旅行全般

このメルマガは現在休刊中です。
旅の本屋のまど「のまど通信」

西荻窪にある旅に関する本を新刊・古本共に扱う本屋です。ガイドブックはもちろんマニアックな旅の本までオススメ本を、旅のお役立ち情報とともに随時紹介します。

全て表示する >

旅の本屋のまど「のまど通信」Vol.752

2019/03/21


「ウズベキスタンは、必ずブームがくる」と、店長が宣言してから何年ぐらい経った
でしょうか。ぽろぽろと本は出ていましたが、今回、『初めて旅するウズベキスタン』
が発刊、のまどでイベントを行うことになり、その開催がいよいよ明日3/22(金)に
迫りました。本作の著者でカメラマンの矢巻美穂さんとは実は一緒にお店取材を
したことがあります。とってもポジティブな方で、海外経験も豊富。特にネパールと
台湾に詳しい方なのですが、そんな彼女がウズベキスタンをどう思ったのか、興味
津々です。また、聞き手役にお招きするライター&編集で現在は京都の旅館も
運営する山田静さんは、何度かのまどでトークをしていただいていますが、今回
は久々の出演。山田さんも旅行経験豊富で、カザフスタンへの渡航経験がある
とのことなので、中央アジア話が盛りがりそう! お席はまだ若干ございますので、
ご興味のある方はお早目にどうぞ☆ それでは明日のイベントのため、いつもの
週より1日早いのまど通信をどうぞ!(W)


◆3/22(金)新刊「初めて旅するウズベキスタン」発売記念、
カメラマン矢巻美穂さん&ライター山田静さんトークイベントの申し込みはこちら↓
http://www.nomad-books.co.jp/event/event.htm 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<目次> 
         
★イベント情報   〜 3/22(金)新刊「初めて旅するウズベキスタン」発売記念、
                  カメラマン 矢巻美穂さん&ライター 山田静さん、
                    スライド&トークイベントいよいよ明日開催!


          〜  新刊『ディープすぎるシルクロード中央アジアの旅』発売記念
                       4/11(木)&19(金)下川裕治さん×中田浩資さん、
                               スライド&トークイベント申込み受付中!

                  
★のまどNEWS     〜  cuonさんとの直取引&韓国文学フェアー開催中!


          〜  トゥーヴァージンズさんとの直取引&フェアー開催中!


          〜  CCCメディアハウスさんとの直取引&フェアー開催中!


★耳寄り旅情報      〜  GW10連休は名古屋、鳥取が家族に人気 
                          楽天が国内旅行伸び率ランキング


★今週の入荷本    〜  古本


★編集後記


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★イベント情報(1) 〜 3/22(金)新刊「初めて旅するウズベキスタン」発売記念、
                   カメラマン 矢巻美穂さん&ライター 山田静さん、
                      スライド&トークイベント、いよいよ明日開催!
--------------------------------------------------------------------

3/22(金)に新刊『初めて旅するウズベキスタン!』(辰巳出版)の発売を記念して、
カメラマンの矢巻美穂さん、ライターの山田静さんの2人をお招きして開催する、
ウズベキスタン&カザフスタンの中央アジア2ヶ国の魅力についてのトークイベント
ですが、いよいよ開催が明日に迫ってきました。

なお、定員になり次第締め切らせていただきますので、矢巻さん、山田さんの
ファンの方はもちろん、ウズベキスタンやカザフスタンの文化や料理に興味の
ある方や中央アジア旅行を計画してる方はぜひご予約はお早めにお願いします。

みなさまからのお申し込みをお待ちしております。(店長)


