自然科学一般

Science Communication News

※Science Communication Newsは科学技術政策や科学技術コミュニケーションの動向を
ウォッチするメールマガジンで、毎週月曜配信されます。
※詳しくは以下のサイトをごらんください。
http://sci-support.org/?page_id=27

全て表示する >

[SciCom News]速報版 No116 Vol.2(研究ニュース・イベント案内号)

2005/12/26

※SciCom NewsはNPO法人サイエンス・コミュニケーションの発行するメールマガ
 ジンで、
※毎週月曜発行される速報版と随時発行されるレギュラー版の二種類が配信され
 ます。
※詳しくはサイコムのサイトをごらんください。
※購読の登録、解除も以下よりお願いします。こちらで代行はいたしませんので
 ご了承ください。
 http://scicom.jp/mailmag/

ブログ 研究ニュースクリップ:http://scicom.blogtribe.org/

★発行部数 1692部(12月25日現在) まぐまぐ1544部+melma!148部
-----------------------------------------------------------------
      ◆◇◆ NPO Science Communication News ◆◇◆
  速報版・研究ニュース・イベント案内号 No.116  2005年12月26日号
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
    ●研究ニュースworldwide
-----------------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★アメリカ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【インテリジェントデザイン】
●「知的設計論」を学校で教えるのは違憲・米連邦地裁初判断
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20051221AT2M2100R21122005.html

▼関連記事
http://www.chunichi.co.jp/00/kok/20051221/eve_____kok_____004.shtml
http://hotwired.goo.ne.jp/news/20051221202.html

●Senator to Cut Ties Over Evolution Lawsuit
http://www.nytimes.com/pages/science/index.html

●Schools Nationwide Study Impact of Evolution Ruling
http://www.nytimes.com/2005/12/22/science/sciencespecial2/22evolution.html

●Evolution studies win breakthrough award
http://education.guardian.co.uk/higher/research/story/0,9865,1672966,00.html

▼Several studies in evolution today collectively won the title
"breakthrough of the year", awarded by the leading US journal, Science.

●US citizens hail court ruling
http://www.eurekalert.org/pub_releases/2005-12/aiop-uch122005.php

▼Scientists and nonscientists alike applauded a US district court decision
ruling that a school board violated the Constitution by requiring high
school science students to learn about "intelligent design."

●Defending Science by Defining It
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2005/12/20/AR2005122001715.html

▼The opinion written by Judge John E. Jones III in the Dover evolution
trial is a two-in-one document that offers both philosophical and practical
arguments against "intelligent design" likely to be useful to far more than
a school board in a small Pennsylvania town.

●NASA、冥王星探査機を来年打ち上げ
http://www.nikkei.co.jp/news/past/honbun.cfm?i=STXKC0217%2020122005&g=K1&d=20051220

●Bill Seeks Billions to Bolster Research
http://sciencemag.org/cgi/content/full/310/5756/1891a

●Cord blood bill passes Senate
http://www.researchfortnight.co.uk/news.cfm?pagename=newsStory&type=default&elementID=57980

●Scientifically based research needs to underpin education
http://www.news.cornell.edu/stories/Dec05/no.child.laws.ssl.html

▼In the new book "The No Child Left Behind Legislation: Educational
Research and Federal Funding" (Information Age Pub., 2005), Cornell
University Professor Valerie Reyna asserts that new mandates for
scientifically based educational programs will improve education, and other
experts challenge her.

●Grants will give developing world access to scientific research
http://www.eurekalert.org/pub_releases/2005-12/yu-gwg122205.php

▼Two grants totaling $500,000 will support Yale University participation in
an international consortium to make prestigious scientific journals in the
environment sciences available online to the developing world at little or
no cost.

●State board-disciplined physicians more likely to have shown
unprofessional behavior in med school
http://www.eurekalert.org/pub_releases/2005-12/uoc--sbp122005.php

●Pandemic planning: Regional governments may be reluctant to report
outbreaks
http://www.eurekalert.org/pub_releases/2005-12/uotj-ppr121505.php

▼The distribution and division of power across several regional governments
in federal systems can hinder national and international efforts to control
infectious disease outbreaks, says a team of researchers in the open access
journal PLoS Medicine (http://www.plos.org).

●Regional governments may be reluctant to report outbreaks
http://www.eurekalert.org/pub_releases/2005-12/plos-rgm121405.php

▼The recent revision of the International Health Regulations is both long
overdue and eminently necessary to face the challenges of an increasingly
globalized world, according to a paper published in the open access journal
PLoS Medicine.

