トップ > 地域情報 > 海外 > アフリカ > 『あふりかくじらの自由時間』

物書きアフリカ研究者。南部アフリカのジンバブエ共和国に棲むくじら。アフリカのこと、日々のこと、いま考えることを手紙のように綴っていきます。南アフリカ生まれの作家ベッシー・ヘッドのこともときおり書いていきます。 

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



『あふりかくじらの自由時間』【120】

発行日:12/11


12月ももう三分の一が過ぎて、年末の雰囲気になってきました。

メールマガジンの方はまたすっかりご無沙汰してしまいましたが、
いかがお過ごしでしょうか。

街はすっかりクリスマスムードいっぱいです。


    ★         ★


先月から今月にかけて、たまたま別の知人が声をかけてくださる
機会が重なり、ビジネススクールや大学でゲスト講師を
別々のところで計三回させていただきました。


少し日が経ってしまいましたが、11月後半には
たまたま前職でお世話になった方が声をかけてくださった、
「社会起業大学」というビジネススクールでのお話。

ここ数年、「社会起業家」や「ソーシャル・ビジネス」といった
仕事の仕方や生き方がとてもたくさん聞かれるようになりました。


これまでの援助の世界ではあまり考えられなかった
ビジネスを通じた社会貢献・国際貢献という考え方が出てきて、
たくさん「世界を変える」「社会を変える」なんていうタイトルの
本が出版されています。



かくいうわたしも、この四月からは日本企業による「BOPビジネス」の相談を
受け付けるというお仕事をしており、途上国ビジネスの潮流まっただなかで
お仕事をしているわけです。

(ちなみに、BOPビジネスとは一般的には途上国にクラス年収3,000ドル以下の
 「貧困層」を消費者・ビジネスパートナーと見たビジネスのあり方を指します。
 BOPは「Base of the Pyramid」の略です)



    ★         ★



でも、これだけ色々と議論をさせていただきながら、わたしのお話はいつも
「結論としてはよくわからないよね」というところに落ち着きます。
考えるきっかけ、という意味では良いのかな。

途上国開発というところに軸(あるいは出発点)をおいているパターンと、
ビジネスというところにおいているパターン。



これまでは、アフリカの農村など、水のないところにきれいな水を提供し、
電気のひかれていない村にソーラー発電機を導入するといった
基本的な生活ニーズを満たすための製品を供給するというケースが
多かった「途上国ビジネス」も、最近は化粧品や瞳を大きく見せる
コンタクトレンズやエクステなどの美容関連など、実に多様化しています。



    ★         ★



わたしが運営しているRupurara Moonは、確かに「ビジネス」の側面よりも
社会性が大きいのかもしれません。
http://rupurara-moon.com/

(途上国を「助ける」のではなく、先進国へアフリカのポジティブな側面を
 伝えるといった意味です。簡単に言えばですが)



    ★         ★



結局のところ、アフリカのひとたちに「BOPビジネス」っていう説明を
したところで、やっぱりそれは彼らにとってみれば単なる「ビジネス」なんですね。

「BOPビジネス」はある意味、先進国目線の考え方なのでしょう。


途上国を単なる市場としてみるだけでもなく、大航海時代から奴隷貿易を経て
帝国主義時代へとつながっていった一次産品の生産地としての場所でもなく、
もちろん搾取する対象でもなく、一緒に新しい価値観を作り上げていき
ともにビジネスを創造していきたい。