---------------------------------------------------------------------

 新刊「初めて旅するウズベキスタン」発売記念

◆カメラマン 矢巻美穂さん&ライター 山田静さん  対談イベント◆

「魅惑のウズベキスタン&カザフスタン 〜 中央アジア旅の魅力」

----------------------------------------------------------------------

新刊『初めて旅するウズベキスタン』(辰巳出版)の発売を記念して、著者でカメラ
マンの矢巻美穂さん、ライターの山田静さんのお二人をお招きして、ウズベキスタン&
カザフスタンの中央アジア2ヶ国の魅力についてスライドを眺めながら対談トークをして
いただきます。近年、若い女性を中心に旅行先としてウズベキスタンやカザフスタンと
いった中央アジアの国々の人気が急上昇しています。中でも、シルクロードの中心地
として栄えたウズベキスタンは、中央アジアの中では治安が良く、ビザも不要ということ
もあり一人旅の女性が増加中です。新刊では、活気あふれるバザール、安くておいしい
ウズベク料理、繊細でかわいらしく世界的な評価が高い工芸品といったウズベキスタン
の魅力が、世界遺産の4つの街、サマルカンド、ヒヴァ、ブハラ、シャフリサーブスや
大都市タシケントの街案内とともに詳しく紹介されています。今回のイベントでは、
『旅の賢人たちがつくった女子ひとり海外旅行最強ナビ』の著者で、カザフスタンへの
旅行経験もある山田静さんに聞き手役として参加していただきます。これまでに仕事
で海外の様々な国々に訪れ、取材や旅行で中央アジアに滞在した経験があるお二人
だけに、中央アジア取材の際の裏話や秘話など、ウズベキスタンやカザフスタンの
不思議な魅力についてのお話が聞けるはず。矢巻さん、山田さんのファンの方は
もちろん、ウズベキスタンやカザフスタンの文化や料理に興味のある方や中央アジア
旅行を計画してる方はぜひご参加ください!


※トーク終了後、ご希望の方には著作へのサインも行います。

------------------------------------------------------------------------

●矢巻美穂(やまきみほ)

国内、海外の旅行雑誌を中心に活動するカメラマン。趣味は温泉めぐりと食べ歩き。
座右の銘は「美味しいものは産地で食べるに限る」。旬の美味しいものをその産地で
食べることに興味津々。著書に『トレッキングとポップな街歩き ネパールへ』『とって
おき!南台湾旅事情故事』『はじめまして、東台湾。』がある。


●山田静(やまだしずか)

大学時代にバックパッカーデビューして以来、そのまま旅が仕事に。
ライター・編集者・ひとり旅活性化委員会主宰。ライフワークのひとり旅をテーマに
したセミナーやトークイベントも行っている。京都の小さな旅館「京町家 楽遊 堀川
五条」の運営を預かりつつ、いまも年に2回は長めの旅に出ている。企画編集に
『決定版 女ひとり旅読本』『女子バンコク』『旅の賢人たちがつくった女子ひとり
海外旅行最強ナビ』など。


◆山田静さんツイッター
https://twitter.com/hitoritabi777

-----------------------------------------------------------------------

【開催日時】  3月22日(金)   19:30 〜 (開場19:00)  

【参加費】   1,000円   ※当日、会場入口にてお支払い下さい

【会場】   旅の本屋のまど店内  
 
【申込み方法】 お電話、ファックス、e-mail、または直接ご来店のうえ、
 お申し込みください。TEL&FAX:03-5310-2627
 e-mail :info@nomad-books.co.jp
 (お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
 
  ※定員になり次第締め切らせていただきます。

【お問い合わせ先】
 旅の本屋のまど TEL:03-5310-2627 (定休日:水曜日)
 東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1F
 http://www.nomad-books.co.jp

 主催:旅の本屋のまど 
 協力:辰巳出版

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★イベント情報(2)  〜 新刊『ディープすぎるシルクロード中央アジアの旅』発売記念
                       4/11(木)&19(金)下川裕治さん×中田浩資さん、
                                 スライド&トークイベント、申込み受付中!
--------------------------------------------------------------------

先週ご案内した、4/11(木)&19(金)に新刊『ディープすぎるシルクロード中央アジア
の旅』(中経の文庫)の発売を記念して、旅行作家の下川裕治さんとカメラマンの
中田浩資さんをお招きして開催する、シルクロードと中央アジアの旅の魅力について
のトークイベントですが、順調に予約が入っています。

下川さんには昨年9月に当店のイベントに出演していただいたのですが、その際に
「次は3月ごろにシルクロードから中央アジアを巡る旅の本が出ます」といっていた
ので、出た際にはまたお願いしようと思っていたら、3月下旬に新刊『ディープすぎる
シルクロード中央アジアの旅』が発売になると聞きすぐに下川さんに交渉したところ、
いつものように快く引き受けていただき今回のイベントが実現しました。

