大学

Academia e-Network Letter

国立大学が独立行政法人化され公立大学の多くが後を追い、大学界全体への政・官・財の影響力が高まりつつあります。大学界における連帯形成の試みとして不定期に配信しています。

全て表示する >

[AcNet Letter 224] 「ボランティアに頼る元国立大学」

2004/12/26

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       Academia e-Network Letter No 224 (2004.12.26 Sun)
         http://letter.ac-net.org/04/12/26-224.php

━┫AcNet Letter 224 目次┣━━━━━━━━━ 2004.12.26 ━━━━

【1】石田 雄 著「日本の政治と言葉 下」「平和」と「国家」 抜粋
  東京大学出版会 ISBN 4-13-033046-2, 1989 初版
  http://bookweb.kinokuniya.co.jp/hb/honten/wshosea.cgi?W-NIPS=9890891581&MAPM=1

【2】理系白書ブログ: 雑感 2004.12.20 #(科学技術基本計画考)
 http://spaces.msn.com/members/rikei/Blog/cns!1pqciTw8cEc9bQRgc8cCtTYg!649.entry      
 
【3】Blog: Dr. BLUE > University   2004.12.25
   ボランティアに頼る元国立大学
 http://homepage.mac.com/k_kudo/iblog/B2007620793/C72830529/E1392838364/index.html

【4】立川反戦ビラ事件無罪判決を支持する法学者声明
      http://www.jca.apc.org/~kenpoweb/041216tachikawa_statement.html

 【4-1】立川反戦ビラ事件判決 全文
  http://homepage2.nifty.com/osawa-yutaka/heiwa-iraku-dannatu-hanketu.htm

 【4-2】Yahoo News Headline (毎日新聞)12月24日20時33分更新
   <イラク派遣反対ビラ>無罪判決不服、東京地検支部が控訴
  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041224-00000118-mai-soci

 【4-3】レポレロ氏からのおたより紹介 04.12.21(Tue.)
          寺西判事補の著書「愉快な裁判官」の紹介

 【4-4】毎日新聞 12月25日
     <住居侵入容疑>共産党のビラ配り逮捕 東京・葛飾
     http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041225-00000085-mai-soci

【5】TUP 速報 430号 失われたファルージャ 041224
       2004年12月24日(金) 午前11時03分
     http://groups.yahoo.co.jp/group/TUP-Bulletin/message/460

【6】編集後記:教育系大学からのお便り、東北大学の学長選挙廃止、他

━ AcNet Letter 224 【1】━━━━━━━━━━ 2004.12.26 ━━━━━━

本の紹介(続き)

 石田 雄 著「日本の政治と言葉 下」「平和」と「国家」 抜粋
  東京大学出版会 ISBN 4-13-033046-2, 1989 初版
  http://bookweb.kinokuniya.co.jp/hb/honten/wshosea.cgi?W-NIPS=9890891581&MAPM=1

──────────────────────────────
後編  「くに」とは何かーー「国家」観と「国民」観ーー序章より

  p157 『権力機構としての「国家」は、強制組織としての人間の作
  為によってつくり出されたものであり、したがって個人がえらび、
  あるいは変えられることができるものである。これに対して、共
  同生活体としての「国民」は、自然的に生成発展したものであり、
  個人が生れながらに所属するものである。

「国家」と「国民」がこのような形で明確に区別され、その違いが
  意識されているときには、「国家」の意味は限定され、それに期
  待される機能も特定される。(中略)

  これに反して、「国家」と「国民」とが混淆されると、「国家」
  は人為的な機構ではなくなり自然的所与と考えられるから、選択
  や改革の余地がなくなる。それだけではなく、「国家」の意味や
  機能の限定性がなくなり、国家権力が私的領域に介入することを
  許す傾向が生れる。』

━ AcNet Letter 224 【2】━━━━━━━━━━ 2004.12.26 ━━━━━━

  理系白書ブログ: 雑感 2004.12.20
  http://spaces.msn.com/members/rikei/Blog/cns!1pqciTw8cEc9bQRgc8cCtTYg!649.entry      
──────────────────────────────
抜書

