レシピ

オーガニックベースNEWS

「風土と台所」をテーマに吉祥寺・雲仙・福島の3拠点で活動するオーガニックベースの情報をお届けします。季節のレシピ、料理教室の情報、食堂ヒトトのことなど。

全て表示する >

奥津典子のお話会 福島・吉祥寺・雲仙

2017/03/25

━目次━


【1】奥津典子、お話会を開催します 

【2】春、子育てのこと

【3】雑誌 nice things ヒトトの記事に思うこと


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【1】奥津典子のお話会を開催します
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

春、4月。
お母さんと、働く女性にエールを送る
お話会を福島・吉祥寺・雲仙で開催します!


01|福島編 「子育てのきほん」
02|吉祥寺編「働く女性と食事会」
03|雲仙編 「生徒さんとお話会」
 -----------------------------------
 ★詳細&申込↓
 http://www.organic-base.com/class/oneday/talk2017_4
 -----------------------------------


01|福島編 奥津典子の茶話会
 「子育てのきほん」

一研究者としてだけでなく
3人の育児と仕事の両立の中で
培った、私流「子育てのきほん」を、
福島のお母さんと分かち合いたいと
思います。

ご質問やご相談もぜひどうぞ。
忙しく、ただでさえ
不安になることもある子育て。
肩の力を抜いて、でもちゃんと、
大事なポイントを押さえて、
かけがえのない子供たちとの
今日を慈しみましょう


▼質問例

「幼稚園や学校給食はどうしてる?」
「食べ物を変えて、孤立しない?」
「お母さんが、疲れないコツは?」
「家族に、お肉を食べさせるなら?」
「外食はどうしてる?」
「親戚との付き合いは?」
「電子レンジ、ダメですか?」

日程
4月2日(日)16:00〜18:00
4月3日(月)10:00〜12:00

会場:食堂ヒトトの隣の部屋
定員:各回20人
料金:3,000円



02|吉祥寺編 奥津典子の
  働く女性を応援する食事会

吉祥寺では、久しぶりに
一人暮らしや独身の方と
集いたいなと思っています。

働く女性のために、
忙しくてもつくれる
一汁一菜をイメージに、
奥津典子自身が今にぴったりの
ご飯とお味噌汁、おかずを
ご用意しながら皆さんをお待ちしています。

18時から、ゆるくスタート。
19時から、「いただきます」をして、
ちゃんとスタートの時間に
きればと思っています。
ただ、20時ぐらいまでは、
遅れて参加もいいです。

お食事しながら、
あれこれ、お話ししましょう。
もちろん、真面目な質問も歓迎です。


日程
4月4日(火)19:00〜21:00

講師:奥津典子
食事:一汁一菜+αの簡単な食事をご用意します。
会場:吉祥寺 アトリエ間間
定員:10名
料金:5,000円



03|雲仙編 奥津典子の
  生徒さんへ向けたお話会

雲仙では、ご好評いただきました、
オンデマンドレクチャーコースの続き、
2017年春の会を開催します。

対象は、オンデマンドレクチャコースの
受講生・卒業生、あるいは、
通信講座はじめるコース受講生・修了生。
(はじめてだけど、参加したい、という方もOKです。)

いよいよ春本番。 そして、初夏へ、
2016年との違い も踏まえて、
献立相談、身体の悩み相談、あれこれ、
刈水庵で楽しくお話しましょう。


日程
4月19日(水)13:00〜16:00

講師:奥津典子
料金:3,000円
会場:刈水庵 
定員:20人


 ★詳細&申込↓
 http://www.organic-base.com/class/oneday/talk2017_4
 ----------------------------------



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【2】春、子育てのこと
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この春、4月から
息子が高校三年生になります。
いよいよ、巣立ちが近づいてきました。

