演劇

はりこのトラの穴News

主に演劇用の脚本登録&公開サイト『はりこのトラの穴』に掲載された新作脚本を紹介します。

全て表示する >

はりこのトラの穴 News No.2976 (2011 年 08 月 15 日)

2011/08/15

はりこのトラの穴News No.2976        2011年08月15日

平素は『はりこのトラの穴』を御利用いただきましてありがとうございます。
本日御紹介する登録作品は以下の通りです。
今後とも『はりこのトラの穴』をよろしくお願いします。

新規登録作品紹介
---------------------------------------------------
作品名:Ghost story-女子3人が集まれば下らない雑談になるもので-
作者:雛月 春妃
劇団:
上演時間:15〜25
キャスト数:総数4(男3 女1 その他)
あらすじ:
放課後、学祭のしおり作りで残った仲良し3人。

あまりやる気が起きない円と緑に対し
それなら、と怪談を始めた静だったが・・・・。

この怪談話、もしかして・・・・?
他愛無いワンシーンの台本化です。練習などにどうぞ。

*劇と言うより音声での表現をイメージしての台本となっています。
*言い回しの変更はご自由にどうぞ。但し改変台本を別途で公開などは絶対しないで
ください。
その他:
脚本の素人ですので、文章・表現等不適切な場合もあるかと思いますが、何かござ
いましたらメールでお問い合わせください。
拙い作品ではありますが楽しんで演じて頂ければ嬉しいです。
ご意見、ご感想等、ございましたら是非ご連絡ください。

ラブストーリー:*****(10)
      感動巨編:(0)
        お笑い:(0)
  ミュージカル:(0)
    サスペンス:***************(30)
      青春もの:******************************(60)
        時代劇:(0)
          SF:(0)
  ファンタジー:(0)

上記作品は
http://haritora.net/look.cgi?full=index&script=8952
よりご覧いただけます。
---------------------------------------------------
作品名:父と共に眠れそして太陽は西に歩き出す
作者:KAEKO
劇団:
上演時間:50
キャスト数:総数5(男3 女2 その他)
あらすじ:
とある科学者の子供のウミとタイヨウ。
ウミはある日、自分の名前である海はどんなものなんだろうと言い出す。
この家と庭から出ることを禁じられていたウミにとって海はとても魅力的なものだ
った。
そして、父の研究が一段落ついたら海に行こうと約束するのだが・・
その他:


ラブストーリー:(0)
      感動巨編:****************************************(80)
        お笑い:(0)
  ミュージカル:(0)
    サスペンス:(0)
      青春もの:(0)
        時代劇:(0)
          SF:(0)
  ファンタジー:**********(20)

上記作品は
http://haritora.net/look.cgi?full=index&script=8930
よりご覧いただけます。
---------------------------------------------------
作品名:疾風のように大津皇子伝説
作者:盛永いち子
劇団:
上演時間:60
キャスト数:総数30(男10 女10 その他)
あらすじ:
時代は680年頃、天武天皇の時代。大津皇子は才智にあふれ、狩りや恋に奔放な
青春を送っていた。美しい石川郎女、妻山辺皇女、そして大津をそっと見守る優し
い姉、大伯皇女、大津をとりまく様々な女性たち。しかし、そんな大津を苦々しく
見ているのは、天武の正妻、鵜野皇女。鵜野は自分の息子、草壁皇子を皇位につけ
るため、大津が目障りでならなかった。やがて、大津は無実の罪で処刑されてしま
う。
万葉の時代を疾風のように駆け抜けた大津皇子の短い生涯。
その他:


ラブストーリー:**********(20)
      感動巨編:**********(20)
        お笑い:(0)
  ミュージカル:(0)
    サスペンス:(0)
      青春もの:**********(20)
        時代劇:********************(40)
          SF:(0)
  ファンタジー:(0)

上記作品は
http://haritora.net/look.cgi?full=index&script=8964
よりご覧いただけます。
---------------------------------------------------
作品名:私は覚えてる
作者:松本隆志
劇団:柏市民劇場CoTiK
上演時間:40
キャスト数:総数12(男5 女7 その他)
あらすじ:
いつか忘れる日が来ても。これは失われる記憶と介護と家族の話。貴方にもいつか
、訪れる光景かもしれない。
その他:
初演での男1・男2・男3・女1は名前のある役と兼ねていました。また、神崎は
女性・遠山は男性でしたが、キャストの都合によっては性別を変えても結構です。


※劇中ではあえて「痴呆症」という言葉を使用していますが、医学的には現在は「
認知症」と名称が改められています。上演時にはパンフレットや上演後の挨拶でそ
の旨を断るか、もしくは最初から台本上の「痴呆」を「認知」へ置き換えて上演す
るなどの対応をお願い致します。

written@2011


上記作品は
http://haritora.net/look.cgi?full=index&script=8775
よりご覧いただけます。
---------------------------------------------------
脚本登録&公開サイト『はりこのトラの穴』 http://haritora.net/
ご意見ご感想などはharitora@haritora.netまでお願いいたします。
---------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-12-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ毎日  
Score!: 90 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。