自然科学一般

Science Communication News

※Science Communication Newsは科学技術政策や科学技術コミュニケーションの動向を
ウォッチするメールマガジンで、毎週月曜配信されます。
※詳しくは以下のサイトをごらんください。
http://sci-support.org/?page_id=27

全て表示する >

[SciCom News] No.168 2006年12月25日号 No.3

2006/12/25

応用倫理研究所長,教授)
横野 恵(早稲田大学社会科学総合学術院専任講師)
菱山 豊(日本学術会議事務局参事官,早稲田大学客員教授)

詳しくはこちら↓
http://www.waseda.jp/scoe/070113/sympo070113.pdf

-----------------------------------------------------------------
    ●NPO法人サイエンス・コミュニケーションよりお知らせ
-----------------------------------------------------------------
●『理工系&バイオ系 失敗しない大学院進学ガイド: 偏差値にだまされない大学
院選び』
  NPO法人サイエンス・コミュニケーション + 日本評論社編集部 編著
  定価 2100 円 (本体価格2000 円)
  判型 A5判
  ページ数 292
  ISBNコード 4-535-78414-0
  発刊 日本評論社  2006.11
  http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4535784140/nposciencec0d-22/

●好評発売中です!書評、本の紹介など掲載されました。
 オーム社バイオ二クスに書評が掲載されました。また、赤旗に本の紹介が掲載されました。

バイオニクス 2007年1月号
http://www.e-bionics.jp/
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000LV6BWO/nposciencec0d-22/

●大学院進学ガイドサポートグループ
http://grad-book.g.hatena.ne.jp/

もご覧ください。

●ホンネでかたる「真の大学院ガイドブック」登場!
 合格体験記や大学教員の視点では見えてこない、大学院のありのままの姿を克明に
紹介しています。修士で就職するか、博士まで進むか、そしてその先を含めた研究室
選びのポイント、セクハラやパワハラなどのトラブルに直面したときの対処法、大学
院生の結婚・子育て、キャリアパス、そして留学など、現実に起こりうるさまざまな
問題を取り上げています。
 偏差値やブランドイメージだけでだまされない( 後悔しない) 大学院選びを考える
人に向けた、「真のガイドブック」です。 大学院進学を漠然と考えている高校生や
大学1 年生にとっても参考になるように作りました。

-目次-
第1部 大学院サバイバル入門
  1章 大学院進学ケーススタディー
  2章 大学院への進路選択
  3章 学位取得への道〜それから

第2部 大学院サバイバルの実践
  4章 博士課程からの就職活動
  5章 大学院生のハッピーライフ
  6章 大学院生の危機! トラブルに直面したら?
  7章 大学院生の多彩なキャリアパス
  8章 大学院生の金策〜ガクシン大作戦
  9章 大学院留学の実際
第3部 データ編
  10章 学生の視点からみた大学院ランキング
  11章 大学院を考えるための本

●SciCom News編集部員募集!
以下のページをご覧ください。
http://scicom.jp/oshirase.html#hensyu

▼このほか、サイコムジャパンではスタッフを募集してます。会員資格の有無を
問わず、サイコムジャパンの業務全般にわたりボランティアにてお手伝い、ご協
力してくださる方を求めています。お気軽にお問い合わせください。

▼一緒に日本の科学コミュニケーションを動かしていきましょう!

