生活情報

無農薬米の百姓「アグリなかい」です。

琵琶湖の東に生息する百姓のメルマガ。HP更新・お知らせや近況報告の他、無農薬米、有機栽培等の取組みや、玄米食の実践の中で感じた思いや得た情報を発信。農業や食・健康、社会や政治に関する話題まで、広く浅く。

全て表示する >

【メルマガ by 無農薬米の百姓・アグリなかい 】

2007/11/13

 ----------------このメールは等幅フォントでご覧下さい。----------------


 <<安心と信頼を届けます>>            11/13/2007
 ┏━┏━┏━┏━┏━┏━┏━┏━┏━  ───────────────┐
 ┃ア┃グ┃リ┃な┃か┃い┃で┃す┃!    琵琶湖の東側・東近江市より

  http://agri-1.com アグリワン・ドットコム 【 News & Notice 】 No.70

 ┌─────────────────────────────────┘
 │ ★HP更新情報
 │ ちょくちょく更新しています。よろしく。
 │ http://agri-1.com/newsbbs/newsbbs.cgi
 │
 └───────── ◆「健農一如」のうまい米 ─ http://agri-1.com/ ┘



 今年こそは、来年の苗代の準備を年内にと思い、

 先月末から時間を見計らって、少しずつやっているのですが、

 ここのところ、雨がパラつき中々思うように作業ができません。

 田んぼが湿ると足跡やワダチがつくので、雨が降ると4日ほど作業はストップ。

 「やっとこせ、今日は」、と腰を上げると

 別の仕事が舞い込むといった今日この頃です。



 ━┯━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┌┴───┴┐ 巨大胚芽の「恋あずさ」 ギャバも2〜3倍
 │ クィーン │    モニター募集します。締切りは18日
 └─────┘  ──────────────────────────

 まだ一般市場にはあまり出回ってはいないと思いますが、

 今年初めて、巨大胚芽米の「恋あずさ(奥羽359号)」を試作しました。


 近年メタボが流行語になっているように、

 生活習慣病になる人の数が増加しています。

 このため食を通じた予防医学が重要視される中で、

 新しい形質を持ったお米として育成されたものが巨大胚芽米です。

 発芽玄米が注目を浴びるようになってきました。

 発芽玄米の効能の一つは、もう皆さんもご存知のように、

 ギャバと呼ばれるアミノ酸の一種によるもので、

 胚芽が水に浸かると増加します。

 この胚芽が普通のお米より2〜3倍大きい形質を持ったものが

 巨大胚芽米です。

 当然、ギャバの量もそれに比例して増加します。

 現在育成されて巨大胚芽米は「恋あずさ」の他に、

 「はいみのり」、「はいいぶき」というものがあります。


 始めに言っておきますが、

 これ単独で食べた場合・・・・・・

         期待できません・・・(ノ_<。)


 赤米などと同じで、こういったお米は、

 食味よりも別の価値を評価しないと食べられません。


 この巨大胚芽米は、その特性上、

 精米して食べるという場合には何の値打ちもないと思います。

 ということで、このお米は玄米もしくはブラッシング玄米で食べるのが

 いいでしょう。

 特に、精米したお米に、

 この「恋あずさ」のブラッシング玄米をブレンドして食べることが最適です。

 そうすることで、「恋あずさ」のギャバが2〜3倍いう特性を活かし、

 尚かつ美味しく食べられます。

 ブラッシングしてあるので、30分も水に浸ければ一気にギャバが増加します。

 コシヒカリ8割、恋あずさ2割で炊飯して試食してみました。

 炊き上がりの写真です。

 http://agri-1.com/image1/kosi8azusa2-1.jpg
 http://agri-1.com/image1/kosi8azusa2-2.jpg
 http://agri-1.com/image1/kosi8azusa2-3.jpg

 コシヒカリの美味しさそのままに、

 そして恋あずさのギャバでよりヘルシーに!!

