絵本

おはなし集「ぽとり」

短編の創作童話・民話・児童文学をジャンルに発信します。by はいつ でこ

全て表示する >

▲ぽとり21【想い編「花の名前」

2004/06/18

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■■■ おはなし集「ぽとり」【想い編】■■■■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          【発行者 はいつ でこ】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●「ぽとり」は2部形式で発信します。
 1部が、創作短編童話などの【おはなし編】。
 2部が、おはなしにまつわる【想い編】です。
●今回は【想い編】です。

●すべてのバックナンバーはこちらです。↓
 http://village.infoweb.ne.jp/~fwkh8072/mini/

■目次■
【0】はいつから
【1】今回の発信(21【想い編「花の名前」】)
【2】こんなお話でした。「花の名前」
【3】メールお待ちしています。
【4】僕がやってること
【5】「友好誌」や「いとこサイト」です。見てくださいね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【0】はいつから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●メルマガ発行所の「めろんぱん」さんが、このおはなし集
 「ぽとり」をオススメ・メルマガに選んでくれました。

●メルマガナビの「ゆう」さんという方が選んでくれたのです。

●ゆうさんは、下記のように、身に余りすぎる「おすすめ文」をく
 れました。

●ぽつぽつと送られてくるおはなしにほっとする。
 そんなマガジンです。
 忙しい日常にひとときの清涼剤としていかがでしょうか。
 編集人の人柄の良さを思わせます。

●ありがとうございました。
 これからも、ぽとり、ぽとりと続けます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】今回の発信
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
前回発信した「花の名前」の【想い編】です。
まだ、本編を読まれていないない方は【2】に掲載していますので、
ぜひ、そちらもご覧下さい。
----------------------------------------------------------
子どもの頃、こんな経験をお持ちではないですか?

遠足。

先生が言います。
「今日は、好きな者どうしでお弁当を食べていいよ。」

「やったあ。」という歓声。

ドキリとする僕。

孤独に対する不安。

・・・。

「好き」という感覚は、どこか不思議です。

誰かを愛する、何かを好きになるということは、
とても貴重だし、尊い心の動きなのだろうとは思います。

そして・・。

その崇高さは、巨視的に見れば、真理に近いものなのかもしれませ
ん。

でも。

自身を見つめ直した時、僕の感覚はそれを否定するのです。

僕が発する「好き」という感覚は、僕自身のエゴから生まれた、ど
ちらかと言えば透明感のないものだと思えるのです。

そこに尊さを見いだすことはできません。

あくまで、僕にとってですが。
エゴイズムの究極の表現として「好き」があります。

だからこそ、その感覚は不安定でうつろいやすく、ほんの少しのこ
とで流され消えゆくこともあります。

もちろん、
そのことに対する嫌悪というか罪悪感とよべるものも生まれます。

しかし、それすら、うつろい、消え去るのです。

僕は、そのように崇高とされる「好き」の持つ、きつい言葉を使う
ならば「原罪性」を自問したかったのです。

ひょっとすると「好き」が持っている本質的な虚しさと言えるかも
知れません。

その虚しさを知ることによって、誰かから「好かれている」とか
「嫌われている」ということに対する安心感や不安感を再考できる
のではないかとも思うのです。

僕は、そんな想いで、このお話を創りました。

そうです。
遠足の時の、あの僕に向けて。です。

ありがとうございました。

次回も、おつき合い頂けたら 幸せです。

ではでは。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】こんな「お話し」でした。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

*********************************************************
   「花の名前」
*********************************************************

小さな花がありました。

一人の男の子が近づいてきて言いました。

「きれいな花だなあ。」

小さな花はうれしくなりました。

「お父ちゃん、ここにきれいな花があるよ。」

男の子は父さんをよびました。

小さな花は、もっとうれしくなりました。

お父さんがやってきて言いました。

「本当だ。きれいだなあ。」

小さな花は、もっともっとうれしくなりました。

「この花の名前知ってるかい?」

とお父さんが聞きました。

「知らないよお。」
と男の子が言いました。

小さな花はびっくりしました。

自分に名前があるとは知らなかったのです。

「スミレ」と言うんだよ。

「へえ。
 お父さん、物知りだなあ。
 すごいや。
 じゃあ、あっちの花はなんていうの?」

男の子が遠くを指さしました。

「どれどれ?
 ああ、あの黄色い花だね。
 よし。あっちへ行ってみよう。」

二人は行ってしまいました。

小さな花が、小さな声で言いました。

「名前なんて、いらないや。」

小さな花は、小さなちょうちょうを待ちました。

おわり。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】メールお待ちしています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 おはなし集「ぽとり」へのメールをお待ちしています。
 ■ご感想
  ■ご意見
 ■ご質問など、ひとことでも嬉しいです。
 このメルマガに返信で届きます。どうぞお寄せ下さい。
 なお、頂いたメールはHPやメルマガで紹介させていただくこと
 があります。ご了承下さい。
 だめだって方はその旨をお書き下さいね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】【僕がやってること】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行者プロフィール:【はいつ でこ】
 http://village.infoweb.ne.jp/~fwkh8072/deko/boku/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「楽しく子育て川柳」
(現代教育新聞社メルマガにて連載中)
 http://www.gks.co.jp/y_2001/community/senryu/senryu.html
■メルマガエッセイ「♪」
(日常のこと、過去のこと、振り返って書きました。)
 http://village.infoweb.ne.jp/~fwkh8072/deko/8bu/
■メルマガ「楽しもう歴史教科書」
(歴史という学問に推理という感性を持ち込んで楽問に)
 http://village.infoweb.ne.jp/~fwkh8072/deko/his/
■メーリングリスト「D教育広場」
(お気楽に子育てのこと話しませんか)
 http://village.infoweb.ne.jp/~fwkh8072/deko/ml/mltop.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メールアドレスは下記です。
 mailto:haitsudeko@yahoo.co.jp
■配信解除も登録も下記ページでできます。
 http://village.infoweb.ne.jp/~fwkh8072/mini/touroku.htm
●メルマ(m00102749)
●まぐまぐ(0000119930)
●めろんぱん(005435)
■すべての著作権は編集人「はいつ でこ」にあります。
■もし、転載転用してやろうって方がいらっしゃいましたら、
 事前に、ご一報下さい。よろしくお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【5】友好誌です。見てくださいね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
**********************************************
(1)「ぽとり」の友好誌です。
**********************************************
●「WATASHI SEIKATSU」:渡辺さん
(落ち葉の息づかいがする「おはなし」に素敵な絵。
 「1枚の絵本」がここにあります。)
  http://www13.plala.or.jp/watashi-seikatsu/
**********************************************
(2)いとこサイトです。
**********************************************
●「ぶんぶん館」:JUNKOさん
 (糸電話のむこうから聞こえてくるような「コラム」。
  そしてファンタジックリアルなイラスト。)
 http://homepage1.nifty.com/jyk/
**********************************************
(3)「たの歴」の姉妹誌です。
**********************************************
●「今日のいきぬき」:いまむらさん
 (足裏マッサージのような「エッセイ」です。
  一度読んだらやめられない心地よさ。)
 http://www.est.hi-ho.ne.jp/imacha

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-11-06  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。