レシピ

オーガニックベースNEWS

「風土と台所」をテーマに吉祥寺・雲仙・福島の3拠点で活動するオーガニックベースの情報をお届けします。季節のレシピ、料理教室の情報、食堂ヒトトのことなど。

全て表示する >

オーガニックベースNEWS 講師を始める、ということ

2004/02/02

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2004.2.2 Vol.4 ━━━━━
 □■
 ■□   オーガニックベースNEWS.vol4 「講師を始める、ということ」

                   http://www.organic-base.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
こんにちは。
オーガニックベース@マネージャーです。

「私は講師なんて、まだ出来ない!」
マクロビオティックの教室を一緒にやろうと、家内に相談したときの第一声です。

今回のメルマガではまだ講師歴4ヵ月!である家内が、どんな気持ちで講義に
取り組んでいたかお伝えしたいと思います。

「場」と「責任」
この二つが人をどれだけ成長させるのか、家内をみてまざまざと見せつけられ
ました。もしこの教室をはじめていなかったら、まだ家内は冒頭の言葉を繰り
返していたかもしれません。

講義の裏側にあるものをちょっとのぞいて、皆さんのご参考にしていただければ
幸いです。


    
━目次━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                
 ■3月のイベント最新情報

 ■ ティーチャーズ・ボイス 「講師を始める、ということ」

 ■ 編集後記 



-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-


■3月のイベント日程が決まりました ━━━━━━━━━━━━━━━━━
                              

▽1DAYレクチャー「ディア・チョコレート・アディクト」

   ☆チョコ代用マクロビオティック・スイーツのクッキングクラス付き!

  「チョコレートが止められない!」という悲痛な叫びに応える1DAY
  レクチャーです。なぜチョコが止められないかというメカニズムと、
  チョコを止めるための代用レシピをご紹介します。


▽1DAYレクチャー「子供のためのマクロビオティック講座」

   ☆緊急企画。家族と一緒にマクロビオティックをはじめよう!

  今回は限定10人。お子さん連れOK。子育てに迷われている
  お母さん、お父さんはもちろん、いつか母親になる皆さんのご参加
  をお待ちしております


▽1DAYレクチャー「九星気学スタディ」

   ☆大好評につき、3月7日にクラスを増設しました

   前回の募集では定員の45名が数日で満員に。お申込みが間に
   合わなかった皆様、ぜひご参加下さい。 


  詳しい日程は→ http://www.organic-base.com/event.html

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=




■ティーチャーズ・ボイス━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


▽▽講師を始める、ということ▽▽


 みなさんこんにちは。奥津@講師ビギナーです。

 さて、教室を始めてから4ヵ月。嵐のように、毎日が過ぎ、一方で、もう1年
 くらいやったような濃密な日々です。

今日は、そんな私が、講師をやり始めて、日々考えていることなどを述べたい
と思います。考えていること、というより、課題、ですね(苦笑)。


▼人はみな、違う。

 ORGANIC BASEには、都内近郊はもとより、岐阜や長野、新潟、四国などから
 様々な背景を持った方々が来てくださっています。
 頭ではわかっていたけれど、やっぱり「美味しい」と思われる味も、知りたい
 レシピも、その方にとってのバランスも異なりますし、マクロビオティックに
 関する知識のレベルも、料理のご経験も、お一人お一人本当に「違い」ます。

 というわけで、毎回、完全に満足できた授業ができたためしがありません。
 (苦笑)
 どうしても、その日のクラスの多数の方にやや合わせた授業になってしまい、
 「ああ、今日はマクロビオティック全く初めての方がたった一人だったけれど、
 わかりにくかったかなあ?」とか「あの方たちには薄味すぎたかなあ?」など
 など、色々と反省しています。
 全ての方に完全に満足していただこう、というのはムリかもしれませんが、や
 っぱり、喜んでいただきたいものです。