『総合科学技術会議が主導した第二期科学技術基本計画は、一 部の
  方はご存知のとおり、重点分野を4件指定して、そこに金を集中
  投資しようというものです。基礎研究も大切だ、ということは強
  調されていますが、実際には基礎研究の中でも重点分野以外には
  金がいきにくい構造になっています。アクションプランができた
  結果、何が生まれたか。

  その1.競争的環境が強まりました。よい方向へ向かったものも、
  悪い方向へ向かったものもあります。

  その2.「恐るべき」額の税金が、科学技術関連事業につぎ込ま
  れました。5年間で24兆円という計画です。それで育った分野と、
  育たなかった分野があります。

  その3.科学技術がある意味で「金看板」になり、霞が関のお役
  人や議員が「科学技術に乗っかるとおいしい」という気持ちを持
  ち始めました。少なくとも科学技術関連予算だけは、不況の中で
  も右肩上がりです。物事には必ず、表裏があります。ですから
  「恐るべき発展」は、評価できる面と評価できない面をはらんで
  います。』

『研究者たちが自分の意思で、自分の実力の範囲でできることをやっ
  ていれば科学技術は進展するのであって、お上は口を出すなとい
  うのだと、おそらく今のような発展はなかったでしょう。逆に言
  えば、お上ができるのは、ちんどん屋的な支援が精一杯。それで
  も、やらないよりやった方がいいと私は思います。』

『国(行政)に望むのは、1期と2期の計画でもってがむしゃらに
  肥料をまいて耕した畑に、3期で何を植え、どう育て、収穫物を
  何に生かすのかという長期的(5年ではおさまらない)なビジョン
  です。その計画の「受益者」であるべき研究者や技術者、大学生、
  「利害関係者でない傍観者」のマスコミが、これからどう、くち
  ばしを突っ込んでいくかが重要だと思います。』

━ AcNet Letter 224 【3】━━━━━━━━━━ 2004.12.26 ━━━━━━
 
 Blog: Dr. BLUE > University   2004.12.25
   ボランティアに頼る元国立大学
   http://homepage.mac.com/k_kudo/iblog/B2007620793/C72830529/E1392838364/index.html
──────────────────────────────

  「とある国立大の非常勤講師をしている。で、独立行政法人化さ
  れた。予算がないと同級生の教授が言っていた。そうなんだあ 
  と思っていた。

   先日、メールで 非常勤講師の 予算がなく 講師料も交通費
  も出せないけど やってくれるか?という 連絡が来た。笑って
  しまった。どうせその大学図書館にはちょくちょく行くので、い
  いよと返事はしておいた。

   しかし、そういうことが可能なんだろうか? まさに ボラン
  ティアの教員に講義を頼むわけで、天下の元国立大がね、、、?
  ?? と ここまで 日本の高等教育も地に落ちたかと。

   私は ボランティアで やることに やぶさかではないけど 
  そういうボランティアに頼るような 大学では 日本の教育立国
  も 遠い昔のことなのだと 小泉さんは 一俵だか百俵の米とか
  おっしゃっていたが 言行不一致で いいかげんなひとだ。」


━ AcNet Letter 224 【4】━━━━━━━━━━ 2004.12.26 ━━━━━━

  立川反戦ビラ事件無罪判決を支持する法学者声明
   http://www.jca.apc.org/~kenpoweb/041216tachikawa_statement.html
──────────────────────────────

  立川市内の防衛庁官舎で、イラク派兵に反対する内容のビラを投
  函した市民グループ「立川自衛隊監視テント村」のメンバー三人
  が、住居侵入罪の容疑で、逮捕・起訴された事件の判決言い渡し
  が、一二月一六日に東京地方裁判所八王子支部であった。

1 判決内容

  判決は、三人が行ったビラ投函は憲法二一条一項の保障する政治
  的表現の一態様であり、民主主義社会の根幹を成すものとして、
  営業活動など経済的自由に比して「優越的地位」にあり、憲法上
  特に強い保障を受けると判示した。このように表現の自由の意義
  を確認したうえで、政治的見解を伝える動機で、官舎の住人のプ
  ライヴァシーを侵害する程度が非常に低い態様で、防衛庁官舎に
  立ち入った三人の行為は、刑罰を加えるほどの違法性がないとし
  て、無罪判決を言い渡した。