 これはいけます。マジで。


 試作ということで、本当に極僅かしかありません。

 あまりにも僅かなので、逆に選別等の調製に手間がかかり、

 また、ブラッシングすることに時間が掛かることから、

 何回かに分けて、ご提供したいと考えています。

 約1キロを包装と送料のみご負担頂くという事で500円でお願いします。

 メール便でのお届けです。

 また、モニターとしてのご提供ですので、

 どのようにして食べられたのか、

 具体的には、ブレンド割合やチャーハン等の用途にされた場合等には

 その感想などをご連絡いただける方を対象と致します。



 第1回目申込期限は11月18日付受信分、

 提供数は15名、

 応募者多数の場合は、抽選で対応させていただきます。

 モニター決定は翌19日に当選者のみにメールにて連絡させていただきます。


 また特典として感想を頂いた方には、

 年内ご注文分のお代金から頂いた500円を差し引きさせて頂きます。

※但し、1、2行程度のあまりにも簡素な感想はご勘弁くださいね m(*_ _)m


 申し込みは、以下の問合せフォームから、

 http://agri-1.com/order/mailsend2/form.html

 送信内容の「その他」を選択し、

 『恋あずさモニター希望』とご記入の上、お願いします。



 2回目もメルマガでおしらせいたします。

 尚、1回目の抽選に外れた方は2回目の抽選に組み入れさせて頂きます。


 ━┯━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┌┴───┴┐ 赤福と吉兆とではどちらが悪質?
 │ はえぬき │    どっちもどっち?!
 └─────┘  ──────────────────────────

 だいぶ旬が過ぎたようですが・・・


 先ず、本題に入る前に一言。

 食べ物という、命に直結するところで不正等があることは

 本当に看過しがたいことで、また法に触れなければ何でもありという姿勢や

 利益のみを追求して食の安全・安心を軽んじることは

 決して許されないものだということを前置きにしておきます。

 だからそういうことからすれば赤福と吉兆はどっちもどっちなんですね。



 でもそれだと話が進まないので、話の前段としてどっちかなということです。



 では、では、

 先ず、赤福は日付の付け替え、

 吉兆は日付の付け替えと産地の偽装をやっていたわけですね。

 そんなところから、両方をやっている吉兆の方が悪いと思う方、手を上げて。



 なんて、そんなことは言いません。

 でもやっぱり結論から言えば、吉兆の方が悪いでしょう。

 赤福がやった日付の付け替えは別に法に触れる事ではないのですから。


 何で法に触れへんの?



 賞味期限は、JAS法上の規定では、

     その食品の品質保持に関する情報を把握する立場にあり、

     当該製品に責任を負う製造業者等が、

     科学的・合理的根拠をもって適正に設定すべき 。



 となっていることから見てみると、

 赤福が「大丈夫」と判断すればよいということですわね。

 道義的な側面はこの際別にしてね。


 それでは何故このように大きなニュースとなったのでしょうか?

