絵本

おはなし集「ぽとり」

短編の創作童話・民話・児童文学をジャンルに発信します。by はいつ でこ

全て表示する >

▲ぽとり10「カメとウサギの昼寝」

2004/01/17

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■■■■■ おはなし集「ぽとり」■■■■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          【発行者 はいつ でこ】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▲バックナンバーはこちらです。↓
 http://village.infoweb.ne.jp/~fwkh8072/mini/

●「ぽとり」は2部形式で1週間交代に発信します。
 1部が、創作短編童話などの「おはなし編」。
 2部が、おはなしにまつわる「想い編」です。
 もし、ご感想など頂けたら2部で紹介させていただきます。

●今回は「おはなし編」です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■目次■
【1】今回の発信(No.10)
     
    こんにちは、はいつです。
    スケートに行きました。
    すべったり、転んだり。失敗こそ楽しいスポーツって
    最高です。
    今回は「カメとウサギの昼寝(上)」のつづきです。
    実は、前回発信した際に、一部の発行所で不具合があったよ
    うなのです。
    それで、今回は念のために「全編」を発信します。
    前編を読んで下さった方には、ご迷惑をお掛けしますがご理
    解下さい。
    なお、本文中に【前編おわり】と書いています。
    そこからが後編となります。

【2】メールお待ちしています。
【3】【僕がやってること】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*********************************************************
【1】「カメとウサギの昼寝」
**********************************************************

そよ風はいろんな物を運びます。
きれいな花びらや、甘い素敵な香りだけではありません。
小さな小さな音だって運んでくれるのです。

そして、ウサギの長くて柔らかな耳は、そよ風を受けるのにぴった
りなのです。

森を通りかかった「旅ウサギの次郎」の耳に、今日はこんな話し声
が運ばれてきました。

「母さん、母さん。
 教えてよ。どうして僕は、こんなにのろまなの?」

それは、子ガメの声でした。

「あら、いいじゃないの。
 ゆっくり歩く方が気持ちがいいわよ。
 せかせかより、のんびりがいいものよ。」

「うん。そんな気もするけれど・・。
 でもね、母さん。
 いつも森のみんなから、のろま、のろまって馬鹿にされるんだよ。
 僕、いやだなあ・・。
 一度でいいから、かけっこで勝ってみたいなあ。」


親子の話を聞き、旅ウサギの次郎はこの森に立ち寄ることに決めま
した。

次の日のことです。

次郎は森のみんなを集めてこう言いました。

「おいらは、旅ウサギの次郎。
 よろしくな。
 おいら、これまで、いろんな所を旅してきたが、どこの誰にも
 かけっこで負けたことがないんだ。
 どうだい、この森の誰か、このおいらに挑戦してみないかい?」

みんなは、ウサギの足の速さを知っています。
そして、旅ウサギの次郎は、この森のどのウサギよりも一目で立派
だとわかる足を持っていました。

だから、みんなはうつむきました。

「つまんないなあ。
 誰も挑戦してこないのかい?
 おっ、誰だい?
 そこで元気良く手をあげているのは!!」

次郎が指さした先に、あの子ガメがいました。

「えっ?
 ぼ、僕のこと?
 僕、手なんかあげてないよ。」

びっくりした子ガメの言葉をかき消すように、次郎が大きな声で言
いました。

「よし、子ガメくん。
 君の勇気が気に入った。
 おいらと勝負だ。
 そうさなあ、あの丘のてっぺんのいちょうの木まで競争だ。
 みんなっ、子ガメくんの勇気に拍手っ。」

どぎまぎする子ガメに、大きな拍手と歓声がふりかかりました。

こうして、旅ウサギと子ガメのかけっこが始まってしまったのです。

ようい、どんっ。

タヌキの合図で、二人がスタートしました。

森のみんなが思っていた以上に次郎の足は速く、まるで風のように
走りました。

その姿は、どんどん小さくなり、すぐに影も形も見えなくなってし
まいました。

次郎は、後ろを振り返り、子ガメの姿が見えないことを確かめて、
こうつぶやきました。

「ようし、もういいだろう。ここらで、お昼寝のまねでもするか。」

【前編おわり】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ごろりと寝ころんだ次郎の目に、青い空が広がりました。

