歴史・地理

写真で見る日本の歴史

日本史を活字だけで学ばせません。日本史のお勉強を写真を通して行います。全国にちらばる色々な史跡の写真を、詳しい解説といっしょにお届けします。全国にあるお城、教科書に出てくるお寺など、多数紹介。

全て表示する >

【首里城】首里城の周囲にも見逃せない苑池や臨済宗の寺院などが存在、沖縄戦の痕跡も|写真で見る日本の歴史

2019/03/21


2019/03/21 発行 Ver. 8.2.5

www.pict-history.com

メールマガジン版

写真で見る日本の歴史

まぐまぐ大賞2018 TRiPEDiTOR賞 獲得 !

おかげさまで獲得いたしました。

応援してくださった方々、ありがとうございました!

これからも続けていきますので、どうぞ末長くよろしくお願いいたします。

 

No. 386 首里城(6)

 facebook twitter instagram

 

琉球王国の王城。沖縄戦で激しい戦闘が行われたために当時の建物はほとんど残されていませんが、近年発掘調査と建物の復元がなされ、沖縄随一の観光地となっています。琉球王国ならではの中国文化と日本文化の融合した建物や意匠は興味をそそられます。世界文化遺産。

 


所在地 : 〒903-0815 沖縄県那覇市首里金城町-2

 

首里城(6)

Shuri Castle

430-1 久慶門

別名「ほこり御門」。通用門としての意味合いが強く、主に女性が利用していたということです。また、門の外側には円鑑池や龍潭などの苑池や円覚寺跡があり、国王がそれらの施設に行く時にも利用されていました。沖縄戦で焼失しましたが、昭和58年(1983)に復元されました。


430-2 旧第三十二軍合同無線通信所跡

沖縄戦で戦場となった首里城はこのようにところどころに戦争の遺跡が残っています。


430-3 「重修天女橋碑記」碑

円鑑池の中島にある弁財天堂に架けられた天女橋を1744年に改修した際に建立された石碑の復元。碑文は乾隆3年と清国の元号が用いられています。

430-4 円覚寺総門

臨済宗の寺院。山号を天徳山といい、琉球随一の寺院でした。鎌倉の円覚寺に倣った七堂伽藍を備えていた寺院でした。これらの伽藍はことごとく沖縄戦で失われましたが、昭和43年(1968)に復元され、県の有形文化財に指定されています。


430-5 円覚寺境内跡

西向きに騒音を配置し、七堂伽藍を備えていた本格的な全集の寺院でした。創建は15世紀末で、寺域は約3560平方メートルもありました。


430-6 天女橋

円鑑池の中島に15世紀末に朝鮮王から贈られたお経「方冊蔵経(高麗版大蔵経)」を納めるためのお堂が16世紀の初頭に造られました。そのお堂へ至る橋として架けられたのがこの橋です。江戸時代初頭の薩摩藩による琉球入りでお堂は破壊され、新たに弁財天堂が建立されました。この時からこの橋は「天女橋」と呼ばれるようになりました。沖縄戦で大破しましたが、1969年に復元されました。

430-7 弁財天堂と円鑑池

航海安全を司る水の女神、弁財天を祀っています。円鑑池の中島に建てられており、天女橋でつながっています。

430-8 龍譚

1427年に造られた人口の池。中国からの使者、冊封使を歓待する舟遊びの宴もここで行われていたということです。


サイト「写真で見る日本の歴史」

http://www.pict-history.com (リンク)

登録・解除/バックナンバー
まぐまぐ

http://www.mag2.com/m/0000119805.html

メルマ! http://melma.com/backnumber_102528/

 

まぐまぐ大賞2015 5位まぐまぐ大賞2014 4位

Copyright (c) 写真で見る日本の歴史 All Rights Reserved.

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-11-03  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。