旅行全般

このメルマガは現在休刊中です。
旅の本屋のまど「のまど通信」

西荻窪にある旅に関する本を新刊・古本共に扱う本屋です。ガイドブックはもちろんマニアックな旅の本までオススメ本を、旅のお役立ち情報とともに随時紹介します。

全て表示する >

旅の本屋のまど「のまど通信」Vol.735

2018/11/16


来年年始の旅の予定が決まりました! ロシアのウラジオストクに行ってきます。
今年1月に、船でウラジオストクに行きましたが、そのときは乗船取材を目的に行
ったため、ほとんど何も見ていないのでリベンジです。平均最高気温−8度・最低
気温−15度ですが、一度行っているので、それほど極寒に恐怖心がないのはい
いかも。バレエやオペラなどの観劇、博物館やスーパーマーケット巡りなど、室内
の観光を基本としながら、万全の寒さ対策をして、ある程度街歩きも楽しみたい
ですね。それから今回は、高麗人の足跡や、シベリア抑留についての施設なども、
ぜひチェックしたいです。いやー、もう今から楽しみで仕方ない! 
それでは今週ものまど通信をどうぞ☆(W)


◆ウラジオ旅行.com
www.urajio.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<目次> 
         
★イベント情報   〜 11/29(木)新刊「ドイツ人が教えてくれた
                    ストレスを溜めない生き方」発売記念、
                ライター 久保田由希さん、トークイベント申込み受付中!

                  
★のまどNEWS     〜  トゥーヴァージンズさんとの直取引&フェアー開催中!


          〜  CCCメディアハウスさんとの直取引&フェアー開催中!


          〜  小嶋独観さんイベント開催記念「珍寺大道場グッズ」
                                   フェアー開催中!


★耳寄り旅情報      〜 香港・マカオ・広東で需要喚起、港珠澳大橋と鉄道開通
                                   −東京駅でイベントも


★今週の入荷本    〜  古本


★編集後記


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★イベント情報(1) 〜 11/29(木)新刊「ドイツ人が教えてくれた
                    ストレスを溜めない生き方」発売記念、
                ライター 久保田由希さん、トークイベント申込み受付中!
---------------------------------------------------------------------

先々週ご案内した、11/29(木)に新刊『ドイツ人が教えてくれた ストレスを溜めない
生き方』(産業編集センター)の発売を記念して、著者でライターの久保田由希さんを
ゲストにお迎えして開催する、ドイツ人のストレスフリーに暮らすための考え方について
のトークイベントですが、順調に予約が入っています。

昨年、当店で久保田さんのイベントを開催した際に、「新刊が出るタイミングで
日本に帰国していたら、ぜひまた当店でイベントをお願いします」と話していた
のですが、新刊が11月に出るということで、早速イベントをお願いしたら快く快諾
していただき、今回のイベントを開催することになった次第です。

なお、定員になり次第締め切らせていただきますので、久保田さんのファンの方
はもちろん、ドイツの文化や食生活、ライフスタイルに興味のある方はご予約は
お早めにお願いします。みなさまからのお申し込みをお待ちしております。(店長)

---------------------------------------------------------------------

 新刊「ドイツ人が教えてくれた ストレスを溜めない生き方」発売記念

◆ライター 久保田由希さん  スライド&トークイベント◆

「生活大国ドイツのストレスフリーな暮らし方」

----------------------------------------------------------------------

新刊『ドイツ人が教えてくれた ストレスを溜めない生き方』(産業編集センター)の発売
を記念して、著者でライターの久保田由希さんをゲストにお迎えして、ドイツ人のストレス
フリーに暮らすための考え方についてスライドを眺めながらたっぷりと語っていただき
ます。前作『心がラクになる ドイツのシンプル家事』では、ドイツの家事の考え方・やり
方を「私がドイツで学んだ家事」「家事をシンプルにして暮らす」 「家事のストレスを減ら
すヒント」の3部構成にまとめ、家事や暮らしをシンプルにして、毎日をもっと心地よく
暮らすためのヒントを紹介していた久保田さん。本作では、生活大国ドイツで見つけた、
日々をストレスフリーに生きるための暮らしと考え方の秘訣を、働くこと、休むこと、住
まうこと、食べること、装うこと、の5つの側面にまとめて紹介したエッセイになっていま
す。「むやみに謝罪しない」「日曜は買い物をしない」など、10年以上ドイツに在住して
いる久保田さんが、ご自身の暮らしや仕事を通して感じたドイツ人のシンプルライフに
関しての貴重なお話が聞けるはずです。久保田さんのファンの方はもちろん、ドイツ
の文化や食生活、ライフスタイルに興味のある方はぜひご参加ください!