▼以下メールまで。
office@scicom.jp

●サイコムジャパン入会方法
以下のページをご覧ください。
http://scicom.jp/oshirase.html#associates

●ご寄付のお願い
以下のページをご覧ください。
http://scicom.jp/oshirase.html#kifu

■ご意見ご要望等は
office@scicom.jp
までお送り下さい。頂いたご意見にはすべて目を通しています。お返事が遅くな
り申し訳ありません。
もしご意見をこの欄にて取り上げてもよい、という方はその旨をお書きください。
その際実名もしくはペンネームのどちらがよいかもお伝えいただければ幸いです。
また、各種イベントの感想も歓迎しますので、ぜひお寄せください。
【深】。

代表理事日誌(榎木) http://scicom.jp/blog/
科学コミュニケーションブログ(立花) http://blog.so-net.ne.jp/kagaku/
もご覧ください

研究費の問題を中心に、研究問題についてつづるブログを運営しています。よろ
しければお立ち寄りください(榎木、立花)。
http://research-problem.seesaa.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
"NPO Science Communication News"
[SciCom News] No.168 2006年12月25日号 No.3
【発行者】榎木英介(NPO法人 Science Communication 代表理事)
【編集者】深島守 立花浩司 サイコムニュース編集部
【E-Mail】 office@scicom.jp
【FAX】 020-4664-2207
【Web Site】 http://scicom.jp/
メルマガの登録解除、イベント告知依頼などは以下のページからお願いします。
 http://scicom.jp/mailmag/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━※SciCom NewsはNPO法人サイエンス・コミュニケーションの発行するメールマガ
※ジンで、毎週月曜配信されます。
※詳しくはサイコムのサイトをごらんください。
※購読の登録、解除も以下よりお願いします。こちらで代行はいたしませんので
※ご了承ください。
 http://scicom.jp/mailmag/

ブログ 研究ニュースクリップ:http://scicom.blogtribe.org/

★発行部数 2192部(12月23日現在) まぐまぐ1952部+melma!240部
-----------------------------------------------------------------
      ◆◇◆ NPO Science Communication News ◆◇◆
         No.168 2006年12月25日号 No.3
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
    ●人財-キャリア情報
-----------------------------------------------------------------
●就活セミナーに学生ら34人参加 福井
http://mytown.asahi.com/fukui/news.php?k_id=19000000612180001

●就活セミナー:学生が開く 人事担当者の模擬面接も 岡山大
http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/okayama/news/20061218ddlk33040311000c.html

●愛媛大学、1月に就職支援バス運行
http://www.nikkei.co.jp/news/retto/20061218c6b1802018.html

●キャンパスNOW:TOPICS 大学の枠超えた就職支援、学生同士でネットワーク
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/edu/wadai/archive/news/2006/12/20061220ddn010040042000c.html

●バイオ産業キャリア開発研究会 第2回『研究者の仕事人生を考える』 
オープン・セミナー 〜最近の海外のバイオ事情と求められる人材像〜 
http://biotech.nikkeibp.co.jp/bionewsn/detail.jsp?newsid=SPC2006121543322

●Managing Your Money While in College
http://sciencecareers.sciencemag.org/career_development/previous_issues/articles/ 
2006_12_22/managing_your_money_while_in_college

●Science in an International and Humanitarian Context
http://sciencecareers.sciencemag.org/career_development/previous_issues/articles/2006_12_22/science_in_an_international_and_humanitarian_context

【募集】
●東京工業大学 統合研究院 特別研究員又は特任助手公募

1.公募人員 特別研究員又は特任助手 1名

2.専門分野 教育心理・教育評価・社会調査・理科教育・STS関連分野 

3.職務内容  科学技術振興機構 社会技術研究開発事業「科学技術リテラシー
の実態調査と社会的活動傾向別教育プログラムの開発」研究代表者西條美紀
http://www.jst.go.jp/pr/info/info358/shiryou4.html)における以下の業務。

       (1)科学技術リテラシーについての調査・分析

       (2)科学技術コミュニケーションについての調査・分析

       (3)科学技術コミュニケーション教育の補助

       (4)科学技術リテラシー教育の補助

       (5)上記事業に関連する業務

4.応募資格 原則として、以下の条件を満たす者

       (1)博士の学位があることが望ましい

       (2)上記専門分野における研究業績があること

       (3)多変量解析(因子分析、パス解析など)を用いた統計データ解析ができること  

       (4)英語によるコミュニケーション能力を有すること

       (5)年齢は40歳程度までが望ましい

5.着任時期  平成19年3月1日(着任時期は相談に応じる)

