旅行全般

このメルマガは現在休刊中です。
旅の本屋のまど「のまど通信」

西荻窪にある旅に関する本を新刊・古本共に扱う本屋です。ガイドブックはもちろんマニアックな旅の本までオススメ本を、旅のお役立ち情報とともに随時紹介します。

全て表示する >

旅の本屋のまど「のまど通信」Vol.663

2017/06/15


明日16(金)は『生きる職場 小さなエビ工場の人を縛らない働き方』発売記念
イベントがあるのですが、来週も引き続きイベントを開催。23(金)に『東京わざわざ
行きたい街の本屋さん』の発売記念として対談トークイベントを行います。ゲストは
西荻窪の本屋さんの店主3人!音羽館の店主・広瀬洋一さん、今野書店の代表取
締役・今野英治さん、そして我らが店長、のまどの川田店長も出演します。西荻窪に
おいての本屋の存在、過去と現在の変遷などなど、いろいろお話してくださる予定
です。西荻裏話や書店業界裏話なんかも聞けそうですよね。古本屋さん(音羽館)、
新刊の本屋さん(今野書店)、古本&新刊本屋さん(のまど)と、同じ本屋さんでも
形態が違うので、異なる立場からの意見も聞けそうです。本屋さんや西荻窪に興味
がある方は見逃せないイベントだと思います。まだお席は若干ございますので、
ご興味のある方はぜひご予約を! それでは今週は、明日のイベントのため、
いつもの週より1日早いのまど通信をどうぞ☆(W)


◆6/23(金)新刊『東京 わざわざ行きたい街の本屋さん』発売記念、
広瀬洋一さん×今野栄治さん×川田正和さん対談トークイベントの申し込みはこちら↓
http://www.nomad-books.co.jp/event/event.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<目次> 
         
★イベント情報   〜 6/16(金)新刊「生きる職場 小さなエビ工場の人を
                         縛らない働き方」発売記念、武藤北斗さん、
                              トークイベントいよいよ明日開催!


           〜 新刊『東京 わざわざ行きたい街の本屋さん』発売記念、
                                             広瀬洋一さん×今野栄治さん×川田正和さん  
                                                     6/23(金)対談トークイベント申込み受付中!

                        
★のまどNEWS     〜  新刊「カナダ 歴史街道をゆく」発刊記念、
                         ノンフィクション作家、上原善広さん著作本フェアー開催中!


          〜  小嶋独観さんイベント開催記念「珍寺大道場グッズ」
                                   フェアー開催中!


          〜  DUブックスさんとの直取引記念フェアー、開催中!


          〜  雑誌「ソトコト」のバックナンバーフェアー開催中!



★耳寄り旅情報      〜 ティーウェイ航空、成田/済州線開設へ、
                                  9月から週4便

★今週の入荷本    〜  古本


★編集後記


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★イベント情報(1) 〜 6/16(金)新刊「生きる職場 小さなエビ工場の人を
                       縛らない働き方」発売記念、武藤北斗さん、
                             トークイベントいよいよ明日開催!
---------------------------------------------------------------------

6/16(金)に新刊『生きる職場 小さなエビ工場の人を縛らない働き方』(イースト
プレス)の発売を記念して、著者でパプアニューギニア海産の経営者・工場長である
武藤北斗さんをお招きして開催する、「フリースケジュール制」という新しい働き方に
ついてのトークイベントですが、いよいよ開催が明日に迫ってきました。

なお、定員になり次第締め切らせていただきますので、武藤さんのファンの
方はもちろん、自由な働き方や仕事のやり方に興味のある方は
ご予約はお早めにお願いします。当日は海老フライの試食会も行います! 