※トーク終了後、ご希望の方には著作へのサインも行います。

------------------------------------------------------------------------

●久保田由希(くぼたゆき)

東京都出身。日本女子大学卒業後、出版社勤務を経てフリーライターとなる。
2002年にベルリンへ渡りそのまま在住。著書や雑誌、オンラインメディアなどを
通して、ベルリンやドイツのライフスタイルを伝えている。著書に『歩いてまわる
小さなベルリン』『心がラクになるドイツのシンプル家事』(大和書房)、『かわいい
ドイツに、会いに行く』(清流出版)ほか多数。

◆久保田由希HP「クボタマガジン」
http://www.kubomaga.com/

-----------------------------------------------------------------------

【開催日時】  11月29日(木)   19:30 〜 (開場19:00)  

【参加費】   1000円   ※当日、会場入口にてお支払い下さい

【会場】   旅の本屋のまど店内  
 
【申込み方法】 お電話、ファックス、e-mail、または直接ご来店のうえ、
 お申し込みください。TEL&FAX:03-5310-2627
 e-mail :info@nomad-books.co.jp
 (お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
 
  ※定員になり次第締め切らせていただきます。

【お問い合わせ先】
 旅の本屋のまど TEL:03-5310-2627 (定休日:水曜日)
 東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1F
 http://www.nomad-books.co.jp

  主催:旅の本屋のまど 
 協力:産業編集センター

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(1) 〜 トゥーヴァージンズさんとの直取引&フェアー開催中!
-------------------------------------------------------------------

「トゥーヴァージンズ」さんとの直取引開始を記念したフェアーを開催中です。

「トゥーヴァージンズ」さんはまだ創業して3年ほどの新しい版元さんですが、
出版業界に新しい風を吹かせようと、台湾やアメリカ西海岸のカルチャーガイド本
を中心に様々なジャンルの本を出版されています。

「ネイバーフッド台北」といった台湾関連の本を中心に10点ほどを平台にて
フェアー展開しています。トゥーヴァージンズさんの本のファンの方は、
ぜひご来店いただいて当店にて購入していただければと思います。

みなさまからのご注文・ご来店をお待ちしております。(店長)


◆トゥーヴァージンズ
http://www.twovirgins.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(2) 〜 CCCメディアハウスさんとの直取引&フェアー開催中!
-------------------------------------------------------------------

「CCCメディアハウス」さんとの直取引開始を記念したフェアーを開催中です。

「CCCメディアハウス」さんは以前は「阪急コミュニケーションズ」という名前
でしたが、ツタヤさんグループと一緒になり今の名前に変更されたようです。 

「阪急コミュニケーションズ」時代に出版されたフランス・パリ関連の本を中心に
「フィガロボヤージュ」のバックナンバーなどを平台にてフェアー展開しています。
CCCメディアハウスさんの本のファンの方は、ぜひご来店いただいて
当店にて購入していただければと思います。

みなさまからのご注文・ご来店をお待ちしております。(店長)


◆CCCメディアハウス
http://books.cccmh.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(3) 〜 小嶋独観さんイベント開催記念「珍寺大道場グッズ」
                                     フェアー開催中!
-------------------------------------------------------------------

新刊『考える珍スポット 知的ワンダーランドを巡る旅』と『脳内楽園巡礼』の発売を
記念した小嶋独観さんご夫妻のトークイベントの開催を記念して、「珍寺大道場グ
ッズ」フェアーを店頭にて開催中です。

『考える珍スポット 知的ワンダーランドを巡る旅』と『脳内楽園巡礼』といった小嶋さん
の著作をはじめ、目から手花柄バッグや目から手ミニポーチ、目から手Tシャツ、
目から手帽子といった「目から手」シリーズや、だるまポーチ、だるま編みぐるみなどを
集めてレジ横の壁面にコーナーをつくって展開しています。

どのグッズにも、台湾の目から手が飛び出してる神様やミャンマーのだるまの
キャラクターが入っていて、キッチュでファンキーな気分になります。

普段はオンラインのみの販売なので、お店で購入できるのは貴重ですよ。
小嶋独観さんのファンの方はもちろん、怪しいレアな珍雑貨が好きな方は
この機会にぜひ当店でまとめ買いしてみてはいかがでしょうか?

