トップ > 地域情報 > 海外 > アフリカ > 『あふりかくじらの自由時間』

物書きアフリカ研究者。南部アフリカのジンバブエ共和国に棲むくじら。アフリカのこと、日々のこと、いま考えることを手紙のように綴っていきます。南アフリカ生まれの作家ベッシー・ヘッドのこともときおり書いていきます。 

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



『あふりかくじらの自由時間』【56】

発行日:12/29

 ★.+・゜゜・。☆ ○o.+・゜゜・。○o.++++++++++++++




          『あふりかくじらの自由時間』

                           【56】

                http://africanwhale.hp.infoseek.co.jp/

 +++++++++++++・。+★・。・゜゜・☆ ○o.・..+・。★


雪が舞い踊りました。

グレーの空にまばゆい白を散らす、大きなぼたん雪でした。
同じ地球が、こんなにうつくしい景色を見せているのだということを感じ、
ただ窓の外を見つめていました。

            ★         ★

冬らしい気候です。

いかがお過ごしでしょう。

 ☆ ○o.+・゜○o..+・。☆

スマトラ島沖の地震と津波によって、今日のニュースの時点で死者が
6万3千人以上ということだそうです。
スリランカで何万人、インドで一万人、タイのプーケットやピピ島で…、という
ように恐ろしい「数字」がニュースで読み上げられています。

でも、これがただの「数字」ではなく「人間の生命」なのだということ、
東京でうつくしいぼたん雪をみせ、南の明るいリゾートの楽しみをくれる
その地球の前で、その「人間」はただどうすることもできないのだということを、
思い知らされたような気がします。

            ★         ★

遠くアフリカでも、インド洋側のソマリアやケニアなどで、百人以上が
亡くなっていると報道されています。

            ★         ★

今年、80年代から内戦状態にあるというスーダンでは、ダールフールと呼ばれる
地方で住民への襲撃が繰り返されています。

スーダンは、北部にはイスラム教徒、南部にはキリスト教徒の住む国で、
その混乱の原因は、経済的な格差や強硬な軍事的政権、ひいては植民地政策にも
求められるでしょう。

多くの新聞などでも報道がありましたが、これは国連により、
「最大規模の人道上の悲劇」"The world's worst humanitarian crisis"と
いわれています。

「国境なき医師団」の職員1名や「セーブ・ザ・チルドレン」の職員4名も
殺されたという報道がありました。

約7万人が虐殺され、難民になっているのは百万人以上だといわれています。

            ★         ★

イラクで今日おきたテロでは、28人が死亡したとのことでした。

            ★         ★

この数字はいったい何なのだか、わたしは理解できずにいます。

まわりのたったひとりの人間の死でさえも、すとんと腑に落ちるようには
理解できず、彼の分まで生きるとか、ご冥福を祈るとか、そういうことばを
とても軽々しく口にはできない気分で、何年ものあいだその突然の若い死に
ついて考え続けています。
でもやっぱり、理解できていないのだと思う。

それでもニュースは数字を流し続け、わたしはそれが耳に慣れてくるのを感じ、
ときどき身震いします。
わたしの身近な人間の死にはない、異質なものを感じながら、見えない何かに
怯えています。

            ★         ★

少なくとも、地球に対して「地球にやさしく」などと偉そうなことを
いわないようにしたいと、わたしは思っています。

そして、使い古されたことばになりつつありますが、
やはり「宇宙船地球号」ということばに込められた思いを、
忘れてはならないように思います。

新潟で地震が起きたとき、誰かを助けようという気持ちで動くひとが
たくさんいました。
いまも、手を差し伸べようとするひとが多く、たくさんのNGOや団体では
とても迅速に募金活動が始まりました。



あなたは、どう思われましたか。



 ☆ ○o.+・゜○o..+・。☆


さて、そんな2004年も、もうおしまいです。
ことしは哀しいできごとがたくさんあって、そのまま年が暮れます。
そしてひとびとはいつも、新しい一年の幸福を願う。

ことしも読んでくださり、ほんとうにありがとう。

もっと明るい一年がおとずれることを願いつつ…。


                         あふりかくじら


 +++++++++++++・。+★・。・゜゜・☆ ○o.・..+・。★

     『あふりかくじらの自由時間』【56】2004年12月29日発行

 【発行者】 あふりかくじら
 【メール】 africanwhale@mail.goo.ne.jp
 【URL】 http://africanwhale.hp.infoseek.co.jp/ 
       *あふりかくじらノート、日々更新中*
 【ブログ】 http://blog.melma.com/00103336/ <写真日記>
       *ご意見お待ちしております*

 ★バックナンバー★ http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000058315

 ☆★登録・解除★☆

 『まぐまぐ』http://www.mag2.com/m/0000058315.htm
 『melma!』http://www.melma.com/mag/36/m00103336/
 『Macky!』http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=africanwhale
 『めろんぱん』http://www.melonpan.net/mag.php?005603

 ★.+・゜゜・。☆ ○o.+・゜゜・。○o.++++++++++++++

| 次の記事>> | 最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    24266人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  2. 今日のタイねた

    最終発行日:
    2017/05/25
    読者数:
    536人

    毎日のタイに関するニュースの中から話のネタになりそうな情報を1〜4つ程度と朝一番のタイでの為替レート(円とバーツの両替レート、バンコク銀行)を、多少のコメントを交えながら、短く簡潔にお届けします。

  3. グローバル・エイズ・アップデート

    最終発行日:
    2017/05/21
    読者数:
    1343人

    地球規模の広がりを見せるHIV/AIDS問題。アフリカなど途上国を中心に、現状と国際社会、市民社会の取り組みの最新情報を伝えるメールマガジン。

  4. アラブからこんにちは〜中東アラブの知られざる主婦生活

    最終発行日:
    2017/05/25
    読者数:
    328人

    湾岸アラブ世界に住んで24年。UAE男性と結婚した筆者が、5人の子育て、地域活動、文化センター設立などを通して経験したアラブ・イスラーム社会を、深く鋭く観察し、エッセイで紹介します。

  5. IOM国際移住機関 “Migration”

    最終発行日:
    2017/05/23
    読者数:
    1441人

    IOMは世界的な人の移動(移住)の問題に取り組む国際機関です。IOMが世界各地で実施している、人身取引対策や人道復興支援などの活動紹介を現地からのレポートを織り交ぜてお送りします。

発行者プロフィール

過去の発行記事