/904651/

●理研退職の小保方晴子氏“海外進出”をバックアップする闇人物とは!?
http://www.cyzo.com/2014/12/post_19986.html

●いま必要なのは失敗を認める社会
http://blogos.com/article/102142/

●【目線〜読者から】
STAP細胞問題「理研にも相当の責任を取らせるべきだ」 (12月16〜23日)
http://www.sankei.com/column/news/141226/clm1412260006-n1.html

●1月に始まったSTAP騒動は、今月19日の…
http://vpoint.jp/column/updraft/33882.html

●STAP小保方ファンタジーに実験ノートの罪は大
http://blogos.com/article/102247/

●STAP細胞問題 新たな不正は「氷山の一角に過ぎない」
http://news.livedoor.com/article/detail/9619733/

●「管理厳しくすべきだった」=ES細胞の混入指摘に−若山氏・STAP
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201412/2014122600528&g=soc

●若山教授 ES細胞「なぜ混入したかわからない」
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/12/27/kiji/K20141227009529720.html

●不正の連鎖
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/fourseasons/582896.html

●誰が、なぜ
http://www.saga-s.co.jp/column/ariakesyou/140513

●【精神科女医のつぶやき】
片田珠美(119)STAP細胞はどこへいった…彼女の言い訳がぜひ聞きたい
http://www.sankei.com/west/news/141227/wst1412270034-n1.html

●小保方氏愛用の指輪「ヴィヴィアン」の苦悩
http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/348962/

●「生データの保存大切」 山中教授、STAP問題で指摘
http://www.sankei.com/affairs/news/141223/afr1412230007-n1.html

●STAP細胞問題 若手研究者をどう育てるか
http://www.saga-s.co.jp/column/ronsetsu/139159

●STAP検証、形だけの幕引き
遠い真相解明の道のり
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20141222/275471/

●印象に残った山中教授の謝罪
http://www.sankei.com/life/news/141224/lif1412240006-n1.html

●【メディアと社会】
ピエロだった小保方氏 社会の「医者」になれなかったメディア
http://www.sankei.com/column/news/141224/clm1412240007-n1.html

●ゆく小保方くる小保方、小保方さんこの一年|プチ鹿島の『余計な下世話!』vol.75
http://dmm-news.com/article/904684/

●「科学者の楽園」だった旧理研
http://vpoint.jp/education/33634.html

●Discredited STAP cells were likely embryonic stem cells
http://news.sciencemag.org/biology/2014/12/discredited-stap-cells-were-likely-embryonic-stem-cells

*[SciCom News][東日本震災][災害]【震災関連】2014年12月22日〜12月29日

復興庁
http://www.reconstruction.go.jp/

地震調査研究推進本部
http://www.jishin.go.jp/main/index.html

内閣府防災情報
http://www.bousai.go.jp/index.html

●平成26年度私立学校施設の耐震改修状況等の調査結果について
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/26/12/1354219.htm

●私立学校の耐震化80.6% 文科省調査、4月時点
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG24H7R_U4A221C1CR8000/

●東日本大震災:津波で海の生態系乱れ 青森・下北半島沖、以前いない場所に二枚貝や微生物
http://mainichi.jp/shimen/news/m20141222dde041040024000c.html

●長野北部地震:1カ月 白馬へウエルカム 村でホテル経営外国人ら、ネットで海外へ発信 「スキー場大丈夫」
http://mainichi.jp/shimen/news/m20141222dde041040049000c.html

●震災後の地盤変動に伴う天文潮位の見直し(気象庁)
http://www.data.jma.go.jp/gmd/kaiyou/db/tide/suisan/astrev2015.html

●震災も「秘密」 支援届かず 昭和東南海地震
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014122402000137.html

●INFORM tool aims for objective disaster risk assessment
http://www.scidev.net/global/disasters/news/inform-tool-disaster-risk-aid-data.html

●The failure of reconstruction after the 2004 tsunami
http://www.scidev.net/global/disasters/multimedia/failure-reconstruction-2004-tsunami-disaster.html

●2004 tsunami: Through the lens of a Thai beach resort
http://www.scidev.net/global/disasters/multimedia/2004-tsunami-thai-beach-resort.html

●What tech will take off in developing nations in 2015?
http://www.scidev.net/global/technology/news/tech-take-off-developing-nations-2015-solar-water.html

