鉄道

鉄道トリビア

鉄道に関するトリビアを、鉄道素人の視点で紹介するメールマガジン。他に大洗鹿島線(茨城県水戸市〜鹿嶋市)の沿線情報等も紹介。鉄道ファンやこれから鉄道ファンになられる方から好評をいただいております。

全て表示する >

鉄道トリビア 第93号 【突放を用いると入換時間が大幅に短縮される】

2005/11/18

■□□■□□■□□■□□■□□■□□ 2005.11.18 □■
                          
 鉄道トリビア 第93号                  
                            
  【突放を用いると入換時間が大幅に短縮される】


    (2005.11.18)発行部数 まぐまぐ! 1112部
                    melma! 203部
                     合 計  1315部

■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■
 このメールマガジンは、「MS ゴシック」「MS 明朝」などの
 等幅フォントでご覧下さい。詳しくはこちらをご覧下さい。
     http://www.mag2.com/help/r107.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 こんにちは、鹿島臨海鉄道 大洗 鉄太郎です。本日も鉄道トリビ
アをお読みいただき、ありがとうございます。

 発行の準備に手間取り1日遅れの発行になりましたが、ご容赦願い
ます。


□□□  目 次  □□□


【1】今週のニュース

  ・11月23日 アントラーズ vs 横浜 サッカー臨時列車情報


【2】今週の鉄道トリビア

  ・突放を用いると入換時間が大幅に短縮される


【3】耳より情報

  ・第9回大洗あんこう祭 商店街がテーマパークになる1日


◆◆◆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【1】今週のニュース
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

★11月23日 アントラーズ vs 横浜 サッカー臨時列車情報

 前節FC東京と引き分け、首位のガンバ大阪とは、勝ち点差が3と
広がってしまいましたが、第2位をキープしています。J1リーグも
終盤戦を向かえ負けられない戦いが続きます。次のホームゲーム、横
浜F・マリノス戦は、みんなで応援に行きましょう!

 11月23日 アントラーズ vs 横浜 臨時列車(PDF 233KB)
    http://www.rintetsu.co.jp/soccor/soccer20051123.pdf

 当日、スタジアムでは、「いばらき冬の味と技の物産展」が開催さ
れます。新常陸そばやあんこう鍋の試食もありますので、ご家族でお
出かけしてはいかがでしょうか。大洗駅の名物駅弁(三浜たこめし、
はまぐりめし)も限定発売されます。

 詳しくは
    http://www.so-net.ne.jp/antlers/news_osirase04.html

 鹿島臨海鉄道では、試合に合わせて鹿島サッカースタジアム駅に臨
時停車いたします。駅からスタジアムまで徒歩5分。お帰りの列車は、
20分間隔で運行いたします。

 特に、試合終了後のスタジアム周辺の駐車場や道路は大変混雑いた
します。大洗鹿島線では、定時運行と割引切符でサッカー観戦のお客
様を応援いたしますので、ぜひご利用ください。


◆◆◆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【2】今週の鉄道トリビア


  ★突放を用いると入換時間が大幅に短縮される


    何回「へぇ」って思うか、数えながらお読み願います。最後
   に、この鉄道トリビアの「へぇ」がいくつか、お尋ねするアン
   ケートがございます。

    第92号の鉄道トリビア【貨車の入換(いれかえ)の責任者は、
   操車担当である】のアンケート結果はこちらです。

          http://clickenquete.com/a/r.php?Q0010398C8f2e

   「へぇ」5つが、全体の40%、51票ございました。ありが
   とうございました。

    それでは、今週の鉄道トリビアをどうぞ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 本日の鉄道トリビアでは、先週の鉄道トリビアのコメントボードに
書き込みされた「突放(とっぽう)」と、切り離された貨車のブレー
キについて、ご紹介いたします。

 まず、キハ様からご質問がありました突放とは、文字通り貨車を突
き放すことで、例えば、貨車を仕訳線に留置する場合に、機関車で貨
車を押すように運転し、貨車の停止位置の手前で、機関車から貨車を
切り離し、惰性で動いている貨車を、貨車についているブレーキで目
標の留置位置に止めることを言います。