ちなみに、今回は内容が盛りだくさんということで前編、後編と2回に分けて、
2週に渡ってイベントを開催させていただきます。

なお、定員になり次第締め切らせていただきますので、下川ファン、中田ファンの方
はもちろん、シルクロードや中央アジアの歴史や文化が好きな方や国境フェチの方、
バックパック旅行に興味のある方ご予約はお早めにお願いします。

みなさまからのお申し込みをお待ちしております。(店長)


---------------------------------------------------------------------

 新刊「ディープすぎるシルクロード中央アジアの旅」発売記念

◆下川裕治さん×中田浩資さん  スライド&トークショー◆

「シルクロード&中央アジアの旅の魅力 〜 三蔵法師の旅路を辿って」

----------------------------------------------------------------------

新刊『ディープすぎるシルクロード中央アジアの旅』(中経の文庫)の発売を記念して、
旅行作家の下川裕治さんとカメラマンの中田浩資さんをお招きして、シルクロードと
中央アジアの旅の魅力について前編、 後編の2週に渡ってスライドを眺めながら
たっぷりと語っていただきます。東南アジアの「マイナー国境」をひたすら越える旅や
超過酷なユーラシア大陸を横断する鉄道旅、格安エアラインで世界一周するなど、
60歳を超えてなおいまだにハードなバックパック旅行を続ける下川さんが今回挑戦
したのは、20年来温めてきた企画、玄奘三蔵の歩いた道を辿って中国からシルク
ロード、中央アジアを抜けてパキスタン、インドへと向かう巡礼旅。富士山頂なみの
高所で氷点下に震え、灼熱のパキスタン、インドでは狭いベッドに2人で寝台列車に
揺られ、「風の谷のナウシカ」の舞台とも言われる絶景を眺め、今宵の寝床もわから
ぬままタクラマカン砂漠を突き進むなど、7世紀に行われた玄奘の旅路を可能な限り
再現するため、普通の旅人なら絶対に行かない過酷なルートを辿った旅になってい
ます。4/11(木)の前編では中国から中央アジアを巡るシルクロード編を、7/29(金)
の後編ではパキスタン、インド編のお話をしていただく予定です。下川ファン、中田
ファンの方はもちろん、シルクロードや中央アジアの歴史や文化が好きな方や国境
フェチの方、バックパック旅行に興味のある方はぜひご参加ください!


※トーク終了後、ご希望の方には著作へのサインも行います。

------------------------------------------------------------------------

●下川裕治(しもかわゆうじ)

1954年長野県松本市生まれ。旅行作家。『12万円で世界を歩く』でデビュー。以後、
主にアジア、沖縄をフィールドにバックパッカースタイルでの旅を書き続けている。
著書に、『鈍行列車のアジア旅』『「生き場」を探す日本人』『世界最悪の鉄道旅行
ユーラシア横断2万キロ』『週末アジアでちょっと幸せ』『シニアひとり旅 バックパッ
カーのすすめアジア編』 等。 

◆下川裕治さんブログ「たそがれ色のオデッセイ」
http://odyssey.namjai.cc/


●中田浩資(なかたひろし)

1975年徳島市生まれ。フォトグラファー。大学休学中の97年に渡中。99年まで
の北京滞在中、通信社にて報道写真に携わる。帰国後、会社員を経て2004年
よりフリー。旅行写真を中心に雑誌、書籍等で活動中。

◆中田浩資さんHP
http://www.nakata-photo.jp

-----------------------------------------------------------------------

【開催日時】  ・4月11日(木) 前編  19:30 〜 (開場19:00) 

          ・4月18日(木) 後編  19:30 〜 (開場19:00) 

【参加費】   各1000円   ※当日、会場入口にてお支払い下さい

【会場】   旅の本屋のまど店内  
 
【申込み方法】 お電話、ファックス、e-mail、または直接ご来店のうえ、
 お申し込みください。TEL&FAX:03-5310-2627
 e-mail :info@nomad-books.co.jp
 (お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
 
  ※定員になり次第締め切らせていただきます。

【お問い合わせ先】
 旅の本屋のまど TEL:03-5310-2627 (定休日:水曜日)
 東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1F
 http://www.nomad-books.co.jp