●IT大手と7大学、オープンソース研究のガイドライン採用
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0512/20/news011.html

●ロスアラモス研究所の運営権、カリフォルニア大が維持
http://hotwired.goo.ne.jp/news/20051222205.html

●California Is Surprise Winner in Bid to Run Los Alamos
http://www.nytimes.com/2005/12/22/national/22alamos.html

●今年の最も重要な科学的発見は進化研究の飛躍・米誌
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20051224AT1G2200C24122005.html

▼The 2005 Breakthrough of the Year
http://www.sciencemag.org/sciext/btoy2005

●Los Alamos Management Named
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2005/12/21/AR2005122101993.html

●Hubble finds new moons, rings around Uranus
http://www.cnn.com/2005/TECH/space/12/22/uranus.hubble/index.html

▼ハッブル天体望遠鏡、天王星に新しく2つの月を発見。
天王星について他の部分を観測していたら、たまたま見つけたとのこと。
天王星の月はこれまで25個見つかっており、すべてシェークスピアの物語にちなん
で命名されている。今回も習慣にならってマブとキューピッドと
いう名前がつけられた。
論文捏造など科学スキャンダルのニュースが多いなか、心が洗われるような記事で
す。

●New Year's Day 2006: delayed by a second
http://today.reuters.co.uk/news/newsArticle.aspx?type=scienceNews&storyID=2005-12-24T205752Z_01_SIB475486_RTRIDST_0_SCIENCE-LIFE-LEAPSECOND-DC.XML

▼地球の自転周期に合わせて、2006年のはじまりを1秒遅らせる、と科学者が発
表。

●Kids learn science on TV's planet Zula
http://www.cnn.com/2005/SHOWBIZ/TV/12/14/zula.planet.ap/index.html

●Increase in US Industrial R&D Expenditures Reported for 2003 Makes Up 
For Earlier Decline 
http://www.nsf.gov/statistics/infbrief/nsf06305/

●NSF Announces New Awards to Study the Impact of Katrina on People and 
Social Systems
http://www.nsf.gov/news/news_summ.jsp?cntn_id=105650

●2003 College Graduates in the U.S. Workforce: A Profile
http://www.nsf.gov/statistics/infbrief/nsf06304/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★イギリス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ニセ学位問題
UK kudos hit by fake degrees
http://www.thes.co.uk/current_edition/story.aspx?story_id=2026901

▼The international reputation of UK universities is being put at risk by
the increasing number of diploma mills that use UK addresses to sell fake
degrees, quality watchdogs have warned.

●Fewer business bucks for UK schools
http://www.the-scientist.com/news/20051220/01

▼Report shows British companies are spending less of their R&D money in
university

●Policy limbo leaves staff vulnerable
http://www.thes.co.uk/current_edition/story.aspx?story_id=2026906

▼Half of universities have no rules governing relationships
betweenacademics and their students. Phil Baty reports

●Vanquish the fatal five
http://www.thes.co.uk/current_edition/story.aspx?story_id=2026986

▼University managers are largely to blame for five "fatal flaws" that
experts say can ruin an academic department.

●本の売り上げダウン
Students buying fewer books, research shows
http://www.thes.co.uk/current_edition/story.aspx?story_id=2026915

▼Academics are contributing to a decline in textbook buying, according to a
publishers' survey, because they are reluctant to ask cash-strapped students
to pay for course materials.

●UK satellite to broadcast first Galileo signals from space
http://www.researchfortnight.co.uk/news.cfm?pagename=newsStory&type=default&elementID=57972

●Cambridge fails to return to profit
http://education.guardian.co.uk/universityfunding/story/0,14337,1673326,00.html

▼・ Deficit stands at £500,000 after cost-cutting moves
・ University hopes to earn £14m from top-up fees

●Medical students face £20,000 debt
http://icnorthwales.icnetwork.co.uk/news/ukworld/tm_objectid=16500052&method=full&siteid=
50142&headline=medical-students-face--pound-20-000-debt-name_page.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ヨーロッパ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●EU budget deal blow to scientists
http://www.the-scientist.com/news/20051222/02

▼Research spending may increase by as little as 8 percent annually until
2013

【スイス】
●「頭脳流出」問題、スイスは海外情報拠点設立で対応
http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/medi/418441

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★アジア
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【韓国】
●科学英才高校を増やし、本物の英才教育を
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/12/23/20051223000001.html

●韓中日機械工学科学生シンポジウムを開催
http://www.hellodd.com/japan/news/news_view.asp?t=dd_jp_news&menu=&mark=1141

