メンタルヘルス

こうじ神父今週の説教

とあるカトリック教会の日曜礼拝で実際に話している「日曜説教」をお届けします。

全て表示する >

こうじ神父今週の説教No.1017

2019/08/14

当メルマガをご購読いただき、ありがとうございます。
同時配信「有料版」を購読してくださった読者様にも感謝申し上げます。
メルマガ配信等の活動にご寄付くださった皆様にも感謝申し上げます。

(運用中)ケータイで録音説教を聞きたい方はこちら
↓↓通信料がかかります。ご理解の上、ご利用ください。↓↓
http://hanashi-no-mori.news-site.net/i/

(参考)実際の声を確かめながら読みたい方はこちらをクリック
↓↓説教者の意図が、より自然に伝わます。↓↓
http://hanashi-no-mori.news-site.net/voice/190815.mp3
(音声ファイルは、MP3形式です。再生ソフトをを用意してください。)
‥‥‥†‥‥‥‥
こうじ神父
「今週の説教」
2019/8/15(No.1017)
‥‥‥†‥‥‥‥
聖母の被昇天
(ルカ1:39-56)
現代にあってもわたしは神をあがめる
‥‥‥†‥‥‥‥

暑さが頂点まで達するこの時期に、私たちは聖母の被昇天を祝います。「今から
後、いつの世の人もわたしを幸いな者と言うでしょう」(1・48)。私たちも「マ
リアを幸いな者と言う」その人々の一人に加わりたいと思います。

「マリアの賛歌」と呼ばれるルカ1章47節から55節は、前半と後半に分かれると考
えられています。前半47節から50節は、マリアの個人的な体験に基づいています。
すなわち、「救い主である神」と「わたし」との関係を述べています。

最初に、どんな流れで「今から後、いつの世の人もわたしを幸いな者と言う」の
か、確かめておきましょう。「わたしの魂は主をあがめる」「わたしの霊は救い
主である神を喜びたたえます。」というのは「今」の出来事です。「今」あがめ
る、たたえるためには、過去に何かがあったはずです。

それが、主の「身分の低い、この主のはしためにも目を留めてくださった」とい
う出来事です。主が先に働きかけた、それにマリアが気づいて主をあがめ、たた
えます。

「神が先に人に働きかけ、人が神の働きに気づいてたたえる」この昔から続いて
きた偉大な出来事を忘れない人たちがいます。イエス・キリストによって救われ
た人たちです。イエスの時代にいた人々は、イエスを通して「神が先に働きかけ、
人がそれをたたえる」そんな場面を目撃したのです。目撃した人たちは神の働き
にあずかった人々を未来に向けて「幸いな者と言う」人々です。

未来に向けて「幸いな者と言う」人々は、イエスと同時代の人々だけではありま
せん。「神が先に働きかけ、人がそれに気づいてたたえる」場面は、イエスの復
活後も続いたからです。その大いなるわざは使徒たちによって受け継がれ、さら
にのちの時代にも引き継がれていきました。

当然、神が先に働きかけ、人がそれに気づいてたたえる場面を目撃する人たちも
それぞれの時代に現れることになります。

1886年、ラゲ神父様が黒島から三家族、ド・ロ神父様が出津から四家族を横立に
移住を促しました。将来の見通しが明るかったから移住を勧めたわけではありま
せん。困難も予想されましたが、田平の地に神様の働きが先にあった。宣教師の
神父様たちはそれを感じて信徒に移住を促したのです。

先に移住した人々は、困難を乗り越えてこの地に根を張りました。目に見えない
神の働きではあっても、信仰を確かに守り続けることのできる今を神に感謝し、
たたえます。やがて神の民は増え広がり、神が先に働きかけて、神の働きに気づ
いた人々がいたことを後世に伝えるために、聖堂を建設するのです。

神の働きにあずかった人々を未来に向けて「幸いな者」と言う子孫たちの歴史は
百年受け継がれてきました。「今から後、いつの世の人も先祖たちを幸いな者と
言う」私たちに託された使命だと思います。

先に神の働きがマリアに現れました。マリアは神の働きに気づきました。そして
神をあがめます。神の働きにあずかったマリアを幸いだと理解できる人は、自分
の生活の中でも先に神が働きかけ、神をあがめるきっかけを与えてくださってい
ると気づくのです。

あとは、私たちが神の働きにどのように答えるかです。同時に神の働きに答えて
神をあがめる素晴らしさを、どのように受け継がせるか考える必要があります。
マリアの賛歌を、私はどのように神をあがめ、神の救いを喜びたたえたら良いだ
ろうかと思い巡らしながら唱えましょう。

今を生きる私たちが、神をあがめるマリアの生き方を写し取らなければ、信仰が
次の世代に受け継がれることは難しくなります。

‥‥‥†‥‥‥‥
‥次の説教は‥‥
年間第20主日(ルカ12:49-53)
‥‥‥†‥‥‥‥


‥‥‥†‥‥‥‥
ちょっとひとやすみ
‥‥‥†‥‥‥‥

▼8月10日(土)の午前に聖母の被昇天の説教を書いた。午後からは8月11日の
「年間第19主日」の説教を書く。いかにも綱渡りな準備だ。どうしても聖母被昇
天の説教は年間第19主日の説教の前に済ませておきたくて、少し無理をしながら
準備した。
▼8月15日はカトリック信徒の家では「ふくれまんじゅう」を作って祝うのが風
習である。「酒まんじゅう」みたいなものだ。たいていどこでも「ふくれまんじ
ゅう」と呼んでいるが、長崎市伊王島町では「ぼんと」と呼んでいた。不思議な
呼び方だが、理由がある。
▼喜びを表現するのに「盆と正月が一緒に来たような喜びだ」と言うことがある。
この「盆と正月」の頭だけ取って、「ぼんと」なのだそうだ。甘い物がなかった
時代に、それだけ重宝されていたということだろう。
▼その土地土地に行って、「ふくれまんじゅう」をご馳走になる。味は確かにす
ばらしい。それでも「家庭の味」が一番だと思っている。母の「ふくれまんじゅ
う」には祈りが練り込まれていた。単にふくれまんじゅうを作るだけでなく、信
仰の伝達を行いながら作っていた。田舎ではこうして信仰が受け継がれていたの
である。

‥‥‥†‥‥‥
今週の1枚
‥‥‥†‥‥‥
第624回目。ふくれまんじゅうがあれば良かったのだが。田平教会の聖母一覧。
http://hanashi-no-mori.news-site.net/190815.jpg

過去の掲載写真は、ブログをご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/knkouji

ホームページ:
http://hanashi-no-mori.news-site.net/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-12-01  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。