▼理想と現実と・・・

 マクロビオティックには、法則はありますが、規則はありません。厳密に言え
 ば、実は「なんでもあり」なのです。
 一人一人、食べ物も同じカブでも、同じものは何一つなく、人間も違います。
 時間空間も、全く同じというのはありえないでしょう。だからこそ、これは
 「陰性」。私は「陽性」と決め付けず、自分で考えることが必要になります。

 レシピも同じ。本当はレシピに頼らず、自分の創造性を自由に発揮して、ど
 んどんクリエーションしてもらうのが一番。講師はそれを導いていく手伝いを
 するだけ。

 ・・・というわけで、私は師:くっしー、失礼、久司道夫先生に「(質問に)
 深く答えすぎないように」と言われています。し、また、久司先生は「陰陽表」
 「陰陽五行表」といったものを詳しくつくることを絶対になさりたがりません。
 エネルギーの本質をとらえることが大事で、全てのものは、様々なタイプの
 エネルギーを持っているからです。

 ・・・けれど・・・・。現実はナカナカ難しい? 「自分で考えて」と言われ
 ても「わからない」というのが、多くの方の本音ではないかと思うし、教室を
 通じて実感しました。
 みなさんのお気持ちは私自身もよくわかります。私たちが、一人一人、より
 クリーンに、滞りがなくなれば、どんどん敏感になって、直感的に判断できる
 ようになり、元々もっている創造性も生まれてくるようです。でも、最初から
 それができる人というのは(できれば最高だけど)少ないんじゃないかな〜、
 できれば苦労しないよな〜と自分を振り返っても思います。

 なのでコースのプログラムの構成も、それ以外のイベントの構成も、半分は
 条件つきで、ある程度断定する情報や基準をお伝えする。一方で半分はそれ
 に頼らず、自由に感じて楽しんでいくこと、逆の見方、をお伝えするように
 している。のですが・・・考えるのが面倒になって「マクロビオティック
 やーめた!」となっていただきたくないし、かといって、理想はやっぱり、
 そのとおりだと思うし、これまた悩んでいます。(苦笑)

 久司先生は、その点、答えられるときはものすごく明確でクリアーなんですよ
 ね・・・。
 それでいて、ちゃーんと相手にも考える余地を残すと申しますか・・・。
 そんな風になれたらいいなあ、と思います。これって、子育ても同じ?なんて
 思ったりしております。


▼私自身の無知、未熟さ

 これは大前提です。あんまり言うとまたマネージャーに叱られますが、お教え
 することで、逆に自分がわかっていないことがどんどん見つかって、むしろ、
 教えられているのは私の方です。
 料理も素人なので、レシピつくりは特に苦労します。何せ「適当」に「カン」
 でそれまでやってきたもので・・・。「プロである必要はない」のが「家庭料
 理」ですけど(苦笑)。
 実際、生徒さんにも、それが逆にいい、と言っていただくことも多いのですが、
 仕事としてお教えしている以上、やっぱり、もっといいクヲリティーのものを、
 と思います。
 また、教室を始めてみて、「適当」「カン」の反対の「正確に計る」「限定する」
 ことの良さも数多く発見することができました。それぞれの良さを、スムーズに
 使い分けながらお伝えできるようになりたい、というのも課題の一つです。


▼母親として

 私に限らず、仕事を持っておられるお母さん皆さんがかかえておられることだと
 思います。息子は、クラスの前後は大変私にごねることが多いです。でも、いざ
 始まると、けして邪魔をせず、冬の夜の寒い日でも、黙って主人と散歩にでかけ
 たりして、協力してくれます。お昼も、息子はほとんど毎日、「延長保育」に
 預けられ、本人がどう思っているかは知りませんが、私自身「まるで、子育て
 より仕事を優先しているような毎日で良いのだろうか」というギモンはつきま
 せん。