6.任期   年度ごとの契約。年度ごとに再任可。ただし、3に記載のプロジェクト  

の最終年度(平成21年度)は平成21年11月までの予定。

7.提出書類  (1)履歴書(高校卒業以降の学歴・職歴を明記すること。写真を貼
付し、e-mailアドレス、電話番号等の連絡先も明記すること。英語によるコミュニケー
ション能力に関する資格等があれば明記すること。)

(2)研究業績リスト

       (3)主要論文別刷(2編程度、コピー可)

       (4)これまでの研究概要と着任後の研究に関する抱負(2000字程度)

       (5)応募者についての紹介先2名の氏名・所属・連絡先(電話番号・emailアドレス)

8.応募締切  平成19年1月31日(必着) 

9.選考方法  書類選考の後、若干名の候補者に対し面接を行う。平成19年2月上旬

を予定。旅費や滞在費などは応募者の負担とする。

10.送付先   152-8550 目黒区大岡山2−12−1 東京工業大学 統合研究院

        ソリューション研究機構 機構長室(宛)

        「研究員・特任助手応募書類」と朱書し、簡易書留にて郵送のこと。提出
書類は返却しない。電子媒体による提出は認めない。    

11.照会先   東京工業大学 統合研究院 教授 西條美紀

        e-mail:koubo@iri.titech.ac.jp 
-----------------------------------------------------------------
●百家争鳴-オピニオン、意見その他、科学報道など
-----------------------------------------------------------------
●Science, Volume 314, Issue 5807, Breakthrough of the Year 
http://www.sciencemag.org/content/vol314/issue5807/index.dtl?etoc 

▼サイエンス誌恒例のブレークスルーオブザイヤー。今年は…

●Breakthrough of the Year 
Donald Kennedy 
http://www.sciencemag.org/cgi/content/summary/314/5807/1841?etoc

●BREAKTHROUGH OF THE YEAR: The Poincaré Conjecture--Proved 
Dana Mackenzie 
http://www.sciencemag.org/cgi/content/summary/314/5807/1848?etoc 

●BREAKTHROUGH OF THE YEAR: The Runners-Up 
http://www.sciencemag.org/cgi/content/summary/314/5807/1850a?etoc 

●BREAKTHROUGH OF THE YEAR: Scorecard 2006 
http://www.sciencemag.org/cgi/content/summary/314/5807/1850b?etoc 

●BREAKTHROUGH OF THE YEAR: BREAKDOWN OF THE YEAR: Scientific Fraud 
Jennifer Couzin 
http://www.sciencemag.org/cgi/content/summary/314/5807/1853?etoc 

●BREAKTHROUGH OF THE YEAR: Areas to Watch in 2007 
http://www.sciencemag.org/cgi/content/summary/314/5807/1854?etoc 

●科学ニュース1位は「ポアンカレ予想」 サイエンス誌
http://www.asahi.com/international/update/1222/003.html

●理系白書’06:私の提言/下 高市早苗・科学技術政策、イノベーション担当相
http://www.mainichi-msn.co.jp/science/rikei/news/20061220ddm016070128000c.html

●物理の父の未公開書簡刊行 仁科博士らの貴重な記録
http://www.kahoku.co.jp/news/2006/12/2006121901000005.htm

●プラズマの波に粒子乗せる技術 大型加速器が机の上に?
http://www.chunichi.co.jp/00/sci/20061219/ftu_____sci_____000.shtml

●外科手術のアートとサイエンス
http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2006dir/n2712dir/n2712_01.htm

●葬られた疫学からの警鐘
http://www.yomiuri.co.jp/feature/kankyo/20061218ft03.htm?from=os1

●土曜解説:データ改ざん相次ぐ電力会社=科学環境部・高木昭午
 ◇安全性への信頼損なう
http://www.mainichi-msn.co.jp/eye/kaisetsu/news/20061223ddm004070061000c.html