みなさまからのお申し込みをお待ちしております。(店長)


---------------------------------------------------------------------

 新刊「生きる職場 小さなエビ工場の人を縛らない働き方」発売記念

◆武藤北斗さん  スライド&トークイベント◆

「小さなエビ工場の世界を変える働き方」

----------------------------------------------------------------------

好きな時間に出勤・退勤できて、事前に連絡も必要なし、嫌いな作業もしなくていい!? 
これまでの「仕事」や「働き方」の常識をひっくり返すような新しい取り組み「フリースケ
ジュール制」を導入し、大きな注目を集めているパプアニューギニア海産。同社の新し
い働き方とその背景にある考え方をまとめた書籍『生きる職場 小さなエビ工場の人
を縛らない働き方』(イースト・プレス刊)発売を記念して、本書の著者で、パプアニュ
ーギニア海産の経営者・工場長である武藤北斗さんのトーク・イベントを開催します。 

パプアニューギニア産のおいしくて安全な天然エビを、現地の人々の生活を守りなが
ら30年以上も輸入してきた同社は、いわばフェアトレードの先駆けと言える会社です。
しかし、2011年3月の東日本大震災による大津波で宮城県石巻市の工場は流され、
その後起こった原発事故も大きなきっかけとなり大阪への移転を余儀なくされました。
それまで持っていた多くのものをなくして、家族とともに大阪に移り、いちから会社を
建て直す中で、武藤さんは自らの生き方と、社会のありかたを見つめ直しました。
それまで「あたりまえ」の働き方と言われてきたことは、本当に「あたりまえ」だったの
だろうか? 小さなエビ工場から始まった、小さな「働きかた改革」は、試行錯誤を
繰り返しながら実にユニークな変化を見せていきます……。

今回のトークショーでは、武藤さんが本の中では語りつくせなかった細かな心の変化、
現在進行形の様々な改革などを、参加者の方との質疑応答を交えながらお話しいた
だきます。また今回は、パプアニューギニアの天然エビと途上国との密接な関係や、
資本主義経済の中でないがしろにされていく食の安全性についてのこだわりなど、
「働き方」だけにとどまらないテーマにも触れていただきます。

ひとりひとりが変わることで、社会は変わる。この小さなエビ工場から始まった
「働き方改革」には、世界を変えるための大きなヒントが隠されています。多くの
みなさまのご来場をお待ちしています!なお、当日は、パプアニューギニア海産の
天然エビフライの試食会も行います。(数量に限りがあるため、なくなり次第終了)

※トーク終了後、ご希望の方には著作へのサインも行います。

-----------------------------------------------------------------------

●武藤北斗(むとうほくと)

1975年福岡県生まれ。パプアニューギニア海産工場長。3児の父。小さな頃から
引越しを繰り返し小学校は3校に通う。小学校4年から高校卒業までは東京暮らし。
芝浦工業大学金属工学科を卒業後、築地市場の荷受けに就職しセリ人を目指す。
夜中2時に出勤し12時間働く生活を2年半過ごす。その後?パプアニューギニア海産
に就職し、天然えびの世界にとびこむ。2011年の東日本大震災で石巻にあった会社
が津波により流され、福島第一原発事故の影響もあり1週間の自宅避難生活を経て
大阪への移住を決意。震災による二重債務を抱えての再出発。現在は大阪府茨木市
の中央卸売市場内で会社の再建中。東日本大震災で「生きる」「死ぬ」「働く」「育てる」
などを真剣に見つめ考えるようになり、「好きな日に働ける」「嫌いな作業はやる必要は
ない」など、固定概念に囚われず人が持ち得る可能性を引き出すことに挑戦している。 

◆武藤北斗さんツイッター
https://twitter.com/hokut0

-----------------------------------------------------------------------

【開催日時】  6月16日(金)   19:30 〜 (開場19:00)  

【参加費】   1000円   ※当日、会場入口にてお支払い下さい

【会場】   旅の本屋のまど店内  
 
【申込み方法】 お電話、ファックス、e-mail、または直接ご来店のうえ、
 お申し込みください。TEL&FAX:03-5310-2627
 e-mail :info@nomad-books.co.jp
 (お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
 