次郎は小さな声で歌いました。

「おいらは、次郎、旅ウサギ。
 風に誘われ、旅の空。
 えっちらおっちら一人旅。」

そよ風がぽかぽかを運んできました。

「ふわわ。」

大きなあくびをして、次郎は、本当に眠りこんでしまいました。

しばらくして、子ガメがやってきました。

子ガメは眠っている次郎を見て、ビックリしました。
そして、起こさぬように、そうっと横を通り過ぎていきました。

やがて、子ガメの目にゴールのいちょうの木が見えてきました。

そこには、森のみんなが待っていました。

「おおっ。すごいぞ、子ガメ。」
「あの旅ウサギに勝ったのか。」
「見直したよ。子ガメ君。」
「よかったね。よかったね。」

みんなは口々にいいました。
その声がそよ風に乗って次郎に届きました。

ぽとり。

気持ちよさそうに眠っていた次郎の頭に、木の葉のつゆが落ちまし
た。

「ああ・・。
 なあんだ、夢だったのか。」

お日様はもう西の空に沈もうとしています。

「もうすぐ夜か。
 とっくに子ガメ君もゴールしただろうな。
 よかった、よかった。」

次郎は起きあがり、おしりをはたきました。

その時です。
次郎の横から声がしました。

「次郎君、もう起きたのかい?」
それは子ガメの声でした。

次郎は目をクリクリさせて言いました。
「こ・子ガメ君。
  君、いったい、どうしたんだ?」

子ガメは背伸びをしながらこう言いました。

「ふわわ。
  次郎君の昼寝がとっても気持ちよさそうだったから、僕も一緒に
  寝ていたんだよ。
  ああ、いい気持ち・・。」

「いい気持ちって・・。
  子ガメ君、おいら達は何をしていたか知っているのかい?」

「えっ?
  何をって、昼寝にきまってるじゃないか。」

「そうじゃないよ。
  かけっこだよ。
  おいらと君はいちょうの木まで競争していたんじゃないか。
  忘れたのかい?」

今度は子ガメが目をクリクリさせました。

「あっ!そうだった!かけっこしてたんだ!」

二人はクリクリの目を合わせて、笑い始めました。

次の日になりました。

森は、今日も気持ちいいそよ風に包まれました。

そよ風はいろんな物を運びます。
きれいな花びらや、甘い素敵な香りだけではありません。
森のみんなの耳にこんな歌声が運ばれてきました。

「おいらは、次郎、旅ウサギ。
 風に誘われ、旅の空。
 えっちらおっちら一人旅。
 だけど、ちっともさびしかない。
 思い出おともに、旅ウサギ。」

おわり。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】メールお待ちしています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 おはなし集「ぽとり」へのメールをお待ちしています。
 ■ご感想
  ■ご意見
 ■ご質問など、ひとことでも嬉しいです。
 このメルマガに返信で届きます。どうぞお寄せ下さい。
 なお、頂いたメールはHPやメルマガで紹介させていただくこと
 があります。ご了承下さい。
 だめだって方はその旨をお書き下さいね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】【僕がやってること】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行者プロフィール:【はいつ でこ】
 http://village.infoweb.ne.jp/~fwkh8072/deko/boku/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「楽しく子育て川柳」
(現代教育新聞社メルマガにて連載中)
 http://www.gks.co.jp/y_2001/community/senryu/senryu.html
■メルマガエッセイ「♪」
(日常のこと、過去のこと、振り返って書きました。)
 http://village.infoweb.ne.jp/~fwkh8072/deko/8bu/
■メルマガ「楽しもう歴史教科書」
(学問に推理という感性を持ち込んで楽問に)
 http://village.infoweb.ne.jp/~fwkh8072/deko/his/
■メーリングリスト「D教育広場」
(お気楽に子育てのこと話しませんか)
 http://village.infoweb.ne.jp/~fwkh8072/deko/ml/mltop.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メールアドレスは下記です。
 mailto:haitsudeko@yahoo.co.jp
■配信解除も登録も下記ページでできます。
 http://village.infoweb.ne.jp/~fwkh8072/mini/touroku.htm
●メルマ(m00102749)
●まぐまぐ(0000119930)
●めろんぱん(005435)
■すべての著作権は編集人「はいつ でこ」にあります。
 ってほどの物ではありませんが、一応・・・。
■もし、転載転用してやろうって方がいらっしゃいましたら、
 事前に、ご一報下さい。よろしくお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-11-06  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。