●東北沖地震の真実を求めて(6完)地殻変動、断層の動き関係せず
http://www.kahoku.co.jp/special/spe1124/20141228_01.html

【原発事故】
東京電力
http://www.tepco.co.jp/index-j.html

●「東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う住民の健康管理のあり方に関する専門家会議の中間取りまとめを踏まえた環境省における当面の施策の方向性(案)」に関する意見募集(パブリックコメント)について
http://www.env.go.jp/press/100098.html

●東日本大震災:福島第1原発事故 高校生に除染作業 栃木・那須の会社、労基法違反の恐れ
http://mainichi.jp/shimen/news/m20141225dde041040039000c.html

●原発事故後の木造家屋の線量低減率を検証
http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2014/12/20141225_02.html

●津波対策「関わるとクビ」 10年 保安院内部で圧力
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014122690070039.html

●福島第一原発、4号機プールの燃料移送完了
http://www.yomiuri.co.jp/science/20141223-OYT1T50007.html

【原子力】
●原子力規制委員会
http://www.nsr.go.jp/

●青森・東通原発:規制委調査団、断層に「活動性」 報告書案作成へ、東北電反論を批判
http://mainichi.jp/shimen/news/m20141222dde001040045000c.html

●志賀原発 第4回評価会合 ”S-1断層”また結論持ち越し
http://www.tulip-tv.co.jp/news/detail/?TID_DT03=20141226162923

●入院患者ら1万8千人 原発事故避難対象、県が病院・施設調査 /茨城県
http://apital.asahi.com/article/story/2014122700016.html

●川内再稼働来春以降へ、安全審査書類提出遅れ
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20141225-OYS1T50004.html

●原子力政策:原発建て替え検討明記 新増設は言及せず
http://mainichi.jp/select/news/20141225k0000m020057000c.html

●もんじゅ:機器点検漏れ、新たに6500個
http://mainichi.jp/select/news/20141223k0000m040113000c.html

●東通原発「活断層の可能性」 規制委調査団が評価書案を再提示
http://www.sankei.com/affairs/news/141222/afr1412220012-n1.html

●規制委有識者会合、東通原発敷地内に「活断層」の評価書案を了承
http://www.asahi.com/business/reuters/CRBKBN0K00DO.html

●敦賀原発直下「活断層じゃない」模型・動画で原電PR
http://www.yomiuri.co.jp/local/fukui/news/20141221-OYTNT50116.html

●志賀原発、建設前断層写真を精査 規制委の調査団
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/dogai/582727.html

●志賀原発1号機 断層は議論継続へ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141226/k10014307451000.html

●3・11後のサイエンス:何がなんでも再稼働?=青野由利
http://mainichi.jp/shimen/news/m20141225ddm013070028000c.html

2014年12月22日〜12月29日のニュース

【総合科学技術会議・科学技術政策】
★科学技術イノベーション予算戦略会議(第7回) 議事次第
http://www8.cao.go.jp/cstp/budget/yosansenryaku/7kai/20141219.html

●エネルギー戦略協議会(第6回)(平成26年12月22日)配布資料
http://www8.cao.go.jp/cstp/tyousakai/juyoukadai/energy/6kai/haifu_energy_06.html

●地域資源戦略協議会(第6回)(平成26年12月18日)配布資料
http://www8.cao.go.jp/cstp/tyousakai/juyoukadai/chiiki_sigen/6kai/haifu_chiki_06.html

●山口大臣の徳島大学視察について
http://www8.cao.go.jp/cstp/gaiyo/sonota/141220tokushimauniv.html

●山口内閣府特命担当大臣記者会見要旨 平成26年12月16日
http://www.cao.go.jp/minister/1409_s_yamaguchi/kaiken/2014/1216kaiken.html

【政府】
●平成26年12月24日 基本方針
http://www.kantei.go.jp/jp/kakugikettei/2014/1224kihonhousin.html

●第3次安倍内閣 閣僚等名簿
http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/meibo/index.html

●第3次安倍内閣 副大臣名簿
http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/meibo/fukudaijin.html

●第3次安倍内閣 大臣政務官名簿
http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/meibo/seimukan.html

●第3次安倍内閣 内閣総理大臣補佐官名簿
http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/meibo/sourihosakan.html

●内閣総理大臣談話
http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/discource/1224danwa.html