 具体的には、

 貨車を連結した機関車は一旦仕訳線の分岐位置から引上げ線等に移
動して行き、

 操車担当の指示で転てつ担当はポイントを目標の仕訳線に切り替え、

 操車担当の突放の合図で機関車は貨車を押し始めます。このとき、
結構勢い良く加速するのだそうです(ただし、入換の制限速度25k
m/h以下です。)。

 機関車が貨車を押し始めると、連結担当等は当該仕訳線に入れる貨
車の区切りの位置のところにある自連(じれん。自動連結器のこと。)
のロックを解放できる状態にします(自連を切ると言います)。

 なお、貨車の切り離し箇所のブレーキホース等は事前に切り離して
おきます。

 機関車はさらに加速を続け、操車担当の「止まれ」の合図で機関車
は急停車します。この時、自連のナックルが開き、自連が切られた貨
車だけが惰性で走行し続けることになります。

 貨車の行く手には別の連結担当等がいて、向かってくる貨車のブレー
キのある側を確認し、ブレーキのあるステップやデッキに飛び乗り、
ブレーキ操作を行い目標位置に止めたり、目標の貨車に連結させたり
します。


 突放による入換を行う場合、操車担当は機関車が行ったり来たりす
る回数をいかに減らすかを考えます。一番最初にどこまで貨車を移動
させていくか、どの位の加速をするか、止まれの合図をいつ出すかな
ど操車担当の指示によって、入れ換えの効率の善し悪しが決まると言
われています。

 また、突放されて惰性で動いている貨車にブレーキをかける連結担
当等は、事前の打ち合わせで決定している当該仕訳線に入れる貨車数
に合わせて、手前で止めるか、もっと奥まで入れるかを判断して貨車
を止めることになります。

 惰性で動いている貨車の転がり具合は、向かい風、追い風では違い
ますし、レールの上に雪が積もると抵抗になるので、ブレーキをかけ
るタイミングをつかむには、それなりの経験が必要であるとのことで
した。

 例えば、目標の貨車に連結する場合にブレーキのタイミングが早す
ぎると連結する前に止まってしまいます。この場合は、人力で押すこ
とになったそうです。押せない場合は、機関車に押してもらうことに
なりますが、作業時間が延びてしまいます。

 逆に、ブレーキのタイミングが遅いと、連結するときの速度が高す
ぎ、目標の貨車と連結できないで、突き放してしまうことになるわけ
です。

 このように突放は、高度な技術が要求され、また、通常の入換(動
いている貨車は常に機関車に連結されている入換)より、多くの作業
員数が必要となりますが、機関車の移動距離が大幅に少なくなるため、
入換時間が大幅に短縮できるとのことです。

 先週、リンク先に掲載した神栖駅の入換順序表の作業時間は約1時
間ぐらいかかるとご紹介しましたが、突放を用いれば作業時間が半分
になるだろうとのことです。

 また、動いている貨車に飛び乗るには、貨車と並走して貨車と同じ
スピードになった時点で手すりにつかまりステップに乗るわけですが、
雨が降っている場合は手すりが滑りやすくなるので、それなりに危険
もあるわけです。

 また、書き込みにもありましたように、コンテナは突放禁止です。
鹿島臨海鉄道の今の貨物輸送量の95%はコンテナ貨物ですので、こ
の意味でも現在、鹿島臨海鉄道では突放入換は行っておりません。

 しかし、貨物輸送量が現在(約30万トン)の5倍以上(約170
万トン)あった頃は、突放入換を用いないと貨物がさばききれません
でしたので、用いていたとのことでした。

 今の神栖駅構内の線路脇はバラスト(砕石や砂利)が敷き詰められ
走りにくいですが、当時は土や砂を混ぜてあり、走りやすくなってい
たとのことでした。


 国電様からご質問がありました機関車から切り離された貨車のブレー
キについては、次のリンク先をご覧ください。
    http://www.rintetsu.co.jp/tribia/H17/m11/brake/brake.htm

 参考)先週紹介した「入換順序表」
http://www.rintetsu.co.jp/tribia/H17/m11/junjohyo/junjohyo.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆第93号の鉄道トリビア【突放を用いると入換時間が大幅に短縮され
る】は、何「へぇ」いただけますか?