 仕事として、教室をやっている以上、息子の存在など、こちらのプライベートな
 事情でご迷惑をおかけするべきではありません。中には、時々、隣室の息子の声
 が聞こえたり、土日や夜のクラスが始まる前にちょろちょろしている息子を不愉
 快に感じられる方もおられると思います。けれど、この小さな教室が、息子の
 辛抱や協力なくして成り立たないことを、ご理解していただければ、幸いです。


▼コンディションの維持

 クラスを続けていく上で、私自身のマクロビオティックの実践、つまり自分の
 管理はかかせません。ことにいやしい私に難しいのは「食べ方」の問題デス。
 そう、「小食」「よく(一口50回以上)かむ」「夜食・間食をしない。」 
 これらを破ると、てきめんに鈍くなり、料理も講義も文章も、質が落ちるので
 す。「無駄に食べただけ、無駄な一手、一言、一文が増える」と申しましょう
 か・・・。感覚も鈍るので、エネルギーの判断もつきにくくなります。

 それから、教室を始めてから、自分の状態よりもレシピや盛り付けへの興味
 が優先して「ちょっと食べてみたい」外食メニューを見つけて食べることが増え
 ました。
 これも、後が大変です(さすがにお肉や乳製品はとりませんが)。スケジュー
 ルもハードになってきましたし、一段と「クリアー」な自分を保つ必要を迫られ、
 責任もあるし、意志の弱い私としては、大弱りです(苦笑)。


といったところですが、ともかく、できることから、一つ一つ階段を上っていくし
かないですね。そして、どれも、なにやら、「陰陽」ならぬ、反対の要素のバラン
スに苦慮しているようです。

レシピを完成させるまでなどは、ときどき泣きたく、逃げ出したくなっていますが、
クラス前も、自信がなくて、しばしば逃走したくなっておりますが、しかし、やは
りマクロビオティックの面白さに魅せられています。

それと、一番はなんと言っても「皆さんに会いたい」という思いと、皆さんの嬉し
そうな、楽しんでおられるご様子が励みです。こんな仕事を家族でできている私た
ちは本当に幸せだと思います。

マクロビオティックを通じての皆さんとの出会いは、かけがえのないものです。 
これからもどうぞよろしくお願いします。





■ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼マネージャー心得

奥津@マネージャーです。今回のメルマガはいかがだったでしょうか。
オーガニックベースは様々な不安を抱えてのスタートでしたが、僕が唯一、
絶対的な自信をもっていたこと、それが「家内の講師としての”質”」です。

家内の良さを引き出す教室をつくることだけ気をつけて、オーガニックベース
のコンセプト、教室やHPなどをつくったと言っても過言ではありません。

「おいおい!かみさんに頼りすぎだろ??」とお叱りを受けそうですが(苦笑)
マネージャーの仕事は「講師と生徒さんが、共に気持ちのよい環境」をつくる
ことに尽きると思っていますので、どうぞご勘弁を。。


こちらの意図は陰に陽に生徒さんに伝わるものですから、それならば大上段
に構えることなく、自然体でできる環境を目指してつくったのが、この小さな
教室です。

早く、オーガニックベースというチームをつくりたい!ですね。
みんなの良さを最大限にいかせる、そんなチームをつくっていきたいです。
僕はもちろん、男子マネージャーですけど(笑)


それでは。次回のメルマガでお会いしましょう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   編集・発行 オーガニックベース 
   http://wwww.organic-base.com
   mailbox@organic-base.com
   全文、または一部の記事の無断転載および再配布を禁じます
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-11-24  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • taotao2006/05/31

    とても共感でき思わず泣いてしまいました。私自身も今規模はちいさいながら同じような境遇にあり3人のこそだてをしながらの仕事の大変さをひしひしと感じているからです。大好きな仕事ではありますが子供に目を向けるよゆうができずに悲しくなったりの毎日です。ただ幸い家族の受け入れがあるので救われています。どうぞこれからもがんばってください。応援しています。