旅行全般

このメルマガは現在休刊中です。
旅の本屋のまど「のまど通信」

西荻窪にある旅に関する本を新刊・古本共に扱う本屋です。ガイドブックはもちろんマニアックな旅の本までオススメ本を、旅のお役立ち情報とともに随時紹介します。

全て表示する >

旅の本屋のまど「のまど通信」Vol.712

2018/06/08


来週水曜日6/13(水)は新刊「おそロシアに行ってきた」の発刊を記念して、著者で
旅行作家の嵐よういちさんをお招きし、ロシアについてのトークイベントを開催しま
す! 嵐さんはのまどの近くに住んでいて、散歩がてらによくお店に遊びに来てくだ
さっているので店長とも顔なじみなのですが、こうやって本が出るたびに「そうそう、
嵐さんは旅行作家なんだよな!」と改めて思わされます。同時に、誰とでも垣根な
く仲良くできるのは、旅行作家として取材する際にも、とても役立ってるんだろうなぁ
とも思います。そんな嵐さんだからこそ覗けたロシアの姿が、本書では綴られてい
ます。イベントではきっと、本の中に入れられなかったさらにディープな話も聞ける
はず。サッカーのロシアワールドカップ開催ももうすぐ! ロシアに興味のある人、
嵐さんに興味のある人は必見です! あと少しお席はございますので、ご興味ある
方はお早めにご予約を☆ それでは今週ものまど通信をどうぞ!(W)


◆6/13(水)新刊『おそロシアに行ってきた』発売記念
旅行作家 嵐よういちさんのイベントの申し込みはこちら↓
http://www.nomad-books.co.jp/event/event.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<目次> 
         
★イベント情報   〜  6/13(水)新刊『おそロシアに行ってきた!』発売記念、
                   嵐よういちさん トークイベント、いよいよ来週開催!


          〜 6/28(木)新刊「旅作家が本気で選ぶ!週末島旅」発売記念、
               旅作家 小林希さん、スライドトークイベント申込み受付中!
  
                   
★のまどNEWS     〜  CCCメディアハウスさんとの直取引&フェアー開催中!


          〜  新刊「カナダ 歴史街道をゆく」&「路地の子」発刊記念
               ノンフィクション作家、上原善広さん著作本フェアー開催中!


          〜  小嶋独観さんイベント開催記念「珍寺大道場グッズ」
                                   フェアー開催中!


★耳寄り旅情報      〜 ベトジェット、関空/ハノイ線は11月に
                                   −羽田就航にも意欲


★今週の入荷本    〜  古本


★編集後記


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★イベント情報(1) 〜 6/13(水)新刊『おそロシアに行ってきた!』発売記念、
                   嵐よういちさん トークイベント、いよいよ来週開催! 
---------------------------------------------------------------------

6/13(水)に新刊『おそロシアに行ってきた!』(彩図社)の発売を記念して、著者で
旅行作家の嵐よういちさんをお招きして開催する、知られざる国、ロシア旅のウラ
事情についてのトークイベントですが、いよいよ開催が今週に迫ってきました。

なお、定員になり次第締め切らせていただきますので、嵐さんのファンの方は
もちろん、ロシア旅行を予定してる方や、ロシアの文化や歴史にに興味のある方
はご予約はお早めにお願いします。

みなさまからのお申し込みをお待ちしております。(店長)