  ※定員になり次第締め切らせていただきます。

【お問い合わせ先】
 旅の本屋のまど TEL:03-5310-2627 (定休日:水曜日)
 東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1F
 http://www.nomad-books.co.jp

 主催:旅の本屋のまど 
 協力:イーストプレス


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★イベント情報(2)〜 新刊『東京 わざわざ行きたい街の本屋さん』発売記念、
                                            広瀬洋一さん×今野栄治さん×川田正和さん  
                                                   6/23(金)対談トークイベント申込み受付中!
---------------------------------------------------------------------

先々週ご案内した、6/23(金)に新刊『東京 わざわざ行きたい街の本屋さん』(G.B.)
の発売を記念して、著者のBOOKSHOP LOVERの和氣正幸さん、古書音羽館の
店主・広瀬洋一さん、今野書店の代表取締役・今野英治さんをお招きして開催する
西荻窪に小さな本屋が多い理由についての対談イベントですが、順調に予約が
入っています。

新刊『東京 わざわざ行きたい街の本屋さん』の取材自体は去年の夏頃に受けた
のですが、その際に「もし出版記念イベントを開催するなら当店でぜひ」という
話をしていました。そしてほぼ1年経って出版することになり、著者のBOOKSHOP
LOVERの和氣さんから「イベントの開催をお願いします」と依頼されて、快く承諾し
て今回のイベントが実現した次第です。

なお、定員になり次第締め切らせていただきますので、古書音羽館や
今野書店のファンの方はもちろん、西荻窪が大好きな方や本屋に興味の
ある方は、ご予約はお早めにお願いします。

みなさまからのお申し込みをお待ちしております。(店長)

---------------------------------------------------------------------

 新刊「東京 わざわざ行きたい街の本屋さん」発売記念

◆広瀬洋一さん×今野栄治さん×川田正和さん  対談トークイベント◆

「本屋に聴きたい!〜西荻窪に小さな本屋さんが多い理由」

----------------------------------------------------------------------

『東京 わざわざ行きたい街の本屋さん』の発売を記念してイベントを行います。
本イベントのテーマは「本屋と街」です。

西荻窪にも多くの本屋があり本書でも多くのページを割いていますが、
この街には本屋以外にもカフェやアンティーク、雑貨などたくさんの
魅力的な小さいお店があります。
なぜ西荻窪にはそういったお店がたくさんあり続けていられるのか。
気になったことはありませんか?

今回のイベントでは西荻窪という街の歴史、今ある本屋とかつてあった本屋、
どんなお店が多いのかなどを西荻窪で長く本屋を営んでいる方々に聴くことで、
西荻窪という街の魅力の一端を明らかにしていきます。

お呼びするのは3店の本屋さんです。

1店目は会場でもある旅の本屋のまどの店主・川田正和さんです。
以前は吉祥寺で働いていたという川田さんには、なぜ西荻窪という街を
選んだのか? 西荻窪には旅好きが多いのか? など
旅の本屋という立ち位置から西荻窪について語っていただきます。

2店目は44年もの間、西荻窪の街を新刊書店として見守り続ける
今野書店の代表取締役・今野英治さんです。
西荻窪にはいまでこそ今野書店さんしか新刊書店がありませんが、
ほんの2年ほど前には他にも沢山の新刊書店がありました。それらが
どんなお店だったのか? など西荻窪の新刊書店の歴史を
お聴きできればと思っています。

3店目は古書音羽館の店主・広瀬洋一さんです。広瀬さんによると西荻窪に
小さな店が生まれ続けるのは街の文化が多層的だから
なのだそうです。現在といままでにどんな文化が西荻窪に
はある(あった)のでしょうか? そんなお話を伺います。

それぞれの立場から語る西荻窪という街と本屋の話。
司会進行は『東京 わざわざ行きたい街の本屋さん』の著者でも
あるBOOKSHOP LOVERの和氣正幸が担当いたします。

聴く事で西荻窪本屋めぐりをより深く楽しむことが出来るようになるでしょう。

西荻窪の魅力の秘密を知りにきませんか?
当日ご参加いただける方には、『東京 わざわざ行きたい街の本屋さん』
(税込み1,728円)をお渡しいたします。

西荻窪散歩のお供にご利用ください。
どうぞよろしくお願いいたします!!