●平成27年度予算編成の基本方針(平成26年12月27日閣議決定)
http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/cabinet/2014/27_yosanhensei.pdf

●霞が関、仕事納め…られず 衆院選余波で政府予算案が越年
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO81406750X21C14A2CR8000/

●第15回 日本経済再生本部 配布資料
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/dai15/index.html

●第21回経済財政諮問会議
http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2014/1227/agenda.html

●第20回会議資料:会議結果
http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2014/1222/agenda.html

●気象庁、ツイッターで情報発信へ
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2380751.html

【文部科学省】http://www.mext.go.jp/
★「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」の制定について
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/26/12/1354186.htm

●大学院に専攻ごとに置くものとする教員養成分野の教員数に係る告示改正について(平成26年11月7日)
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/senmonshoku/detail/1353770.htm

専門職大学院

●管理職への任用状況等に関する公表について(平成26年度)
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/26/12/1354208.htm

●2015年度大学推薦による国費外国人留学生(研究留学生)の募集について(通知)
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/ryugaku/boshu/1354201.htm

●ポスト「京」重点課題アプリケーション開発の実施機関決定について
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/26/12/1354134.htm

●平成26年度私立学校施設の耐震改修状況等の調査結果について
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/26/12/1354219.htm

審議会 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/main_b5.htm
★新しい時代にふさわしい高大接続の実現に向けた高等学校教育、大学教育、大学入学者選抜の一体的改革について(答申)(中教審第177号)
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/1354191.htm

★総合政策特別委員会(第8回) 配付資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu22/siryo/1353350.htm

資料1 総合政策特別委員会 中間取りまとめ(案)目次  (PDF:255KB)  
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu22/siryo/__icsFiles/afieldfile/2014/12/22/1353350_1.pdf

資料2 中間取りまとめ(案)  (PDF:1127KB)  
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu22/siryo/__icsFiles/afieldfile/2014/12/22/1353350_2.pdf

資料3 総合政策特別委員会の議題について  (PDF:132KB)  
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu22/siryo/__icsFiles/afieldfile/2014/12/22/1353350_3.pdf

●試験部会(第22回) 配付資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu7/002/siryo/1354131.htm

●産業連携・地域支援部会(第10回) 配付資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu16/siryo/1354095.htm

●子供の発達や学習者の意欲・能力等に応じた柔軟かつ効果的な教育システムの構築について(答申)(中教審第178号)
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/1354193.htm

●高等学校における遠隔教育の在り方について(報告)
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/104/houkoku/1354182.htm

●政策評価に関する有識者会議(第41回) 配付資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/seisaku/001/gijiroku/1354175.htm

●学術情報委員会(第14回) 配付資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu4/031/shiryo/1354066.htm

●中央教育審議会(第96回) 配付資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/gijiroku/1354209.htm

●国際リニアコライダー(ILC)に関する有識者会議(第2回) 議事録
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shinkou/038/gijiroku/1354196.htm

●独立行政法人評価委員会(第61回) 配付資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/dokuritu/gijiroku/1354197.htm

●独立行政法人評価委員会(第61回) 議事要旨
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/dokuritu/gijiroku/1354199.htm

●研究環境基盤部会 共同利用・共同研究拠点に関する作業部会(第7期)(第8回) 配付資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu4/026-1/siryo/1354205.htm

●HPCI計画推進委員会(第20回) 配付資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shinkou/020/shiryo/1354169.htm

●宇宙航空研究開発機構部会(第48回) 議事録
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/dokuritu/005/005j/giji/1353973.htm

●大学のグローバル化に関するワーキング・グループ(第10回) 配付資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/036/siryo/1354120.htm

●第3期中期目標期間における国立大学法人運営費交付金の在り方に関する検討会(第1回) 議事録
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/koutou/062/gijiroku/1354096.htm

●第7期 技術士分科会 制度検討特別委員会(第12回) 議事録
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu7/011/gijiroku/1354230.htm

●政策評価に関する有識者会議(第42回) 配付資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/seisaku/001/gijiroku/1354222.htm

【科学技術・学術政策研究所】http://www.nistep.go.jp/
●NISTEPデータ・情報基盤ワークショップ「政策形成を支えるエビデンスの充実を目指して」開催のお知らせ
http://www.nistep.go.jp/archives/19738

日時:2015年2月4日(水)13:00〜18:00 (開場12:30)【予定】
会場:文部科学省 科学技術・学術政策研究所会議室(16B)