◆へぇ、へぇ、へぇ、へぇ、へぇ
┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0000137Q0010614A13b9c
◆へぇ、へぇ、へぇ、へぇ
┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0000137Q0010614A22d52
◆へぇ、へぇ、へぇ
┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0000137Q0010614A3d472
◆へぇ、へぇ
┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0000137Q0010614A401bc
◆へぇ
┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0000137Q0010614A55e8d
◆なし
┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0000137Q0010614A68c33
○結果を見る
┗ http://clickenquete.com/a/r.php?Q0010614C52ce
○コメントボード
┗ http://clickenquete.com/a/cb.php?Q0010614P00C5352

締切:2005年11月24日09時00分
協力:クリックアンケート http://clickenquete.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆◆◆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【3】耳より情報
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

★第9回大洗あんこう祭 商店街がテーマパークになる1日

 11月27日の「駅からハイキング」は、大好評で既に募集人員に
達し、受付を締め切らせていただきましたが、これとは別に、あんこ
う鍋4000食、とも酢1000食が無料配布されます。

 他にマジレンジャーショーやあんこうのつるし切りの実演なども行
われますので、お出かけしてはいかがでしょうか!

 日時  平成17年11月27日 9:30〜15:00

 場所  大洗町 曲松商店街〜永町商店街

 あんこう鍋等無料配布場所  Aゾーン けんしん正面玄関前
               Cゾーン 常陽銀行正面玄関前

       *常陽銀行までは、大洗駅から徒歩約10分です。

 あんこう鍋無料配布時間  1回目 10:30〜
              2回目 13:00〜

 大洗鹿島線列車時刻
    上り http://www.rintetsu.co.jp//traffic/time-up.html
  下り http://www.rintetsu.co.jp//traffic/time-down.html


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 編集後記
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 本日は、突放と貨車の手ブレーキについてご紹介させていただきま
した。

 突放による入換を取材しているときに、重厚長大産業に支えられた
日本の高度成長期の躍動する雰囲気が感じられましたが、気のせいで
しょうか。

 それでは、また来週お会いいたしましょう。

 よろしければ、お知り合いの方に、このマガジンをおすすめ願いま
す。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●御意見等がございましたら、下記のメールアドレスまでどしどしお
寄せ願います。可能な限り、お返事させていただきます。

   email@rintetsu.co.jp

●「鉄道トリビア」については、許可なく転載その他の使用を禁じま
す。その他の部分の転載等はご自由になさってください。

●このメールマガジンは
 ・『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ (ID 0000123734)
 ・『melma!』http://www.melma.com/ (ID m00106256)
 を利用して発行しています。

●このマガジンの配信停止は以下のサイトからお願いします。

・『まぐまぐ!』で購読している方
  http://www.mag2.com/m/0000123734.htm

・『melma!』で購読している方
  http://search.melma.com/cgi-bin/search.pl?query=m00106256


■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■
   ____________  ____________
  /          _ || _          \ 
 / □ □□□□□□□|□||||□|□□□□□□□  □ \
|  マリンライナー |  ||||  |  はまなす号        |
 \_________ |_||||_|_________ /
   〇〇      〇〇     〇〇      〇〇

   鹿島臨海鉄道株式会社 メールマガジン 鉄道トリビア
   編集・発行  大洗 鉄太郎
   監修     鹿島臨海鉄道株式会社 鉄道主任技術者
                     技術スタッフ一同

  ホームページ:http://www.rintetsu.co.jp/
  Eメール  :email@rintetsu.co.jp

■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-12-23  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。