----------------------------------------------------------------------

●川田正和(かわたまさかず) 旅の本屋のまど店主。

●今野栄治(こんのえいじ) 今野書店代表取締役

●広瀬洋一(ひろせよういち) 古書音羽館店主

聞き手:BOOKSHOP LOVER 和氣正幸

----------------------------------------------------------------------

【開催日時】 6月23日(金)  19:30 〜 (開場19:00)

【参加費】  2000円(新刊『東京 わざわざ行きたい街の本屋さん』付き)

【会場】   旅の本屋のまど店内  
 
【申込み方法】 
 下記のサイトから予約をお願いします。
 http://bookshop-lover-02.peatix.com/view

 もしくは、当店でも受付可能です。
 TEL&FAX:03-5310-2627
 e-mail :info@nomad-books.co.jp
 (お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
 
  ※定員になり次第締め切らせていただきます。

【お問い合わせ先】
 BOOKSHOP LOVER
 http://bookshop-lover-02.peatix.com/view

 旅の本屋のまど TEL:03-5310-2627 (定休日:水曜日)
 東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1F
 http://www.nomad-books.co.jp

  主催:G.B. 
 協力:BOOKSHOP LOVER


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(1) 〜 新刊「カナダ 歴史街道をゆく」発刊記念、
                   ノンフィクション作家、上原善広さん著作本フェアー開催中!
------------------------------------------------------------------

「日本の路地を旅する」で大宅賞を受賞したノンフィクション作家、上原善広さんの
新刊「カナダ 歴史街道をゆく」の発売記念イベントの開催を記念して、店内で
上原善広さんの著作本のフェアーを開催中です。

新刊に加え、「路地の教室」や「被差別の食卓」など路地にこだわった
上原さんの著作9点をまとめて平積みにして展開しています。

上原さんのファンの方やノンフィクション好きの方は、ぜひご来店いただき
ご購入していただければと思います。

みなさまのご来店・ご注文をお待ちしております。(店長)


◆上原善広公式ブログ「全身ノンフィクション作家」
http://u-yosihiro.at.webry.info/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(2) 〜 小嶋独観さんイベント開催記念「珍寺大道場グッズ」
                                     フェアー開催中!
-------------------------------------------------------------------

新刊『考える珍スポット 知的ワンダーランドを巡る旅』と『脳内楽園巡礼』の発売を
記念した小嶋独観さんご夫妻のトークイベントの開催を記念して、「珍寺大道場グ
ッズ」フェアーを店頭にて開催中です。

『考える珍スポット 知的ワンダーランドを巡る旅』と『脳内楽園巡礼』といった小嶋さん
の著作をはじめ、目から手花柄バッグや目から手ミニポーチ、目から手Tシャツ、
目から手帽子といった「目から手」シリーズや、だるまポーチ、だるま編みぐるみなど
を集めてレジ横の壁面にコーナーをつくって展開しています。

どのグッズにも、台湾の目から手が飛び出してる神様やミャンマーのだるまの
キャラクターが入っていて、キッチュでファンキーな気分になります。

普段はオンラインのみの販売なので、お店で購入できるのは貴重ですよ。
小嶋独観さんのファンの方はもちろん、怪しいレアな珍雑貨が好きな方は
この機会にぜひ当店でまとめ買いしてみてはいかがでしょうか?

