文学

雲上マガジン

総合創作団体・雲上回廊が送るメール文芸マガジン。

全て表示する >

雲上マガジン vol_84

2006/03/05

▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼

    メールマガジン『雲上』 〜読者へつなぐ〜         第84号
         毎月、05日、15日、25日配信         2006/03/05
                     http://unjyou.kairou.com/

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

 ……………………………………… も く じ …………………………………………

 【1】 前書
 【2】 キセンで超短編「鍵のくに(1)」       第7回
 【3】 秋山真琴はいかが?「CRAZE CIRCUIT」    第1回
 【4】 編集後記

◆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆
 【1】 前書
 ──────────────────────────────────────

 どうも、印刷会社という名の戦場で働く編集屋──エグチと申します。
 それが今回は、編集長の代理で『雲上』の原稿を読むことになりましてね。
 さて困りました、何を話しましょう。

 そう、戦場といえば『戦場の狼』というゲームがありましたね、むかし。
 ご存知ですか? ファミリーコンピュータ、略してファミコンのソフトですよ。
 マシンガン一丁で、歩兵師団とか、武装ヘリと戦う、傭兵一匹大あばれゲーム。
 いまだと確実に、対象年齢を制限されそうな内容ですね。
 映画『ランボー』のなかで、スタローンも似たようなことをしてましたけどね。
 ご存知ですか? 過激映像のギネス記録を持つ『ランボー3怒りのアフガン』ですよ。
 アメリカのヒーローが中東の武装ゲリラと協力して、旧ソ連を相手にジハード。
 いまだと色々な意味で、地上波の放送を制限されそうな内容ですね。
 ブッシュ大統領もビックリみたいな……ごめんなさいね、マニアックな話ばかりで。
 では、編集長に怒られそうなので、そろそろ本編へ参りましょうか。

                                      後略。

◆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆
 【2】 キセンで超短編「鍵のくに(1)」       第7回
                   著/キセン
 ──────────────────────────────────────

 キセンさんが闇に紛れるとき、その目は眩しさに細められ、恍惚に怖気を走らせる。
 キセンくんが歓喜に湧くとき、その頬は滂沱の滴りに濡れ、怒りに震えて肩が笑う。
 キセンちゃんが空を飛ぶとき、その足は地面を歩いていて、両腕は水をかいている。
 キセンが超短編を綴るとき、世界は変わる。

初出:「500文字の心臓」第三回トーナメント一回戦 2004.07

 …………………………………………… 超短編 ……………………………………………

 鍵のくにでは人の心を開くのにも鍵が要る。恋人になろうとする男女はお互いの心の鍵
を交換して、それぞれの心を覗き見しあう。それで、お互いの心のすべてを見て、付き合
うかどうかを正式に決めるのだ。だから、このくにでできたカップルの別離はほとんどな
かったのだ――これまでは。
 彼女に平手打ちされてしまった。右の頬がまだずきずきしている。それというのもぼく
が彼女に嘘を吐いたせいだ。実は、ぼくが彼女に渡した鍵は偽物だったのだ。心の鍵穴に
は、入りもしない。数回がちゃがちゃやってから、彼女はぼくを無言で睨みつけ、それか
らぼくの右頬を一回叩いたのだ。
 何故ぼくが彼女に偽の鍵を渡したかといえば――昨日見た彼女の心に愕然としてしまっ
たからだ。酷く醜い。毒々しい色の塊が彼女のなかでうねっていた。考えてみれば、他人
の心を見たのは初めてなのだ。ぼくの心もあんなふうになっているのだろうか。そうでは
ないのかもしれない。でも可能性はある。目の前の可愛い彼女に、あんなものを見せたく
はない。ぼくが彼女と別れたのは、彼女のことが好きだったからなのだ。このくにを明日
出ようと、ぼくは思っていた。

 ………………………………「LOCKED ROOM OF HIS LOVER」………………………………

 この作品に対するご意見・ご感想は編集部まで:info@kairou.com
 次回は第85号(03月15日配信予定)に掲載予定です。お楽しみに!


