トップ > 地域情報 > 海外 > アフリカ > 『あふりかくじらの自由時間』

物書きアフリカ研究者。南部アフリカのジンバブエ共和国に棲むくじら。アフリカのこと、日々のこと、いま考えることを手紙のように綴っていきます。南アフリカ生まれの作家ベッシー・ヘッドのこともときおり書いていきます。 

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



『あふりかくじらの自由時間』【95】

発行日:12/28


 ★.+・゜゜・。☆ ○o.+・゜゜・。○o.++++++++++++++




          『あふりかくじらの自由時間』

                           【96】

                         http://africanwhale.net/

 +++++++++++++・。+★・。・゜゜・☆ ○o.・..+・。★



クリスマスとか年末とか、日本だと静かだなんて思ったことなんて
あまりなかったかもしれない。

このヴィレッジの夜はそれでも、とっても澄んでいて静かだと思う。
そして、温かでなつかしい。


            ★         ★


クリスマスが過ぎ、もう今年も終わりですね。
いかがお過ごしですか。


 ☆ ○o.+・゜○o..+・。☆


またもうひとつの年末がやってくる。

ヴィレッジに住むひとたちはほとんどが白人で、そして古き良きローデシアの
思い出を胸に抱くひとたちである。

ときどき、コンプレックスの真ん中にあるパブに行き、やわらかな光の中で
キャッスル・ビールをいただく。そして、40歳以上も年上の「お友だち」と
色んなお話をする。軽口もたたく。

思うのだが、彼らの多くは伴侶を亡くした独身。
けっこう自由な生き方をしているのだ。
だから同じく独身なわたしとおしゃべりしていても案外楽しい。
もちろん、恋愛沙汰なんかもここではたくさんある。


            ★         ★


金曜日にはパブのとなりのレストランで軽く食事をし、赤ワイン。
予約を入れたひとしか入れないレストランではあるが、たいした食事はない。
フィッシュ・アンド・チップスくらいなものだ。それもなかなか良い。
そして住民ボランティアの奏でる演奏に耳を傾ける。

アコーディオンの音色って、なんて赤ワインと似合うんだろう。

自由で、温かくて、そしてささやかな夜は、このところあまりにも
たくさんのことがありすぎた自分の心をほんわり包んでくれた気がする。


            ★         ★


今年、またジンバブエは食糧不足だ。
こんなに気候が良くて豊かな土壌の農業国が、人為的な理由で。
そして政府はまた、WFPの食糧配布に制限をかけているらしい。

2010年まで、ムガベ大統領が任期を延ばす可能性が高くなってきた。
本来2008年に実施されるはずであった大統領選挙を、政府はコスト削減
ということで2010年の議会選挙と同じにするという説明をしている。

もちろん、これは建前である。

もっとも、ムガベ大統領が職を辞したところでなにがどう変わるのだろう。
この国の腐敗構造は根深いものがある。
インフレ率は変わらず年率1,100%近くを推移している。

現在のジンバブエ政府を呪ったところで何にもならない。
でも、このヴィレッジに住むわたしの「お友だち」には、他に呪うべき
ものがない。もう、何十年と暮らしてしまったこの国以外に、帰るところは
ないのである。懐かしいローデシアの思い出に浸りながら。


            ★         ★


そんなことをぼんやり考えているうちに夜は更けた。
わたしもちょっと、ワインを呑んでしまって勢いづき、ピアノを弾いてしまった。
温かい拍手につつまれた。

その後、ひとりの女性のお宅に集まりウィスキーをちょうだいした。
家族の写真と一緒に、三年前に再婚し、その9ヵ月後に亡くなったという
パートナーの写真もあった。
人生ってなんてせつなくて、そしてうつくしいんだろうと思った。
70歳を過ぎてから再婚、そしてまた死がある。


星空があまりにきれいで。

そしてわたしは、こうしてジンバブエという国に来て、このひとたちと一緒に
暮らしていることを幸せに思った。
こういう偶然も、悪くない。


            ★         ★


静かに年が暮れていく音がする。
空気が澄んでいて、星が数え切れないほど輝く。

車が少なくなって店が閉まる。
なんだか時間の流れがどんどん収束して、2006年という一年をきゅっと
文字通り締めくくるような感じがしている。

ジンバブエは雨季だ。

スコールのような雨が降り、太陽が注ぐ。


何年も、何十年もそうしてきたように。


 ☆ ○o.+・゜○o..+・。☆



読んでくださりありがとう。
2006年は、これを読んでくださる方にも支えられました。

来年は大きく動く年になりそうです。
あなたの一年が幸福に満ちたものでありますよう。


これからもどうぞ、よろしくおつきあいください。


                 雷の鳴り響くハラレにて

                         あふりかくじら


 +++++++++++++・。+★・。・゜゜・☆ ○o.・..+・。★

     『あふりかくじらの自由時間』【95】2006年12月28日発行

 【発行者】 あふりかくじら
 【メール】 africanwhale@mail.goo.ne.jp
 【URL】 http://africanwhale.net/
 【ブログ】 http://blog.livedoor.jp/africanwhale 
 【エンピツ日記】 http://www.enpitu.ne.jp/usr1/10741/

 ★バックナンバー★ http://www.melma.com/backnumber_103336/

【あふりかくじら★カフェ】メールマガジン(週3回程度、軽く短め)
 http://africanwhale.net/cafe.htm
 ジンバブエ共和国より発行。日々の風景、思ったことなどを
 短く短くつづった15秒だけのお昼休みマガジン。ふとしたことばが
 誰かに届けばよいなと思います。

 ☆★登録・解除★☆

 『まぐまぐ』http://www.mag2.com/m/0000058315.htm
 『melma!』http://www.melma.com/backnumber_103336/
 『melma!』http://www.melma.com/backnumber_151536/
 『めろんぱん』http://www.melonpan.net/mag.php?005603

 ★.+・゜゜・。☆ ○o.+・゜゜・。○o.++++++++++++++

*13日で三十路になりました。どうぞよろしく。これからが愉しみ!
 写真はブログを見てくださいまし。http://blog.livedoor.jp/africanwhale/





| 次の記事>> | 最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    24271人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  2. 今日のタイねた

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    536人

    毎日のタイに関するニュースの中から話のネタになりそうな情報を1〜4つ程度と朝一番のタイでの為替レート(円とバーツの両替レート、バンコク銀行)を、多少のコメントを交えながら、短く簡潔にお届けします。

  3. グローバル・エイズ・アップデート

    最終発行日:
    2017/05/21
    読者数:
    1343人

    地球規模の広がりを見せるHIV/AIDS問題。アフリカなど途上国を中心に、現状と国際社会、市民社会の取り組みの最新情報を伝えるメールマガジン。

  4. アラブからこんにちは〜中東アラブの知られざる主婦生活

    最終発行日:
    2017/05/25
    読者数:
    328人

    湾岸アラブ世界に住んで24年。UAE男性と結婚した筆者が、5人の子育て、地域活動、文化センター設立などを通して経験したアラブ・イスラーム社会を、深く鋭く観察し、エッセイで紹介します。

  5. IOM国際移住機関 “Migration”

    最終発行日:
    2017/05/23
    読者数:
    1441人

    IOMは世界的な人の移動(移住)の問題に取り組む国際機関です。IOMが世界各地で実施している、人身取引対策や人道復興支援などの活動紹介を現地からのレポートを織り交ぜてお送りします。

発行者プロフィール

過去の発行記事