● ロボット大賞:「ビルの清掃システム」を選出
http://www.mainichi-msn.co.jp/science/kagaku/news/20061222k0000m040073000c.html
http://www.mainichi-msn.co.jp/science/photojournal/news/20061222k0000m040073000c.html

●カブロボ、飛翔――2007年夏、ロボットが市場を席巻する
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0612/19/news010.html

●奇跡の帰還?
Japanese man in mystery survival  
http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/asia-pacific/6197339.stm

▼A Japanese man has survived for 24 days in cold weather and without food and 
water by falling into a state of "hibernation", his doctor has said.  

●六甲山生還:24日ぶり救出の打越さん「山は怖い」と語る
http://www.mainichi-msn.co.jp/photo/news/20061220k0000m040086000c.html

●一級建築士試験合格者の出身大学、首位日大と2位以下との差が縮小
http://www.nikkeibp.co.jp/news/const06q4/521365/

●物理の父の未公開書簡刊行 仁科博士らの貴重な記録
http://www.tokyo-np.co.jp/flash/2006121901000005.html

●改良型CAMUIロケット、23日に打上げ実施 - 大学のカンサットを搭載
http://news.goo.ne.jp/article/mycom/business/it/20061223-08-mycom.html

●道産ロケット:道宇宙科学技術創生センター、新型の打ち上げ成功 /北海道
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061224-00000059-mailo-hok

●火薬使わずロケット発射 混合燃料で、NPOが実験
http://kyoto-np.jp/article.php?mid=P2006122300066&genre=G1&area=Z10

-----------------------------------------------------------------
●コラム
-----------------------------------------------------------------
●鳴潮:ノロウイルスが猛威を振るっている
http://www.topics.or.jp/Old_news/m061217.html

●余録:ノロウイルス
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20061219k0000m070150000c.html

●コラム:マグロのない寿司は考えられませんか
http://it.nikkei.co.jp/business/news/index.aspx?n=MMITzv000015122006

▼科学技術の進歩が、マグロの乱獲を生んだという。宋文洲氏のいう養殖マグロ
は近大マグロとして実用化されている。

●記者のつぶやき:うまく技術を発展させれば
http://www.chunichi.co.jp/00/sci/20061219/ftu_____sci_____004.shtml

-----------------------------------------------------------------
    ●メディアウォッチ
-----------------------------------------------------------------
▼この欄では、科学報道や科学番組をご紹介したり、率直な感想を述べたりして
いきたいと考えています。気軽に構えてくださって構いません。皆様のご意見、
情報の御提供、ご感想もお待ちしています。

▼新聞の論説、科学に関する特集などもこの欄に掲載します。

-----------------------------------------------------------------
●社説
-----------------------------------------------------------------
【日本農業新聞】
●論説:フードファディズム 科学的な正しい知識を
2006/12/17 日本農業新聞

▼「フードファディズムとは、科学的な検証をせずに、食品を過小評価したり、
逆に過大評価したりして、消費者を不安にさせ、商品の宣伝に利用すること」

【山陽新聞】
●社説:ノロウイルス 食品加熱と手洗い励行を
http://www.sanyo.oni.co.jp/sanyonews/2006/12/18/2006121809334141002.html

【中国新聞】
●社説:広島湾再生 こまやかな処方が要る
http://www.chugoku-np.co.jp/Syasetu/Sh200612180175.html

●社説:ノロウイルス 「うつさない」心がけを
http://www.chugoku-np.co.jp/Syasetu/Sh200612180176.html

【西日本新聞】
●社説:宇宙に傘アンテナを開け きく8号
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/column/syasetu/20061219/20061219_002.shtml

●社説:基本的な予防を怠りなく ノロウイルス
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/column/syasetu/20061218/20061218_002.shtml