●Seoul searching
http://education.guardian.co.uk/higher/worldwide/story/0,9959,1673517,00.html

▼Academic pressure in Korea, a comic strip in Canada, and how Nigerian
students turned an exam row into a hostage crisis: David Cohen rounds up the

offbeat news from the world of higher learning. Plus: the best of 2005

【中国】
●「科学技術発展計画」実施案、国務院常務会議を通過
http://www.china.com.cn/japanese/212570.htm

●「第11次5ヶ年規画」期間に300ヶ所の博物館を新設
http://www.xinhua.jp/news/free/10041433.html

▼中国の博物館は、今後「第11次5ヶ年規画」期間内に科学技術の展示比率を
高め、社会貢献の機能を十分に発揮していく。

●中国、第22回南極科学調査活動を開始
http://jp.chinabroadcast.cn/151/2005/12/18/1@54131.htm

【インド】
●India makes waves over tsunami warning system
Nature 438, 1060-1061 (22 December 2005) | doi:10.1038/4381060a
http://www.nature.com/nature/journal/v438/n7071/full/4381060a.html

【イラク】
●フセイン政権の「炭疽菌夫人」「細菌博士」ら釈放
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1566150/detail

-----------------------------------------------------------------
    ●人財-キャリア情報
-----------------------------------------------------------------
●<就職活動・私の体験>
モリタ ポンプ技術部・川崎 美生さん(神戸大工学部2005年卒、23歳)
http://www.nikkei.co.jp/kansai/univ/30510-frame.html

●就職力:千葉工業大 組織で光る人材目指す
2005/12/20 朝日新聞東京本社版 夕刊

●Meeting pay-offs
Nature 438, 1187 (December 2005) | doi:10.1038/nj7071-1187a
http://www.nature.com/naturejobs/2005/051222/full/nj7071-1187a.html

▼Ways to help justify conference travel.

●All they need for for Christmas
研究者がクリスマスプレゼントにほしいものは?
http://education.guardian.co.uk/higher/research/notes/story/0,16508,1670790,00.html

●平成18年度新規「科学技術関係人材のキャリアパス多様化促進事業」公募要領等説
明会の開催について
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/17/12/05122002.htm

▼ 文部科学省では、ポストドクター等の若手研究者のキャリア選択に対する組織的
な支援を行う事業を国からの委託により実施する「科学技術関係人材のキャリアパス
多様化促進事業」を平成18年度より実施いたします。
 つきましては、本事業の公募を行うにあたって、公募要領等に関する説明会を以下
の通り開催いたします。ご関心のある方はふるってご参加くださいますようお願いい
たします

【サイエンスキャリア】
●Evolution: Getting in on the Action
http://sciencecareers.sciencemag.org/career_development/issue/articles/2005_12_23/evolution_getting_in_on_the_action/

●Educated Woman--Chapter 46: Episodes in Crisis Management
http://sciencecareers.sciencemag.org/career_development/issue/articles/2005_12_23/educated_woman_chapter_46_episodes_in_crisis_management/

●The Evolution of Butterfly Vision
http://sciencecareers.sciencemag.org/career_development/issue/articles/2005_12_23/the_evolution_of_butterfly_vision/

●Evolutionary Ecology, Locally and Globally
http://sciencecareers.sciencemag.org/career_development/issue/articles/2005_12_23/evolutionary_ecology_locally_and_globally/

●Career Diversity in Evolutionary Genetics
http://sciencecareers.sciencemag.org/career_development/issue/articles/2005_12_23/career_diversity_in_evolutionary_genetics/

●Natural Evolution in a Career
http://sciencecareers.sciencemag.org/career_development/issue/articles/2005_12_23/natural_evolution_in_a_career/

【人材募集】
●人材、バイオフロンティアパートナーズ
幹部社員募集中!
http://biotech.nikkeibp.co.jp/senmonn/jinzai.jsp?jreq=100hpd&id=3039&site=btj

▼当社は、国内初のバイオベンチャーに特化したベンチャーキャピタル。創薬系を中
心とする多様な生物科学系ベンチャーの育成に注力するために、以下のような人材を
募集中。
大卒以上(理系専攻)、MDあるいはPh.D.を保有、要英語力(例:TOEIC730点/英検
準1級以上)、リーダーシップを取れること。臨床開発経験者は特に優遇します。