 主催:旅の本屋のまど 
 協力:KADOKAWA

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(1) 〜 cuonさんとの直取引&韓国文学フェアーが開催中!
-------------------------------------------------------------------

cuonさんとの直取引を記念して韓国文学フェアーを店内にて開催中です。

今回取り扱いを始めたのは「cuon」さんという神保町にある版元さんで、
主に韓国文学や韓国文化に関連した出版物を出されています。

取り扱いを始めることになった経緯としては、ここ数年、韓国文学が次第に
日本でも注目されるようになっていて、以前から韓国映画やドラマを偏愛して
いる身としては、ぜひ当店でも韓国文学作品を置きたいと思っていました。
そこで、以前から気になっていたcuonさんに直取引を相談したところ、
快く承諾していただき、取引させてもらうことになったというわけです。

当店では、「マン・ブッカー国際賞」を受賞したハン・ガンの「菜食主義者」を
はじめ「新しい韓国文学」シリーズの全19点と「韓国文学ショートショート」全5点を 

中心にレジ横の催事スペースと平台の2ヵ所にてフェアー展開しています。

cuonさんの本のファンの方や韓国文学に興味のある方は、
ぜひご来店いただいて当店にて購入していただければと思います。

みなさまのご来店をお待ちしております。(店長)


◆cuon
http://www.cuon.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(2) 〜 トゥーヴァージンズさんとの直取引&フェアー開催中!
-------------------------------------------------------------------

「トゥーヴァージンズ」さんとの直取引開始を記念したフェアーを開催中です。

「トゥーヴァージンズ」さんはまだ創業して3年ほどの新しい版元さんですが、
出版業界に新しい風を吹かせようと、台湾やアメリカ西海岸のカルチャーガイド本
を中心に様々なジャンルの本を出版されています。

「ネイバーフッド台北」といった台湾関連の本を中心に10点ほどを平台にて
フェアー展開しています。トゥーヴァージンズさんの本のファンの方は、
ぜひご来店いただいて当店にて購入していただければと思います。

みなさまからのご注文・ご来店をお待ちしております。(店長)


◆トゥーヴァージンズ
http://www.twovirgins.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(3) 〜 CCCメディアハウスさんとの直取引&フェアー開催中!
-------------------------------------------------------------------

「CCCメディアハウス」さんとの直取引開始を記念したフェアーを開催中です。

「CCCメディアハウス」さんは以前は「阪急コミュニケーションズ」という名前
でしたが、ツタヤさんグループと一緒になり今の名前に変更されたようです。 

「阪急コミュニケーションズ」時代に出版されたフランス・パリ関連の本を中心に
「フィガロボヤージュ」のバックナンバーなどを平台にてフェアー展開しています。
CCCメディアハウスさんの本のファンの方は、ぜひご来店いただいて
当店にて購入していただければと思います。

みなさまからのご注文・ご来店をお待ちしております。(店長)


◆CCCメディアハウス
http://books.cccmh.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★耳寄り旅報 〜 GW10連休は名古屋、鳥取が家族に人気 
                              楽天が国内旅行伸び率ランキング
--------------------------------------------------------------------

今回は、楽天トラベルによると、GW10連休は名古屋、鳥取が家族に人気、
という情報です。

今年は本当に強引に10連休にさせられてる会社が多いと思いますが、
全国で一斉に同じ時期に休みを取らされる違和感ったら半端ないですよね。
どこに行っても混んでるし、でも家にいるわけにもいかないし、子どものいる
家族は本当に大変でしょうね。海外なんてチケットの値上がりが想像を絶する
ほど高騰してるので、まず海外なんて旅行する人はいないはず。当店も
例年のようにしっかりとGW連休中は一日も休まず営業する予定ですので、
旅行に行く予定のない方はぜひ遊びにいらして下さい。(店長)


-------------------------------------------------------------- 

<GW10連休は名古屋、鳥取が家族に人気 楽天が国内旅行伸び率ランキング>

旅行業界の今年上半期の目玉トピック「ゴールデンウイーク(GW)10連休」が
間近に迫ってきた。旅行会社各社の予約動向で好況が伝えられるなか、楽天
トラベルはGW(4月27日?5月6日宿泊)の国内家族旅行の予約伸び率ランキ
ングを発表。子どもたちをひきつける施設や話題、体験を擁する地域がしっ
かりと好機をつかんだようだ。