---------------------------------------------------------------------

新刊『おそロシアに行ってきた!』発売記念

◆嵐よういちさん トークイベント◆

「知られざる国、ロシアの歩き方」

----------------------------------------------------------------------

新刊『おそロシアに行ってきた!』(彩図社)の発売を記念して、著者で旅行作家の
嵐よういちさんをお招きし、知られざる国、ロシアのウラ事情についてスライドを眺め
ながらたっぷりお話していただきます。「中米ブラック ロード」「アフリカブラックロード」
など、「ブラックロード」シリーズで絶大な人気を誇る嵐さんが今回取り上げる国は
ロシア。ロシアといえば、「プーチン大統領」のマッチョなイメージや、「不愛想」「威圧的」
といった怖いイメージ、そして「英語が通じない」といった西側諸国と断絶したイメージが
強いのですが、今年はサッカーW杯のロシア大会の開催を控え俄然注目が高まって
います。本書では、嵐さんがサハリン(樺太)からモスクワ、サンクトペテルブルグ、
そしてマイナス20度以下の極寒のイルクーツク、飛び地のカリーニングラードまで訪
ねて、謎のベールに包まれたロシアの真の姿を取材した旅の記録が綴られています。
なお、今回のイベントでは嵐さんの取材旅行に同行した担当編集のMさんに聞き手
役として参加していただきます。また、特別ゲストとしてチャンピーさんにも対談に加
わっていただく予定です。ロシアで取材旅行した際の裏話や秘話など、嵐さんの貴重
な体験談を生で聞けるチャンスです。嵐さんのファンの方はもちろん、ロシア旅行を
予定してる方や、ロシアの文化や歴史にに興味のある方はぜひご参加くださいませ!


※トーク終了後、ご希望の方には著作へのサインも行います。

------------------------------------------------------------------------

●嵐よういち(あらしよういち)

1969年生まれ。東京都杉並区出身。独身。20歳からイギリス、アメリカと留学(遊学?)
して、その後、面白い写真を求めて海外を放浪する。約80ヶ国を渡り歩く。特に好きな
地域は南米。著書に『海外ブラックロード〜最狂バックパッカー版』『海外ブラックマップ』
『南米ブラックロード』『アフリカ・ブラックロード』『海外ブラックロード〜スラム街潜入編』
『ブラジル裏の歩き方』『世界「誰も行かない場所」だけ紀行』(彩図社)など。

◆嵐よういちさんツイッター
https://twitter.com/kaigaiblackroad

------------------------------------------------------------------------

【開催日時】 6月13日(水)  19:30 〜 (開場19:00)

【参加費】  1000円   ※当日、会場にてお支払い下さい

【会場】   旅の本屋のまど店内  
 
【申込み方法】 お電話、ファックス、e-mail、または直接ご来店のうえ、
 お申し込みください。TEL&FAX:03-5310-2627
 e-mail :info@nomad-books.co.jp
 (お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
 
  ※定員になり次第締め切らせていただきます。

【お問い合わせ先】
 旅の本屋のまど TEL:03-5310-2627 (定休日:水曜日)
 東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1F
 http://www.nomad-books.co.jp

  主催:旅の本屋のまど 
 協力:彩図社

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★イベント情報(2) 〜 6/28(木)新刊「旅作家が本気で選ぶ!週末島旅」発売記念、
                旅作家 小林希さん、スライドトークイベント申込み受付中!
---------------------------------------------------------------------

先週ご案内した、6/28(木)に新刊『旅作家が本気で選ぶ!週末島旅』(幻冬舎文庫)
の発売を記念して、著者で旅作家の小林希さんをゲストにお迎えして開催する気軽
に行ける週末島旅の魅力についてのトークイベントですが、順調に予約が入って
います。

今回、イベントを開催することになった経緯としては、本書の担当編集者Iさんは
吉田友和さんの幻冬舎文庫の担当者でもあり、4月に当店で吉田さんのイベントを
開催した際に、「小林さんの新刊が6月に発売になるのでぜひトークイベントをやり
ましょう」とお誘いがあり、新刊を内容が面白そうだなと思い今回のイベントが実現
した次第です。

なお、定員になり次第締め切らせていただきますので、小林さんのファン
の方はもちろん、島旅が好きな方や女子旅に興味のある方はご予約は
お早めにお願いします。

みなさまからのお申し込みをお待ちしております。(店長)