【朝日新聞】
●ノロウイルス 感染力の強さに警戒を
http://www.asahi.com/paper/editorial20061222.html#syasetu2

【毎日新聞】
●社説:ノロウイルス 流行の原因突き止め対策を
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20061219k0000m070152000c.html

●社説:研究者の不正「自ら意識改革し社会の信頼回復を」
http://www.mainichi-msn.co.jp/eye/shasetsu/news/20061223k0000m070151000c.html

【読売新聞】
●社説:製品安全対策 もう甘い対応は許されない
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20061218ig90.htm

【産経新聞】
●主張:最強型H2A 巨大アンテナへの挑戦だ
http://www.sankei.co.jp/ronsetsu/shucho/061218/shc061218000.htm

-----------------------------------------------------------------
    ●Books、雑誌、メールニュース
-----------------------------------------------------------------
●自然科学系の雑誌一覧(裳華房)
http://www.shokabo.co.jp/magazine/index.html

【メールニュース・ウェブ】
●科学技術動向月報 2006年 12月号
http://www.nistep.go.jp/achiev/ftx/jpn/stfc/stt069j/index.html

▼【6】国家基幹技術のX線自由電子レーザープロジェクトの進展
▼【7】2006年版中国宇宙白書に見られる中国の宇宙開発動向
▼【8】中国が大学イノベーション拠点に海外人材を導入 

【雑誌】
●バイオニクス 2007年1月号
http://www.e-bionics.jp/
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000LV6BWO/nposciencec0d-22/

▼NPOサイコムの「科学技術政策」ここが焦点─「イノベーション25」始まる
海外ヘッドライン de ライフサイエンス─アメリカ中間選挙とES細胞研究
書評 理工系&バイオ系 失敗しない大学院進学ガイド

【Books】
●<新刊情報>『旭山動物園のつくり方』原子禅・著
http://www.chunichi.co.jp/00/sci/20061219/ftu_____sci_____003.shtml
http://www.tokyo-np.co.jp/00/sci/20061219/ftu_____sci_____003.shtml

▼旭山動物園のつくり方 (文庫) 
原子 禅 (著), 亀畑 清隆  価格: ¥ 690 (税込) 文藝春秋 (2006/12)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167713071/nposciencec0d-22/

●日本近代技術の形成―“伝統”と“近代”のダイナミクス (単行本) 
中岡 哲郎 (著) 価格: ¥ 2,100 (税込)朝日新聞社 (2006/11)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/402259909X/nposciencec0d-22/

 
-----------------------------------------------------------------
    ●イベント案内
-----------------------------------------------------------------
 サイコム・ニュースではいただいたイベント案内のうち、科学技術政策等に関
連するものはメルマガの形でみなさんの御手元にお届けしています。
 また、スタッフが皆様のご関心の高そうなイベント案内をピックアップしてい
ます。
 これらのイベントは必ずしもNPOサイエンス・コミュニケーションが協賛、推
奨するものではありませんのであらかじめご承知ください。
 なお、イベント案内をお送りいただければこういった形で読者のみなさまに告
知させていただきますので、科学技術に関わるイベントを企画されている方はお
送りください。
 原則として一ヶ月以上前にお送りいただければ幸いです。
また、ご要望にお応えできないこともありますので、ご理解をお願いいたしま
す。

イベント案内申込みは、下記のフォーム
http://scicom.jp/mailmag/event/
もしくは scicom.jp まで。

また、イベント情報は「科学イベントポータル」
http://sci-event.seesaa.net/

サイエンスカフェ情報は「サイエンスカフェ・ポータル」
http://cafesci-portal.seesaa.net/

にも掲載しています。

目次

 - 南極中継イベント「さぁ、南極へ! 〜大気を通して地球の未来をみる〜」
   2007年1月10日(水)  13:00〜15:00
  日本科学未来館 7階 みらいCANホール