みなさまからのご注文・ご来店をお待ちしております。(店長)


◆小嶋独観HP「珍寺大道場」
http://chindera.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(3) 〜 DUブックスさんとの直取引&フェアーがスタート!
-------------------------------------------------------------------

「DUブックス」さんとの直取引開始を記念したフェアーを開催中です。

音楽関連の本を中心に約8点ほど平台にてフェアー展開しています。
DUブックスさんの本のファンの方は、ぜひご来店いただいて
当店にて購入していただければと思います。

みなさまからのご注文・ご来店をお待ちしております。(店長)


◆DUブックス
http://diskunion.net/dubooks/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(4) 〜 雑誌「ソトコト」バックナンバーフェアー開催中!
-------------------------------------------------------------------

雑誌「ソトコト」の取り扱い開始を記念して、バックナンバーフェアーを開催中です。 

今回取り扱いを始めた「ソトコト」は、木楽舎さんが発行している月刊誌で、
ソーシャル&エコをコンセプトにした雑誌です。

2013年1月号から2017年最新号まで、この4年間のバックナンバーをお店の
一番突き当りのコーナーにドーンと展開していますので、雑誌「ソトコト」の
ファンの方や内容に興味のある方、バックナンバーをお探しの方は
ぜひご覧下さいませ。

ちなみに、2014年2月号の「なじみの本屋」特集に当店が掲載されてます。

みなさまからのご注文・ご来店をお待ちしております。(店長)


◆雑誌「ソトコト」
http://www.sotokoto.net/jp/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★耳寄り旅報 〜 ティーウェイ航空、成田/済州線開設へ、9月から週4便
---------------------------------------------------------------------

今回は、ティーウェイ航空が成田/済州線を9月から開設するという情報です。

韓国からこれだけ数多くのLCCが就航していますが、今回、ようやく
済州島に就航することになり、個人的にうれしく思います。今年の1月に
初めて済州島に行ったのですが、ソウル経由で往復とも行ったので、
結構時間がかかりました。まあ、ソウルにも行きたかったので、それは
それで良かったのですが、済州島だけ行きたい人にとってはありがたい
ことですよね。「最近は中国からの観光客ばかりで日本人はほとんど
来てない」と済州市の宿のおじさんが嘆いていましたが、これで日本人
も少しは済州島に行くようになるのでないでしょうか?以前、大阪から
チェジュ航空が済州島に飛んでいましたが、数年で撤退したことがある
ので、油断はできないですけどね。(店長)


◆ティーウェイ航空
https://www.twayair.com/main.do?_langCode=JA

-------------------------------------------------------------- 

<ティーウェイ航空、成田/済州線開設へ、9月から週4便>

ティーウェイ航空(TW)は9月2日から、成田/済州線の運航を週4便で開始する。
同社は2016年4月に成田/ソウル(仁川)線を、同年9月には成田/大邱線を
開設しており、済州線は3番目の成田線。TW東京支店によれば、以前から済州
線の開設を要望していたが、これまでは両空港のスロットが確保できなかったと
いう。使用機材は全189席のボーイングB737-800型機で、現在は政府認可申請中。

済州線は、10月28日までは火・木・土・日曜日の週4便で運航。10月29日から12月
16日までは、済州のスロットが取得できなかったことから土曜日を除く週3便で運航
し、12月17日以降は再び週4便に戻す。なお、10月29日以降の冬ダイヤの運航
スケジュールについては後日発表する。

TWによれば、同路線の乗客のうち7割が日本発、3割が済州発となる見込み。
11月から3月までの閑散期は搭乗率70%以上を、4月以降は80%以上をめざす。

朝鮮半島情勢が不透明化し、訪韓旅行需要に影響が出ていることについては、
4月に外務省が注意喚起のスポット情報を発表後、パッケージツアーを中心に
キャンセルが続き、5月には需要が激減したことを説明。その上で「FITを中心に
徐々に回復傾向にあり、落ち込みが激しかったパッケージツアーについても6月
以降は回復しつつある」とした。

