トップ > 地域情報 > 海外 > アフリカ > 『あふりかくじらの自由時間』

物書きアフリカ研究者。南部アフリカのジンバブエ共和国に棲むくじら。アフリカのこと、日々のこと、いま考えることを手紙のように綴っていきます。南アフリカ生まれの作家ベッシー・ヘッドのこともときおり書いていきます。 

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



『あふりかくじらの自由時間』【125】

発行日:12/12


しばらくぶりのメルマガです。
12月ですが、いかがお過ごしですか。

わたしは開発コンサルタントのお仕事で先週土曜日まで南アジアの
バングラデシュに行ってきました。(買い付けではない)

とはいえ、ちょうどバングラデシュは政情不安に陥ってしまい
現在かなり大変な状況です。
結局、四週間滞在の予定を三週間に切り上げて帰国しました。
交通網封鎖で、外出禁止が続いていたのです。

日本語の報道ではあまり出ていないのですが、わたしの
メインブログの方にできるだけ書いています。

ご関心あれば、どうぞ。
『あふりかくじらの自由時間』ブログ
 http://blog.livedoor.jp/africanwhale/


     ★         ★


そして、そんなときに。

敬愛するネルソン・マンデラ元南アフリカ大統領が亡くなりました。

世界中が悲しみにくれていると同時に、多くの追悼セレモニーが
開催され、どれほど彼が偉大であり、尊敬され、
愛された人物かということがよくわかる気がしました。

今日は、わたしも在京南アフリカ大使館へ記帳に行ってきました。

お花がたくさんあふれ、南アフリカらしい音楽が流れ、
涙がこぼれそうになるくらいでした。

大きなマンデラ大統領の写真が掲げられているその部屋は、
優しさで満ちあふれているように感じました。


     ★         ★


わたしは南アフリカが昔からほんとうに好きです。

大学生の頃にアパルトヘイトに衝撃を受け、
(ブログにも少し書きましたが)
その後、自分で南アフリカへ行くようになって依頼、
あの国はわたしの中でとても懐かしい国のひとつです。


その歴史には苦しいものがたくさんあふれているけれど、
ネルソン・マンデラが戦ったものは、アパルトヘイトだけではない。


人間が人間を抑圧するということ、自由を勝ち取ること。


わたしたちがどのように生きるかを、
彼はいつでも教えてくれていたような気がします。


     ★         ★


今、南アフリカの作家ベッシー・ヘッドの作品を翻訳しています。
日本語で出版したいと思っています。
出版社を探しているところです。

ご存知の方も多いとは思いますが、作家ベッシー・ヘッドのことを
日本で出版したいと大学生のころから思ってきました。

わたしのライフワークなのです。



まさにネルソン・マンデラが政治犯として逮捕された1960年代を
行きたジャーナリスト(ベッシー自身もそうでした)を主人公にした
小説です。

マンデラと同じように、政治犯として逮捕されます。
そして、ボツワナに逃れます。


ボツワナの農村を舞台にしながら、まさにアパルトヘイトのこと、
人種差別のこと、抑圧のこと、アフリカ主義のことを
鋭く描き出した小説です。そしてほんとうにうつくしい。

自分で翻訳しながら、何度も泣いてしまったくらいです。


(*ほんと、出版社を探しています。もしアフリカの小説の翻訳版を
 出版検討してくれそうなところをご存知でしたらぜひぜひ
 おしえてください!!)


     ★         ★


大学生のときから、ずっとアフリカを愛し、ときに嫌い、それでもずっと深く心に刻んできました。

ベッシー・ヘッドも、ネルソン・マンデラも、
大学生のときにとてもとてもお世話になったボツワナのケノシさん
(在京ボツワナ大使でした)も亡くなりました。

これからも、しっかりと大切なものを守り、教えを忘れず感謝し、
生きていきたいと思います。


     ★         ★


20歳の頃から作家ベッシー・ヘッドをおいかけ、ボツワナや南アに行き、
アフリカ関係の活動をいろいろと続けてきたわたしですが、
明日でなんと37歳になります。

このメルマガを始めたときはたぶん23歳だったと思うので
気がつくとずいぶん長い時間です。


オンラインショップRupurara Moonも、クリスマスラッピング
サービスなどを無料で提供してます。
http://rupurara-moon.com/

選りすぐりのとっておきのものだけ、心を込めて選んでいますので
温かいクリスマスギフトとして、ぜひ手に取っていただきたいです。


     ★         ★


長いあいだおつきあいいただいている皆さまに
心からお礼申し上げます。

出版できたら、ぜひ読んでいただきたい。
どうしても実現させたいライフワークのひとつです。



++++++・。+★・。・゜゜・☆ ○o.・..+・。★


読んでくださりありがとうございます。

東京はとても寒くなってきました。
どうぞ皆さまご自愛くださいませ。


                         あふりかくじら



| 次の記事>> | 最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    24266人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  2. 今日のタイねた

    最終発行日:
    2017/05/25
    読者数:
    536人

    毎日のタイに関するニュースの中から話のネタになりそうな情報を1〜4つ程度と朝一番のタイでの為替レート(円とバーツの両替レート、バンコク銀行)を、多少のコメントを交えながら、短く簡潔にお届けします。

  3. グローバル・エイズ・アップデート

    最終発行日:
    2017/05/21
    読者数:
    1343人

    地球規模の広がりを見せるHIV/AIDS問題。アフリカなど途上国を中心に、現状と国際社会、市民社会の取り組みの最新情報を伝えるメールマガジン。

  4. アラブからこんにちは〜中東アラブの知られざる主婦生活

    最終発行日:
    2017/05/25
    読者数:
    328人

    湾岸アラブ世界に住んで24年。UAE男性と結婚した筆者が、5人の子育て、地域活動、文化センター設立などを通して経験したアラブ・イスラーム社会を、深く鋭く観察し、エッセイで紹介します。

  5. IOM国際移住機関 “Migration”

    最終発行日:
    2017/05/23
    読者数:
    1441人

    IOMは世界的な人の移動(移住)の問題に取り組む国際機関です。IOMが世界各地で実施している、人身取引対策や人道復興支援などの活動紹介を現地からのレポートを織り交ぜてお送りします。

発行者プロフィール

過去の発行記事