====[雲上広告]================================================================
◆ ◇ オ ン ラ イ ン 文 芸 マ ガ ジ ン『 回 廊 』最 新 刊 【 V o l . 6 】 ◇ ◆

    新世界のフレーズをつむぐ、語り手たちの狂詩曲──《騒乱》の第六号

◇ ◆ 好 評 公 開 中『 回 廊 』公 式 サ イ ト http://magazine.kairou.com/ ◆ ◇
================================================================================
◆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆
 【3】 秋山真琴はいかが?「CRAZE CIRCUIT」    第1回
                 著/秋山真琴
 ──────────────────────────────────────

 いらっしゃいませ、ようこそ秋山真琴へ。
 ご注文お決まりでしたらどうぞ。え、ええはい、こちらのすごいのですね、かしこまり
ました。……マスター、一番様オーダーいただきましたぁ! すごい秋山真琴ひとつ!

 …………………………………………… 326文字……………………………………………

 真空雅法――桜転し墨染まり虚空に散り逝く百鬼の繚乱。近くて遠い無限の荘園、招枯
れ死まろうど諸々の死宴。舞い踊る能面に被さる血化粧と脳漿、弾かれる弦の神域、その
間合いには何人も近づけない他愛群れる仔羊たちの屍骸。揺れ癒され歪む歩み、禍々式。
薨する幻想の帝よ音夢り給えよ憩い賜えよ、甘美なる壊滅と、醜悪なる生存を恵み魂えよ。
美四季、果敢亡き、永遠に終ゆ回廊と階段と怪奇に終焉を。仮令、時を泊めてでも脚止め
せよ、仮令、空を停めてでも旅を終わらせよ。掲げる栄光を幻想に、抱き止める腕を朽木
に、過去の記憶を追想に、降り止まぬ雨と明けぬ夜に永劫を、慈愛を。犇めく愚者に悟り
と忌う名の破滅を。此処に到りて極まりて、彼方差す闇の次元、無闇なる神喰の駕崩よ
――来たれ。

 ………………………… 「禁じられ絶され秘された筈の奥義」 …………………………

 この作品に対するご意見・ご感想は編集部まで:info@kairou.com
 次回は第85号(03月15日配信予定)に掲載予定です。お楽しみに!


◆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆
 【4】 編集後記
 ──────────────────────────────────────
 前略。
 どうも、またお会いしましたね。いかがでしたか、今回の『雲上』は。
 まあ、世間ではメディアに対する制限がきびしくなりつつありますけどね。
 ここ『雲上』では、制限にとらわれない自由な文芸を募集し、配信しています。
 小説という形に限らず、読者がビックリするような作品や、アイデアなど。 
 ご応募、ご意見がありましたら、編集部までメールをお寄せ下さい。
 では、またいつか、どこかで。

*公式サイト
http://unjyou.kairou.com/
*編集部
info@kairou.com


『回廊』のダウンロード状況は、
第00号〜第05号:合計で7782。
[最新]第06号:ダウンロード版が356。


 次回の配信は03月15日を予定しています、それでは。

   ……………………………………… 公 募 ………………………………………

 本誌『雲上』では、アイデアと感動に満ちた作品を募集しています。

 対象は「文章で表現されるすべての作品」です。
 著作権等の問題が無ければ、既に何らかの形で公開された作品でも構いません。
 編集部では作者との共同作業で作品をより良くするシステムを整えております。
 たくさんのご応募を、お待ちしております。

         まずは編集部までご連絡ください:info@kairou.com

   ……………………………………… 奥 付 ………………………………………

       発行日:2006年03月05日
       発行元:雲上回廊
       発行者:秋山真琴
       編集者:言村律広
           遥 彼方
           恵久地健一

       ご意見ご感想:
           info@kairou.com
       購読の解約および、公式サイト:
           http://unjyou.kairou.com/

       (c) unjyou_kairou 2006 all right reserved

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-11-08  
最終発行日:  
発行周期:月3回  
Score!: 90 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。