旅行全般

旅の本屋のまど「のまど通信」

西荻窪にある旅に関する本を新刊・古本共に扱う本屋です。ガイドブックはもちろんマニアックな旅の本までオススメ本を、旅のお役立ち情報とともに随時紹介します。

全て表示する >

旅の本屋のまど「のまど通信」Vol.659

2017/05/19


来週25日(木)は、いよいよノンフィクション作家・上原善広さんのトークイベントです。
今回のテーマは、「知られざるカナダの魅力を巡る旅」。このイベントを開催するに
あたり、今年でカナダは建国150周年で、ロンリープラネットが選ぶ「2017年に行く
べきベスト10」でも1位にランクインしていることを知りました。150周年を祝して、
カナダ各地でイベントが行われ、国内の国立公園や国立史跡も入場無料になって
いるんだとか。遊びに行くなら今年はねらい目かもしれませんね。上原さんには
以前にも一度、トークイベントに出演していただいているのですが、トークがとても
面白い! 多民族国家カナダの知られざる文化や歴史、今の姿をいろいろお話して
くださると思います。カナダに旅行に行く予定の人や留学予定の人はもちろん、
カナダ未経験の方も新しい世界に触れられる可能性大! まだお席のほう空いて
おりますので、ご興味のある方は、ぜひご予約を☆ 
それでは今週ものまど通信をどうぞ!(W)


◆5/25(木)新刊「カナダ 歴史街道をゆく」発売記念、
ノンフィクション作家 上原善広さん、トークイベントの申し込みはこちら↓
http://www.nomad-books.co.jp/event/event.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<目次> 
         
★イベント情報   〜 5/25(木)新刊「カナダ 歴史街道をゆく」発売記念、
         ノンフィクション作家 上原善広さん、トークイベントいよいよ来週開催!

                        
★のまどNEWS     〜  5/9(火)〜5/21(日)「世界を巡る音楽と本」展、
                         谷中エスノースギャラリーにて開催中!


          〜  小嶋独観さんイベント開催記念「珍寺大道場グッズ」
                                   フェアー開催中!


          〜  DUブックスさんとの直取引記念フェアー、開催中!


          〜  雑誌「ソトコト」のバックナンバーフェアー開催中!



★耳寄り旅情報      〜 アリタリア、事業再建手続きを申請、運航は継続


★今週の入荷本    〜  古本


★編集後記


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★イベント情報(1) 〜 5/25(木)新刊「カナダ 歴史街道をゆく」発売記念、
        ノンフィクション作家 上原善広さん、トークイベントいよいよ来週開催!
---------------------------------------------------------------------

5/25(木)に新刊『カナダ 歴史街道をゆく』(文藝春秋)の発売を記念して、
著者でノンフィクション作家の上原善広さんをゲストにお迎えして開催する
知られざるカナダの魅力とその歴史についてのトークイベントですが、
いよいよ開催が来週に迫ってきました。

なお、定員になり次第締め切らせていただきますので、上原さんのファン
の方はもちろん、カナダの歴史や文化に興味のある方やカナダ旅行の
予定がある方はご予約はお早めにお願いします。

みなさまからのお申し込みをお待ちしております。(店長)


