文学

雲上マガジン

総合創作団体・雲上回廊が送るメール文芸マガジン。

全て表示する >

雲上マガジン vol_81

2006/02/05

▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼

    メールマガジン『雲上』 〜読者へつなぐ〜         第81号
         毎月、05日、15日、25日配信         2006/02/05
                     http://unjyou.kairou.com/

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

 ……………………………………… も く じ …………………………………………

 【1】 前書
 【2】 遠野浩十の究極連作「七十秒後の改行都市」 第13回
 【3】 キセンで超短編「衝撃」          第4回
 【4】 霧生康平と世界の旅「haaaaaaaaaaaash」   第11回
 【5】 編集後記

◆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆
 【1】 前書
 ──────────────────────────────────────

 こんにちは、みなさま。言村律広です。
 二月になりましたね。二月の旧称は如月と書いて「きさらぎ」と読みますよね。これは
「着更着」のことだと聞いたことがあります。いよいよ寒さが増してきて、待ち遠しい春
に向けて重ね着をして陽気の到来を望む時期というわけです。
 みなさまも風邪など召されませんよう、お体を大事に暖かくお過ごしください。

                                      後略。

◆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆
 【2】 遠野浩十の究極連作「七十秒後の改行都市」 第13回
                   著/遠野浩十
 ──────────────────────────────────────

 ここに在るのは果たして、詩か、小説か、短歌か……。鋭利な一行が全てを斬り裂く!

 ●前々回●
 風船は大きくなりすぎて人混みに落っこちて砕けて空へと飛んでった。
 ●前 回●
 秒針が一周すると時計は壊れ、時は止まったが、何かが流れ続けている。

 ……………………………………………  斬  ……………………………………………

 『背後の空間を指して「それは何だ?」と訊くと「それは見えない」と答える。』 

 …………………………………………… つづく ……………………………………………

 この作品に対するご意見・ご感想は編集部まで:info@kairou.com
 次回は第82号(02月15日配信予定)に掲載予定です。お楽しみに!


====[雲上広告]================================================================
◆ ◇ オ ン ラ イ ン 文 芸 マ ガ ジ ン『 回 廊 』最 新 刊 【 V o l . 6 】 ◇ ◆

    新世界のフレーズをつむぐ、語り手たちの狂詩曲──《騒乱》の第六号

◇ ◆ 好 評 公 開 中『 回 廊 』公 式 サ イ ト http://magazine.kairou.com/ ◆ ◇
================================================================================
◆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆
 【3】 キセンで超短編「衝撃」          第4回
                   著/キセン
 ──────────────────────────────────────

 キセンさんが闇に紛れるとき、その目は眩しさに細められ、恍惚に怖気を走らせる。
 キセンくんが歓喜に湧くとき、その頬は滂沱の滴りに濡れ、怒りに震えて肩が笑う。
 キセンちゃんが空を飛ぶとき、その足は地面を歩いていて、両腕は水をかいている。
 キセンが超短編を綴るとき、世界は変わる。

 …………………………………………… 超短編 ……………………………………………

 先生、僕に向けられた罵詈雑言は全部、この鼓膜が粉々にしてなんともなくしてくれた
んです。黒々とした石は、灰のように小さくなって僕のなかに吸収されて、だから僕は、
その言葉を笑って受け流したり、それをネタに面白いことを言ってみたりすることができ
たんです。
 でも、その鼓膜のフィルタが壊れてしまったんです、先生。ある言葉を彼女から聞いた
瞬間に。先生、ずっと僕は、自分のことを愚かで卑しいと思ってきました。だからこの鼓
膜も正常に働いてくれていたんです。でも、そうであると、今の僕は信じることができな
いのです。大多数の否定より、一人の肯定のほうが正しいような気がするのです。そう思
うと、鼓膜がうまく働いてくれないのです。言葉の衝撃がそのまま身体中に伝わってしま
うのです。先生、僕の鼓膜を治してください。お願いします。先生。どうして何もしてく
れないんですか。鼓膜が病気なんです、彼女が「あなたの全部が、私は、好きだから」っ
て言ってから。先生、なんでそんな眼をするんですか。 

 ………………………………………「OUT OF ORDER」………………………………………

 この作品に対するご意見・ご感想は編集部まで:info@kairou.com
 次回は第82号(02月15日配信予定)に掲載予定です。お楽しみに!


