トップ > 地域情報 > 海外 > アフリカ > 『あふりかくじらの自由時間』

物書きアフリカ研究者。南部アフリカのジンバブエ共和国に棲むくじら。アフリカのこと、日々のこと、いま考えることを手紙のように綴っていきます。南アフリカ生まれの作家ベッシー・ヘッドのこともときおり書いていきます。 

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



『あふりかくじらの自由時間』【115】

発行日:11/21


いかがお過ごしでしょう。あふりかくじらです。

少しずつ、冷え込む日が増えてきましたね。
風邪をひかれたりしていませんか。


            ★         ★


オンラインショップのRupurara Moonアフリカンビーズ&クラフトで
最近取り扱いを始めましたシルバーアクセサリのブランド
「パトリック・マブロス」を気に入ってくださる方が
思いのほかたくさんいらっしゃって、ほんとうにうれしく思っています。


少しだけ、ブランドのご紹介をしようと思います。


            ★         ★


このブランドに出会ったのは、わたしがジンバブエで仕事をしていたとき。
シルバーアクセサリはもともと安いものではないので、
お金持ちの外国人を中心とした人気のブランドでした。



パトリック・マブロスはジンバブエ生まれのアーティストの方です。
野生の少年みたいな心を持っていて、ほんとうに根っからアーティストという
感じのすてきな方です。


ジンバブエの首都ハラレの街の中から車で20kmほど進み、
幹線道路を外れてぐるぐると樹々の間をドライブしていくと、
パトリック・マブロスのアトリエがあります。

周りをなだらかな丘と小さな森に囲まれて、すてきな工房には職人さんたちがたくさん。


            ★         ★


繊細なシルバー細工はため息が出るほどうつくしいものばかりです。

動物を愛して育ってきたパトリックが作るゾウやカバのアクセサリは、
繊細で、どこかとても温かみがあり、なによりもほんとうに可愛い。

オリジナリティあふれるアクセサリは、とても人気が高いのです。


わたしはまだ行ったことがないのですが、ロンドンにもお店があるそうです。


            ★         ★


今回、どうしてもRupurara Moonでパトリック・マブロスのシルバーを
ご紹介したいと思い、しばらくぶりにお店にコンタクトしました。

そして、ありがたいことに、日本では初めてこのブランドを扱うお店として
このすてきなアクセサリを仕入れることができました。


なかなか高価なものなので、小さなオンラインショップでは
ゴージャスなテーブルウェアなどを仕入れることは難しいのですが、
わたし自身もいつも愛用しているンドロ(渦巻き模様)のリングや
まん丸いゾウ、愛らしいカバを中心にお勧めのものをお店に並べることができました。


            ★         ★


パトリックは、ほんとうにアフリカを愛しているひとで、その思いが
すてきな作品にとてもすなおに表れています。

Rupurara Moonは本来、ストリートのアーティストたちからアート作品を
お届けするお店ですが、ジンバブエやアフリカの素敵な一面を伝えるという意味で、
やはり自分が心から魅力的だと思えるブランドを紹介するのは
とても大切だと感じ、シルバーを扱い始めることにしました。

そして、このような機会をいただけたことに、心から感謝しています。


            ★         ★


今は、マダガスカルの東、インド洋に浮かぶモーリシャスという小さな国にも
パトリック・マブロスのアトリエがオープンしています。

ここでは、パトリックの息子さんであるフォーブス・マブロスがブランドを取り仕切り、
かつ新しくモーリシャステイストの、輝くように魅力的な作品を作っています。


こちらもいずれ、Rupurara Moonで紹介できたらいいな、と夢見ております。
そして、いつか、モーリシャスも行ってみたい!


パトリック・マブロスの作品はこちらでご覧いただけます。
http://rupurara-moon.com/?mode=cate&cbid=1106834&csid=0


 ==========

そんなパトリック・マブロスのシルバーアクセサリをはじめ、
Rupuara Moonの作品の展示&販売を今月27日(日)に行います。

作品をいっぺんに直接ご覧いただける機会です。

ぜひ、東京近郊の方はおいでください。

直接お会いできますことを楽しみしております。

 日時:11月27日(日) 13:00〜19:00
 会場:Bar Fatima(四谷三丁目)

 *四谷三丁目駅4番出口を出て新宿通りを四ツ谷駅方面へ向かい、
  みずほ銀行手前の過ぎ大門通りへ左折すると、
  左手に紫色のFatimaの看板が見えます。
  http://fatima-tokyo.com/access.html


「ショップブログ」でもご案内しております:

http://africanwhale.rupurara-moon.com/?eid=363533


 ==========


いつも、読んでくださりありがとうございます。




                         あふりかくじら


パトリック・マブロスのご紹介:

http://rupurara-moon.com/?mode=f4


追伸:

なお、Rupurara Moonのコンセプトに共感してくださるインターンの方を
募集する予定です。

詳細は後程、ブログ等にアップさせていただきます。






| 次の記事>> | 最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    24273人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  2. 今日のタイねた

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    536人

    毎日のタイに関するニュースの中から話のネタになりそうな情報を1〜4つ程度と朝一番のタイでの為替レート(円とバーツの両替レート、バンコク銀行)を、多少のコメントを交えながら、短く簡潔にお届けします。

  3. グローバル・エイズ・アップデート

    最終発行日:
    2017/05/21
    読者数:
    1343人

    地球規模の広がりを見せるHIV/AIDS問題。アフリカなど途上国を中心に、現状と国際社会、市民社会の取り組みの最新情報を伝えるメールマガジン。

  4. アラブからこんにちは〜中東アラブの知られざる主婦生活

    最終発行日:
    2017/05/25
    読者数:
    328人

    湾岸アラブ世界に住んで24年。UAE男性と結婚した筆者が、5人の子育て、地域活動、文化センター設立などを通して経験したアラブ・イスラーム社会を、深く鋭く観察し、エッセイで紹介します。

  5. IOM国際移住機関 “Migration”

    最終発行日:
    2017/05/23
    読者数:
    1442人

    IOMは世界的な人の移動(移住)の問題に取り組む国際機関です。IOMが世界各地で実施している、人身取引対策や人道復興支援などの活動紹介を現地からのレポートを織り交ぜてお送りします。

発行者プロフィール

過去の発行記事