  またこの判決は、住居侵入罪の構成要件について、従来の最高裁
  判所の判例の立場と同様に、意思侵害説に立ち、また住居侵入罪
  の対象について、集合住宅の個々の居室、通路および敷地を「一
  体」のものと捉えるという見解を示した。そして、三人の行為は、
  住居侵入罪の構成要件を満たすとした上で、しかし、行為の動機
  が政治的意見表明を目的とした正当なものであり、手段も相当な
  ものであり、その行為の結果も法益の侵害の程度が極めて軽微と
  いう三点において刑罰を加えるほどの違法性がないとした。

  すなわち管理人ないし住人から、明確な意思表示があったわけで
  はないこと、ビラの内容自体には「威力」をちらつかせたり、法
  によって保護されるべき住人の何らかの利益を侵害するところが
  ないこと、三人が属する市民グループの普段の活動も暴力を用い
  て政治的主張を行うものではないこと等の事実を詳細に認定した
  上で、無罪判決を言い渡したしたのである。


2 私たちは、この無罪判決を支持する。

  私たち法学者は、民主主義社会における表現の自由の意義につい
  ての適切な評価を踏まえて、丁寧な事実認定と説得力ある論理に
  基づいた無罪判決を支持する。

  また、この無罪判決が、今回の捜査、逮捕及び起訴が、極めて不
  当なものであったことを浮き彫りにさせるものであることを確認
  する。


3 私たちは、次のことを要求する。

  以上に述べた無罪判決の意義にかんがみて、私たちは、次のこと
  を強く要求する。

  検察は、民主主義社会における表現の自由の意義および最高裁判
  所の判例に照らしても無罪判決が当然の結論であることを深く理
  解し、この事件の控訴を行うべきではない。

  防衛庁官舎等の管理人および住人は、この事件における三人の行
  為のような民主主義社会が当然に前提とする表現活動の意義を認
  識し、プライヴァシー侵害などの重大な不利益が発生する等の場
  合を除いては、安易に拒絶の意思表示を行うべきではない。また
  拒絶の意思表示をする場合であっても、住人一人一人の判断を尊
  重すべきである。

  最後に、私たち法学者は、少数意見への寛容さが急速に失われつ
  つある日本において、三人を無罪とした裁判官の見識に敬意を表
  するとともに、この無罪判決をきっかけにして、民主主義社会に
  おける表現の自由の重要性を再確認することを、すべての市民に
  呼びかける。

二〇〇四年一二月一六日

  呼びかけ人 奥平康弘(憲法研究者)、山内敏弘(龍谷大学・
  憲法学)、松宮孝明(立命館大学・刑法学)

賛同者(12/23, 00:30更新)