---------------------------------------------------------------------

 新刊「旅作家が本気で選ぶ!週末島旅」発売記念

◆旅作家 小林希さん  スライド&トークイベント◆

「気軽に行ける週末島旅の魅力」

----------------------------------------------------------------------

新刊『旅作家が本気で選ぶ!週末島旅』(幻冬舎文庫)の発売を記念して、著者で
旅作家の小林希さんをゲストにお迎えして、気軽に行ける週末島旅の魅力について
スライドを眺めながらたっぷりと語っていただきます。「恋する旅女、世界をゆく」で
デビューし、「女ふたり、台湾に行ってきた。」、「世界の美しい街の美しいネコ」、
「泣きたくなる旅の日は、世界が美しい」など、これまでに旅に関する著作が多数ある
小林さんが今回注目したのは気軽に行ける日本の島旅。本書では、砂漠で“月面
トレッキング”体験できる伊豆大島、日本地図から消されていた毒ガスとうさぎの島
大久野島、シャーマン女将がいる不思議体験続出の宿がある加計呂麻島、日本一
ワイルドな温泉がある式根島など、小林さんがこれまでに訪れた60島以上の島から
魅惑の10島を厳選し、海外旅行以上の奇想天外なエピソードが綴られています。
今回のイベントでは、瀬戸内海の島でゲストハウスをオープンするなど島が大好き
な小林さんならではの貴重で面白い島旅のお話が聞けるはずです。小林さんの
ファンの方はもちろん、島旅が好きな方や女子旅に興味のある方はぜひご参加
ください!

※トーク終了後、ご希望の方には著作へのサインも行います。

------------------------------------------------------------------------

●小林希(こばやしのぞみ)

1982年東京生まれ。旅作家。元編集者。出版社を退社し、世界放浪の旅へ。1年後
帰国して、『恋する旅女、世界をゆくー29歳、会社を辞めて旅に出た』(幻冬舎文庫)で
作家に転身。旅をしながらネコの写真を撮り続ける。また、執筆活動の傍ら、瀬戸内
海の島にゲストハウスをオープンするなど島おこしに奔走する。著書に『泣きたくなる
旅の日は、世界が美しい』(幻冬舎)など多数。現在55ヶ国をめぐる。『デジタルカメラ
マガジン』(インプレス)で「世界のネコに恋して」を連載中。

◆小林希さん公式サイト「オフィスひるねこ」
http://officehiruneko.jp

-----------------------------------------------------------------------

【開催日時】  6月28日(木)   19:30 〜 (開場19:00)  

【参加費】   1000円   ※当日、会場入口にてお支払い下さい

【会場】   旅の本屋のまど店内  
 
【申込み方法】 お電話、ファックス、e-mail、または直接ご来店のうえ、
 お申し込みください。TEL&FAX:03-5310-2627
 e-mail :info@nomad-books.co.jp
 (お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
 
  ※定員になり次第締め切らせていただきます。

【お問い合わせ先】
 旅の本屋のまど TEL:03-5310-2627 (定休日:水曜日)
 東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1F
 http://www.nomad-books.co.jp

  主催:旅の本屋のまど 
 協力:幻冬舎

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(1) 〜 CCCメディアハウスさんとの直取引&フェアー開催中!
-------------------------------------------------------------------

「CCCメディアハウス」さんとの直取引開始を記念したフェアーを開催中です。

「CCCメディアハウス」さんは以前は「阪急コミュニケーションズ」という名前
でしたが、ツタヤさんグループと一緒になり今の名前に変更されたようです。 

「阪急コミュニケーションズ」時代に出版されたフランス・パリ関連の本を中心に
「フィガロボヤージュ」のバックナンバーなどを平台にてフェアー展開しています。
CCCメディアハウスさんの本のファンの方は、ぜひご来店いただいて
当店にて購入していただければと思います。

みなさまからのご注文・ご来店をお待ちしております。(店長)


◆CCCメディアハウス
http://books.cccmh.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(2) 〜 新刊「カナダ 歴史街道をゆく」&「路地の子」発刊記念
               ノンフィクション作家、上原善広さん著作本フェアー開催中!
------------------------------------------------------------------

「日本の路地を旅する」で大宅賞を受賞したノンフィクション作家、上原善広さんの
新刊「カナダ 歴史街道をゆく」の発売記念イベントの開催を記念して、店内で
上原善広さんの著作本のフェアーを開催中です。