そういう考え方が少しずつ広まってきたのかもしれません。

まだまだこの世界の経済構造は途上国の大きな犠牲の上に成り立っており、
そんな理想論がどれだけ実現できるのかはわかりません。

それでも、小さなところから小さな成功を重ねていくひとたちが増えれば、
やがてほんとうに「世界を変える」ことになるのかもしれませんね。

そんなことを思いました。




    ★         ★




さて、Rupurara Moonにはなんと西アフリカからの商品が入荷しています。

新しいバイヤーさんがセレクトしてくれたスペシャルなものばかりです。
そして、生産者さんたちのお話もたくさんお伝えしたい。

ブルキナファソのコットン製品(バッグ、プリント布のポーチ、ポシェットなど)、
マリのビーズアクセサリ(黒檀やトンボ玉)、そしてモーリタニアの染色布です。

どれもほんとうにすてきなものです。

西アフリカって、南部アフリカとはまったく違った雰囲気なのですね。

また、ブルキナファソの生産者は、あるNGOです。
詳しくはこちらをご覧ください:
http://rupurara-moon.com/?mode=f9

生産者や、その国のストーリーと一緒に、お届けしていきたいと思っています。



 ★  ★  ★


■マリのビーズネックレス♪

『【マリ】黒檀とビーズのネックレス「カーズ(茅葺きのお家)」 』
 http://rupurara-moon.com/?pid=52244861

『【マリ】黒檀とラクダの歯のネックレス 』
 http://rupurara-moon.com/?pid=52320506

『【マリ】天然石とトンボ玉ネックレス 』
 http://rupurara-moon.com/?pid=52320805

『【マリ】ガラスビーズのネックレス「砂漠の夕暮れ」 』
 http://rupurara-moon.com/?pid=52320848


■アフリカンプリント&手織り布のポーチ♪
手織り染めコットン記事にアフリカンプリントのパーニュが組み合わさった
丁寧なつくりのキュートなポーチ。
http://rupurara-moon.com/?mode=cate&cbid=1419021&csid=2


■カラフルなコットンポシェット、ショルダーバッグ、トートバッグ♪
厚手のコットン生地はとってもカラフル。
ウッドビーズや植物の種がセンス良いお勧めシリーズ。
http://rupurara-moon.com/?mode=cate&cbid=1419021&csid=1


■マリの泥染めストール♪
やわらかでやさしい手触りに、色合いもやさしい伝統的な泥染めのストールです。
http://rupurara-moon.com/?mode=cate&cbid=1076727&csid=1


■モーリタニアの染色布
薄手でうつくしい染め布は、砂漠の人々が前身にまとう柔らかでうつくしい布です。
限定品なので再入荷は未定です。
http://rupurara-moon.com/?mode=cate&cbid=1076727&csid=2




★★ シルバーアクセサリ 10%OFF!!


Rupurara Moon一押しブランド、ジンバブエ発のパトリック・マブロスの
シルバーアクセサリを10%引きセール価格にしました!
(会員限定価格ですのでお手数ですがログインをお願いいたします)
12月25日(火)クリスマスまでです!

ユニークでかわいらしい遊びごころたっぷりなデザインのシルバーは、
アップされているもののみですのでお見逃しなく。 

真ん丸いゾウやカバ、シンプルでキュートな「ンドロ」など、
オリジナルなモチーフを飾ってお出かけを楽しんでくださいね。
贈り物にもすてきです。

*お買い物の際は必ずログインをお願いいたします。



★★ギフトラッピングは無料で承っております!!★★


【Patrick Mavros】

http://rupurara-moon.com/?mode=cate&cbid=1106834&csid=0





 ★・。・゜゜・☆ ○o.・..+・。★


                         あふりかくじら



★Rupurara Moonのfacebookページはこちらです!
 「いいね!」していただけたらうれしいです。

http://www.facebook.com/pages/Rupurara-Moon-African-Beads-Crafts/148174191927324




| 次の記事>> | 最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/05/23
    読者数:
    24268人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  2. 今日のタイねた

    最終発行日:
    2017/05/23
    読者数:
    536人

    毎日のタイに関するニュースの中から話のネタになりそうな情報を1〜4つ程度と朝一番のタイでの為替レート(円とバーツの両替レート、バンコク銀行)を、多少のコメントを交えながら、短く簡潔にお届けします。

  3. グローバル・エイズ・アップデート

    最終発行日:
    2017/05/21
    読者数:
    1343人

    地球規模の広がりを見せるHIV/AIDS問題。アフリカなど途上国を中心に、現状と国際社会、市民社会の取り組みの最新情報を伝えるメールマガジン。

  4. アラブからこんにちは〜中東アラブの知られざる主婦生活

    最終発行日:
    2017/05/22
    読者数:
    329人

    湾岸アラブ世界に住んで24年。UAE男性と結婚した筆者が、5人の子育て、地域活動、文化センター設立などを通して経験したアラブ・イスラーム社会を、深く鋭く観察し、エッセイで紹介します。

  5. IOM国際移住機関 “Migration”

    最終発行日:
    2017/05/23
    読者数:
    1441人

    IOMは世界的な人の移動(移住)の問題に取り組む国際機関です。IOMが世界各地で実施している、人身取引対策や人道復興支援などの活動紹介を現地からのレポートを織り交ぜてお送りします。

発行者プロフィール

過去の発行記事