ゲーム

【雀-X】最強の麻雀を目指して

麻雀ゲームファン必見。業界最強の麻雀ソフトを目指し、開発中の麻雀エンジン『雀-X(ジャン-クロス)』。その強さの秘密と、最強までの闘いの日々をお届けします。

全て表示する >

【雀-X】最強の麻雀を目指して 第52号 <コンピュータ麻雀の明日(前編)>

2006/03/22

*=============================================================*
【雀-X】最強の麻雀を目指して 第52号 http://www.jan-x.jp/
*-------------------------------------------------------------*

デジタル麻雀ファンの皆様、こんにちは。
ご無沙汰して申し訳ありません。
およそ4ヶ月ぶりくらいの発行になりますね。

さて、このメルマガでは、2003年10月より2年以上にわたり、デジタ
ル麻雀の思考やアルゴリズムについて、考察してまいりましたが、ひ
とたび、次号にて休刊とさせていただきます。

長い間、購読いただき、ありがとうございました。

今回・次回では、コンピュータ麻雀の明日について少し書いてみたい
と思います。

*-------------------------------------------------------------*
 コンピュータ麻雀の明日(前編)
*-------------------------------------------------------------*

本メルマガで最初に挙げていたものは強さの評価方法についてでした。

これまでいろいろな会社から本格麻雀ソフト等が発売されていました
が、具体的な強さの評価は主観的なものに頼らざるを得ず、結局どこ
のソフトが強いのかはネット上の評判などをみて推測するしかありま
せん。

しかし、インターネット・ブロードバンドが当たり前となってきて、
その状況も変わりつつあるようです。


その要因の一つは東風荘を初めとする、インターネット雀荘の普及。

ダイアルアップで通信料金を気にしながら、遅い回線で対戦せざるを
得なかった頃と違い、今はかなり快適な環境で見知らぬ人同士が対戦
できるようになりました。

そして、コンピュータを使用するということで、膨大な量の牌譜デー
タが蓄積されています。

麻雀は4人で対戦すること、不完全情報ゲームであることが研究のネッ
クとなっていましたが、この膨大なデータを研究することにより、麻
雀の強さを運や流れなどによらない数学的な形で理論構築できるよう
になりました。

その中で現れたのがこのメルマガでも何度も取り上げている、
とつげき東北さんのHPであり、ひいいさんのHPであるわけです。

とつげき東北HP : http://www.interq.or.jp/snake/totugeki/
ひいいの麻雀研究 : http://www.ix3.jp/hiii/

また、インターネット雀荘はコンピュータ麻雀の強さを評価する上で
新たな可能性を示唆してくれました。

一つは「レートによる評価」であり、もう一つは「自動打ちツール」
の存在です。

とつげき東北さんのHPで公開されている「東風荘画面入出力DLL」を
使用した東風荘の自動打ちツールというものがインターネット上に
いくつか存在しています。

今のところ強さは1600未満のものがほとんどのようですが、今後研究
が進んでいけば超ランにも耐えうるようなものも出てくるでしょう。

実際、とつげき東北さんは今後そのようなものを作りたいと書かれて
います。

ただ、麻雀の数理的研究を進める上では、自動打ちツールは個々人が
各個に作成するのではなく、思考アルゴリズム部分をAPI化して公開し、
研究者がアルゴリズムの研究に集中できるような形にしていくことが
重要かと思います。これについては45号でも触れましたね。

《以下、次号へ続きます!》

*=============================================================*
【雀-X】最強の麻雀を目指して 第52号
●発行日:2006年3月21日
●発行責任者:株式会社メディアリュウム
 URL:http://www.jan-x.jp/
ご意見・お問い合わせは janx@mediarium.co.jp までお願いします。
メルマガに記載された記事を許可なく転送することを禁じます。
*=============================================================*
(c) Mediarium Corporation 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-11-14  
最終発行日:  
発行周期:隔週  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。