  愛敬浩二(名古屋大学)      鮎京正訓(名古屋大学)
 青井未帆(信州大学)       麻生多聞(鳴門教育大学)
 安達光治(國學院大學)      足立英郎(大阪電気通信大学)
 綾部六郎(北海道大学)      飯島滋明(工学院大学)
 飯田泰雄(鹿児島大学)      生田勝義(立命館大学)
 井口秀作(大阪産業大学)     池端忠司(香川大学)
 石川裕一郎(早稲田大学)     石埼 学(亜細亜大学)
  市川正人(立命館大学)      伊藤雅康(札幌学院大学)
  稲  正樹(大宮法科大学院大学)  井端正幸(沖縄国際大学)
  今関源成(早稲田大学)      岩佐卓也(神戸大学)
 植松健一(島根大学)       植村勝慶(國學院大學)
 右崎正博(獨協大学)       浦田一郎(一橋大学)
  浦田賢治(早稲田大学)      蛯原健介(明治学院大学)
 遠藤隆久(熊本学園大学)     遠藤美奈(摂南大学)
 大久保史郎(立命館大学)     大河内美紀(新潟大学)
  岡本篤尚(神戸学院大学)     小栗 実(鹿児島大学)
 小沢隆一(静岡大学)       押久保倫夫(兵庫教育大学)
 柏崎敏義(関東学院大学)     加藤一彦(東京経済大学)     
 紙野健二(名古屋大学)   上脇博之(神戸学院大学)     
 川岸令和(早稲田大学)   北川善英(横浜国立大学)     
 君島東彦(立命館大学)   葛野尋之(立命館大学)      
 楠本 孝(三重短期大学)   久保田穣(東京農工大学)     
 倉持孝司(甲南大学)   小竹 聡(愛知教育大学)     
 小林 武(愛知大学)   小松 浩(神戸学院大学)     
 木幡洋子(愛知県立大学)   近藤充代(日本福祉大学)     
 斉藤小百合(恵泉女学園大学)   阪口正二郎(一橋大学)      
 佐々木弘通(成城大学)      佐々木光明(神戸学院大学)    
 笹沼弘志(静岡大学)   澤野義一(大阪経済法科大学)   
 清水雅彦(明治大学)   新屋達之(大宮法科大学院大学)  
 杉浦一孝(名古屋大学)      杉原弘修(宇都宮大学)      
 鈴木眞澄(龍谷大学)   隅野隆徳(専修大学)       
 芹沢 斉(青山学院大学)   高佐智美(獨協大学)       
 高橋利安(広島修道大学)   高村学人(東京都立大学)     
 武川眞固(高田短期大学)   多田一路(大分大学)       
 只野雅人(一橋大学)   館田晶子(跡見学園女子大学)   
 田中康博(神戸学院大学)     塚田哲之(福井大学)
 土屋清(山梨学院大学)      角替 晃(東京学芸大学)
 寺川史朗(三重大学)       豊崎七絵(龍谷大学)
 長岡 徹(関西学院大学)     中島茂樹(立命館大学)
 中島 徹(早稲田大学)      永田秀樹(関西学院大学)
 長塚真琴(獨協大学)       中富公一(岡山大学)
 長峯信彦(愛知大学)       永山茂樹(東亜大学)
 成澤孝人(三重短期大学)     名和鐵郎(獨協大学)
 西原博史(早稲田大学)      丹羽 徹(大阪経済法科大学)
 庭山英雄(刑事法研究者)     根森 健(新潟大学)
 坂東行和(四日市大学)      東澤 靖(明治学院大学)
 平井佐和子(西南学院大学)    藤原俊雄(静岡大学)
 本田 稔(立命館大学)      前田 朗(東京造形大学)
 前原清隆(長崎総合科学大学)   松井幸夫(関西学院大学)
 水島朝穂(早稲田大学)      緑 大輔(広島修道大学)
 宮地 基(明治学院大学)     宮本弘典(関東学院大学)
 三輪 隆(埼玉大学)       宗野隆俊(滋賀大学)
 村井敏邦(龍谷大学)       村田尚紀(関西大学)
 本 秀紀(名古屋大学)      元山 健(龍谷大学)
 森尾 亮(久留米大学)      森川恭剛(琉球大学)
 森 英樹(名古屋大学)      柳井健一(山口大学)
 山口和秀(岡山大学)       山崎英壽(日本体育大学)
 山元 一(東北大学)       横田 力(都留文科大学)
 吉田省三(長崎大学)       和田 進(神戸大学)
 渡辺 治(一橋大学)       渡辺 洋(神戸学院大学)
       
              呼びかけ人3名含む賛同者計123人
        
 声明事務局 石埼学 ma1968 at msj.biglobe.ne.jp

──────────────────────────────
【4-1】立川反戦ビラ事件判決 全文
http://homepage2.nifty.com/osawa-yutaka/heiwa-iraku-dannatu-hanketu.htm

──────────────────────────────
【4-2】Yahoo News Headline (毎日新聞)12月24日20時33分更新
<イラク派遣反対ビラ>無罪判決不服、東京地検支部が控訴
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041224-00000118-mai-soci
──────────────────────────────
「自衛隊のイラク派遣に反対するビラを配るため、東京都立川市
  の防衛庁官舎に立ち入ったとして、市民団体のメンバー男女3
  人が住居侵入罪に問われた事件で、東京地検八王子支部は24
  日、3人をいずれも無罪(求刑・懲役6月)とした東京地裁八
  王子支部の判決(16日)を不服として、東京高裁に控訴し
  た。」