●文部科学省業務説明会(事務系・技術系試験区分共通)
http://www.mext.go.jp/b_menu/saiyou/05121901.htm

-----------------------------------------------------------------
●百家争鳴-オピニオン、意見その他、科学報道など
-----------------------------------------------------------------
●研究の失敗に寛容な風土はできるか(12/21)
NETアイプロの視点 清水 正巳 編集委員
http://www.nikkei.co.jp/neteye5/shimizu/index.html

●松浦晋也のL/D
「はやぶさリンク」:日経新聞・清水正巳編集委員の記事に関して
http://smatsu.air-nifty.com/lbyd/2005/12/post_08cc.html

●創刊80年『理科年表』 部数減少に危機感
http://www.tokyo-np.co.jp/00/sci/20051220/ftu_____sci_____002.shtml

●佐藤矩行教授が国際賞受賞 京大、生物発生学などの分野で業績
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2005121900161&genre=G1&area=K10

●かがく批評室:専門家による事件 求められる公共的な倫理観
2005/12/20 朝日新聞東京本社版 夕刊

●科学記者が選んだ05年10大ニュース
2005/12/20 朝日新聞東京本社版 夕刊

●立花隆:野口総一宇宙飛行士とNASAの事故調査問題を語る
http://nikkeibp.jp/style/biz/topic/tachibana/media/051221_nasa/

●医療ウラ・オモテ:医師は本当に足りないのか?
http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/kenkou/uraomote/418063

●東大や阪大など 24チームが研究成果競う 草津・立命大でロボカップ
http://kyoto-np.jp/article.php?mid=P2005122300130&genre=G1&area=S10&mp

●WWF:希少種『ボルネオゾウ』をGPSで追跡、ウェブで公開
http://hotwired.goo.ne.jp/news/20051220206.html

-----------------------------------------------------------------
    ●メディアウォッチ
-----------------------------------------------------------------
▼この欄では、科学報道や科学番組をご紹介したり、率直な感想を述べたりして
いきたいと考えています。気軽に構えてくださって構いません。皆様のご意見、
情報の御提供、ご感想もお待ちしています。

▼新聞の論説、科学に関する特集などもこの欄に掲載します。

【読売新聞】
●[ES細胞捏造]「再生医療の夢を汚した罪は重い」
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20051224ig91.htm

【毎日新聞】
●社説:科学技術基本計画 国民を元気づける目標を
http://www.mainichi-msn.co.jp/eye/shasetsu/news/20051224ddm005070105000c.html

【朝日新聞】
●韓国ES疑惑 「対岸の火事」ではない
http://www.asahi.com/paper/editorial20051224.html#syasetu1

●美術・博物館 民の知恵どこまで
http://www.asahi.com/paper/editorial20051219.html#syasetu2

【産経新聞】
●【主張】科学技術基本計画 若手育成を第一にしたい
http://www.sankei.co.jp/news/051219/morning/editoria.htm

●【主張】ES細胞捏造 世界を欺いた責任は重い
http://www.sankei.co.jp/news/051224/morning/editoria.htm

-----------------------------------------------------------------
    ●ポッドキャスティング
-----------------------------------------------------------------
【アメリカ】
●Internet Society -- Berkeley Groks 2005-12-21
http://ia300812.eu.archive.org/3/items/groks199/Groks122105_vbr.mp3

▼Berkeley Groks Science Program
http://www.ocf.berkeley.edu/~clgroks/

【イギリス】
●ザ・ネイキッドサイエンティスト インターネットラジオショー 最新版
http://www.thenakedscientists.com/Naked_Scientists_Show_05.12.25.mp3

▼The Naked Scientists Internet Science Radio Show Archive
http://www.thenakedscientists.com/HTML/Shows/Archive.htm

●ニューサイエンティスト・ポッドキャスト 最新版
http://www.newscientist.com/data/av/podcast/newsci-20051223-face-off.mp3

▼NewScientist.com podcast
http://www.newscientist.com/podcast.ns

●ネイチャー・ポッドキャスト 最新版
http://www.nature.com/nature/podcast/v438/n7069/nature-2005-12-22.mp3

▼Nature podcast
http://www.natureasia.com/japan/focus/podcast/index.php

【オーストラリア】
●サイエンス・ポッドキャスト
http://www.abc.net.au/science/programs/podcast.htm

▼毎週更新!「ザ・サイエンスショー」ほか7つの番組があります。

-----------------------------------------------------------------
    ●Books、雑誌、ウェブサイト
-----------------------------------------------------------------
●自然科学系の雑誌一覧(裳華房)
http://www.shokabo.co.jp/magazine/index.html