★「ポストドクター等の雇用・進路に関する調査 −大学・公的研究機関への全数調査(2012年度実績)−」 調査資料-232の結果公表について
http://www.nistep.go.jp/archives/19681

【日本学術振興会】http://www.jsps.go.jp/
●平成25年度行政改革推進会議「秋のレビュー」を受けた資料の平成26年度結果(経済社会の発展を牽引するグローバル人材育成支援)について
http://www.jsps.go.jp/j-gjinzai/review.html

●平成25年度行政改革推進会議「秋のレビュー」を受けた資料の平成26年度結果(大学の世界展開力強化事業)について
http://www.jsps.go.jp/j-tenkairyoku/index.html

●「科研費NEWS2014Vol.3」
http://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/index.html

●CONCERT-Japan最終年次総会が開催されました。
http://www.jsps.go.jp/information/index4.html#20141224

【科学技術振興機構】http://www.jst.go.jp/
●戦略的創造研究推進事業(ACCEL)における平成26年度新規課題の決定について
http://www.jst.go.jp/pr/info/info1076/index.html

●国際科学技術共同研究推進事業「日本−フランス共同研究」における平成26年度新規課題の決定について
http://www.jst.go.jp/pr/info/info1075/index.html

【経済産業省】 http://www.meti.go.jp/
●関西電力株式会社の電気料金値上げ認可申請を受理しました
http://www.meti.go.jp/press/2014/12/20141224002/20141224002.html

●表層型メタンハイドレートの資源量把握に向けた調査を行いました〜掘削調査により表層型メタンハイドレートを含む地質サンプルを取得〜
http://www.meti.go.jp/press/2014/12/20141225001/20141225001.html

●インターネットを通じたプログラミング教育の提供が明確化されます〜産業競争力強化法の「グレーゾーン解消制度」の活用〜
http://www.meti.go.jp/press/2014/12/20141225003/20141225003.html

●産業構造審議会 知的財産分科会 特許制度小委員会 報告書「我が国のイノベーョン促進及び国際的な制度調和のための知的財産制度の見直しに向けて」(案)に対する意見募集
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=630214011&Mode=0

●エネルギーミックスを検討するため「長期エネルギー需給見通し小委員会」を設置します
http://www.meti.go.jp/press/2014/12/20141226002/20141226002.html

★クロスアポイントメント制度の基本的枠組と留意点をとりまとめました
http://www.meti.go.jp/press/2014/12/20141226004/20141226004.html

>>
クロスアポイントメント制度とは、研究者等が大学、公的研究機関、企業の中で、二つ以上の機関に雇用されつつ、一定のエフォート管理の下で、それぞれの機関における役割に応じて研究・開発及び教育に従事することを可能にする制度です。
<<

【厚生労働省】 http://www.mhlw.go.jp/
●エボラ出血熱への感染があり得るとされた患者の検査結果(陰性)について
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000070199.html

●エボラ出血熱への感染があり得る患者の発生について
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000070198.html

●ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に生じた症状の診療に係る協力医療機関について
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/medical_institution/index.html

●危険ドラッグの成分8物質を新たに指定薬物に指定〜指定薬物等を定める省令を公布しました〜
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000070091.html

●指定薬物を新たに8物質指定します〜本日開催した指定薬物部会の審議結果〜
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000069779.html

●ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に生じた症状の診療に係る協力医療機関について
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/medical_institution/index.html

●新型インフルエンザ啓発動画(英語版)
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/infulenza/index.html

★J-ADNI研究に関する第三者調査委員会調査報告書について
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000069606.html

★遺伝子治療等臨床研究に関する指針を定める件(案)に関するパブリックコメントの開始について
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000069505.html

★「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」を制定しました
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000069222.html

【農林水産省】 http://www.maff.go.jp/index.html
●宮崎県における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜(2例目)の確認について
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/141229_1.html

●宮崎県における高病原性鳥インフルエンザが疑われる事例の確認について
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/141228.html

●平成26年度 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業の「第3回 緊急対応研究課題」の決定について
http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/141225.htm

●栽培用ワタ種子への遺伝子組換えワタ種子の混入について
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouan/141225.html

【環境省、環境、エネルギー】
IPCC
http://www.ipcc.ch/

●政策転換どうなる再エネの未来
http://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2014_1225.html