──────────────────────────────
【4-3】おたより紹介 04.12.21(Tue.)
    レポレロ氏(国立大学法人職員)から
─────────────────────────────    

  裁判官も政治的な集会に出る自由はあると主張して数年前に分限
  裁判の被告にされた寺西判事補の著書「愉快な裁判官」(寺西和
  史著、河出書房新社、2000.4、この書名は気の抜けるものだが)
  に「麻薬・覚醒剤の所持者を逮捕しようと警察官が踏み込んだ時
  に同じ家の中にその友人がいた場合、他の裁判官の殆どは一緒に
  逮捕することを認める(つまり逮捕令状を出してしまう)が、友
  人でも知らない場合はありうるからこれはおかしい」と書いてい
  ます。警察官が令状を請求すれば殆どノーチェックで通してしま
  うとのこと。つまり「癒着・馴れ合い」関係になってしまってい
  る。ただ、裁判官は少ない人数で多くの事件を抱え、夜間・休日
  にも「令状当番」がある、といった事情もあるようです(ただ、
  誰かが意図的にそのような状況を作っている可能性もあります
  が)。この立川事件も同じ構造では?

 | AcNet Letter 222(5) 2004.12.21 
 |    東京新聞社説 2004.12.18
 | ビラ配り無罪 裁判官も反省すべきだ      
 | http://www.tokyo-np.co.jp/00/sha/20041218/col_____sha_____002.shtml
 | ─────────────────────────────
 | 抜書『立川事件の被告が七十五日間も身柄を拘束されたのは裁判官
 | が拘置を認めたからだ。身元も明らかで逃亡や証拠隠滅の恐れが明
 | らかにあるとはいえない人たちを拘束し続けたのは、警察や検察の
 | 主張を無批判に受け入れたとしか思えない。』

───────────────────────────────
【4-4】毎日新聞 12月25日
     <住居侵入容疑>共産党のビラ配り逮捕 東京・葛飾
     http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041225-00000085-mai-soci


━ AcNet Letter 224 【5】━━━━━━━━━━ 2004.12.26 ━━━━━━

 TUP 速報 430号 失われたファルージャ 041224
     2004年12月24日(金) 午前11時03分
     http://groups.yahoo.co.jp/group/TUP-Bulletin/message/460

    TUP速報の申込:http://groups.yahoo.co.jp/group/TUP-Bulletin/
─────────────────────────────

  失われたファルージャ――Faluja again and for ever

                     イラクにて
                     スレイマン
   
   友よ、残念だ
   平和を愛する人々よ、残念だ

   ファルージャ…に行くことは、もうできない
   通りで遊ぶ無邪気な子どもたちを見ることは、もうできない
   ファルージャの人々から平和な微笑を得ることはできない
   小さな街の神秘的な朝を見ることはできない

   それらは永遠に失われた
   ファルージャは殺された…

   ファルージャは、石油の代償、政治的な論争の代償を払った

   殺された街の魂は私たちすべてに問いかける.
   世界の良心に問いかける
   なぜ?
   次はどうなるの?

   誰が助けてくれるのだろう?
   瓦礫のファルージャ、あちこちの遺体に答えることを

   ファルージャの殺戮、平和と歴史の殺戮を見続けたことを
   誇るべきなのだろうか

   たとえ忘れ去ったとしても、
   ファルージャの魂は私たちに思い起こさせる

   すべてのものがファルージャの殺戮を分かち合ったことを

                     (翻訳:細井明美)

━ AcNet Letter 224 【6】━━━━━━━━━━ 2004.12.26 ━━━━━━

 編集後記:教育系大学からのお便り

──────────────────────────────
■ある教育系国立大学法人の方からメールを頂いた。学長が、知
りあいの国会議員に国立大学の学費を値上げしないように働きか
けている、とのことである。メールの中で次のような内容が記さ
れていた。