●ウェッジ 2006年1月号
http://www.wedge.co.jp/

▼地球学の世紀
「再生医療と幹細胞研究の目指す所」岡野栄之 ほか

●バイオテクノロジージャーナル 2006年1-2月号 Vol.6 No.1
http://www.yodosha.co.jp/btjournal/

▼産学連携時代の共同研究術:第6回 互いに相手の力量を見極める方法
カフェ101:第1回 意外と日本人が少ないシリコンバレー ほか

●オンラインジャーナル BTJジャーナル 2006年1月創刊
http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/

▼「BTJジャーナル」は、全国5万人のバイオ研究者のコミュニティ「バイオテクノロ
ジー・ジャパン」がお届けする、バイオ研究者のキャリアアップ・マガジンです。

▼「BTJジャーナル」は「BTJ/HEADLINE/NEWS」会員の方であれば、無料で読むことが
できるPDFマガジンです。2006年1月より、毎月25日に「BTJジャーナル」発行のお知
らせをメールで告知します。

▼インタビュー、基礎講座、人生相談、学会ダイレクト

▼人生相談
キャリアアップと実験手技の2本立てで、読者のみなさんの“お悩み”に答えていき
ます。編集部が媒介になって、悠々自適の人生を送っている先達や、エッジの立った
バリバリの研究室の先輩たちに回答を求め、紹介していきます。キャリアアップのお
役立ち情報として、ご活用下さい。実験手技の問題を解決してサクサク論文を発表
し、ハッピーライフを送りましょう(創刊号から掲載)。

●日経サイエンス 2006年2月号 
http://www.nikkei-science.com/

▼いまどき科学世評 
政治の科学性問う京都議定書/塩谷喜雄
旅して発見!
生命の海科学館で太古の生物に触れる/金澤智/生命の海科学館 ほか

●バイオニクス 2006年1月号
http://www.e-bionics.jp/

▼News Review
誤らずにつなげること−生命が遺伝暗号を読みとる仕組みに迫る
Series Articles
ノーベル賞を取り損ねた日本人科学者たち ほか

●産学官連携ジャーナル 2005年12月号 Vol.1 No.12 2005
http://sangakukan.jp/journal/

▼巻頭言
(株)日立製作所 取締役 執行役社長 庄山 悦彦
『ベンチャー起業の若手に聞く』
  目標達成の一つの手段
大学発ベンチャーで成功者になれるのか−
(株)舞ロジック 代表取締役/
早稲田大学大学院理工学研究科 博士課程 山下 関哉  ほか
特別寄稿
 特許庁における産学官連携への取り組みについて
−大学等支援施策を中心として−
特許庁 総務部 技術調査課 課長補佐 月野 洋一郎

●文部科学時報 2005年12月号
http://www.gyosei.co.jp/book/g_zassi/monbu/monbu.html

▼次世代スーパーコンピュータによる計算科学技術の革新

焦点——文教・科学技術施策
  四年制専門学校の修了者に対する大学院入学資格および高度専門士の称号の付

「科学技術と社会」最前線
  サイエンスキャンプ

●大学発ベンチャー—新事業創出と発展のプロ
スコット シェーン (著) 金井 一頼、渡辺 孝 (監訳) 出版社: 中央経済社 ;
ISBN: 4502380504 ; (2005/10)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4502380504/nposciencecom-22/

-----------------------------------------------------------------
    ●NPO法人サイエンス・コミュニケーションよりお知らせ
-----------------------------------------------------------------
●SciCom News編集部員募集!
以下のページをご覧ください。
http://scicom.jp/oshirase.html#hensyu

●サイコムジャパン入会方法
以下のページをご覧ください。
http://scicom.jp/oshirase.html#associates

●ご寄付のお願い
以下のページをご覧ください。
http://scicom.jp/oshirase.html#kifu

-----------------------------------------------------------------
    ●イベント案内
-----------------------------------------------------------------
 サイコム・ニュースではいただいたイベント案内のうち、科学技術政策等に関
連するものはメルマガの形でみなさんの御手元にお届けしています。
 また、スタッフが皆様のご関心の高そうなイベント案内をピックアップしてい
ます。
 これらのイベントは必ずしもNPOサイエンス・コミュニケーションが協賛、推
奨するものではありませんのであらかじめご承知ください。
 なお、イベント案内をお送りいただければこういった形で読者のみなさまに告
知させていただきますので、科学技術に関わるイベントを企画されている方はお
送りください。
 原則として一ヶ月以上前にお送りいただければ幸いです。
また、ご要望にお応えできないこともありますので、ご理解をお願いいたしま
す。