 - 文部科学省 科学技術振興調整費戦略的研究拠点育成プログラム
  「先端科学と健康医療の融合研究拠点の形成」
  「責任ある研究 ─日・米・欧の現状と課題─」
  早稲田大学創立125周年記念 ASMeW 国際シンポジウム
  2007年1月13日(土)9:45─18:30
  早稲田大学国際会議場 井深大記念ホール

-----------------------------------------------------------------
●南極中継イベント「さぁ、南極へ! 〜大気を通して地球の未来をみる〜」

日時 : 2007年1月10日(水)  13:00〜15:00
(受付は12:30から、中継は14:00から15:00を予定しています。 )
※ 13:00から中継開始までは南極に関する大画面映像の上映など関連イベントを開催します。 
場所 :日本科学未来館 7階 みらいCANホール
主催 :日本科学未来館
連絡先  :日本科学未来館
TEL: 03-3570-9151
参加費など :入館料のみ
事前申し込み :必要

当館館長の毛利衛が南極へ渡り、飛行機を使って大気を調べる国際研究の最前線
から生中継でリポート! 注目するのは、エアロゾル。あまり聞かないかもしれません
が、私たちの周りにもあり、しかも地球環境の未来に大きな影響が予想されています。 
イベントでは身近な実験や遊びからエアロゾルの正体と南極大気の不思議にせまり
ます。
南極という極限の環境で研究者が大気を通してみすえる地球の未来を、一緒にのぞ
いてみませんか。
当日は、南極とMiraikanのほかにタイとオーストラリアの科学館とも中継をつなぎ各
地の大気を比べる共同実験やクイズに挑戦します。世界中の人達と、南極の未来、
私たちの未来を語り合うイベントです。みなさまのお越しをお待ちしています。 

※現地の気象条件や通信状況によりイベントの予定が変更する可能があります。
事前にご確認ください。
※ イベントは英語で行いますが、日本語の通訳が付きます。

詳しくはこちら↓
http://www.miraikan.jst.go.jp/j/event/2007/0110_plan_01.html

-----------------------------------------------------------------
●文部科学省 科学技術振興調整費戦略的研究拠点育成プログラム
「先端科学と健康医療の融合研究拠点の形成」

「責任ある研究 ─日・米・欧の現状と課題─」

早稲田大学創立125周年記念 ASMeW 国際シンポジウム

日時 :2007年1月13日(土)9:45─18:30
場所 :早稲田大学国際会議場 井深大記念ホール
   東京都新宿区西早稲田1-20-14
主催 :早稲田大学 先端科学・健康医療融合研究機構(ASMeW)
   早稲田大学 研究推進部
共催 :日本学術会議

*参加費無料
*詳細は決定次第http://www.waseda.jp/scoe/にてお知らせ

シンポジスト(2006年11月1日現在)
Dr. Frank Wells, M.D.
(EFGCP(European Forum for Good Clinical Practice)共同議長)
Dr. Chris B. Pascal, J.D.
(ORI(米国保健福祉省 Office of Research Integrity)局長)
Dr. Melody Lin, Ph.D.
(OHRP(米国保健福祉省 Office for Human Research Protections)局長代理)
浅島 誠(東京大学大学院総合文化研究科教授)
笠木伸英(東京大学大学院工学系研究科教授)
仁志田博司(東京女子医科大学母子総合医療センター所長,教授)
札野 順(金沢工業大学科学技術応用倫理研究所長,教授)
横野 恵(早稲田大学社会科学総合学術院専任講師)
菱山 豊(日本学術会議事務局参事官,早稲田大学客員教授)

詳しくはこちら↓
http://www.waseda.jp/scoe/070113/sympo070113.pdf

-----------------------------------------------------------------
    ●NPO法人サイエンス・コミュニケーションよりお知らせ
-----------------------------------------------------------------
●『理工系&バイオ系 失敗しない大学院進学ガイド: 偏差値にだまされない大学
院選び』
  NPO法人サイエンス・コミュニケーション + 日本評論社編集部 編著
  定価 2100 円 (本体価格2000 円)
  判型 A5判
  ページ数 292
  ISBNコード 4-535-78414-0
  発刊 日本評論社  2006.11
  http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4535784140/nposciencec0d-22/