---------------------------------------------------------------------

 新刊「カナダ 歴史街道をゆく」発売記念

◆ノンフィクション作家 上原善広さん  スライド&トークイベント◆

「知られざるカナダの魅力を巡る旅」

----------------------------------------------------------------------

新刊『カナダ 歴史街道をゆく』(文藝春秋)の発売を記念して、著者でノンフィクション
作家の上原善広さんをゲストにお迎えして、知られざるカナダの魅力とその歴史に
ついてスライドを眺めながらたっぷりと語っていただきます。「日本の路地を旅する」、
「被差別の食卓」などこれまでに国内・海外の路地や被差別部落に関する著作が
多数ある上原さんが今回注目したのは、カナダ。2017年、建国150周年を迎える
カナダは、建国以来、世界中からの移民を受け入れ、多民族主義を宣言し、異なる
ルーツの人びとが幸福に共存する道を選んできました。本書では、その広大な国土
を、上原さんが、一年目はプリンス・エドワード島からウィニペグまで、二年目は東端
の地ニューファンドランドを起点に、鉄道でトロントからバンクーバー、さらに北上して
北極圏のタクトヤクタックまで踏破した記録が綴られています。カナダ全土に張り巡
らされた「トランス・カナダ・トレイル」(TCT)という古い街道や廃線になった線路跡など
のトレイルを自転車でめぐったり、先住民と共にユーコンで狩りをしたりするなど、
長年、世界を駆け巡って現地を取材してきた上原さんならではの、カナダの歴史を
通して体感したカナダの「今」のお話が聞けるはずです。普段あまりトークイベント
をしない上原さんの話を生で聞けるチャンスですよ。上原さんのファンの方は
もちろん、カナダの歴史や文化に興味のある方やカナダ旅行の予定がある方は
ぜひご参加ください!

※トーク終了後、ご希望の方には著作へのサインも行います。

----------------------------------------------------------------------

●上原善広(うえはらよしひろ)

1973(昭和48)年、大阪府生まれ。東京都在住。大阪体育大学卒業後、ノンフィ
クション作家となる。2010年、『日本の路地を旅する』(文春文庫)で第41回大宅
壮一ノンフィクション賞受賞。2012年第18回雑誌ジャーナリズム賞大賞受賞。
2017年『一投に賭けるー溝口和洋 最後の無頼派アスリート』(角川書店)で第27
回ミズノ・スポーツライター賞優秀賞受賞。著作は『被差別の食卓』(新潮新書)、
『被差別のグルメ』(新潮新書)、『異邦人』(文春文庫)、『発掘狂騒史ー岩宿から
神の手まで』(新潮文庫)など多数。

◆上原善広ブログ「全身ノンフィクション作家」
http://u-yosihiro.at.webry.info/

----------------------------------------------------------------------

【開催日時】  5月25日(木)   19:30 〜 (開場19:00)  

【参加費】   1000円   ※当日、会場入口にてお支払い下さい

【会場】   旅の本屋のまど店内  
 
【申込み方法】 お電話、ファックス、e-mail、または直接ご来店のうえ、
 お申し込みください。TEL&FAX:03-5310-2627
 e-mail :info@nomad-books.co.jp
 (お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
 
  ※定員になり次第締め切らせていただきます。

【お問い合わせ先】
 旅の本屋のまど TEL:03-5310-2627 (定休日:水曜日)
 東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1F
 http://www.nomad-books.co.jp

  主催:旅の本屋のまど 
 協力:文藝春秋

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(1) 〜 5/9(火)〜5/21(日)「世界を巡る音楽と本」展、
                        谷中エスノースギャラリーにて開催中!
----------------------------------------------------------------------

のまどが参加する展示会のお知らせです。

5/9(火)〜5/21(日)まで、当店が本をセレクトした「世界を巡る音楽と本」展
が谷中のエスノースギャラリーにて開催中です。

この展示会は、エスノースギャラリーさんから声をかけていただいたのですが、
昨年11月にユーラシア旅行社さんが企画したエスニックの物販イベントで
たまたまご一緒したのが縁で、今回の展示会に参加させていただけることに
なりました。

期間中は、当店のセレクトした旅の本の販売をはじめ、エスノースギャラリー
さんの音楽部門で制作している世界中のワールドミュージック、ポップス、
アンビエント、ロックなど250作品を全て試聴できるようになっていて、気になる
作品があれば購入できる旅気分満載の企画展になっています。

西荻窪の店舗とはまた違った雰囲気の「旅の本屋のまど」を体感できると
思いますので、お近くにお越しの際にはぜひ足をお運びくださいませ。

--------------------------------------------------------------

◎エスノースギャラリー「世界を巡る音楽と本」

【期間】2017年5月9日(水)〜5月21日(日)
【時間】11:00〜19:00
【会場】エスノースギャラリー2F
   東京都台東区谷中3-13-6
(日暮里駅徒歩8分)