イベント案内申込みは、下記のフォーム
http://scicom.jp/mailmag/event/
もしくは office@scicom.jp まで。

目次
  -兵庫県立 人と自然の博物館 企画展「見逃すな!はてなの世界」
   2005年10月22日(土)−2006年1月22日(日)
   兵庫県立 人と自然の博物館

  -「日本におけるドイツ年」特別企画展『サイエンス+フィクション』
   2005年12月10日(土)-2006年2月27日(月)
   日本科学未来館1F 催事ゾーン

  -ソニー・エクスプローラサイエンス企画展「大平貴之とプラネタリウム展」
   2005年12月17日(土)−2006年1月29日(日)
   ソニー・エクスプローラサイエンス

  -バイオカフェ
   2006年 1月12日(木) 15:30-18:30
   札幌ビズカフェ

  -サイエンス・カフェ札幌
   2006年 1月13日(金) 18:00-19:30
   紀伊國屋書店札幌本店1階インナーガーデン

  -科学と音楽の夕べ
   2006年1月20日(金)  <開場>17:45 <開演>18:30
   新国立劇場 中劇場

  -市民講座「ゲノム科学と社会」
   2006年 1月21日(土)
   有楽町朝日ホール

-----------------------------------------------------------------
●兵庫県立 人と自然の博物館 企画展
「見逃すな!はてなの世界」

開催期間:2005年10月22日(土)−2006年1月22日(日)
開催場所:兵庫県立 人と自然の博物館
入 場 料:無料(ただし観覧料200円は必要)
主  催:兵庫県立 人と自然の博物館
お問合せ先:兵庫県立 人と自然の博物館
      三田市弥生が丘6丁目
      TEL:079-559-2003 / FAX:079-559-2033

詳しくはこちら↓
http://hitohaku.jp/exhibits/program_exhibition/2005/hatena_index.html

-----------------------------------------------------------------
●「日本におけるドイツ年」特別企画展
アートと科学が交差する 『サイエンス+フィクション』
−ナノ世界とグローバルカルチャーのはざまで−

「サイエンスフィクション」「ナノテクノロジー」「脳研究」「グローバルカル
チャー」「未来」などのテーマについて、科学と芸術という異なるアプローチに
よって表現します。「科学が私たちの文化にもたらす約束と失敗は?」、「原子
レベルでの操作が可能になったことの意味とは?」、「認知プロセスにおいて脳
はどのように機能しているのか?」、「国際化の中で自己と他者の境界はどこに
あるのか?」など、科学がもたらす問いに対し、アーティストが独自の視点で5
つの作品を発表します。

知識社会の未来を語るためには、高度に複雑化した科学の役割を捉え直す必要が
あります。『サイエンス+フィクション』は、「社会と科学」というテーマに芸
術が関わり、それによって国際社会のあり方や科学の役割について、新たな議論
を巻き起こそうという試みです。

開催期間:2005年12月10日(土)−2006年2月27日(月)
開催場所:日本科学未来館1F 催事ゾーン
入 場 料:大人 900円、18歳以下 350円 (常設展示見学可)
       団体割引・8名以上:大人 800円、18才以下 310円
     友の会会員: 大人400円、18才以下150円(会員証をご提示ください)
       ※障害者手帳所持者は当人及び付添い者1名まで無料。
       ※すでに団体でお申し込みのお客様は、常設展との差額分で
       ご入場頂けます。
主  催:日本科学未来館、フォルクスワーゲン財団
協  力:東京ドイツ文化センター
後  援:ドイツ大使館
お問合せ先:日本科学未来館
      東京都江東区青海2−41
      TEL:03-3570-9151 / FAX:03-3570-9160

詳しくはこちら↓
http://www.miraikan.jst.go.jp/j/sp/science+fiction/index.html

-----------------------------------------------------------------
●ソニー・エクスプローラサイエンス 企画展
「大平貴之とプラネタリウム展」

開催期間:2005年12月17日(土)−2006年1月29日(日)
開催場所:ソニー・エクスプローラサイエンス
入 場 料:大人500円 小人300円
主  催:ソニー・エクスプローラサイエンス
お問合せ先:ソニー・エクスプローラサイエンス
      東京都港区台場1丁目7-1 メディアージュ5F
      TEL:03-5531-2186