 「国立大学が圧力団体としての組織と力を持って来なかった点
   は、悔やまれます。国立大学はどこも、金集めになりふり構
   わぬようになって来ました。みみっちいかも知れませんが、
   大学生協からも何かと寄付や使用料を取ろうという動きがあ
   るようです。教育系大学は社会(企業)との連携といっても
   相手がいません。ある大学ではプロサッカーのチームにグラ
   ウンドを使わせる代わりにその整備などをさせるというのを
   昨年からはじめました。」

「ごまめのはぎしり」Blog (AcNet Letter 222-3)で、紹介されて
いたが、日本は、高等教育の漸進的無償化を規定する国際人権A
規約の十三条二項(C)(1966年国連総会採択)を批准して
おらず、2001 年に国連社会権規約委員会から批准するように勧告
されている。財務省が高等教育費自己負担化の「国策」を25年に
わたり漸進的に進めてきており、これからも進めるつもりである
以上、批准できないのは当然とも言えるが。少子化の主要な原因
の一つとされている高額な高等教育費を、さらに高額にしようと
するのだろうか。誰がそれを望んでいるのだろうか。だれもが高
等教育を受けるようになると国民の意識が高まり国家主義が色あ
せてしまうことを懸念している人たちでもいるのであろうか。

しかし、大学は学生を専門家にする教育には全力を上げているが、
学生の視野を拡げ意識を高める責務を組織として追求しているの
だろうか。


■『河北新報』2004年12月26日付が、東北大が学長選挙の廃止の
方針を固めたことを報じた。広島大学で助手を学長選挙から外す
方針が伝えられた(http://letter.ac-net.org/04/12/21-222.php)
かりだが、東北大学が、方針通り選挙自身を廃止するとすれば、
落ちるところまで落ちた感を否めない。組織票による学長選挙の
操作の弊害は大きいが、学外者を半数含む学長選考会議が実質的
に学長を決める弊害は、大学の独立性の喪失・世の中の潮流への
大学の順応の加速・それに伴う構成員の士気の低下、等々、学長
選挙の弊害と比較などできないほど深刻であろう。


■ 【1】で紹介した石田氏の著書によれば、日米開戦のわずか6年
前までは論壇では国家主義批判が盛んであったそうである。しか
し、巷間のナショナリズムの昂揚が論壇にも影響を与え、「国民
協同体」論が展開されて、国家の権力性への批判的視点が失われ
た後に、「(高度)国防国家論」に移行して国民の自由は国家の
ために否定され、最後に「兵営国家」に至ったという。現在とは
異なる種々の政治的・法的・社会的背景があるとはいえ、比較的
に言論が自由であった状況から、わずか数年で挙国一致体制が実
現されている。

今年は、国家の政策の犠牲となって若い国民が殺され、普通とは
違う生き方をしている国民だか仕方がない、と、世論がそれを了
承した。「非国民」という言葉を使った政治家が政治的生命を失
うこともなく容認された。戦争に反対して静かにデモをしたり情
報提供のビラをまいたりする、というような平穏な行動において、
人々が逮捕され家宅捜索され、時には3ヶ月近く拘禁されるリンチ
が公然と続いている【4-4】が、大手メディアは問題にもしない。

「挙国一致」への流れが、もはや紛れることなく顕在化した年で
あった。イラク戦争批判をする者に「非国民」という言葉を投げ
つける論者が大手新聞に多数登場する日もそう遠くはない。戦前
と同様に、大学関係者の大半が、もはや万事休す、と、沈黙し、
自分の研究の世界に閉じこもる時が来たのであろうか。

その中で、法学者123名の声明【4】は朗報であった。種々の面で
力付けられた人も多い。理工医系の研究者は、挙国一致の雰囲気
がこのまま濃厚になっていけば、財政誘導を通して種々の形で軍
事研究に巻きこまれていく。日々没頭する研究の喜びが、世界の
別の地域の人々の日常生活を命もろとも効率よく消滅させること
【5】に直結する時代が近づいている。戦慄すべきことではなかろ
うか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集発行人連絡先: admin@letter.ac-net.org
趣旨:http://ac-net.org/letter/
ログ:http://ac-net.org/letter/log.php
#( )内は編集人コメント、「・・・・・」は編集時省略部分
転送歓迎(転送時に:http://ac-net.org/letter 併記希望)

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-05-03  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。