期間中の予約人泊数からランキングを算出。宿泊構成別で「子連れ」の前年
からの伸び率が3倍と最高になるなど、前代未聞の長期連休は家族連れの
旅行意欲を大きく刺激している。

ランキング1位は金山・熱田・千種・ナゴヤドーム(愛知県)で前年同期比
608.8%増。「レゴランド」「名古屋港水族館」など話題の家族向け施設を
多く有する名古屋周辺という地域性が人気に直結した。

2位は倉吉・三朝温泉(鳥取県)で同594.9%増。鳥取県は人気アニメの
舞台となっており、同県を縦断しての「聖地巡礼」の旅が話題を集めている。

3位は越後湯沢・苗場(新潟県)の同565.2%増、4位はルスツ・ニセコ・倶知
安(北海道)の同545.2%増でいずれも冬場スキーで賑わうエリア。自然体験
は家族連れの人気がやはり高い。5位は糸満・豊見城・南城(沖縄県)で
同474.7%増。

*「日刊トラベルビジョン2019年3月11日号より」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★今週の入荷本 〜 古本
----------------------------------------------------------------

【古本】

今回入荷した古本は全部で7冊。その中から1点紹介します。

下川裕治氏責任編集の「好きになっちゃった小笠原」です。 

本書は、アジア楽園マニュアルシリーズの1冊で、また来ようと
心に誓う極楽の島、小笠原諸島の魅力について、島好きの数名の
ライター陣が現地で丹念に取材して作り上げた1冊です。

小笠原には1992年のちょうど今頃の3月に行ったので、丸27年も
経ってることになります。当時は東京から船で28時間ほどかかった
のですが、少し早くなったとはいえ今もまだ24時間もかかるんですね。
今はかなり宿泊施設も出来て、滞在先の選択肢はかなり増えてきた
ようなのですが、当時はユースホステル以外は民宿が少しあった程度
で、そのユースホステルも昔ながらのスタイルで、夕飯の際には一人
づつ自己紹介をしたという記憶があります。今はもうやってないのかな。
鯨がちょうど見れるシーズンで船から見ましたが、ちょっと感動ものでした。
なかなか行くのが大変な小笠原ですが、またぜひ行ってみたいですね。


◆小笠原村観光協会
http://www.ogasawaramura.com/

------------------------------------------------------

◆文庫・新書           販売価格(値段は税込です)

・地図を破って行ってやれ!(文庫)  石田ゆうすけ   300円

・うりひゃー!沖縄 (文庫)  アジア光俊    300円


◆単行本              販売価格(値段は税込です)

・エンデュアランス号漂流 (単行本・絶版) アルフレッド・ランシング  1000円 

・好きになっちゃった小笠原 (単行本・絶版) 下川裕治:責任編集   600円

・シルクロード(単行本・絶版)   深田久弥    600円

・パリ音楽散歩 (単行本)    フジコ・ヘミング   600円

・現代史ベルリン (単行本・絶版)   永井清彦   600円


*これらの本のご注文をご希望の方は、メールにてご連絡ください。
info@nomad-books.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★編集後記
----------------------------------------------------------------------

定休日の昨日は急遽、印度カリー子さんの新刊「スパイスとカレー入門」の発売記念
のサイン会を開催しました。2日くらい前に急遽決まったので、告知は前日と当日のみ。
印度カリー子さんの知名度がある程度あるとはいえ、一体どれだけの方が来店される
のかまったく予想もつかなかったのですが、ふたを開けてみれば30名を越える方が
新刊を購入されてサインをしてもらっていました。いやー、印度カリー子さんとは初対面
でしたが、ふんわかした外見の中にも芯がしっかりとしてるような感じで、22歳でスパイス
を販売したり、本を出したり出来るのは凄いバイタリティですよね。一人一人のファンの
方のハートをがっちりと掴んでいる印象なので、これからさらにどんどん飛躍するでしょ
うね。今回初めてサイン会を開催したのですが、イベントと違って参加費もなく気軽に
来れるので、著者のファンの方にとっては意外に参加しやすいのかも。お店にとっても
イベントほどの準備も必要ないので、今後は機会があればサイン会も開催していけ
ればなあと考えています。サイン会を希望したい方がいればぜひご連絡下さい!(店長)


◆印度カリー子さんHP
www.indocurryko.net

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-27  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。