●メタンハイドレート:海底調査 秋田・山形、上越沖で採取
http://mainichi.jp/shimen/news/m20141225dde007020058000c.html

●掘削調査により表層型メタンハイドレートを含む地質サンプルを取得(資源エネルギー庁)
http://www.meti.go.jp/press/2014/12/20141225001/20141225001.html

●サイエンスカフェ:街並みから見えたずれ
http://mainichi.jp/shimen/news/m20141225ddm013070031000c.html

●エネルギーコスト対策
http://www.kantei.go.jp/jp/headline/energy_cost.html

●2014年(平成26年)の台風(気象庁)
http://www.jma.go.jp/jma/press/1412/22d/typhoon2014.html

●2014年(平成26年)の世界と日本の年平均気温(速報)(気象庁)
http://www.jma.go.jp/jma/press/1412/22c/worldtemp2014.html

●2014年(平成26年)の世界の天候(速報) 〜主な異常気象と気象災害〜(気象庁)
http://www.jma.go.jp/jma/press/1412/22b/worldclim2014.html

●2014年(平成26年)の日本の天候(速報)(気象庁)
http://www.jma.go.jp/jma/press/1412/22a/tenko14_soku.html

●次世代リチウムイオン電池 クルマにらみ開発が急加速
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO80679710Z01C14A2000000/

環境省
●平成25年度 全国の地盤沈下地域の概況について (お知らせ)
http://www.env.go.jp/press/19021.html

●「東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う住民の健康管理のあり方に関する専門家会議の中間取りまとめを踏まえた環境省における当面の施策の方向性(案)」に関する意見募集(パブリックコメント)について
http://www.env.go.jp/press/100098.html

●「平成二十三年三月十一日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う原子力発電所の事故により放出された放射性物質による環境の汚染への対処に関する特別措置法施行規則の一部を改正する省令案」(仮称)及び「中間貯蔵に係る廃棄物処理の特例」に対する意見の募集(パブリックコメント)について
http://www.env.go.jp/press/100120.html

●東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う住民の健康管理のあり方に関する専門家会議の中間取りまとめについて(お知らせ)
http://www.env.go.jp/press/100134.html

●「国際化学物質管理会議(ICCM)に関する公開作業部会(OEWG)第2回会合」の結果について(お知らせ)
http://www.env.go.jp/press/100168.html

●地域自然資産区域における自然環境の保全及び持続可能な利用の推進に関する基本方針(案)及び法律施行規則等(案)に関する意見の募集(パブリックコメント)について(お知らせ)
http://www.env.go.jp/press/100129.html

●「非特定汚染源対策の推進に係るガイドライン(第二版)」の公表について(お知らせ)
http://www.env.go.jp/press/100144.html

●「次世代自動車ガイドブック2014」の公表について(お知らせ)
http://www.env.go.jp/press/100147.html

●平成27年春の花粉総飛散量及び飛散開始時期の予測(第1報)について(お知らせ)
http://www.env.go.jp/press/100156.html

●化学物質の環境リスク初期評価(第13次とりまとめ)の結果について
http://www.env.go.jp/press/100158.html

●COP20サイドイベント「低炭素社会への移行に向けたグローバルな課題 - 低炭素社会国際研究ネットワーク(LCS-RNet)からのメッセージ」の開催結果について(お知らせ)
http://www.env.go.jp/press/100162.html

●「平成25年度化学物質環境実態調査結果(概要)」について(お知らせ)
http://www.env.go.jp/press/100164.html

●産業廃棄物の不法投棄等の状況(平成25年度)について(お知らせ)
http://www.env.go.jp/press/100097.html

●野鳥の高病原性鳥インフルエンザウイルス保有状況調査の結果について(平成26年11月分)(お知らせ)
http://www.env.go.jp/press/100138.html

●第三次循環型社会形成推進基本計画の進捗状況の第1回点検結果(暫定版)に関する意見の募集について(お知らせ)
http://www.env.go.jp/press/100146.html

●「伊豆沼・内沼」及び「野付半島・野付湾」の東アジア・オーストラリア地域渡り性水鳥重要生息地ネットワークへの参加について(お知らせ)
http://www.env.go.jp/press/100163.html

●「水銀に関する水俣条約を踏まえた今後の水銀対策について(水銀廃棄物対策及び大気排出対策に係るものを除く)(報告書案)」に関する意見募集(パブリックコメント)の結果及び環境大臣への答申について(お知らせ)
http://www.env.go.jp/press/100171.html