みなさまからのご注文・ご来店をお待ちしております。(店長)


◆小嶋独観HP「珍寺大道場」
http://chindera.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★耳寄り旅報 〜 香港・マカオ・広東で需要喚起、港珠澳大橋と鉄道開通
                                   −東京駅でイベントも
--------------------------------------------------------------------

今回は、香港、マカオ、中国本土を繋ぐ港珠澳大橋が10月24日に開通して、
これら地域を「グレーターベイエリア」と題してプロモーションする動きが出ている、
という情報です。

この橋を建設してることはまったく知らなかったのですが、この橋を使えば
香港とマカオの移動が1時間弱に短縮されるのだとか。これまでは高速船で
3時間くらいかかっていたので、圧倒的に短くなって香港とマカオを日帰りする
旅行者が増えるでしょうね。しかも、香港から広州への高速鉄道が繋がった
ので、香港から中国の内陸部へも日帰り旅行できるようになりますね。何だか
便利になるのはいいのですが、どんどん香港とマカオが中国に取り込まれて
いくようで複雑な気分です。次に香港に行く際には、マカオやシンセンにも
一緒に行ってみようかな。(店長)


◆香港ナビ
https://www.hongkongnavi.com/miru/

-------------------------------------------------------------- 

<香港・マカオ・広東で需要喚起、港珠澳大橋と鉄道開通−東京駅でイベントも>

香港、マカオ、中国本土を繋ぐ港珠澳大橋が10月24日に開通したことを受け、
これら地域を「グレーターベイエリア」と題してプロモーションする動きが出ている。 

11月1日には東京・丸の内の商業施設「KITTE」で、香港政府観光局(HKTB)の
主催で同エリアの情報を発信するイベント「香港ウィーク2018 Greater Bay Area
Showcase」を開幕し、これに合わせて大手旅行会社の経営者など業界関係者
約150名(香港側約30名を含む)を招いてセミナーとレセプションも開催した。

KITTEでのイベント開幕に際しては、香港特別行政区政府行政長官のキャリー
・ラム氏や商務経済発展長官のエドワード・ヤウ氏のほか、HKTB会長のピータ
ー・ラム氏、マカオ政府観光局局長のマリア・ヘレナ・デ・セナ・フェルナンデス氏、
広東省文化観光部副部長のツェン・インルウ氏らも来場。

このうち挨拶に立ったキャリー・ラム氏は、日本と香港が相互に重要な観光市場
であると語ったうえで、「2019年は日本香港観光年であり、日本人訪問者数の増
加を確信している」と強調。さらに、広州・深セン・香港高速鉄道と港珠澳大橋の
開通によって「マカオの歴史遺産、ワールドクラスのリゾートやエンターテイメント
施設、本土沿岸部の文化やアトラクション、風光明媚な歴史的観光スポット、広
東料理が楽しめるようになる」と語り、周遊によって魅力は「3倍になる」とアピー
ルして来訪を呼びかけた。

セミナーとレセプションでも、冒頭でHKTB理事長のアンソニー・ラウ氏が「グレー
ターベイエリアの観光にとっては日本からのお客様が最重要」であると挨拶し、
集まった業界関係者に旅行商品などの開発を要請。その後も広東省旅游局、
マカオ政府観光局、HKTBが順に市場の現状と戦略などについて説明し、地域
内周遊の可能性についても言及した。さらに乾杯の挨拶に立った日本旅行業
協会(JATA)副会長の坂巻伸昭氏も、周遊観光こそ今後の旅行会社にとって
の活路であると強調し、取り組みの重要性を訴えた。

このうち挨拶に立ったキャリー・ラム氏は、日本と香港が相互に重要な観光市
場であると語ったうえで、「2019年は日本香港観光年であり、日本人訪問者数
の増加を確信している」と強調。さらに、広州・深セン・香港高速鉄道と港珠澳
大橋の開通によって「マカオの歴史遺産、ワールドクラスのリゾートやエンター
テイメント施設、本土沿岸部の文化やアトラクション、風光明媚な歴史的観光
スポット、広東料理が楽しめるようになる」と語り、周遊によって魅力は「3倍に
なる」とアピールして来訪を呼びかけた。