新刊「カナダ 歴史街道をゆく」&「路地の子」に加えて、「路地の教室」や
「被差別の食卓」など路地にこだわった上原さんの著作8点をまとめて
平積みにして展開しています。

上原さんのファンの方やノンフィクション好きの方は、ぜひご来店いただき
ご購入していただければと思います。

みなさまのご来店・ご注文をお待ちしております。(店長)


◆上原善広公式ブログ「全身ノンフィクション作家」
http://u-yosihiro.at.webry.info/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(3) 〜 小嶋独観さんイベント開催記念「珍寺大道場グッズ」
                                     フェアー開催中!
-------------------------------------------------------------------

新刊『考える珍スポット 知的ワンダーランドを巡る旅』と『脳内楽園巡礼』の発売を
記念した小嶋独観さんご夫妻のトークイベントの開催を記念して、「珍寺大道場グ
ッズ」フェアーを店頭にて開催中です。

『考える珍スポット 知的ワンダーランドを巡る旅』と『脳内楽園巡礼』といった小嶋さん
の著作をはじめ、目から手花柄バッグや目から手ミニポーチ、目から手Tシャツ、
目から手帽子といった「目から手」シリーズや、だるまポーチ、だるま編みぐるみなど
を集めてレジ横の壁面にコーナーをつくって展開しています。

どのグッズにも、台湾の目から手が飛び出してる神様やミャンマーのだるまの
キャラクターが入っていて、キッチュでファンキーな気分になります。

普段はオンラインのみの販売なので、お店で購入できるのは貴重ですよ。
小嶋独観さんのファンの方はもちろん、怪しいレアな珍雑貨が好きな方は
この機会にぜひ当店でまとめ買いしてみてはいかがでしょうか?

みなさまからのご注文・ご来店をお待ちしております。(店長)


◆小嶋独観HP「珍寺大道場」
http://chindera.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★耳寄り旅報 〜 ベトジェット、関空/ハノイ線は11月に−羽田就航にも意欲
--------------------------------------------------------------------

今回は、ベトジェットが関空/ハノイ線に11月に就航する、という情報です。

ベトジェットといえば、まだ創立されて10年ほどの新興企業ですが、
機内で水着ショーを開催するなど何かと話題の多いベトナムのLCC会社
ですよね。それがついに日本に上陸するというのは何とも感慨深いものが
ありますね。就航する11月以降はベトナム人の訪日観光客が劇的に増加
しそうですし、日本からベトナムに行く人も増えるのかも。羽田に就航したら
安くベトナムに行けるようになるならぜひ乗ってみたいなあ。(店長)


◆ベトジェット
https://www.vietjetair.com/Sites/Web/ja-JP/Home

-------------------------------------------------------------- 

<ベトジェット、関空/ハノイ線は11月に−羽田就航にも意欲>

ベトジェット(VJ)は5月31日、関空/ハノイ線のデイリー運航を11月8日から
開始すると発表した。5月7日付で取得した国土交通省の外国人国際航空運
送事業の経営許可では運航開始予定日を6月24日としていたが、記者会見で
VJ副社長のグエン・ティ・トウィ・ビン氏は、就航が4ヶ月以上遅れる理由として
「万全の準備をするための措置」と説明した。使用機材は180席のA320型機。

航空券は6月8日から、VJの公式ウェブサイトなどで販売を開始するほか、日本
地区総代理店(GSA)のエア・システムが旅行会社経由で販売する。日本路線
のフライトには日本語を話す乗務員が搭乗する。

同氏は今後の日本路線の展開について、「次は羽田線の就航をめざしており、
早期の認可を期待している。また、日本とホーチミンを結ぶ路線の開設も構想
しており、将来的には日本/ベトナム間の全路線を最新型のA321neo型機で
運航したい」と意欲を示した。

VJは07年に設立し、11年から国内線の運航を開始したLCCで、従来のLCC
とは一線を画す「ニューエイジ航空会社」戦略を掲げ、機内でのマジックショー
やモデルによるファッションショーを実施するなど、エンターテイメント色を打ち
出している。座席の快適性にもこだわり、レザーシートを採用している。