●好評発売中です!書評、本の紹介など掲載されました。
 オーム社バイオ二クスに書評が掲載されました。また、赤旗に本の紹介が掲載されました。

バイオニクス 2007年1月号
http://www.e-bionics.jp/
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000LV6BWO/nposciencec0d-22/

●大学院進学ガイドサポートグループ
http://grad-book.g.hatena.ne.jp/

もご覧ください。

●ホンネでかたる「真の大学院ガイドブック」登場!
 合格体験記や大学教員の視点では見えてこない、大学院のありのままの姿を克明に
紹介しています。修士で就職するか、博士まで進むか、そしてその先を含めた研究室
選びのポイント、セクハラやパワハラなどのトラブルに直面したときの対処法、大学
院生の結婚・子育て、キャリアパス、そして留学など、現実に起こりうるさまざまな
問題を取り上げています。
 偏差値やブランドイメージだけでだまされない( 後悔しない) 大学院選びを考える
人に向けた、「真のガイドブック」です。 大学院進学を漠然と考えている高校生や
大学1 年生にとっても参考になるように作りました。

-目次-
第1部 大学院サバイバル入門
  1章 大学院進学ケーススタディー
  2章 大学院への進路選択
  3章 学位取得への道〜それから

第2部 大学院サバイバルの実践
  4章 博士課程からの就職活動
  5章 大学院生のハッピーライフ
  6章 大学院生の危機! トラブルに直面したら?
  7章 大学院生の多彩なキャリアパス
  8章 大学院生の金策〜ガクシン大作戦
  9章 大学院留学の実際
第3部 データ編
  10章 学生の視点からみた大学院ランキング
  11章 大学院を考えるための本

●SciCom News編集部員募集!
以下のページをご覧ください。
http://scicom.jp/oshirase.html#hensyu

▼このほか、サイコムジャパンではスタッフを募集してます。会員資格の有無を
問わず、サイコムジャパンの業務全般にわたりボランティアにてお手伝い、ご協
力してくださる方を求めています。お気軽にお問い合わせください。

▼一緒に日本の科学コミュニケーションを動かしていきましょう!

▼以下メールまで。
office@scicom.jp

●サイコムジャパン入会方法
以下のページをご覧ください。
http://scicom.jp/oshirase.html#associates

●ご寄付のお願い
以下のページをご覧ください。
http://scicom.jp/oshirase.html#kifu

■ご意見ご要望等は
office@scicom.jp
までお送り下さい。頂いたご意見にはすべて目を通しています。お返事が遅くな
り申し訳ありません。
もしご意見をこの欄にて取り上げてもよい、という方はその旨をお書きください。
その際実名もしくはペンネームのどちらがよいかもお伝えいただければ幸いです。
また、各種イベントの感想も歓迎しますので、ぜひお寄せください。
【深】。

代表理事日誌(榎木) http://scicom.jp/blog/
科学コミュニケーションブログ(立花) http://blog.so-net.ne.jp/kagaku/
もご覧ください

研究費の問題を中心に、研究問題についてつづるブログを運営しています。よろ
しければお立ち寄りください(榎木、立花)。
http://research-problem.seesaa.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
"NPO Science Communication News"
[SciCom News] No.168 2006年12月25日号 No.3
【発行者】榎木英介(NPO法人 Science Communication 代表理事)
【編集者】深島守 立花浩司 サイコムニュース編集部
【E-Mail】 office@scicom.jp
【FAX】 020-4664-2207
【Web Site】 http://scicom.jp/
メルマガの登録解除、イベント告知依頼などは以下のページからお願いします。
 http://scicom.jp/mailmag/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-12-28  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。