◆エスノースギャラリー
http://ethnorthgallery.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(2) 〜 小嶋独観さんイベント開催記念「珍寺大道場グッズ」
                                     フェアー開催中!
-------------------------------------------------------------------

新刊『考える珍スポット 知的ワンダーランドを巡る旅』と『脳内楽園巡礼』の発売を
記念した小嶋独観さんご夫妻のトークイベントの開催を記念して、「珍寺大道場グ
ッズ」フェアーを店頭にて開催中です。

『考える珍スポット 知的ワンダーランドを巡る旅』と『脳内楽園巡礼』といった小嶋さん
の著作をはじめ、目から手花柄バッグや目から手ミニポーチ、目から手Tシャツ、
目から手帽子といった「目から手」シリーズや、だるまポーチ、だるま編みぐるみなど
を集めてレジ横の壁面にコーナーをつくって展開しています。

どのグッズにも、台湾の目から手が飛び出してる神様やミャンマーのだるまの
キャラクターが入っていて、キッチュでファンキーな気分になります。

普段はオンラインのみの販売なので、お店で購入できるのは貴重ですよ。
小嶋独観さんのファンの方はもちろん、怪しいレアな珍雑貨が好きな方は
この機会にぜひ当店でまとめ買いしてみてはいかがでしょうか?

みなさまからのご注文・ご来店をお待ちしております。(店長)


◆小嶋独観HP「珍寺大道場」
http://chindera.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(3) 〜 DUブックスさんとの直取引&フェアーがスタート!
-------------------------------------------------------------------

「DUブックス」さんとの直取引開始を記念したフェアーを開催中です。

音楽関連の本を中心に約8点ほど平台にてフェアー展開しています。
DUブックスさんの本のファンの方は、ぜひご来店いただいて
当店にて購入していただければと思います。

みなさまからのご注文・ご来店をお待ちしております。(店長)


◆DUブックス
http://diskunion.net/dubooks/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(4) 〜 雑誌「ソトコト」バックナンバーフェアー開催中!
-------------------------------------------------------------------

雑誌「ソトコト」の取り扱い開始を記念して、バックナンバーフェアーを開催中です。 

今回取り扱いを始めた「ソトコト」は、木楽舎さんが発行している月刊誌で、
ソーシャル&エコをコンセプトにした雑誌です。

2013年1月号から2017年最新号まで、この4年間のバックナンバーをお店の
一番突き当りのコーナーにドーンと展開していますので、雑誌「ソトコト」の
ファンの方や内容に興味のある方、バックナンバーをお探しの方は
ぜひご覧下さいませ。

ちなみに、2014年2月号の「なじみの本屋」特集に当店が掲載されてます。

みなさまからのご注文・ご来店をお待ちしております。(店長)


◆雑誌「ソトコト」
http://www.sotokoto.net/jp/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★耳寄り旅報 〜 アリタリア、事業再建手続きを申請、運航は継続
---------------------------------------------------------------------

今回は、アリタリア航空が事業再建手続きを申請した、という情報です。

確か10年くらい前にも一度自主再建を断念したことがあると思うのですが、
どうもうまく行かなかったみたいですね。今、勢いのあるエティハド航空が
支援してたのにも関わらず、こうなったということは、どうにもならない会社の
闇的な部分がアリタリアの会社内に存在してるのかもしれませんね。スペイン
のイベリア航空が久しぶりに日本に直行便を就航してますが、同じラテン系
の航空会社なので行く末が心配ですね。(店長)


◆アリタリア航空
https://www.alitalia.com/ja_jp

-------------------------------------------------------------- 

<アリタリア、事業再建手続きを申請、運航は継続>

経営状況が悪化しているアリタリア−イタリア航空(AZ)は現地時間の5月2日、
自力での再建を断念し、政府に対して特別管財人下で事業再建を進める手続き
を申請した。同日の株主総会とその後の取締役会を経て決定したもの。運航は
当面の間、スケジュール通り継続する。