【宇宙】
宇宙政策
http://www8.cao.go.jp/space/index.html

●あかつきがけがの功名、太陽風の謎解明
http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2014/12/20141218_02.html

●「あかつき」太陽風とらえた 金星軌道入れず周回中
http://www.asahi.com/articles/ASGDL5HXGGDLULBJ00W.html

●金星探査機「あかつき」 太陽風の謎を一部解明
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO81064850Y4A211C1000000/

●太陽風はどう作られるのか?
〜金星探査機「あかつき」が明らかにした太陽風加速〜
http://www.jaxa.jp/press/2014/12/20141218_akatsuki_j.html

【地域】
●戦略特区で医学部新設検討 東京圏、分科会が初回会合
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS17H71_X11C14A2EE8000/

【国家プロジェクト、研究開発法人】

【政党】

【産学民の動向】
★新しい時代にふさわしい高大接続の実現に向けた高等学校教育、大学教育、大学入学者選抜の一体的改革について(答申)(中教審第177号)
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/1354191.htm

●新大学入試、20年度に 複数回、知識活用を重視 中教審答申
http://www.asahi.com/articles/DA3S11520718.html

●中教審が大学入試改革案答申 高校や大学、期待と困惑
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG22H9P_S4A221C1CC1000/

●大学入試の新共通試験、現小6から導入へ 15年中に詳細詰め
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG22H9X_S4A221C1EA2000/

●大学入試改革、教育多様化に合わせ変遷
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG22H8B_S4A221C1EA2000/

●大学入試の新共通試験、20年度から 中教審答申
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG22H7S_S4A221C1EA2000/

●正念場迎えた大学入試改革
http://www.nikkei.com/article/DGXKZO81458100Z21C14A2PE8000/

●国際化推進、教員育成が課題
http://www.nikkei.com/paper/article/?ng=DGKKZO81417800X21C14A2CK8000

●「1点刻み」大学入試見直し答申、不安や反発も
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20141223-OYT8T50064.html

●鍵は“活用力” 変わるか大学入試
http://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2014_1224.html

●(キャンパス新発見)本のない電子図書館 フロリダ州立科学技術大、学生・教員の交流の場に
http://www.nikkei.com/paper/article/?ng=DGKKZO81417430X21C14A2TCP000

●筑波大、ビッグデータの研究拠点開設
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO81224170S4A221C1TJM000/

●筑波大生の創造性光る大学PR
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20141222-OYT8T50205.html

●富岡市と東農大が連携協定
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20141223-OYT8T50076.html

●単位もらえなくても…早稲田大で人気の課外授業
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/campus/jitsuryoku/20141219-OYT8T50069.html

●京大研究所、iPSのネット講座を開講へ
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20141222-OYT8T50090.html

●地域貢献めざし、島根大で人材育成入試
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20141223-OYT8T50075.html

●「地方創生のモデルに」…山口東京理科大公立化
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20141227-OYT8T50103.html

【知財】
●知的財産戦略本部
検証・評価・企画委員会(第6回)
議 事 次 第
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/tyousakai/kensho_hyoka_kikaku/2015/dai6/gijisidai.html

議事
(1)これまでの検証・評価・企画委員会での議論のまとめと今後の進め方
(2)知的財産システムを巡る中長期的・横断的な課題について
知財人財の育成について
次世代の知的財産システムの在り方

【日本学術会議】
http://www.scj.go.jp/

【日本経団連】
●「独占禁止法審査手続についての懇談会報告書」について
http://www.keidanren.or.jp/policy/2014/111.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
"Science Communication News"
[SciCom News] No.590 2014年12月30日号 essential vol.1
【発行者】榎木英介(サイエンス・サポート・アソシエーション代表)
【編集者】Science Communication News編集部
【E-Mail】 enodon@sci-support.org
【Web Site】 http://sci-support.org/
【Facebook】 http://www.facebook.com/SSAJapan
メルマガの登録解除、イベント告知依頼などは以下のページからお願いします。
http://sci-support.org/%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%82%AC%E3%82%B8%E3%83%B3%EF%BC%88%E6%AF%8E%E9%80%B1%E6%9C%88%E6%9B%9C%E7%99%BA%E8%A1%8C%EF%BC%89/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-12-28  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。