詳しくはこちら↓
http://www.sonyexplorascience.jp/ohira/index02.html

-----------------------------------------------------------------
●バイオカフェ

くらしとバイオプラザ21では、コーヒーを傾けながら、気軽に科学をかたりあ
う場をつくりたいと考え、サイエンスカフェのバイオ版「バイオカフェ」を開催
しています。初めにバイオリンなどの演奏を行い、スピーカーが30〜40分話
した後、参加者みんなでワイワイガヤガヤ、質問、意見、感想をいいあいます。
開催スケジュールは次のとおりです。どうぞお誘いあわせのうえお出かけくださ
い。事前申し込みは不要ですが、ご連絡いただけばお席を確保しておきます。

日時  :2006年 1月12日(木) 15:30-18:30
場所  :札幌ビズカフェ
     札幌市北区西4−5−1
テーマ :酵素の巧妙さ、すごさ
講師  :NPO法人くらしとバイオプラザ21 外山博視さん
テーマ :国の政策が決まる仕組み(バイオ政策の場合)
     〜これを聞くと新聞がよくわかる
講師  :長崎大学 嶋野武志さん

詳しくはこちら↓
http://www.life-bio.or.jp/biocafe/index.html

-----------------------------------------------------------------
●サイエンス・カフェ札幌

イギリスで誕生し世界各地へと拡がりつつあるサイエンス・カフェ。CoSTEP(科
学技術コミュニケーター養成ユニット)の手で札幌にも誕生しました。毎月1回
第2金曜日の夕方に、紀伊國屋書店札幌本店(札幌駅西側)1階のインナーガー
デンで開催します。
サイエンス・カフェ札幌の特徴は,CoSTEPの実習授業の一環として開催されるこ
とです。ここで学んだ受講生たちが、札幌のあちらこちら、そして日本の各地に
サイエンス・カフェの文化を広げていくことでしょう。

日時  :2006年 1月13日(金) 18:00-19:30
場所  :紀伊國屋書店札幌本店1階インナーガーデン
テーマ :もしものときの科学 〜地震津波防災について
講師  :北海道大学大学院理学研究科 教授 笠原 実さん
     北海道大学附属地震火山研究観測センター 助教授 谷岡勇市郎さん

詳しくはこちら↓
http://fox44.hucc.hokudai.ac.jp/~scicom/sciencecafe.html

-----------------------------------------------------------------
●科学と音楽の夕べ

独立行政法人科学技術振興機構は、我が国において指摘されている科学技術離れに対
応し、青少年をはじめとする一般の方々が科学技術に親しみ、科学技術に対する関心
と理解をより一層深めていただくために、「科学と音楽の夕べ」を開催いたします。
今回、第一部では永山國昭教授による講演会を、第二部では新国立劇場合唱団による
華麗なるオペラの世界をお楽しみいただきます。

日   時 2006年1月20日(金)  <開場>17:45 <開演>18:30
会   場 新国立劇場 中劇場 (京王新線初台駅中央口改札北口)
定   員 先着1,000名(高校生以上及び一般の方)
主催:独立行政法人科学技術振興機構(JST)   制作協力:財団法人新国立劇場運営財

お問い合せ:「科学と音楽の夕べ」事務局 科学新聞社内 〒105-0013東京都港区浜松
町1-8-1 TEL.03-3432-0420

第1部  特別講演会 文化としての科学を楽しむ 永山  國昭
第2部  コンサート 新国立劇場合唱団と釜洞祐子による華麗なるオペラの世界

詳しくはこちら↓
http://www.sci-news.co.jp/ongaku060120/

-----------------------------------------------------------------
●市民講座「ゲノム科学と社会」

【プログラム】

「ゲノム研究による病気の解明と治療法開発」
辻 省次(東京大学)

「糖尿病とゲノム研究」
春日雅人(神戸大学)

「臨床情報とゲノム情報の融合」
永井良三(東京大学)

「大腸菌O157とゲノム研究」
林 哲也(宮崎大学)

「麹菌のゲノム解析とその産業応用」
五味勝也(東北大学)

「ゲノム科学研究に関する一般国民の意識」
山縣然太朗(山梨大学)

「特別講演:ゲノム科学と社会」
村上陽一郎(国際基督教大学)

パネルディスカッション「ゲノム科学は社会にどのように貢献できるか」
司会:加藤和人(京都大学)
パネリスト:村上陽一郎(国際基督教大学)
栗山真理子(国立生育医療センター) ほか

日時:平成18年1月21日(土)
会場:有楽町朝日ホール
参加費:無料 ※お席に余裕がある場合、当日の参加も可能です。
主催:文部科学省特定領域「応用ゲノム」(平成17年度-21年度)

詳しくはこちら↓
http://www.kuba.co.jp/IGSFM/shimin/index.html

-----------------------------------------------------------------
    ●編集後記
-----------------------------------------------------------------
【研究者コミュニティに対する不信感と社会的責任】