今後の増便については、「済州のスロットが確保できればデイリー化したい」と
の考え。ただし、韓国の高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備で悪化した中韓
関係が回復しつつあることから、「中国路線が復活し、スロットが非常に確保し
にくくなっている」という。済州線の運航スケジュールは以下の通り。

◆TW、成田/仁川線運航スケジュール(9月2日〜10月28日)
TW242便 NRT 11時10分発/CJU 13時30分着(火)
TW242便 NRT 12時40分発/CJU 15時00分着(木)
TW242便 NRT 10時20分発/CJU 12時40分着(土)
TW242便 NRT 13時05分発/CJU 15時35分着(日)
TW241便 CJU 14時30分発/NRT 16時25分着(火)
TW241便 CJU 16時00分発/NRT 17時55分着(木)
TW241便 CJU 13時30分発/NRT 15時25分着(土)
TW241便 CJU 16時30分発/NRT 18時25分着(日)


*「日刊トラベルビジョン2017年6月8日号より」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★今週の入荷本 〜 古本
----------------------------------------------------------------

【古本】

今回入荷した古本は全部で7冊。その中から1点紹介します。

広瀬陽子さんの「コーカサス国際関係の十字路」です。 

本書は、著者が20年以上も日本から通い続けているバンクーバーの魅力を、
書き下ろしの文章と写真で紹介した1冊です。

コーカサスの3ヵ国、グルジア(ジョージア)、アルメニア、アゼルバイジャンは
一般的にはあまり知られてる国ではないのですが、旅行好きの間ではかなり
人気の高い国々ですよね。雑誌「旅行人」のコーカサス特集号は蔵前さんも
不思議がるほど売れ行きが好調だったようですし、本を探しにのまどに来る
方も意外に多いです。個人的にもすごく興味があったので、2015年の年末に
エティハド航空が成田からバクーまで新規就航するキャンペーンをやって
いたので、チケットを取ろうと思い、クレジット番号まで入力してあとは最後の
ボタンを押すだけというところまで行って、日程のことを再確認したら無理
そうということ泣く泣く断念したことがあったのですが、その後、バクーまで
の航路が結局就航未定になっていたので、不幸中の幸いだったのかも。
(店長)


◆エティハド航空
http://www.etihad.com/ja-jp/

------------------------------------------------------------------


◆文庫・新書本              販売価格(値段は税込です) 


・アメリカインディアン 聖なる言葉 (文庫)   加藤諦三    350円


・コーカサス国際関係の十字路 (新書)   広瀬陽子     350円


◆単行本              販売価格(値段は税込です)


・星野道夫物語 (単行本・絶版)   国松俊英    800円


・アフガニスタンの仏像〜 (単行本・絶版) モフセン・マフアルバフ  800円


・インド神話入門 (単行本)  長谷川明   650円


・英国で一番美しい村々コッツウォルズ (単行本・絶版)  
                              辻村純一   900円


・私のパリ、私のフランス (単行本)  岸恵子    950円


*これらの本のご注文をご希望の方は、メールにてご連絡ください。
info@nomad-books.co.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★編集後記
----------------------------------------------------------------------

今週末の6/17(土)、18(日)の2日間、丸の内のキッテB1Fにて「ラオス博2017」
が開催されます。これは日本とラオス初の合作映画「ラオス 竜の奇跡」の公開を
記念してラオスの観光、物産、食事などを体感できるイベントで、当店は6/17(土)に
本の出張販売に伺います。その日は下川裕治さんの講演会が開催される予定で、
下川さんの著作を中心にラオスや東南アジアの関連本を販売する予定です。
ラオスには個人的にはまだ行ったことがないのですが、世界遺産の古都、ルアン
パバンには以前から興味があるので、ラオスを肌で体感してこようかなと思って
います。入場は無料ですので、ラオスに興味のある方や、下川さんのファンの方は
ぜひ遊びにいらして下さい!(店長)


◆ラオス博2017
http://www.facebook.com/haklao.japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-27  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。