◆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆
 【4】 霧生康平と世界の旅「haaaaaaaaaaaash」   第11回
                  著/霧生康平
 ──────────────────────────────────────

 あなたは知っているか?
 我が永遠の旅路にあって、其を片時も残さずに記述し尽くす事における絶望の闇をも呑
み込まんとする方法を知っているか?
 霧生康平を知っているか?

 …………………………………………… 311字 ……………………………………………

転げ落ちたアリス・リデルがナポコフに捕まってえらいことになる。ドジスン先生大弱り。
カメラのフラッシュ瞬いて、とりあえず写真を一枚所望。アリスは血まみれナイフを一振
りし、鮮血わずかに降りかかる。みるみるうちに捻じ曲がる心。不思議の国は大弱り。鏡
の国も大弱り。赤の女王大喜び。こいつの首を刎ねておしまい! あいつの首を刎ねてお
しまい! ウサギは潰され亀は煮られ、やる気のあるやつ誰もいない。もう無茶苦茶の
しっちゃかめっちゃか。誰かがどうにかしなけりゃ、どうにもならない状況下。アリスは
唐突に目が覚めた。楽しい楽しい川下り。ドジスン先生大講釈。アリスはやおら立ち上が
り、先生川へ蹴り落とす。
かくして悪は滅び去る。楽しい楽しい川下り。

 ……………………………… 「ノンセンス、ナンセンス」 ………………………………

 この作品に対するご意見・ご感想は編集部まで:info@kairou.com
 次回は第82号(02月15日配信予定)に掲載予定です。お楽しみに!


◆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆
 【5】 編集後記
 ──────────────────────────────────────
 前略。
 ふと先日思い立って the pillows の「Ride on shooting star」を購入しました。アニ
メ「フリクリ」の主題歌だったそうですが、そちらは未見です。CMで耳にしてから気には
なっていたのですが、いやはや、何度聞いてもあのイントロは見事に単刀直入ですね。ゾ
クッとするような切れ味を感じます。
 力ある一節、というのは結構なんにでもあると思います。音楽に限らず、小説やイラス
ト、絵画、それから体操とかその他の運動競技についても、その力ある一節が、自らを含
む一区切りを突き動かしていくようなところが、あるんじゃないかなぁ、とぼんやり思っ
た夜中の雲上編集中でした。
 というわけで、また次号でお会いしま……いや、そろそろ二月の一号編集長かな。誰が
登場するかは、お楽しみということで。ではまたいずれ。

*公式サイト
http://unjyou.kairou.com/
*編集部
info@kairou.com


 続いて、読者状況に関して報告を。
 現在、メールマガジンの購読者数は102人。

『回廊』のダウンロード状況は、
第00号〜第05号:合計で7487。
[最新]第06号:ダウンロード版が305。


 次回の配信は02月15日を予定しています、それでは。

   ……………………………………… 公 募 ………………………………………

 本誌『雲上』では、アイデアと感動に満ちた作品を募集しています。

 対象は「文章で表現されるすべての作品」です。
 著作権等の問題が無ければ、既に何らかの形で公開された作品でも構いません。
 編集部では作者との共同作業で作品をより良くするシステムを整えております。
 たくさんのご応募を、お待ちしております。

         まずは編集部までご連絡ください:info@kairou.com

   ……………………………………… 奥 付 ………………………………………

       発行日:2006年02月05日
       発行元:雲上回廊
       発行者:秋山真琴
       編集者:言村律広
           遥 彼方
           恵久地健一

       ご意見ご感想:
           info@kairou.com
       購読の解約および、公式サイト:
           http://unjyou.kairou.com/

       (c) unjyou_kairou 2006 all right reserved

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-11-08  
最終発行日:  
発行周期:月3回  
Score!: 90 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。