加えて、ビジネス需要への対応にも注力。例えば「Skyboss」運賃では、機内食
とドリンクの提供、座席指定、プライオリティーチェックイン、ラウンジ使用、30
キログラムまでの受託手荷物無料、チケット変更手数料無料などの特典を
提供する。

VJは昨年、日本航空(JL)と業務提携しており、第4四半期からコードシェアを
開始。日本/ベトナム間の国際線および互いの国内線が対象で、今後はマイ
レージプログラムや機材の運用、メンテナンスおよび地上業務のサービスと
トレーニングなどに提携内容を拡大するという。

関空/ハノイ線の運航スケジュールは以下の通り。

◆VJ 関空/ハノイ線運航スケジュール(11月8日〜)
VJ938便 HAN 01時45分発/KIX 07時50分着(デイリー)
VJ939便 KIX 09時20分発/HAN 13時10分着(デイリー)


*「日刊トラベルビジョン2018年5月23日号より」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★今週の入荷本 〜 古本
----------------------------------------------------------------

【古本】

今回入荷した古本は全部で7冊。その中から1点紹介します。

見市知氏の「ベルリン東ドイツをたどる旅」です。 

本書は、東ドイツで学生時代を過ごした著者が、人々の暮らしや
懐かしのプロダクツなどを通して見えてきた「東」再発見の旅を
まとめた1冊です。

ベルリンの壁が崩壊したのは1989年。来年でなんと壁が崩壊してから
30年になるのだとか。月日が経つのは速いですね。ベルリンには1993年
に訪れて、東ベルリンにも足を踏み入れましたが、当時はまだ東西ドイツが
統一してから間もない頃だったので、共産主義時代の名残がまだそこかしこ
に残っていて、あきらかに西ベルリンとは町の雰囲気が違っていました。
一時期は、共産主義時代を懐かしむ声もあったドイツですが、あれから
月日が経ってどういう風に東ベルリン&東ドイツが変化したか見てみたい
ですね。(店長)


◆ドイツドットウェブ
http://infodich.com/archives/2964

------------------------------------------------------

◆文庫・新書              販売価格(値段は税込です)


・雲表の国 チベット踏査行 (文庫・絶版)  色川大吉   500円


・台湾茶の愉しみ方 (文庫・絶版)  周君胎    500円



◆単行本              販売価格(値段は税込です)


・チベット放浪 (単行本・絶版)   藤原新也   500円


・台所道具の楽しみ (単行本・絶版)  平松洋子   700円


・ベルリン東ドイツをたどる旅 (単行本)  見市知  800円


・カフェオレボウル (単行本・絶版)  山本ゆりこ   800円


・オリエント急行の旅 (単行本・絶版)  櫻井寛   1300円



*これらの本のご注文をご希望の方は、メールにてご連絡ください。
info@nomad-books.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★編集後記
----------------------------------------------------------------------

いよいよ来週末からサッカーのロシアW杯が開催されますね。日本代表をはじめ
各国の代表チームは現在合宿に入っていますが、親善試合もいろいろと開催されて
いて、日本代表はスイス代表と今晩試合がありますね。スイス代表はヨーロッパ予選
でも1位で勝ち抜けていますし、現在FIFAランキングでも9位に入るなどかなりの強豪
で、仮想ポーランドということでは絶好の相手かなと思います。いまだに西野監督は
3バックでいくのか4バックでいくのかはっきりしないのですが、とにかくW杯では失点
しないのがまず重要なので、速く守り方の方針を固めて、スイス線ではなんとか無失点
で抑えて欲しいと思います。攻撃では乾と柴崎の2人に期待しています。彼らは、あの
バルサとレアルから得点を奪ったことのある唯一の日本選手なので、何だか得点の
匂いがするんですよね。怪我なくコロンビア戦を迎えらえるよう、いい調整をして欲し
いと思います。頑張れ、日本代表!(店長)


◆日本サッカー協会
http://www.jfa.jp/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-27  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。