文学

雲上マガジン

総合創作団体・雲上回廊が送るメール文芸マガジン。

全て表示する >

雲上マガジン vol_95

2006/04/15

▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼

    メールマガジン『雲上』 〜読者へつなぐ〜         第95号
         毎月、05日、15日、25日配信         2006/04/15
                     http://unjyou.kairou.com/

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

 ……………………………………… も く じ …………………………………………

 【1】 前書
 【2】 キセンで超短編「密室劇場」        最終回
 【3】 秋山真琴はいかが?「ATANA」        第5回
 【4】 編集後記

◆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆
 【1】 前書
 ──────────────────────────────────────

 どうもどうも、『回廊』第七号はどうでしょうか? いやあ、本当に出ましたね、一日
に二号。××じゃないでしょうか。あ、××のなかには「秋山」が入りますから。

                                      後略。

◆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆
 【2】 キセンで超短編「密室劇場」        最終回
                   著/キセン
 ──────────────────────────────────────

 僕の超短編です。弾がなくなったので最終回です。いや、しかし、最終回にこれをもっ
てくるとは……。さすがに前編集部長はセンスがいいですね。実はこの作品は一度だけ「
500文字の心臓」のタイトル競作で正選王に選ばれたときの作品なのです。

 …………………………………………… 超短編 ……………………………………………

 エレベータに乗った。降下し始める。カーゴの中には僕しかいない。ふと見ると扉の左
側にディスプレイがあって、エレベータ内の監視カメラが映した映像を流している。そこ
には僕が一人で映っている。右手を上げてみた。映像のなかの僕も右手を上げた。左手を
動かしてみた。映像のなかの僕も左手を動かした。ステップを踏んでみた。映像のなかの
僕もステップを踏んだ。両手両脚の動きはいつしか舞踏のようになっていった。しかし問
題が起きた。どうしても顔が動いてしまいディスプレイを見ることが出来ないのだ。客の
いない舞台は虚で愚。仕方がないので僕は首から顔を引っこ抜きディスプレイを見上げる
ように床に置いた。しかし見えづらい。ディスプレイは小さく、しかも僕の視力はあまり
良くないのだ。しばらくそれで踊ったが乗らない。しばらくしてあることに気付いた。デ
ィスプレイを見る必要などない。直接僕を見させれば良いのだ。僕は僕の首を身体を見る
ように置いた。ラジコンを動かすような違和感があって最初は苦労したが、そのうち異様
に面白くなってきた。僕は踊り続けた。エレベータは止まらない。 

 ………………………………「MORE FASTER, CARGO, CARGO.」……………………………

 この作品に対するご意見・ご感想は編集部まで:unjyou@ml.kairou.com
 この連載は今回が最終回です。ご愛読ありがとうございました!


〜〜〜〜■□作者と読者を繋ぐ◆◇◆◇オンライン文芸マガジン『回廊』□■〜〜〜〜〜

    †┼  音楽のような軽やかさと──猫のような悪戯ゴコロ  ┼†
    ┼†  特集テーマ「音楽と戯れる猫」をかかげる最新刊♪  †┼

〜〜〜〜□公式サイト (http://magazine.kairou.com/)【第七号】公開中!■〜〜〜〜〜
◆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆
 【3】 秋山真琴はいかが?「ATANA」        第4回
                 著/秋山真琴
 ──────────────────────────────────────

 いらっしゃいませ、ようこそ秋山真琴へ。
 ご注文お決まりでしたらどうぞ。え、ええはい、こちらすこし不思議で、かしこまりま
した。……マスター、五番様オーダーいただきましたぁ! 瑶ちゃんすこし不思議でひと
つ!

 …………………………………………… 486文字……………………………………………

 あたなは世界のあちらこちらで発生している、ありとあらゆる問題に介入することがで
きる。その場合、決定権は本来その問題を解決すべき位置にある責任者の手を離れ、あた
なの手に委ねられるようになる。あたなの一言が踊る会議を蹴っ飛ばす。誰もあたなに反
対することはできない、心の底であたなに反感を抱えることさえできない。いかなる理論
もあたなの発言を阻むには至らず、あたなの出した解決法は万人を納得させてしまう。あ
たなは平和主義者だ。あたなが君臨した世界では、一切の争いごとが消失する。すべての
人間はあたなに従う、あたなの判断を信じる。誰もあたなに異論を唱えない。
 あなたはどうですか。あなたは世界のあちらこちらで発生している、ありとあらゆる問
題に介入することはできません。あなたにはいかなる権利も与えられていません。あなた
は無力です、誰もあなたの後に従いません。そんなあなたに訊ねます。あなたはあたなに
なりたいですか。あらゆる問題に介入し、解決することができる、万能なあたなに。なり
たいと答えたあなたに質問します。あなたがあたなになったら、まず最初に、何をします
か。
 そうですか。

 ………………………………………… 「あたな」 …………………………………………

 この作品に対するご意見・ご感想は編集部まで:unjyou@ml.kairou.com
 次回は第96号(04月25日配信予定)に掲載予定です。お楽しみに!

━━━【オンライン文芸マガジン『回廊』最新刊 Vol.7 】━━━━━━━━━━━━━

 殺人者の少女 記憶に追われる男 恋に焦がれる人々 人ならぬモノ 白と黒の猫 
 いびつな物語の踊り手たちが 始まりとなり 終わりとなり 円を描いて回旋する 

━━━《輪舞(ロンド)の第七号》 (http://magazine.kairou.com/) 絶賛公開中━━━


◆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆
 【4】 編集後記
 ──────────────────────────────────────
 前略。
 いかがでしたでしょうか。『雲上』では現在、作品募集を行っています。詳しくは下記
公式ページをご覧ください。
 いやはや……やっとひと段落です。つかれました。しばらく静養して、温泉にでもつか
って来ます。嘘です。授業がはじまるので。では、また、十日後に。今度はほんとうに十
日後ですよ!

*公式サイト
http://unjyou.kairou.com/
*編集部
unjyou@ml.kairou.com


 次回の配信は04月25日を予定しています、それでは。

   ……………………………………… 公 募 ………………………………………

 本誌『雲上』では、アイデアと感動に満ちた作品を募集しています。

 対象は「文章で表現されるすべての作品」です。
 著作権等の問題が無ければ、既に何らかの形で公開された作品でも構いません。
 編集部では作者との共同作業で作品をより良くするシステムを整えております。
 たくさんのご応募を、お待ちしております。

         まずは編集部までご連絡ください:unjyou@ml.kairou.com

   ……………………………………… 奥 付 ………………………………………

       発行日:2006年04月15日
       発行元:雲上回廊
       発行者:秋山真琴
       編集者:キセン
           遥彼方
           言村律広
           恵久地健一
       ご意見ご感想:
           unjyou@ml.kairou.com
       購読の解約および、公式サイト:
           http://unjyou.kairou.com/

       (c) unjyou_kairou 2006 all right reserved

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-11-08  
最終発行日:  
発行周期:月3回  
Score!: 90 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。