■今月、東京・品川で行われた糖鎖科学コンソーシアムシンポジウムで、日本学
術会議会長の黒川清さんから、会場を埋める大勢の参加者に対し、このような刺
激的な問いかけがあった。
「みなさん、学術会議って何するところだか知ってますか?知らないでしょう。
それで、みなさんは社会から自分たちのことをどう思われているのか、知ってま
すか?科研費なんてなくても、どうしても命をかけてもなんとかしたいというパ
ッション(情熱)とコミットメント、ひとりひとりにありますか?研究費がなけ
れば何もできませんという人、そんな人は研究費をあげてもたいていできないん
です。これまでに大きなブレイクスルーが起こったのは、科学技術に大きな投資
がされたからかも知れませんが、実際に社会を変えたのはその時々の変人の力だ
と思っています。何のために国が研究に投資するのか考えたほうがいいですよ。
ノレッジベースドサイエンティスト(知を基盤とした科学者)のみなさんが知ら
ないはずはない。知識は増えても、賢くなったのですか?文科省を見ているだけ
で済む話ではありません。ひとりひとりが何ができるか、よく考えておいてくだ
さいね。今までのパラダイムだけを追求していいという訳ではありません。アジ
ア全体、さらに世界全体のことを考えて、社会に対して自分たちはどのようなこ
とをし、科学者のコミュニティ全体としては社会に対してどのような発言をし、
自分たちは自分たちをどのように律して社会からの信用を獲得し、科学者コミュ
ニティの一員として生きていくのか、わずかな時間でもそれぞれの立場で考えて
この国を品格のある国にすることが大事だと思います。」

■黒川さんが、あちこちの学会やシンポジウム等でこのような発言を続けている
ことの背景には、科学者や研究者に対する社会からの不信感と、科学者や研究者
の無関心があるように思う。いろいろなところで話題となった論文ねつ造疑惑に
対しても、本来「自分たちをどのように律して社会からの信用を獲得し、科学者
コミュニティの一員として生きていくのか」考えていれば、起こりようがないと
いうのだ。第3期科学技術基本計画案に「社会・国民に支持される科学技術」と
いうタイトルでひとつの章が追記され、その中で具体的に「実験データの捏造等
の研究者の倫理問題」という文言が盛り込まれた意味合いをかみしめたい。

■第3期科学技術基本計画の策定作業で、数値目標について最後の最後までもめ
ることになったが、これもまた第1期や第2期のフォローアップと総括が不十分
なまま、財政支出の絞込みを進める国家予算の中で、国民に対してこれまで以上
の数値目標を掲げて「聖域化」することへの財務省の警戒感が背景にあったこと
は否めないだろう。31日間にわたって公募された科学技術基本計画に対するパ
ブリックコメントで、研究者からの「社会・国民に支持される科学技術」に対す
るコメントが少なく、研究者にとって身近な「科学技術システム改革」で現状の
不満をぶつけるコメントが集中していることからも、おおむね察しがつく。

■「科学技術に関する基本政策」に対する答申案には、さきほどの黒川さんの意
見も、財務省が強調していたエフォート管理やフォローアップについても、社会
・国民に支持される科学技術の詳細についても、ひととおり網羅されている。年
末年始の空き時間を利用して、総合科学技術会議のウェブサイトからダウンロー
ドして通読し、このような基本計画がつくられたことの背景に想いをはせてみる
ことをお勧めしたい。【立花】

■ご意見ご要望等は
office@scicom.jp
までお送り下さい。頂いたご意見にはすべて目を通しています。お返事が遅くな
り申し訳ありません。
もしご意見をこの欄にて取り上げてもよい、という方はその旨をお書きください。
その際実名もしくはペンネームのどちらがよいかもお伝えいただければ幸いです。
また、各種イベントの感想も歓迎しますので、ぜひお寄せください。
【深】。

代表理事日誌(榎木) http://scicom.jp/blog/
科学コミュニケーションブログ(立花) http://blog.so-net.ne.jp/kagaku/
もご覧ください

-----------------------------------------------------------------
"NPO Science Communication News"
[SciCom News]速報版・研究ニュース・イベント案内号 No.116  2005年12月26日号
No.2.
【発行者】榎木英介(NPO法人 Science Communication 代表理事)
【編集者】深島守 立花浩司 サイコムニュース速報版編集部
【E-Mail】 office@scicom.jp
【FAX】 020-4664-2207
【Web Site】 http://scicom.jp/
-----------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-12-28  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。