○原風景は台所

子育てが始まって17年。
台所が子供のための場所になってから
随分と時間が経ったように思います。

うえの息子も、小学6年になる娘も
2歳の娘も、子供達は皆、
今まで食べたほとんどの料理を、
彼女が作ってきました。

改めて、それってすごいことだな、と。

たまたまウチは、
実家に頼ることもできず、
保育園に預けず、
給食でなくお弁当を子供たちも望み。
仕事や母の介護で僕が家を
空けることが長かったり。

そして、妻は何よりも、
母親として台所に立つことを
大事にし、だからこそ、
時に悩み苦しんできました。

子供達に原風景があるとすれば、
それは台所に立ち続けてきた、
妻の後ろ姿なのだと思います。



○子育てのきほん

育児のコンテンツは、
それこそ、開業当時から
ずっと作りたいと思っていた念願。

ただ、なかなか作れなかった。
子育ては数年やそこらで
わかるようなものじゃないから。

僕らも親になって
気がつけば17年、独立して14年。
ようやく、育児のコンテンツを
作ってもいいのかな、という
時間を過ごしたように思います。


「奥津典子の台所 子育てのきほん」
 https://organicbase.net/kodomo



○お母さんにエールを

我々が「きほん」を語るのは
おこがましいのですが、
子育て17年の悪戦苦闘と、
いつも誰よりも厳しい目で
「マクロビオティック」の真実を
求めてきた彼女の目線から
掴み取った何かを、
お母さんたちにお届けします。


できるだけシンプルな内容にしました。
今、お母さんたちは、本当に忙しい。
子供を取り巻く環境も複雑化し、
ここ10年でさらに、
子育てが難しい時代になったと痛感します。

「これでいいのだろうか」という
不安の中、手探りで進んでいる
お母さんたちに
ほんの少しでも勇気とエールを、
お届けできたら嬉しいです。



「子育てのきほん」の
紹介動画を作りました。

 https://vimeo.com/207997153

 撮影:繁延あづさ 
 編集:古庄悠泰 
 音楽:AOKI,hayato  

良かったら、ぜひご覧ください。


20代30代は、
僕ら本当に未熟で、それでも
できることから少しずつ、マシを
積み重ねていった子育てという時間。
何かを感じてもらえたら、嬉しいです。



☆質問を募集します!

子育てに関する質問、ご意見、
知りたいことなど、ぜひメールでお送りください。

 ▼送り先
 chikashi@organic-base.com
 
「子育てのきほん」の動画の中で
お答えしていきたいと思います。
全ては難しいですが、できる限り。

またご意見は
クラスやその他の企画に
積極的にいかしていきたいと思います。

どうぞ、よろしくお願いします!

 https://organicbase.net/kodomo



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【3】雑誌 nice things ヒトトの記事に思うこと
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3月23日発売のnice thingsさんに
ヒトトの記事を掲載していただきました。

ニューヤブウチビル4店舗で12ページ。
「ビル全体」として、
紹介してくださったことが、
何よりも嬉しいことでした。

https://www.facebook.com/yugo.okutsu/posts/1402902276450479?pnref=story


○福島に根ざす確かさ

IターンUターンの人が
街づくりのキーパーソンとして
注目を集めるケースが多い中、
地元でキャリアを積んだ商店主が
街を引っ張っていることこそが、
かけがえのない、福島の街の確かさです。

 1Fにオプティカルヤブウチ
 2Fにブルームとリトルバード

眼鏡、お花、レコードという、
それぞれの分野で屈指のお店があり、
3Fのヒトトは、その信頼の上に営業を
させてもらっています。


○雑誌に掲載されるリスク

雑誌に掲載されるのは決して
良いことばかりでじゃありません。

スタッフが勘違いしまうこともあるし
実力以上の取り上げられ方や
店の哲学とは異なる記事になり
そのギャップに苦しむこともあります。

地元に根ざしていないのに、
いかにも「いいことやってます!」
みたいな印象を発信してしまうことで、
地域と気と溝が生まれてしまったり。


○このビルの確かさ

でも、ヒトトは大丈夫、という
確かさがあるのも、福島の街で
生まれ育ったそれぞれの店のオーナーが
福島を愛し、街に根ざし、
本物の仕事をやっているから。

その空気がビルの隅々まで
行き渡っているからこそ、
ヒトトのスタッフたちは、
素直に、まっすぐに、福島の街と、
福島の食材に向かい合ってくれています。


○街作りに、一番大事なこと

さらっと書きましたが、
こういう地に足のついた確かさを、
育んでいくことこそが、
街づくりにおいて、最も大事なことだと思うのです。

上滑りするでもなく、
頑なに殻に閉じこもるのでなく。
地域のために、なすべきことに、
全てを賭けられるのか、どうか。



nice thingsさんの記事を読んで
ビルも人も輝いていて、
福島の街は、すごいなと再確認しました。

丁寧な取材をしてくださった
nice thingsさんに心から感謝したい。


ぜひ機会があれば、記事、
ぜひご覧ください。

そして、何より、福島に来て、
このビルの空気を感じてほしいな、と心から願っています。


https://www.facebook.com/yugo.okutsu/posts/1402902276450479?pnref=story

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-11-24  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。