セミナーとレセプションでも、冒頭でHKTB理事長のアンソニー・ラウ氏が「グレ
ーターベイエリアの観光にとっては日本からのお客様が最重要」であると挨拶
し、集まった業界関係者に旅行商品などの開発を要請。その後も広東省旅游
局、マカオ政府観光局、HKTBが順に市場の現状と戦略などについて説明し、
地域内周遊の可能性についても言及した。さらに乾杯の挨拶に立った日本
旅行業協会(JATA)副会長の坂巻伸昭氏も、周遊観光こそ今後の旅行会社
にとっての活路であると強調し、取り組みの重要性を訴えた。

なお、KITTEでのオープニングセレモニーには、今年3月に香港でストリートア
ート作品を描いた香取慎吾さんも登場。会場内では香取さんの作品のレプリ
カのほか、高速鉄道や港珠澳大橋についての説明、香港の街並みのミニチ
ュアなども展示され、さらに点心専門店「添好運(ティムホーワン)」などのフ
ードトラックも設置されている。会期は11月4日まで。

*「日刊トラベルビジョン2018年11月2日号より」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★今週の入荷本 〜 古本
----------------------------------------------------------------

【古本】

今回入荷した古本は全部で6冊。その中から1点紹介します。

伊藤まさこさんの「松本十二か月」です。 

本書は、あめ市、松本一本ねぎ、水音が聞こえる町、八月の七夕、上高地など
松本在住の著者が独特の目線で紹介した、四季折々の松本の行事、食、
お店情報が詰まった一冊です。

松本といって誰もが思い浮かべるのは国宝の松本城ですよね。
個人的に城が好きなのでぜひ一度行ってみたいと思っているのですが、
なぜだかまだ一度も松本に行ったことがないんですよね。調べてみたら
新宿からバスが一日に40本以上は出ていて、値段も安い時期だと往復
3000円くらいからあるのだとか。片道3時間ほどだし、1泊2日くらいで行く
にはちょうどいい距離ですよね。最近は東京などから若い移住者が
増えていて、新しい個人店が次々にオープンしてるそうで、地方都市に
しては非常に活気がある印象です。気になる書店やカフェなどもあるので、
ぜひ近々行ってみたいですね。春がいいかなあ。。(店長)


◆ウォーキング松本
http://walking-matsumoto.net/

------------------------------------------------------

◆文庫・新書            販売価格(値段は税込です)


・河童が覗いたインド(文庫)  妹尾河童    300円

・ロンドン旅の雑学ノート(文庫)   玉村豊男    250円


◆単行本              販売価格(値段は税込です)


・地球全史の歩き方 (単行本)   白尾元理   1100円

・松本十二か月 (単行本)   伊藤まさこ    800円

・世界遺産を旅する 8 (単行本・絶版)  近畿日本ツーリスト   700円

・ガイドブック音楽と美術の旅 オーストリア (単行本・絶版)  
                            海老沢敏:監修   1000円



*これらの本のご注文をご希望の方は、メールにてご連絡ください。
info@nomad-books.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★編集後記
----------------------------------------------------------------------

来週の11/20(火)、21(水)は実家のある香川県に行くのでお店は臨時休業させて
いただきます。最近は毎年1回は実家に帰るようになりましたが、いつも10月か11月が
多いですね。お正月に帰ってもいいのですが、飛行機やバスの値段が高いし、どこに
行っても激混みだし、地元の様々なお店や施設が正月休みなのでどこにも行くところ
がないし、まあまったくメリットが一切ないんですよね。それと夏休みとお正月休みの
狭間で比較的チケットも安いし、季節的にもいい時期だし、何よりもサラリーマンでは
ないので、自分の好きなタイミングで休みが取れるので、この時期を意図的に選んで
るというのはあります。両親も高齢になり、いつ何があるか分からないので、まあ
親孝行だと思って行ってきます。多分、実家以外にどこにも遊びにいく時間はないの
で、特に旅のレポートはできないですが。。(店長)

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-27  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。