 それは以前は製造日が表示されていたため、

 僕も含めて消費者の中には、またマスコミに於ても、

 製造日に一定の期間を加えたものが賞味期限だと考えている人が多く、

 そのことから、

 製造者が回収した製品に新しい賞味期限を付けて再販売することに批判が集

 まるということになったのでしょう。


 僕は、賞味期限というとらえどころの無いものを基準とすること自体におか

 しさ覚えます。こんな表示は即刻廃止すべきだと思うのですが…。


 しかし、なまじ前述のJAS法上の規定があるから、その規定からして、

 元々賞味期限は、

 製造者が保証する期限を、

 製品の統計的なバラツキと十分な余裕を考慮して判断しているもので、

 回収した製品の状態を検査して、

 賞味期限を付け直すことは合理的で問題のあるものではないと言うことで、

 このようは日付の付け替えが食品業界に行き渡っているのだと思います。


 もっと言えば、

 賞味期限は業者が自らの判断で定めるものであり

 消費者にとやかく言われ筋合いは無い。

 卵であれば、業者が「産卵後6ヶ月が賞味期限である。」と判断すれば

 半年近く前の卵でも堂々と売ることができる。

 売れ残り(返品)を新たにパックしなおして、

 新たな賞味期限(1ヶ月プラスで産卵後7ヶ月)を付けて出荷しても

 合法である。

 製造日(卵の場合は産卵日)の何日後が賞味期限であるかを

 定める法律(規定)はない。

 業者の判断であり、その期間を公表する義務は無い。

 「我が社の卵は産卵後1年は安全でおいしい。」とその業者が判断すれば

 産卵後1年近く経過している卵でも「安全で新鮮な卵」として

 売ることができる。


 まぁこれは極論で、

 実際に産卵後1年も経って「安全で新鮮な卵」というのは無いでしょうが…、

 とにかく食品業界ではこのように考えられているのが常識でしょうね。


 先ほども書きましたが、僕は、

 「賞味期限」というようなあやふやな表示は即刻なくすべきで、

 製造年月日のみの記載を規定すればよいと考えます。


 自分で食べ物を作った場合、誰でもそんな期限は考えませんね。

 例えば、我が家では豆腐を作りますが、

 期限を定めてそれまでに食べよう、

 期限が過ぎたから捨てましょう、とはしません。


 作ってから3日経ったけど、どうかな?

 匂いを嗅いでみる。

 これやったら、まだ大丈夫かな。

 ちょっと味見をして、

 うん、まだすっぱくもなっていないし、まだいけるわ。

 心配やったら、冷奴は止めて、炊こうか、等々。

 また、別の食べ物では、カビが生えてきたから、ちょっとだめかな、とか。

 お餅なんかだと、

 カビぐらいどうちゅうこと無い、カビだけ削ったら全然どうもないやん。

 と、こんな具合に、自分の五感で判断するのが本来なんだと思います。

 元来、食べ物は動物であれ、人間であれ、

 自分で調達して自分の責任で食べるというのが本来の姿です。

 ここでは、調達するという意味は、

 自分で取る(採る、獲る、または作る)ということを念頭において

 使っています。

 只、食品添加物を大量に使用している得体の知れない食品(あえて食べ物

 とは言いません)が溢れる現代社会の中では、

 難しいことかもしれませんが。



 それに比べ、産地偽装は絶対に許せません。

 まっ、僕が吉兆で食事をすることは、今までは勿論のこと、

 今後もないでしょうから、

 そんな高級なところで散財できる身分の人が、産地偽装をされたメニューを

 いかにも食通らしく食べているところを想像すると、

 それもありかな、とも思ったりなんかして…。

 それは冗談として、

 アメリカの狂牛肉を国産の近江牛として出されたらたまったものでは

 ありませんからね。



 読者の皆さんで、こういった食の安全について、

 お考えや思いがありましたら、お聞かせくださいね。


 ┏━┓ ┏━┓
 ┃編┣━┫後┣━┓
 ┗━┫集┣━┫記┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ┗━┛ ┗━┛


 明日の14日と15日、自治会の中で同年代が集まって作っている

 会のメンバー仲間たちと玉造温泉へ。\(*^ ^*)/

 2年に1回のバス旅行です。

 バスが出発すると、5分も走らないうちにビールや酒が出てくるといった、

 とんでもない連中ばかりの楽しい旅行です。

 明日を楽しみに、今日は早よ寝ましょ。


 ----------------------------------------------------------------------

 このメールがご不要な方は、下記から解除手続きをお願いします
 ◆登録・解除ページ: http://agri-1.com/maga.html 

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【健農一如】自然医学を原点に!信頼と安心を届けます。
 …………………………………………………………………
 百姓 アグリなかい
 ━━━━━━━━━━━━━ http://agri-1.com アグリワン・ドットコム ━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-11-25  
最終発行日:  
発行周期:月1回程度  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。