AZは、株式の49%を保有するエティハド航空(EY)などの株主と労働組合との
合意のもと、人員削減などを条件に銀行などから20億ユーロ(約2474億円)の
資金を調達する計画だったが、従業員はこのほどおこなった投票によりこの
再建策を拒否。短期間で代替案を見つけることも不可能と判断した。

AZは2008年にも経営が行き詰まり、14年にはEYが株式の49%を取得。
再建をめざしていたが、引き続き厳しい経営状況が続いていた。

*「日刊トラベルビジョン2017年5月8日号より」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★今週の入荷本 〜 古本
----------------------------------------------------------------

【古本】

今回入荷した古本は全部で8冊。その中から1点紹介します。

田村慶子さんの「シンガポールを知るための62章」です。 

本書は、人気シリーズのエリアスタディーズのシンガポール版で
シンガポールに詳しい様々なジャンルの執筆陣が、政治、経済、文化
など現代のシンガポールを多角的に考察した1冊です。

シンガポールには1991年に行って以来26年も行ってないので、
一体どんな感じなのか肌感覚では分からないのですが、経済に関しては
完全に日本よりもはるか上に行ってますよね。一人あたりのGDPだって
日本よりも上だし、大卒の初任給も日本なんかよりも上だった気がします。
国家として何が強みで何が弱みなのか官僚の人達がしっかり理解してる
からこそここまでの成長があったんでしょうね。翻って、30年もすべてが
停滞している日本は、いまだに過去のスタイルに執着して、新たなシステム
や価値観を導入しようという気概にあふれた若者を阻害する傾向に
あって、このままではどんどん世界から置いてけぼりをくらうでしょうね。
一体、いつ気がつくんですかね?(店長)


◆シンガポール政府観光局
http://www.visitsingapore.com/ja_jp.html

------------------------------------------------------------------


◆文庫本              販売価格(値段は税込です) 


・中華図案見学 (文庫・絶版)   島尾伸三    350円


・香港市民生活見聞 (文庫・絶版)   島尾伸三   350円


◆単行本              販売価格(値段は税込です)


・ワイルド・アト・ハート (単行本・絶版)  ロバート・ハリス   600円


・まだまだ知らない夢の本屋ガイド (単行本)  朝日出版社   950円


・タビハナ 屋久島 (単行本)  JTBパブリッシング   500円


・シンガポールを知るための62章 (単行本) 田村慶子   1100円


・癒しの旅ギリシャ・エーゲ海 (単行本)  楠見千鶴子   400円


・イタリア オペラツアー (単行本・絶版)  牧野宣彦   1200円


*これらの本のご注文をご希望の方は、メールにてご連絡ください。
info@nomad-books.co.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★編集後記
----------------------------------------------------------------------

明日、5/20(土)は小伝馬町にあるBETTARA STANDで開催される「 第4回 本との
土曜日」という本のイベントに出張販売に行きます。毎月1回、開催されているイベント
だそうですが、今月から毎回テーマを決めて開催するそうで、5月は「本のインド、
インドの本ということで、蔵前仁一さんや矢萩多聞さん、マサラワーラーなど、インドに
関係する出店者がインドに関する本やグッズ、カレーなどを扱うお店を出すのだとか。
そこに当店も声がかかったので出店するのですが、新日本橋界隈なんて東京に30年
以上住んでいて一度も行ったことがないエリアなので、それだけで何だか知らない場所
に旅行に行くみたいで、凄くワクワクしています。本は売れるかなあ?17時からは
夜の部として「ぽかーんインディア3」というトークイベントも開催。このイベントの第一回
は3年前に当店で開催したのですが、矢萩さんや武田さんの話が面白いので、こちらも
興味がある方はぜひご参加下さい!(店長)


◆「本との土曜日」
hontonodoyobi.com

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-27  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。